海外旅行

学生専用!JALカードnaviの特典・キャンペーンを徹底解説。ほかの学生カードと比べて優れているポイントは?

jalcardcamp
JALカードには学生専用の「JALカードnavi」があります。このマイレージカードはクレジット機能付きで、JALを利用して帰省や国内外の旅行を予定している学生にとっては必需品とも言えるカードです。在学中は年会費無料でショッピングでもJALマイルが貯まり、学生専用のサービスも豊富です。今回はJALカードnaviについて徹底的に解説しましょう。

JALカードnaviの公式サイトはこちらから。

JALカードnaviの概要と特長

JALカードnaviの概要は次のとおりです。
■年会費は在学中無料
■申込資格:高校生を除く18歳以上30歳未満の学生(大学院、大学、短大、専門学校、高専4・5年生)で、日本に生活基盤があり、日本国内での支払いが可能な方
■利用可能枠10万円
■国際ブランド:VISA・マスターカード・JCB(ディズニーデザインあり)
未成年の場合は親(親権者)の同意が必要となります。家族カードは発行できず、卒業予定日の3ヶ月前で申込は締め切りとなります。

それでは次に、JALカードnaviのサービスやメリットをご紹介しましょう。

JALカードの基本サービス

■入会搭乗マイル:JALカードnaviに入会してから登場すると1,000マイル。さらに毎年初搭乗で1,000マイル。
■搭乗マイル:10%増し
■付帯保険:海外旅行傷害保険自動付帯。死亡後遺障害1,000万円、治療費用50万円、携行品損害15万円、賠償責任2,000万円、救援者費用100万円
■JAL/JTAの機内販売が10%割引
■国内空港店舗での割引や成田国際空港免税店での割引
■ホテルニッコー & JALシティの割引・特典
■JALパック(国内・海外パッケージツアー)の割引

年会費無料で海外旅行傷害保険が自動付帯され、搭乗マイル割増やボーナスマイルがあるだけでもメリットは大きいですが、さらにJALカードnaviだけの特典も数多く提供しています。自動付帯の保険サービスがメインカードとしてもうれしい特典ですね。学生年会費無料でこのサービスがつくのは圧倒的です。

JALカードnaviを公式サイトで詳しく見る

eJALポイントがもらえる

eJALポイントは1ポイント1円としてJAL航空チケットやパックツアー料金購入などに使うことができるポイントです。JALカードnaviに入会するだけで5,000ポイントをもらうことができます。このポイントを使って海外旅行費や帰省費用の節約がすぐできるというメリトがあります。

減額マイルキャンペーン

JALカードnavi会員専用の減額マイルキャンペーンが実施されています。これはJALマイルで交換できる特典航空券に必要なマイル数を減額するサービスで、国内の場合2区間6,000マイル、1区間4,500マイルで交換できます。国際便の場合は交換マイルが半額となります。キャンペーン期間が決められていますが、毎年延長しているので、次年度も継続する可能性は高いでしょう。

※2017年3月31日まで、2016年11月時点の情報です。前述の通り随時継続されることが予想されます!

JALカードnaviだけのサービス

JALカードnaviの学生向けサービスは少しやりすぎと思えるほど豊富にあります。特にショッピングでJALマイルを貯めるには最適のクレジットカードです。

JALカードショッピングマイル・プレミアム無料

JALカードnaviのショッピングマイルはカード利用100円で1マイル付きます。これは年会費3,240円の「JALカードショッピングマイル・プレミアム」と同じ還元率です。

つまりJALカードショッピングマイル・プレミアムが年会費を無料で利用できるということになります。年会費有料の普通カードでもこの年会費はかかるのでかなりお得なサービスです。
さらにJAL特約店で利用すれば100円で2マイルとなるのでマイルはショッピングだけでも充分に貯めることができます。

JALカードツアープレミアム年会費無料

JALには「先得」といった航空運賃が割引になるサービスがあります。またパッケージツアーなども割引となりますがこれらを利用した場合、通常付与するマイルの50%~75%に減額されてしまいます。

しかし年会費2,160円で「JALカードショッピングマイル・プレミアム」に登録すると、減額なしで100%マイルが付与されます。JALカードnavi会員はこの年会費も無料になります。

JALカードnaviオリジナルボーナスマイル

マイルがガンガン貯まり、飛行機での旅行が楽しくなります。

■飛ぶほどボーナスマイル

1年間の搭乗マイル数に応じてボーナスマイルをプレゼント
2,500~4,999マイル:ボーナス1,000マイル
5,000マイル以上:ボーナス2,000マイル

■貯めるほどボーナスマイル

1年間貯めたマイル数に応じてボーナスマイルをプレゼント
0~999マイル:ボーナス50マイル
1,000~1,999マイル:ボーナス100マイル
2,000~2,999マイル:ボーナス200マイル
3,000マイル以上:ボーナス300マイル

■海外旅行ボーナスマイル

JAL国際線にJMBマイル積算対象運賃で搭乗すると、片道(1区間)につき300マイルをプレゼント

■語学検定ボーナスマイル

JALカードが指定する外国語検定に合格すると、500マイルをプレゼント。

※対象外国語検定
実用英語技能検定 準1級/1級、TOEFL 61点以上、TOEIC 600点以上、外国語検定 1級(イタリア語・スペイン語・中国語・ドイツ語・ハングル語・フランス語・ロシア語)・A級(インドネシア語)

■祝卒業!JALカードご継続ボーナスマイル

卒業するとJALカードnaviはJAL普通カードに自動切り替えとなります。継続せずに解約することも可能ですが、継続するだけで2,000マイルがプレゼントされます。継続するとJALマイルは引き継がれますが、JALカードショッピングマイル・プレミアムやJALカードツアープレミアムの年会費、カード年会費がかかります。

どんだけマイルくれるんですか!JALさん!

JALカードnaviを公式サイトで詳しく見る

スカイメイトサービスでお得

スカイメイトは22歳未満だけが利用できる運賃割引システムです。当日空港に出向いて空席がある場合のみ利用できます。JALカードnaviで決済すると通常75%のところ100%のマイルを付与、さらに搭乗マイルの割増が10%あるので、110%のマイルが獲得できます。

JALカードnaviは、ほかの学生カードと全く違う

学生カードは在学中年会費無料で、ポイントサービスや海外旅行サービスが充実しているという共通した特長があります。これはクレジットカード会社が若いカード会員を早く獲得したいという営業戦略を持っているからです。

したがって収入がなくても学生はクレジットカードを作ることができ、学生カードは一般的なカードよりもサービスが充実しているのです。さらにJALカードnaviは一般的な学生カードとも違う特長があります。

JALマイルを獲得に特化したクレジットカード

一般的な学生カードはほかのスタンダードカードよりも多少ポイントを優遇しているという程度ですが、JALカードnaviは前述のボーナスポイントにも垣間見える通り徹底的にJALマイルを貯めるための機能やサービスが詰め込まれています。

しかも在学中は年会費無料で、各種有料サービスも無料です。普通カードでJALカードnaviと同じ有料サービスを登録すると、JALカードツアープレミアム2,000円、JALカードショッピングマイル・プレミアム3,000円、さらに普通カード年会費2,000円を加えて合計税別7,000円もかかります。

これだけのサービスを年会費無料で利用できるのはJALカードnaviだけでしょう。これらのサービスに限っては正直ゴールドカード並みなんです。

どれくらいJALマイルが貯まる?

