初めて

クレジットカードを初めて作る学生でも大丈夫!そもそものクレジットカードの仕組みを徹底解剖。

money-256281_1920
クレジットカードは、どのような仕組みで運営されているのか。どのような会社や機関が連携しているのか。お金はどのように流れているのか。カード利用者・加盟店・カード会社の関係とお金の動きを徹底解剖してみましょう!

クレジットカードの役割は「信用による後払い」を可能にすること

「手持ちの現金がなくても、買い物ができる」のがクレジットカード。

なぜこんなことができるのかというと、カード利用者(カード会員)であるあなたが、クレジットカード会社の所定の審査に合格して支払能力があると信用されているからです。カード会社が、あなたが買い物した代金をカード会社に後払いすることに了承してくれているからです。

クレジットカードを申し込みしてカード会社に必要書類を提出すると、カード会社では「入会審査」が行われます。この審査では、あなたは信用に値する人物か、収入や借り入れ状況、これまでの利用状況などさまざまな角度から支払能力の調査が行われます。そして、この審査に無事合格した人だけにクレジットカードが発行され「カード会員」となることができます。そしてカード会員となったあなたは、クレジットカード会社の各加盟店で「信用による後払い」で買い物することができるようになるのです。

クレジットカードがあることによるメリット

こんなにも広く世界中に普及しているクレジットカード。それは、利用者側にも提供する側にも、みんなにメリットがある仕組みになっているからにほかなりません。それぞれ誰にどのようなメリットがあるのか、見ていきましょう。

カード会員のメリット

多額の現金を持ち歩く必要がなく、その場でほしいと思った商品を確実に購入することができます。例えば、買うつもりだったのに少しだけお金が足りなくて一品をあきらめる、なんていうことはもうなくなります。分割払いを気軽に利用できることで、少々高額のものまで、ほしいものを我慢せずに買うことができます。(分割払いの利用には金利がかかるので注意が必要です)

万一紛失したり盗難に遭ったりした際にも、現金とは異なり、金銭的な被害がなくて済みます。

また、ほとんどのクレジットカードにはポイントシステムによる利用代金の還元があるほか、多種多様なカード付帯サービスを利用でき、普段の生活をお得に豊かにすることができます。カード付帯サービスについて、詳しくは後述します。

カード加盟店のメリット

前述の「消費者が、買うのをあきらめる必要がない」点はお店側からすると、顧客が今ほしい商品を確実に売りやすくなります。

また、クレジットカード払いの場合ポイントによる還元があったり、気軽に分割払いができたりすることもあり、利用者としては高額な商品を現金よりもお得に買える、買いやすい心理もあります。これは店側にとっては、高額商品も売りやすくなるということになるでしょう。

ポイントを貯めたい利用者においては、「カード払いできるお店でしか積極的に買い物をしない」という人もかなり多い事実から、他店との差別化を図れることにもなります。逆に考えると、カード決済を導入しないと顧客が離れる恐れもあるわけです。

また、支払いのときにお札や小銭を数えたりすることなく一瞬で手続きが終わるため、利用客の回転が速くなることもメリットとされています。

カード会社のメリット

カード決済のシステムを提供することで、カード会社には、カード会員から年会費と分割払いやキャッシングサービスを利用した際に利息が支払われることになります。カード加盟店からは、加盟料と売上金額に応じた加盟店手数料が入ります。

また、カード会社に広告代を支払ってカード会社と提携し、カード会員に自社の商品やサービスの宣伝を行いたい企業からの広告収入を得られることもメリットとなっています。

クレジットカードでの支払いから、お店に代金が支払われるまでの仕組み

カード会員が、カード加盟店でカードを使って買い物をすると、その売上データはカード会社(イシュア/アクワイアラ)に集められます。売上データは全利用者分、期間を区切ってまとめられ、決められた日に加盟店が指定した銀行口座へ一括で支払われます。売上データの締日や回数、また代金支払われる期日については、カード会社によって異なり、またカード会社と加盟店との契約内容によっても異なります。

