増税後、クレジットカード・キャッシュレスで支払うべき費用は、コレだ!~日常からキャッシュレスに慣れよう~

学生がクレジットカードを使って支払うべき費用は、コレだ!~日常からキャッシュレスに慣れよう~

ついに2019年10月1日、増税で消費税10%に…

この記事では

 

  • 積極的にクレジットカード払いをしたほうがいい理由
  • クレジットカード払いすべき費用

という基本的ことから、キャッシュレス上級者がやっていることまで紹介します!

▼よくわからないけど、とりあえずお得にキャッシュレス生活したい!という方はこちらも…。

失敗しない、初めてのキャッシュレス

2019年10月~増税対策!初めてのキャッシュレスはどれを選んだらいいの!?と悩んでいる方へ…。迷わず選べる【最大5%還元対象】イチオシをまとめました!

【クレジットカード】

★クレジットカード業界では、三井住友VISAカード・JCBカードのキャンペーンがとても盛り上がっています!★

この記事のもくじ

クレジットカード払い最大のメリット、ポイントをしっかり貯めていこう!

クレジットカードを使う最大のメリットは「ポイント還元がある」ということです。

ほとんどのカードにはポイント還元(現金還元)があり、現金で支払うよりもお得!

現金払いだとキャッシュバックやポイントがつくことはほとんどないですが、クレジットカードの場合だとポイント還元やキャッシュバックがあります。

たとえば、ポイント還元率が1.00%だと、100円ごとに1ポイントが返ってくるイメージです。

上記のポイントというのはカード会社のポイントであり、楽天カードを使うと楽天ポイントが、三井住友VISAカードを使うとワールドプレゼントポイントが、JCBカードを使うとOki Dokiポイントが貯まります。

このように、カードによって貯まるポイントが違いますが、おおよそ1ポイント=1円相当になっていることが多いです。

そう聞くと「微々たるものなので無視でいいか・・・」と思うかもしれませんが、実は侮(あなど)れません。

実はカード決済できる支払いはかなり多く、かき集めれば学生さんでも年間50万円以上は決済できます。
塵も積もれば山となるというように、1年単位でみると、5,000円以上のポイント還元もあり得ます(それ以上になる可能性も十分あります)。

累計支払い金額が大きくなるほど、現金は損!カード払いできるものはどんどんカード払いにしていくべき!

クレジットカードにはポイント還元があるので、言うまでもなく現金払いからカード払いに切り替えるべきです。

はじめのうちは「カード払いだと、いくら使ったか分からず不安・・・」と感じるかもしれません。

そう言う場合には家計簿アプリなどを使って支出管理をすることで、使いすぎを防ぐことができます。

筆者はマネーフォワードというアプリを使っていますが、カードを利用すると勝手にアプリに反映され、いつ・何に・いくら使ったかが一目でわかるので、とても便利です!

また、慣れるまではカードの上限を5万円や10万円など低めに設定しておくのも手です。

カード払いに慣れてきたら、店頭での電子マネー払いやApplePayにも挑戦してみよう

クレジットカード払いに慣れてきたら、次はクレジットカードをApplePayに登録して、id、QUICPayなどの非接触型決済*にチャレンジしてみましょう。

※非接触型決済:店舗の決済端末機器との間で無線通信を行う方式の電子決済システム

クレジットカードをApplePayに登録すると、以下のようにスマホ上でカードを管理できます。

▼ApplePayにカードを登録した時のイメージ▼
ApplePayで三井住友VISAデビュープラスカードを使う

上記のカードはすべてiDもしくはQUICPayに対応しており、お店で「iDで」「QUICPayで」と伝えて、お店の端末にかざすだけで支払いが完了できます。

▼支払い時のイメージ▼
店頭でApplePayを使う

クレジットカードを店員さんに渡すことなく支払いができるので、とても便利です・・・!

また、もしもカードを複数枚持っている場合には、絶対必要なカードだけ財布に忍ばしておいて、他のカードは家に置いておけるので財布も薄くスマートにできます!

