還元率

永久不滅ポイントを徹底的に使いこなす方法!貯め方・還元率・交換先やamazonをお得に使う方法【2017年最新版】

eikyufumetsu
参考:http://www.saisoncard.co.jp/point/

クレディセゾンのポイントプログラム「永久不滅ポイント」は有効期限のないポイントで有名です。永久不滅ポイントはセゾンカードだけでなくUCカードにも提供されているので、使えるカードは増えています。

当記事ではこの永久不滅ポイントを徹底的に使いこなすための情報をお届けします。

永久不滅ポイントが貯まる・使えるセゾン系クレジットカード

クレディセゾンが提供している「永久不滅ポイント」なのでセゾンカードに標準装備されているのはご存知でしょう。クレディセゾンのプロパーカードだけでなく提携カードでも永久不滅ポイントが使えますが、中には独自のポイントサービスをしている提携カードもあるので注意しましょう。

UCカードも永久不滅ポイント

クレディセゾンと同じ「みずほフィナンシャルグループ(MFG)」のUCカードでも永久不滅ポイントが使えますが、実はUCカードの発行はクレディセゾンが行っています。MUFGのグループ内で組織改革がありUCカードの発行業務はすべてクレディセゾンに移管し、ユーシーカード株式会社は加盟店業務とギフトカードの業務しか行っていません。こうした経緯でUCカードも永久不滅ポイントを採用しています。

UCカードは銀行系クレジットカード会社としてグループを形成しているので、各地方銀行の子会社としてUCカードを発行しているクレジットカード会社が数多くあります。そのグループ子会社もすべて永久不滅ポイントが使えるUCカードを発行しています。

永久不滅ポイントが使えない提携カード

セゾンカードは提携カードでも永久不滅ポイントを貯めることができますが、中には独自のポイントサービスを提供している提携カードもあります。

■永久不滅ポイントが貯まらない提携カード

・JMBローソンPontaカードVisa(Pontaポイント)
・タカシマヤセゾンカード(タカシマヤポイント)
・ジェイアール東海タカシマヤセゾンカード(タカシマヤポイント)
・メイワン フレンズカードセゾン(メイワンポイント)
・MileagePlusセゾンカード/ゴールドカード/プラチナカード(マイレージ)
・マツダm’z PLUSカードセゾン/ゴールドカード(m’z PLUSポイント)
・JQ CARDセゾン(JQポイント)
・mont-bell CLUB MEMBER’Sカードセゾン/ゴールドカード(モンベルクラブ・メンバーズポイント)
・nimoca《セゾン》カード(nimocaポイント)
・Francfrancカードセゾン(Francfrancカードポイント)

上記以外の提携カードは永久不滅ポイントが貯まります。または永久不滅ポイントと並行して独自のポイントも貯めることができます。

永久不滅ポイントの貯め方・使い方

それでは永久不滅ポイントの特長や貯め方・使い方を徹底解説しましょう。

永久不滅ポイントの特長

永久不滅ポイントは1,000円で1ポイントが付くポイント還元率0.5%の標準的なポイントサービスです。しかし、ポイントに有効期限がないという最大のメリットがあります。楽天スーパーポイントや共通ポイントのようにポイントを使ったり貯めたりした時から1年有効という場合は、使っていれば無期限に貯まりますが、1年間何もしていなければポイントが失効します。

永久不滅ポイントは何年放っておいてもポイントは失効しません。ここが大きな違いです。また、クレジットカードを持っていなくても永久不滅ポイントを貯めることができます。

「永久不滅.com(ドットコム)」に登録すればセゾンカードを持っていなくてもポイントを貯めることができるので、オープンなポイントサービスという特長があります。もちろんより多くのポイントを貯めるにはクレジットカードは欠かせません。

永久不滅ポイントの貯め方

クレジットカードでショッピングをして貯める方法が一般的ですが、より多くのポイントを貯めるには永久不滅.comを利用するのが一番です。同じショッピングをするなら永久不滅.comを経由するとポイントは最大30倍になります。