「イシュア」「アクワイアラ」がカード会員とカード加盟店をつないでいる

クレジットカード利用者と加盟店を結ぶクレジットカード事業者には、大きく分けて3つの区分があります。「国際ブランド」「イシュア」「アクワイアラ」です。

国際ブランド

「国際ブランド」には、VISA、Master、JCB、American Express、ダイナースクラブなどがあります。

イシュア

「イシュア」は、クレジットカード発行会社のことです。「国際ブランド」の許可を得てカード発行業務を行います。
また「イシュア」は、カード会員に対してのサービスが主な業務で、カード会員への利用代金の請求と回収などの業務を行っています。

アクワイアラ

「アクワイアラ」は、加盟店の管理をする会社です。加盟店になったお店にクレジットカード決済のシステムを導入し、売上データの管理を行います。「イシュア」と提携してカード利用者の利用代金を肩代わりし、加盟店に支払うのは「アクワイアラ」の役目です。

日本では、「イシュア」と「アクワイアラ」を兼ねる会社がほとんど

日本の場合、「イシュア」と「アクワイアラ」を兼ねる会社がほとんどとなっていますので、このふたつの違いをこれ以上深く掘り下げて知る必要はあまりないと言えるでしょう。(明確に分けて考えることができないため、余計に混乱してしまいます。)

なお、JCB、American Express、ダイナースは、「国際ブランド」でもあり「イシュア」でもあり「アクワイアラ」でもあります。

実際のカード利用から支払いまでには、どのくらいのタイムラグが発生するのか?

利用者(カード会員)の観点からと、加盟店の観点からと、両方を見ていきましょう。

利用者の支払いから、口座引き落としまで

国際ブランドとイシュアを兼ねているJCBのようなカードは、実際にカードを利用してから口座引き落としまでのタイムラグが短めです。

JCBの場合、支払いサイクルは「毎月15日締め切り、翌月10日引き落とし」です。例えば4月16日から5月15日までの利用分は、6月10日に口座引き落としとなります。

クレディ・セゾンなどの「イシュア」から発行されるカードの場合はこれよりも若干長く、例えばセゾンカードの支払いサイクルは「毎月末日締め切り、 翌々月4日引き落とし」です。4月1日から4月30日までの利用分は、1か月間をおいて6月4日に口座引き落としとなります。

小ネタですが、法人ベンチャー企業の社長など、特に支払いサイクルを長くして現金を持っておきたい人にクレディ・セゾンのカードがひそかに人気だったりします。

店頭でのクレジット利用から加盟店へ現金が振り込まれるまで

例えばJCBと三井住友カードの場合、締日も支払日も月2回ずつあります。「毎月15日締め切り、当月末日振込」「毎月末日締め切り、翌月15日振込」とタイムラグは短めです。なお、カード会員の支払方法の選択(ボーナス払いなど)によっては、このサイクルは変わります。

なお、カード会社と加盟店の間に、「決済代行業者」が入るケースもあります。決済代行業者は複数のカード会社の決済業務をまとめて管理してくれる利点があり、売上の締日や振り込まれるまでのタイムラグが短く回数も多いなどのメリットも提供しています。

個人商店など小さいお店は正直カードを使われるとキツい?

個人経営の小さなお店では、商品や材料の仕入は、量があまり多くなかったり変動的であったりすることで、支払いは都度現金で行われていることが多いようです。

日々の仕入をスムーズにするためには、現金はすぐ手元にあったほうがよいですよね。ということは、利用客からは直接現金による支払いをしてもらったほうが、資金繰りがスムーズになるだろうことが分かると思います。
便利とはいえ利用客がクレジットカード払いをすると、加盟店契約の入金サイクルにより、商品が売れてもその代金が実際にお店の収入となるのは2週間~1か月ほど先になります。ということは、お店に商品を揃えるための仕入に現金が必要でも、現金が入るのはしばらく先。それはキツイ。ということになるわけです。

実際にそのようなお店の利用客の立場になったとき、そこまで深く考えて配慮してあげるべきかどうかは、個人の価値観次第ということになると思いますが、このような事情がある事実だけは知っておいてもよいかもしれません。

当サイトにもそんな記事がありますね。
あえてクレジットカードで支払わない方がいいお店、特に寿司屋など個人経営の高級飲食店では支払い方法を考えよう

カード会社はどうやって儲かるのか?

