ANA

JAL・ANAのマイルの基本を解説!学生からでも十分マイルがたまる最強クレジットカードはコレ!

マイルの基礎知識から優秀なフライトカードまで徹底解説!

クレジットカードは様々な種類がありますが、その中にはマイルを貯められるカードもあります。

「マイルって何・・・?ポイントと何が違うの・・・?」

そんな疑問を持っている方にマイルの基本として覚えておきたい部分をピックアップして解説します。

①マイルの意味

そもそもマイルってどんな意味なのか?

マイルというのは長さを測るための単位の1種であり、クレジットカードにおいては飛行機と連動していることから「ポイント」ではなく「マイレージ=マイル」と呼ばれています。ポイントプログラムの仕組みとしては通常のクレジットカードと同じようにカードを使うことでマイルが貯まるため、単純に呼び方が異なるだけで中身は一緒と覚えておいて問題ありません。

②マイルとポイントの違い

マイルもポイントもクレジットカードのポイントプログラムの1種であり、他にはキャッシュバックが搭載されているカードもあります。どんなポイントプログラムでも、カードを使うことでマイルやポイントが還元されるので、カードを持っているだけでは意味がありません。

マイルが搭載されているカードでは、飛行機に乗ったり買い物をするとマイルが貯まります。そのマイルはフライトチケットを購入したり、好きな商品へ交換できるなど、ポイントと同じような使い道があります。

ポイントが搭載されているカードでは、基本的にカードを使うことでポイントが貯まります。マイルとポイントの違いは「飛行機と連動しているかどうか?」だけであり、貯め方や使い道にそれほど大きな違いはありません

③マイルの貯め方

基本的にマイルが搭載されているカードはフライトカードであり、国内に的を絞ると「JALカード」・「ANAカード」の2択となります。カード会社や国際ブランドから探すと様々なフライトカードが見つかりますが、航空会社としては2社しかありません。

どちらのフライトカードも飛行機に乗るとマイルが貯まります。また、日頃の買い物でもカードを使う度にマイルが加算されるので、飛行機に乗ることが少ない方でもしっかりとマイルを貯められることが魅力です。

他には、ボーナスマイルとして「カード契約の延長」や「毎年の初回フライト」など、飛行機に乗るほどお得にマイルが貰えるシステムがあります。出張などで航空会社の利用頻度が高い方にとっては非常にメリットの高いクレジットカードとなります。

④マイルの使い道

マイルというのは航空券を購入する際に使うのが一般的ですが、実はポイントと同じように様々な商品へ使うこともできます。マイルの使い道を大きく分けると、フライト商品と一般商品があります。要するにポイントと同じように使うことができ、しかも飛行機に関する商品やサービスにも使えるというわけです。

ちなみに「JALカード」と「ANAカード」のマイルの使い道には大きな差がありません。どちらもフライト商品と一般商品を選ぶことができ、マイルの使い道を全体的に見ると通常のクレジットカードの2倍や3倍と選択肢がかなり多いのが特徴です。

⑤マイルのメリットとデメリット

マイルのメリットは飛行機関連の商品やサービスにマイルを使えることであり、これが最大の魅力でもあります。普通のクレジットカードでポイントを貯めて、そのポイントをマイルへ移行するという方法もありますが、ポイント還元率を考慮するとフライトカードを作る方がお得です

マイルのデメリットは飛行機に乗る回数が極端に少ない場合、マイルの恩恵が低くなることです。特に社会人向けのフライトカードの場合はしっかりとフライト回数を考慮しておく方が良いです。一方、学生向けのフライトカードは「学生優遇が満載」なので、フライト回数が少なくてもマイルを貯めて無料飛行を目指すことが可能です。日頃のショッピングでしっかりとカードを使えば、それほどデメリットは感じないと思います。

学生にとってマイルはメリットがあるのか?

