クレジットカードは入会すると問題がない限りそのまま自動更新されて、ずっと使い続けることができるので便利です。しかし、キャンペーン目的で入会したり、無理やり取引先に勧められたりといった場合、そのまま使わずに放置していることがあります。クレジットカードは使わなくてもそのカード利用枠の金額が「使える金額」として認識されます。

クレジットカード審査では使っていないカードの利用枠も他社利用として計算されるので、使っていないクレジットカードも多すぎると却下理由になることもあります。それを防ぐためには使わないクレジットカードを作らないことと、作ってしまった場合は解約をすることが必要です。今回はクレジットカードの解約と強制解約に関する解説をしましょう。

クレジットカードの解約で注意する点

強制解約は別にして自発的にクレジットカードを解約するときは、そのクレジットカードを全く使っていない場合やトラブルなどがあってそのクレジットカードを使いたくなくなったという場合が考えられます。使っていないクレジットカードの解約は手続きをすればいいですが、トラブルが原因の場合残高が残っていることがあります。

クレジットカード解約時には残高は一括払いが原則

クレジットカードを解約するときに残っている残高は原則一括払いになります。このときに注意しなければいけないのは、まだ請求処理されていないカード利用がある場合です。加盟店の都合によってカード利用してから請求処理されるまでの期間が長いことがあります。そのため一括で支払ったつもりでも後から追加の請求をされることがあるのです。

一括する場合はカード伝票の控えなどと請求をチェックすることをおすすめします。カード伝票は保管していないけれども利用した記憶があるものが請求明細にない場合は、その後再度請求があるかもしれないことを覚えておきましょう。クレジットカード会社としても加盟店から請求データが届いていないものを請求することはできないのです。

クレジットカード会社によっては契約継続したまま解約が可能

クレジットカード会社によってはクレジットカード契約を持続したままで、クレジットカード本体の返却ができることがあります。この場合は今まで通り支払いを続けられますが、クレジットカードを返却して退会処理がされているので新たに利用できません。新規利用がないので残高が確定でき、返済も分割やリボ払いのままできます。

クレジットカードを解約するとポイントも消える

クレジットカードを解約すると、基本的にはそれに付随するポイントも失効します。そのため商品交換できるほどポイントが貯まっているのであれば、解約申請前にポイント交換をしておきましょう。せっかく貯まったポイントを無駄にすることはありません。商品交換するほど貯まっていないときや、商品交換してもポイントが余ってしまう場合は、ほかのポイントに移行するという方法もあります。ポイント移行にも移行単位が決められていることが多いですが、最低移行ポイント数をチェックしてみて商品交換より低い場合は、ポイント移行を選びましょう。

なお、カード年会費をすでに支払っている場合は、年会費はほとんど戻ってこないということを頭に入れておきましょう。解約時期が選べるのであれば年会費の引き落とし月の前に解約するほうがいいでしょう。選べない場合は、年会費はあきらめるしかありません。クレジットカード会社にしてみれば解約はカード会員の都合でしかないので、年会費を返還する義務もありません。

公共料金などのクレジットカード登録に注意

公共料金やオンラインのレンタルサービス、携帯料金、新聞代といったサービスの登録しているクレジットカードを解約する場合はかなり手間がかかります。

クレジットカードの解約前に別のクレジットカードに変更するか、銀行の口座振替といった別の決済方法に切り替えする必要があります。これを忘れてしまうと未払いの扱いとなってしまうことがあるので注意しましょう。口座振替の場合は手続きの申請から1か月ほどかかるのが一般的です。その間は振込用紙で支払うことになります。

こうした手間はすべてのサービスに対してかかるので、時間的に余裕があるときでないとできません。しかし、早めに手続きをしないと返済にも影響するので、クレジットカード解約の理由とこれらの手間を天秤にかけて、解約の必要があるのかよく考えましょう。

使っていないクレジットカードの解約をおすすめする理由

使っていないクレジットカードでもクレジットカード審査では、カード利用枠が残高とみなされます。そのため残高のないクレジットカードでも必要以上の枚数を保有していると、新規申し込みをするときに却下材料となることがあります。

割賦販売法(かっぷはんばいほう)では割賦利用可能枠が決められている

クレジットカードの利用枠は新規申し込み時に審査によって決められますが、それ以外に割賦販売法で定められた「分割払いが可能な利用枠(割賦利用可能枠)」も決まります。割賦利用可能枠を超えて1回払い以外の利用をすることはできないので、新規申し込み後も増枠申請やカード更新時にチェックすることが義務付けられています。

つまりクレジットカードを作ってから、使っていない他社カードが増えてしまうと、肝心のメインで利用しているクレジットカードの利用枠が下げられてしまうことがあります。それを防止するためには使っていないクレジットカードは解約しておく必要があります。残高もないクレジットカードなので、解約する場合に注意する点はありません。

使っていないクレジットカードはキャッシング枠にも影響する

割賦販売法以外に貸金業法でも規制が行われています。貸金業法ではカードキャッシングが規制の対象となります。キャッシングや融資、カードローンといった銀行以外の貸金業者が貸付できるのは年収の1/3以内と決まっています。例外や対象外はありますが、一般的に資金使途自由の融資はすべて対象と考えてもいいでしょう。

