クレジットカード審査と年収の関係性。社会人向けの一般カードや上位カードの「安定継続収入」ってどのライン?

クレジットカード審査と年収の関係性。社会人向けの一般カードや上位カードの「安定継続収入」ってどのライン?

クレジットカードの申込資格によく出てくる「安定した継続収入がある」とは、具体的にどういう意味なのでしょうか?

「学生でバイトもしておらず収入ゼロ。クレジットカードは作れる?」

「専業主婦で収入がないときの年収欄はどうしたらいいの?」

「会社員だけど年収は額面で計算?それとも手取りで計算?」

「転職したばかりで年収がわからないんだけど…」

クレジットカードを申し込むときに必ず記入するのが「年収」です。

「難しい年収欄の記入方法」や「安定継続収入の具体的な意味」を解説していきます!

【この記事で解説するおもな項目】

  • クレジットカード審査の上での「年収」の重要性
  • 申し込み条件の「安定継続収入」の意味
  • 職業別の年収の記入方法(←細かく決まっています!)
  • タイプ別でのクレジットカードの選択肢の例

この記事のもくじ

クレジットカード審査と年収の関係性や基礎知識

クレジットカード審査と年収の関係性や基礎知識

クレジットカードの審査には、カード会社独自の審査以外にも、国が定めた「割賦販売法(かっぷはんばいほう)」という基準があります。

クレジットカードの限度額については、包括支払可能見込額に経済産業大臣が定める割合(90/100)を乗じた額とします。

これを超える場合、包括クレジット業者はクレジットカードを発行、増額することはできません。

引用:早わかり改正割賦販売法-経済産業省

この「包括支払可能見込額」の部分にあなた自身の年収が大きく関わってくるのです。

支払可能見込額=年収−生活維持費−債務残高

そもそも支払可能見込額は「年収−生活維持費−債務残高」で算出されます。

具体例を見てみましょう。

  • 年収:400万円
  • 居住地:東京都中央区
  • 住宅ローン:あり(住宅所有)
  • 世帯人数:4人
  • 住宅と世帯から自動計算される生活維持費:240万円
  • 債務残高:30万円

この場合、支払可能見込額は400万円 – 240万円 – 30万円 = 130万円です。

経済産業省の定めでは、この金額(130万円)に90%をかけた数字がクレジットカードの最大限度額になります。

最大限度額は130万円 × 90% =110万円ですね。

※上記はあくまで理論上の最大値だと考えてください。

注意!

現実的には、カード発行業者の審査もありあるため、上記の範囲よりもより低く設定した限度額でカードが発行されることがほとんどです。
上記のケースですと限度額は30~50万円程度になりそうです。

「年収−生活維持費−債務残高」の各項目を細かく解説

次に、「年収−生活維持費−債務残高」の式に関わる細かい用語を解説していきます

  1. 年収(職業)
  2. 生活維持費
  3. 債務残高

①年収:自己申告が基本で証明書は求められない

年収の基本は「自己申告」です。

特殊なケースを除いて、年収を証明する「源泉徴収票」や「収入証明書」を提出する必要はありません。

とはいえ、当然ですが虚偽申告はNGです。

1万円単位まで正確な年収を調べる必要はありませんが、10万円単位では正しく申告しましょう。

ちなみに、カード会社はあなたの入力した会社規模や勤続年数、雇用形態などからある程度の年収額を予測できます。

虚偽した年収が、カード会社の予測とあまりにズレている場合には、電話で事実確認などもある可能性があるので、きちんと正しく入力しましょう!

 

【収入証明書が必要なケース←ほとんどないです】

  1. 貸金業者から50万円を超えて借りるとき
  2. 他の貸金業者から借りている分も合わせて100万円を超えて借りるとき

このどちらかに当てはまると「年収を証明する書類」の提出が必要です。

ポイント!

収入証明書は、キャッシング機能をつける際など、貸金業法で定める収入証明書提出の義務にあたらない限りは求められることがありません。

【補足】学生・主婦の年収記入方法はちょっと違う

ここで年収の正しい記入方法をここで紹介します。

  1. 会社員
  2. 事業主
  3. 主婦・学生など

この3パターンで年収の書き方が違うので注意が必要です。

▼会社員
会社員は、税引前の額面年収を書けば問題ありません。

たとえば月給30万円で、夏と冬のボーナスが2ヵ月分出るとしたら、30万円 × 12ヵ月+30万円 × 2ヵ月 × 2回=480万円です。

就職・転職したての方は、提示されている月収をもとに見込み額を算出して記入すればOKです。

▼事業主
事業主は、収入金額から経費を引いた所得を年収として記載してください。

売上収入が1,000万円で経費が300万円の場合は700万円とするイメージです。

▼主婦・学生
主婦や学生はパート・アルバイトをしていれば、その収入を年収欄に記入してください。

とくに収入がなければ素直に「0円」と記入すればいいです。

収入がゼロでも、配偶者や両親がいることを考慮して審査してもらえるので問題ありません。

クレジットカードによっては、同居家族の年収を申告することもあります。

ポイント!

