JMBローソンPontaカード

共通ポイント+電子マネー+クレジットカードでポイント3重取り!鬼の4重取りも?

C778_konokane-thumb-815xauto-14938

超効率的な知る人ぞ知るポイント3重取り

ポイント上級者の中で知られているポイント3重取りといポイント獲得術を耳にしたことはあるでしょうか。これはTポイントやポンタなどの共通ポイントと電子マネーとクレジットカードを組み合わせた知る人ぞ知るポイント獲得術です。学生のうちから、ここまでマネー術を極めている方はなかなかいません。クレカ所持している方の1%もいないと思います。

正直、筆者も毎回の支払いでここまでやれてないです笑

3重でポイントが獲得できますので還元率は合計で2.5%以上になることも。しかも、事前準備はとても簡単。ここではこの超効率的なポイント3重取りについてご説明しますので、ぜひこれを読んでポイント3重取りを実践してみてはいかがでしょうか。

ポイント3重取りの仕組み

まずはポイント3重取りの仕組みについてご説明します。概要はこのような感じです。

  1. クレジットカードからEdyにチャージ(クレジットカードのポイント)
  2. Edyを利用してEdy提携のポイントが貯まる(Edyのポイント)
  3. 店頭でのお会計で共通ポイントを提示(共通ポイント)

つまり、共通ポイントの提携店でEdyが使えるお店なら、簡単にポイント3重取りができるという仕組みです。代表例はコンビニエンスストアです。例えばTポイントのファミリーマート、Pontaのローソン、RポイントカードのサークルKサンクス。

それ以外でもEdyが使えるケンタッキーフライドチキンなどもポイント3重取りの対象店舗になりますので、このポイント獲得術は全国で幅広く利用することができます。ちなみにEdyを使うことで貯まるポイントは提携先が多く、Tポイント・Ponta・Rポイントのほかにもヤマダ電気のポイントやビックカメラのポイント、ANAのマイルなど幅広い選択肢から選ぶことができるようになっています。

準備するもの

では実際にポイント3重取りをするためには何が必要でしょうか。先ほどの説明でおわかりのように準備するものは以下の3つだけです。

  1. Tポイントカード、ポンタカード、Rポイントカードなどの共通ポイントカード
  2. 電子マネーEdy
  3. Edyにクレジットチャージしてポイントが貯まるクレジットカード

以上の3つです。ちなみにEdyはカードタイプでもおサイフケータイでも構いません。また、共通ポイントカードは対応しているコンビニエンスストアなどの店頭やネットで申し込みが可能ですので簡単に手に入ります。なお、Edyチャージでポイントが貯まる代表的なクレジットカードにはこのようなものがあります。

  • 楽天カード
  • ライフカード
  • リクルートカード
  • エポスカード
  • JMBローソンPontaカードVisa
  • NTTグループカード
  • SoftBankカード
  • auじぶんcardセゾン

どれも高還元率で有名なカードばかりですので普通にクレジットカードを申し込んで利用しても損はありません。そのため、もしご利用中のカードがEdyチャージでポイントが貯まらないようでしたら、この機会にこれらのクレジットカードへの入会を検討してみてもいいかもしれません。

インターネットを上手に活用して4重取りも可能に!?

インターネットでのショッピングやサービス予約では、クレジットカードの決済で貰えるポイントとは別に、クレジットカード会社の”オンラインモール”を利用することでボーナスポイントが貰えたり、ショップ独自のポイントが貰えることがあります。 2重取りや3重取りがしやすいのです。さらに、なかには4重取りが可能な場合もあるんです。

「楽天トラベル」で4重取りする方法

例えば、旅行サイトで人気の「楽天トラベル」では4重取りが可能です。 楽天トラベルはANAと提携していて、ANAのサイトから楽天トラベルのホテルプランを検索できます。そのANAの宿泊予約サイトを経由して楽天トラベルのプランを利用すると、200円につき1マイルが付与されます。

さらに利用したホテルがANA提携ホテルだと「ホテルマイル」も付与されます。そして、楽天トラベルを利用しているので、「楽天スーパーポイント」も付与されます。最後にホテル宿泊代をクレジットカードで支払うことで「クレジットカードのポイント」も付与されます。 たったこれだけでポイント4重取りとなるのです。

▼楽天トラベルで4重取りする方法

  1. ANAの宿泊予約サイトを経由して楽天トラベルのプランを利用するとポイントゲット!
  2. ANA提携ホテルを利用することで「ホテルマイル」をゲット!
  3. 楽天トラベルを利用して「楽天スーパーポイント」ゲット!
  4. クレジットカードで支払いをしてポイントゲット!

