クレジットカード払いって返品・キャンセルできる?

「クレジットカードでショッピングをしたら返品やキャンセルができない!」と思っている方は多いのではないでしょうか?

クレジットカードのショッピングでも返品やキャンセルは可能なので、安心してカードを使ってください。

基本的にはカード払いであろうが現金払いであろうが、購入した商品の「返品・キャンセル」の可否は同じです。

返品・キャンセルの仕組み

現金払いの「返品・キャンセル」とカード払いの「返品・キャンセル」は何が違うのか?

これはとくに大きな違いはありません。

代金の支払方法が異なることからお金を返してもらう方法が異なるだけです。

購入したものによっては「返品・キャンセル」が不可なケースがありますが、それはカード払いだけではなく現金払いにもあります。

失敗しないためにも買い物をする前に「返品・キャンセル」が可能かどうかを確認しておくことも最も大切なポイントとなります。

カード払いで後の返品・キャンセルの可否はお店が行う

カード払いをして「返品・キャンセル」を行う場合、これはカード会社に連絡をしても意味がありません。

「返品・キャンセル」の判断は買い物をしたお店が行うため、返品やキャンセルをしたいならお店に交渉しなければなりません。

そのお店が「返品・キャンセル」はできませんと言うと、これは法律の範囲内なのであればどうすることもできません。

クーリングオフが使えることもある

「クーリングオフ」とは、いったん契約したあとでも契約を再度考え直し、一定期間内なら契約をキャンセルできる法律です。

クーリングオフの対象となる取引は以下のような取引です。

【クーリング・オフができる取引と期間】

  • 訪問販売(キャッチセールス、アポイントメントセールス等を含む):8日間
  • 電話勧誘販売:8日間
  • 連鎖販売取引:20日間
  • 特定継続的役務提供(エステティック、美容医療、語学教室、家庭教師、学習塾、パソコン教室、結婚相手紹介サービス):8日間
  • 業務提供誘引販売取引(内職商法、モニター商法等):20日間
  • 訪問購入(業者が消費者の自宅等を訪ねて、商品の買い取りを行うもの):8日間

※上記販売方法・取引でも条件によってはクーリング・オフできない場合があります。

引用:クーリング・オフ-国民生活センター

簡単に言うと、「販売手段が特殊(=訪問販売など)」「契約内容が複雑(=マルチなど)」などの条件に当てはまるものがクーリングオフの対象となっています。

電話・訪問販売などの不意打ち的な営業で勢いのまま契約した場合、あとになって「やっぱりこの契約やめたいな…」と思うこともあるでしょう。

クーリングオフは消費者に「いったん冷静になる時間」を与えてくれます。

クーリングオフのやり方

クーリングオフをするには、商品を購入したお店に「書面」を送る必要があります。

一般的な「ハガキ」でOKです。

文面については、国民生活センターのサイトを参考にしてください。

クレジットカードで契約した場合は、「販売会社あて」と「クレジットカード会社あて」で計2枚ハガキをを出します。

できたハガキは両面コピーを取り、発送の記録が残る郵送方法(簡易書留など)で相手先に送付します。

【注意!】通販販売はクーリングオフの対象外

【通信販売の場合】

通信販売には、クーリング・オフ制度はありません。

返品の可否や条件についての特約がある場合には、特約に従うことになります。

特約がない場合には、商品を受け取った日を含めて8日以内であれば返品することができますが、その場合、商品の返品費用は消費者が負担します。

引用:クーリング・オフ-国民生活センター

通信販売(=インターネットショッピング)で購入したものに対し、クーリングオフは使えません!

返品は商品を受け取った日を含めて8日以内しかできません。

あとは、購入したサイト側の指示に従うことになります。

購入したサイトが「返品してもいいですよ」と言った場合は、8日後も返品可能です。

仮にお店に落ち度があるのに「返品・キャンセル」に応じてくれないなら、最後は訴訟で決着を付けるしかありません。

ポイント!

