スマホや携帯、ドコモユーザーなら毎月ソレナリの携帯料金を支払っていますよね。
決して安い金額ではありませんし、どうせ毎月料金を支払うならば、少しでもお得にしたいものです。
スマホ料金の割引やdポイントの還元、さまざまな施設での優待など、ドコモユーザー必携です。

dカード(旧DCMX)で、毎月支払う金額に見合ったサービスを受けてみませんか?

dカード(旧DCMX)は、年会費実質無料・dポイント一体型かつiD搭載の電子マネー含む三位一体カード!

NTTドコモ発行のdカードは旧DCMX(2015年11月20日から変更)と異なりdポイントカードとの一体型で、iDも搭載され電子マネーも利用でき、クレジットカード機能を持つ三位一体のカードです。
財布の中でかさばるカード類の枚数を減らし、分厚い財布からの脱却であるカード断捨離もできますね。

「クレジットカード」+「dポイントカード」+「iD 電子マネーの利用」 さらに「年会費実質無料」です。

クレジット機能

dカードのクレジット決済ブランドはVISA、MasterCardの二種類あり、選択できるのも使い勝手が良く嬉しいですね。

dポイント

dポイントとはドコモが展開する共通ポイントで、「Tカード」や「Pontaカード」のような共通ポイントなのです。
ドコモ利用者が通信サービスだけで利用できるものでは無く、「dポイントカード」をdポイント加盟店で提示することで「dポイント」が貯まり、使うことも可能な共通ポイントサービスです。

iD(アイディ)

ドコモと三井住友カードが提携して運営している電子マネーで、事前チャージが不要な後払い方式(ポストペイ型)なのが特徴です。
クレジットカードの利用分と一緒に後から請求されるシステムなので、使った分だけ支払うことができて便利です。
他の電子マネーは、事前にチャージするプリペイド方式で、チャージした残高の範囲でしか使えないのですが、後払い型のiDの場合はチャージという手間がかかりませんし、使った分だけ後から請求されるので気楽ですね。
小銭を数えたり、受け取ったりする必要が無く、コンビニなどでもスマートに会計ができるのが便利です。

年会費実質無料

年会費も初年度無料、2年目以降も年1回でも利用すれば次年度以降も年会費無料なので、携帯料金の支払いに利用していれば実質的に年会費は無料のままです。
ドコモユーザーなら、実質的に年会費は不要と言っても良いでしょう。

 

dポイント還元率1.0%、dカード特約店では還元率が2%以上に!スタバ・ローソンに強い

dポイントは、共通ポイントで100円ごとに1ポイント(還元率1.0%)ですが、dカード特約店で利用すると還元率2.0%以上となります。
例えば、dカード特約店は「ENEOS」や「三越伊勢丹」「東急ホテルズ」など多数あり、さまざまな店でお得に利用できます。
しかも、スターバックスやローソンでは還元率も高く、メリットが大きいのです。

スターバックス

スターバックスカードへのオンライン・チャージは、dポイント特約店で、3%のdポイントが特別に貯まります。
カード決済の1%と合わせると、合計4%還元となりますし、キャンペーンなどの開催もあります。
スタバユーザーなら、スタバのためだけに保有していても良いくらいですね。

ローソン

全国のローソン、ナチュラルローソンでは、dカード利用で買物金額から3.0%を請求時に自動的に割り引きされ、dポイントが1.0%貯まります。
dポイントで支払うこともできますし、Pontaカードの提示のメリットや、お得なキャンペーンも開催されていたり、Pontaポイントとの交換なども可能です。dポイント交換先としてはiDキャッシュバックで現金同様の還元。コレがお得!

dポイントには、さまざまな交換先がありますが、dカードのiDキャッシュバックで現金同様に交換レート100%!に充当できます。
「交換商品につかう」→「ギフトカードコース」→「iDキャッシュバック(dカード)2,000 ポイント」
2,000ポイントを2,000円分のクーポンに交換可能な「iDキャッシュバック」が一番お得です。

dポイントクラブで会員ステージがアップ!様々な施設で割引優待が受けられる!

