年会費無料

学生専用!JALカードnaviの特典・キャンペーンを徹底解説。ほかの学生カードと比べて優れているポイントは?

jalcardcamp
JALカードには学生専用の「JALカードnavi」があります。このマイレージカードはクレジット機能付きで、JALを利用して帰省や国内外の旅行を予定している学生にとっては必需品とも言えるカードです。在学中は年会費無料でショッピングでもJALマイルが貯まり、学生専用のサービスも豊富です。今回はJALカードnaviについて徹底的に解説しましょう。

JALカードnaviの公式サイトはこちらから。

JALカードnaviの概要と特長

JALカードnaviの概要は次のとおりです。
■年会費は在学中無料
■申込資格:高校生を除く18歳以上30歳未満の学生(大学院、大学、短大、専門学校、高専4・5年生)で、日本に生活基盤があり、日本国内での支払いが可能な方
■利用可能枠10万円
■国際ブランド:VISA・マスターカード・JCB(ディズニーデザインあり)
未成年の場合は親(親権者)の同意が必要となります。家族カードは発行できず、卒業予定日の3ヶ月前で申込は締め切りとなります。

それでは次に、JALカードnaviのサービスやメリットをご紹介しましょう。

JALカードの基本サービス

■入会搭乗マイル:JALカードnaviに入会してから登場すると1,000マイル。さらに毎年初搭乗で1,000マイル。
■搭乗マイル:10%増し
■付帯保険:海外旅行傷害保険自動付帯。死亡後遺障害1,000万円、治療費用50万円、携行品損害15万円、賠償責任2,000万円、救援者費用100万円
■JAL/JTAの機内販売が10%割引
■国内空港店舗での割引や成田国際空港免税店での割引
■ホテルニッコー & JALシティの割引・特典
■JALパック(国内・海外パッケージツアー)の割引

年会費無料で海外旅行傷害保険が自動付帯され、搭乗マイル割増やボーナスマイルがあるだけでもメリットは大きいですが、さらにJALカードnaviだけの特典も数多く提供しています。自動付帯の保険サービスがメインカードとしてもうれしい特典ですね。学生年会費無料でこのサービスがつくのは圧倒的です。

JALカードnaviを公式サイトで詳しく見る

eJALポイントがもらえる

eJALポイントは1ポイント1円としてJAL航空チケットやパックツアー料金購入などに使うことができるポイントです。JALカードnaviに入会するだけで5,000ポイントをもらうことができます。このポイントを使って海外旅行費や帰省費用の節約がすぐできるというメリトがあります。

減額マイルキャンペーン

JALカードnavi会員専用の減額マイルキャンペーンが実施されています。これはJALマイルで交換できる特典航空券に必要なマイル数を減額するサービスで、国内の場合2区間6,000マイル、1区間4,500マイルで交換できます。国際便の場合は交換マイルが半額となります。キャンペーン期間が決められていますが、毎年延長しているので、次年度も継続する可能性は高いでしょう。

※2017年3月31日まで、2016年11月時点の情報です。前述の通り随時継続されることが予想されます!

JALカードnaviだけのサービス

JALカードnaviの学生向けサービスは少しやりすぎと思えるほど豊富にあります。特にショッピングでJALマイルを貯めるには最適のクレジットカードです。

JALカードショッピングマイル・プレミアム無料

JALカードnaviのショッピングマイルはカード利用100円で1マイル付きます。これは年会費3,240円の「JALカードショッピングマイル・プレミアム」と同じ還元率です。

つまりJALカードショッピングマイル・プレミアムが年会費を無料で利用できるということになります。年会費有料の普通カードでもこの年会費はかかるのでかなりお得なサービスです。
さらにJAL特約店で利用すれば100円で2マイルとなるのでマイルはショッピングだけでも充分に貯めることができます。

JALカードツアープレミアム年会費無料

JALには「先得」といった航空運賃が割引になるサービスがあります。またパッケージツアーなども割引となりますがこれらを利用した場合、通常付与するマイルの50%~75%に減額されてしまいます。

しかし年会費2,160円で「JALカードショッピングマイル・プレミアム」に登録すると、減額なしで100%マイルが付与されます。JALカードnavi会員はこの年会費も無料になります。

JALカードnaviオリジナルボーナスマイル

マイルがガンガン貯まり、飛行機での旅行が楽しくなります。

■飛ぶほどボーナスマイル

1年間の搭乗マイル数に応じてボーナスマイルをプレゼント
2,500~4,999マイル:ボーナス1,000マイル
5,000マイル以上:ボーナス2,000マイル

■貯めるほどボーナスマイル

1年間貯めたマイル数に応じてボーナスマイルをプレゼント
0~999マイル:ボーナス50マイル
1,000~1,999マイル:ボーナス100マイル
2,000~2,999マイル:ボーナス200マイル
3,000マイル以上:ボーナス300マイル

■海外旅行ボーナスマイル

JAL国際線にJMBマイル積算対象運賃で搭乗すると、片道(1区間)につき300マイルをプレゼント

■語学検定ボーナスマイル

JALカードが指定する外国語検定に合格すると、500マイルをプレゼント。

※対象外国語検定
実用英語技能検定 準1級/1級、TOEFL 61点以上、TOEIC 600点以上、外国語検定 1級(イタリア語・スペイン語・中国語・ドイツ語・ハングル語・フランス語・ロシア語)・A級(インドネシア語)

■祝卒業!JALカードご継続ボーナスマイル

卒業するとJALカードnaviはJAL普通カードに自動切り替えとなります。継続せずに解約することも可能ですが、継続するだけで2,000マイルがプレゼントされます。継続するとJALマイルは引き継がれますが、JALカードショッピングマイル・プレミアムやJALカードツアープレミアムの年会費、カード年会費がかかります。

どんだけマイルくれるんですか!JALさん!

JALカードnaviを公式サイトで詳しく見る

スカイメイトサービスでお得

スカイメイトは22歳未満だけが利用できる運賃割引システムです。当日空港に出向いて空席がある場合のみ利用できます。JALカードnaviで決済すると通常75%のところ100%のマイルを付与、さらに搭乗マイルの割増が10%あるので、110%のマイルが獲得できます。

JALカードnaviは、ほかの学生カードと全く違う

学生カードは在学中年会費無料で、ポイントサービスや海外旅行サービスが充実しているという共通した特長があります。これはクレジットカード会社が若いカード会員を早く獲得したいという営業戦略を持っているからです。

したがって収入がなくても学生はクレジットカードを作ることができ、学生カードは一般的なカードよりもサービスが充実しているのです。さらにJALカードnaviは一般的な学生カードとも違う特長があります。

JALマイルを獲得に特化したクレジットカード

一般的な学生カードはほかのスタンダードカードよりも多少ポイントを優遇しているという程度ですが、JALカードnaviは前述のボーナスポイントにも垣間見える通り徹底的にJALマイルを貯めるための機能やサービスが詰め込まれています。

しかも在学中は年会費無料で、各種有料サービスも無料です。普通カードでJALカードnaviと同じ有料サービスを登録すると、JALカードツアープレミアム2,000円、JALカードショッピングマイル・プレミアム3,000円、さらに普通カード年会費2,000円を加えて合計税別7,000円もかかります。

これだけのサービスを年会費無料で利用できるのはJALカードnaviだけでしょう。これらのサービスに限っては正直ゴールドカード並みなんです。

どれくらいJALマイルが貯まる?

学生は収入がないといっても生活費はかかりますが、生活費の大半はクレジットカード決済が可能です。公共料金やスマホ料金、プロバイダー費用といった毎月現金で支払っている料金をJALカードnavi決済に切り替えるだけでマイルが貯まります。もちろん1回払いで支払いすることで余分な手数料もかかりません。現金払いよりもメリットが大きいのです。

毎月5万円のカード利用があれば、年間60万円で6,000マイルを獲得できます。これだけでマイルキャンペーンを利用すれば国内無料チケット2区間分が手に入るのです。正規料金の往復割引24,600円で計算すると実質還元率4.1%(脅威的!)になります。しかもこれは普通に利用した場合のケースで、JAL特約店も活用すれば還元率はもっと高くなるでしょう。

また、JAL搭乗マイルなどは考慮していないのでそれらも考慮すれば1年以内の無料チケット獲得もそれほど難しくありません。いずれにしても年1回は無料で国内旅行や実家への里帰りをすることができます。

卒業後も継続するとお得

卒業後はJALカードnaviとしての特典が一気になくなってしまいます。それはすぐに解約したほうが良いかというと、やはり卒業後も継続してJALカードを利用することをおすすめします。年会費がかかることになりますが、社会人として収入を得ることにもなるので、学生時代よりは経済的な余裕があるはずです。

また継続するだけで2,000マイルがもらえ、初搭乗のボーナスマイルを加えて3,000マイルは獲得できます。これらのマイルを無駄にすることはありません。JALカードnaviから普通カードに切り替えてさらにJALマイルを貯めましょう。

JALカードnaviで学生時代に実績を充分積んできているので、CLUB-AやCLUB-Aゴールドカードへの切り替えもスムーズにできるでしょう。そうすれば普通カードより高いサービスでマイルが貯まり、海外旅行傷害保険などの補償金額も充実します。

まとめ

JALカードnaviには普通カードどころかゴールドカードと同じサービスも提供され、年会費無料カードとしては最強のJALマイルを貯めるクレジットカードであることがよくわかっていただけたと思います。JALカードnaviを利用できるのは学生だけです。JALを利用している学生でJALカードnaviを利用しない理由はありません。この機会を逃さずALカードnaviを活用しましょう。

贅沢を言えばiPhone7から利用できるApple Payに登録できれば、電子マネーも活用してマイルを貯めることもできましたが、残念ながらJALカードSuica以外はApple Payには登録できません。
Apple Pay登場!仕組みやおすすめの使い方や対応クレジットカード総まとめ。Apple Pay関連のキャンペーン情報も!