永久不滅.com経由でポイントが貯まる通販サービスには楽天、Amazon.co.jp、Yahoo! ・ヤフオク! ・LOHACO、ベルメゾンネット、じゃらん・ポンパレ、オムニ7と言った有名店があるので普段利用しているお店が必ず見つかります。

家族カードが発行できるクレジットカードであれば、永久不滅ポイントを家族で貯めることができます。夫婦でそれぞれ別のセゾンカードを持っていてもポイントを移行することができるので、家族で貯めたポイントを合算して使うことができます。ただし合算できるのは同一住所かつ同姓の家族に限られ、またセゾン永久不滅ポイントとUC永久不滅ポイントの合算はできません。

永久不滅ポイントの使い方

永久不滅ポイントは商品や金券類への交換ほかのポイントへの移行や、直接買い物に利用することもできます。

■「ポイントdeお買い物」

200ポイントを900円分として買い物に充当することができます(実質ポイント還元率0.45%)。交換方法は簡単でセゾンカード会員専用サイト「Netアンサー」やセゾンカウンターへの来店やインフォメーションセンターへの電話でポイントを交換できます。

カードで買い物をした請求に振り替えるシステムなので、どこの加盟店で買い物をしてもポイントを使うことができます。

■Amazonギフト券

アマゾンギフト券の交換率は200ポイントで1,000円(還元率0.5%)で「ポイントdeお買い物」よりも基本的に還元率は高くなります。つまり、商品交換するよりはAmazonで購入したほうが基本的には安く手に入ります。

つまり欲しい商品を直接ポイント交換せずにAmazonギフト券に交換してから、Amazonで購入するとお得です。

例えば、ティファールの電気ケトル「アプレシア ウルトラクリーン ネオ」0.8Lを商品交換すると1,000ポイント必要ですが、Amazonでは4,378円で購入できます。同じ1,000ポイントをアマゾンギフト券5,000円分の交換に使ってAmazonで購入すると、5,000円-4,378円=622円のお得です。

商品交換する前にAmazonでの価格をチェックするとお得にポイントを使うことができます。

■nanacoへの交換もできる

電子マネーのnanacoへの交換は200ポイントで920円相当(還元率0.46%)で、ポイントdeお買い物とほぼ同じ還元率です。nanacoを日常的に利用している人にはおすすめの交換方法です。

2016年12月12日までボーナスポイント100というキャンペーンがありましたが、今後もこうしたキャンペーンが行われる可能性があるのでnanaco利用者は期待しましょう。

永久不滅ポイントの注意点

永久不滅ポイントを使う上での注意点がいくつかあるのでご紹介しましょう。

永久不滅ポイントも不滅することがある

永久不滅ポイントは失効することがないので永久不滅という文字がありますが、永久不滅ポイントでも失効することはあります。それはカードが強制解約になってしまった場合です。

いくらポイントが永久不滅でもクレジットカードそのものが使えなくなってしまえば、当然ポイントも失効してしまいます。ポイントが何万円分貯まっていてもすべて消えてしまうことになります。

クレジットカードが強制執行、退会になるケースはいろいろありますが、最も多いのは支払いの延滞です。

1週間遅れた程度では一時的にクレジットカードが使えなくなることはあっても延滞を解消すればまた使えるようになるので、ポイントが失効することはありません。しかし数ヶ月延滞が続くとクレジットカードは強制解約され残高の一括請求も行われます。

この状態になると永久不滅ポイントも失効してしまうので、支払いだけはしっかりしておきましょう。もちろん通常のクレジットカード解約でもポイントは失効するので、解約前にはポイントを交換することを忘れないようにしましょう。

ちなみにクレジットカードを盗難紛失して再発行した場合はカード番号が変更になりますが、ポイントは引き継がれるので心配はいりません。

クレジットカードの支払い延滞には気をつけましょう。参考記事:クレジットカードの支払い遅延を起こさないための注意点まとめ!