カード会社は、どういう仕組みで収入を得ているのでしょうか?

カード加盟店からの手数料

カードによる支払いを受け付けるお店は、カード会社に手数料を支払うことで「カード加盟店」となっています。

手数料には「加盟料」と売上金額にかかる「加盟店手数料」があります。加盟店手数料は、お店の形態や業種によって異なる率が設定されており、売上代金の1%(家電量販店など)~7%(スナックなどの飲食店)となっています。

なおこの加盟店手数料、日本国内ではカード利用者には請求できないことになっていますので、カード会員は利用代金以外に上乗せされる心配をする必要はありませんが、外国(オーストラリア、アメリカの一部の州、イギリス、スウェーデンなど)では、加盟店がカード利用者に請求してもよい法律になっているため、「クレジットカード・サーチャージ」との名目で請求されることがあります。海外旅行の機会がある方は、ぜひ覚えておきましょう。

カード利用者からの手数料

カード会員が3回以上の分割払いやリボ払いを利用する際に支払う利息、キャッシングサービス、カードローンなどを利用した際に支払う利息もカード会社の大きな収入となっており、メリットとなっています。リボ払いに登録したり利用したりするとお得になるとのキャンペーンがよくあるのは、最終的にカード会社に手数料メリットとなるからですね。

カード利用者の年会費

年会費無料のカードも多くなっていますが、特定のサービスが付帯しているカード(例を挙げると、航空会社のマイルが貯まるカードなど)や、カードの利用限度額が高いカードは年会費が高めです。ゴールドカード、プラチナカードなども年会費が高いです。これらのカード年会費は直接、カード会社の収入源となっています。

その他広告収入など

カード提携サービスを提供する会社は、カード会員に、自社の商品を購入するときやサービスを利用するときカード払いをするとお得になることをアピールし、利用を促す目的で、カード会社に広告掲載を依頼しています。

カード会員とは、支払能力のあることがすでに審査で証明されている人たち。提携企業としては、自社商品を気に入ってもらうことができればそのまま続けて利用してもらえる優良顧客となる可能性も高いため、企業はカード会社に積極的に広告費を支払い、カード会員に向けて広告を出してもらうわけです。この広告収入も、カード会社の大きな収入源となっています。

実際に、企業の決算資料からその割合を紐解いてみる

例として、クレディ・セゾンの決算資料を見てみると、クレジットサービス関連事業の収益のうち、カードショッピングの収益は50.4%になっています。さらに、この内訳の61.1%が加盟店からの手数料収益です。次いで、リボ払いの手数料の収益が31.9%、残りは年会費による収益です。この比率を見れば、多くのカードが学生向けに年会費を無料にして勧誘しているのも納得ができますね。カード会社にとって年会費による収益はあまり大きな収入源ではありません。

クレディ・セゾン2016年3月期決算資料より営業収益内訳

参考:クレディ・セゾン:2016年3月期 決算資料

国際ブランドとカード発行会社(イシュア)は分けて考える

前の章でも少し紹介しましたが、「国際ブランド」と「カード発行会社」は、同じ場合と異なる場合があり、少々分かりづらくなっています。

国際ブランドには、VISA、Master Card、JCB、American Express、ダイナースクラブなどがありますが、VISAとMaster Cardは「国際ブランド」として世界的にカード決済の仕組みを提供しているだけで、カード発行業務は行っていませんので「イシュア」ではありません。

逆に考えると、VISAとMaster Cardブランドがついているカードは、必ず「イシュア」から発行されていることになりますね。

日本の「イシュア」の代表的な企業には「三井住友カード」や「クレディ・セゾン」などがあります。これらの会社は、カード会員に対してのサービスが主な業務で、カード会員への利用代金の請求と回収、会員獲得に向けたプロモーション活動、カード会員向けの提携サービスの情報提供、また提携サービスを提供する企業との連携なども行っています。

カード発行会社(イシュアー)と提携サービスの会社 も混同しないで!