「Rポイントカード」で4重取りする方法

そして「Rポイントカード」でも4重取りができます。「Rポイントカード」は、楽天スーパーポイントをリアル店舗で貯められるだけでなく、使うこともできるカードです。楽天スーパーポイントといえば、楽天市場でガッツリとポイントを貯められるイメージはありますが、実際リアル店舗で使うことで、どれだけ貯められるのでしょうか。1か月の利用をためしにシミュレーションしてみましょう。

まず、Rポイントカード加盟店で利用する場合、基本的な使い方として「Rポイントカード」掲示で200円につき2ポイントを獲得できますね。200円で1ポイントというケースが多いなか、これだけでも還元率は高めですが、「Edy-Rポイントカード」を使えばさらに200円で1ポイントを獲得できるのです。つまり、200円で3ポイント獲得できるということですね。

さらに、ポイントを賢く貯められる4重取りの裏ワザも存在します。1,000円(税抜)の利用で25ポイント、つまり2.5%の還元率を1回の来店で得る方法は以下のとおりということです(1,000円を利用した場合)。

  1. 「楽天e-NAVI」で「楽天Edy」にチャージ⇒ 5ポイント
  2. 「Rポイントカード」をレジで提示⇒ 10ポイント
  3. 「楽天Edy」で支払い⇒ 5ポイント
  4. 「楽天チェック」でチェックイン⇒ 10ポイント

「ANAマイル」でポイントを4重取りする方法

さらに、「ANAマイル」でも、対象のクレジットカードから楽天Edy をチャージするだけで、マイルが通常の2倍貯まるので、最大4重取りすることも可能になります。ANAカードから楽天Edy へチャージするだけで、マイルを貯めることができるのです。対象のANAのクレジットカードは、下記の3種類になります。

  • ANA JCBワイドゴールドカード
  • ANA ダイナースカード
  • ANAカード プレミアム

※ANAアメリカン・エキスプレス®・プレミアム・カード、ANAアメリカン・エキスプレス・スーパーフライヤーズ・プレミアム・カードは本サービスの対象外になります。

このように、ポイント重ね取りのパターンは探せばたくさんの方法があると思います。 身近なところで、重ね取りの方法を探すのも面白いと思いませんか? ぜひあなた独自のポイントゲット方法を見つけてみてくださいね。

まとめ

ポイント3重取りは共通ポイント、電子マネーのEdy、Edyチャージでポイントが貯まるクレジットカードを組み合わせた知る人ぞ知るポイント獲得術です。準備も簡単で、Edyチャージでポイントが貯まるクレジットカードをお持ちならすぐに始められます。ほとんどの商品が定価で販売されているコンビニエンスストアでのお買い物がお得になりますのでぜひ実践してみてくださいね。

ポイントカードが付属したクレジットカードまとめ5枚【お財布すっきり!節約】

パンパンなお財布だとお金が貯まらない!?

突然ですが、パンパンなお財布だとお金が貯まらないという話を聞いたことはないでしょうか。お財布はお金のお家なので、ギュウギュウで居心地が悪いとお金が気持ちよく住んでくれないということらしいです。

そうはいっても、キャッシュカードにクレジットカード、ポイントカードも持ち歩かなくてはいけないこのご時世。どんなに頑張ってもある程度はお財布がパンパンになっちゃうよ!という方も少なくないと思います。

そこで、ここではお財布をスッキリさせるのに効果的なポイントカードが付属したクレジットカードをご紹介します。

ポイントカードが付属したクレジットカードとは?

ポイントカードが付属したクレジットカードとは、文字通りポイントとクレカが一体化されたカードなのですが、さすがにパン屋さんのスタンプカードが搭載されたクレジットカードなどは存在しません。なので、ここでは日本でとても大きな勢力である共通ポイントカードの「Tポイント」と「Ponta」が付属されたクレジットカードを紹介します。

なお、ポイントカード付属のクレジットカードは、提携店での提示ポイントとクレジットカード利用時のポイントのなんとポイント二重取りが可能となっていて、お財布がスッキリするだけではなく、実はとってもお得なカードなんです。

Tポイントを搭載したクレジットカード3選

まずは共通ポイントの先駆者である「Tポイント」が付属したカードからご紹介いたします。

Tカードプラスα

カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(CCC)が発行するのが、このTカードプラスα。Tポイントカードの発行元でもありますので、まさにTポイント付属クレジットカードのプロパーカードともいえる王道カードです。