dポイントクラブは、6ヶ月間(毎年6月~11月、12月~翌5月)に得たdポイント数によって、ステージが変わります。
「レギュラー」「ブロンズ」「シルバー」「ゴールド」の4段階ステージで、ステージに応じてさまざまな施設での特典やクーポンなどの優待があり、割引サービスやステージ特典ポイントも付与されます。

「dカード」は三位一体のお得なクレジットカードで、「dカード GOLD」はドコモユーザーのメインカードとして高還元で超お得なゴールドカードです。
dカードに契約すると、dポイントクラブのステージ優待で、dポイントがたまりやすくなり、レギュラーからブロンズステージへ優待されます。
dカード GOLDでは、dポイントクラブのステージがゴールドステージへ優待され、たまるポイントが大幅にアップします。

シルバーステージ以上になると、毎月抽選で国内テーマパークなどのプレミアム特典があったり、ブロンズステージ以上では、エンターテイメントやスポーツクラブなどの割引特典の「スペシャルクーポン」も進呈されたりします。
クーポンを発行している映画館は多いので、映画ファンならぜひ使いたいですね。

【最大の強み】ドコモのスマホ・ケータイ料金が安くなる!【dカードGOLDなら最大10%オフ】

dカードで毎月の携帯料金を支払うともちろんdポイントが貯まりますが、dカードGOLDならさらにお得です。
dカードGOLDには年会費も必要ですが、年会費のもとがすぐとれるくらいのお得感満載のサービスがあります。

たとえばdカードGOLDで、毎月の携帯料金(税抜)には、10%のdポイントが貯まります。
毎月最大10%オフって、すごくないですか?
ドコモの携帯料金って、正直さほど安くは無い感覚なので、ゴールドカードで少しでも元を取りたいですよね。

保険や補償・サポートなど、その他のメリットは

dカードには、海外・国内の旅行付帯保険はありませんが、dカードGOLDでは海外旅行傷害保険が自動付帯になっています。。
しかも、他社のゴールドカードより海外旅行傷害保険がかなり手厚いのです。
・障害死亡:1億円(ご家族様1,000万円)※
・障害後後遺障がい:程度により400万円~1億円(ご家族様40万円~1,000万円)※
・傷害・疾病治療費用:300万円
・救援者費用:500万円
・乗継遅延:2万円
・手荷物遅延:1万円
・手荷物紛失:2万円
・出航遅延・欠航:1万円
※自動付帯の金額 :傷害死亡5,000万円/傷害後遺障がい:200万円、また、海外旅行費用をdカードGOLDで支払いした場合の保険金額です。条件を満たさない場合の保険金額は傷害死亡5,000万円/傷害後遺障がい:200万円~5,000万円となります。

dカードGOLDでは、日本国内の空港ラウンジはカード提示で、無料でラウンジが使えます。

dカードGOLDでは、万一の紛失・盗難または修理不能(水濡れ・全損など)の場合でも、3年間で最大100,000円キャッシュバック保障サービスもあります。
10万円はかなり大きいですし、スマホ代金のほぼ全額カバーできるので、かなり安心ではないでしょうか。

まとめ dカードのスペック・メリット

dカードのスペックとメリットとしては、やはりドコモユーザーであり、財布をスッキリさせて電子マネーや共通ポイントをまとめたい人に最適な2枚目、利便性の高いクレジットカードと言えます。
「クレジットカード」+「dポイントカード」+「iD 電子マネーの利用」の三位一体が、一番のスペットクでありメリットです。

ヘビーなドコモユーザーであれば、dカードGOLDで年会費を支払ってでも、さまざまな特典を使い倒してみる! というのも、アリでしょう。

smp_arrow

dカードの申込はこちらから!

af-reg_about1

btn_free_regist

dカードGOLDの申込はこちらから!

goldinfo_main

btn_free_regist