カード利用者にとって、クレジットカード業界のしくみを知ることよりも重要なのが「提携サービスの会社」と「カード会社」を混同しないことではないでしょうか。

例えば、「マイルが貯まるカード」。航空会社と提携サービスがあるカードについては、どこまでが航空会社のサービスでどこまでがクレジットカード会社のサービスなのか、訳が分からなくなっている利用者がたいへん多いです。

マイルが貯まる仕組みを運営しているのは航空会社であって、カード会社ではありません。航空会社はカード会社と提携して自社サービスの利用を促しているだけであって、クレジットカード業務は行っていません。
この点を理解できないうちは、ポイント(マイル)のお得な貯め方も理解できないことになるため、早いうちに知っておくことをおすすめしておきます。

上記の仕組みや信用を担保するための第三者機関として、個人信用情報を管理する機関が存在

「入会申込をすると、信用情報などを元に支払能力を審査される」といわれますが、この「信用情報」の出どころは、第三者機関です。クレジットカードの利用規約にも機関の名前が載っていますが、「日本信用情報機構(JICC)」「指定信用情報機関(CIC)」「全国銀行個人信用情報センター(全銀協)」がそうです。

これらの機関では、各個人のお金の借入状況やクレジットカードやローンの申込状況、支払遅延の履歴などが記録され管理されています。それらの情報は、カード会社や銀行などから情報開示請求に基づいて随時提供されています。

「ブラックリストに載る」とは、ここに悪い情報が登録されてしまうことをいいます。次のカードの申込みや、ローンを申し込んだときの審査に悪い影響が出ると言われています。

カードの支払いを3か月滞納したり、日数は短くても支払いが遅れることが1年に3回以上あったりすると、ここに記録されてしまいます。その記録は5年間保存されます。他にも自己破産などの金融事故も、7年から10年といった長い期間保存されます。情報が保存されている間は、当然ですが、新しい金融サービスを申し込んだときの審査に悪い影響が出ることになります。

なお、個人でも自分の情報がどのように登録されているか知りたい場合、サービスは有料ですが、問い合わせることで情報開示してもらうことができます。

信用機関・ブラックについては当サイトにも詳しい記事があります。
クレジットカードのクレヒスの恐怖!ブラック・スーパーホワイトって何?どうやって回避する?

クレジットカードの本質を超えた魅力的な各種サービスの付帯も利用者にとってのメリットに

「信用による後払い」を可能にすることがクレジットカードの本質ではありますが、このことを「借金」と考えて敬遠する人がいることも事実です。でもこの「信用による後払い」に関心がない人までをも巻き込んで、これだけ広く普及した最大の理由は、魅力的な各種付帯サービスの存在にあるともいえます。

各種保険・補償

クレジットカードの付帯保険といえば、海外旅行保険のことを指すほど一般的になりました。海外旅行保険は、海外旅行には必需品であり旅行代理店等では数千円で申し込むこともできますが、カード付帯保険なら加入料無料で利用できます。(自動付帯の場合。利用付帯もあるので要注意)

年数回旅行する人には、多少カード年会費がかかったとしても、充実保障の海外旅行保険が付帯したクレジットカードを1枚持った方がお得になることが多いです。(なお、国内旅行保険も付帯しているカードも増えていますが、適用条件が複雑すぎて使いづらいことが多いため、補償内容と適用条件は、旅行前によく確認して理解しておく必要があります。)

当サイトの海外旅行保険に関する記事
海外旅行の傷害保険、自動付帯・利用付帯の違いは?傷害申請はどのようにする?

また、カードを紛失したり盗難に遭ったりした際にも盗難保険がついているので、速やかに利用停止措置を行えば、万一後日不正利用が発覚したとしても、カード会員の負担はありません。他にも、カードを使って買ったものが90日以内に破損した場合にはその代金が保障される、買い物保険(ショッピングプロテクション)が付帯しているカードも多いです。

電子マネーやポイントサービスとの統合

クレジットカードで支払った利用金額に応じてポイントが貯まるサービスは、ほぼすべてのカードに付帯しています。このポイントサービスをいかに上手に利用できるかどうかが、お得にカードを使えるかのカギともなっており、利用者の関心が高まっています。