もしも自力での解決が難しい場合は、最寄りの「消費者センター」に相談してみてください。

「返品・キャンセル」にカード払いはあまり関係がない

「返品・キャンセル」では、カード払いかどうかはあまり関係がないことを覚えておきましょう。

自分の取引相手はカード会社ではなく商品を購入したお店です。

返品・キャンセルができるかどうかは、商品を購入したお店に聞いてください。

カード払いでの返金の仕組み

カード払いでの返金の仕組み

カード払いのときの返金の仕組みは以下の通りです。

 

  1. 購入したお店からカード会社へ返金申請をする
  2. カード会社が支払いを取り消して返金手続きをする

カード払いの請求は「購入したお店」から「カード会社」に伝えます。

「購入したお店」が返品やキャンセルに応じた場合、「購入したお店」から「カード会社」へ連絡が行きます。

そのあとでカードの請求が取り消される、あるいは返金される流れです。

返品・キャンセルしたのに返金されない場合

「購入したお店」が返品やキャンセルをOKしたにもかからず、購入代金が返金されない場合はカード会社に連絡をする必要があります。

  • 「購入したお店」から「カード会社」への連絡が遅れている
  • 「カード会社」での返金手続きに時間が掛かっている

この2点が返金が遅れている可能性として考えられます。

カード会社に連絡をすると今の状況を確認してもらうことができるため、不安な場合はしっかりと連絡をしておきましょう。

注意!

カード利用時の返金は時間がかかることが多いです。1ヶ月~1ヶ月半程度は様子をみましょう。

基本的には自動的に返金される

カード払いで購入した商品を「返品・キャンセル」した場合、返金は自動で行われます。

あなた自身がとくに何かの手続きをしなければならないということはありません。

購入者はお店側とやりとりし、返品の許可を貰えればそれで終了です。

返金される代金はケースバイケース

「返品・キャンセル」ではいくら返金されるのでしょうか?

基本的に全額返金されるはずです。

ただし、どのような条件で「返品・キャンセル」をOKしたかなど個別の事情があるため、返金額はケースバイケースだと言えます。

また、負担額として、送料などの必要な経費を購入者が負担しないといけないこともあります。

ポイント!

クーリングオフは全額返金が基本であり、送料や手数料についても一切支払う必要がありません。

Amazonの返品・キャンセルの方法

Amazonでは「返品・キャンセル」が可能となっています。

そのやり方についてもサイト内で簡単に行うことができるので、何かしら問題があったときは「返品・キャンセル」をしましょう。

キャンセルのやり方

キャンセルは発送前までに行います。

誤って注文してしまったときはキャンセル手続きを利用しましょう。

Amazonで購入した商品をキャンセルしたいなら、注文履歴から「キャンセルボタン」をクリックするだけです。

「キャンセルボタン」が表示されていない場合は、すでに発送手続きが終了してしまっています。

この場合は商品が到着してから返品を行う必要があります。

返品のやり方

Amazonの返品のやり方は4つのステップを覚えておきましょう。

 

  1. 注文履歴から返品受付
  2. 返品受付から必要な情報を記録
  3. 専用ラベルを印刷する
  4. 商品を梱包し指定先に郵送する

基本的にすべて指示に沿って作業を進めるだけなので、思っている以上に簡単に返品できます。

梱包はどうやるの?

返品作業で最も面倒なのは梱包ですね?

梱包というのは商品が壊れないように梱包すれば、見栄えはどうでも良いです。

最も低コストで簡単に梱包する方法を紹介します。

  1. 近所のスーパーや酒屋さんへ行きダンボールをもらう(頑丈そうなもの)
  2. ガムテープで段ボールを補強(底抜けしないように)
  3. 商品を「プチプチ」や「新聞紙」などで包む
  4. 集荷サービスを利用して自宅に荷物を取りに来てもらう

多少面倒な部分もありますが、これが比較的低コストかつ楽に梱包する方法です。

返送料はケースバイケース

Amazonの返品の返送料は「自己負担」と「Amazon負担」の2つのケースがあります。

基本的にお客様都合の返品は自己負担です。

Amazonに落ち度がある場合は、着払いでAmazon負担となっています。

返金額もケースバイケース

Amazonの返金額は3つの項目から精査され、これも返送料と同様にケースバイケースとなっています。

  • 返品・交換期間内に返品されたかどうか
  • 商品カテゴリー
  • 返品・交換理由

カード払いの返金はカードに返金

Amazonでクレジットカードで購入した商品を返品する場合、返金についても購入時と同じくカードに返金となっています。

返金に要する日数は1日から3日程度となっているため、割と早く返金手続きが完了します。

Amazonで他の決済方法の買い物を返品する場合、基本的に購入した決済方法と同じ方法から返金されます。

まとめ:カード払いでの返金・キャンセルは可能!