学生は収入がないといっても生活費はかかりますが、生活費の大半はクレジットカード決済が可能です。公共料金やスマホ料金、プロバイダー費用といった毎月現金で支払っている料金をJALカードnavi決済に切り替えるだけでマイルが貯まります。もちろん1回払いで支払いすることで余分な手数料もかかりません。現金払いよりもメリットが大きいのです。

毎月5万円のカード利用があれば、年間60万円で6,000マイルを獲得できます。これだけでマイルキャンペーンを利用すれば国内無料チケット2区間分が手に入るのです。正規料金の往復割引24,600円で計算すると実質還元率4.1%(脅威的!)になります。しかもこれは普通に利用した場合のケースで、JAL特約店も活用すれば還元率はもっと高くなるでしょう。

また、JAL搭乗マイルなどは考慮していないのでそれらも考慮すれば1年以内の無料チケット獲得もそれほど難しくありません。いずれにしても年1回は無料で国内旅行や実家への里帰りをすることができます。

卒業後も継続するとお得

卒業後はJALカードnaviとしての特典が一気になくなってしまいます。それはすぐに解約したほうが良いかというと、やはり卒業後も継続してJALカードを利用することをおすすめします。年会費がかかることになりますが、社会人として収入を得ることにもなるので、学生時代よりは経済的な余裕があるはずです。

また継続するだけで2,000マイルがもらえ、初搭乗のボーナスマイルを加えて3,000マイルは獲得できます。これらのマイルを無駄にすることはありません。JALカードnaviから普通カードに切り替えてさらにJALマイルを貯めましょう。

JALカードnaviで学生時代に実績を充分積んできているので、CLUB-AやCLUB-Aゴールドカードへの切り替えもスムーズにできるでしょう。そうすれば普通カードより高いサービスでマイルが貯まり、海外旅行傷害保険などの補償金額も充実します。

まとめ

JALカードnaviには普通カードどころかゴールドカードと同じサービスも提供され、年会費無料カードとしては最強のJALマイルを貯めるクレジットカードであることがよくわかっていただけたと思います。JALカードnaviを利用できるのは学生だけです。JALを利用している学生でJALカードnaviを利用しない理由はありません。この機会を逃さずALカードnaviを活用しましょう。

贅沢を言えばiPhone7から利用できるApple Payに登録できれば、電子マネーも活用してマイルを貯めることもできましたが、残念ながらJALカードSuica以外はApple Payには登録できません。
Apple Pay登場!仕組みやおすすめの使い方や対応クレジットカード総まとめ。Apple Pay関連のキャンペーン情報も!

JALカードnaviをフル活用すれば国内旅行の交通費は1年以内に無料になります。国際線の無料チケットへの交換マイルもキャンペーンが利用できれば半額です。無料で海外旅行というのも決して夢ではありません。JALカードnaviをすぐに活用してチャレンジしてみましょう。

JALカードnavi(学生専用)に申し込むならこちらから

jalcard_sum

年会費 在学中無料!
還元率 1.0%~最大4.0%
マイル 前述の通り恐ろしいほど貯まります
強み 付帯保険の充実。海外国内旅行にバリバリ強いカード

btn_free_regist

海外旅行で、外貨両替とクレジットカードの海外キャッシングATMどちらがお得か?

balance-154516_1280
海外旅行に行く前には、クレジットカードを最低でも1枚は持っておくと良いですよ。現地で急に現金が必要になった時でも、ATMから現地通貨をすぐに引き出すことができますし、欧米ではクレジットカード利用の文化が根付いているのでショッピング時にも便利です。

海外で現金を用意する方法としては外貨両替が基本ではありますが、円から交換する際には意外に高い手数料を取られてしまうのには注意しましょう。

この記事では、外貨両替とクレジットカードの国際キャッシングの比較をしてみましょう。

外貨両替は、2つの手数料を負担する必要アリ!

円から外貨への両替は、空港や銀行、金券ショップで行うことが可能です。

この中で最も高い手数料を取られてしまうのが空港の外貨両替所での交換です。一番安い金券ショップと比べると1.5倍近い手数料を取られるので注意しましょう。

外貨への両替はFXを使うというのも1つの手ですね。FXは本来株式取り替えと同じようにトレードのために行うものですが、手数料が格安ですので海外旅行の時にも使うという人も多いですね。

外貨両替には2種類の手数料が発生する

現金を現地通貨に両替する時には、為替相場と両替手数料(両替相場)の2つの手数料が発生します。為替相場というのはスプレッドと言われることもありますが、その時々の交換レートによって損をしたり得をしたりする可能性があります。

損をしてしまうときにはこの損分は手数料として捉える必要があるということですね。一般的には、出国の時には円高方向に振れているほどたくさんの外貨を得ることができます。

逆に、帰国時に現地通貨から円に交換する際には少しでも円安方向に振れている時に交換したほうがお得になります。

両替手数料

また、交換をしてもらった業者に対して支払う手数料も必要になります。こちらは両替手数料と呼ばれます。

通常は為替相場に+1円といったような形で店頭に「両替相場」が表示されていますが、本来の為替相場とこの両替相場の差額が両替手数料というわけです。

10万円を両替した時の手数料はいくら?

10万円(約1000ドル)を両替した場合の手数料のおおよその金額を知っておきましょう。

1000ドルを両替した場合の手数料は、銀行で2500円程度、空港両替所で2800円程度、チケットショップで2000円程度が相場です。FXで両替すると手数料は数十円程度と格安ですが、口座を事前に作っておく必要がありますので旅行前に準備しておく必要があります。

クレジットカードの国際キャッシング

クレジットカードを使うと現地のATMなどで現金を引き出すことが可能です。これを国際キャッシングと呼んでいます。

国際キャッシングを行った場合にも手数料が発生します。外貨両替の手数料と比較すると格安ですが、どのぐらいの金額になるかは知っておきましょう。

国際キャッシングATMの手数料相場

国際キャッシングの手数料は100円〜200円程度です。消費税が別途発生します。ただし、キャッシングというのは実質的には借金をするということですから、利息が発生します。

キャッシング利息は年利で18%程度になりますので、引き出した金額にこの利率をかけ、返済までの日数で割り戻して利息額を計算する必要があります。

国際キャッシングの手数料は、この利息と本来の意味での手数料の合計額ということですね。

10万円引き出した時の手数料はいくら?

たとえば10万円を海外キャッシングで引き出して1ヶ月後に返金したとすると、手数料は以下のようになります。

(10万円×利率18%÷365日×30日)+(ATM手数料216円)=1695円

こうしてみると手数料も馬鹿にはできませんね。
手数料の支払いはクレジットカードの翌月引き落としの明細に含まれていることが多いので、実際の金額は請求書を確認するようにしましょう。

海外では、持ち歩く現金はできるだけ少なく!

日本国内では「とにかく現金主義!」というのも問題ありませんが、海外に行くときには注意が必要です。

日本より安全な国というのは世界中どこを探してもありませんので、日本にいるときと同じ感覚で現金を持ち歩いていると盗難などのトラブルに遭う可能性が高くなってしまいますよ。

そうした面からもクレジットカードを1枚持っておくのが適切です。
海外ではクレジットカードを受け付けているお店が非常に多いので、現金を出すよりも手軽にショッピングできますよ。

財布には最低限の現金とクレジットカードを1枚入れておくのを出発前から習慣にしておきましょう。

日本で買えるものは、日本で買おう!

海外旅行に行くと「何か記念に買っておこう」とつい財布のひもがゆるんでしまいがちです。

帰ってきてから冷静になってみると「なんでこんなもの買っちゃったんだろう…」と後悔することも。

お土産ショップで売っているようなおみやげ以外にも、めずらしさから生活必需品なども現地調達したくなるものですが、たいていは日本で購入するよりも割高です。

こうした出費を抑えておけば海外でもっと有意義にお金を使うことができるかもしれませんよ。

海外旅行の際には、日本で買えるものは日本で買うようにして、無駄な出費はしないようにするのが鉄則ですね。

海外で現地通貨を引き出せるクレジットカード

実際にクレジットカードの手数料を確認してみましょう。

海外で現地通貨を引き出せるクレジットカードの中では、三井住友デビュープラスカードとセゾンブルーアメリカンプレスカードの2つがおすすめです。

三井住友デビュープラスカード

三井住友デビュープラスカードは学生の方向けのクレジットカードです。

入会資格として満18歳〜25歳(高校生は作れません)という年齢制限があります。未成年者は保護者の同意が必要になります。学生の人を利用者として想定しているクレジットカードなので学生さんでも審査に通りやすいですよ。

初年度年会費無料であるほか、最高100万円までのショッピング補償(カードで購入した商品の盗難や破損があった時にお金が戻ってくるという補償のこと)が付いているので、海外でのショッピングも安心ですよ。その他amazonや楽天市場、東急ハンズなどで使えるポイントがたくさんつくのも三井住友デビュープラスカードの特徴です。