「三井住友デビュープラスカード」や「ライフカード」など、最強と言われる学生向けのクレジットカードはたくさんあります。しかし、学生向けのフライトカードは2種類しかありません。

学生向けのフライトカードとして、JALでは「JALカードnavi」、ANAでは「ANAカード学生用」がリリースされています。どちらを作るべきか迷うなら、学生向けクレジットカードの中でも最強と呼ばれることが多い「JALカードnavi」がオススメです。

「JALカードnavi」はスペックが非常に優秀であり、何といっても仕組みがシンプルなことが魅力です。別記事で「JALカードnavi」を徹底解説しているので、気になる方は読んで頂ければと思います。

JALマイルとANAマイルは相互間でマイル移行ができないので、基本的にはJALが好きなら「JALカード」、ANAが好きなら「ANAカード」を選ぶことが大事です。特に好きな航空会社がないのであれば、カードのスペックを重視しておくのが理想です。

近い将来に飛行機に乗る機会があるかどうかを考えよう

マイルはいろんな使い道がありますが、やはり飛行機に乗る機会がないのであれば通常のクレジットカードで良いと言えます。そのため、まずは将来に旅行や留学などで飛行機に乗る機会があるかどうかをしっかりと考えておきましょう。

年に数回のフライトがあるなら恩恵は高い

フライトカードは一度の搭乗でマイルをガッツリ貯めることができ、さらに日々のショッピングでもマイルを加算していくことができます。これを繰り返すことで、無料フライトや座席のアップグレードを狙えることが魅力なわけです。年に何度か飛行機に乗ることがあるなら、その度にマイルを回収していけば修学旅行は無料フライトを実現させることも十分に可能です。

また、マイルはギフト券など一般商品に使うこともできるので、もし飛行機に乗る機会を失ってしまった場合もマイルが無駄になることはありません。この側面を保険として捉えておけば、フライトカードを作るかどうかを判断しやすくなります。

旅行保険も1つの大きな魅力

国内旅行でも海外旅行でも、旅行先におけるトラブルは1つの不安要素ですね。飛行機に乗って旅行へ出かける場合、フライトカードと旅行保険の相性は抜群となります。

「JALカードnavi」は国内と海外の旅行保険が備わっており、「ANAカード学生用」は海外旅行保険のみ付帯されています。また、留学やワーキングホリデーを検討している学生さんにとっては付保証明書が必要となる場合がありますが、クレジットカードの旅行保険でも付保証明書を取得することができます。

海外旅行保険は国内を出国してから90日間だけ適用されるので、超長期滞在をする場合は注意が必要です。1年や2年と海外に滞在するなら、クレカの保険以外にも適用期間の長い保険を準備しておく方が良いです。残り1週間で帰国という状況で強盗に襲われ、入院を余儀なくされて保険料が高くついたという話を聞いたことがあります。このように予測不可能なことが起こり得るのが海外なので、細かいところまで計画的に準備をしておく方が安心できます。

まとめ

・最強学生向けフライトカードは「JALカードnavi」

・フライトカードの検討は将来のフライト計画次第である

・日々のショッピングでもマイルを貯められる

・学生向けフライトカードは通常のクレカと同等のポイント還元率なので損ではない

・マイルの使い道は想像以上に選択肢が多い

飛行機に乗る機会があるにも関わらず、マイルの意味や仕組みが分からないことでフライトカードを敬遠している方は多いと思います。そんな学生さんはフライト計画からマイルを貯めることを検討して、将来の無料飛行に備えてみてはいかがでしょうか?

学生向け、最強フライトカードのJALカードnavi

マイルがザクザクたまる!!

旅行好きな学生さんには大変うれしく、なんと在学期間中のマイルは有効期限がありません。100円で1マイル貯まるカードです。飛行機に乗るときもJALグループ搭乗時はフライトマイル+10%分のマイルが追加してプレゼントされます。文字通り、ザクザク貯まります。

学生旅行に強い!ガッツリ保険がついたカード

なんとJALカードnaviはそのカードで旅行を購入しなくても、自動付帯の保険が適用されます。傷害死亡の場合は1,000万円、傷害後遺障害は30万円から1,000万円まで補償されます。また海外旅行の場合はケガ、治療費も50万円まで、賠償責任も2,000万円までが付随されています。

この保険特典が、年会費無料でここまでついているのはJALカードnaviが最強と呼び声が高い証。

年会費 在学中無料!
還元率 1.0%~最大4.0%
マイル カード利用100円で1マイル!
強み 付帯保険の充実。海外国内旅行にバリバリ強いカード

btn_free_regist

JAL・ANAの学生クレジットカードならマイルの加算率アップ!さらに学生限定特典も盛りだくさん!

日々のショッピングでマイルを貯める!そして無料のフライト旅行へ!

