学生ローン

学費が払えないとき学生ローンや借金キャッシングを考える前に、学費の免除・延納・分納・奨学金という手段を考えよう

学生の方にとって、「お金が足りなくて学費が払えない」状態というのはとても不安なものですよね。期限までに学費が払えない場合には学生である資格を失ってしまいます。学生を続けたいという場合にはなんとかしてお金を用意する必要があります。

ですが、ここで安易に何も考えず、学生向けのローンや消費者金融からお金を借りるようなことをしてしまうのは適切ではありません。まずはお金を借りてくる以外の方法によってお金を準備することができないか?を考えましょう。

お金を借りてくる以外の方法では、授業料の免除や支給の奨学金などがあります。

授業料の免除・分納・延納ができないか調べる・問い合わせてみよう

まずは学校の事務所に直訴。金利がかからず支払いを柔軟に変えてもらう

授業料の徴収に関しては学校が権限をもって決めています。
現状では授業料を支払える見込みがないときにはまずは学校の事務所に直接でむいて直訴してみましょう。

学校が授業料に関する権限を持っているということは、特別な事情(家庭の急激な経済環境の悪化など)がある学生に対しては特別措置を認めるケースがあるということでもあります。授業料は通常は指定された期日までに支払いを行わないと除籍などの措置がとられてしまいますが、学生に特別な事情が認められる場合には免除や分納、延納などの措置がとられることもあるのです。

希望を捨てずに学生課などの学校側の窓口に相談してみるようにしましょう。

授業料の免除

学校によっては成績優秀者に対して授業料の免除などの特別な措置をとることがあります(いわゆる特待生制度など)

多くの場合半期に一回や、年間に一回などのスパンで授業料が免除となる特待生の試験があります。

この制度によって授業料全額とはいかなくとも半額や4分の1の金額が免除されるということはあります。

授業料の分納

授業料は通常、半期ごとの一括払いになりますが、分納などの形で一回あたりの支払額を減らしてもらえることがあります。

授業料の延納

少しの間待ってもらうことができれば授業を支払うことができるという場合には、授業料の延納を認めてもらえる可能性もあります。

いったん休学してお金を稼いでから戻ってくるという方法も考えられますが、これだと卒業までの期間が長くなってしまいます。

そのため、授業料の支払いを一定期間待ってほしいという場合にはまずは授業料の延納が認められないかどうかを学校に掛け合ってみると良いでしょう。

自分に申し込める奨学金を探そう

概要:低金利、返済期間も柔軟な奨学金

授業料の免除が認められないという場合には、まずは奨学金の利用を検討するようにしましょう。

奨学金というと聞こえはいいですが、貸与型の奨学金である場合には奨学金といえども実質的には「借金」です。

消費者金融などの金融機関からお金を借りるのと本質的には同じですから、利息の扱いなどについては申し込み前によく把握しておく必要があります。

貸与型の奨学金

奨学金には「貸与型」と「給付型」の2種類があります。

貸与型の奨学金は、借金であるという点では金融機関からお金を借りるのと同じですが、支払う必要のある利息がとても少なくて済むという特長があります(無利息の貸与奨学金もあります)

貸与型奨学金は日本学生支援機構で申し込みができるほか、学校独自に募集している奨学金もあります。

給付型の奨学金

給付型の奨学金は返済の必要がない奨学金のことです。つまりはただでお金をもらえるということですね。

当然希望者も多くいますから、給付型の奨学金を認めてもらうためには、成績優秀であることと経済的な困窮状態にあることが条件となっている場合がほとんどです。

給付型の奨学金についても日本学生支援機構で募集されているほか、学校が独自の基準で募集しているものもあります。

学校独自の給付型奨学金の場合、通常は試験や面接などの形で「学生として優秀であること」を学校側に認めてもらう必要があります。

ローンや借入

日本学生支援機構や、学校独自の奨学金を利用できない場合には、金融機関からのローンを考える必要があります。

金融機関からの借入を考える場合には、まずは条件が有利な「国の教育ローン」の利用を検討しましょう。

国の教育ローン

国の教育ローンというのは、日本政策金融公庫が募集している「教育一般貸付」のことです。

借入可能額は最高350万円(海外留学を行う場合には450万円)で、年利は一般的な金融機関よりもぐっと低く抑えられています(2016年6月現在で年1.9%です)

