歴史

クレジットカード誕生の歴史、カード会社設立や日本での普及はどのように進んだのか?【お勉強記事】

大手先はアメリカが発祥

ここではクレジットカードの歴史についてご紹介します。クレジットカードの歴史はアメリカが発祥と言われています。皆さんもVISAやMASTERを見ているとアメリカかなときっと思いますよね。

1950年代の世界は、第二次世界大戦が終わり、朝鮮戦争が終わった頃にアメリカのダイナースクラブが設立されました。また当時のクレジットカードは今のようなクレジットカードではなく、富裕層向けに旅行や娯楽の為に使われていました。「T&Eカード(トラベル&エンターテイメントカード)」と呼ばれていました。

そしてほぼ同時期の1958年にアメリカンエキスプレスも設立されています。当時から両社とも富裕層をターゲットとして会員数を増やしてきたようです。

ダイナースのPR戦略

創設者の1人であるF・マクナラが、レストランで会食をしていた時、財布を忘れて支払いをすることが出来ませんでした。F・マクナラは家にいる妻に連絡を取り、財布を持ってきてもらい、無事に支払いを済ますことが出来ました。単に現金の持ち合わせが無いだけで、恥ずかしい思いを他の人にさせたくない。その思いから、友人とダイナースクラブを設立したのでした。
参考:http://card-professor.jp/entry-43/

これはよく聞くダイナースクラブの誕生秘話ですが、実はこれPR戦略だったのです。当時ダイナースの広報係りだった、M・シモンズが、ダイナース社のPRの為に新聞記者に語ったシナリオでした。

ダイナースクラブが誕生した本当の理由は、経営不振に陥ったF・マクナラの会社を立て直すために考え出された、世界で初めての画期的な「確実に儲かるビジネスモデル」だったからなのです。

しかし、現在でも本当の物語については触れられることなく、PR用のシナリオが表舞台でダイナースの歴史として語り継がれているのです。こうしてダイナースクラブが誕生し、ビジネスとしてのクレジットカードを誕生させたことで、他社の競合が始まり「アメリカン・エキスプレス」「MasterCard」「VISA」と、現在の有名国際ブランド会社が誕生することとなりました。この物語が事実ではなくPR戦略だとしても、クレジットカードの普及に繋がったことですから、歴史を動かした素晴らしいお話しだと思います。驚きですよね!

VISAとMASTERの歴史

またVISAの前身である、バンクオブアメリカが発行したバンクカードが現在のクレジットカードに近いもので、様々な商品が購入できました。

そしてバンクオブアメリカに対抗してニューヨーク州やカリフォルニア州が対抗して新しくマスターの前身であるマスターチャージという組織を作り、マスターカードを発行しています。

そして1970年代に入ると、現在のVISAとMASTERが主流となり、国際ブランドとしての地位を高め始めました。
gc10

クレジットの仕組みは昔からあった。日本編

日本では戦前から月賦販売という、商品を購入した時に月々の払いをする=月賦という販売スタイルができていました。当時は呉服屋の丸善が毎月分割で商品を販売していた事が最初と言われています。この頃の、割賦や月賦と称されていた支払いシステムをクレジットと呼ぶようになったのです。

そして1950年に入り丸井(現在のエポスカード)、丸與(現在のOMCカード)、緑屋(現在のクレディセゾン)など従来から月賦販売を行っていた会社がクレジットカード事業に参入しました。そのあとは日本信販(現在のニコスカード)が進出しています。この頃の、割賦や月賦と称されていた支払いシステムをクレジットと呼ぶようになったのです。

銀行系が参入する1960年代

1960年代に入り、アメリカのクレジットカードが日本へも普及し始めます。1960年には現在のJTBと富士銀行(現在のみずほ銀行)によってダイナースクラブの日本法人が設立され、翌年には早速クレジットカードを発行しています。そして1963年には世界初のプラスチックのクレジットカードを発行しています。当時はプラスチックでなく、紙で作った会員カードがクレジットカードとして対応していたそうです。

忘れてはならないJCBの前身は日本信販と三和銀行(三菱東京UFJ銀行)が設立しました。当時の社名の省略形は現在の名前と一緒ですが、日本クレジットビューロー(JCB)という名でした。三井住友カード、ダイヤモンドクレジット、ミリオンカード(現在の三菱UFJニコス)も設立しました。