年会費 ※原則無料
還元率 ※0.5~1.0%
発行まで 最短3日
強み 圧倒的ブランド力、長く使えてスペックバランスの良いカード

smp_arrow
btn_free_regist

セゾンブルーアメリカンエキスプレスカード

海外旅行に合わせてクレジットカードを作るなら、セゾンブルーアメリカンプレスカードもおすすめです。

セゾンブルーアメリカンプレスカードの特徴はなんといっても発行が早いこと。最短で即日発行も可能ですので、旅行前で時間がない方も安心ですよ。利用1,000円ごとに1ポイントずつたまっていくポイントが永久不滅なのもいいですね。海外旅行でショッピングした場合にはポイントが2倍つくというのも嬉しいところです。

年会費 26歳まで無料!
還元率 0.5~1.08%
発行まで 最短即日発送
強み 海外旅行利用での強みと、アメックスブランドの高級サービスが得られること

btn_free_regist

まとめ

以上、海外旅行の際の外貨両替とクレジットカードキャッシングの比較をしてみました。

結論的にはクレジットカードの方が安全で便利ですし、手数料も安いということがいえます。

クレジットカードは作るまでに数日から1週間程度は時間がかかりますので、海外旅行出発前に余裕をもって準備しておくと良いですよ。

学生が海外留学するときのクレジットカード、オススメは?注意点は?保険の使い方は?

graduation-879941_1920

たとえ学生でも必須!海外渡航時はクレジットカード。

学生のうちはクレジットカードなんて必要ないと思っている方も多いのではないでしょうか。手持ちの現金が無くても買い物できてしまうのが怖い、我慢できなくてつい使い過ぎてしまいそうなど理由は様々ですが、ポリシーとしてクレジットカードは持たないという学生の方は意外と多いと思います。

でも、海外へ渡航するときだけは、そんなポリシーは忘れて絶対に絶対にクレジットカードを持って行ってください。それも最低でも2枚!目的が留学でも旅行でもです。どうしてこんなに海外渡航時のクレジットカードを強くすすめるのでしょうか。ここでは、その理由と持っていくべきオススメのカードを紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

理由1:保険が付帯しているから

意外と知られていないのですが、クレジットカードには海外旅行時の保険が付帯されているものがほとんどです。海外旅行へ行く時は、旅行会社で海外旅行保険に申し込む人がほとんどだと思いますが、実はこの海外旅行保険が充実しているクレジットカードを持っていれば、わざわざ旅行のたびに保険に加入する必要がなく、クレジットカードの年会費(カードによっては0円)だけで海外旅行保険を利用することができてしまうんです。

どういうときに海外旅行保険が必要なの?

海外旅行保険といっても、その内容は様々です。例えば、死亡・高度障害を補償したものや、持ち物の盗難・破損を補償したもの、ホテルのものなどを破損してしまったときの賠償額を補償してくれるものなどがあげられます。つまり海外旅行保険が必要となるシーンは海外渡航時のトラブルで解決にお金が必要なもののほとんどと言えます。特にその中でも重要なのが、治療費を補償したものになります。

注意!日本で請求される治療費と海外で請求される治療費は全く違う

日本国内で病院で治療を受けると意外とお金がかからなくて驚くことはありあせんでしょうか。例えば、風邪で病院へ行くと診察が1,200円と薬が600円で合計1,800円くらい。これは市販の風邪薬を買うよりわずかに高い程度です。もちろんこの安さの要因は、みなさんが保険証を持っているからですよね。この保険証が、当然のことながら海外ではまったく威力を発揮しません。

そのため、海外で病院へ行くと定価の料金が請求されてしまいます。しかも、海外では食事やお水で食中毒になる可能性が日本で生活しているより格段に高いですので、その分、病院のお世話になる可能性も高いです。

海外での治療費はどのくらいかかるのか

では、実際に治療費はどの程度かかるのでしょうか。これは一例ですが、アメリカでの盲腸手術で入院費込み約240万円。同じくアメリカでの骨折で入院費込み約230万円。中国での交通事故で骨折して入院費込み660万円などかなりの高額です。とても払える金額ではありませんよね。

クレジットカードの海外旅行保険の使い方

クレジットカードの海外旅行保険の使い方には大きく分けて2つの種類があります。それは、「自動付帯」と「利用付帯」。「自動付帯」は文字通り自動なので、そのクレジットカードに加盟しているだけで自動的に保険が適用となります。一方、「利用付帯」の場合は、そのカードを利用した時には保険が付帯されるというものなので、旅行費用をそのクレジットカードで決済するなどカードの利用が保険適用の条件となります。

このように、カードによって保険の使い方が異なりますので、いざというときに保険金が払いだされなくて泣いてしまわないよう、使い方についてはしっかり確認することが重要です。

クレジットカードの海外旅行保険の注意点

クレジットカードの海外旅行保険の注意点として、補償日数が一般的に90日間ということがありますので注意してください。旅行ならほとんど問題ないと思いますが、留学の方は要注意。夏休み中の短期留学なら補償内に収まることもありますが、それでも予定外に帰国が遅くなるなどした場合、クレジットカードの海外旅行保険の補償外になってしまいますので注意してください。そのため、長期の海外渡航の場合は、クレジットカードの海外旅行保険に頼らず、別途で損害保険会社の海外旅行保険などに加入することをオススメします。

理由2:純粋に現金を持ち歩くのは危ないから

これは当然ですよね。海外は日本ほど治安が良くない国が多いですので、単純に多額の現金を持ち歩くのは非常に危険です。特に観光客は現地の人から見れば一発でわかりますので、特に狙われやすくなります。海外での外出のときは、現金の持ち歩きは最低限にしておみやげやブランド品など大きな買い物はなるべくクレジットカードを利用するようにしましょう。

理由3:両替の手間が面倒だから

一度でも海外へ行ったことがある方ならわかると思いますが、通貨の両替が割と手間です。しかも両替する場所とタイミングによってレートが違っていたりするので、「あのとき両替しておけばよかった」という後悔が付きまとってとても厄介。かといって日本で大量に両替して海外のお金が余ってしまうのも考えもの。そういう理由もあり、やはり海外ではクレジットカードを上手に使うのがとても賢い方法といえます。

海外渡航時はクレジットカードを最低2枚用意するのが常識!?

では、実際に海外へはクレジットカードを1枚だけ大事に持っていけばいいでしょうか。実は、海外渡航時にはクレジットカードは最低2枚持っていくのが常識です。理由は、単純に1枚だけだと破損や盗難の被害に遭ってしまったらそこでジ・エンドだから。リスクヘッジのために海外旅行へは必ず最低2枚のクレジットカードを持っていくようにしましょう。なお、用意するクレジットカードはVISAとMasterCardなど、カードブランドを分けておくとさらなるリスクヘッジになって効果的です。

クレジットカードを2枚持っていくとなんとこんな裏技も

実はクレジットカード2枚持っていくのにはさらにこんな裏技が使えるんです。それは、海外旅行保険付きのクレジットカードを複数持っていると、それぞれの補償金額が合算されるということ。つまり、持っていくカードの枚数が多ければ多いほどそれだけ手厚い補償が受けられるんです。

ただし、カードをたくさん持っていくと、それだけ紛失や盗難のリスクは高まりますので、現実的には2枚くらいが妥当だと思われます。そういう理由からもぜひ海外渡航のときにはクレジットカードを2枚持って行ってください。

学生向け海外旅行保険の付帯したオススメクレジットカード

では、実際に学生の方は海外渡航のときにどんなクレジットカードを持って行くのがいいのでしょうか。ここでは簡単にオススメの学生向けクレジットカードを紹介します。なお、ここでは海外渡航時には2枚のクレジットカードを持って行くことを推奨していますので、海外旅行保険が付帯したオススメの学生専用クレジットカードと、2枚目として学生でも申し込みができる一般クレジットカードを紹介します。

学生専用クレジットカードは申し込みがしやすく、年会費が安いのがメリットですが、一般的に限度額が10万円など海外で使うには限度額が低いのが最大のデメリット。そこで、一般カードを併用することによって欠点を補完。万全の体制を実現することが可能になります。

学生向けのクレジットカード

ANA VISAカード

  • 年会費:在学中無料
  • 入会資格:18歳以上の学生。日本国内で支払いが可能な方
  • 利用枠:審査後に決定
  • ポイント還元率:1,000円=10~10.6マイル(2.0~2.12%相当)
  • 海外旅行保険:最高1,000万円

ANA VISAカードの詳細を見る

JALカード

  • 年会費:在学中無料
  • 入会資格:18歳以上30歳未満の学生。高校生不可。
  • 利用枠:審査後に決定
  • ポイント還元率:100円=1マイル(2.0%相当)
  • 海外旅行保険:最高1,000万円