経済産業省が定める「割賦販売法」でも、「専業主婦(夫)等の場合は、世帯の収入に基づいて、クレジットカードを利用できる」という規定があります。

②生活維持費:法律で機械的に決められている

続いては「支払可能見込額=年収−生活維持費−債務残高」の「生活維持費」の部分です。

生活維持費は直接入力するわけではなく、住まいや家族構成について入力することで自動的に計算されます。

以下は、東京23区当最高値の例です。クレジットカード協会によると、法律により機械的に決められており、以下の通りに算出されます。(※東京23区等最高値の例)

利用者含め、生計を共にする人数の合計1人2人3人4人以上
住宅所有かつ住宅ローンなし
住宅不所有かつ家賃支払いなし
90万円136万円169万円200万円
住宅所有かつ住宅ローンあり
住宅不所有かつ家賃支払いあり
116万円177万円209万円240万円

引用:一般社団法人 日本クレジット協会

③債務残高:キャッシングやカードローンの金額

債務残高は、簡単に言うと「現在どのくらい借金があるか(例外あり)」を記入する部分です。

借金と書きましたが、住宅ローン・自動車ローン・銀行カードローン・携帯電話本体の分割払いなどは対象外です。

カードキャッシング・消費者金融のカードローンなどからの借金を記入してください。

厳密に言うと、貸金業法が適用される借入金(貸金業者からの借入・信販会社からの借入・クレジットカード会社からの借入キャッシング)が対象となります。

ポイント!

クレジットカードの1回払いなどの分は省いてOKですし、利用していないキャッシング利用枠は総量規制の対象になりません。

クレジットカードの申込基準の「安定継続収入」について

クレジットカードの申込基準の「安定継続収入」について

ここまででクレジットカードの年収の記入方法や、限度額の計算が理解できたと思います。

ここからは、クレジットカードの申し込み条件にある「安定継続収入」について触れていきます。

安定継続収入は「サラリーマン>自営業」

安定継続収入とは、そのままですが「安定した継続的な収入があるか」を指しています。

収入が多いからと言って「安定した収入がある」とは判断されません。

10万円、50万円、5万円と収入が変動するより、毎月20万円ずつ稼ぐ方がカードの審査では有利です。

大企業のサラリーマンは、安定継続収入のもっとも代表的な例です。

大企業であれば会社が倒産するリスクが相対的に低く、自営業などに比べると継続的に収入があるイメージできますよね。

目安として、年収から生活費を引いた余剰金が少なくとも50万円程度あると安心です。

注意!

上記はクレジットカード会社の社員の方へのヒアリングをもとに執筆していますが、あくまで目安としてお考えください。
※上記の基準を満たしていれば必ず審査に通るわけではありません。

申し込み目安の年収が200万円以上推奨のパターンについて

申込資格としてよく見かける基準が「年収は200万円以上」のラインです。

これはなぜでしょうか?

前述した、「支払可能見込額=年収−生活維持費−債務残高」を計算するとき、年収が100万円だとマイナスになることが多いからです。

支払可能見込額がプラスになり、余裕を出そうと思うと少なくとも年収200万円以上は必要です。

これは、家賃支払いありの一人暮らしがベースで考えられています。

もしも3人世帯以上になってくると要求される金額はさらに増えます。

安定収入=定職?

クレジットカードの種類によって、「定職に就いていること」が申込条件になっていることもあります。

アメリカン・エキスプレス・カードなどにこの条件があります。

カード会社が指す「定職」とは、派遣社員・正社員・自営業・会社役員などです。

パート・アルバイトは定職として取り扱ってもらえません。

安定収入がない学生(年収0円)がカードを持てるのはなぜ?!

ところで、学生(年収0円)がクレジットカードを発行できることに疑問を持ちませんか?

支払可能見込額=年収−生活維持費−債務残高を計算すると、マイナスになることすらあります。

学生には利用額を抑えた(10万円程度)学生専用カードを発行しているのです。

利用額を抑えることで、会社はリスクを最小限に抑えることができています。

ポイント!

経産省の割賦販売法でも、限度額が30万円以下のクレジットカードは簡易な審査で発行できるように定められています。

▼学生でクレジットカードを作りたい方はこちら▼

学生向け特典やキャンペーンがお得なクレジットカードはこれだ!随時更新
学生向け年会費無料の最強クレジットカード徹底比較!