実は、永久不滅ポイントは還元率がそれほど高くない

永久不滅ポイントの還元率は標準的で平均0.5%でそれほど高くありません。ポイントに有効期限がないので当然のことですが、無期限に貯めることができるからといって何も工夫しないで使っているとあまりお得ではありません。

ポイント有効期限が短いと短期で集中的に貯めようとしていろいろ工夫しますが、有効期限がないと意外にのんびりしてしまって普通にポイントを貯めてしまいます。

ポイントを貯めるコツはクレジットカード決済できるものはなるべく現金払いから切り替えるということです。光熱費などの公共料金、地方税でもクレジットカード決済できるものが増えてきたので、税金や毎月支払いをする通信費、電話料金、新聞代、NHK受信料まであらゆるものをクレジットカードで支払いましょう。

こうすることで黙っていても毎月じっくりポイントが貯まります。その上、なるべくポイントがアップする永久不滅.comを経由してショッピングをしましょう。

永久不滅ポイントには利用金額に応じてポイントの倍率がアップするといったサービスがないので、自分で工夫して積極的にポイントを貯める必要があります。そういった意味では有効期限があってもなくても、ポイントを貯めるコツは同じということができます。ポイント有効期限がないことに甘えずに永久不滅ポイントをコツコツ貯めていきましょう。

永久不滅ポイントが貯まる!オススメカード:セゾンブルー・アメックスの申込・詳細はこちらから!

amex

年会費 26歳まで無料!
還元率 0.5~実質1.5%
発行まで 最短即日発送
強み 海外旅行利用での強みと、アメックスブランドの高級サービスが得られること

学生でもアメックスが持てる!?セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは海外旅行を強力サポート!

まとめ

永久不滅ポイントはクレジットカードを持っていなくても貯めることができるポイントです。クレジットカードのポイントという枠を超えて、永久不滅.comという大型ポイントサイトのサービスとなっています。

しかし、やはりポイントを貯めるという点ではセゾンカード、UCカード会員になることが効率的です。永久不滅ポイントはそれほどポイントが貯まりやすいサービスはありませんが、長期的に貯めることで高額な商品への交換も可能になります。そのためにはセゾンカードをメインカードにして生活費や買い物をすべて決済するといったことが必要になります。

今回の情報を活用して永久不滅ポイントを最大限に活用しましょう。

クレジットカード(基本・ポイント)還元率の高いおすすめカード

クレジットカードの還元率は共通ポイントや家電量販店の還元率と比べると、0.5%とかなり低い印象があります。実際一般的なクレジットカードの還元率は0.5%のケースが多いですが、中には1%を超える還元率のクレジットカードもあります。(何のことを行ってるかさっぱりの方もいるかもしれませんね、後から説明しますのでこの後も読んでみてください。)

基本還元率0.5%のクレジットカードでも使い方によっては、2倍以上の還元率にすることも簡単です。今回はクレジットカードのポイント還元率のしくみや、還元率を高くする方法、おすすめの高還元率カードをご紹介します。

そもそもクレジットカードのポイント還元率とは?

還元率はどれだけの買い物をすると、どれだけポイントがもらえるかという比率で、還元率が高いほどお得になります。20万円のカードショッピングで1000円相当の商品に交換できるのが標準で、この場合の還元率は1000円÷20万円=0.5%となります。

クレジットカード会社の利益からポイントは還元される

そもそも「還元」という言葉は、「日頃の感謝を込めてお客様に還元」「利益還元セール」といったキャンペーンのキャッチフレーズに使われているように、利益があったという前提で使われています。

しかし、クレジットカードのポイントは会員が手数料を支払わない1回払いでも付与されます。これにはクレジットカードの仕組みはクレジットカード会社、カード加盟店、カード会員の三者契約によって成り立っていることに秘密があります。

