クレジットカードはキャッシュレスで後払いの買い物ができる便利なサービスですが、無制限に利用できるわけではありません。クレジットカード利用には限度枠があり、その範囲内で買い物ができるシステムです。

カード利用枠には3種類あってショッピング枠、キャッシング枠とこの2つの枠を含む総利用枠があります。単純にカード利用枠という場合は総利用枠のことを言います。このカード利用枠はクレジットカードによってその範囲が違っていて、申込審査ではその範囲内で個別に利用枠が決定します。今回はクレジットカードの利用枠について詳しく解説しましょう。

クレジットカード利用枠のしくみ

クレジットカードは当初一律の利用枠で発行されていました。誰が申し込みしても利用枠は50万円という時代があったのです。しかし、今では一般カードなら10万円~50万円が初期利用枠というのが標準です。クレジットカードは台紙に挟まれて郵送されてきますが、この台紙にカード利用枠が記載されています。

ショッピング利用枠とキャッシング利用枠に分けられてカード利用枠が評しされますが、この関係はどのようになっているでしょうか。

キャッシング利用枠はゼロの場合もある

クレジットカード申込時にキャッシング枠をゼロにすることもできますが、キャッシング枠を希望してもゼロでクレジットカードが送られてくることもあります。ショッピング枠がゼロのクレジットカードはありませんが、キャッシング枠に関してはゼロもあり得るのです。キャッシングは貸金業法の総量規制という規制の対象となっているので、年収の1/3までの貸付に制限されています。これはクレジットカードを申し込みした会社だけではなく、すべての消費者金融会社のカードローンや、他社カードキャッシング枠も含まれます。

年収が300万円であればカードローンやカードキャッシング枠は最大でも合計100万円が限度となります。すでに利用枠がいっぱいであれば新規にクレジットカードの申し込みをしても、キャッシング枠はゼロとなります。

また、他社利用がなくても年収が低い場合や、収入面で不安定と判断されるとキャッシング枠をゼロで発行することもあります。新規申込の場合キャッシング枠はゼロにしたほうが審査は通りやすくなります。そういう意味でも、基本的にクレジットカードはショッピング専用と考えたほうが良いでしょう。

クレジットカード利用枠の基本はショッピング枠

ショッピング枠はクレジットカードの基本機能なのでゼロになることはありません。仮にキャッシング枠がゼロでショッピング枠30万円だとすると、カードの総利用枠は単純にショッピング枠と同じ30万円になります。しかし、キャッシング枠20万円、ショッピング枠30万円でも総利用枠は30万円というのが一般的です。

この場合はキャッシングを20万円使ってしまうとショッピングで使える枠は30万円-20万円=10万円となってしまうので注意しましょう。クレジットカードをショッピングでしか使わないのであれば、申込時点でキャッシングをゼロにしておくことをおすすめします。

クレジットカードの利用枠は増枠・減額ができる

クレジットカードの利用枠は一定の条件で増減することができます。それではクレジットカード利用枠の増額と減額のしくみを解説しましょう。

カード利用枠の減額は簡単にできる

クレジットカードの利用枠を減額する場合は、カード会員専用サイトを利用すれば簡単にできます。専用サイトではWEB明細の内容を確認できますが、それと同じようにリボ払いの支払金額やカード利用枠の増額・減額が可能です。ただし、カード利用枠の増額は審査を伴うので必ず増枠できるとは限りません。

限度額増額の方法に関してはこちらの記事もどうぞ。:クレジットカード利用限度額の上げ方。学生だと最大どこまで上げられる?

カード申込時にキャッシング枠を設定してしまったけれども使わないのでゼロにしたいという場合、ショッピングの使いすぎが怖いのでもっと少なくしたいという場合は、簡単に減額の申請ができてすぐに認められます。また増枠はクレジットカードを作ってから6ヶ月~1年は経過しないと認められませんが、減額に関しては特に経過期間は必要ありません。

カード利用枠の増枠には審査が必要

クレジットカード利用枠の増枠を申請すると、クレジットカードの新規申込みと同じような審査が行われます。この審査を通過しなければ増額は認められません。チェックポイントが幾つかあります。

一つ目は支払いの遅延がないということです。増枠申請時点で未払いがあればもちろん却下されますが、過去に何度も支払い遅延がある場合でも却下の対象となります。

二つ目は他社での利用状況です。クレジットカードを作ってから、他社カードを何枚も作ったり、融資の借り入れをしていたりと言った場合は、支払い遅延がなくても増枠申請が却下される可能性が高くなります。