以前はクレジットカード会社独自で運用され、貯まったあとの利用手段が限られていたポイントも、近年ではクレジットカードとは切り離して独立して運営されていた企業のポイントサービスと統合されて相互利用できるようになったり、電子マネーとして利用できるようになったりと、たいへん身近に便利になりました。

少ないポイント数で交換ができるようにもなり、実質的な「還元」が簡単確実にされることも、カード会員にはうれしい限りですね。

他ユニークな特典

前述のポイントサービスは、カードによって本当に多種多様のサービスが存在しますが、ポイントをカード利用代金の一部として毎月の支払いに利用できるものもあります。

ポイント以外の特典としては、例えばデパートやスーパーマーケットと提携のカードは、毎月数回特定の日にカードを利用すると(提示するだけでOKの場合もある)、5%程度の割引が受けられる特典がついているものが多いです。

また、遊園地、テーマパーク、映画館、カラオケ、飲食店などが割引になるもの、高速道路料金が割引になるものなど、家族が1人会員になっていれば、同行の家族全員お得になる特典がついているカードもあります。

期間限定入会キャンペーンを上手に利用しよう

長い目でみて普段ずっとお得に使えるカードを選ぶことはもちろん重要ですが、ひとつ別の考え方として、入会キャンペーンの特典を狙う方法もあります。目的とタイミングと特典の条件が合えば、入会して1回飛行機を利用しただけで、次の旅行は無料特典を利用できるぐらいのポイントがついたり、1万円の年会費が初年度無料になったりするカードもあります。

この通常1万円もの年会費がかかるようなカード(アメックス、ダイナースや・各会社上位のステータスカードに多い)は、海外旅行保険の補償内容が充実していたり、空港ラウンジや空港宅配サービスを利用できたりと旅行関連のサービスも充実しています。海外旅行のプランを立てはじめる最初にこのようなカードを申し込み、1年間だけこれらの特典を存分に利用させてもらうというのも、上手な特典の使い方と言えるでしょう。

年会費無料期間だけだとしても、カード会員がカード払いをたくさんして、提携サービスをたくさん利用することで、カード会社は加盟店と提携企業から十分な利益を得られていますから、カード会員がこのような使い方もしても大丈夫なわけです。

まとめ

さまざまな会社や機関のニーズが複雑に絡み合って、みんながWIN-WINになれるサービスを提供されているのがクレジットカードです。利用者として注意すべき点は、利息に注意し支払い(返済)が滞らないようにすることだけ。

初めてクレジットカードのことを知ろうとしている人や、クレジットカードの何かを不安に思っている人も、クレジットカードの仕組みをよく知って、安心して利用してください。

1枚目クレジットカードにオススメ!三井住友VISAデビュープラスカード【公式サイト】

0d0a2323-2b8b-4c8e-b91e-b065c104a6cc

年会費 初年度無料、翌年以降も1回使えば無料
還元率 1.0% ※入会3ヶ月は2.5%
発行まで 最短3日
強み 鉄壁の不正利用対策、ショッピング補償100万円

smp_arrow
btn_free_regist

本当に初めて使う人へ!:店頭・ネット通販でのクレジットカード使い方・注意点・サインの仕方まとめ

c0501

初めてクレジットカードを使う時

 
クレジットカードをお店やネット通販で作ったけど、どうやって使うのかよくわからない。どのタイミングでいえばいいかよくわからない。そんな皆さんへ初めて使うクレジットの使い方についてご紹介します。

カードを使う前に・・・

カードが到着したらすぐにでもカード裏面にボールペンやサインペンでサイン記入することをおすすめします。サイン未記入の状態で盗難などに遭ってしまうと、カード会社による補償が受けられません。サインは、アルファベットでも漢字でも構いませんが、普段書き慣れた漢字で書くのが無難です。次から、ショッピングで利用する場合の使い方を紹介します。

まずはロゴを見つける

世の中のお店や飲食店ではクレジット決済が可能なお店が年々増えてきています。まずはそのお店はクレジットカードが使えるかどうかを確認する必要があります。よくお店の店舗にはステッカーや小さい看板が置いてあることも多いと思います。