JALカードの詳細を見る

MUFGカード・イニシャル・アメリカン・エキスプレス・カード

  • 年会費:在学中無料
  • 入会資格:18歳以上29歳以下で安定した収入のある方。もしくは学生の方
  • 利用枠:10~100万円
  • ポイント還元率:0.5%
  • 海外旅行保険:最高2,000万円

アメックスカードの詳細を見る

学生専用ライフカード

  • 年会費:在学中無料
  • 入会資格:18歳以上25歳以下で大学・大学院・短期大学・専門学校に現在在学中の方
  • 利用枠:5万~30万円
  • ポイント還元率:通常月0.5~1.3%。誕生月2.5~3.33%
  • 海外旅行保険:最高2,000万円

学生専用ライフカードの詳細を見る

学生でも申し込み可能な一般クレジットカード

次に学生でも申し込みが可能な一般のクレジットカードをみてみましょう。

三井住友VISAクラシックカードA

  • 年会費:1,500円(初年度無料)。在学中250円
  • 入会資格:高校生を除く18歳以上の方
  • 利用枠:10~80万円。学生は10~30万円
  • ポイント還元率:0.5~0.65%
  • 海外旅行保険:最高2,500万円

三井住友VISAクラシックカードAの詳細を見る

楽天カード

  • 年会費:永年無料
  • 入会資格:18歳以上
  • 利用枠:10~100万円
  • ポイント還元率:1.0%
  • 海外旅行保険:最高2,000万円

楽天カードの詳細を見る

リクルートカード

  • 年会費:無料
  • 入会資格:18歳以上で本人または配偶者に安定収入のある方、または18歳以上の学生の方(高校生不可)
  • 利用枠:10~100万円
  • ポイント還元率:1.2%相当)
  • 海外旅行保険:最高2,000万円

リクルートカードの詳細を見る

いろんな補償があるけど、どんなときに役立つの?

ここからは、それぞれの補償がどんなことに役立つのかというのをまとめて紹介していきます。

ホテルからの請求もカバー可能な賠償責任補償!

海外旅行傷害保険で注意するべき点は、死亡・後遺障害補償額よりもその他の補償額でトラブルをしっかりカバー出来るか!?という部分に注意しなければなりません。

  • ホテルの部屋で飲食中、ワインをこぼしてカーペットを汚してしまった!
  • スーツケースを運んでいて部屋の壁を傷つけてしまった!
  • ホテルのロビーにある置物を落として壊してしまった!

海外旅行ではこのようなトラブルは良く起きます。トラブルを起こしてしまったことは仕方ないのですが、後日ホテルから高額な請求をされる可能性も・・・多いにありえます。そんな時に先に説明した賠償責任補償が高額であれば、ホテルからの請求額をカバーすることが出来るので、とても安心して旅行することが出来るでしょう。

本当はトラブルなど無いことが望ましいのですが、万一の時に安心出来る保険が付帯しているものが望ましいですよね。

うわ、盗まれた!携行品損害補償でカバー出来る!

海外旅行で気を付けいないといけないことに、荷物の盗難が挙げられます。特にデジカメやビデオなど日本製品は海外でも人気なので、盗難率がとても高くなっているのです。また、盗まれていなくても自分で誤って壊してしまった、なんてこともありえますから、そういうときに補償があると安心ですよね。

  • 写真を撮ってあげようとカメラを受け取ってそられt逃げられた!
  • 良いスポットがあるとビデオを預かってそのまま逃げられた!
  • 撮影中に誤ってデジカメを落として壊してしまった!

このようなことは海外旅行で良く起きる事例として紹介されていますが、携行品損害補償が付帯しているクレジットカードならもう安心です。その場で補償はされないので代替え品は用意する必要はありますが、帰国後に機材のお金が戻ってきますからね。ただし、補償金額は時価となってしまうので購入時の商品代金が全て戻ってくる訳ではありませんから、その点は良く理解しておきましょう。

たとえば、購入時5万円だったデジカメを盗まれた場合、同じ商品が中古価格で2万円であれば、補償金額は2万円となります。もし古い機種で既に販売されていない物は数千円の場合もあります。

病院で高額な治療費を請求された!

海外留学中にケガや病気で病院にかかると、目が飛び出てしまうほどの高額な治療費を請求されるケースが多々あります。日本国内では健康保険が適用されますが、海外では健康保険は適用されませんから仕方ないのです。

  • 急な腹痛で病院に救急扱いで行った!
  • 不注意で転んでしまい手の骨を折ってしまった!

このような場合は治療費が高額になってしまいますが、海外旅行傷害保険の付帯しているクレジットカードなら大丈夫です。なぜならこの海外旅行傷害保険には傷害治療補償と疾病治療補償があるので、これらの治療費は200万円以内であれば全額補償されますから。長期で留学に行く方にとってはとくに大事なことではないでしょうか。

海外旅行損害保険の注意点

  • 保険適用の期間は家を出てから戻るまでを補償してくれる。
  • 出国日の前日午前0時から入国日の翌日の午後12時以外は範囲外。
  • 海外での滞在期間が3カ月以上は適用範囲外となる。
  • 旅行先でレンタカーを借りて起きた事故については適用外。

上記の条件はしっかり覚えておきましょうね。特に学生の方が海外留学する際に「カードに保険が付いてるから大丈夫!」と思っていても、3カ月を超えた場合は保険は適用されません。また、特に注意しないといけないのはレンタカーでの事故です。この場合はカードの付帯保険では無く、レンタカーを借りた時に加入した保険が適用となりますので、このことも覚えておいてくださいね。

保険に強く、海外・飛行機と相性がいいクレジットカードはJALカードnavi(学生専用)

jalcard_sum

マイルがザクザクたまる!!

旅行好きな学生さんには大変うれしく、なんと在学期間中のマイルは有効期限がありません。100円で1~2マイル貯まるカードです。飛行機に乗るときもJALグループ搭乗時はフライトマイル+10%分のマイルが追加してプレゼントされます!初回搭乗時には1,000マイルプレゼント!

学生旅行に強い!ガッツリ保険がついたカード

なんとJALカードnaviはそのカードで旅行を購入しなくても、自動付帯の保険が適用されます。傷害死亡の場合は1,000万円、傷害後遺障害は30万円から1,000万円まで補償されます。また海外旅行の場合はケガ、治療費も50万円まで、賠償責任も2,000万円までが付随されています。

年会費 在学中無料!
還元率 1.0%~最大4.0%
マイル カード利用100円で1マイル!
強み 付帯保険の充実。海外国内旅行にバリバリ強いカード

btn_free_regist

まとめ

いかがでしたでしょうか。海外渡航時の海外旅行保険の重要性とクレジットカードは2枚準備することの必要性がおわかりいただけたか思います。クレジットカードは種類が多く、スペックも各社異なるので2枚も選択するのは大変かもしれませんが、申し込みの簡単な学生専用カードと学生でも申し込みが可能な一般カードから1枚ずつ選択すればあまり難しくないと思います。

なお、その際はなるべくVISAとMasterCardなど、カードブランドを分けるようにしましょう。複数持つことと分散することが海外渡航時のリスクを回避することにつながります。

短期留学であれば、持っているカードの限度額を一時的に引き上げるなどの対応で乗り切れることも。参考記事はこちら→クレジットカードの限度額、学生だとどこまで上げられる?

海外旅行先で、クレジットカードを使うときに覚えておきたい英単語・英会話例文フレーズまとめ(チップの知識も!)

学生でもアメックスが持てる!?セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは海外旅行を強力サポート!