学生のみなさんがクレジットカードを作る時、フライトカードがファーストチョイスになることは殆どないと思います。在学中に飛行機に乗る機会があるとしても、やはり「マイルの使い道」や「マイルの貯め方」などが良く分からない・・・、そんな理由から無難に一般的なクレジットカードを作る方は多いのではないでしょうか?

航空会社のクレジットカードはポイントプログラムが「マイル」になっています。ショッピングでカードを使うとマイルを貯めることができ、貯まったマイルを航空券等へ交換することができるので、フライト回数が少ない方でも将来的に無料フライトを目指せるのが大きな魅力です

国内の航空会社は「JAL」と「ANA」があります。どちらも社会人向けのフライトカードは基本のマイル率(ポイント還元率)が0.5%であり、マイルの使い道やフライトボーナスを考慮してもメリットに大差はありません。

今回は学生用の「JALカード」と「ANAカード」の違い、それぞれのカードの選び方などを紹介していきます。旅行や留学の予定がある方は、以下を参考にフライトカードを検討してみてください。

フライトカードは通常のクレジットカードと何が違う?

最初に「フライトカード」と「通常のクレジットカード」は何が違うのかを抑えておきましょう。

通常のクレジットカードはショッピングで「ポイント」を貯めることができます。貯まったポイントはギフト券や家電製品など、好きな商品へ使うことができます。カードによってはマイルや他社のポイントへ移行することができるので、誰にとっても扱いやすいクレジットカードです。

フライトカードはショッピングやフライトで「マイル」を貯めることができます。JALカードは「JALマイル」・ANAカードは「ANAマイル」が貯まり、基本的に相互間でマイル移行はできません。スターアライランス系のクレジットカードだと、加盟航空会社間においてマイル移行が可能です。

年に数回のフライトですが・・・それでもメリットはありますか?

フライトカードというのは、そもそも飛行機に乗らないとメリットがないというイメージがありますね?しかし、実は日々のショッピングでもマイルを貯めることができます。要はフライトカードはマイルを貯められることが最大のメリットであり、マイルの貯め方は「飛行機に乗る」だけではなく、コンビニや通販サイトなど様々なショッピングシーンで貯めることができます。

もちろん、飛行機に搭乗すると「区間マイル」+「フライトボーナスマイル」が貯まるので、ショッピングだけでマイルを貯めるよりもお得です。ショッピングだけに的を絞った場合、やっぱりマイルの貯まり具合は弱くなると思いがちですが、これはポイント還元率から比較しても通常のクレジットカードと還元率は互角です。

クレジットカードのポイント還元率は0.5%が平均ですが、フライトカードも同様に0.5%が平均です。学生向けのクレジットカードではポイント優遇から1.0%前後が平均となりますが、学生向けのフライトカードは「JALカード」と「ANAカード・JCB」のみ1.0%をクリアしています。

具体的に学生用の「JALカード」と「ANAカード」のマイル還元率を紹介しておくと、「JALカード」は100円で1マイルの1.0%、「ANAカード」は1,000円で1ポイントの0.5%です

「ANAカード」は独自ポイントをマイルへ移行するシステムであり、その際に「1ポイント=5マイルのコース(無料)」・「1ポイント=10マイルのコース(6,000円)」を選べます。10マイルコースを選ぶと、1,000円の買い物で10マイルを獲得できることになるのでポイント還元率は1.0%となります。「ANAカード」は3つのブランドを選べますが、JCBだけ10マイルコースが無料です。

  • 名称・JALカードnavi
  • ポイントプログラム・どのブランドもJALマイル
  • ポイント還元率・100円で1マイル、ポイント還元率1.0%(直接貯まる)
  • 名称・ANAカード学生用
  • ポイントプログラム・ワールドプレゼントポイント(VISAとMaster Card)かOkiDokiポイント(JCB)
  • ポイント還元率・どちらも1,000円で1ポイント、ポイント還元率0.5%(ANAマイルへの移行が必須、自動移行も可能)
  • マイル移行コース・5マイルコースは無料、10マイルコースは6,000円(JCBだけ無料)
  • 5マイルコース・1ポイントの価値が5マイル、1,000円で5マイルで計算すると0.5%
  • 10マイルコース・1ポイントの価値が10マイル、1,000円で10マイルで計算すると1.0%

「JAL」と「ANA」はどちらを選ぶべき?