JALカードnaviをフル活用すれば国内旅行の交通費は1年以内に無料になります。国際線の無料チケットへの交換マイルもキャンペーンが利用できれば半額です。無料で海外旅行というのも決して夢ではありません。JALカードnaviをすぐに活用してチャレンジしてみましょう。

JALカードnavi(学生専用)に申し込むならこちらから

jalcard_sum

年会費 在学中無料!
還元率 1.0%~最大4.0%
マイル 前述の通り恐ろしいほど貯まります
強み 付帯保険の充実。海外国内旅行にバリバリ強いカード

btn_free_regist

学生向け、年会費無料の最強クレジットカード比較、ランキング頂上決戦

1a48c2c863725672d91068e144b3c804_m

学生時代というのは一生の中でも特殊な期間と言えるでしょう。もちろん勉強することが本来の役目ですが、長期間の休みがあり好きなことができる時間が多いという時期は学生時代以外にはないでしょう。学生アルバイトのニーズもあるので、収入に関しても比較的自由に使えるお金が多いのではないでしょうか。クレジットカードを利用すれば学生時代をさらに楽しく過ごすことができます。

クレジットカード会社では多くの学生向けのカードを年会費無料で発行していて、さらにサービス内容も一般カード以上のものが提供されています。年会費無料でこれほどサービスが優遇されているクレジットカードは学生カード以外にはありません。今回は学生向けの年会費無料カードを比較して紹介しますので、自分にあったクレジットカードを見つけて活用しましょう。

その前に:クレジットカードの仕組み・使い方を3分で理解よう

そもそもクレジットカードとは何でしょうか?キャッシュレスで買い物ができるカードという事はわかっていても、その仕組やサービスはわからないという学生も多いでしょう。まずはクレジットカードのしくみや使い方を学んでみましょう。

クレジットカード後払いのしくみ

クレジットカードのシステムは「カード会社」、「カード加盟店」、「カード会員」の三者によって成り立っています。法律的にはこの三者間でお互いに契約を結んでいるので、これを三者間契約と言います。

■カード会社・カード会員

立替払契約によってカード会員が加盟店で買い物をした代金をカード会社が立て替えて加盟店に支払います。さらにその請求をカード会員に対して行います。

■カード会員・カード加盟店

カード会員はクレジットカードを使って加盟点で買い物をします。これは売買契約となります。

■カード会社・カード加盟店

加盟店契約によってカード加盟店はカード会社に代金の支払いを請求します。そのときに所定の加盟店手数料を支払います。

クレジットカードで買い物をするというだけで3つの契約行為が発生する複雑な仕組みですが、カード会員にとっては現金払いの代わりにカード決済をするだけの簡単なことです。

クレジットカードは、どのような仕組みで運営されているのか。どのような会社や機関が連携しているのか。お金はどのように流れているのか。カード利用者・加盟店・カード会社の関係とお金の動きをもっと知りたい方は、この記事へどうぞ。
クレジットカードを初めて作る学生でも大丈夫!そもそものクレジットカードの仕組みを徹底解剖。

クレジットカードの支払いは1回払いにしよう

クレジットカード会社の収入は加盟店からの手数料と、カード加盟店からの手数料収入が大半を占めます。カード会員の場合は1回払いや2回払い、ボーナス払いなどでは手数料はかかりません。リボ払いや分割払いの場合、毎月手数料がかかる仕組みです。手数料負担を少なくするという意味でも1回払いをメインにしてカード利用しましょう。1回払いを利用してもクレジットカードのサービスにはほとんど影響しません。

学生向けクレジットカードの審査

いわゆる学生カードは一般的なクレジットカードと比べるとサービス面で優遇されています。サービスだけではなくクレジットカードを作るためには必ず必要な審査においても優遇されています。まずは学生カード審査の特長を解説しましょう。

学生カードの審査は比較的簡単

クレジットカードに申し込みすると審査を必ず受けることになります。立替払い契約ではカード会員は後払いをすることができるので、クレジットカード会社にとっては未払いのリスクがあります。そのリスクを最小限にするために審査を通過した人だけにクレジットカードを発行するのです。その審査にとって重要なのは支払い能力です。

学生の支払い能力は社会人と比べると低く、収入がないケースもあります。それでもクレジットカード会社が学生専用カードを発行しているのは、将来を見越しているからです。学生時代から自社のカード会員となってもらえれば、社会人になってもそのまま使い続けてくれるだろうという思惑があります。実際学生時代から使い慣れたクレジットカードを社会人になったら他のカードに切り替えるというケースはあまりありません。そのため学生がクレジットカードを申し込みした場合は、高確率で審査を通過すると思って間違いありません。

それでも審査が通らない!?:学生でクレジットカードの審査落ち…何が原因?

未成年の学生がクレジットカードを作るには親の承諾が必要

同じ学生でも青年と未成年にわけられますが、未成年の場合は親の承諾なしではクレジットカードは絶対に発行されません。法学部の学生であればよくわかると思いますが、未成年の法律行為は親が取り消すことができます。クレジットカード会社にとっては、取り消しによってクレジットカードの請求ができなくなるので、リスク回避のために親(親権者)の承諾を必要条件としています。

それでは20歳以上の場合は親の承諾が不要かというと、多くのクレジットカード会社では青年でも親の承諾が必要となります。法律上は契約行為が成立しますが、成年であっても独立していない子供にクレジットカードを発行するのはとんでもないという考えの親も多いのです。こうしたトラブルを避ける意味で20歳以上でも親の承諾が必要となります。

※クレジットカード会社によっては親の承諾なしの場合、カード利用枠10万円、親の承諾があれば30万円というように区別している場合もあります。また、必要なのは承諾であり、「同意書」のような書類は不要なことも。

親の同意・承諾についてもう少し詳しく知りたい方はこちら:未成年の学生がクレジットカードを発行するには親の同意書が必要?

ここから本番!:学生向けクレジットカードと一般カードの比較

学生向けクレジットカード最大のメリットは年会費無料で一般カードと同等かそれ以上のサービスを受けられることです。それでは具体的にどんなサービスがお得なのかご紹介しましょう。

海外旅行向けサービスが充実

一般カードには海外旅行傷害保険が付帯されていますが、すべてのクレジットカードに付帯されているわけではありません。特に年会費無料カードの場合は付帯されないケースも多いのです。海外旅行傷害保険は旅行先での入院や携行品の盗難に対応した補償があります。特に海外の治療費は日本と比べるととても高額なので、海外旅行傷害保険があると安心です。

ポイント還元率も優遇されることが多い

クレジットカードにはポイントプログラムが標準で付帯されています。ポイント還元率は0.5%で、20万円の買い物で1000円相当の商品に交換できるのが一般的です。学生カードでは年会費無料の上にポイント還元率も優遇されるカードも多いのです。ポイントが1.5倍~2倍になったり、海外利用はポイント2倍になったりといったサービスも多く、一般カードと比較すると遥かに学生カードのほうがお得になります。

おすすめの学生向けクレジットカード比較

殆どのクレジットカード会社で学生向けのクレジットカードを発行しているので、どのカードが良いのか迷ってしまう人も多いでしょう。そこでおすすめできる学生向けクレジットカードが比較できるようにご紹介しましょう。

gaku
※画像を拡大して見たい方は→ここを押す
※背景に色がついているところが、それぞれのカードの強み・必見ポイント。

バランスが良いカードとして知名度を上げているのがJAL系列のJALカードnavi(学生専用)。付帯保険が強く、飛行機好きな方はどんどんマイルが貯められるのでJALカードnaviをぜひ作ってください。JALカードnaviの申込みはこちらから。

ポイント還元率やキャッシュバックを考えるとライフカード・楽天カードはおすすめです。年会費永年無料なので持っていて損はありません。ライフカードには誕生月ポイント5倍と海外ショッピング5%キャッシュバックという強力なサービスがあるので、特に海外旅行や留学の予定がある学生にはおすすめです。楽天カードはネットショッピングの利用が多い学生におすすめです。楽天ブックスで書籍を購入するだけでポイント5倍(還元率5%)という驚異的な還元率になります。

三井住友VISAデビュープラスカードのメリットは、自動的にプライムゴールドカードという20代向けのゴールドカードに切り替わる点です。三井住友カードは日本国内ではステータスが高い銀行系のクレジットカードです。社会人になってから作ろうとすると審査基準が厳しく入会できない可能性もありますのでクレジットカードを作りやすい学生のうちに作っておくと良いでしょう。デザインがクールで、セキュリティも学生向けカードの中ではかなり堅牢なイメージがあります。

それぞれのカードを作る方は、こちらからどうぞ

【オススメ!】JALカードnavi
【有名ブランド!】三井住友VISAデビュープラスカード
【鬼の還元率!】ライフカード
【ネット通販!】楽天カード

まとめ

学生カードに申し込む場合はほとんど初めてのクレジットカードということになるでしょう。ひとつ気をつけておくことは、クレジットカードを使うにあたって信用が最も大切だということです。この場合の信用は:きちんと遅れずに支払いを続けるという意味です。クレジットカードが発行されてからはカード会員として学生であっても信用を保ち続ける必要があります。クレジットカードは魔法のカードではないので、自分で支払いができる範囲できちんと計画的に利用、支払いすることで信用を築くことができます。

学生カードは自動的に一般カードなどに切り替わりますが、それは信用を保ち続けた場合です。学生カードの支払いを延滞すれば一般カードへの切り替えもなく、学生カードもそのまま失効してしまいます。もちろんこうした情報はほかのクレジットカード会社でも参照できるので、新規にクレジットカードを作ることもできなくなります。社会人1年目からつまずくことになるので、学生であっても支払いだけはきちんと行いましょう。それだけ守っていれば学生カードはキャンパスライフをより楽しくしてくれます。

大学を中退学・除籍となってしまった場合のクレジットカードは?