クレジットカード会社が審査を行うのは新規申込時の他に、増枠申請時やカード更新となります。途中で審査をすることを「途上与信」と読んでいますが、一般的には途上与信はそれほど頻繁に行われていません。そのため増枠申請時には新規発行からそれまでの期間クレジットカードをどのように使ってきたかが重要な審査ポイントになります。この間に無計画なカード利用をしていると、増枠どころかクレジットカードの会員資格停止と言ったこともありえます。

実際途上与信を数ヶ月単位で行っているクレジットカード会社もあり、増枠申請をしたらカードが強制解約になったという話もよく聞きます。これは増枠申請時に行われた途上与信の結果です。クレジットカードが手元に届いたからと言って安心せずに、きちんと計画的に使うことが信用を高めることになります。

一時的な増枠もできる

海外旅行や冠婚葬祭などで一時的にショッピング枠を増額するのであれば、一時増枠の申請をするといいでしょう。この増枠は一時的なものなので比較的簡単な審査で認められます。海外旅行の場合であれば出発前に一時増枠をして帰国後にカード利用枠がもとに戻ります。一時増枠中の支払いは基本的に1回払いとなります。

JCBカードの場合1回払の他にキャッシングも利用不可という条件がつきます。申請金額は1万円以上500万円まで、1万円単位となっています。注意する点としては増枠期間中でも支払い遅延があればカードが利用できなくなるということです。普段から支払いには気をつける必要がありますが、せっかく増枠しても使えないのであれば意味が無いので、特に増枠期間中の支払いには注意しましょう。

法律で決められた割賦利用可能枠

これまでショッピング枠、キャッシング枠、総利用枠について解説してきましたが、実は法律で決められたもう一つのカード利用枠があります。

割賦販売法が定める分割払いができる利用枠

貸金業法では貸付上限を年収の1/3までと定めていますが、これと歩調を合わせて割賦販売法でも分割払いができる利用枠の上限を定めています。これを仮に割賦利用可能枠と呼ぶことにします。法律で定められた計算式によって算出した利用枠を超えて、1回払以外のショッピング利用ができなくなっています。割賦利用可能枠と表現しましたが、実際は1回払以外のすべての支払方法(2回払い・ボーナス払い・据置払い・リボルビング払い・分割払い)が対象となります。

割賦利用可能枠の計算方法

割賦利用可能枠を決めるにはまず「包括支払可能見込額」を算出する必要があります。

 包括支払可能見込額=年収-生活維持費-年間請求予定額
 割賦利用可能枠=包括支払可能見込額✕90%

上記計算式に必要な年収額はクレジットカード申込時に自己申告で記載した年収額です。生活維持費は下記のように法律で決められています。

card_gend

また、年間請求予定額は指定個人信用情報機関(CIC・JICC)に加盟している与信会社がデータ提供しているものを元にしています。

上記の計算式によって具体的に計算をしてみましょう。年収300万円、世帯人数2名、家賃あり、年間請求予定額36万円のケースです。

 包括支払可能見込額=(300万円-177万円-36万円)✕90%=87万円

カード利用枠としては10万円単位で最大80万円の割賦利用可能枠となります。

割賦利用可能枠の考え方

割賦利用可能枠はあくまでも1回払以外の支払方法が利用できる利用枠です。その為この利用枠がいっぱいになっても1回払でのカードショッピングが可能です。

また割賦利用可能枠の計算は新規申込時・増枠申請時・カード更新時に行われます。クレジットカード申込時に年収や家族構成の記載、居住形態の記載がない場合、年収はクレジットカード会社の推定、生活維持費は最大の240万円が適用されるので利用枠が極端に少なくなる可能性があります。申込書の記載には十分注意しましょう。

まとめ

クレジットカードに利用枠があるのは一人ひとり年収も返済能力も違う中で、個別に判断しているからです。ダイナースクラブカード等富裕層向けのクレジットカードには利用枠がないと言われていますが、これは誤解で実際には一律にカード利用枠を設けていないということです。つまりダイナースクラブカードでも個別にカード利用枠の設定があります。カード利用枠は年収によって大きく左右されます。クレジットカード申込時の年収記載をおろそかにしていると、カード利用枠にも大きな影響があります。正確な申込書の記載を心がけましょう。

クレジットカードを利用する場合は、5枚以上カードを作るよりも1~3枚のクレジットカードを活用するとポイントも効率よく貯まります。カード枚数も増えるほど管理が難しくなり、悪用される可能性も高くなります。カード利用枠の増枠をうまく活用して、少ない枚数のクレジットカードを最大限に利用しましょう