【注目!】日本のクレジットカードの最大の歴史を作った伝統のJCBカードを作るならこちらから。

年会費 初年度無料、2年目以降も条件つき無料
還元率 0.5%~最大2.5%
発行まで 最短3営業日発行
強み 保険・還元率・カードデザインのバランスの良さ

※JCB一般カードのスペックです。

かわいいディズニーのデザインカードも選べます♪ 
詳しくは公式サイトでチェックしてみてください。

ANAマイレージクラブ機能搭載のJCB OSカードはこちらからどうぞ。

btn_free_regist

1961年以降に、三菱東京UFJ銀行の前身である三和銀行や日本信販がカード会社を設立したのを筆頭に、東武百貨店・小田急百貨店・松屋がそれぞれハウスカードを発行しました。さらに、伊勢丹・松坂屋・京王百貨店・近鉄百貨店が相次いでクレジットカード業務に参入することとなり、百貨店業界にクレジットカードが一気に広まり、浸透しました。その後は、1960年代半ばにおいては有力大手銀行がクレジットカードを発行するにいたり、そのムーブメントは中堅銀行や地方銀行へと急速に波及したのです。

国際化が見える1970年前後

1967年にはJCBとアメックスが提携し、海外で1ヶ月だけ使える海外専用カードを発行しました。

1970年代にはアメリカの2大企業VISAとMASTERとの連携が見えてきます。それまでは日本のクレジットカード会社が発行していたクレジットカードは日本国内でのみ使用できました。その頃唯一海外で使用できたのが、日本ダイナースクラブだけでした。

1973年にはUCカードがMASTERカードの国際組織に加盟し、海外に行ってもクレジットカードが使える国際カードの発行を開始しました。そして現在の三井住友ビザカードの前身である住友クレジットサービスもVISAに加盟し、国際カードの発行を開始しました。

定着したクレジットカード

1980年に入ると現在のクレジットカード業界とほぼ近くなります。ほどんどのクレジットカード発行会社がVISAやMASTERの国際ブランドとの提携を始めます。クレジットカードはもはや珍しいものではなくなるとともに、ちょうどその頃、銀行法が改正されたのです。銀行におけるクレジットカード業務が付帯業務として認められるようになったこの法改正をきっかけに、銀行本体によるクレジットカードの発行が始まりました。

また住友クレジットサービスが銀行などの金融機関と提携してVISAジャパンを設立し、VISAマークがついたクレジットカードを多く扱えるようになりました。

逆にMASTERはUCカードとダイヤモンドクレジットと提携し、MASTERブランドを扱うようになりました。当時のカード会社はVISAかMASTERブランドどちらかのクレジットカードしか発行ができないという規定がありました。しかしながら、高度経済成長期に入ってどの会社も提携すれば、VISAもMASTERもとちらでも扱えるようになってからはクレジットカードの発行枚数は一気に増加しました。

流通系カードの台頭

ここまでは金融機関系列のクレジットでしたが、1980年代は流通系カードと呼ばれるクレジットカードが台頭した年でもあります。現在の西部クレジット(クレディセゾン)、日本クレジットサービス(イオンクレジットサービス)が設立された時代でもあります。

また1987年には日本国内で発行されるクレジットカードの枚数が初めて1億枚を突破し、クレジットカードが本格的に浸透しはじめた年といえます。

そしてこの時代にはアメックスが初めてのゴールドカードを作成しました。もともとアメックスは旅行と娯楽に特化したカードであったからこその更なるハイステイタスなカードという発想になったのでしょうね。

他業種や新商品が開発される現代

2000年に入ると、バブル崩壊により多くの会社が倒産し合併をしました。現在は銀行系には必ずクレジットカードがあり、例えば三菱東京UFJ銀行は三菱UFJニコス、三井住友銀行では三井住友カード、みずほ銀行はUCカードとなっています。

またこのころからクレジット会社でなく異業種の参入が増えてきました。2001年にはトヨタファイナンスがクレジットカードを発行しました。またビューカードなどの交通系クレジット会社も台頭しました。

そして近年ではクレジットカードを発行しなくてもクレジット決済ができるおサイフケータイなどのクレジットカードがなくてもクレジット決済ができるようになりました。

さらに、クレジットカード会社の淘汰が進んでいき、そのなかでも2001年、アイフルによる信販大手のライフ買収は、大きなニュースとなりましたよね。また、銀行の統廃合によるメガバンクの誕生と、それにともなうカード事業の統合が進んだのもこの頃です。三井住友カードなどはその象徴のひとつと言えるでしょう。

今後はもっともっと、クレジットカード・キャッシュレス決済が普及するはず!