学生用クレジットカードを発行するトレンドが加速している!

学生ライフがクレカを作るきっかけに

生まれて初めて持ったクレジットカードは、学生の時に作ったものだったという人は多いです。このウェブサイトを見ている方も、多くの方はこれからクレカを作る学生さんや、学生さんでいくつかカードを持っている方が多いですね。卒業旅行で海外に行くときに作った(作る)という人も多いのではないでしょうか。

「学生」は一般の方と異なる審査形式でクレカが作れる

本来、クレジットカードは定職についていて収入のある人向けのカードです。しかし、大学生は通常仕送りやお小遣いなどの形で保護者からお金を受け取っていますよね。万が一学生の利用者が支払いができなくなったとしても、保護者が代わりに支払いをすることになる可能性が非常に高いと言えます。

クレジットカード会社としては学生本人の信用力(お金を返す能力のこと)はそれほどあてにできないにしても、保護者とセットで考えれば良いお客さんになるというわけですね。カード会社からすれば、限度額を低く設定しておけばリスクが低く発行できます。

また、人生で最初に持ったクレジットカードというのはなんとなく愛着があるものです。クレジットカード会社としては自分の会社ブランドへのファンを作るという意味でも、学生向けのクレジットカードを発行するメリットはあるというわけです。

大学、専門学校を中退・除籍になったら?

中退・除籍になった後、クレジットカードは使える?

何らかの理由で大学、除籍をしてフリーターや社会人になる人、学費を準備できなかったなどの理由により、大学を除籍になってしまった人もいるかもしれません。今これを読んでいるあなたもそうかもしれません。

学生でなくなったことから、自然にフリーターや社会人になったという人でも学生用のクレジットカードを持ち続けることはできます。退学後いきなり使用停止!ということにはならず、多くの場合支払いを延滞しているなどの履歴が特になければ、除籍や退学になった後も、在学中と同じ利用限度額で使うことができるのです。学生用クレジットカードは利用限度額が小さい代わりに海外ショッピングなどで特典がつくことも多いので、社会人として更新することなく使い続けるメリットもあります。

学生カードを使い続けるデメリット

ただし、前述の通りですが学生用クレジットカードは利用限度額が低く設定される傾向があります。これは学生本人には収入が少ない場合が多いため、信用力が低いとみなされているからです。学生用カード独自のメリットはあるとは言っても、やはり利用限度額が少ないのはネックですよね。利用限度額をあげたい場合には学生ではない身分、社会人として審査を受け直すことになります。

たとえ学校を除籍になっている人でも、クレジットカード会社の審査では「現在の収入状況がどういう状態か?」の方が重視される可能性が高いです。そのため除籍等になった後でもちゃんと社会人として収入があるのであればクレジットカードを持つことはそれほど難しいことではありません。

実際、一般的にクレジットカードの審査では大卒や高卒などの区分を申告する項目はありません。審査されるのはあくまでも現在の年収や、勤務先会社の従業員数や資本金などです。毎月きちんと収入のある人であれば、学校を退学しているなどの履歴がある人でも利用限度額の多いクレジットカードをもてる可能性は十分にあります。

一般カードへの切り替え、申請方法は?

一般カードへの切り替えに関しては、通常はカードを作るときに申告している卒業予定の年になると更新の書類が送られてきます。その際に現在の就職先を記入するか、フリーターである場合にはその旨を記載して返送すればカードは持ち続けることができます。

学生用クレジットカードから一般カードに切り替えなら、新規発行するのに比べてスムーズに審査を通すことができます。社会人になって自分でお金を稼げるようになると利用限度額もアップすることができるでしょう。

すでに発行されている学生用クレジットカードはどうなる?

除籍になったケースなど、申告した卒業年度になる以前に学生の身分ではなくなった場合でも、こちらから申告しない限りは学生クレジットカードが止められてしまうということはありません。除籍になったという事実をクレジットカード会社が知る手段は基本的にないためです。

現在の状況などについてウソの申告をするのはだめですが、あえて除籍になった事実をクレジットカード会社側に申告する義務はありません。申告しても特にメリットはないので、そのまま放置しておく方が良いというのが実情かもしれませんね。

※その代り、その間に後述の通りサブカードの発行を試みてください。

サブで、年会費無料系のクレジットカードに申し込んでみるという選択肢

学生用カードから一般用カードへの切り替えで審査に通る自信がないのなら、年会費無料の別のクレジットカードに申し込んでおくというのも一つの手です。クレジットカード会社はそれぞれによって審査の基準が微妙に違いますので、これまで使っていたクレジットカードの更新ができなかったとしても、別のクレジットカードでは審査が通るということは十分考えられます。

ただし、一度に3社も4社もクレジットカード発行申し込みを行ってしまうと、信用情報としてマイナス評価をされてしまうケースがあるので注意しましょう。(クレジットカード会社としては「一気にクレジットカードを作るのは、経済状況が一気に悪化したからなのかも?」という判断になり、現在の利用額が引き下げられてしまう可能性があります)

入会キャンペーンがアツい!VIASOカード。最大10,000円相当プレゼント中。

viaso_02
期間限定!インターネット限定の特典ですのでカードを作るならインターネット経由が一番お得です。ご入会から3か月後までの利用状況で最大10,000円分ポイントプレゼント!

年会費 年会費無料!
還元率 0.5%~最大10%まで!
発行まで 最短1営業日で発行!
強み キャッシュバックが熱い!海外保険もしっかり付帯。

btn_free_regist

企業の正社員など、定職に就いて1年もすると比較的審査は通りやすくなりそう

一般的に延滞などの履歴がない限りはクレジットカードを発行することはそれほど高いハードルではありません。正社員として定職につき、毎月きちんと収入がある人であれば1年程度の勤続年数でも問題なく審査に通ることが多いです。

学生クレジットカードから一般カードへの切り替え時には審査に通らなかったという人でも、同じ会社に1年後に申し込んだら審査に通るということはありますよ。

親の名義の家族カードを持つという手段もアリ

クレジットカードは家族で共有するという形で利用ができる「家族カード」を発行することができます。自分の名前で審査に申し込んだけれど、落ちてしまったというような場合には、この家族カードを持つということも選択肢に入れてみると良いでしょう。この場合は審査されるのは親の年収やカードの利用状況ということになりますので、定職についている人であれば問題なくカードを発行してもらえる可能性があります。

虚偽の申告をしてカードを作った場合は詐欺罪に問われる可能性があるので正直に。

「学生としては除籍されているけれど、学生証は前の記載のままだから嘘をついて審査に申し込んだらいいのでは?」と思われる方もおられるかもしれません。

確かに、クレジットカード会社としては学生証が身分証明書として提出されればそれを信用することが多いでしょう。本来であれば卒業年度が来ているのにまだ学生として申告した場合にはチェックが入る可能性はありますが、それでもそれを理由として審査に落ちるということは少ないと思われます(留年などで卒業年限が先に伸びることは珍しいことではないですよね)

ですが、ウソの内容に基づいてクレジットカードの申し込みを行うことは最悪の場合は詐欺罪に問われることもあります。※厳禁です!

それが原因で逮捕されるようなことはよほど悪質なケースや犯罪的なクレジットカードの使い方をした場合に限られるでしょうが、申告した内容が虚偽であることがなんらかの理由でわかってしまうと信用情報期間にブラックリストとして登録されてしまう可能性が高いです。ブラックリストとして登録されると以降数年間は新規にローンを組めなくなるなどの多大な不利益を被る可能性があります。組めなくなるローンは住宅ローンや自動車ローンだけではなく、携帯電話本体の分割払いなどもできなくなってしまう可能性もありますので注意しましょう。

学生カードから、一般カードに移行する前にサブカードに申し込んでみませんか?

サブカードにもオススメ!楽天カードを検討しよう

年会費 永久無料
還元率 通常1%、楽天では2%以上
発行まで すぐ審査、1週間ほどで手元に。
強み 楽天サービスやnanacoなど電子マネーとの相性の良さ、還元率が高く日常的に使える

クレジットカード部門の顧客満足度第一位に6年連続で選ばれました!
btn_free_regist

VIASOカードはVIASOeショップを駆使してお金が貯まる!ネット通販に強いカード。デザインも多彩!?

