カード決済エラー頻発で使えないときは…もしかするとカードの汚れや磁気不良が原因かも。カードを綺麗に保つ方法を紹介します!その他利用不可事例も。


いざという時、パニックにならないためにもカードエラーの原因をしっかりチェック!

今まで使えてきたクレジットカードが、店頭レジでエラーになって、使えなくなると焦ってしまいますよね。

頻繁に使っている有効期限近いカードだと、磁気などの消耗によりエラーが起こることはけっこうあります…!

クレジットカードを複数枚持っていいれば、別のカードで支払うことも可能です。1枚しか持っていなくて、現金の持ち合わせもないなんてことになると、ショッピングそのものができなくなってしまいます。

いざという時にあわてないためにも、クレジットカードが使えなくなるいろいろな原因をご紹介します。

クレジットカードの磁気ストライプとICチップは大切に

磁気ストライプ・ICチップにカード情報を保管

クレジットカードは、磁気ストライプ・ICチップにカードの情報が保管されています。したがって、磁気ストライプ・ICチップが損傷すると、クレジットカードが使えなくなる可能性があります。

最近では情報量が多く、セキュリティが高いICチップが搭載されることも多くなっています。しかし、加盟店の端末コストが、磁気ストライプタイプの方が安価ですむという理由などから、磁気ストライプも併用されています。

クレジットカードの利用と保管。磁気・水・損傷に注意!

磁気ストライプは水に濡らすと磁気が弱まる可能性があります。また、クレジットカードをスピーカーやヘッドホンなどの強い磁気を発するものの近くに保管すると、磁気ストライプの内容が変わってしまうこともあります。

ICチップはCPUやメモリを内蔵している小さなコンピューターみたいなものです。ICチップも磁気ストライプと同様に磁気不良をおこすことがあります。

ICカードには接触式と非接触式の2タイプがあります。接触式のICカードの場合、店舗のカードリーダーとICカード上の接点を接触させることによってデータの送受信をおこなっています。

もちろん、カード自体が変形・湾曲したりすると読み取れなくなることもあります。

クレジットカード、持ち歩く際はきちんとカード入れに収納

クレジットカードをポケットに直接入れて持ち歩いているなんて方もいらっしゃるかもしれませんね。

そのような場合、ポケットに車や自宅のキー、小銭などが一緒に入っていると、金属と触れ合ってクレジットカードの磁気ストライプやICチップ接点部が傷ついてしまう可能性も高くなってしまいます。

またポケットに入れたままだと、クレジットカードが入っているのを忘れてしまって、そのまま洗濯機に、なんてことにもなりかねませんよね。気をつけた方がいいですよ!

クレジットカードを持ち歩くときは、専用のカードホルダーや財布カード入れ部分に収納するよう心がけると、トラブルも少なくなります。

クレジットカードトラブル。気になる方は専用アイテムも!

クレジットカードを磁気からガードするアイテムも多く発売されています。

磁気シールドのカードケースを使えば、クレジットカードを1枚ごとに収納できて、そのまま財布のカードケースに入れられます。

また、磁気防止機能がついて、複数枚のカードを収納できる革製カードケースもラインナップしています。通帳も入れられるタイプもあるので、カード管理で気になる方はご利用されてはいかがでしょう。

クレジットカードが使えない! いちばん多い原因はユーザー自身の不注意

クレジットカード大手の三井住友カードによると、クレジットカードが利用停止になる原因でいちばん多いのが、ユーザー自身の不注意ということです。

では、どのようなケースが該当するのか確認していきましょう。

意外と多いうっかり。クレジットカードの利用可能額オーバー

クレジットカードにはショッピング・キャッシングそれぞれに利用可能額が設定されています。

知らない間に利用可能額をオーバーして利用しようとすると、当然カードは利用できません。

緊急事態ならカード利用可能額の一時的増額も!