たまにレジのカウンターやお店の入り口にVISAMASTERと書いてあるロゴがついている物をみかけませんか。そのロゴがある所は使用できます。中にはロゴが書いていないお店もありますのでその時はお店の方に聞くか、またはレジの周りにはクレジットカード専用の機械が置いてあるお店もあります。そういったお店は利用する事ができます。

クレジットカードを利用できる店舗として、例を挙げると、セブンイレブンやローソン、ファミリーマートなどのコンビニ。デニーズ、ガスト、ロイヤルホストなどのファミリーレストランや居酒屋などの飲食店。紀伊國屋書店などの書店でも利用することができます。また、学生にも人気のあるスターバックスコーヒーやユニクロでも利用する事ができますよ。

お店の方とやりとりする時

品物を購入し、または飲食後のお会計の時に現金を出す時と同じようにクレジットカードで支払いますとお伝えください。この時に一部を現金、残りをクレジット決済するというポイントのような使い方はできませんのでご注意ください。クレジットカードをお店の方へ渡すとお店の方が手続きをします。

そして、暗証番号を入力してください。と言われますので予めクレジットカードに登録した4ケタの暗証番号を入力してください。そのあと、機械の右下に確定というボタンがありますのでそちらを押してください。

お店の人に機械を返すと、数秒してからレシートが3枚でてきます。1枚は皆さんの控え、1枚はお店の控え、1枚はカード会社の控えとなっています。そしてお店の人から金額が合っているかどうかと支払回数に間違いはないか確認してください。と言われます。確認してみて間違いがなければ終わりです。

また、暗証番号を忘れたり、暗証番号が使えない機械であれば、出てくるレシートに間違いがなければサインしてください。と言われますので、クレジットカードの裏面に記載した自分の名前を自署してください。そしてお店の方からクレジットカードとお客様控えのレシートとクレジットカードを受け取ってください。

これで支払いは完了しです。

インターネットでのクレジットカードの使い方

インターネットでも、購入したいお店のトップページにクレジット決済が使えます。と書いてあったり、VISAやMASTERのロゴが入ったりしているお店もあると思います。またお支払い方法をサイトで確認すると、クレジットカード決済と記載があるお店もあります。基本的にインターネット通販の場合はそのお店にクレジットカードが使えると書いてなければ使えないのでその点は店舗でのお店とは異なります。またお店では使えても、そのお店がインターネットサイトを持っていない場合ではインターネットでのクレジットカード決済はできませんのでご注意ください。

お買いものかごなどで商品を選択し、最後に発送先の住所や決済方法を選択する画面が出てきます。その時はクレジット決済を選択してください。クレジット決済を選択しますと、クレジットカードの番号と有効期限と名前をアルファベットで入力します。場合によってはセキュリティ番号という、クレジットカードの裏面に記載されている番号を入力してくださいと言われます。このセキュリティ番号がお店で商品を直接購入する時のような暗証番号の役目を果たしていて、クレジットカードの安全をまもっています。全て入力すると次の画面へ進み、そのまま入力をすると購入は完了です。

また、このときカード認証の関係で送信に時間が掛かる場合があります。遅いからといってイライラして決済ボタンを複数回クリックしてはいけません。クリックした分だけ決済が行われてしまいますので注意してください。

暗証番号にしてはいけない番号ってあるの?

いくら覚えやすいからといって、自分の誕生日やそれ以外にも、推測されやすい番号は防犯上、好ましくありませんので、出来る限り使わないようにしてください。

自分の誕生日

言うまでもありませんが、自分の誕生日を4桁にした数字はもっとも推測されやすく、なおかつ一番使われている暗証番号形態なのでおすすめできません。カード会社の中には、誕生日番号だと暗証番号として認めないケースもあります。

携帯番号の下4桁

これも同様です。これらの番号を設定している方は多いので、悪意のある第三者にかかれば、このくらいの暗証番号であればすぐに破られてしまいます。

固定電話の下4桁

同様に人気なのが実はこれなんです。自宅電話番号の下4桁を暗証番号に設定しているという方。確かに覚えやすいというか、忘れないですが個人情報と同時にカード番号が流出した場合には、一発でアウトです。下4桁でなくても、電話番号に使われている数字を使うのはおすすめできませんね。

クレジットカードは3回間違えるとロックがかかる!