VIASOカード

ネットショッピングするなら最強!「VIASOカード」

楽天・amazon・Yahoo!ショッピングなど、最近はネットでお買い物をする環境がかなり充実してきました。この記事を読んでいる方の中にも、リアル店舗では商品の現物を確認するだけで、実際のお買い物はネットで最安値を探してからオンラインで購入するという方も多いのではないでしょうか。

そんなネットショッピングを日常的に活用されている方に質問です。ネットでの決済には、何気なくいつも使っているメインのクレジットカードを利用していませんか?もしそうなら、実はとても損をしている可能性があります。今回ご紹介する「VIASOカード」はネットショッピング特化型のポイント最強カード。なんと最大でポイント還元率10%を超える超高還元率カードです。

これからますます利用する機会が増え続けることがほぼ確実なネットショッピング。今よりお得に利用するために、ぜひこの「VIASOカード」をチェックしてみてください。

「VIASOカード」の基本スペック

まずは「VIASOカード」の基本スペックから確認してみましょう。「VIASOカード」の名前の由来は「アソビ(遊び)」を組みかえた造語。そのため、年会費永年無料など、遊びを充実させたい学生の方には特にうれしいスペックとなっています。その他にも特典満載ですので、ぜひ確認してみてください。

主要なスペックだけをまとめるとこのようになります。

  • 還元率:0.5%
  • 年会費:永年無料
  • 申し込み資格:年齢18歳以上(高校生不可)で電話連絡が可能な方
  • ポイント交換方法:自動キャッシュバック
  • 旅行傷害保険:海外旅行あり。国内旅行なし
  • ショッピング保険:あり(最高100万円。各種条件あり。上記URL参照)

還元率が意外と低いような…。と思った方もいるかもしれません。実はこれが「VIASOカード」がネットショッピング特化型と呼ばれる理由ですので、詳細については注意点も含めて後ほど詳しく説明します。
年会費は永年無料。これは学生の方にはマストのスペックですね。

また、「VIASOカード」の大きな特徴として、ポイント還元方法の利便性があげられます。なんと「VIASOカード」はポイント還元が自動キャッシュバック。つまり、何もしなくてもある一定までポイントが貯まると、現金が勝手にユーザーの口座に振り込まれる仕組みになっています。キャッシュバックが実行されるのはポイントが1,000ポイント貯まった時点。ポイントは1P=1円計算なので、1,000ポイントが貯まった時点で自動的に1,000円が振り込まれることになります。

そのほか、海外のみですが旅行傷害保険や、条件付きですがショッピング保険100万円も付帯しています。

お得なVIASOカードに申し込むなら、こちらから。

年会費 年会費ずっと無料!
還元率 0.5%~最大10%まで!
発行まで 最短1営業日で発行!
強み キャッシュバックが熱い!海外保険もしっかり付帯。

btn_free_regist

VIASOカードの入会資格・審査基準

VIASOカードを申し込むことが出来るのは、「18歳以上で電話連絡の取れる方」となっています。18歳以上であっても高校生では申し込み資格がありませんので、18歳以上で高校卒業済、そして安定した収入があればVIASOカードの審査を申し込むことは可能です。

審査基準についても、年会費無料のクレジットカードであるVIASOカードはそれほど審査基準が厳しい訳ではなく、申し込み資格を持ち、安定収入があり・かつ他社からの借り入れがなければ、ほぼ問題無くカードを作成することは可能でしょう。

18歳で大学生・アルバイト勤務の場合でも、アルバイトで安定した収入があると判断されればカード発行は難しくありません。ただし、未成年の場合は親権者の同意書が必要になってきますので、VIASOカード申し込みするときには親御さんに伝えておくようにしましょうね。

VIASOカードのメリットとは?

口座引落し日が他のMUFG発行カードとは異なり、一般的な給料日後の毎月27日に設定されているあたりも、「口座残高を気にせず使える」という嬉しい仕組みになっています。また、家族カードも無料で所持できるため、家族みんなでお得を手にできます。

そして、VIASOカードの最も大きな特徴、メリットと言えば前述した特典「貯めたポイントが現金で返ってくる」と言う点ではないでしょうか。「ポイントが現金で返ってくるってどういうこと!?」と驚かれる方も多いかと思います。ポイントを提携ショッピングサイトなどで利用できたり、請求額と相殺してくれるというカード会社は結構多いですが、貯めたポイントを現金化できるカードなんてなかなかないですからね。

これはどういうことかというと、VIASOでは貯めたポイントを銀行振り込みで現金で受け取ることが出来るのです。自分が貯めたポイントが、実際に口座に現金で振り込まれると言うのは非常に嬉しいことですよね。

前述の通り、VIASOポイントの還元率は、ショッピング利用時の支払額1000円につき5ポイントの0.5%でしたよね。しかし、VIASOカードの本質は「ネットショッピング最強のカード」と呼ばれる、ネットショッピングに対する強みが大きなメリットのひとつになっているのです。VIASOポイントをさらにお得に貯めるのであれば「VIASO eショップ」を使いこなしたお買い物がおすすめです。

VIASO eショップでの通販を攻略しよう

VIASOカードをお持ちの方限定の会員サービスである「VIASO eショップ」では、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」や「Amazon」など加盟通販サイトでのショッピングで通常のお買い物ポイントに加え、さらにボーナスポイントを受け取ることができるのです。ボーナスポイントは最大で10%となっており、そのポイントももちろん現金でキャッシュバックされますのでお得ですよね。

VIASOカードは比較的に若年層でも作りやすく、年会費が永年無料で保存しやすいクレジットカードだと言えますね。ネットショッピングをよく利用されたりするであろう、若い学生さんにはぴったりなカードだと思います。まだ未成年の学生さんも、VIASOカードはクレジットカード会社の最大手の1つである三菱UFJニコスが発行しているクレジットカードであるという点で、安心して使える1枚ですから、親御さんも心配なくもたせてくれると思いますよ。

VIASOカードのデメリットとは?

ネットショッピングでのポイント還元率が高く、年会費無料で若年層にも持ちやすいVIASOカードですが、唯一のデメリットとも言えるのが、やはりETC新規発行の際の発行手数料でしょう。近年ではETC発行手数料・年会費永年無料と言うカードも多くなっているので、その点が残念ですね。※ETCを使わない人であれば無視していいデメリットですね。

そうは言え、新規発行手数料と言っても1080円で、そのあとの年会費などはかかりませんので、ポイントの還元率と照らして得かどうかを判断しても良いかと思います。特に学生さんで、車を持たずネットショッピングを良く利用する、と言う方はネットショッピング専用のサブカードカードとして一枚持っていても損はないでしょうね。

リア充の人は要注意!?「VIASOカード」で気を付けること

ネットショッピングでは驚異の還元率10%も実現する「VIASOカード」。ただし、基本スペックを見たらわかるように、基本の還元率は標準的なクレジットカードの還元率と同水準の0.5%となっています。

つまり、いくらネットショッピングをする上で高還元率を実現できるからといって、普段の生活の中で、リアル店舗でも「VIASOカード」を利用するのは必ずしも賢い使い方とはいえないので注意が必要です。そのため、「VIASOカード」はあくまでネットショッピング専用のサブカード。それ以外はほかの高還元率カードを利用することをオススメします。

また、ネットショッピングで高還元の恩恵を受けるには「VIASOカード」が運営するショッピングモール「VIASO eショップ」を経由する必要があるのでご注意ください。直接amazonのサイトに行ってはダメですよ。

VIASOカードの豪華なデザインラインナップ

ラブライブ!VIASOカード

viaso_love
参考:http://campaign.j-a-net.jp/campaign/lovelive_viasocard/

VIASOカード限定のラブライブ!書き下ろしデザイン!これは正直…実店舗で使うのめっちゃ恥ずかしいですね!笑でも、VIASOカードのキャラクター担当に聞く限りでは、ラブライブデザインが圧倒的に1位の人気らしいです。ファンの方は持ってる人が意外と多いのかも。

浦和レッズVIASOカード

viaso_urawa
参照:http://www.cr.mufg.jp/apply/card/viaso_reds/index.html

こちらは浦和レッズのマークがデザインされたVIASOカードです。ただチームのマークが付いているわけではなく、チームサポート「0.255」(レッズGO!GO!)というものがあります。このチームサポート「0.255」はなにかと言うと、日々のお買い物や毎月の支払いでこのカードを使うと浦和レッズへ0.255%還元され、選手の育成費用や有力選手の移籍金などのチーム強化に使われます。特別わたしたちカード利用者が負担する費用はありませんし、浦和レッズサポーターであれば必ずと言っていいほど持っておきたいカードですね。あなたの力で浦和レッズを強くしましょう!

