20代

学生や社会人1年目新卒・20代でもゴールドカードは持てる?オススメのヤングゴールドカードはこれだ!

ffdee06d7c9c3617dcfa566f9facfb02_m

ゴールドカードはエグゼクティブだけのもの?

お会計のときに誇らしく、お財布の中も彩る憧れのアイテム、ゴールドカード。まだ若いし、収入が低いから持てないけど、いつかは手にしたい!と考えている方も多いのではないでしょうか。そのゴールドカードがいつかではなく、今、手に入るとしたらどうでしょうか。実は、若くて収入が低い方でも申し込めるヤングゴールドカードというものがあるのです。いつかと思っていた憧れがすぐそこの現実となるヤングゴールドカード。実はゴールドカードはエグゼクティブだけのものではないんです。

ところで、ヤングゴールドカードとは?

ヤングゴールドカードとは、通常では30歳以上・一定の年収以上・持ち家など取得の要件が厳しいゴールドカードの取得要件を大幅に緩和して、若い人でも申し込みができるようにしたゴールドカードです。将来の優良顧客を若いうちから囲い込むため、各カード会社は積極的に会員獲得を進めており、そのため、通常のゴールドカードよりも審査要件が緩和されているケースが多いのがこのヤングゴールドカードなのです。

セミゴールドカードとヤングゴールドカード、どっちがおすすめ?

申込資格や審査基準のハードルを下げ、申込みやすくなった「セミゴールドカード」というものがどんどん登場してきています。年会費も安くて人気のセミゴールドカードですが、学生・新社会人にはヤングゴールドカードを狙うことをおすすめします。

セミゴールドカードの場合、申込みは可能でもその審査基準はやはり厳しいので、学生では通りにくいと考えられます。セミゴールドカードは名前こそゴールドカードですが、付帯サービス内容はやっぱり見劣りしてしまいます。ヤングゴールドカードは年会費も2,000円以下のものが多く、20代でも審査に通りやすいです。

格安ゴールドカードと比べると・・・?

ものによっては格安ゴールドカードの方が年会費も安く、ヤングゴールドカードよりも使いやすいという方もいらっしゃるかもしれません。といっても、そこはやはり“格安”なゴールドカードなので、ヤングゴールドカードや一般的なゴールドカードと変わりないサービスを期待するのはさすがに厳しいと言えます。格安ゴールドカードは、「長年付き合って行ける若い優良顧客を確保したい!」というカード会社の意図が反映された期間限定のカードで、ローコストで現実的なレベルのサービスが提供されています。

そのため、いわゆる上級カードのように「全方位的に優れたサービスを提供してくれるカード」にはなり得ません。その点は、格安の年会費である以上、ある程度は仕方がないことですね。しかし、さまざまな「格安ゴールドカード」を見てみると、「全方位的ではないにせよ、何か一つはレベルの高いサービスが用意されているカード」というものが案外存在していることがわかります。

何か一つでも秀でたポイントがあり、そしてそれが自分にとって便利な機能であれば、使う価値は十分あると思います。そのため、結論としては「格安ゴールドカード」のことをいわゆる上級カードとは考えず、「一般カードよりもちょっといいカード」という程度の認識で捉えておくのが、最もいい付き合い方といえるでしょう。

ヤングゴールドカードのメリットとは?

ところで、ヤングゴールドカードにはどのようなメリットがあるのでしょうか。いくつか簡単にみていきましょう。

なんといってもカッコいい!

まずはこれですよね。なんといってもゴールドカードはカッコいい!一目見てステータスがあるとわかるし、財布の中も華やかになります。男性の方なら、デートのときのお会計で相手の方をオッと思わせることも。ぜひ1枚は持っておきたいアイテムですよね。

年会費がお得

ヤングゴールドカードの最大のメリットは通常のゴールドカードよりも年会費が大幅に抑えられていること。やはり若者向けとあって各カード会社は負担にならない年会費を打ち出してきています。通常のゴールドカードでは10,000円かそれ以上する年会費が1,500円~5,000円とかなりリーズナブル。これは若者だけの特権ですので、ぜひ存分に活かしていただければと思います。

付帯サービスが充実

一般カードとゴールドカードの一番の違いは付帯サービスの充実度といえます。ヤングゴールドカードでももちろん一般カードと比較して充実のサービスが付帯されています。内容は各カード会社によってそれぞれですが、主には旅行保険や購入した物品の補償サービスなどが充実しています。