今後ますます支払方法としてのクレジットカードが一般に普及したり、カードレス・キャッシュレスの手段が増えるでしょう。さらには新しい業種の会社がクレジットカードを発行するでしょう。アメリカに比べて日本は現金社会と言われています。今ではクレジットカードが当たり前になっていますが、今後もっと予想もしないところで使えるようになるでしょう。

東京オリンピックが開催される2020年に向けてクレジットカードも変わっていく!?

国立競技場問題やエンブレムの問題などで、2020年に開催される東京オリンピックに向けて騒がしい昨今ですが、クレジットカード市場も変化しているのです。メディアなどで報道されないのであまり広くは知られていませんが、実は日本に来る外国人観光客の方々が利用しやすいように、クレジットカードのインフラ整備が着々と進められています。

周囲のクレジットカードの利用環境をこれから良く見ておけば、「こんなショップでも利用出来るのか!」と、変化に気付けるようになると思います。変化に対応できるかっこいい大人になれるように、今のうちから周囲に目を向けておきましょう。

1枚目クレジットカードにオススメ!伝統の三井住友VISAデビュープラスカード【公式サイト】

0d0a2323-2b8b-4c8e-b91e-b065c104a6cc

年会費 初年度無料、翌年以降も1回使えば無料
還元率 1.0% ※入会3ヶ月は2.5%
発行まで 最短3日
強み 鉄壁の不正利用対策、ショッピング補償100万円

smp_arrow
btn_free_regist

超有名カード三井住友VISAカードの歴史沿革・運営会社・加盟店数・会員数・取扱高

超有名カード!三井住友カードについて

一般的な生活をしている方において、三井住友VISAカードを知らない人はまずいないのではないでしょうか。それだけ日本では知名度があり、歴史も古く、広告宣伝も多く見かける「三井住友VISAカード」。

文字を見るだけであの印象的なCMのリズムも頭に流れてきますよね。今回はそんな超有名カードの三井住友VISAカードについて詳しく見ていきます。

三井住友VISAカードの概要

三井住友VISAカードは三井住友カード株式会社が提供するクレジットカード。なんと日本で初めてVISAと提携した名実ともに老舗のクレジットカード会社です。通常のカード発行のほか、2005年にはNTTドコモと提携して非接触型のクレジット決済方式iDを展開。新しいことにも積極的に挑戦し、常に業界をリードし続けるクレジットカードとなっています。

歴史

1967年(昭和42年)12月26日に現在の三井住友カード株式会社の前身となる株式会社住友クレジットサービスが設立。翌年の1968年(昭和43年)6月にカードの発行が開始されました。その後、2001年(平成13年)にさくらカード株式会社のUCカード事業を譲り受け、商号を現在の三井住友カード株式会社に変更。現在に至ります。

2005年にはNTTドコモ、2006年にはビットワレット(現楽天Edy)、2008年にはイオン株式会社と提携するなど非接触決済の分野へも積極的に進出。同2008年には中国で圧倒的シェアを誇る銀聯ブランドのカードも発行するなど、常に新しいことにチャレンジしています。

https://www.smbc-card.com/mem/company/info/enkaku.jsp

運営会社

運営会社は三井住友カード株式会社。意外にも株式は上場されていませんが、従業員数2,392名、資本金340億円、営業利益1,900億円と日本が誇る巨大クレジットカード会社となっています。

本社は東京港区と大阪市中央区の2本社体制。その他、東日本と西日本にそれぞれいくつかの地域拠点を置き、国外ではアメリカ合衆国とシンガポールに拠点を構えています。

https://www.smbc-card.com/mem/company/info/outline.jsp

加盟店数

三井住友カードの加盟店数は約400万店舗。日本の全商業とサービスの活動動向を考えると少し少ない印象も受けますが、これはあくまで三井住友カードとしての加盟店数。実際は三井住友カードが提携している全国のVISAやJCBの加盟店で三井住友カードが利用できますので、ほぼ日本中で使えると考えて問題ないです。

https://www.smbc-card.com/mem/company/info/data.jsp

会員数

会員数は2014年度で2,349万人。日本の労働生産人口は約8,000万人ですので、実におよそクレジットカードを所有している人の4人に1人はこの三井住友VISAカードを所持している計算になります。まさに日本を代表するクレジットカードといえますね。

https://www.smbc-card.com/mem/company/info/data.jsp

取扱高

取扱高は2014年度で約10兆円!しかも2011年からの推移では毎年コンスタントに1兆円ずつ取扱高を伸ばしており、今もなお成長を続けるクレジットカード会社といえます。

https://www.smbc-card.com/mem/company/info/data.jsp

三井住友VISAカードの基本スペック

三井住友VISAカードは入会金が無料です。もちろんですが、発行時にも事務手続きにもお金はかかりません。

また、初年度の年会費はほとんどのカードが無料になります。各種割引が用意されていますが、2年目以降は原則1,250円(税抜)の費用が年会費としてかかってきます。(割引については次の章で紹介します。)また、解約にかかる費用は一切かからないので、使わなくなったらすぐに解約しても問題はありません。