クレジットカード会社の利益のほとんどは、手数料収入ですが、会員手数料以外にも加盟店手数料が存在しています。カード会員がカードショッピングをするとカード会社がその代金を立て替えて加盟店に支払います。これを加盟店支払いと言いますが、このときに数パーセントの加盟店手数料が差し引かれるのです。そのためカード会員が1回払いを利用してもクレジットカード会社には利益が発生します。

このような仕組みによってポイントが還元できるのです。

基本的に、ポイント還元率は高いほど良い

ポイント還元率はポイント付与の単位などとは無関係に、ポイントを獲得する効率の良さがわかります。つまり単純にポイント還元率が高ければお得ということになります。それも何かのサービスやキャンペーンを利用すると還元率が高くなるのではなく、何もしなくても保証されている基本還元率が高いほうがお得です。

基本還元率が高くても、それ以上ポイント還元率を上げることができるサービスがあるからです。

クレジットカード会社ではショッピングモールを運営していて、そこを経由してネットショッピングするとポイントが2倍以上になることがほとんどです。例えば2倍とすると、基本還元率が0.5%の場合は1%になりますが、もともと基本還元率が1%であれば2%になるので、基本還元率が高いほうがお得ということがわかるでしょう。

ポイント還元率を高くする方法

基本のポイント還元率を高くする方法は、そのクレジットカードのポイントプログラムによって違いがあります。共通してポイント還元率を高くする方法はクレジットカード会社のショッピングモール経由でのショッピングです。

しかしそれ以外はポイントプログラムによってボーナスポイントや、年間利用金額でランク付けして次年度のポイント付与を高くするといった個別のサービスによって違いがあります。リボ払いの利用によってポイント付与をするカード会社も増えてきています。

クレジットカード会社のショッピングモールがポイントを多く付与できる理由

クレジットカード会社が運営しているショッピングモールを経由するだけでポイントが多くもらえるのは、提携している店舗からのインセンティブ(報酬)がクレジットカード会社に支払われるのではないかという推測ができます。それが、ショッピングモール参加時なのか、加盟店手数料に上乗せなのか、クレジットカード決済で購入が確定した時なのかはわかりません。

いずれにしてもクレジットカード会社にとって何らかの利益があり、それをポイントとして還元していることは間違いないでしょう。

これによって参加店舗には購買意欲の高いカード会員が流入し売り上げに結び付き、カード会員はポイントが多くもらえるので、三者三様のメリットがあります。関係者すべてにメリットがあるしくみというのは長続きします。クレジットカード会社のショッピングモールが長期間運営されているというのがその証拠です。

年間利用金額でポイントアップするサービスはカード申し込み前にチェック

例えばライフカードでは年間のカードショッピングの金額が50万円以上かどうかでポイントの獲得に大きな差が生まれます。年間で50万円の利用金額に達すると、300ポイントがプレゼントされ、次年度のポイント付与も1.5倍になります。

こうしたメリットは事前にチェックできるので、年間利用金額50万円が無理だと判断したら、入会しないという選択肢もあります。

リボ払い専用カードやすべての支払いをリボ払いで請求するサービスには注意

ちょっとだけ前述しましたが、リボ払いはクレジットカード会社にとっては利益率が高い支払い方法なので、その分ポイント還元率が高くなります。1回払いを利用してもリボ払いで請求されるサービスは各社で提供されています。また、リボ払い専用のクレジットカードは常にポイント2倍といった高還元率カードとなっています。これらのサービスやクレジットカードはポイント還元率が高い分、リボ払いによる手数料負担も増加します。

リボ払いを利用するのであれば、手数料負担を軽減させる手段を講じておく必要があります。リボ払いをそのまま利用すると、最低支払金額のまま支払うことになります。クレジットカード会員向けの専用サイトを利用すれば、自由にリボ払いの支払金額の変更ができます。これを利用して自分で支払える範囲内で最大の支払金額に変更しましょう。また、クレジットカードによってはカード利用枠いっぱいの支払金額にすることもできるので、この場合は常に全額の請求となります。