空港ラウンジが利用できる

ほとんどのゴールドカードは国内外の主要空港のラウンジが無料で利用できます。ラウンジではコーヒーやジュースなどが飲み放題で、朝はちょっとしたパンなども提供されてとても快適。

また、基本的には何かしらのゴールドカード所有者が利用するラウンジなので客層が良く、静かで落ち着いた時間が過ごせます。まさにエグゼクティブ気分。まだ空港ラウンジを利用したことがないなら、ぜひ一度利用してみていただきたいですね。これだけでもゴールドカードを持つ価値があると思っていただけるような施設ですよ。

30代になると自動的にゴールドカードへグレードアップ!

ヤングゴールドカードは30歳代になった最初の更新時、もしくは登録から5年後の初回カード更新時にゴールドカードにアップグレードされます。なので、将来的に確実にゴールドカードホルダーになれるということです。

こんなにあります。ヤングゴールドカード!

それでは具体的にどんな種類のヤングゴールドカードがあるのかみていきましょう。基本的なスペックも併せて確認しますので、きっとご自分にぴったりのヤングゴールドカードが見つかると思います。

三井住友VISAプライムゴールドカード

primegold
20代専用ゴールドカードとして信頼の三井住友カードが提供するのがこの「三井住友VISAプライムゴールドカード」なんとオプションプランにより年会費は最安で1,500円からという破格のヤングゴールドカードとなっています。もちろん、付帯サービスは他のゴールドカードと遜色はありません。しかもポイントプログラムも充実です。

  • 年会費:1,500円~5,000円
  • 入会資格:満20歳以上30歳未満で、本人に安定継続的な収入のある方
  • ポイント還元率:0.5~0.8%。ネットショップで最大2~20倍

引用:https://www.smbc-card.com/nyukai/card/prime_goldcard.jsp

smp_arrow
btn_free_regist

JCB GOLD EXTAGE

国内最大の利用規模を誇るJCBが提供するヤングゴールドカード。なんといっても、ボーナスポイントがもらえる提携店が充実したお得なポイントプログラムが魅力。JCBブランドなので信頼度も最高です。

  • 年会費:3,000円(初年度無)
  • 入会資格:満20歳以上30歳未満で、本人に安定継続的な収入のある方
  • ポイント還元率:0.5~0.75%。全国の提携店でポインント2~10倍

引用:https://www.jcb.co.jp/ordercard/kojin_card/goldextage.html

MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレスとMUFGゴールドカードのステータスを併せ持つ最高ステータスカード。アメックスブランドなので特に海外旅行に強く、世界70以上の国と地域でグルメやショッピングの優待が受けられるのが最大の魅力。年会費も条件を満たせば1,028円からと激安です。

  • 年会費:1,028円~1,905円(初年度無)
  • 入会資格:18歳以上で安定収入のある方
  • ポイント還元率:0.5~0.85%。アニバーサリーポイントとして指定月はポイント+0.5倍

引用: http://www.cr.mufg.jp/amex/apply/mufgcard_gold/index.html?tcode=

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD

オリコカードが提供するヤングゴールドカード。特徴はなんといってもゴールドカードが弱点とするポイントプログラムをとても充実させているところ。電子マネーのiD利用時はなんとポイント1.5倍!キャッシュレス派には注目の1枚です。

  • 年会費:1,950円
  • 入会資格:20歳以上で安定収入のある方
  • ポイント還元率:1.0%。電子マネーのiD利用時はポイント1.5倍。入会後6カ月間はポイント2倍。

引用: https://www.orico.co.jp/creditcard/thepointpremiumgold/

セディナカードゴールド

ボーナスポイントが充実のセディナカードゴールド。申し込み資格に学生不可の要件が無く、社会人でなくても手に入るのが嬉しい1枚です。ゴールドカードの入門としてオススメの1枚です。