タイプ別:クレジットカードの選択肢の例

タイプ別:クレジットカードの選択肢の例

ここまでクレジットカード審査と年収の関係性を紹介しました。

実際に、以下の5つのパターンについて「カードが作れるかどうか(申込資格があるか)」を詳しく見ていきます。

自分の状況と似た部分を見て参考にしてください。

 

  1. 18歳、学生、アルバイト無し、実家暮らし
  2. 20歳、学生、アルバイトの年収80万円、仕送りをもらいつつ一人暮らしの家賃は自分で払っている
  3. 21歳、学生、学業とは別に仕事を頑張っており年収300万円、実家暮らし
  4. 25歳、社会人、企業に勤めており年収450万円、自分で家賃を支払う1人暮らし
  5. 29歳、専業主婦で無職、夫が企業で働いている

①18歳、学生、アルバイト無し、実家暮らし

学生専用カードや学生申込可のクレジットカードなら作ることができます。

未成年のため「親権者の同意」も必要なので、親御さんと相談しつつクレジットカードを発行しましょう。

学生専用カードでも、特典が充実している魅力なクレジットカードはたくさんありますよ!

学生向け特典やキャンペーンがお得なクレジットカードはこれだ!随時更新

▼学生専用カードならダントツオススメ

三井住友カード デビュープラス

超有名なブランド力・セキュリティに安心感があります。入会3ヶ月は還元率2.5%・通常でも還元率1.0%と普段使いで超お得なカードです。はじめてのクレカとして使いやすさで大人気です。最短翌営業日のスピード発行!

三井住友カード デビュープラス
入会特典新規入会&Vpassアプリログインで もれなくご利用金額の20% 最大8,000円プレゼント
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 条件付き無料
条件:前年1回以上の利用で年会費無料。通常の2年目以降年会費1,250円+税
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント名:ワールドプレゼントポイント
ポイント還元率(最大) 2.5%
条件:入会後3ヵ月間
発行スピード(最短)~3営業日
  • 付帯保険(海外旅行):-
  • 付帯保険(国内旅行):-
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:コンビニ(セブン・ファミマ・ローソン)マクドナルドなど対象店舗でいつでもポイント5倍その他、自分が選んだ対象3店で いつでもポイント2倍も!

②20歳、学生、アルバイトの年収80万円、仕送りをもらいつつ一人暮らしの家賃は自分で払っている

年収80万円での申請だと社会人向けカードは厳しいです。

学生専用カードを選ぶ方がいいでしょう。

理由は生活維持費に対し年収が下回っていると判断されるからです。

学生向け年会費無料の最強クレジットカード徹底比較!

▼年会費無料カードならJCB CRAD Wがオススメ

JCB CARD W

年会費がずっと無料のカードでは最高クラスの実力。普通に使うだけでもお得+特典も豊富なカードです。キャンペーン盛りだくさんの今こそ、入会のベストタイミングです!

JCB CARD W
入会特典インターネット新規入会限定、キャンペーンを組み合わせると最大11,500円分プレゼント!
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 無料
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント名:Oki Dokiポイント
ポイント還元率(最大) 3.5%
条件:加盟店での利用
発行スピード(最短)~3営業日
  • 付帯保険(海外旅行):○(利用付帯)
  • 付帯保険(国内旅行):-
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

③21歳、学生、学業とは別に仕事を頑張っており年収300万円、実家暮らし

このケースの場合、身分は学生ですが年収が十分にあるため、社会人カードにも申し込めます。

学生不可の記述がない社会人カードなら、積極的に申し込んでみてください。

カードの種類によっては、ゴールドカードプラチナカードであっても持てる可能性があります。

■学生や20代でも発行できるステータスカードについて:学生・20代の新社会人でもプラチナカードは持てる!申込条件ハードルが低いカードを比較・公開中!

学生でもアメックスが持てる!?年会費無料で、アメックスのステータスと豪華な特典を手にする方法とは・・・

④25歳、社会人、企業に勤めており年収450万円、自分で家賃を支払う1人暮らし

一般的な社会人がモデルのケースですね。

このケースではもっと多くの種類のカードにチャレンジできます!

ゴールドカード・プラチナカードも審査に通る可能性が十分にあります。

自分の欲しいクレジットカードに申し込んでみてください。

⑤29歳、専業主婦で無職、夫が企業で働いている

安定収入が条件にないクレジットカードか、夫が本会員のカードで家族カードを持つのがオススメです。

ちなみに専業主婦(夫)等の場合は、世帯の収入に基づいてクレジットを利用することができます。

夫(妻)の収入等を含めた世帯収入を申告することが可能なので、発行できるクレジットカード幅が広がります!

