家族カード

大学を中退学・除籍となってしまった場合のクレジットカードは?

学生用クレジットカードを発行するトレンドが加速している!

学生ライフがクレカを作るきっかけに

生まれて初めて持ったクレジットカードは、学生の時に作ったものだったという人は多いです。このウェブサイトを見ている方も、多くの方はこれからクレカを作る学生さんや、学生さんでいくつかカードを持っている方が多いですね。卒業旅行で海外に行くときに作った(作る)という人も多いのではないでしょうか。

「学生」は一般の方と異なる審査形式でクレカが作れる

本来、クレジットカードは定職についていて収入のある人向けのカードです。しかし、大学生は通常仕送りやお小遣いなどの形で保護者からお金を受け取っていますよね。万が一学生の利用者が支払いができなくなったとしても、保護者が代わりに支払いをすることになる可能性が非常に高いと言えます。

クレジットカード会社としては学生本人の信用力(お金を返す能力のこと)はそれほどあてにできないにしても、保護者とセットで考えれば良いお客さんになるというわけですね。カード会社からすれば、限度額を低く設定しておけばリスクが低く発行できます。

また、人生で最初に持ったクレジットカードというのはなんとなく愛着があるものです。クレジットカード会社としては自分の会社ブランドへのファンを作るという意味でも、学生向けのクレジットカードを発行するメリットはあるというわけです。

大学、専門学校を中退・除籍になったら?

中退・除籍になった後、クレジットカードは使える?

何らかの理由で大学、除籍をしてフリーターや社会人になる人、学費を準備できなかったなどの理由により、大学を除籍になってしまった人もいるかもしれません。今これを読んでいるあなたもそうかもしれません。

学生でなくなったことから、自然にフリーターや社会人になったという人でも学生用のクレジットカードを持ち続けることはできます。退学後いきなり使用停止!ということにはならず、多くの場合支払いを延滞しているなどの履歴が特になければ、除籍や退学になった後も、在学中と同じ利用限度額で使うことができるのです。学生用クレジットカードは利用限度額が小さい代わりに海外ショッピングなどで特典がつくことも多いので、社会人として更新することなく使い続けるメリットもあります。

学生カードを使い続けるデメリット

ただし、前述の通りですが学生用クレジットカードは利用限度額が低く設定される傾向があります。これは学生本人には収入が少ない場合が多いため、信用力が低いとみなされているからです。学生用カード独自のメリットはあるとは言っても、やはり利用限度額が少ないのはネックですよね。利用限度額をあげたい場合には学生ではない身分、社会人として審査を受け直すことになります。

たとえ学校を除籍になっている人でも、クレジットカード会社の審査では「現在の収入状況がどういう状態か?」の方が重視される可能性が高いです。そのため除籍等になった後でもちゃんと社会人として収入があるのであればクレジットカードを持つことはそれほど難しいことではありません。

実際、一般的にクレジットカードの審査では大卒や高卒などの区分を申告する項目はありません。審査されるのはあくまでも現在の年収や、勤務先会社の従業員数や資本金などです。毎月きちんと収入のある人であれば、学校を退学しているなどの履歴がある人でも利用限度額の多いクレジットカードをもてる可能性は十分にあります。

一般カードへの切り替え、申請方法は?

一般カードへの切り替えに関しては、通常はカードを作るときに申告している卒業予定の年になると更新の書類が送られてきます。その際に現在の就職先を記入するか、フリーターである場合にはその旨を記載して返送すればカードは持ち続けることができます。

学生用クレジットカードから一般カードに切り替えなら、新規発行するのに比べてスムーズに審査を通すことができます。社会人になって自分でお金を稼げるようになると利用限度額もアップすることができるでしょう。

すでに発行されている学生用クレジットカードはどうなる?