そして、三井住友VISAカードには多種多様な種類があります。

  • 三井住友VISAクラシックカード
  • 三井住友VISAクラシックカードA
  • 三井住友VISAデビュープラスカード
  • 三井住友VISAアミティエカード
  • 三井住友VISAエブリプラス
  • 三井住友VISAエグゼクティブカード
  • 三井住友VISAプライムゴールドカード
  • 三井住友VISAゴールドカード
  • 三井住友プラチナカード

クラシックカード、クラシックカードA、デビュープラス、アミティエカードにはそれぞれ学生カードもあります。もちろん、三井住友VISAカードは引き落とし口座が三井住友銀行でなくてもOKです。ですから三井住友銀行に口座がなくても作れます。

年会費が割引される制度も

前章でお話ししたように、三井住友VISAカードを保有するためには年会費が毎年かかってくるわけですが、この金額を割引してもらう制度が実は用意されています。一番利用しやすいのはネット利用明細書を利用した場合に受けられる最大で1,000円(税抜)の割引ですね。

これは三井住友VISAカードを利用した場合の明細書を、郵送ではなくインターネット上で確認するようにすれば受けられる割引特典なので、パソコンやスマホを使いこなせるという方であれば設定をおすすめします。

カード発行までのスピードが早い!

三井住友VISAカードは、ネット申込をしてから自宅に届くまでの期間が短いことでも有名です。インターネットで申し込みをすると、最短3営業日でカードを発行し、約1週間でカードが家に届きます。たとえば、平日の月曜日に申し込みをした場合には水曜日には発行が完了し、郵送手続きをしてもらえることになりますね!

また、お引落し口座の設定もインターネット上でできるので、来店の手間も署名や捺印の手間もなく簡単に手続きを完了させることができます。つまり、銀行に行けな・・・くても大丈夫!

ワールドプレゼントが貯まる!

一般のVISA加盟店で三井住友VISAカードを利用すると、1,000円につきワールドプレゼント1ポイントが付与されるのが基本です。1ポイント5円相当なので基本的には還元率0.5%です。

この「ワールドプレゼント」とは、三井住友カードのポイント・プログラムです。カードの種類によっては、ポイントが増額されます。また、リボ払いの月はポイントが2倍となります。また、一人暮らしの学生さんには嬉しいのが、携帯電話・電気・水道・ガス・放送料金の支払時も、ポイントが付与されるということです。ワールドプレゼントの主要なポイント交換先は以下のとおりです。

ppp

カードをなくした!?・・・でも大丈夫!!

これも安心な要素のひとつですが、三井住友VISAカードには盗難保険が付いているという点です。盗難保険というのは簡単にいうと、万が一、あなたが三井住友VISAカードを落としてしまったり、盗まれてしまった時に損害を補償してくれる保険です。仮にあなたのカードが悪用されて30万円使われてしまったとしても、この盗難保険を申請しておけば自己負担は0円で済むようになります。とてもありがたいですよね。

まとめ

日本では超有名カードである三井住友VISAカード。クレジットカードの取り扱いは昭和43年からと歴史が古く、また現在の取扱高は10兆円超えとまさに日本を代表するクレジットカードであると言えます。また、非接触決済や中国の銀聯カードの取り扱いなど新しいことにも常に調整をしつづけており、取扱高も2011年から毎年1兆円ずつ伸ばしている今もなお成長をし続けているクレジットカードと言えます。

今までもなんとなく有名で信頼できるカードなんだろうと思っていたかも多いかと思いますが、この詳細を知ってさらに三井住友VISAカードに対する信頼感がアップした方も多いのではないでしょうか。取扱高10兆円超えの背景にはこうした伝統とチャレンジし続ける姿勢があったということですね。

三井住友VISAデビュープラスカードを作るなら、こちらから

年会費 初年度無料、翌年以降も1回使えば無料
還元率 1.0% ※入会3ヶ月は2.5%
発行まで 最短3日
強み 鉄壁の不正利用対策、ショッピング補償100万円

smp_arrow
btn_free_regist

学生から大人になっても長く使える!三井住友VISAデビュープラスカード