カード会社によっては、カード利用可能額を一時的に引き上げすることができる場合もあります。

急を要するときは、即時に増額できるケースもあるので、ご自分の保有するカード会社の利用規約やホームページをチェックしておくと安心です。

ただし、利用可能額を超えてクレジットカードを利用することは、あまり好ましいことではありません。

利用可能額の増額を申請するとともに、クレジットカードは計画的に利用するよう心がけるようにしましょう。

利用限度額の増額については、こちらもどうぞ。
クレジットカード利用限度額の上げ方。学生だと最大どこまで上げられる?カード会社へのショッピング利用枠の引き上げ依頼方法まとめ

コレだけは注意したい! 利用代金の支払い延滞

クレジットカード利用代金の支払を延滞してもクレジットカードが利用できなくなります。

支払確認ができるまで、クレジットカードは利用停止です。また、別途遅延損害金も発生する可能性があります。

また、利用可能額が減額されるなど契約内容の変更、さらには最悪の場合は契約解消となるケースもあります。

将来のためにも、延滞したら早めの対応が安心!

さらに、延滞期間が長期に渡る場合は、信用情報機関に延滞として記録されてしまいます。

これらの情報は、保有しているクレジットカードのカード会社だけでなく、信用情報機関に加盟しているカード会社や金融機関が確認できます。

今後の金融取引の際に支障がでてくる可能性も高いので、充分注意したいものです。

延滞は絶対避けましょう…。
クレジットカードの支払い遅延・延滞は絶対NG!

規約を違反すれば即刻利用停止!

クレジットカードには必ず利用規約が設けられています。

常識的に利用すれば、利用規約違反になることはほとんどないので、利用規約なんて全部は読んでいないという方も多いのではないでしょうか。

利用規約の禁止事項でとくに注意を要するのが、クレジットカードの現金化です。絶対NGです。

クレジットカードの現金化って、どういうこと?

クレジットカードには、商品やサービスの利用代金を後払いするショッピング機能と、現金を借り入れるためのキャッシング機能がついています。

クレジットカードの現金化というのは、ショッピング機能を使って現金に換える行為です。

具体的にいうと、クレジットカードを利用して購入した商品を現金で引き取ってもらうようなケースが、クレジットカードの現金化にあたります。

カード会社はクレジットカードの現金化には厳しい態度

クレジットカードの現金化に対しては、クレジットカード会社は厳格に対応することがほとんどです。

この規約違反で利用停止になると、対処するのはまずムリだと考えておきましょう。

利用規約を読むのが面倒という方も、クレジットカードの現金化はしないように心がけておいてください。

普通に使っているのに、なぜ? カード不正使用検知システムが作動してエラーに

カード不正使用検知システムとは、カードが通常と違うパターンで利用された時に、カードがロックされて利用できなくなるシステムです。

本来の所有者でない第三者が、クレジットカードを不正に使用しているのではないかと判断されてしまうわけなんですね。

つまり、ユーザーを守るためのセキュリティの一環なのですが、ユーザーに落度がなくてもカードがロックされてしまう可能性があります。

どんな時にカード不正使用検知システムでエラーになるの?

カード不正使用検知システムが作動するケースはたとえば、以下のようなものです。

・日本国内で利用していたクレジットカードが、突然に海外で利用された。(クレジットカード不正利用の疑い)
・短時間の間に、同じ店で繰り返し利用された(クレジットカード現金化の前兆を疑い)
・高額のチケットを複数枚購入した(クレジットカード現金化の前兆を疑い)

カード不正使用検知システムが作動して、カードが利用停止になると、クレジットカード会社から連絡が来るので、その時に正当な理由であることを説明し、解除を申し出ます。

便利なクレジットカードだから、使えなくなったら大変!

クレジットカードが突然使えなくなったら、とっても不便。

自宅の近くだったら、それでもまだ対応のしようがあるかもしれませんが、旅行や出張ということになれば、対応に苦労するということになりかねません。

とても便利なクレジットカードだからこそ、使えて当たり前だと考えがちです。

クレジットカードホルダーのみなさん、とりわけ1枚しか持っていないという方、クレジットカード初心者、これからクレジットカードを作ろうと検討している方もぜひご参考になさってください。


このページを閉じる前に、要チェック!

当サイトで学生さんの申込が多いクレジットカードのランキングです。初めてのカード・二枚目のカードを悩んでいる方にどうぞ。

最新!当サイトで申込の多いクレジットカード
【1位】三井住友VISAデビュープラスカード
【2位】ライフカード
【3位】JCB CARD W

失敗しないクレカ選びのポイント!

creca_footer_link