除籍になったケースなど、申告した卒業年度になる以前に学生の身分ではなくなった場合でも、こちらから申告しない限りは学生クレジットカードが止められてしまうということはありません。除籍になったという事実をクレジットカード会社が知る手段は基本的にないためです。

現在の状況などについてウソの申告をするのはだめですが、あえて除籍になった事実をクレジットカード会社側に申告する義務はありません。申告しても特にメリットはないので、そのまま放置しておく方が良いというのが実情かもしれませんね。

※その代り、その間に後述の通りサブカードの発行を試みてください。

サブで、年会費無料系のクレジットカードに申し込んでみるという選択肢

学生用カードから一般用カードへの切り替えで審査に通る自信がないのなら、年会費無料の別のクレジットカードに申し込んでおくというのも一つの手です。クレジットカード会社はそれぞれによって審査の基準が微妙に違いますので、これまで使っていたクレジットカードの更新ができなかったとしても、別のクレジットカードでは審査が通るということは十分考えられます。

ただし、一度に3社も4社もクレジットカード発行申し込みを行ってしまうと、信用情報としてマイナス評価をされてしまうケースがあるので注意しましょう。(クレジットカード会社としては「一気にクレジットカードを作るのは、経済状況が一気に悪化したからなのかも?」という判断になり、現在の利用額が引き下げられてしまう可能性があります)

入会キャンペーンがアツい!VIASOカード。最大10,000円相当プレゼント中。

viaso_02
期間限定!インターネット限定の特典ですのでカードを作るならインターネット経由が一番お得です。ご入会から3か月後までの利用状況で最大10,000円分ポイントプレゼント!

年会費 年会費無料!
還元率 0.5%~最大10%まで!
発行まで 最短1営業日で発行!
強み キャッシュバックが熱い!海外保険もしっかり付帯。

btn_free_regist

企業の正社員など、定職に就いて1年もすると比較的審査は通りやすくなりそう

一般的に延滞などの履歴がない限りはクレジットカードを発行することはそれほど高いハードルではありません。正社員として定職につき、毎月きちんと収入がある人であれば1年程度の勤続年数でも問題なく審査に通ることが多いです。

学生クレジットカードから一般カードへの切り替え時には審査に通らなかったという人でも、同じ会社に1年後に申し込んだら審査に通るということはありますよ。

親の名義の家族カードを持つという手段もアリ

クレジットカードは家族で共有するという形で利用ができる「家族カード」を発行することができます。自分の名前で審査に申し込んだけれど、落ちてしまったというような場合には、この家族カードを持つということも選択肢に入れてみると良いでしょう。この場合は審査されるのは親の年収やカードの利用状況ということになりますので、定職についている人であれば問題なくカードを発行してもらえる可能性があります。

虚偽の申告をしてカードを作った場合は詐欺罪に問われる可能性があるので正直に。

「学生としては除籍されているけれど、学生証は前の記載のままだから嘘をついて審査に申し込んだらいいのでは?」と思われる方もおられるかもしれません。

確かに、クレジットカード会社としては学生証が身分証明書として提出されればそれを信用することが多いでしょう。本来であれば卒業年度が来ているのにまだ学生として申告した場合にはチェックが入る可能性はありますが、それでもそれを理由として審査に落ちるということは少ないと思われます(留年などで卒業年限が先に伸びることは珍しいことではないですよね)

ですが、ウソの内容に基づいてクレジットカードの申し込みを行うことは最悪の場合は詐欺罪に問われることもあります。※厳禁です!

それが原因で逮捕されるようなことはよほど悪質なケースや犯罪的なクレジットカードの使い方をした場合に限られるでしょうが、申告した内容が虚偽であることがなんらかの理由でわかってしまうと信用情報期間にブラックリストとして登録されてしまう可能性が高いです。ブラックリストとして登録されると以降数年間は新規にローンを組めなくなるなどの多大な不利益を被る可能性があります。組めなくなるローンは住宅ローンや自動車ローンだけではなく、携帯電話本体の分割払いなどもできなくなってしまう可能性もありますので注意しましょう。

学生カードから、一般カードに移行する前にサブカードに申し込んでみませんか?