筆者の場合だと10枚以上カードがあるので、Apple Payのありがたさと言ったら・・・

▼筆者の保有しているカード▼
クレジットカードをapplepayに登録

iDやQUICPayなどのようなチャージが必要ない電子マネーは普及しているので、店員さんもよく理解しています。

▼Apple Payに関しては、この記事で詳しく紹介しています!
ApplePayの使い方・対応クレジットカードまとめ!コンビニ・駅での使い方・安全性・Suicaチャージ方法なども!【学生は今から使うべし!】

クレジットカードで支払うべき費用

カード払いができるなら、積極的にカードを使ったほうがお得なことは理解してもらえたと思います。

ですが「そもそもそんなにカード払いする機会がない」を感じているかもしれません。

なので、実際にどのような支払いをカード払いにすべきか紹介します。

中には「これもカード払いできたんだ!」というものもあるはず!

【レベル①】毎月でていく固定費(銀行口座引き落としをやめる)

レベル①は毎月の固定費で、カード払いできるものはカード払いにしましょう。

銀行払いでもカード払いでも、登録しておけば勝手に支払われるので労力は一切変わりません。
現金だとポイントやキャッシュバックがないですが、カードだとあるので、カードがオススメです。

 
▼支払い費用の例

  • 水道光熱費
    5,000円/月
  • スマホ代
    10,000円/月
  • インターネット回線やポケットWiFi
    5,000円/月
  • 年金
    15,000円/月
  • 電車などの定期券
    人による
  • 月額制アプリ
    人による
  • 雑誌などの定期購買
    人による
  • AdobeなどPCソフト
  • 月額制アプリ
    人による

上記のようなものをかき集めるだけでも、月々3万円以上になると思います。

3万円だったとしても年間で考えると36万円。
カード払いにしたら3,600円ほどのポイントが付きます。

【レベル②】通販サイトでのお買い物(代引き・銀行振込をやめる)

レベル②はAmazonや楽天市場、メルカリなどの通販サイト等でのお買い物です。

代引きだと手数料が取られてしまいますし、銀行振込だと振り込む手間があるので、カード払いがオススメです。

一度カード情報を登録しておけば、2回目以降のショッピングの時にもサクッと支払いできて便利ですよ!
※Amazonなどは二段階承認など、セキュリティを強化しているので、安心してカード情報を登録できます。

 
▼支払い費用の例

  • Amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング
  • ヤフオク!
  • メルカリ
  • ラクマ
  • ZOZOTOWN
  • チケットぴあ
  • LOHACO(ロハコ)

【レベル③】店頭での支払い(現金払いをやめる)

レベル③は店頭での支払いです。

現金払いをやめてカード払いにしましょう。

ポイントが貯まるメリットもありますが、支払いがかなりスムーズになるので、その点でもオススメです。
ApplePayに登録してiDやQUICPayを利用すれば、数秒で支払いが完了するので、一度経験すると現金払いには戻れなくなります・・・!

今はカード払いができないお店はかなり減っていているので、支払う前には「カード払いできますか?」と聞いてみてください。

筆者が生活する中でカード払いができないことが多いのは、ラーメン屋など個人経営の飲食店くらいです。

【さらに追求】その他の支払いシーン

ここまででも支払いの80%以上はクレジットカードにできると思いますが、さらに追求すると、海外での支払いや定期券やSuicaのチャージですら、クレジットカード払いにすることでしょう。

バスや電車などの切符を買うときは現金払いしかできないことが多いですが、クレジットカードからSuicaにチャージすることでカード払いにできるのです。

また、SuicaもApple Payに登録できるので、かなりスムーズに支払いが可能です!

SuicaをApple Payに登録

レベル③でラーメン屋など個人経営の飲食店はカード払いできないとお伝えしましたが、SuicaやPASMOなどの交通系電子マネーなら対応しているというお店も多々あります。

ここまで取り組めば、支払いの90%以上はカード払いにすることができるでしょう。

また、海外旅行に行ったときもクレジットカード払いができます。

海外でクレジットカードを使うのは怖い、という印象を持つ方もちらほらいますが、実はカード払いの方が安全なのです。

もしも日本からお金を持って行くとなると大金を持ち歩かないといけないですし、もしも盗難・紛失があったら泣き寝入りするしかありません。

しかし、クレジットカードなら大金を持ち歩かないでOKですし、万が一にも盗難されて不正利用があっても、カード会社が補償してくれるので損害はゼロです。

そういう面からも海外では、現金よりもカード払いの方がはるかにオススメです。

【コラム①】どうせ持つなら、還元率の高いカードを持つべき!