TSUTAYAのレンタル会員の更新料も無料になりますので、Tポインターだけではなく、TSUTAYAユーザーの方も要チェックの1枚です。

  • 年会費:無料。6年目以降500円(税別)。年間1回以上の利用で翌年の年会費無料。
  • 入会条件:18歳以上(高校生不可)
  • ポイント還元率:Tポイント提携店でのカード提示100円につき1ポイント。クレジット利用200円につき1ポイント

http://tsite.jp/pc/r/credit/tcreditplus_alpha.pl

ファミマTカード

ファミマユーザーなら必携のTポイント付属カードがこのファミマTカード。提示ポイントとクレジットポイントのポイント二重取りはもちろんのこと、ファミリーマートでのお買い物でこのカードを使うと、なんと、会員限定の割引を受けられたり、キャンペーン商品でボーナスポイントが大量にゲットてきたりとにかくお得!

カードの年会費は無料なので、行動範囲にファミリーマートがあるならぜひ作るべきカードです。

  • 年会費:無料。
  • 入会条件:18歳以上(高校生不可)
  • ポイント還元率:Tポイント提携店でのカード提示100円につき1ポイント。クレジット利用200円につき1ポイント

http://www.family.co.jp/ft/

Yahoo!JAPANカード

Tポイントをザクザク貯めるならYahoo!JAPANカードが最強です。クレジット利用で貯まるポイントが100円につき1ポイントと、他のTポイント付属カードの2倍ポイントが貯まりやすいことに加えて、Yahoo!のサービス利用時にはなんとポイントが3倍貯まります。ヤフオクなどYahoo!サービスをよく利用する方なら持っているべきカードです。

  • 年会費:無料。
  • 入会条件:18歳以上(高校生不可)
  • ポイント還元率:Tポイント提携店でのカード提示100円につき1ポイント。クレジット利用100円につき1ポイント

http://card.yahoo.co.jp/

Pontaを搭載したカード3選

Tポイントの後発でありながら加盟店数、発行枚数ともにTポイントを上回る共通ポイントカード「Ponta」。かわいいタヌキのキャラクターに魅了されている方も多いのではないでしょうか。

PontaポイントがTポイントよりも優れている点は、様々なサービスで利用可能なリクルートポイントに交換できることと、ローソンでとってもお得なお試し商品と交換できること。そんな「Ponta」を付属した代表的なカードをご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

Ponta Premium Plus

Ponta付属クレジットカードのプロパーカードともいえる位置づけのカードがこの「Ponta Premium plus」。提携店でのポイントとクレジット利用ポイントのポイント二重取りはもちろんのこと、年2回のボーナスポイント期間には、ご利用金額に応じて最大1.0%のポイント加算でPontaポイントが大量に貯まります。

  • 年会費:初年度無料。2年目以降2000円(年間5万円以上の利用で次年度無料)
  • 入会条件:18歳以上(高校生不可)
  • ポイント還元率:Pontaポイント提携店でのカード提示100円につき1ポイント。クレジット利用100円につき1ポイント

https://www.ponta.jp/c/premium/

JMBローソンPontaカードVISA

ローソンでの利用で100円につきポイントが2ポイント貯まるコンビニ系最高還元率カードなのがこの「JMBローソンPontaカードVISA」。

還元率はクレジットカード業界全体で見ても最高レベルの圧倒的還元率です。しかも年会費は永年無料。ローソンユーザーならぜひ作るべきPonta付属系の最強カードです。

  • 年会費:永年無料。
  • 入会条件:18歳以上(高校生不可)
  • ポイント還元率:ローソンおよびローソンストア100での提示100円につき2ポイント。Pontaポイント提携店でのカード提示100円につき1ポイント。クレジット利用100円につき1ポイント

http://www.saisoncard.co.jp/lineup/ca130.html

まとめ

お財布パンパンを解消する救世主となりうるポイント付属クレジットカード。大きくTポイント付属とPonta付属の二大勢力がありますが、どちらもかなりお得なスペックになっていますので選ぶのに迷ってしまいます。

どちらの提携店が自分の行動範囲内に多くあるのか、よく利用するコンビニはファミマなのかローソンなのかなど、ご自分のライフスタイルをよく振り返ってぜひ最適なカードを選んでみてください。

ちなみに、共通ポイントでは楽天が第三の勢力であるRポイントカードを展開していますが、現時点ではまだRポイントを一体化したクレジットカードは無いようです。