  • 年会費:1,905円
  • 入会資格:18歳以上で電話連絡の可能な方
  • ポイント還元率:0.5%。入会後3カ月はポイント3倍。誕生月はポイント2倍。

引用:http://www.cedyna.co.jp/card/lineup/detail/gold/

UCカードヤングゴールド

従来型のヤングゴールドカードとも言えるのがこのUCヤングゴールドカードです。年会費は3,000円+税と、他のヤングゴールドカードに比べると若干高めです。VISAワールドワイドは、VISAブランドのクレジットカード会員向けに、「Visa優待パスポート」などの優待特典や利用キャンペーンを常時実施しています。VISAゴールドカード会員には、期間限定の優待特典も提供されています。

  • 年会費:3,240円
  • 入会資格:18歳以上で電話連絡の可能な方
  • ポイント還元率:0.5%。ポイント有効期限はなし。

引用:http://www2.uccard.co.jp/card/lineup/uc_younggold.html

まとめ

20代や社会人1年生でも持てるゴールドカード。それがヤングゴールドです。年会費が5,000円未満と気軽に持ててサービス充実。中にはポイントプログラムにも力を入れている万能カードも存在します。

30歳以上のエグゼクティブだけが持てると思っていたステータス最高で憧れのゴールドカードが、実は若くて収入が低くても持てるということを知らなかった人も多いのではないでしょうか。いつか持ちたいと思っていたゴールドカードがすぐにでも持てる可能性のあるヤングゴールドカード。ぜひ一度検討してみてくださいね。

まずは三井系列のデビュープラスカードから、プライムゴールドカードの招待(インビ)を待つというのが鉄板です

とりわけ25歳以下で、三井住友カード系列のカードを持っていない方は、当サイトで最もオススメしている初めてのクレジットカードは三井住友VISAデビュープラスカードをお申込みください。

使っていくうちに、26歳前後でプライムゴールドカードのインビテーションが家に届くはずです。そこから申し込みを進めてヤングゴールドカード所有者になるのが最も現実的かつ速い方法です。(インビなら審査落ちもないので)

26歳以上の方であれば、いきなりプライムゴールドカードに申込いただくのも良いでしょう。※24歳で審査通過例もあります。

詳しくはこちらからどうぞ!
smp_arrow
btn_free_regist

日本の大学生のクレジットカード保有率はどれくらい?一人何枚持ってるの?

PAK63_visamaster20140531500-thumb-autox600-4883

大学生のクレジットカード保有率は?

90年代前半まで、クレジットカードを持つ大学生は少数派でしたが、現在ではインターネットショッピングの普及に伴い、学生の間でも広く普及しつつあります。また、クレジットカード会社も学生向けに、年会費無料のカードやポイント還元がつくものなど、さまざまなカードを発行していますよね。

では、実際にクレジットカードを所有している大学生の割合は、どのくらいだと思いますか?JCBの2013年の調査によると20代男性のクレジットカード保有率が72.2%、20代女性の保有率が77.2%となっています。

これは20代全体の調査ですので、おそらく半数以上は社会人のデータであると考えられます。学生に限定した調査結果では、少し古いですがUFJニコスの2005年調査で学生のクレジットカード保有率が約62%

最新の調査では、とある民間企業の2015年3月のアンケート結果によると、学生のクレジットカード保有率は約42%とのことです。それぞれ調査時期や調査方法が異なるため単純に比較はできませんが、大学生のクレジットカード保有率はおおむね50%前後と考えてよさそうです。結論、約半数の大学生がクレジットカードを所有していることになりますね。

ちなみに、クレジットカードを持っている学生のうち、自分のカードを持っていると回答したのは85%、自分のと家族カードどちらも持っていると答えた7%の学生と合わせると、9割以上の学生が自分専用のカードを持っているということがわかりました。家族みんなでつくることができる家族カードは決してメジャーではないということですね。

では、1人何枚くらい持っているのか?

JCBの2013年調査によると、国民全体のクレジットカードの平均保有枚数は約3.3枚。20代では2.3枚となっています。学生は20代全体から比較すると保有率は低い傾向にありますので、1人あたりの保有枚数はおおむね2枚程度と考えてよさそうです。

また、とある民間企業のアンケートによると最も所有されているカードブランドはVISAが圧倒的で71%。次いでJCBが26%で2位となっています。大学生がクレジットカードを利用するシーンが海外旅行が多いことを考えると、VISAブランドが圧倒的に人気があるというのは納得できる結果といえますね。

クレジットカードを利用する頻度は?