この1/3に含まれるのは実際に借り入れした残高ではなく、カードローンやカードキャッシングの場合は利用枠となります。つまり使っていないキャッシング枠のあるクレジットカードは持っているだけで計算対象となるのです。こうしたキャッシング枠は定期的に審査されているので、ある日突然キャッシング枠の停止という通知が来ることもあります。

キャッシングを利用するという人は年収の1/3の範囲内にキャッシング枠が収まっているかどうかをチェックして、オーバーする場合は不要なカードを解約しましょう。

クレジットカードの強制解約を避けよう

クレジットカードの会員規約違反をするとクレジットカードは強制解約されます。クレジットカードを返却する義務が生じで、残高がある場合は一括で請求されることになります。もちろんそれまで貯まっていたポイントもすべて失効となり、いいことは一つもありません。この強制解約の原因となるのは具体的にどんな場合でしょうか。

最も多いのは返済遅延による強制解約

クレジットカードの支払い遅延にはいくつか段階がありますが、1~2週間程度の遅れは、一時的にクレジットカードは使えなくなりますが、未払いを解消すればまた使えるようになります。このタイミングはクレジットカード会社によって全く違いますが、1週間の遅れでも強制解約の可能性はあるので注意しましょう。一般的には1か月以上の遅れになるとクレジットカードは未払いを解消しても強制解約となってしまいます。

楽天カードは入会しやすいので有名ですが、その代わり入会してからも定期的に審査(途上与信)を行っていて、ある日突然クレジットカードが使えなくなることがあります。つまり途上与信で強制解約をするかどうかを審査しているのです。一度強制解約になると、他社でもその情報は確認できるので、他社への新規カード申し込みにも大きな影響があります。

カード会員規約違反で強制解約

クレジットカードの申し込みをしたときに申込書の記載内容に虚偽があった場合も強制解約の対象となります。特に未成年が親に内緒でクレジットカードを作るために、生年月日などを虚偽記載すると強制解約となる可能性が高いでしょう。親の追認によってそのまま継続するかどうかはクレジットカード会社次第です。

未成年でなくても勤務先や年収といった収入に関わる項目を虚偽記載すると、それが発覚した場合強制解約となる可能性が高くなります。クレジットカード申込書は必ず事実に基づいて記載しましょう。

解約時に手持ちのカードを見直し!2-3枚解約して素敵なカードを1枚追加するのはアリかも。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード(海外旅行の味方!)

学生にも人気、海外旅行が好きなら持っておきたいセゾンブルーアメックス。発行スピードも速く、海外旅行時の保険や各種サービスが充実しているセゾンブルー・アメックスが1番のオススメです。スタイリッシュでかっこいい券面デザインのため持って使っても恥ずかしくないカードです。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードについてもっと詳しく勉強する → 学生でもアメックスが持てる!?セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは海外旅行を強力サポート!

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

amex

年会費 26歳まで無料!
還元率 0.5~1.08%
発行まで 最短即日発送
強み 海外旅行利用での強みと、アメックスブランドの高級サービスが得られること

btn_free_regist

VIASOカード(年会費無料・ネット通販に強い!)

viaso_01
サブカードでもうひとつ、人気急上昇中なのが三菱UFJニコスのVIASO(ビアソ)カードです。eショップ利用すれば、ポイント還元が追加で加算:Amazon.co.jpや、Yahoo!ショッピング、楽天市場などなどネットショップで最大10%以上のポイント還元!

入会キャンペーンも激アツ!いきなり最大6,000円相当プレゼント中という太っ腹なカードです。VIASOカードについてもっと詳しく勉強する → VIASOカードはVIASOeショップを駆使したキャッシュバックでお金が貯まる!ネットショッピング特化カード

499801

年会費 年会費無料!
還元率 0.5%~最大10%まで!
発行まで 最短1営業日で発行!
強み キャッシュバックが熱い!海外保険もしっかり付帯。

btn_free_regist

まとめ

クレジットカードをキャンペーンの特典を目的にして作ってしまうと、使わないクレジットカードがどんどん増えていきます。それを続けていると必ずクレジットカードが作れなくなる時が来ます。結局本当に自分が使いたいクレジットカードを作りたくても作れなくなってしまいます。また、クレジットカードだけではなく消費者金融会社の融資やカードローンも同様に作れなくなるでしょう。

しかし、それ以外でも会社のメインバンクに勧められたり、友人知人に頼まれたりといった断れないケースもあります。そうして作ったクレジットカードでも使えればそれに越したことはありません。メインカードをすでに持っていて使い道のないクレジットカードの場合は、初年度のうちに解約しましょう。次年度から年会費がかかるクレジットカードもそのうちに解約しようと思っていると年会費が請求されることになります。

クレジットカードはなるべく長く使えるカードを選ぶことが大切ですが、それでも解約の必要がある場合は今回の知識を生かしてスムーズに解約しましょう。