クレジットカードを持つことによるメリットとして、利便性が上がったり、カード独自の特典がありますが、もっとも大きなメリットと言えるのがポイント還元率です。

そもそもポイント還元率とは?なぜ還元率を比較すべき?

そもそもポイント還元とは、カード利用ごとにカード会社のポイントをもらえることです。

カード利用に対してどのくらいポイントがもらえるのか?という基準がポイント還元率です。

たとえば、ポイント還元率が1.00%だと100円ごとに1ポイントが返ってくるイメージです。

楽天カードを使うと楽天ポイントが、三井住友VISAカードを使うとワールドプレゼントポイントが、JCBカードを使うとOki Dokiポイントが貯まります。

カードによって貯まるポイントが違いますが、おおよそ1ポイント=1円相当になっていることが多いです。

カード選びで「ポイント還元率」は大切

ポイント還元率が高いほうがいいというのもの、0.50%も1.00%も対して変わらないと思いますよね。

ですが1年単位、3年単位でみてみると、とても大きな差になります。

▼ポイント還元率の違いによる獲得できるポイント数

ポイント
還元率
決済額
50万円
決済額
100万円
決済額
150万円
決済額
200万円
0%(現金) なし なし なし なし
0.25% 1,250円 2,500円 3,750円 5,000円
0.50% 2,500円 5,000円 7,500円 10,000円
1.00% 5,000円 10,000円 15,000円 20,000円

※1ポイント=1円相当で計算

上の表のように、たった0.50%や1.00%の差だったとしても、カードの利用額が大きくなればなるほど、獲得できるポイント数の差が比例的に増えます。

ポイント!

ポイント還元率ですが、0.50~0.75%が一般的であり、1.00%あれば高還元率です。

高還元率&年会費無料のおすすめクレジットカード

三井住友デビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

超有名なブランド力・セキュリティに安心感があります。入会3ヶ月は還元率2.5%・通常でも還元率1.0%と普段使いで超お得なカードです。はじめてのクレカとして使いやすさで大人気です。最短翌営業日のスピード発行!過去最大級のキャンペーン実施中で、入会するなら今がベストタイミングです!

三井住友VISAデビュープラスカード
入会特典キャッシュレスプラン:新規入会&Vpassアプリログインで もれなくご利用金額の20% 最大12,000円プレゼント
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 条件付き無料
条件:前年1回以上の利用で年会費無料。通常の2年目以降年会費(1,250円+税)
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント名:ワールドプレゼントポイント
ポイント還元率(最大) 2.5%
条件:入会後3ヵ月間
発行スピード(最短)~3営業日
  • 付帯保険(海外旅行):-
  • 付帯保険(国内旅行):-
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:コンビニ(セブン・ファミマ・ローソン)マクドナルドなど対象店舗でポイント5倍その他、自分が選んだ対象3店で いつでもポイント2倍も!

ポイント還元率が1.00%と高還元率であり、年会費も実質無料(年1回の利用で無料)である三井住友デビュープラスカード。

入会後3ヶ月間はポイント還元率がさらに2.0%アップするので、超お得に買い物などができます!

また、コンビニ大手(セブン・ファミマ・ローソン)+マクドナルドでの利用ではポイント還元率がアップするので

 

  • 通常時:還元率3.0%
  • 入会から3ヶ月:還元率4.5%

と、いつでもたくさんのポイントを獲得することができます。

圧倒的ブランド力、長く使えてスペックバランスの良いオススメカードです。

詳しくは:三井住友VISAデビュープラスカードは、学生から使える、評判◎な高還元率カード。更新やメリット・デメリットも解説!