クレジットカードの使用頻度については、月に数回使うと回答した人が44%と一番多いようですね。クレジットカード所有者になると、習慣的に使っている学生は多いようです。
また、作ったけれど使ったことのない学生も12%と一定数いるということが見て取れます。

念のため持っているという人も多いのかもしれませんが、もしあなたも使わないクレジットカードを持っているようであれば、早めに処分することをおすすめします。退会処理はとてもシンプルで、強引な誘導もないので安心して手続きしましょう。カード会社には、それぞれ退会専用の電話番号があります。(※だいたい、月~土曜日の9時-18時くらいの時間帯で受け付けています。)電話をかければ5分ほどの手続きで解約がすんなりと完了します。その後はICチップ・磁気の部分にしっかりとハサミを入れて処分すればOKです。

解約については、当サイトのこちらの記事も参考になります。

学生も、半年ごとに見直し!使わないクレジットカードは早めに解約しよう!

クレジットカード解約の注意点と強制解約

クレジットカードを持つことになったきっかけ

学生の方がクレジットカードを持つきっかけとなったのは、どういった場面なのでしょうか?意見として一番多かったのは「海外旅行や留学に行くため」というものでした。期間は人によって差はありそうですが、やはり多額の現金を持って行動するよりはクレジットカードのほうが不安も荷物も減りますし、何かと便利になりますよね。

続いて、「ポイントやマイルが貯まったり割引があるために作った」という学生も多かったです。クレジットカード自体の支払いの利便性だけでなく、ネット通販のポイントや飛行機のマイル…など、現金と違って支払う際に付加価値がついてくるのも魅力的な点だと言えそうです。そのほかにも以下のようなきっかけがあったそうです。

  • オンデマンド配信や新聞のデジタルサービスの利用など、インターネット決済のため
  • 年会費が無料でつかうたびにポイントが貯まることに魅力を感じた
  • ネットショッピング
  • ポイントカードを作るついでに
  • 買い物が安くできる
  • キャッシュカードを作った際、 銀行の窓口の方に勧められた

クレジットカードを利用する理由って?

JCBの2013年調査によると、クレジットカードを利用する理由はポイントが貯まるからというものが55%でトップ。次いで年会費が安いもしくは無料だからという理由が51%と続きます。

この結果から、世間の認識としてもクレジットカードを利用することでポイントが貯まり日々の生活がお得になるということが広く浸透しているといえるのではないでしょうか。

学生の方の中には、クレジットカードを発行した理由が海外旅行に行ったりオンラインショッピングを利用するからという方も多いと思いますが、やはりそれだけではクレジットカードを利用する魅力が完全に引き出せているとは言えません。ぜひポイントの観点からもクレジットカードの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

学生に人気のクレジットカードブランド

学生に一番人気のブランドなのがVISA。なんと71%もの人がVISAを所有しているそうです。海外にいってもどこでも使うことができるため、VISAは人気なんですね。

VISAブランドで最も学生に人気のカードはもちろん:三井住友VISAカード

次いで多いのがJCBで26%。JCBは国内での利便性が高いため人気なようです。そしてMASTERが19%でステータス性の高いクレジットカードとして有名なAMEXは6%という結果になりました。「親が使っているから」「生協や銀行員に勧められたから」「選択肢がそれしかなかったから」というように、よくわからないけれど、なんとなく選んだのがそのブランドだったということだそうです。自分のクレジットカードのブランドを知らないという人も多いようですから、そこまでこだわりを持っている人はあまりいないようですね。

参考:http://lab.oceanize.co.jp/creditcard-uni/

まとめ

大学生のクレジットカード保有率はおおむね50%程度。保有枚数は2枚程度が現状のようです。実感として納得いただける数字ではないでしょうか。なお、学生の方がクレジットカードを利用する主な理由は海外旅行やオンラインショッピングに限定されるケースが多いようです。

しかし、クレジットカードの大きな魅力といえば、ポイントが貯まって日々の暮らしがお得になるというもの。大学生のクレジットカード保有率が約50%ということは、半数近くの人がまだこのお得に気が付いていないということです。これを読んだ方はぜひこの機会にご自身に合ったクレジットカードを検討して、日々の生活がお得になることに気が付いた半数の方の仲間入りをされてみてはいかがでしょうか。

学生で持っている人多数!1枚目にオススメの三井住友VISAデビュープラスカードがオススメですよ!


classic
smp_arrow
btn_free_regist