100万円を10年間の返済期間で借りた場合、毎月の返済額は9300円となります。
なお、在学期間中は利息の支払いだけで良いとされます。

国の教育ローンは日本学生支援機構の奨学金との併用も可能ですので、学費が高額になる学校に進学したい方は検討してみると良いでしょう。

銀行や民間消費者金融機関のローン

国の教育ローンの審査に通らない、という場合には一般的な銀行や消費者金融のローンを検討する必要があります。

銀行の教育ローンの場合、国の教育ローンと比較すると利率がやや高いですが、消費者金融からの借入に比べると条件は良いです。

たとえば三菱東京UFJ銀行の場合、教育ローンの借入利率は3.975%となっています(2016年6月現在)

一般的な銀行でも融資審査に通らない場合には消費者金融からの借入を検討する必要があります。

消費者金融の場合、借入利率は15%〜18%程度に設定されることが多いでしょう。
国の教育ローンや一般的な銀行と比較するとぐっと高い金利を設定されてしまう可能性が高いです。

通常、学生の期間中には収入は限られているでしょうから、返済期間も長くなってしまいます。

授業料支払いのために消費者金融を利用するのは「最後の手段」と考えておくのが賢明です。

アルバイトで稼ぐという手段

借金をせずにアルバイトで稼ぐということも考えてみましょう。

アルバイトでお金を工面するのであれば借金をしたときのように利息の支払いをする必要がないといメリットがあります。

ただし、私立大学の授業料の場合は年間で100万円を超える金額が必要になります。

学生がアルバイトで生活費を工面しながら授業料も支払うというのはかなり大変であると覚悟しておく必要があります。

もちろん、アルバイトで生活費と授業料をきちんと支払っている人はたくさんいます。

学生時代に苦労した経験は社会に出た後も生きてくることでしょう。希望を捨てずにチャレンジしてみる価値はありますよ。

1年休学し、一気に稼いで戻ってくるという強硬手段

1年から数年程度いったん休学して、授業料分のお金を稼いでから復学するという方法もあります。

卒業までの期間は伸びてしまいますが、奨学金の形であっても借金をしたくない(あるいは審査に通らない)という場合であれば有効な方法と言えます。

ただし、1年間であってもお金を貯めるというのは強い意志が必要です。
学校を卒業することと学生として学ぶことへの強い意欲のある方はチャレンジしてみる価値はあります。

授業料を滞納すると、退学・除籍処分に。

授業料の滞納をし、そのまま何の処置をとらない場合には学校側から退学や除籍の処分を受けてしまう可能性が極めて高いです。

「学校は学生の味方だからそこまではしないだろう・・・」などと考えていてはいけません。

学校側としては特定の学生に対して甘い措置をとってしまうと、別の学生も授業料の納付を拒否してくる可能性があるので、授業料の滞納には厳しい措置をとらざるをえないのです。

お金は計画的に。学費支払の手段まとめ

以上、学校の授業料が払えない場合の対策について簡単に解説させていただきました。

いずれの方法をとるにしても、授業料の納付期限ぎりぎりになってしまうと対策を取りたくても取れない状態になってしまいます。

お金の問題は計画的に解決していくべきものです。現在の収入や自己資金では授業料を払える見込みがないという人は、長期的な計画を立てた上で対策を考えていく必要があります。

学生が即日借金・キャッシングする方法まとめ!カードローン?学生ローン?注意点も。

学生はお金がなーーーーい

バイトするにも、ゼミは忙しいし、卒論はあるし、部活も行かなきゃいけないし、年末は旅行にも行くし、お金ないなぁ。どうしようかな、、、
あ、電信柱に貼ってある所に電話をしてお金借りればいいんだ。

・・・なんて思ってはいけません。

今は迷惑メールなどにも、そういったお金を貸しますよ。とうたっている業者もあります。絶対にそういった業者ではお金を借りるのだけはやめてください。法律もへったくれもない業者ばかりですのでやめましょう。

それでもお金ないんですよ

それでも今月はお金がきびしくて、親にお金を借りる事も難しくて、翌月はバイトの給料があるからどうにかなるけど、今月はお金ないからどうにかしたい。といった時にキャッシングという手段もあります。ここではどのような商品があるのかご案内します。

テレビでよく見かけます

CMでよく見かけるものは、アコムやプロミスなどの消費者金融と銀行が行っているカードローン、学生向けに特化している学生ローンなどがあります。銀行のカードローンは学生でも利用できるところもあるのですが、基本的には学生には貸出をしていないところが多いです。対象年齢は20歳以上が前提です。どのファイナンス業者でも20歳以上と言われると思います。
これは、民法の法律規定による所が多いです。未成年の場合は親の承諾がないと契約が取り消す事が可能だからです。
その為申込年を20歳以上にしています。また学生は申込ができないという規定も、社会人学生や昼間はフルタイムで働き、夜間を別の学校へ行っているケースもありますので、必ずしもダメとは限りませんので一度申込してみることをオススメします。