※筆者のオススメとしては、リボ払いは特別な、使用が避けられないシーン以外は使わないことです。

ポイント還元率の高いおすすめのクレジットカード

ゴールドカードは一般カードよりも年会費が高いのでポイント還元率が高いように思えますが、基本還元率は一般カードと同じゴールドカードがほとんどです。これはゴールドカードの年会費が海外旅行傷害保険の補償や、空港ラウンジサービスといった海外旅行向けサービスに使われている比率が高いからです。

今回は学生向けの記事ですのでゴールドカードではなく一般カードで高還元率のクレジットカードをご紹介します。

2016年下半期時点、最も還元率の高いクレジットカード

かつては最強の高還元率カードと言われた「漢方スタイルクラブカード」は常に還元率1.75%でしたが、今では還元率が1.5%まで引き下げられてしまいました。さらにボーナスポイントも引き下げられたので、高めの年会費(2年目以降税別1500円)もあり、かつてほどの人気はなくなりました。同じ還元率1.5%であれば次のクレジットカードがおすすめです。

■REX CARD(レックスカード)

年会費は漢方スタイルクラブカードよりも高い税別2500円ですが、年間50万円以上のカード利用で次年度無料という救済措置があります。確実に50万円以上の利用ができる場合はレックスカードの基本ポイント還元率1.5%は魅力的です。いつどこで利用しても高還元率となります。どうしても50万円以上の利用ができない場合は年会費無料のREX CARD Lite(ライト)がおすすめです。ポイント還元率は1.25%に下がりますが、年会費は無料です。

ネットショッピング向けクレジットカードは高還元率

日本でのネットショッピング市場は楽天市場、Amazon、Yahoo!ショッピングの大手で占められています。それぞれのショッピングモールではポイントが貯まりやすいクレジットカードが発行されているので、そのクレジットカードを利用することでお得にショッピングができます。

■最大手はやはり楽天市場。楽天カードは秀逸。

「2016高還元率カードランキング」があるとすれば必ずランクインするのが楽天カードです。楽天市場で貯まるポイントは「楽天スーパーポイント」です。楽天カードは年会費無料で海外旅行傷害保険付き、さらに楽天スーパーポイントが貯まるキャンペーンが常に行われています。ポイント還元率はどこの加盟店を利用しても1%。楽天市場内では最低でも2%のポイントが付き、キャンペーン利用で最大7ポイントの獲得も可能です。楽天市場以外の加盟店でもポイント還元率は1%です。

■業界2位の売り上げを誇るAmazon

Amazonはポイントサービスでは楽天市場と比べて魅力がありません。ポイントが付く商品を探すほうが難しいくらいです。しかしAmazon Mastercard(アマゾンマスターカード)で決済するとどんな商品でもポイントが付くというメリットがあります。Amazonでのカード決済はポイント1.5%、ほかの加盟店でも1%のポイントが付きます。年会費は年1回の利用で無料となります。

■Yahoo! JAPANカードはTカード機能付き

Yahoo!ショッピングで貯まるポイントはTポイントです。Tポイントは還元率1%から0.5%に引き下げられているので、どこの加盟店でも1%のポイントが付くYahoo! JAPANカードはTポイントを貯めるカードとして最強です。年会費は無料で、Yahoo!ショッピングやLOHACOでは常にポイント3倍となります。

まとめ

クレジットカードのポイント還元率はポイントがお得なクレジットカードを比較するうえで重要な指標です。ポイント還元率のしくみを理解していればポイントを貯めるのに適したクレジットカードが一目でわかります。今回はご紹介していませんが学生カードもポイントが優遇されているので、学生の方は積極的に活用しましょう。

クレジットカード本来の機能は現金を持たずにショッピングができるショッピング機能です。同じカードショッピングをするのであれば、ポイント還元率が高いほうがお得です。しかし、ポイント還元率だけを追ってしまうと、リボ払い手数料の負担に気付かなくなるというリスクもあります。獲得したポイント以上に手数料を支払っていては意味がないので十分注意しましょう。