■家族カードについて:「家族カード」と「自分のクレジットカード」、それぞれを所有し利用するメリットデメリットについて
※学生向けの記事ですが専業主婦(主夫)の方にもお役にたつかと思います

【コラム】審査が不安・年収が足りないうちはバンドルカードなどの代替手段も

最後にいろいろ理由があって「クレジットカードを発行できないけどキャッシュレス払いをしたい!」という方にオススメのカードを紹介します。

【クレジットカード以外のキャッシュレス決済方法】 

  • デビットカード
  • プリペイドカード
  • 送金アプリ

当サイトでクレジットカード以外のキャッシュレス手段として「バンドルカード(プリペイド型の決済サービス)」をオススメしています!

誰でも審査なしですぐに作れるバンドルカード

【今すぐDL!】バンドルカードは超便利!インストール&1分で使いはじめられます。 バンドルカードは超便利!
【バンドルカードの特徴】 

  • 誰でもカード(バーチャルカード)がすぐに発行できる
  • チャージした金額の範囲内で使うことができる
  • 支払いに使った金額はすぐアプリで確認できる

このような3つの便利なメリットがあります。

クレジットカードが作れない人や、なんとなく怖い印象がある!という方も安心して使いやすいプリペイド型の決済サービスとして人気急上昇中です。

ついに100万DLも達成し、その利用者数は今も増え続けています。

中学生・高校生でも持てるバンドルカード!

■詳細:バンドルカードは10代・学生に大人気!コンビニで現金チャージOK・使い方・支払い方法など徹底解説【ついに100万DL】

まとめ

この記事の内容を理解すれば、安心してクレジットカードの申し込みができるはず。

当サイトではおすすめクレジットカードについてまとめています。

「クレジットカード発行してみよう!」と思った場合は、以下の記事も合わせて読んでみてください^^

JCB CARD Wは年会費無料・高還元率さらにAmazon・スタバ・セブンでめちゃお得!?

三井住友VISAデビュープラスカードは学生に人気の高還元率カード

大学生は、クレジットカードを何枚持つべき?自分にとって必要なクレカを選ぶコツ・基準は?

海外旅行・留学に行く前に、絶対見るべき失敗しないクレジットカードの話

学生向け特典やキャンペーンがお得なクレジットカードはこれだ!随時更新

学生向け年会費無料の最強クレジットカード徹底比較!

【学生向け】JAL・ANAマイルの基本と貯め方を徹底解説!効率よくマイルを貯める最強クレジットカードはコレだ!

学生でもアメックスが持てる!?年会費無料で、アメックスのステータスと豪華な特典を手にする方法とは・・・

学生も無料でETCカードを作れる!おすすめの年会費・発行費無料ETCカードまとめ!ドライブ・レンタカーで高速道路に乗る前に。

即日発行が可能なオススメのクレジットカードまとめ!お急ぎの学生にも嬉しい、申込から店頭発行までの解説も。

学生が即日でお金を借りるならキャッシング!消費者金融カードローン・学生ローンとの比較と注意点まで徹底解説。

「この記事、参考になった!」と思っていただけましたか?

▼ぜひブクマ・シェアお願いします!

周りの方・ご友人が悩んでいる時にもぜひ教えてあげてください。m(_ _)m

運営者プロフィール

学生クレカ管理人

学生クレカ管理人

自分が大学生・未成年時代のお金・クレジットカードの失敗経験をもとに、同じ失敗をする人・クレジットカードについて悩む人をひとりでも減らしたいという気持ちで当サイトを6年以上運営しているクレジットカードの専門家。

 

130枚以上のクレジットカードを比較検討し、累計22枚のカードを所有してきた(大学生の頃は6枚所有)。マイルを累計30万以上保有。航空券をほぼ無料にし、ふらっと旅行に出かけるのが趣味。Amazonでのお買い物も累計40万円分以上、ほぼポイントで済ませている。

 

カード会社幹部や広報部・外部の専門家ともつながりがあり、常に知識をアップデートしている。

 

これからも、少しでもわかりやすい記事を届けられるように努力していきます!

 

▼ブログランキングにも参加しております。当サイトの思想に共感いただける方は、ポチッとおねがいしますm(_ _)m(タップ1回で投票完了します)

 

▼LINEでの相談も、気軽にどうぞ!

かんたん検索でクレジットカードを選ぶ!自分にピッタリなカードが「ズバッと」見つかる人気ランキングからクレジットカードを選ぶ!

自分にピッタリのクレジットカードの選び方がわからない方は、基礎知識・おすすめカードの選び方が一気に学べるトップページをぜひ見てください。→ https://学生クレジットカード.com

失敗しないクレカ選びのポイント!