16757335_P.eps

「セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード」は海外旅行好きには必携のステータス最高クラスカード

ステータスの高いクレジットカードの代表格といえば、真っ先にイメージされるのがアメリカン・エキスプレスカード(通称アメックス)ですね。クレジットカードランキングでも常に上位を誇っています。

なぜステータスが高いイメージがあるかというと、1つにはアメックスの年会費は一般カードでも12,000円(税別)、ゴールドカードではなんと年会費が29,000円(税別)という高額な維持費が必要となること。ただカードを持っているだけでそれだけの維持費がかかるということは、やはりそれなりの収入が得られるステータスの高い人が持つべきカードと考えられます。

もちろん、高額な年会費を支払うに十分な、旅行時の補償や空港での手荷物無料宅配サービスなど、サービス面が充実していることは言うまでもありませんが、そもそも、その年会費の元がとれるほどのサービスを受けられるだけ頻繁に旅行にいけるということ自体がやはりステータスですよね。まさに、アメックスカードは富裕層向けの国際ブランドといえます。

そんなアメックスが年会費たったの3,000円(26歳まではなんと無料!)、しかも18歳以上で電話連絡が取れればOKという簡単な条件で持てるとしたらどうでしょうか。旅行好きでなくても、年に1回くらい海外旅行にいくなら持って損はない、むしろ充実の付帯サービスを考慮すると、一般の年会費無料カードよりもお得なクレジットカードと言えるのではないでしょうか。

しかも、実は一部条件を満たすとポイント還元率1.5%を実現できる裏技も。ぜひこの機会に「セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード」をチェックしてみてください。

アメックスとVISAを比較してみた

そもそもアメックスカードって何?という方に、世界的に知名度のあるCMでもよく耳にするであろうVISAカードと比較をしてみました。実際にどういった違いがあるのでしょうか?
amex_visa
アメックスカードはVISAカードに比べて、ステータス性の高いカードであるといえますね。アメックスの他にステータス性の高いクレジットカードはダイナースカードが同様に、ステータス性の高いクレジットカードとして有名です。

しかし、付帯サービスを比較するとアメックスのサービスを超えることは出来ません。本当に珍しいクレジットカードなんですね。

ただ問題なのが、ステータス性の高いカードは年会費もかかり、世界で利用できる店舗は少なくなりますが、それにも関わらず、アメックスはサービスが充実、特に海外旅行に行くならアメックスをつくれと言われるほどのカードです。

学生のうちから持っておいて損はないというのは、実際のところどうなんでしょうか。基本的なスペックなどと合わせて次の章以降で紹介していきます。今すぐ公式サイトで確認したい人はこちらから↓

16757335_P.eps

btn_free_regist

「セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード」の基本スペック

アメックスカードの中でも学生におすすめなのが、「セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード」。前章でもお話しした通り、株式会社クレディセゾンがアメリカン・エキスプレスと提携することで実現した年会費が大幅に引き下げられたアメックスブランドのカードです。

しかも、入会基準までセゾンカードと同等に緩和され、手に入れやすさもアップしたアメックスブランドのカードとなっています。
そのため、ポイントプログラムなどはセゾンカードを踏襲している一方で、アメックスブランドの持つ充実した付帯サービスを実現したかなりコストパフォーマンスの高いカードになっているのが特徴です。

セゾンブルー・アメリカンエキスプレスカードは、アメリカン・エキスプレス(アメックス)のプロパーカードに付帯する主要優待特典「アメリカン・エキスプレス・セレクト」および「アメリカン・エキスプレス・トラベル・サービス・オフィス」に加え、ゴールドカード以上で目にする海外旅行損害保険の自動付帯や海外利用ポイント2倍(永久不滅ポイント、通常は1,000円につき1ポイント)、空港手荷物無料宅配サービスなど非常に充実した特典を誇るカードです。

特典のレベルはゴールドカードと同水準と言っても過言ではありません。

  • 還元率:0.5%
  • 年会費:初年度無料。2年目以降3,000円(税別)
  • 今だけ、26歳まで年会費無料キャンペーン中!
  • 申し込み資格:年齢18歳以上(高校生不可)で電話連絡が可能な方
  • 海外旅行保険:最高3,000万円補償、治療・医療費補償は最高300万円(自動付帯)
  • ショッピング安心保険:年間100万円補償

特典については、公式サイトに詳しく掲載されています。
http://www.saisoncard.co.jp/amextop/blue-cs/

「セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード」は海外旅行好きには必携のステータス最高クラスカード

amex01

不安だらけな初めての海外旅行に。。。

ちょっとだけ筆者の海外経験をお話しいたします。。

大学、専門学校、短期大学生になると、海外旅行や海外短期留学に行く機会が一気に増えますよね。筆者も20歳の時にオーストラリアへ1ケ月間の海外短期留学と卒業旅行はアメリカのラスベガスへ1週間行っていました。

短期留学時は、初めての海外、治安が心配でしたので現金をいつも念のため少し隠して持っていました。そんな事も素敵な思い出ですが、でも1ケ月も貴重品を肌身離さず、ましてや現金が最低でも日本円で5万円は持っていたので、逆に他人にお金を隠しているのがばれているのではと思ったものです。

でも、卒業旅行でアメリカに行った時は現金の持ち歩きは少なくても大丈夫でした。その頃には海外に強いクレジットカードを使いこなしていたからです。

盗難やスキミング被害にも迅速対応してくれるセゾンブルーアメックス

海外では何かと不安がつきまとうものです。セゾンブルー・アメリカンエキスプレスカードでは、そうした不安を少しでも和らいでもらえるようなサービスが付帯しています。
滞在国によってはクレジットカードのスキミングや盗難などの被害も珍しくありません。

しかし、セゾンブルー・アメリカンエキスプレスカードには、そうした場合に、電話一本(しかも日本語対応)ですぐにカード利用をストップし、緊急カードを最短即日で無料発行してくれる安心サービスが用意されています。もはや海外にいることすら忘れてしまうほどの安心感です。

例えば、滞在中のサービス・オフィスに依頼しておいて、翌日、次の滞在国のサービス・オフィスで緊急カードを受け取るといったことも可能であり、緊急時にはかなり助かります。

アメックスならではの強力な海外旅行サポート

「セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード」はアメックスブランドを謳っているだけの充実の海外旅行サポートが特徴です。最高3,000万円補償の海外旅行保険の自動付帯(大事なことなので2回言います:旅行代金をこのカードで支払ってはじめてサービスが付帯する利用付帯ではなく、なんと自動付帯です!)に加え、アメックスユーザーだけが利用できる世界140カ国に拠点を構えるアメリカン・エキスプレス・トラベル・サービス・オフィスが利用可能。

しかも、海外旅行からの帰国時には空港から自宅までの手荷物無料宅配サービスも使えます。使い方も極めて簡単。空港にあるABC到着宅配カウンターへ荷物を持っていき、本カードを提示するだけです。この手続きで、最大3000円以上する空港宅配サービスを無料で利用することができます。これだけで年会費の元がとれちゃいます!

一般的に学生さんが使うクレジットカードは年会費無料がスタンダードですが、ここまで充実した海外旅行サービスが使えて年会費3,000円は、むしろ一般的な年会費無料カードよりもお得なのではないでしょうか。

実はポイント還元率もトップレベル

「セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード」は通常のアメックスカードとは異なり、実はポイントサービスもトップレベルの充実度です。その理由は、ポイントサービスはクレディセゾンが展開する「永久不滅ポイント」が適用されるため。

ショッピングを利用すると貯まる、有効期限が無期限のセゾン永久不滅ポイント。貯まったポイントは300以上の豪華アイテムと交換でき、このカードは国内利用で1,000円ごとに1ポイント、海外利用で1,000円ごとに2ポイントでたまります。つまりこの「セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード」では海外で使うとポイントが通常の2倍になるということです。

また、ポイントサイト「永久不滅.com」を経由して、有名サイトで買い物をすると、普通に買物するよりもポイントが最大20倍も貯まります。

しかも、nanacoカードを登録すると、イトーヨーカドーやセブンイレブンでのカード利用時に、永久不滅ポイント0.5%に加えてnanacoポイント1.0%が付与されるので合計還元率が驚異の1.5%。還元率1.5%のクレジットカードは本当に一部の高還元率カードだけなので、「セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード」はポイントの面からもかなり優秀なカードと言えます。

アメックスのデメリットとは?

アメックスカードの唯一とも言える欠点は、年会費がかかるため、使わないで保有するだけでもコストがかかってくることだと思います。初年度は無料になりますが、2年目以降は年会費3,000円(税別)がかかってきます。

学生さんでも、「3,000円なんて大したことない!」というのであれば良いのですが、一応頭に入れておくべき項目なのかなと思います。

なんと現在、このデメリットを吹っ飛ばすような:26歳までは年会費無料という太っ腹キャンペーン中です!作るなら今かも!?