超有名カード三井住友VISAカードの歴史沿革・運営会社・加盟店数・会員数・取扱高

超有名カード!三井住友カードについて

一般的な生活をしている方において、三井住友VISAカードを知らない人はまずいないのではないでしょうか。それだけ日本では知名度があり、歴史も古く、広告宣伝も多く見かける「三井住友VISAカード」。

文字を見るだけであの印象的なCMのリズムも頭に流れてきますよね。今回はそんな超有名カードの三井住友VISAカードについて詳しく見ていきます。

三井住友VISAカードの概要

三井住友VISAカードは三井住友カード株式会社が提供するクレジットカード。なんと日本で初めてVISAと提携した名実ともに老舗のクレジットカード会社です。通常のカード発行のほか、2005年にはNTTドコモと提携して非接触型のクレジット決済方式iDを展開。新しいことにも積極的に挑戦し、常に業界をリードし続けるクレジットカードとなっています。

歴史

1967年(昭和42年)12月26日に現在の三井住友カード株式会社の前身となる株式会社住友クレジットサービスが設立。翌年の1968年(昭和43年)6月にカードの発行が開始されました。その後、2001年(平成13年)にさくらカード株式会社のUCカード事業を譲り受け、商号を現在の三井住友カード株式会社に変更。現在に至ります。

2005年にはNTTドコモ、2006年にはビットワレット(現楽天Edy)、2008年にはイオン株式会社と提携するなど非接触決済の分野へも積極的に進出。同2008年には中国で圧倒的シェアを誇る銀聯ブランドのカードも発行するなど、常に新しいことにチャレンジしています。

https://www.smbc-card.com/mem/company/info/enkaku.jsp

運営会社

運営会社は三井住友カード株式会社。意外にも株式は上場されていませんが、従業員数2,392名、資本金340億円、営業利益1,900億円と日本が誇る巨大クレジットカード会社となっています。

本社は東京港区と大阪市中央区の2本社体制。その他、東日本と西日本にそれぞれいくつかの地域拠点を置き、国外ではアメリカ合衆国とシンガポールに拠点を構えています。

https://www.smbc-card.com/mem/company/info/outline.jsp

加盟店数

三井住友カードの加盟店数は約400万店舗。日本の全商業とサービスの活動動向を考えると少し少ない印象も受けますが、これはあくまで三井住友カードとしての加盟店数。実際は三井住友カードが提携している全国のVISAやJCBの加盟店で三井住友カードが利用できますので、ほぼ日本中で使えると考えて問題ないです。

https://www.smbc-card.com/mem/company/info/data.jsp

会員数

会員数は2014年度で2,349万人。日本の労働生産人口は約8,000万人ですので、実におよそクレジットカードを所有している人の4人に1人はこの三井住友VISAカードを所持している計算になります。まさに日本を代表するクレジットカードといえますね。

https://www.smbc-card.com/mem/company/info/data.jsp

取扱高

取扱高は2014年度で約10兆円!しかも2011年からの推移では毎年コンスタントに1兆円ずつ取扱高を伸ばしており、今もなお成長を続けるクレジットカード会社といえます。

https://www.smbc-card.com/mem/company/info/data.jsp

三井住友VISAカードの基本スペック

三井住友VISAカードは入会金が無料です。もちろんですが、発行時にも事務手続きにもお金はかかりません。

また、初年度の年会費はほとんどのカードが無料になります。各種割引が用意されていますが、2年目以降は原則1,250円(税抜)の費用が年会費としてかかってきます。(割引については次の章で紹介します。)また、解約にかかる費用は一切かからないので、使わなくなったらすぐに解約しても問題はありません。