「JALカード」と「ANAカード」はフライトボーナスやショッピングマイル、あるいはマイルの使い道や付帯特典までほぼ同じです。そのため、どちらのフライトカードを作るべきか悩んだときはそれぞれの航空会社から判断することが大事です。これは単純にJALが好きだからJALカードを作るという理由でも問題ありませんし、実用性を考えるなら利用頻度から最適な航空会社を選ぶのが賢いです。

学生向けの「JALカード」と「ANAカード」に話を絞ると、これは僅かながら「JALカード」の方が有利です。上記で紹介した還元率の差が大きな理由ですが、「ANAカード」はポイントをマイルへ移行する必要があるので、扱いやすさという意味でも「JALカード」の方が選びやすいです。

学生向けの「JALカード」は国際ブランド別から4種類

学生向けのJALカードは「JALカード・navi」という名称で、「Master Card」・「VISA」・「JCB」・「JCB・パイロットデザイン」の4種類があります。

どの種類を選んでもショッピングは100円で1マイルが貯まり、ポイント還元率は1.0%と優秀です。ちなみに社会人向けの一般カードになると、200円で1マイルのポイント還元率0.5%になるので、学生が超優遇されています。

学生向けの「ANAカード」は国際ブランド別から3種類

学生向けのANAカードは「ANAカード・学生用」という名称で、「Master Card=ワールドプレゼントポイント(発行元は三井住友)」・「VISA=ワールドプレゼントポイント(発行元は三井住友)」・「JCB=OkiDokiポイント(発行元はJCB)」の3種類があります。

「Master Card」と「VISA」は三井住友からリリースされており、ポイントプログラムがワールドプレゼントポイントとなります。「JCB」はJCBからリリースされており、ポイントプログラムがOkiDokiポイントです。どちらのポイントプログラムも1,000円で1ポイント付与のポイント還元率は0.5%です。(各ポイントをマイル移行する場合の還元率はJCBだけ1.0%がベースとなります。)

ANAカードでショッピングをすると、それぞれの独自ポイントが貯まります。そのポイントをANAマイルへ移行することでマイルを貯められるシステムであり、マイルが不要な場合はそれぞれのポイントをそのまま使うこともできます。ポイントの使い道の選択肢が多い反面、「JALカード」に比べると「ANAカード・JCB」を除いてポイント還元率が劣るのが残念です。

学生向けの「JALカード」と「ANAカード」の違いは?

学生向けの「JALカード」と「ANAカード」をボーナスマイルとショッピングマイルで比較すると以下のようになります。ボーナスマイルというのは飛行機に搭乗した時にボーナスとして付与されるマイルのことです。ショッピングマイルを除けば、搭乗で付与される区間マイルやボーナスマイルに差はありません。

  • JALカードnavi
  • ショッピングマイル・100円で1マイルの1.0%
  • 区間マイル・搭乗毎に10%アップ
  • 毎年初回搭乗ボーナス・1,000マイル
  • 入会搭乗ボーナス1,000マイル
  • 卒業後に切り替え継続・2,000マイルプレゼント
  • ANAカード学生用
  • ショッピングマイル・1,000円で1ポイント(1ポイント=5マイル)の0.5%(JCBは10マイルコースなので1.0%)
  • 区間マイル・搭乗毎に10%アップ
  • 毎年カード継続ボーナス・1,000マイル
  • 入会ボーナス・1,000マイル
  • 卒業後に切り替え継続・2,000マイルプレゼント

付帯特典も「JALカード」の方が優秀

学生向けの「JALカード」と「ANAカード」の主な特典は以下となります。特典に関してはどちらも大きな差がなく、免税店で割引価格から買い物ができたり、割引価格で提携ホテルに宿泊できたりします。これだけは考慮しておきたい!という点としては、「JALカード」の減額マイルがあります。

「JALカード・navi」は通常の半額でマイル交換ができるので、これによって少ないマイルでも特定の航空券を入手しやすくなります。同期間でマイルを貯めることを考えても、「JALカード」の方が少ないマイル数で良いため、ここでも多少「JALカード」が有利です。

  • JALカードnavi
  • 在学中年会費無料
  • 学生だけマイルの消費数が半額(通常より少ないマイルで欲しい商品をGET可能)
  • 空港免税店が優待価格
  • JAL提携ホテルが優待価格
  • JALサービスからのペッケージが5%OFF
  • ANAカード学生用
  • 在学中年会費無料
  • ANAサービスからのパッケージツアー5%OFF
  • ANA提携ホテル5%OFF
  • ANA系列の免税店が優待価格
  • ANAグループの研修プログラムが5%OFF

旅行保険にも注目しよう!フライトカードは留学や旅行に滅法つよい!