セゾンブルー・アメックスの公式申込サイトはこちら

まとめ

高ステータスカードの代名詞ともいえるアメックスブランドをお得過ぎる年会費と緩和された入会基準で手にすることができる「セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード」。
アメックスならではの強力な海外旅行サポートが実装されているので旅行好きな学生には必携の1枚となっています。

しかも、本家のアメックスカードとは異なり、クレディセゾンの永久不滅ポイントが適用されるのでポイント還元率も超優秀。
海外旅行好きのみならず、総合的にもお得に利用できるクレジットカードと言えますのでぜひこの機会にチェックしてみてはいかがでしょうか。

セゾンブルー・アメックスの申込・詳細はこちらから!

amex

年会費 26歳まで無料!
還元率 0.5~実質1.5%
発行まで 最短即日発送
強み 海外旅行利用での強みと、アメックスブランドの高級サービスが得られること

上位カードへの登竜門にしよう

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは学生でも取得可能な充実の一枚となっており、海外旅行や留学のお供に最適なカードだと思います。一方、更に上位カードも存在しており、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードおよびセゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードが挙げられます。

上位カードとなると付帯特典はますます充実しますが、審査はより厳しいものになり、年会費も当然に上がってきます。

審査をクリアするには、同じブランドを継続して使い続けクレジットを積み上げることも重要です。そういう意味では、今はまだこれらのカードを持つことが出来ないが、将来的にこれらのカードを保有したいと考えている、意識の高い学生や若年層にも適しているカードだと思います。ぜひご検討を!

セゾンブルー・アメックスの公式申込サイトはこちら

海外旅行先で、クレジットカードを使うときに覚えておきたい英単語・英会話例文フレーズまとめ(チップの知識も!)

aircraft-703679_1920

海外のクレジットカード清算で必要な英単語

海外旅行や留学には現金は必要な分だけ現地のお金に換金して、それ以外はVISA・MASTERなどとあえてブランドを分けて2種類位のクレジットカードを持っていき使用するのがオススメと本サイトでは紹介させていますが、実際に海外へ行って清算する時の会話を今回は紹介していきたいと思います。

※最低限必要な英文を厳選していますので、ぜひブックマークして何度か見て覚えてもらえると嬉しいです!

レストラン編

まずレストランでのクレジット清算の仕方の紹介です。

海外のレストランではテーブルでお会計をします。店員さんにお会計したいとまず伝えてください。

自分:『Check please (チェック プリーズ) 』

そうすると、店員さんがテーブルに来て
店員:『How would you like to pay,cash or card?
(ハウ ウージュー ライク トゥ ペイ キャッシュ オア カード?)』と聞かれますので、
※お支払は現金またはカードですか?
→省略され、Cash or Card? のみ聞かれる場合もあります。

自分:『Can you accept VISA※ Card? ※は自分がもっているカード会社名に変えてください。
(キャン ユー アクセプト ヴィザカード?)』と答えてください。
※ビザカード使えますか?

店員:『Sure』(シュア)
  ※もちろん、使えます。

店員が合計金額の書かれていない伝票を持ってきます。※チップがある国があるので事前にチェックしておいてください。チップの相場は会計額の10~15%が相場です。飲食代とチップの合計金額を書き込んでクレジット決済を行ってください。

◆その他の決済方法◆

I pay by cash. (アイ ペイ バイ キャッシュ)
※現金で払います。

I pay by traveler’s check. (アイ ペイ バイ トラベラーズチェック)
※トラベラーズチェックで払います

ショッピング編

ショッピングではクレジットカードを使えるお店と使えないお店、使わない方が良さそうなお店 ※タトゥーまみれの怖い兄ちゃんしかいないなどの3種類があります。

ホテルや空港に入っているお土産店ではクレジットカード決済が使えないお店はぼぼ無いといっていいですが、留学先やちょっとしたその土地の民芸品店などでは現金のみのお店も多く存在します。

留学中はあまり大きい金額の料金を支払う機会はないと思いますが、ホテルや空港以外でクレジットカードを使用する際は、他の利用客がカードを使用していないのにカード清算をススメてきたり、怪しいと思ったお店では現金で清算することをオススメします。

自分:『Do you accept credit card?
   (ドゥ ユー アクセプト クレジットカード?)
   ※クレジットカードは使えますか?

『I’d like to use my credit card.』
(アイドゥ ライク トゥー ユーズ マイ クレジットカード)
※クレジットカードを使いたいのですが。

『I’ll put it on my credit card.』
(アイル プット イット オン マイ クレジットカード)
※クレジットカードで支払います。

これで伝わらない場合は下記で聞いてみてください。

Can I pay by credit card?
(キャナイ ペイ バイ クレジットカード?)
※クレジットカードで支払えますか?

これらの表現は、カードで支払うことができるかどうかを尋ねる表現ですが、カード別で尋ねる場合は下記のように尋ねます。

『Do you accept VISA Card?』
(ドゥ ユー アクセプト ビザカード?)
※ビザカードで支払いできますか

店員:『Sure』(シュア)
   ※もちろん、使えます。

という形で確認することが可能です。買い物金額で手持ちの現金ではなくクレジットカードで清算したい場面が沢山あると思いますのでまず確認できるかどうかは確認してからショッピングを楽しむことをオススメします。

お勘定が間違ってる!そんなときは・・・

もしもお勘定が間違っている場合や、不明な点があったらうやむやにせず、はっきりと伝えましょう。

『I think the check is wrong.』
(アイ シンク ザ チェック イズ ウォング)
※お勘定が間違っていると思います。

『I don’t think the check is right.』
(アイ ドント シンク ザ チェック イズ ライト)
※お勘定が間違っていると思います。

『I’m afraid that the check is wrong.』
(アイム アフレイド ザット ザ チェック イズ ウォング)
※お勘定が間違っているのですが。

“I’m afraid~”を使うと丁寧な表現になります。お勘定に不明な点がある場合は、お勘定の不明な所を指差して、

『What’s this charge?』
(ワッツ ディス チャージ?)
※これはなんの値段ですか?

このようにちゃんと説明を求めましょう。海外から来た客は英語が話せないためなめられることもあるので、しっかり堂々と受け応えができるといいですね!

クレジットカードの支払い回数を聞かれたら?

「支払い方法はどうされますか?」というのは、クレジットカードを持っている方なら日本で何回も耳にしたことかと思います。では、これを海外旅行の際に聞かれたらどうすればよいのでしょうか?

この答えは簡単です。実は海外ではクレジットカードの支払い回数や支払い方法を聞かれることはないため、なにも答える必要はありません。無言でレシートや端末にサインをするだけで、クレジットカード払いが完了します。

これはなぜかというと、海外ではそもそもクレジットカードの支払い方法が選べない仕様なためです。実は、1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、といったものは、日本だからこそ選べる支払い方法なんですね。日本国内では支払い方法を選べるが、海外では基本的に支払い方法は選べない、といったように覚えておきましょう。

では、海外での支払い方法はどうなる?

それじゃ海外でクレジットカードを利用したら、どんな支払方法になるのか?これはそもそも日本で発行されたクレジットカードは、海外利用時にどのような支払い方法になるかが初期設定されています。多くが一括払いしか使えないカードになりますが、クレジットカードによっては『海外利用はすべてリボ払い』と設定されているものもあるのでご注意ください。海外に出発する前に必ず確認しておきましょう。

つまり、この設定された支払い方法しか海外では使えないということ。リボ払いなんて死んでも使いたくない!という方は、カード会社に電話をして『海外利用時はすべて1回払いにしてください。』と設定変更しておけば問題ありません。

チップはどうすればいいの?

レストランによって違いますが、サービス料が請求書に含まれている場合とそうでない場合があります。さらに、チップの習慣がある国もあるので、チップになじみのない私たち日本人にとっては、支払いがちょっとややこしいですよね。

通常、サービス料が料金に含まれている場合は、小銭程度のチップを置いておけばいいのですが、サービス料金が含まれていない場合は、食事の料金の10~15%ぐらいのチップを置いていくことが多いです。また料金を払う際、たとえば$38.12の場合など、お釣りが小額の場合も、紙幣をテーブルの上に置いてそのまま席を立てば、お釣りはチップ代だとわかるので、スマートな支払いの済ませ方に見えますね。めちゃくちゃかっこいい!旅行で海外にいく場合などは、レストランにいく機会も多いと思いますので、お勘定の支払いの時に使える表現は覚えておくとかなり便利ですね。

保険に強く、海外・飛行機と相性がいいクレジットカードはJALカードnavi(学生専用)

jalcard_sum

年会費 在学中無料!
還元率 1.0%~最大4.0%
マイル カード利用100円で1マイル!
強み 付帯保険の充実。海外国内旅行にバリバリ強いカード

btn_free_regist

学生がクレカで一時的に限度額を30万円に引き上げたいときのやり方(海外旅行などの前に!)