JCB CARD W

JCB CARD W

年会費がずっと無料のカードでは最高クラスの実力。ポイント最大30倍のキャンペーン・20%キャッシュバックの同時開催中。今こそ、入会のベストタイミングです!

JCB CARD W
入会特典インターネット新規入会限定キャンペーン実施中。最大14,000円分プレゼント!
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 無料
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント名:Oki Dokiポイント
ポイント還元率(最大) 3.5%
条件:加盟店での利用
発行スピード(最短)~3営業日
  • 付帯保険(海外旅行):○(利用付帯)
  • 付帯保険(国内旅行):-
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:新規入会限定!最大ポイント30倍キャンペーン実施中。さらにJCBをApple PayまたはGoogle Payに登録し決済で20%キャッシュバックキャンペーン実施中!

ポイント還元率は1.00%と高還元率であり、年会費がずっと無料であるJCB CARD W。

入会3ヶ月は還元率2.0%になり、Amazonやセブンイレブン、スターバックスなどでの利用だと、なんと最大で5.00%まで還元率がアップします!

詳しくは:JCB CARD Wは常時ポイント2倍・39歳以下限定でずっと年会費無料のお得なカード【Web入会限定のレアカード】

【コラム②】キャッシュレス上級者がやっている、二重取りでさらに得しよう!

クレジットカード上級者になってくると、PayPayなどのコード決済やKyashという送金アプリを活用し、ポイントを二重取りしたりしています。

先にKyashについて少し触れておきます。

Kyashはプリペイドカード(事前に入金した分だけ利用できるカード)であり、VISA加盟店で利用できる送金アプリです。

『誰でも作れる』『すぐに使える』『どこでも使える』をテーマにしたウォレット(お財布)として使えるサービスで、具体的な特徴としては

 

  • 1円単位で送金や集金ができる
  • クレジットカードやデビットカードを登録してオートチャージできる
  • アプリだけではなくリアルカード(プリペイドカード)も使える
  • 発行手数料や利用料はなく完全無料
  • 使えるお店はVISA加盟店

という感じです。

上記を少し頭に入れておいてもらえると、ポイントの二重取りの理解が深まります。

Kyashを経由して、実質キャッシュバックを最大に。消費者還元&クレカと紐づけてポイント3重取り

kyash以上の還元率を誇るクレジットカード

Kyashという年会費¥0・審査なしのVisaカード(キャッシュレスアプリ)を経由して支払うことで、さらに還元率をアップする方法があります。

年会費¥0・審査なしのVisaカード「Kyash」

※アプリからすぐに発行できるプリペイド式のカードです。

このKyash・キャッシュレス消費者還元事業・クレジットカードを組み合わせた3重取りテクニックが結構お得。

カードによっては最大8.5%以上の還元を受けることができます。

▼図解すると以下の通り。

高還元率カードとKyashを組み合わせた二重取りのイメージ

学生にオススメの高還元キャンペーンカード

上記のキャンペーン中にKyashにチャージできれば、還元率は上記2.5%+Kyashの1.0%となるので、8.5%の還元率を手にすることができます。

それに加えて、キャッシュレス消費者還元事業での最大5.0%なので、全部合わせると8.5%とすごい還元率になるわけです。

▼三井住友VISAカードは他にもすごいキャンペーンを実施中ですので、必見です!

三井住友カードWキャンペーン

この機会に作るのはとてもいい考えだと思います!

Kyashとポイント二重取りできれば完璧です。

三井住友VISAデビュープラスカード

超有名なブランド力・セキュリティに安心感があります。入会3ヶ月は還元率2.5%・通常でも還元率1.0%と普段使いで超お得なカードです。はじめてのクレカとして使いやすさで大人気です。最短翌営業日のスピード発行!過去最大級のキャンペーン実施中で、入会するなら今がベストタイミングです!