そして、三井住友VISAカードには多種多様な種類があります。

  • 三井住友VISAクラシックカード
  • 三井住友VISAクラシックカードA
  • 三井住友VISAデビュープラスカード
  • 三井住友VISAアミティエカード
  • 三井住友VISAエブリプラス
  • 三井住友VISAエグゼクティブカード
  • 三井住友VISAプライムゴールドカード
  • 三井住友VISAゴールドカード
  • 三井住友プラチナカード

クラシックカード、クラシックカードA、デビュープラス、アミティエカードにはそれぞれ学生カードもあります。もちろん、三井住友VISAカードは引き落とし口座が三井住友銀行でなくてもOKです。ですから三井住友銀行に口座がなくても作れます。

年会費が割引される制度も

前章でお話ししたように、三井住友VISAカードを保有するためには年会費が毎年かかってくるわけですが、この金額を割引してもらう制度が実は用意されています。一番利用しやすいのはネット利用明細書を利用した場合に受けられる最大で1,000円(税抜)の割引ですね。

これは三井住友VISAカードを利用した場合の明細書を、郵送ではなくインターネット上で確認するようにすれば受けられる割引特典なので、パソコンやスマホを使いこなせるという方であれば設定をおすすめします。

カード発行までのスピードが早い!

三井住友VISAカードは、ネット申込をしてから自宅に届くまでの期間が短いことでも有名です。インターネットで申し込みをすると、最短3営業日でカードを発行し、約1週間でカードが家に届きます。たとえば、平日の月曜日に申し込みをした場合には水曜日には発行が完了し、郵送手続きをしてもらえることになりますね!

また、お引落し口座の設定もインターネット上でできるので、来店の手間も署名や捺印の手間もなく簡単に手続きを完了させることができます。つまり、銀行に行けな・・・くても大丈夫!

ワールドプレゼントが貯まる!

一般のVISA加盟店で三井住友VISAカードを利用すると、1,000円につきワールドプレゼント1ポイントが付与されるのが基本です。1ポイント5円相当なので基本的には還元率0.5%です。

この「ワールドプレゼント」とは、三井住友カードのポイント・プログラムです。カードの種類によっては、ポイントが増額されます。また、リボ払いの月はポイントが2倍となります。また、一人暮らしの学生さんには嬉しいのが、携帯電話・電気・水道・ガス・放送料金の支払時も、ポイントが付与されるということです。ワールドプレゼントの主要なポイント交換先は以下のとおりです。

ppp

カードをなくした!?・・・でも大丈夫!!

これも安心な要素のひとつですが、三井住友VISAカードには盗難保険が付いているという点です。盗難保険というのは簡単にいうと、万が一、あなたが三井住友VISAカードを落としてしまったり、盗まれてしまった時に損害を補償してくれる保険です。仮にあなたのカードが悪用されて30万円使われてしまったとしても、この盗難保険を申請しておけば自己負担は0円で済むようになります。とてもありがたいですよね。

まとめ

日本では超有名カードである三井住友VISAカード。クレジットカードの取り扱いは昭和43年からと歴史が古く、また現在の取扱高は10兆円超えとまさに日本を代表するクレジットカードであると言えます。また、非接触決済や中国の銀聯カードの取り扱いなど新しいことにも常に調整をしつづけており、取扱高も2011年から毎年1兆円ずつ伸ばしている今もなお成長をし続けているクレジットカードと言えます。

今までもなんとなく有名で信頼できるカードなんだろうと思っていたかも多いかと思いますが、この詳細を知ってさらに三井住友VISAカードに対する信頼感がアップした方も多いのではないでしょうか。取扱高10兆円超えの背景にはこうした伝統とチャレンジし続ける姿勢があったということですね。

三井住友VISAデビュープラスカードを作るなら、こちらから

年会費 初年度無料、翌年以降も1回使えば無料
還元率 1.0% ※入会3ヶ月は2.5%
発行まで 最短3日
強み 鉄壁の不正利用対策、ショッピング補償100万円

smp_arrow
btn_free_regist

学生から大人になっても長く使える!三井住友VISAデビュープラスカード