よく聞くカードローン

自分が口座を持っている銀行のカードローンで借りる事も一つの方法です。最近は窓口だけでなくテレビ電話でも受け付けができたり、インターネットで申込が可能なところもあります。利率もそんなに高くはなく、必要書類も免許証などの本人確認資料があれば可能です。また学生さんの場合は収入が少ない事、支払がルーズな事が懸念される為借りれる枠は大きく借りることは厳しいと思います。

消費者金融ローン

今は銀行系の子会社が運営している所も多いので安心して利用できます。またキャンペーンを定期的に行っているので30日間手数料無料キャンペーンなどの時に利用するとオトクですね。大手はアコム、レイク、プロミスなどになると思います。ただ消費者金融といっても法律に基づいてお金を貸しているので法律で決められた金額までしか貸出はできません。例えば貸金業法のなかで総量規制という物があります。総量規制とは、年収の3分の1までしか借りれないことをさしてます。

→アコムで借りれるか診断してみる
→レイクで借りれるか診断してみる
※1日に同時に申し込むのは、2社までにしておきましょう。

学生ローン

学生ローンは学校の近くに看板を出している業者が多いです。またネットなどから申込はできますが、たいていは来店してからの契約が多いです。本人確認資料も本当は学生証は公には本人確認資料にはならないと言われていますが、学生ローンの場合は本人確認資料に学生証が認められます。そして学生さん向けに貸し出しを特化している事が大きいです。そして支払いを待ってくれる優しい所も多く、金利は通常は借りた金額+金利を返済しなければいけませんが、学生ローンによっては一定期間は金利のみの支払いで途中から両方支払う事もあります。

gc6

クレジットカードのキャッシング枠

もし既にクレジットカードを持っていれば、キャッシングの枠がついている場合もあります。コンビニや銀行のATMなどに行き、キャッシングすることも可能です。クレジットカードを作る時にキャッシング枠もあると、何かあった時には役立ちます。金利は他と一緒で法律通り以下の利率で貸し出します。

こんなところでは絶対借りてはだめです

お金のみを貸出する貸金業者は利息制限法により貸出する時の利率が決まっています。50万円未満は実質年率20%以下、50万円以上100万円未満は実質年率18%以下、100万円以上は実質年率15%以下と決まっています。そのためこれを超える記載があった場合は、全てヤミ金と覚えてください。ただしクレジットカードのショッピング枠や物を買った時のローンなどはこの金利ではありませんので注意ください。

ホームページをチェック

●●円迄融資可と買いてあるところはやめましょう。先述したように法律で借りる金額には上限があります。その上限を超して貸してくる事は督促などが法律にのっとってではないと言えます。学生だからといって容赦ありません。

お金を借りて返すという事

様々な所でお金を借りる事ができる現代ですが、学生ローンも含めてほとんどの会社は個人信用情報機関に情報を登録します。そして支払状況がどうかを都度その情報機関に登録しています。学生さんであれば近いうちに社会人として働く方々も多いと思います。携帯電話のように携帯が止まるというお知らせがきてから払えば良いかなと思っているかもしれませんが、電話は電話線を止める事ができますが、お金は止める事ができません。

つまり支払がたった1日遅れただけで遅延損害金というお金を余分に支払わなければなりません。また督促がないから支払いしなくてもいいんだと思っていると、最低5年はクレジットカードや携帯電話の分割もできないかもしれません。社会人になって最初からクレジットカードを作れないということは、デメリットが多いと思います。計画的に利用しましょう。

キャッシングできるクレジットカードを持っておこう!

クレジットカードとしても、キャッシング機能もアリ最短発行が最速レベルの、ACマスターカード!

smp_arrow

限度額 10~300万円
発行まで 最短即日受取りOK

btn_free_regist

こちらも申し込んでおきたい、セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

amex

年会費 26歳まで無料!
還元率 0.5~1.08%
発行まで 最短即日発送
強み 海外旅行利用での強みと、アメックスブランドの高級サービスが得られること

btn_free_regist

学生ローン、ちょっと待って!クレジットカードのキャッシングでしのげるかも。

OOK89_koregasyakuyousyoudesu20131223500-thumb-750x500-3983

急にお金が必要になったとき、あなたならどうする?