マイメロディVIASOカード

viaso_myme
参照:http://www.cr.mufg.jp/apply/card/viaso_mm/index.html

女の子にいちばん人気のマイメロディVIASOカード。ピンクに白いドットのデザインで、2種類あります。こんなにかわいいカードだったら、持っていても恥ずかしくないし、むしろみんなに自慢したくなっちゃいますよね。また、2017年6月30日(金)までの期間限定のキャンペーンで、いつでもサンリオピューロランドに入場できる年間パスポートを10%OFFで購入することができる割引券をこのマイメロディVIASOカードとVIASOカードぐでたま デザイン会員限定で行っています。また、抽選で300名に当たる、マイメロードドライブ 写真サービス券をプレゼントという企画もやっています。サンリオピューロランドが好きな人はぜひこのマイメロディVIASOカードを手に入れましょう。

VIASOカード くまモンデザイン

viaso_kuma
参照:http://www.cr.mufg.jp/apply/card/viaso_kumamon/index.html

熊本県のご当地ゆるキャラとして大人気のくまモンも、VIASOカードになりました。このVIASOカードくまモンデザインは、「ふるさとくまもと応援寄附金」というカード利用代金の0.2%を熊本県へ寄付し、地域に貢献する機能が付いています。もちろん、特別にわたしたち利用者が負担する費用はありません。また、平成28年熊本震災をきっかけに支援活動の一環として、2016年4月1日から2017年3月31日までの期間にカードを利用すると、寄附金の割合が通常0.2%のところ0.4%になります。熊本県出身の方はもちろん、震災復興支援にも協力できるくまモンカードをぜひ利用してみてくださいね。

VIASOカード ふなっしーデザイン

viaso_funa
参照:http://www.cr.mufg.jp/apply/card/viaso_274/index.html

言わずと知れた人気者、ふなっしーのVIASOカードも登場しています。こちらは国内でのカードショッピング利用代金の0.1%を公益財団法人みちのく未来基金に寄附する仕組みになっています。この寄附金は東日本大震災で被災した遺児の進学費用として活用されます。VIASOカードふなっしーデザインもちろん、特別にわたしたち利用者が負担する費用はありません。カード利用とともに、東北を元気にしましょう。

まとめ

ネットショッピングで驚異の還元率10%を実現する「VIASOカード」。普段からネットショッピングを利用する方にはマストのカードといえます。しかしながら、「VIASOカード」の基本還元率はあくまで一般的なクレジットカードと同等の0.5%なのでご注意ください。リアル店舗での普段使いに多様すると総合的には還元率が高いとはいえなくなります。

そのため、「VIASOカード」はネットショッピング専用のサブカードとして、リアル店舗ではそのほかの高還元率カードをメイン使いするのがオススメです。また、ネットでショッピングをするときには「VIASO eショップ」を経由することをお忘れなく。

これからは、「VIASOカード」とメインカードを賢く併用してネットでもリアルでもお得にショッピングを楽しんでくださいね。

年会費 年会費ずっと無料!
還元率 0.5%~最大10%まで!
発行まで 最短1営業日で発行!
強み キャッシュバックが熱い!海外保険もしっかり付帯。

btn_free_regist

楽天をたくさん使う学生は、楽天カードを持っておこう!

rakutencard

楽天を利用するなら必携の楽天カード

インターネットを利用してお買い物をする学生の方も多いのではないでしょうか。最近ではリアルの店舗で現物を確認して、ネットで最安値を調べてそのまま購入するというお買い物のスタイルも増えてきましたよね。ネットショッピングの代表格といえばAmazonと楽天ですが、中でも楽天は楽天市場というだけあって、全国から様々な商材を扱った出店者がまさしく市場のように仮想店舗を展開してとても楽しくお買い物ができる仕組みになっています。

その他にも楽天では旅行や電子書籍など学生の方に身近なサービスを展開していますので、もしかすると利用したことが無い方の方が少ないのではないでしょうか。

さて、この楽天ですが、サービスを頻繁に利用するならぜひ持っておきたいのがこの「楽天カード」です。お買い物パンダのテレビCMもかなり打たれているので耳にしたことがある方も多いかと思います。便利でお得なこの楽天カード。実は楽天をあまり利用しない方でも十分お得に利用できるカードになっていますので、ここでは楽天カードのメリットについてご説明いたします。

学生でもクレジットカードがつくれるの?

18歳以上の学生であればクレジットカードの発行が認められています。しかし高校生は発行不可で、未成年の場合は親権者の同意が必要となります。『親権者の同意』というのは、在籍確認の電話のときに親御さんに電話をかわるだけです。電話の内容は至って簡単で、保護者である親に「未成年のお子様が楽天カードの申し込みをしましたが、所有するのを許可しますか?」と聞くだけです。

わたしが学生の頃は、そもそも学生でもクレジットカードを持つことができるということにびっくりしたものです。しかし、やはりクレジットカード会社によっては持てないことがあるそうですね。

ちなみにこの楽天カードは、学生でも持てるカードなので心配はありません。意外かもしれませんが、学生は社会人に比べてクレジットカードの審査に通りやすいというのが真実です。

社会人になるとステータスという意味でも利便性の意味でも、クレジットカードを持つことは常識とも言える時代になりつつあります。学生のうちにクレジットカードを発行しておくのが現代のスタンダードとも言えるでしょう。

学生専用の『楽天カードアカデミー』

楽天カードアカデミーは、発行費用や年会費は完全無料です。

しかし、新規入会するだけで、楽天スーパーポイントがなんと2,000ポイントももらえます。学生のうちから、楽天カードのお得意さんになってほしいという楽天の意向が伝わるボーナスポイントということなんでしょうね。

大学を卒業したらどうなるの?

大学の4回生を卒業した時点で、自動的にアカデミーではない通常の楽天カードが送付され、切り替わります。ちなみに、通常の楽天カードの入会金・年会費も無料です。

楽天カードの基本スペック

楽天カードは年会費が永年無料のクレジットカードです。新規入会で大量のポイントをプレゼントしてくれるのでカードを作るだけで儲かってしまいます。カードブランドはJCB、VISA、MasterCardから選べるので選択肢も十分です。基本スペックはこのようになっています。

  • 年会費:永年無料
  • 還元率:1%以上!!
  • 学生申し込み:可能


btn_free_regist

楽天カードの特徴

楽天カードアカデミーには、学生向けだからこそ提供できる、お得なサービスが豊富にあります。

利用限度額を10万円に固定

楽天カードアカデミーのショッピング利用限度額は10万円に固定されています。まあ、そもそも毎月10万円以上もカードを使う学生さんは少ないでしょうし、逆に使いすぎてしまう心配もありません。学生のうちから、お金の使い方を覚えるという意味でも、はじめての練習用クレジットカードとしてはありがたい限度額設定になっていると言えるでしょう。

キャッシング枠はなし

楽天カードアカデミーにはキャッシング機能、キャッシング枠というものがありません。キャッシングでお金を借りてトラブルが起きないので、まさにはじめてのクレジットカードとしても最適なんですね。

2回払いまで手数料が無料

これは学生にとっては特に嬉しいことだと思います。購入金額を1回で支払う「一括払い」はもちろんのこと、楽天カードアカデミーでは、2回払いまで手数料無料で決済できます。例えば、1万円の商品を来月に5,000円、再来月に5,000円と2回に分けて支払っても、金利などの手数料が一切かかりません。カードを上手く使うことで、少々高額な商品も買うことができるというわけです。

電子マネーのEdy一体型にできる

楽天カードアカデミー入会時にプラス300円を支払うと、電子マネーのEdy一体型のカードを作ることができます。Edyの利用でも200円で1ポイントが貯まるため、ちょっとした買い物は電子マネーを使うという学生の方にはおすすめです。最初に支払う300円なんてすぐに元が取れてしまいます。

ポイント有効期限は実質なし!?

楽天ポイントのポイント有効期限は1年間ですが、年に1度でもポイントを獲得すると有効期限は延長されます。つまり、年に1度使っていれば、実質有効期限はありません。また、ポイント有効期限の確認は会員専用サイト「楽天PointClub」から確認することができます。

楽天ポイントがじゃんじゃん貯まる

CMなどでも推し出されているため、すでにご存知の方もいらっしゃると思いますが、楽天ポイントはびっくりするくらい貯まりやすいです。詳しいことは次の章からお話ししていきます。

楽天スーパーポイントが貯まりやすいってほんと!?

クレジットカードでお買い物をするたびに、楽天スーパーポイントが貯まっていきます。楽天スーパーポイントは、楽天をよく利用する方ならおなじみのポイントサービスですよね。ネットショップの「楽天市場」はもちろん、書籍通販の「楽天ブックス」、旅行の「楽天トラベル」など、楽天のあらゆるサービスで『1ポイント=1円』として使える共通のポイントです。

ポイント還元はすべてのお買い物が対象!

楽天カードアカデミーを使って購入したすべての商品が、ポイント付与の対象です。購入金額100円につき1ポイントで、楽天スーパーポイントが付与されます。(還元率1%)日本、海外を問わず、カードが使える所ならOK。つまり、クレジットカードを使って買ったすべての商品が、実質1%割引で買えることになります。

さらに楽天市場で使うと4%のポイント還元!

何度も言いますが、楽天カードのメリットは、「楽天のサービスを使い倒すとポイントがすぐ貯まる」ところです。雑貨や電気製品、服などあらゆるものが揃うネットショップ「楽天市場」でお買い物をした場合、購入金額100円につき4ポイントと、通常の4倍のポイントが付与されます。

さらに、楽天カードアカデミー限定の特典として、楽天ブックスではポイント還元率は5倍、楽天トラベルで高速バスチケットを予約した場合は3倍、楽天ダウンロードで本やDVDを購入した時も3倍のポイントが貯まります。

これだけポイントが貯まるクレジットカードは、他を探してもなかなか見当たりません。楽天市場ではさらに下記のような使い方をすることで、楽天市場で買い物をした時に最大で6%のポイント還元が受けられる仕組みとなっています。

  • 通常ポイント1%
  • 楽天カードで買い物で3%
  • 楽天市場アプリで毎月1回以上の買い物で1%
  • 楽天モバイル(格安携帯電話)の購入で1%

これで合計6%のポイント還元率、うん、恐るべし楽天カード・・・。これだけお得なポイント還元は、学生限定だからこそできると言っても良いでしょう。

さらにポイント加盟店で使うと3倍に!