フライトカードといえば、旅行保険も注目しておきたいところです。学生の場合、留学やワーキングホリデーで保険が必要となることがありますが、そんな時にフライトカードがとても便利です。ちなみに付保証明書が必要なら、「JALカード」・「ANAカード」の両方において付保証明書を発行して貰うことができます。

保険の種類や補償額を見ると「JALカード」の方が有利です。「ANAカード」は国内旅行保険が付帯されていないので、海外に対しては強いといった印象です。

  • JALカードnavi
  • 海外旅行保険・最高2,000万円
  • 国内旅行保険・最高1,000万円
  • ANAカード学生用
  • 海外旅行保険・最高1,000万円
  • 国内旅行保険・なし(国内航空に対しては最高1,000万円)

迷ったら「JALカード」がオススメ!

いろんな観点から比較をしながら「JALカード」と「ANAカード」を紹介しましたが、どちらにするのか迷うのであれば「JALカード」がオススメです。

両者を比較する中で一歩リードに感じるのが「JALカード」の減額マイル、ショッピングマイル、付帯保険の3つです。特に学生がフライトマイルを貯める場合、そのシーンは日々のショッピングとなります。ショッピングマイルが優秀なのは「JALカード・navi」の1.0%、「ANAカード・JCB」の10マイル移行コース無料付帯の1.0%であり、減額マイルや付帯保険を合わせると「JALカード・navi」が魅力的となります。

一方の「ANAカード」は社会人になって出張で飛行機に乗ることが多くなったころに作るのがオススメです。マイル移行コースで「10マイルコース(年会費6,000円)」に加入したり、これが無料付帯されている上位カードを作ると、ショッピングマイルの還元率が通常の2倍となります。また、「VISA・ANA・Suica」や「ワイドカード」など、社会人になると自分にマッチしたカードを作りやすくなるため、どちらかと言えば学生よりも社会人に向いているカードだと思います。

学生用の「ANAカード」の大きな利点は、「JCB」を選択する場合において10マイルコース無料付帯からショッピングの還元率が1.0%に達すること、そして通常のクレジットカードのようにマイル移行せずにポイントをそのまま使うことも可能なことです。後者を重視する場合、わざわざフライトカードを作る必要がなく、前者に関しては海外旅行保険があるのに優秀なブランドが「JCB」というミスマッチからせっかくの高還元率が活きないケースがあり得る、この辺りを考えると少し作りずらい印象が持たれます。

「ANAカード」は「JALカード」のように直接マイルが付与されるシンプルなシステムが好ましく、どうしてフライトカードなのにポイント移行システムにしたのか疑問に感じます。このシステムはポイントの自由度が増す反面、ポイントの有効期限とマイルの有効期限、マイル移行のコース選択やコスパの把握など、比較検討すべき項目がかなり多いです。初心者にとっては熟知しずらいシステムかもしれません。

学生向け、最強フライトカードのJALカードnavi

マイルがザクザクたまる!!

旅行好きな学生さんには大変うれしく、なんと在学期間中のマイルは有効期限がありません。100円で1マイル貯まるカードです。飛行機に乗るときもJALグループ搭乗時はフライトマイル+10%分のマイルが追加してプレゼントされます。文字通り、ザクザク貯まります。

学生旅行に強い!ガッツリ保険がついたカード

なんとJALカードnaviはそのカードで旅行を購入しなくても、自動付帯の保険が適用されます。傷害死亡の場合は1,000万円、傷害後遺障害は30万円から1,000万円まで補償されます。また海外旅行の場合はケガ、治療費も50万円まで、賠償責任も2,000万円までが付随されています。

この保険特典が、年会費無料でここまでついているのはJALカードnaviが最強と呼び声が高い証。

年会費 在学中無料!
還元率 1.0%~最大4.0%
マイル カード利用100円で1マイル!
強み 付帯保険の充実。海外国内旅行にバリバリ強いカード

btn_free_regist