三井住友VISAデビュープラスカード
入会特典キャッシュレスプラン:新規入会&Vpassアプリログインで もれなくご利用金額の20% 最大12,000円プレゼント
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 条件付き無料
条件:前年1回以上の利用で年会費無料。通常の2年目以降年会費(1,250円+税)
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント名:ワールドプレゼントポイント
ポイント還元率(最大) 2.5%
条件:入会後3ヵ月間
発行スピード(最短)~3営業日
  • 付帯保険(海外旅行):-
  • 付帯保険(国内旅行):-
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:コンビニ(セブン・ファミマ・ローソン)マクドナルドなど対象店舗でポイント5倍その他、自分が選んだ対象3店で いつでもポイント2倍も!

※ちなみにKyashリアルカードのFAQでも、規約的にこの方法が問題ないことを確認済みです。

Kyashを絡めると簡単に還元率が増える

クレジットカードからKyashに入金したときと、Kyashを利用したときの2回ポイントがもらえるので、簡単に還元率をアップさせることができます。

詳しく:送金アプリ「Kyash」は Visa加盟店でクレカのように使えるリアルカードで1.0%還元!消費者還元事業と合わせて最大6.0%還元!

逆に、クレジットカードで支払わない方がいい費用は?(支払う前に、冷静になりたい)

ここまでクレジットカードでの支払いを推奨してきましたが、あえてクレジットカードで支払わないほうがいい場面もあります。

詐欺、悪徳業者の可能性がある取引

当たり前の話ですが、詐欺や悪徳業者への支払いにクレジットカードを使うのは、なんとしても避けたいです。

※詐欺や悪徳業者自体を見分けるのが難しいのも現実ですが・・・

実際、当サイトの公式LINE@でも度々相談が寄せられるケース(詐欺、悪徳業者の可能性がある取引)を紹介します。

ケース①:運営者が不透明な通販サイトでの購入

Amazonや楽天市場のような、しっかりとした通販サイトではなく、特商法違反の海外っぽいサイトでの詐欺被害が増えてます。

本来は事業者の氏名(名称)・住所・電話番号などを表示しなければなりませんが、これが無い通販サイトが不透明な通販サイトと言えます。

氏名(名称)などがない場合だと特定商取引法に引っかかるので、その時点でフラグが立っているのですが・・・

▼特定商取引法ガイドの一節

通信販売を行う事業者にかかる規制の内容は以下のとおりです。違反した事業者は、行政処分および罰則の対象となります。

  • 広告の表示
    事業者の氏名(名称)、住所、電話番号などを表示しなければなりません。
    詳しくは通信販売広告の解説Q&Aのページをご覧ください。
  • 誇大広告などの禁止
  • 未承諾者に対する電子メール広告の提供の禁止
  • 前払い式通信販売の承諾などの通知
  • 契約解除に伴う債務不履行の禁止
  • 顧客の意に反して申込みをさせようとする行為の禁止
    ガイドラインも御覧ください。

出典:インターネットで通信販売を行う場合のルール(特定商取引法ガイド)

不透明な通販サイトでお買い物をしても商品が一向に届かなかったり、カードの不正利用被害に遭遇するケースがあるので、クレジットカードを使わないように注意してください。

ケース②:人から勧誘された高額教材の購入

「FXの自動売買ツールで月収100万円!」「毎日1時間の作業で月収30万円!」などと謳った怪しいビジネスの勧誘や高額教材が世の中にはたくさんあります。

中には真っ当な商材もあるかもしれませんが、詐欺が一定数いるのは事実です。

▼国民生活センターでも注意喚起しています。

全国の消費生活センター等には、「1日数分の作業で月に数百万円を稼ぐ」「○万円が○億円になる投資法」といったお金儲けのノウハウと称して、インターネット等で取引される情報である情報商材(注1) に関連する相談が増加しています。

PIO-NET(注2)には、2017年度の相談件数は6,593件と2013年度に比べ7倍超となり、2018年度も増加ペースが続いています。

出典:簡単に高額収入を得られるという副業や投資の儲け話に注意!-インターネット等で取引される情報商材のトラブルが急増-

クレジットカードや消費者金融を使ってまで高額なお金を支払うのはやめましょう。

「カード払いの場合、追加の手数料をいただきます」と上乗せ手数料を要求される店舗での取引

僕たちカードを使う側としては「クレジットカードは年会費無料でポイント還元もあるなんて、損しなくて得しかない!」という状況ですが、そのお金を負担しているのは、紛れもなくお店側です。