さらに驚きなのが、楽天ポイント加盟店でカードを使うと、通常よりも3倍のポイントが還元されるということ。

代表的な楽天ポイント加盟店

カーライフ

ENEOS、ダンロップ、キズキレンタルサービス、ミスタータイヤマン葛西店

ファッション

紳士服のコナカ、紳士服のフタタ、SUIT SELECT、KONAKA THE FLAG、エースコンタクト、メガネストアー

ショッピング

スーパーギターショップ Big Boss、家具・インテリアの大正堂、さかいやスポーツ、JEUGIA

美容・ヘルスケア

Hair&Make FUSE、ヘアメイクパッセージ、てもみん、リフレッシュ工房オズ、美容室センス

引越し・サービス

アリさんマークの引越社、ハート引越センター、サカイ引越センター、G・O・Gパソコン修理・データ復旧

アミューズメント

大江戸温泉物語、複合カフェリラックス

旅・交通

得タクネットワーク、ベストワンクルーズ、アミー号.com

びっくりするのが、あくまでこれは一部にすぎないということです。
ここまでくるとポイントがガンガン貯まっていくのも容易に想像できますね・・・。

楽天カードアカデミーのデメリット

楽天カードアカデミーのデメリットは、通常の楽天カードと比較して入会ポイントが少ないという点です。楽天カードはキャンペーン期間中に多いときは7,000ポイントもらえることがありますが、楽天カードアカデミーは楽天学割に登録したとしても最大で4,000ポイントしかもらえません。また、クレジットカードの利用限度額(ショッピング枠)が10万円と少なく、キャッシングも利用できないので、急にお金が必要になったときや海外旅行で利用する場合に不安があります。

海外旅行に年2回以上行く人は、セゾンブルー・アメックスカードも持っておくと良いでしょう。

楽天カードがオススメの理由

楽天カードは通常利用で還元率が1%ですので、それだけでも高還元率カードと言えます。しかし、楽天カードの真骨頂はなんといっても楽天のサービスを楽天カードで利用すること。なんと、楽天市場でのお買い物ではいつでもポイント2倍。つまり還元率は驚異の2%。そして実は毎週末は「楽天カード感謝デー」と称してポイントが3倍になるんです。

欲しいものがあって急ぎでなければ、ぜひ週末まで待って楽天で買うようにしたいですね。
加えて、楽天カードは電子マネーのチャージでもポイントも貯まります。多くのお店で利用できるEdy、マクドナルドでも使えるイオン系のWAON、セブングループのnanaco(nanacoへのチャージでポイントが付与されるのはJCBブランドのみ)へのチャージでポイントが貯まりますので、それらの電子マネーをお使いの方にも楽天カードはオススメとなっています。

楽天カードは24時間365日申し込み可能!

楽天カードの申し込み内容の審査は人の手ではなく、ロボットが毎日24時間行っています。

ですから、通勤や通学の最中やお昼休み、真夜中であっても申し込むことが可能です。あまり力まずに、隙間時間でサクッと楽天カードを申し込んでみてはいかがでしょうか?

楽天カードの申し込み自体は、インターネットからであれば手順もしっかりしているのでおそらく困るようなことはないはず。審査は最短で15分程度で結果が出て、遅い場合には1週間程度かかります。審査通過後、本人限定受取郵便(特伝型)にて郵送され、カード発送から2日~3日で到着します。公式ホームページには「申し込み手続き後、通常約2週間でお届けします。」と記載されていていますがこれは時間がかかる場合で、実際には申込日から到着日まで1週間~2週間程度が目安です。

楽天カードの申込みはこちらから!

年会費 永久無料
還元率 通常1%、楽天では2%以上
発行まで すぐ審査、1週間ほどで手元に。
強み 楽天サービスやnanacoなど電子マネーとの相性の良さ

クレジットカード部門の顧客満足度第一位に6年連続で選ばれました!
btn_free_regist

まとめ

楽天市場でのお買い物でザクザクポイントが貯まる楽天カード。楽天をよく利用する方なら必携の1枚です仮に楽天をあまり利用されない方でも、年会費が無料で還元率が1%のカードですので普段使いで全く問題ありません。それだけでも大変お得なカードです。楽天ポイント加盟店もたくさんありますし!

また、電子マネーへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーをよく利用する方にもオススメの1枚になっています。実は、楽天ポイントは昨年からTポイントやPontaに対抗してRポイントカードというサービスも始まりましたので、ポイントがとても貯めやすい環境にもなっています。この機会にぜひ楽天カードを検討してみてはいかがでしょうか?

au WALLETカードを使いこなす!auユーザーは必見。ケータイ料金も安くなる!

bnr_profit_login_pc

au WALLETの特徴

所ジョージさんのCMでおなじみのau WALLET。気になるけど一体どういうものか全然わからないという方も多いのではないでしょうか。ここではそんなau WALLETの特徴について説明いたします。お得度がとても高いのでもしかすると携帯会社を乗り換えるほどの興味をもっていただく可能性もあるかもしれません。

まずau WALLETの特徴は、プリペイド式の電子マネーであるということ。要するに事前にチャージして利用するsuicaやEdyと同じタイプの電子マネーです。そしてなんといっても一番の特徴が高還元率ということ。そして、カード発行に審査が不要です。もちろん、カードの発行手数料や年会費も無料。なお、au WALLETが利用できるのはマスターカード加盟店ですので、通常の電子マネーよりクレジットカードライクに利用することが可能です。

auWALLETカードの基本スペック

  • コンビニなど、全国にある色々な加盟店で使う事ができる
  • 使う度にポイントが貯まり、次のお買い物でそのポイントが使える
  • 審査不要なので誰でも持つことができる
  • 発行手数料と年会費が無料
  • ポイント有効期限は、ポイント付与から4年間

auWALLETは、電子マネーのnanaco・楽天Edy・Suicaに似ています。しかし、MasterCardブランドになっていることから、デビットカードと同じような感覚で使うことが可能です。デビットカードが分からない方は、プリペイドカードをイメージしてみてください。auWALLETに5,000円分の残高があれば、5,000円まで使うことができます。日本全国・世界中のMasterCard加盟店であれば、どこでもauWALLETを使えますよ。

たとえば1,000円の買い物をする時に、auWALLETに1,000円以上チャージされていれば、現金を使わずに買い物できますね。レジに行ったら、店員さんに「一括払いで!」と伝えれば、無事に買い物が完了します。買い物する時はクレジットカードと同じ感覚ですね。ただし、普通のクレジットカードのように分割払いはできませんので、その点は注意してくださいね。

また、auWALLETを使ったことで貯まったWALLETポイントの有効期限は、ポイント付与から4年間となります。ただし、キャンペーンなどで付与されたポイントは有効期限が短い場合があるので、注意してくださいね。楽天スーパーポイントの期間限定ポイントのようなものだと思って下さい。

au WALLETのお得度について

それではau WALLETの一番のメリットである高還元率についてみてみましょう。au WALLETはなんと、楽天カードからのチャージで実質4.5%~6.5%、リクルートカードからのチャージで実質2.3%~4.1%、ライフカードで誕生月のチャージでは3.0%の還元が受けられます。一般的な高還元率クレジットカードの還元率が1.0%~2.0%くらいですので、かなりの高還元率といえます。

2枚使いで圧倒的な高還元率!

ちなみに、楽天カードで高還元率の恩恵を受けるためには、楽天バーチャルプリペイドカードを利用する必要がありますので、ちょっとひと手間が必要です。また、一部のリアル店舗の中にポイントアップ店という還元率がアップする店舗が存在します。例をあげると、飲食店ではコロワイドグループ、家電量販店ではヤマダ電機、アパレルはGAP、カラオケはBIG ECHOなどです。

▼還元率シミュレーション「楽天カードの場合」

【楽天ポイント1%】+au WALLETプリペイドカードを使ってセブンイレブンで買い物【WALLETポイント1%】=2% 

つまり、200円で4円分、1,000円で20円分のポイントを貯めることができます。還元率が2%というのは、驚きの数字ではないでしょうか。

auWALLETカードはどこでつくれるの?

auWALLETカードをつくれるのは、au携帯電話またはauひかりなどを契約中の個人の方で、下記のいずれかで申し込みをすることができます。

  1. au WALLET サイト(https://wallet.auone.jp)
  2. au WALLET アプリ
  3. auショップ、PiPit、au取扱店

auWALLETにさっそくチャージしてみよう!