カード払いの「返品・キャンセル」の方法は取引相手のお店で行うことを覚えておきましょう。

また、「返品・キャンセル」はカード会社の判断ではなく、取引相手のお店となることも抑えておくべきポイントです。

キャンセル料や負担額についてはケースバイケースであり、買い物をしたお店や購入した商品によって、あるいは取引相手が「返品・キャンセル」を了承した条件によって異なります。

何よりも買い物をする前にお店の注意事項をしっかりと読んでおくことが大事です。

とくにネットショッピングは実際に商品を見るわけではないため、「返品・キャンセル」のトラブルに遭遇しやすいので注意してくださいね!

【PR】ショッピングは還元率の高い、お得なカードで!

多くの方にオススメ!JCB CARD W

JCB CARD W

年会費がずっと無料のカードでは最高クラスの実力。普通に使うだけでもお得+特典も豊富なカードです。キャンペーン盛りだくさんの今こそ、入会のベストタイミングです!

JCB CARD W
入会特典インターネット新規入会限定、キャンペーンを組み合わせると最大11,500円分プレゼント!
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 無料
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント名:Oki Dokiポイント
ポイント還元率(最大) 3.5%
条件:加盟店での利用
発行スピード(最短)~3営業日
  • 付帯保険(海外旅行):○(利用付帯)
  • 付帯保険(国内旅行):-
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:新規入会の方限定、Amazon利用でポイント10倍!

学生・新社会人には三井住友カード デビュープラス

三井住友カード デビュープラス

超有名なブランド力・セキュリティに安心感があります。入会3ヶ月は還元率2.5%・通常でも還元率1.0%と普段使いで超お得なカードです。はじめてのクレカとして使いやすさで大人気です。最短翌営業日のスピード発行!

三井住友カード デビュープラス
入会特典新規入会&Vpassアプリログインで もれなくご利用金額の20% 最大8,000円プレゼント
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 条件付き無料
条件:前年1回以上の利用で年会費無料。通常の2年目以降年会費1,250円+税
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント名:Vポイント
ポイント還元率(最大) 2.5%
条件:入会後3ヵ月間
発行スピード(最短)~3営業日
  • 付帯保険(海外旅行):-
  • 付帯保険(国内旅行):-
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:コンビニ(セブン・ファミマ・ローソン)マクドナルドなど対象店舗でいつでもポイント5倍その他、自分が選んだ対象3店で いつでもポイント2倍も!抽選で買い物が無料(上限10万円)になるキャンペーンも実施中。

「この記事、参考になった!」と思っていただけましたか?

▼ぜひブクマ・シェアお願いします!

周りの方・ご友人が悩んでいる時にもぜひ教えてあげてください。m(_ _)m

運営者プロフィール

学生クレカ管理人

学生クレカ管理人

自分が大学生・未成年時代のお金・クレジットカードの失敗経験をもとに、同じ失敗をする人・クレジットカードについて悩む人をひとりでも減らしたいという気持ちで当サイトを6年以上運営しているクレジットカードの専門家。

 

130枚以上のクレジットカードを比較検討し、累計22枚のカードを所有してきた(大学生の頃は6枚所有)。マイルを累計30万以上保有。航空券をほぼ無料にし、ふらっと旅行に出かけるのが趣味。Amazonでのお買い物も累計40万円分以上、ほぼポイントで済ませている。

 

カード会社幹部や広報部・外部の専門家ともつながりがあり、常に知識をアップデートしている。

 

これからも、少しでもわかりやすい記事を届けられるように努力していきます!

 

▼ブログランキングにも参加しております。当サイトの思想に共感いただける方は、ポチッとおねがいしますm(_ _)m(タップ1回で投票完了します)

 

▼LINEでの相談も、気軽にどうぞ!

かんたん検索でクレジットカードを選ぶ!自分にピッタリなカードが「ズバッと」見つかる人気ランキングからクレジットカードを選ぶ!

自分にピッタリのクレジットカードの選び方がわからない方は、基礎知識・おすすめカードの選び方が一気に学べるトップページをぜひ見てください。→ https://学生クレジットカード.com