意外と知られていない!?クレジットカードよりも現金払いが推奨されるシーンがある

クレジットカード、毎日使っているでしょうか。これを読んでいる方の中にも、支払いはなるべくクレジットカードにして、ポイントをたくさん貯めようと日々生活している人も多いかと思います。

でも、世の中には必ずしもクレジットカードの支払いがベストとは限らない、現金払いが推奨されるシチュエーションもあるということはご存知でしょうか。そんなこと気にしたことなかったという方も意外と多いと思いのでは?ここではそんな現金払いが望ましいシーンにはどのようなものがあるかをご紹介させていただきます。

実は現金が好まれる寿司店や個人経営店

意外と知られていないのですが、お寿司屋さんや個人店ではたとえクレジットカードが利用できるお店であっても現金払いが一般的には推奨されています。せっかくクレジットカードが使えるのになんで?ポイントたくさん貯めたい!という方も多いでしょう。

でも実は、クレジットカードを利用するとお店側に負担がかかっているということをご存知でしょうか。そのため、大手企業やチェーン店が運営していない個人店などは、クレジットカードよりも現金で支払う方が、実はお店側には優しい対応となるんです。

クレジットカードで支払うとお店側はどうなるの?

では、クレジットカードでの支払いはお店側にどのような負担をかけることになるのでしょうか。大きく分けて次の2つのことが考えられます。

手数料がかかる

クレジットカードを利用するとき、1回払いで支払うと手数料はかかりませんよね。当り前のこと過ぎて考えたことが無い方も多かったと思いますが、手数料がかからないのってクレジットカード会社的にはどうなのでしょうか。

もちろん、クレジットカード会社もボランティアではありませんので、何かしらの方法で収益を上げないといけません。そこで、クレジットカード会社はカード会員からだけではなく、お店からも手数料を取ることにしています。つまり、クレジットカードを使ったとき、実はお店側はクレジットカード会社への手数料を負担しています。

入金サイクルが遅れる

クレジットカードで支払うと現金のやり取りがありませんよね。そこがクレジットカードの魅力ではあるのですが、実はそれが店側の負担になることがあります。なぜかというと、お店は仕入れなどで先に現金を使っているのに、クレジットカードで決済がされると入金が後日以降になります。

すると、入金タイミングにタイムラグが生まれ、「仕入れで現金を使ったけど、入金はしばらく先」という事態が発生します。これでは、ある程度の蓄えや余力がないと店側の手持ちの現金がピンチになってしまいますよね。そうなると、次の仕入れができず、経営自体も困難になり、最悪のケースではお店が潰れるということにもなりかねません。そのため、大手チェーンと比べて体力の少ない個人店は現金での決済がとても好まれます。

クレジットカード払いを断られることも・・・

飲食店によっては、クレジットカードでの支払いを断られる店舗もあります。クレジットカードが使えるお店、またはクレジット会社のステッカーが貼ってあるお店だから大丈夫・・・と安心してご飯を食べ、いざお会計をしようとカードを出したら「当店はお昼はクレジットカードが使えないんです」と言われてしまった、なんてこともあります。

夜は高級な店であっても、ランチは安くしていることが一般的です。これは、安いランチでお店を体験してもらい、本来の夜の高級な時間帯にて利用してもらおうという意味合いがあります。店側は、ただでさえ利益率が低いランチではあまりコストをかけたくないという理由により、ランチ時にクレジットカードの利用をいやがるのではと考えられます。

お昼はあくまで夜にお客さんを呼び込むための広告のようなものであるということですね。そう考えると、クレジットカードの支払いを嫌がる気持ち、分からないでも無いですよね。なるべく使うのを避けた方がいいでしょう。

クレジットカードでの支払いを断られなくても、7%や10%などの手数料またはサービス料を取られる可能性もあります。(クレジットカード会社の規約では支払い方法がクレジットカードで会った場合、公に手数料を上乗せ認められていないこともあり、グレーゾーンですが…)

お店側が気になるのはやはりクレジットカード会社への手数料だそう。支払う手数料は業種やカードブランドにより異なりますが、おおよそ3%~7%程度はお店からクレジットカード会社に払うことになっているのです。その分減ってしまう利益をカバーしようと、苦肉の策でサービス料として上乗せしているお見せは少なくありません。この場合、結局多く払うのはわたしたち客ですし、クレジットカードで支払うより現金で支払った方が良い気がしてきますよね。

みんなのクレジットカード拒否体験談

いくつか。

クレジットカードが使えるお店、またはクレジット会社のステッカーが貼ってあるお店だから……と安心してご飯を食べ、いざお会計をしようとカードを出したら「当店はお昼はクレジットカードが使えないんです」と言われてしまった……。

引用元:http://www.creditcard-staff.com/qanda/lunch_credit.htm

クレジットカードはランチメニューの場合は使えません!って言われました!
レストラン(visa加盟店)で¥2500円ランチメニューを
visaにてカード決済しようとしたところ、
「ランチメニューではカードは使用できません。」
と御店に言われ、その場は現金で支払ました。

引用元:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1290172742

これら、普通によくある話しです。前述の通り。

特にお寿司屋さんでは現金が好まれる理由

個人店ではクレジットカードよりも現金決済が好まれる理由がなんとなくご理解いただけたかと思いますが、これがお寿司屋さんだと特に顕著になります。なぜか?お寿司屋さんが仕入れるものはほとんどが鮮魚ですよね。つまり仕入れから販売までのサイクルが他の飲食店にくらべても特に短いんです。

そのため、入金のサイクルも短くないと現金がすぐに底を尽いてしまうので、すぐに現金が手に入らないクレジットカード決済はまさに死活問題。かなり経営に影響する大問題なんです。大手の回転寿司チェーンであってもクレジットカードが利用できないお店が多いのはこのためです。なので、特に個人のお寿司屋さんでは支払いは現金にするようにするのがマナーといわれています。

まとめ

クレジットカードが使えても、あえて現金で支払うことが推奨されるシチュエーションについてご理解いただけましたでしょうか。実はあまり知られてはいないですが、クレジットカードを利用するとユーザーが手数料を支払わなくても、お店側が手数料を支払っていて負担をかけていたんです。しかも現金の入金タイミングが遅れるので、特に個人店ではそのことが経営自体を圧迫する重大な事態になりかねないことも。

なので、現金で支払うことは、お店の負担を減らす意味でも、とても良いことだということをぜひ覚えておいてください。理想としては、個人店ではあえて現金で支払うことで、お店への感謝とリスペクトとを伝えていると考えられる素敵な大人を目指したいですね。これからはお店側の背景も考慮した支払い方法を選択するようにしてみてはいかがでしょうか。