急にある程度のまとまったお金が必要になることってありますよね。たとえば親戚が結婚する、友人と海外旅行に行くことになった、先輩に誘われた飲み会が断れない、などなど。高校を卒業すると付き合いの幅が急激に広がるので、ほかにも色々な理由で急にお金が必要になるシーンがあると思います。そんなときは一体どのようにお金を確保すればいいでしょうか。代表的な手段にはこのようなものがあります。

  • アルバイトを増やす
  • 親に借りる
  • 友人や知人に借りる(←おすすめしません!)
  • 学生ローンを申し込む
  • クレジットカードのキャッシングを利用する

お金が必要なタイミングが2カ月以上先であれば、アルバイトを増やすのが一番健全でいいと思います。たとえば、結婚式などは招待状が3カ月くらい前に届きますよね。また、旅行についても夏休みや春休みの時期は事前にわかっていますから、計画的にアルバイトを増やして旅費を備えていただければいいでしょう。逆にどなたかが無くなった場合は、急に喪服を用意する必要があるかもしれません。その時は事情が事情なので、ご両親にも普段よりはお願いしやすいのではないでしょうか。

では、時間的に余裕も無く、ご両親にもお願いできないときはどのようにすればいいでしょうか。ちなみに、友人や知人からお金を借りることは、大切な友情を失うことになりかねませんので絶対におすすめ致しません。(※本当にやめておこう!)そこで、ここでは学生ローンとクレジットカードのキャッシングについて検討していきます。

学生ローンとクレジットカードキャッシングの違い

では学生ローンとクレジットカードのキャッシングにはどのような違いがあるのでしょうか。大きな特徴としては、クレジットカードのキャッシングは審査が厳しくない代わりに利用枠が少なく、一方で学生ローンは審査が少し厳しくなる半面、利用枠が大きいことがあげられます。詳しくみていきます。

利用可能額と金利

学生ローンの借入額は多くて50万円程度。一方でクレジットカードのキャッシングは10万円程度が一般的です。金利は学生ローンが16.5%、クレジットカードのキャッシングは15%程度が多いようです。借入額が50万円程度であれば、金利差はほとんど問題にならないといえます。

審査について

クレジットカードの審査は学生の場合、本人が審査されることはありません。あらかじめ収入が無いことが前提となっておりますので、ご両親の審査や、そもそも学生であるということが信用力となり、審査されないケースも見受けられます。一方で学生ローンの場合は、学生本人の収入が審査されます。アルバイトをされていないなど収入が無い場合は審査が通らないことが多いようです。

消費者金融ローン

一般的な学生ローンと並んで検討されるものに消費者金融もあります。30日間手数料無料キャンペーンなど、大手では初回利用のハードルを下げて学生の利用者も増えています:アコム、レイク、プロミスなどが有名ですね。ただ消費者金融といっても法律に基づいてお金を貸しているので法律で決められた金額までしか貸出はできません。学生ローンよりは安い金利で借りることができるかもしれません。クレジットカードのキャッシングでは間に合わない!というときは検討してみましょう。

消費者金融からキャッシングするとしたら、この3社から選ぼう!

→アコムで借りれるか診断してみる
→レイクで借りれるか診断してみる
※1日に同時に申し込むのは、3社までにしておきましょう。詳しいキャンペーン内容や金利などは公式サイトでご確認ください。

まとめ

では、一体クレジットカードのキャッシングと学生ローンのどちらを利用するべきなのでしょうか。仮に結婚式であれば、お祝いとドレスの購入費用を考えても10万円程度あれば十分かと思います。一方、10万円では足りない大きな金額が必要になった場合は、たしかに利用枠の大きい学生ローンが心強いといえます。

しかし、借り入れる金額が大きいということは、それだけ返済の負担も大きくなるということです。学生ローンの場合は、20万円が必要で申し込んだところ、融資枠50万円の審査結果が出ることもあります。その場合は、調子に乗って当初の必要額以上にお金を引き出さないように十分注意してください。アルバイトがやめられなくなり、学業に多大な支障がでる可能性があります。このように、学生ローンは融資枠が大きいので心強い半面、借入金額が膨れてしまい返済の負担が大きくなる可能性を秘めています。

そのため、急にお金が必要になったときには、まずはクレジットカードのキャッシングでしのぐことはできないかよく検討してみてください。

そして!即日でも発行可能なクレジットカードはあります!
>> 学生でも即日発行が可能な可能性があるクレジットカードまとめ