まずは、auWALLETにチャージする方法を紹介していきますね。下記の4つの場所でチャージをすることが可能です。

  • au WALLETのサイト→auかんたん決済・じぶん銀行・クレジットカード・WALLETポイント・auポイントでチャージ
  • au WALLETのアプリ→auかんたん決済・じぶん銀行・クレジットカード・WALLETポイント・auポイントでチャージ
  • au ショップ→現金でチャージ
  • Pipit→現金でチャージ

ショップなどで直接チャージする場合は現金でチャージする必要があります。また、アプリや、サイトからのチャージ方法にあげたクレジットカード以外の4種類の方法についても少し紹介しておきますね。

auかんたん決済

【au かんたん決済】は、auの携帯電話やスマートフォンの支払いと合算して請求が来る支払い方法です。携帯電話を契約した際に決めている暗証番号は必要ですが、事前にauでの手続き等は不要です。月々の携帯代と一緒に支払えるという利便性から使っている方も多い支払い方法の一つではないかと思います。

また、auかんたん決済の支払い方法は、あらゆるクレジットカードを指定できるわけではありません。可能なクレジットカードは下記の通りです。

au_001

上記のように、楽天カード、イオンカードなど人気が高いクレジットカードがauかんたん決済に使えます。また、auが新しく出したau WALLETクレジットカードももちろん使えます。セゾンカードはロフトが5%割引となるロフトカードや、パルコが5%OFFとなるパルコカード、ららぽーと等がお得になる三井ショッピングパークカードセゾンなどがお得です。

意外なところでは、リクルートカードのVISAも発行元が三菱UFJニコスなので利用可能です。低コストで海外キャッシングが可能で、海外ATMでの現地通貨引き出しが便利なセディナカードも可能になりました。

じぶん銀行

【じぶん銀行】は、インターネットバンキングでau(KDDI)と三菱東京UFJ銀行とが共同出資して設立した銀行です。インターネットバンキングなので、店舗があったり窓口があるわけではありませんが、じぶん銀行の口座を持っているもの同士であれば、電話番号で振り込みが可能であったりと幅広く使うことができます。他のネットバンキングと比べて、手数料の安さや提携ATMも多いのがメリットです。じぶん銀行は銀行なので事前の口座開設などが必要です。

WALLETポイント

【WALLETポイント】は、毎月のauの携帯電話等の利用料金に応じて貯まるポイントです。また、au WALLETプリペイドカードやau WALLETクレジットカードを利用してもこのWALLETポイントが貯まっていきます。つまり、このポイントからチャージをすることができるというわけです。1P=1円分としてチャージが可能です。

auポイント

【au ポイント】というのは、このauWALLETが始まる前まであったポイント制度で、主に機種変更などの時に利用できるポイントです。2014年4月利用分から付与は終了になっているので、もしも貯まったままのポイントがある場合には、ここからチャージしてもいいですね。auポイント1.2ポイントに対して1円のチャージが出来ます。

この中でも、auWALLETへのチャージ方法は、auかんたん決済もしくはクレジットカードをメインとするのが望ましいです。クレジットカードのポイントと、auウォレットカードの利用で貯まるポイントが二重でゲットでき、いわゆる「ポイント二重取り」が可能となるからです。ポイントが二つ獲得できるというのは嬉しいですね。

au WALLETアプリが便利!

au WALLETのクレジットカードやプリペイドカードの使い勝手を更によくするためにはau WALLETアプリが不可欠といっても過言ではありません。一度ダウンロードして設定を行っておけばいいだけなので、スマートフォンを利用している方はアプリをダウンロードしておくことをおすすめします。

アプリをダウンロードするメリットは、何といってもその場で残高確認ができることですね。クレジットカードについては多少時間がかかる場合はありますが、プリペイドカードの残高については比較的すぐに反映されるのでとても便利です。「お買い物履歴」で利用明細も見ることができるため、お金やポイントをしっかり管理しておきたいという人には役立ちますよね。また、アプリを使えばプリペイドカードにチャージすることもできます。ポイントをお得に貯めるための情報なども確認できるので、管理と節約の2つの面で便利だと言えるでしょう。

さらにお得な使い方「ポイントアップ」とは?

ここでは「ポイントアップ」についてお話ししていきましょう。au WALLETプリペイドカードは通常【MasterCard】が利用できるお店であれば、200円1ポイントのポイントを貯めることができますが、ポイントアップ店になっているお店を利用した場合は通常ポイントに加えてさらにポイントをもらうことができるんです。クレジットカードチャージを行い、さらにポイントアップ店を利用すれば、au WALLETプリペイドカードのお得度はどんどん増していきます。

たとえば、ポイントアップ店である、【セブンイレブン】を例にあげてみましょう。通常のポイントとセブンイレブンでの付与ポイントはこのような違いがあります。

▼通常の買い物

  • au WALLETプリペイドカード:200円ごとに1ポイント
  • au WALLETクレジットカード:200円ごとに2ポイント

▼セブンイレブン

  • au WALLETプリペイドカード:200円ごとに2ポイント
  • au WALLETクレジットカード:200円ごとに3ポイント

ここに注意!au WALLETのデメリットについて

高還元率が嬉しいau WALLETですが、デメリットもありますので注意してください。まずは海外での利用についてです。海外でau WALLETを利用すると決済手数料が4%かかります。これは他のクレジットカードに比べると高い水準ですので注意してください。また、海外で利用したつもりではなくても、インターネットの決済で利用した場合に海外で決済したことになるサイトも一部ありますので要注意です。

次の注意点は、au WALLETは事前チャージが必要ということです。形状がクレジットカードのようなのでうっかりしてしまいがちですが、あくまでチャージした金額しか利用ができません。レジへ行く前には残額に注意しましょう。

使用は国内で!

まとめ

au WALLETは特定のクレジットカードからのチャージを利用することにより、ほかのどのクレジットカードも足元に及ばないほどの高還元率を実現できるプリペイド式電子マネーカードです。

マスターカードの加盟店で利用できますので、同じプリペイド式電子マネーのsuicaやEdyよりもクレジットカードライクに利用することが可能です。注意点としては、海外での利用とインターネットショッピングでの利用です。海外決済扱いになると他のクレジットカードと比べて手数料が割高になりますので注意してください。

また、とても基本的なことですが、auの携帯電話を契約していないとカードの発行自体ができません。そのため、もしau WALLETに興味があれば、番号そのままで携帯キャリアを乗り換えることを検討してみてはいかがでしょうか。その場合はau WALLETとは関係なく、ショップでキャッシュバックなどが受けられるケースがありますので、より一層お得度が増します。これを読んでau WALLETに興味が出ましたら、携帯キャリアを乗り換えることを検討してみるのもいいかもしれませんね。

関連記事
鬼節約、dカード(旧DCMX)はドコモユーザー必携クレジットカード!スマホ料金割引(dカードGOLDは10%も)!

過去の滞納履歴は嫌われる!カードだけじゃなく、スマホ料金の支払い遅延にも注意!

学生にリクルートカードがオススメな6つの理由とポイント・年会費など徹底解剖!

recruit-plus

リクルートカードとは

『リクルート』といえば、学生の皆さんにとっては「就活」サイトとして有名かもしれません。これから就活を迎えるという人にとっては、このリクルートという言葉を聞くと耳が痛くなるかもしれませんね。しかし、このリクルートが発行する「リクルートカード」。このカードは学生の皆さんにとても優しいお得なカードなのです。

リクルートカードは学生専用というのは用意されていませんが、公式サイトにも『学生の方へ』というリンクが設けられています。年会費無料で何でも1.2%還元、さらに利用付帯ながら海外最高2,000万円、国内最高1,000万円の旅行傷害保険が付帯するという実力のあるクレジットカードです。

学生の利用シーンに超シンクロのリクルートカード

リクルートカードの一番の特徴は、なんといっても、学生向けサービスのトップ企業であるリクルートが発行していることによるサービス連携のすごさ。今では、旅行・就活・飲み会・ビューティーなど学生の方が利用するすべてのサービスにリクルートが入り込んでいますよね

リクルートカードを持っていると、これらのサービスの利用でたくさんポイントがたまるので、通常よりもかなりお得に使えてしまうんです。まさに学生の生活すべてにシンクロしているといっても過言ではないリクルートカード。もちろんポイントも高還元率ですので学生の方には特におすすめのカードです。

ローソンでお得に使えるpontaポイントともシンクロ

先日、リクルートポイントとローソンなどで使えるpontaポイントとの連携が始まりました。これでリクルートポイントがますますお得に使えるようになったんです。というのも、もともとリクルートポイントが利用できるサービスは、普通に利用するよりも割安で利用することができる飲食の「ホットペッパー」、旅行の「じゃらん」、共同クーポンの「ポンパレ」など、そもそもがお得に利用できるサービスばかり。なので、リクルートポイントは1ポイントが1円以上の価値で使えるといえます。

そして、今度はそのリクルートポイントがお得なポイントの代表格pontaポイントと交換できるようになりました。ポンタポイントのすごいところはローソンで無料引換券と交換できること。例えば120円の缶コーヒーが60ポイントなど。つまり、表向きは1ポイント1円相当で還元されるリクルートポイントですが、実は使うシーンを工夫することで1ポイント1円以上の価値でアイテムと交換ができてしまうというわけなんです。

これを使いこなすのはなかなかのポイント通といえますよ。

リクルートカードのここがすごい!6つの理由

1、審査に通りやすい

リクルートカードは比較的審査に通りやすいことで有名です。主婦や大学生の方でも審査に通過することができます。具体的な入会資格は18歳以上(高校生不可)で世帯に安定した継続収入があること、です。学生の場合は年収がないと思うので世帯の収入で判断されます。学生の方でも比較的審査に通りやすいのです。
リクルートカード自体が業界の中でもかなり新しいカードで、加入者をどんどん集めたい!という意図もあります。