サブカードにもオススメ!楽天カードを検討しよう

年会費 永久無料
還元率 通常1%、楽天では2%以上
発行まで すぐ審査、1週間ほどで手元に。
強み 楽天サービスやnanacoなど電子マネーとの相性の良さ、還元率が高く日常的に使える

クレジットカード部門の顧客満足度第一位に6年連続で選ばれました!
btn_free_regist

学生にリクルートカードがオススメな6つの理由とポイント・年会費など徹底解剖!

recruit-plus

リクルートカードとは

『リクルート』といえば、学生の皆さんにとっては「就活」サイトとして有名かもしれません。これから就活を迎えるという人にとっては、このリクルートという言葉を聞くと耳が痛くなるかもしれませんね。しかし、このリクルートが発行する「リクルートカード」。このカードは学生の皆さんにとても優しいお得なカードなのです。

リクルートカードは学生専用というのは用意されていませんが、公式サイトにも『学生の方へ』というリンクが設けられています。年会費無料で何でも1.2%還元、さらに利用付帯ながら海外最高2,000万円、国内最高1,000万円の旅行傷害保険が付帯するという実力のあるクレジットカードです。

学生の利用シーンに超シンクロのリクルートカード

リクルートカードの一番の特徴は、なんといっても、学生向けサービスのトップ企業であるリクルートが発行していることによるサービス連携のすごさ。今では、旅行・就活・飲み会・ビューティーなど学生の方が利用するすべてのサービスにリクルートが入り込んでいますよね

リクルートカードを持っていると、これらのサービスの利用でたくさんポイントがたまるので、通常よりもかなりお得に使えてしまうんです。まさに学生の生活すべてにシンクロしているといっても過言ではないリクルートカード。もちろんポイントも高還元率ですので学生の方には特におすすめのカードです。

ローソンでお得に使えるpontaポイントともシンクロ

先日、リクルートポイントとローソンなどで使えるpontaポイントとの連携が始まりました。これでリクルートポイントがますますお得に使えるようになったんです。というのも、もともとリクルートポイントが利用できるサービスは、普通に利用するよりも割安で利用することができる飲食の「ホットペッパー」、旅行の「じゃらん」、共同クーポンの「ポンパレ」など、そもそもがお得に利用できるサービスばかり。なので、リクルートポイントは1ポイントが1円以上の価値で使えるといえます。

そして、今度はそのリクルートポイントがお得なポイントの代表格pontaポイントと交換できるようになりました。ポンタポイントのすごいところはローソンで無料引換券と交換できること。例えば120円の缶コーヒーが60ポイントなど。つまり、表向きは1ポイント1円相当で還元されるリクルートポイントですが、実は使うシーンを工夫することで1ポイント1円以上の価値でアイテムと交換ができてしまうというわけなんです。

これを使いこなすのはなかなかのポイント通といえますよ。

リクルートカードのここがすごい!6つの理由

1、審査に通りやすい

リクルートカードは比較的審査に通りやすいことで有名です。主婦や大学生の方でも審査に通過することができます。具体的な入会資格は18歳以上(高校生不可)で世帯に安定した継続収入があること、です。学生の場合は年収がないと思うので世帯の収入で判断されます。学生の方でも比較的審査に通りやすいのです。
リクルートカード自体が業界の中でもかなり新しいカードで、加入者をどんどん集めたい!という意図もあります。

2、高いポイント還元率

rec001
リクルートカードでは普段の買い物を利用するだけでもガンガンポイントが貯まっていきます
その還元率は1.2%~2.0%。10,000円の買い物120ポイントが貯まります。貯まったポイントは買い物に使ったり、Pontaポイントに交換することもできます。

Pontaが使えたり貯まったりするお店は多く、リクルートポイントの可能性が更にぐんと広がります。

使える主なお店は例えばこんなところ。

  • ローソン(100円ローソン、ローソンマートなども含む)
  • GEO(宅配レンタルなども含む)
  • HMV(CDショップ)
  • 昭和シェル石油(ガソリンスタンド)
  • 居酒屋・和民
  • H.I.S(オンライン予約・レンタカー)
  • ケンタッキー・フライドチキン
  • ピザハット

などなど・・・
以上のようなお店で使ってもリクルートカードにPontaが貯まることになるため、ホットペッパーでの割引クーポンの発行や、じゃらんを使った旅行がお得になります。