クレジットカードの限度額とは

全てのクレジットカードには『限度額』の設定というのがあります。これはこのクレジットカードで買い物などがいくらまで支払えるかという金額設定のことです。

クレジットカードの利用限度額というのは、「この金額までなら自由に支払いで使ってもらっても構いませんよ」という金額のことです。例えば:利用限度額30万円のクレジットカードであれば30万円まで自由に買い物で使えますし、利用限度額100万円のカードなら100万までOK・・・という具合ですね。利用限度額というのは、そのカードで使える上限金額ということです。なお、会社によっては利用限度枠やショッピング枠と呼んだり、業界関係者だと与信枠やS枠と呼んだりもします。これらはどれも全く同じ意味の言葉です。

クレジットカードの限度額は、契約者の返済能力に応じた金額に設定されています。ですから、学生で何百万円の限度額というのは初めからそもそも設定することはできません。まあそもそもそんなに大金は使えないので使いすぎて破産するようなことはないのが、学生クレジットカードの安心な点ではあります。

※小ネタですが、消費者金融が発行されているカード(キャッシングカード・ローンカード)は何度かきちんと返済ができれば、通常のクレジットカードより簡単に金額を上げていけるのも事実です。

利用限度額ってどういう仕組みになってるの?

次に、利用可能額の仕組みと考え方を理解しておきましょう。例えば30万円の利用限度額のあるクレジットカードを10万円使ってしまった場合には30万円-10万円で、残り20万円まで利用できるわけですが、この残り20万円という部分が利用可能額、もしくは利用可能残高と呼ばれるものです。つまり、あといくらまでそのカードが使えるかの金額が利用可能残高にあたります。

利用限度額を越えてしまうと、カードの利用はできなくなってしまいます。ですから、利用限度額いっぱいに使うのではなく、余裕を持って使うようにしましょう。

支払い日を過ぎれば利用可能残高は戻る

では、利用可能額が20万円まで減少してしまったこのクレジットカードは、今後も20万円までしか支払いに使うことが出来ないのかといえばそんなことはありません。利用可能額はクレジットカード会社へ支払い(振替)をすればまた元に戻る仕組みになっています。ですから、毎月毎月、きちんとカード代金の支払いをしている方であれば常に利用可能残高は回復していきます。

限度額引き上げが必要になるとき

カードで公共料金やインターネット、携帯代金を支払い、ネットで買い物をしたりすると限度額が低いと、急な出費がある場合は限度額が足りなくなる時があります。海外旅行の際も現金を沢山持っていくことは怖い場合、ほぼカード決済で支払うことになりますので限度額が少ないとあまり現地で使えなくなってしまいますので困ってしまいます。

そんな場合は事前に申請しておけば、一時的に1ヵ月などの一定期間のみ利用限度額以上の金額がクレジットカードで支払いが可能になります。これは本当に便利な機能ですよね。後述しますがだいたい30万円までは上げてくれます。

限度額引き上げ方法

クレジットカードの利用限度額を一時的に引き上げるには、カード会社に事前に申請が必要になってきます。インターネットで申請する方法と、電話にて申請する方法があるので、詳細はそれぞれのカード会社に確認をお願いします。※ネットのホームページに載っている場合や、郵送されてきたクレジットカード会社のレターの内容を確認したりしてください。限度額の引き上げが必要な場合も審査があるので審査に通らないと引き上げはできません。

▼利用限度額の増枠までの流れ

  1. カード会社に増枠をお願いする
  2. カード会社が審査をする
  3. 後日、審査結果を通知

増枠申請しない方がいいパターン

仮にあなたの信用力が十分に高く、増枠に値するものであった場合には利用限度額が増えることになるわけですが、増枠依頼をしても残念ながら審査に落ちてしまうケースも意外と少なくありません。

また、あなたが保有している他のクレジットカードや、消費者金融会社への返済履歴が悪い方の場合には、増枠申請をしたばかりにクレジットカードを強制解約されてしまうケースなんていうのもあるようです。※楽天カードなどで事例があります。 増枠どころか、カードが使えなくなる可能性があります。そのため、下記の例にあてはまるような方は増枠申請しないほうが無難かもしれません。くれぐれも注意してくださいね。

▼増枠申請しない方がいいパターン

  • 返済日までにカード代金を払わないことが多い方
  • 他のカードで強制解約されたことがある方
  • 申請理由がリボ払いの返済ができないからという方
  • 銀行のカードローンや消費者金融を利用中の方
  • 無職になってしまった方(バイトを辞めた方)

一時的な増枠なら受け入れてもらえる可能性も!

増枠は増枠でも、一時的な増枠をカード会社にお願いしてみよう・・・というのも一つの手です。例をあげると、結婚式場の費用支払い、海外旅行に行くので枠が必要、引っ越しをするのでお金が必要、出産費用の支払いに…などなどの例で一時的な増枠を認めてもらえることが多いようです。

こういった事情で利用限度額を増やしたいと思っている方は、一時的な増枠を活用してみてくださいね。早い場合には30分~1時間程度の審査で増枠を認めてもらえると思います急ぎなら急いでいる旨を伝えることで、早急に対応してくれる場合もあります。

もう一枚クレジットカードを作るのもひとつの手!

強制解約される可能性もあると聞くと、増枠申請はちょっとやめておきたいな・・・という方は、思い切ってもう一枚クレジットカードを作ってしまいましょう。利用限度額は高くはなりませんが、こちらであれば仮に入会審査に落とされてしまったとしても保有カードを失わずに済むため、最悪の事態だけは避けることができます。

オススメのサブカードはこの2枚

学生がカード限度額を上げたい時は、海外旅行に行くなどのシーンが多いと思います。発行スピードも速く、海外旅行時の保険や各種サービスが充実しているセゾンブルー・アメックスが1番のオススメです。スタイリッシュでかっこいい券面デザインのため持って使っても恥ずかしくないカードです。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

amex

年会費 26歳まで無料!
還元率 0.5~1.08%
発行まで 最短即日発送
強み 海外旅行利用での強みと、アメックスブランドの高級サービスが得られること

btn_free_regist

VIASOカード(年会費無料・ネット通販に強い!)

viaso_01
サブカードでもうひとつ、人気急上昇中なのが三菱UFJニコスのVIASO(ビアソ)カードです。eショップ利用すれば、ポイント還元が追加で加算:Amazon.co.jpや、Yahoo!ショッピング、楽天市場などなどネットショップで最大10%以上のポイント還元!

499801

年会費 年会費無料!
還元率 0.5%~最大10%まで!
発行まで 最短1営業日で発行!
強み キャッシュバックが熱い!海外保険もしっかり付帯。

btn_free_regist

利用限度額は高ければ高いほどいい!?

利用限度額に達してしまうとカードが使えなくなってしまうので、利用限度額は多い方が良いように思えます。しかし、リスクを考えると、一概に高ければ高いほどいいとは言えなくなってきます。あまり利用限度額が高すぎると、利用限度額いっぱいになるまで使いすぎてしまうこともあります。

クレジットカードは、現金を使うのとは違ってお金を払っている実感が薄れてしまうので、クレジットカード初心者にとっては限度額を恒久的に引き上げることはあまりおすすめできません。さらに、一応保険はありますが、第三者に不正に利用されてしまうと、大抵は利用限度額いっぱいまで使われてしまう可能性も、ゼロとは言い切れません。

ですから、このようなリスクを少なくするためにも、利用限度額が多すぎるのも考えものになってきますよね。利用限度額は減らす(引き下げる)ことも可能です。限度額を引き上げてもらうときと同じように、カード会社に連絡することで利用限度の引き下げに対応してくれます。ちなみに、キャッシングできる金額も減らすことができるので、キャッシング枠を利用しないという人は、0円にしてもらうと良いと思います。

利用限度額の理想はいくら?