2、高いポイント還元率

rec001
リクルートカードでは普段の買い物を利用するだけでもガンガンポイントが貯まっていきます
その還元率は1.2%~2.0%。10,000円の買い物120ポイントが貯まります。貯まったポイントは買い物に使ったり、Pontaポイントに交換することもできます。

Pontaが使えたり貯まったりするお店は多く、リクルートポイントの可能性が更にぐんと広がります。

使える主なお店は例えばこんなところ。

  • ローソン(100円ローソン、ローソンマートなども含む)
  • GEO(宅配レンタルなども含む)
  • HMV(CDショップ)
  • 昭和シェル石油(ガソリンスタンド)
  • 居酒屋・和民
  • H.I.S(オンライン予約・レンタカー)
  • ケンタッキー・フライドチキン
  • ピザハット

などなど・・・
以上のようなお店で使ってもリクルートカードにPontaが貯まることになるため、ホットペッパーでの割引クーポンの発行や、じゃらんを使った旅行がお得になります。

3、日常生活でポイントが貯まりやすい

大学生といえば、飲み会に旅行に買い物と、たくさん遊びたいものですよね。リクルートカードなら、「じゃらん」で「ホットペッパーグルメ」などと提携したキャンペーンを頻繁に行っています。これらを利用することで最大3%のポイント還元を受けることができます。

ほかにも「ホットペッパービューティー」で美容院の予約をしたり、「ポンパレモール」で買い物をしても最大3%のポイントをゲットすることができます。さらに貯まったポイントをこれらのサービスで利用することもできます。

4、付帯保険サービス

旅行傷害保険が海外最高2,000万円、国内最高1,000万円。ショッピング保険が海外年間200万円、国内年間200万円と、年会費無料カードにしては手厚い保険サービスです。

5、その他付帯サービス

ETCカードが利用可能です。(新規発行手数料1,000円 ※税別)。なお、電子マネーや交通系カードの付帯はありません。

6、年会費無料

これだけお得な機能が付いていながら、年会費は永年無料です。さらには入会キャンペーンで最大10,000ポイントをプレゼントしています。学生の方にとって初めてのカードにおススメの1枚です。

リクルートカードに申し込んでみようかな?という方はこちらから。

年会費 永久無料
還元率 2.0%~最大5.0%
発行まで 最短即日発行
強み ポイント還元率の高さ

btn_free_regist

さらに、家族カードで年会費がお得に!

リクルートカード(Recruit Card)には、本会員と同じ機能・保証がついた家族会員カード発行サービスもあります。条件を満たしていればお得な年会費で簡単に家族全員が持てるだけでなく、取得したリクルートポイントの合算も可能です。ポイント還元率の低い他社のカードを個別に持つよりずっとお得なリクルートカードの家族会員カードをご両親にお話しすれば、納得してカードを持たせてくれるかも・・・?

家族会員とは?

この家族カードはリクルートカードの本会員がお勤めで一定の収入があり、学生でない場合、同じ世帯にいる18歳以上の家族(高校生は除く)に家族カードが発行できます。この家族カードは、わかりやすく言うと固定電話の子機のようなもので、本会員と同じ付帯保険やショッピング機能が自動でついてきます。家族カードの利用額を本会員のカードに合算できるのは付与ポイント数があがるだけでなく、何に使ったかを本会員が把握できるので安心です。

年会費無料のリクルートカードの場合は家族会員の年会費ももちろん無料になります。1.2%のポイント還元率も全く同じで、ETCカードも本会員と別に発行が可能です。リクルートカードプラスは本会員の年会費が2,000円ですが、家族会員の場合は年間1000円とかなりお得になっています。つまりポイント還元率2%のリクルートカードプラスを、家族会員なら収入がなくても1,000円で持てるということになります。

何枚まで申し込めるの?

家族カードは、VISAの場合は家族会員1名につき19枚まで、JCBの場合は家族会員1名につき8枚まで申し込みが可能です。他社では家族カードが2枚程度までの場合が多いですが、リクルートカードではカードブランドによって家族カードの発行上限枚数が変わります。

ちなみに、リクルートカードプラスはJCBしか選べないため自動的に8枚までに限られてしまいます。しかし配偶者・ご両親の3人に持ってもらっても更に5枚発行可能ですから、大家族の方でも十分全員が持てそうです。

家族会員にも付帯保険が充実!!

リクルートカードの旅行傷害保険/ショッピング保険はそのまま家族会員にも適用されますから、旅行や買い物が多い家族に持っていてもらうと安心です。VISAやJCBは例えば大学の生協など使えるシーンが多いので、テキスト等の購入でもショッピング保険が適用される場合があります。

家族カードはリクルートカードの公式サイトから申込書を取り寄せていただくか、オンライン申し込みをするだけで簡単に手続きができます。「もっと便利にリクルートカードを使いたい!」「もっとポイントが欲しい!」という方は、ご両親に相談して、家族会員カードを申し込んでもらうのもおすすめです。

学生が家族カードを申し込むときに注意したいこと

ETCカードの場合は定職にお勤めの方が申し込んだのと同じく通常通り発行されますが、学生の方がリクルートカードの会員になったときは家族カードの申し込みができません。この場合は、まず、固定収入のある方が入会したあとに家族カードを持たせてもらうことで、取得したポイントの合算や利用明細のチェックなども本会員のカードにまとめることができます。

またキャッシング枠を申し込んだ際に多少審査が厳しくなってしまう可能性もありますから、できればご両親に本会員カードを持ってもらい、学生の方は家族会員として家族カードを利用するのが良いと思います。

リクルートカードへの申し込み条件

学生の方やアルバイト収入の方、専業主婦(主夫)、自営業の方でもかなり手にされていることが多いリクルートカードですが、以下のような申し込み条件があります。

  • 原則18歳以上の方
  • 本人または配偶者に継続的な収入がある方
  • 18歳以上で高校生を除く学生の方

学生の方でしたらアルバイト収入しかなくても申し込むことができますし、主婦・主夫の方や自営業の方でも配偶者が安定した収入を得ているご家庭なら、比較的審査が通りやすいカードだといえます。

さらに他のクレジットカードのように審査に日数がかからず、多くの場合で申し込みから即日中に審査の合否がわかるリクルートカードなら、気軽に申し込むことができます。

リクルートカードへの申し込み手順は簡単3ステップ!

ここまでで、リクルートカードの魅力を十分に理解できたかと思います。

しかし実際にリクルートカードを使ってみようと思っても、クレジットカードなんてつくったことないし、申し込みが不安だという学生は多いはず。申し込みをする前に、まずは手順を確認しておきましょう。ネットでの申し込みが簡単で時間も取られないためおすすめです。

リクルートカードへの申し込み手順は下記の通りです。

  1. リクルートIDを登録する
  2. カードブランドを選択する
  3. 必要情報を入力する

このあとは審査会等を待ってカードを受け取るだけ。実は、クレジットカードをつくるのはとっても簡単なんです。

1.リクルートIDを登録する

リクルートカードを申し込むためには、リクルートグループのサービスで使える共通IDが必要となります。ちなみにID自体の発行は完全無料です。また、リクルートカードで貯まったポイントを使うときにも必須ですから、登録しておきましょう。

まず、「新規会員登録」の赤いバナーをクリックします。確認メールが届くメールアドレスがそのままリクルートIDとして登録されます。

24時間以内にアクセスする必要があるため、仮登録メールが届かない方は迷惑メールフィルターで受信がブロックされていないか確認してみましょう。ここでもう一度本登録用のメールが送られてきます。そのURLにアクセスしてパスワードなどを設定し、ID登録を済ませます。

リクルートグループの「ホットペッパー」「じゃらん」「ポンパレ」等をすでに使っているという方は、リクルートIDでログインすることでこの手順を省けます。

カードブランドを選択する

リクルートカードはJCBとVISAからカードブランドが選べます。

JCBのみしか取り扱いがありませんが、リクルートカードプラスを選ぶ場合もこの画面で選択します。JCBとVISAでは電子マネーチャージへの付与ポイントやETCカード発行手数料などで多少の差があるため、よく比較してより便利な方を選びましょう。

必要情報を入力する

名前、住所や年齢、勤務先情報など入力します。入力画面では、変換間違いや情報の書き漏らしがないかしっかり確認しましょう。登録情報に間違いが多いと、審査が厳しくなる場合もあります

クレジットカードで手軽に現金が借りられるキャッシングサービスもつけられますが、こちらはクレジットカード自体とは別に、更に審査が行われるため必要ない方は外しておくことをおすすめします。多少カードが届くのが早くなったり、利用上限枠(限度額)が大きめになる可能性があります。必要情報の登録が終われば、後は審査が終わってお手元にカードが届くのを待つだけです。

リクルートカードの場合、審査時間は数十分程度。審査の結果は入力後に送られてくる合否メールで確認することができます。ですから、他社のクレジットカードのように何週間も待つ必要はありません。

審査さえ終わっていればカードが届く前に入会特典のポイントを登録したIDで手に入れることができます。なので、リクルートグループのサービスを先に利用されておくのも良いかもしれません。

リクルートカードに申し込んでみようかな?という方はこちらから。

年会費 永久無料
還元率 2.0%~最大5.0%
発行まで 最短即日発行
強み ポイント還元率の高さ

btn_free_regist