3、日常生活でポイントが貯まりやすい

大学生といえば、飲み会に旅行に買い物と、たくさん遊びたいものですよね。リクルートカードなら、「じゃらん」で「ホットペッパーグルメ」などと提携したキャンペーンを頻繁に行っています。これらを利用することで最大3%のポイント還元を受けることができます。

ほかにも「ホットペッパービューティー」で美容院の予約をしたり、「ポンパレモール」で買い物をしても最大3%のポイントをゲットすることができます。さらに貯まったポイントをこれらのサービスで利用することもできます。

4、付帯保険サービス

旅行傷害保険が海外最高2,000万円、国内最高1,000万円。ショッピング保険が海外年間200万円、国内年間200万円と、年会費無料カードにしては手厚い保険サービスです。

5、その他付帯サービス

ETCカードが利用可能です。(新規発行手数料1,000円 ※税別)。なお、電子マネーや交通系カードの付帯はありません。

6、年会費無料

これだけお得な機能が付いていながら、年会費は永年無料です。さらには入会キャンペーンで最大10,000ポイントをプレゼントしています。学生の方にとって初めてのカードにおススメの1枚です。

リクルートカードに申し込んでみようかな?という方はこちらから。

年会費 永久無料
還元率 2.0%~最大5.0%
発行まで 最短即日発行
強み ポイント還元率の高さ

btn_free_regist

さらに、家族カードで年会費がお得に!

リクルートカード(Recruit Card)には、本会員と同じ機能・保証がついた家族会員カード発行サービスもあります。条件を満たしていればお得な年会費で簡単に家族全員が持てるだけでなく、取得したリクルートポイントの合算も可能です。ポイント還元率の低い他社のカードを個別に持つよりずっとお得なリクルートカードの家族会員カードをご両親にお話しすれば、納得してカードを持たせてくれるかも・・・?

家族会員とは?

この家族カードはリクルートカードの本会員がお勤めで一定の収入があり、学生でない場合、同じ世帯にいる18歳以上の家族(高校生は除く)に家族カードが発行できます。この家族カードは、わかりやすく言うと固定電話の子機のようなもので、本会員と同じ付帯保険やショッピング機能が自動でついてきます。家族カードの利用額を本会員のカードに合算できるのは付与ポイント数があがるだけでなく、何に使ったかを本会員が把握できるので安心です。

年会費無料のリクルートカードの場合は家族会員の年会費ももちろん無料になります。1.2%のポイント還元率も全く同じで、ETCカードも本会員と別に発行が可能です。リクルートカードプラスは本会員の年会費が2,000円ですが、家族会員の場合は年間1000円とかなりお得になっています。つまりポイント還元率2%のリクルートカードプラスを、家族会員なら収入がなくても1,000円で持てるということになります。

何枚まで申し込めるの?

家族カードは、VISAの場合は家族会員1名につき19枚まで、JCBの場合は家族会員1名につき8枚まで申し込みが可能です。他社では家族カードが2枚程度までの場合が多いですが、リクルートカードではカードブランドによって家族カードの発行上限枚数が変わります。

ちなみに、リクルートカードプラスはJCBしか選べないため自動的に8枚までに限られてしまいます。しかし配偶者・ご両親の3人に持ってもらっても更に5枚発行可能ですから、大家族の方でも十分全員が持てそうです。

家族会員にも付帯保険が充実!!

リクルートカードの旅行傷害保険/ショッピング保険はそのまま家族会員にも適用されますから、旅行や買い物が多い家族に持っていてもらうと安心です。VISAやJCBは例えば大学の生協など使えるシーンが多いので、テキスト等の購入でもショッピング保険が適用される場合があります。

家族カードはリクルートカードの公式サイトから申込書を取り寄せていただくか、オンライン申し込みをするだけで簡単に手続きができます。「もっと便利にリクルートカードを使いたい!」「もっとポイントが欲しい!」という方は、ご両親に相談して、家族会員カードを申し込んでもらうのもおすすめです。

学生が家族カードを申し込むときに注意したいこと

ETCカードの場合は定職にお勤めの方が申し込んだのと同じく通常通り発行されますが、学生の方がリクルートカードの会員になったときは家族カードの申し込みができません。この場合は、まず、固定収入のある方が入会したあとに家族カードを持たせてもらうことで、取得したポイントの合算や利用明細のチェックなども本会員のカードにまとめることができます。