利用限度額は高すぎても低すぎても良くなく、ちょうど良い金額が理想なのはわかってもらえたと思います。じゃあ、いったいいくらがいいのか?となると思います。その人次第になるので難しいですが、一応目安となる考え方はあります。

目安として、月10万円使う人なら最低30万円くらいは利用限度額が欲しいところです。当月と翌月分は最低限必要で、さらに少し余裕を持って、ひと月に使う金額の3倍位がちょうどいいと思います。まだ学生の方は旅行に行く時だけ、などの一時的な利用限度額の引き上げは賢い使い方と言えますね。

それ以外の方法として、もっと確実なものがありますが少し時間がかかります。とりあえずカードを使っていき、利用限度額が多すぎると思った場合は少しずつ下げていく、ということをしていきます。こうすれば、自然と調度良い金額に調整されていくので確実性は高いです。

特に学生カードでは基本的に限度額が10万円固定のものが多いのですが、最大で恒常的に30万円まで限度額引き上げは可能なカード会社もあります。※その場合は親権者の同意書があれば可能という条件付きです。

学生なのでそもそも収入が無いので高額な設定はできません。万が一30万円以上の出費が必要な場合はカードを数枚用意するか、親権者が本会員のクレジットカードの家族カードを利用することをオススメします。ただし、家族カードの場合で、限度額設定が高額になっている場合は、使えるからと言ってご両親と決めた金額以上の浪費をしてしまう可能性があるの十分に気を付けてくださいね。

海外旅行の傷害保険、自動付帯・利用付帯の違いは?傷害申請はどのようにする?

sticking-plaster-155795_1280

海外での保険のあれこれ

海外旅行は慣れない土地や、言葉が通じない土地へ旅行をするという事は楽しみの半面、分からない事が沢山あるので何かあったらという不安は多いと思います。海外でいざというときに必要な保険は様々なものがあり、細かく確認しておかないといけないことがいくつかありますので事前に確認してみましょう。

海外旅行損害保険の種類

正式に海外旅行損害保険と呼ばれる保険です。保険内容は様々なものがありますが、

  • 旅行中に起きたケガにより死亡した場合の補償:傷害(死亡)
  • 旅行中病気により死亡した場合の補償:疾病(死亡)
  • 旅行中ケガで障害が残った場合の補償:傷害後遺障害
  • 旅行中のケガ・病気の治療費保障:傷害・疾病(治療)※持病は含まれないこと多い
  • 旅行中のケガ・病気で入院した時に一時金の支払い:入院一時金
  • 旅行中のケガ・病気になり家族が駆けつける費用:救援者費用
  • 旅行中、人身や他人の持ち物、公共物等壊してしまった時にかかる費用:賠償責任※法的に責任が発生した場合
  • 旅行中に携行品が盗難などの事故にあい損害を受けた費用:携行品損害
  • 旅行中航空機に預けたが目的地への到着が遅れた場合、身の回り品など必要に応じ購入したものの費用:航空機寄託手荷物遅延
  • 予定の航空機の到着が遅れた場合、搭乗していた航空機が目的地への到着が遅れた場合の宿泊費や食費などの費用:航空機遅延

等が一般的に 『海外旅行損害保険』と呼ばれる保険で補償される大まかな項目になっております。保険の種類によってこれはあるけどこちらは付帯されていない物も多くありますので、必ずどんな場合に適用されるか?という項目と、不適用のケースの内容は確認して契約してください。

自動付帯・利用付帯の違い

『自動付帯』はクレジットカードが発行されている時点で自動的に付帯されている保険。注意点はクレジットカードによって上記で紹介させていただいた保障が付いているものと無いモノとがあるのできちんと確認が必要です。

『利用付帯』は旅行時の移動手段で使う公共交通費用、ツアーパッケージ代をクレジット決済にしてはじめて適用になる保険です。(カードを利用して適用される保険)メリットはクレジットカードを使用することで補償額が上乗せされる場合がある。デメリットはクレジットカードで保険会社で認めている公共交通機関にてのカード利用をしないと適用されない、カードを複数枚持っていく場合はそれぞれ使用していないと適用されないことです。

障害申請方法

万が一海外旅行先で事故にあった場合の申請方法です。

事故にあって30日以内に保険会社へ連絡して保険金請求書を送付してもらってください。その請求書にて保険金の請求が可能になります。その他必要な書類を準備してください。基本的に領収書は全て保管しておくのと、損害物の修理費用などは見積書なども保管しておく必要があります。付帯されている保険内容によって異なりますのできちんと事前に確認をしておくことをオススメします。

保険に強く、海外・飛行機と相性がいいクレジットカードはJALカードnavi(学生専用)

jalcard_sum

年会費 在学中無料!
還元率 1.0%~最大4.0%
マイル カード利用100円で1マイル!
強み 付帯保険の充実。海外国内旅行にバリバリ強いカード

btn_free_regist

学生旅行に、クレジットカードを持っていくべき理由!為替・保険

どんな現金派でも必読。海外旅行ではクレジットカードを利用すべき3つの理由

最近では日本人の約90%が保有しているとの統計データもあるクレジットカード。平均保有枚数も3.3枚となっており、クレジットカードでの支払いはもう当り前になっていますよね。しかしながら、クレジットカードは使いすぎるのが怖い、お金を支払っている感覚が無いからイヤという理由で、支払いはもっぱら現金という断固現金派の方も多いのではないでしょうか。

PP_tobitatuhikouki500-thumb-750x500-171

そんな方でも、少なくとも海外旅行に行ったときだけは、クレジットカードが断然オススメという理由を3つご紹介いたします。お会計のたびにレジで慣れない外国通貨を出すのにまごまごするというのも海外でクレジットカードを使う大きなメリットではありますが、それ以上にクレジットカードには海外旅行で重要な役割を持っています。そのため、もし海外旅行に行く予定があって、万が一クレジットカードを持っていないという方は、パスポートを作るのと同じくらいクレジットカードを作ることも非常に重要ですので、ぜひこのまま読み進めてみてください。

理由1:海外ではそもそも現金を持ち歩くこと自体が危険

クレジットカードの一番の特徴といえば、現金が無くてもお買い物ができることですよね。日本国内であれば、この特徴は手持ちの現金が少ない時の補助や、高価なものを購入する時の支払い猶予として機能しています。ところが外国では、日本ほど治安が良い地域は少なく、多額の現金を持ち歩いていること自体がとてもリスクになります。そのため、海外旅行では、支払い猶予の必要がなくても、安全策として現金の代わりにクレジットカードを持ち歩くということが大切になります。

理由2:為替手数料がお得

ニュースなどで為替相場を耳にすることがありますよね。「ドル円相場は1ドル=120円の円安ドル高~」とよく報道されています。こう聞くと、120円あれば1ドルと交換できると考えますが、実際は交換できません。なぜなら交換には手数料がかかるので、120円だけでは1ドルに満たないからです。しかも、円をドルに変えるときとドルを円に変えるときの両方にそれぞれ手数料が発生します。これがクレジットカードなら、為替手数料は決済時のみなので現金よりもとってもお得になります。

理由3:クレジットカードには保険が付いているものがある

クレジットカードの中には、海外旅行の損害保険サービスが付帯されているものも多くあります。これによって、日本の健康保険が使えない海外での診療も補償金額の範囲内で補償してもらえます。ちなみに、損害保険は旅行会社で旅行を申し込んだときにもオプションで付けるか尋ねられるケースもありますよね。もちろん、このときに保険を申し込んでいただければ問題ないのですが、旅行費用を1円でも節約したいと考える学生の方は、この旅行会社の損害保険を付けないことも多いのではないでしょうか。全くの無保険では万が一何かがあった時に多大な金銭的負担をすることにもなりかねませんので、保険の意味でも海外旅行にクレジットカードを持っていくことはとても重要です。

まとめ

海外旅行にクレジットカードを持っていくべき理由はご理解いただけましたでしょうか。簡単にまとめるとこのようになります。

  • 大きな現金を持ち歩かなくてよくなる(安全面)
  • 為替手数料がお得になる(経済面)
  • 損害保険が付帯されている(補償面)3

このように海外旅行にクレジットカードを持っていくことには大きなメリットがありますので、現金派の方もぜひ海外旅行のときはクレジットカードを作って持っていくことを覚えておいてください。