お店側がカード会社に利用手数料を支払うことで、僕らカード利用者は便利でお得なカード決済ができているのです。

そのため、お店側がカード決済をNGにすることも多々あります。
カード決済の機器すら導入していないお店もありますが、中にはカード決済の機器があってランチではダメ、というようにしているお店もあります。

また、場合によっては、カード決済だと+5%上乗せ、みたいな対応をしているお店もあります。

カード決済機器があるのにカード決済できなかったり、カード決済を利用するのに上乗せ手数料を請求するのは、本来カード会社の加盟店契約違反です。

なので100%でお店側が悪いのですが、それを指摘するにはとても勇気が要ることです。

カード払いしたいけどさせてくれない、という場合には、そのお店を避けてもいいかもしれません。

【コラム③】Web明細・郵送明細は必ず毎月1回以上チェックしよう

はじめてのクレジットカードは明細の確認を怠りやすいので、こちらも使い過ぎ回避のために定期的に明細も確認することを覚えておきましょう。

少なくとも月に1回は明細を確認してください!

請求額や限度額など各種情報は、いつでもWeb明細で確認することができます。

クレジットカードへ申し込む際にWeb明細を希望することができますし、カード発行後にWeb明細の利用を希望することもできます。

また、もし仮に不正利用されていたとしても、Web明細を確認することで早期発見が可能です。
不正利用は基本、発生から60日未満ならカード会社が補償してくれるので、月1で確認しておくと安心です。

まとめ:クレジットカードで快適&お得な生活に!

 

  • クレジットカード払いのポイント還元について
  • クレジットカードが利用できる場面
  • ポイントの二重取りの提案
  • クレジットカードを使うべきではない場面
  • Web明細チェックの提案

などなど、盛りだくさんな内容をお届けしました!

クレジットカードを使い始めたての頃は分からないことや設定することが多かったり、慣れずにモタモタしてしまう場面もあるかもしれません。

しかしクレジットカードを活用することで、普段の生活が便利になり、お得にショッピングできるので、ぜひ少しずつでも活用して慣れていってください。

便利でお得ですが、注意点もあります。
支払いには遅れないこと、危なそうな場面で使わないことなどは徹底しましょう!

この記事が、あなたのクレジットカードライフのきっかけになれば幸いです。

「この記事、参考になった!」と思っていただけましたか?

▼ぜひブクマ・シェアお願いします!

周りの方・ご友人が悩んでいる時にもぜひ教えてあげてください。m(_ _)m

運営者プロフィール

学生クレカ管理人

学生クレカ管理人

自分が大学生・未成年時代のお金・クレジットカードの失敗経験をもとに、同じ失敗をする人・クレジットカードについて悩む人を一人でも減らしたいという気持ちで当サイトを6年以上運営しているクレジットカードの専門家。

 

100枚以上のクレジットカードを比較検討し、累計19枚のカードを所有してきた(大学生の頃は6枚所有)。マイルを累計20万以上保有。航空券をほぼ無料にし、ふらっと旅行に出かけるのが趣味。Amazonでのお買い物も累計30万円分以上、ほぼポイントで済ませている。

 

カード会社幹部や広報部・外部の専門家ともつながりがあり、常に知識をアップデートしている。

 

これからも、少しでもわかりやすい記事を届けられるように努力していきます!

 

▼ブログランキングにも参加しております。当サイトの思想に共感いただける方は、ポチッとおねがいしますm(_ _)m(タップ1回で投票完了します)

 

▼注目コンテンツ!

▼LINEでの相談も、気軽にどうぞ!

かんたん検索でクレジットカードを選ぶ!自分にピッタリなカードが「ズバッと」見つかる人気ランキングからクレジットカードを選ぶ!

自分にピッタリのクレジットカードの選び方がわからない方は、基礎知識・おすすめカードの選び方が一気に学べるトップページをぜひ見てください。→ https://学生クレジットカード.com

失敗しないクレカ選びのポイント!