またキャッシング枠を申し込んだ際に多少審査が厳しくなってしまう可能性もありますから、できればご両親に本会員カードを持ってもらい、学生の方は家族会員として家族カードを利用するのが良いと思います。

リクルートカードへの申し込み条件

学生の方やアルバイト収入の方、専業主婦(主夫)、自営業の方でもかなり手にされていることが多いリクルートカードですが、以下のような申し込み条件があります。

  • 原則18歳以上の方
  • 本人または配偶者に継続的な収入がある方
  • 18歳以上で高校生を除く学生の方

学生の方でしたらアルバイト収入しかなくても申し込むことができますし、主婦・主夫の方や自営業の方でも配偶者が安定した収入を得ているご家庭なら、比較的審査が通りやすいカードだといえます。

さらに他のクレジットカードのように審査に日数がかからず、多くの場合で申し込みから即日中に審査の合否がわかるリクルートカードなら、気軽に申し込むことができます。

リクルートカードへの申し込み手順は簡単3ステップ!

ここまでで、リクルートカードの魅力を十分に理解できたかと思います。

しかし実際にリクルートカードを使ってみようと思っても、クレジットカードなんてつくったことないし、申し込みが不安だという学生は多いはず。申し込みをする前に、まずは手順を確認しておきましょう。ネットでの申し込みが簡単で時間も取られないためおすすめです。

リクルートカードへの申し込み手順は下記の通りです。

  1. リクルートIDを登録する
  2. カードブランドを選択する
  3. 必要情報を入力する

このあとは審査会等を待ってカードを受け取るだけ。実は、クレジットカードをつくるのはとっても簡単なんです。

1.リクルートIDを登録する

リクルートカードを申し込むためには、リクルートグループのサービスで使える共通IDが必要となります。ちなみにID自体の発行は完全無料です。また、リクルートカードで貯まったポイントを使うときにも必須ですから、登録しておきましょう。

まず、「新規会員登録」の赤いバナーをクリックします。確認メールが届くメールアドレスがそのままリクルートIDとして登録されます。

24時間以内にアクセスする必要があるため、仮登録メールが届かない方は迷惑メールフィルターで受信がブロックされていないか確認してみましょう。ここでもう一度本登録用のメールが送られてきます。そのURLにアクセスしてパスワードなどを設定し、ID登録を済ませます。

リクルートグループの「ホットペッパー」「じゃらん」「ポンパレ」等をすでに使っているという方は、リクルートIDでログインすることでこの手順を省けます。

カードブランドを選択する

リクルートカードはJCBとVISAからカードブランドが選べます。

JCBのみしか取り扱いがありませんが、リクルートカードプラスを選ぶ場合もこの画面で選択します。JCBとVISAでは電子マネーチャージへの付与ポイントやETCカード発行手数料などで多少の差があるため、よく比較してより便利な方を選びましょう。

必要情報を入力する

名前、住所や年齢、勤務先情報など入力します。入力画面では、変換間違いや情報の書き漏らしがないかしっかり確認しましょう。登録情報に間違いが多いと、審査が厳しくなる場合もあります

クレジットカードで手軽に現金が借りられるキャッシングサービスもつけられますが、こちらはクレジットカード自体とは別に、更に審査が行われるため必要ない方は外しておくことをおすすめします。多少カードが届くのが早くなったり、利用上限枠(限度額)が大きめになる可能性があります。必要情報の登録が終われば、後は審査が終わってお手元にカードが届くのを待つだけです。

リクルートカードの場合、審査時間は数十分程度。審査の結果は入力後に送られてくる合否メールで確認することができます。ですから、他社のクレジットカードのように何週間も待つ必要はありません。

審査さえ終わっていればカードが届く前に入会特典のポイントを登録したIDで手に入れることができます。なので、リクルートグループのサービスを先に利用されておくのも良いかもしれません。

リクルートカードに申し込んでみようかな?という方はこちらから。

年会費 永久無料
還元率 2.0%~最大5.0%
発行まで 最短即日発行
強み ポイント還元率の高さ

btn_free_regist