クレジットカードの場合、暗証番号はだいたい3回間違えると自動的にロックがかかる仕様になっています。ですから、上記3つを使っていた場合には、3回の入力以内に暗証番号を破られてしまいます。いくら覚えやすくても、多くの方が利用しているであろうこれらの暗証番号だけは、絶対に利用しないようにしてください。逆に、自分でも暗証番号を忘れないようにしてくださいね。

暗証番号を覚えてなくてもカードは使える

ちなみに暗証番号を覚えてなくてもクレジットカード払いは問題なくすることができます。店員さんに対して「暗証番号ではなくサインによる支払いに切り替えてください」と伝えれば、暗証番号の入力をやめ、サインによる支払いに切り替えることが出来るので、そちらを利用してもらえればと思います。

なぜお店では暗証番号を入力したり、サインしたりするの?

以前のクレジットカードは磁気式の為、偽造ができたりしやすく、本当にその人が申込をしたかどうかよくわからない事も多かったのですが、最近はICチップ型導入によりレシートにサインする必要がありません。暗証番号を忘れた時はサインをする事もありますが、基本的にはサインすることも減っていると思います。(決済金額にもよります)。

また、最近はあまり見ませんが、クレジットカードは端末を通している間にこの方のクレジットの枠は大丈夫なのか、という電子承認を行っていますが、昔はそんなことができなかったので、クレジットカード会社に電話して、カード番号と購入する金額を言って購入できるかどうか確認していました。そのような時は手書きで購入金額や購入店舗が書かれており、それにサインしているという事もありました。今でも導入している店舗は一部あります。

芸能人気どりでサインをしてみる?

サインはクレジットカード裏面と同じ名前でサインをするのが原則です。またクレジットカードは家族であっても他人に貸出することは禁止されています。そのため、サインには購入した人が本当にその金額で買ったよという確認する意味も込められています。

一部法人の契約名義の場合は使用した人の個人名を書くケースもありますが、最終的に何かトラブルが合った時に本当にサインしているかどうかで契約が成立しているか、していないかを示す事があります。

クレジットカードでの支払いは手数料がかかる?

カード払いでは、お店とわたしたち消費者との間にカード会社が入るので、「 現金で支払うのとは違い、何か手数料が必要になるのでは?」と思われるかもしれませんが、支払い方法が1 回払い(一括払い)であれば手数料は必要ありません

また、カードを使うと支払いを先送りにすることになるので、金利がかからないか不安を抱く方もいるかもしれませんね。しかし、この場合も同様に、支払方法が 「1 回払い」であれば金利もかかりません。つまり、クレジットカードの1回払い現金で買い物をするときと同じ金額になります

しかし、支払方法を「分割」や「リボ払い」にすると若干話は変わってきます。ちなみに、分割やリボ払いというのは、家を買うときのローンと同じようなものなので手数料金利が付きます。そのため、高額の買い物をするときにどうしても分割でないと困るというとき以外は利用しない方が無難です。その方が損をしませんからね。

支払い方法にはどんなものがあるの?

初めてのことだらけでわからないと思うので、支払い方法の違いについてもまとめました。基本的に、以下の5種類の支払い方法に分かれます。高額の買い物をする際や、銀行口座にお金がないときは、負担を分散できる分割やリボルビング払いなどを利用すると良いかもしれません。ただし、この場合は金利や手数料が発生するので、必要なとき以外は1回払い(一括払い)で支払うことをおすすめします。参考になれば嬉しいです!

1 回払い(一括払い)

翌月に1回払いで支払う方法で「 一括払い 」とも言われます。金利はかからず、現金で支払うのと同じ金額で買い物ができます。普段の買い物では、この方法で支払うことをおすすめします。

分割2回払い

基本的に2回分割までは金利も手数料もかかりません。ただし、一部のカードではかかるかることがあります。損をしないためにも、事前に確認しておきましょう。

ボーナス 1 括払い

夏や冬のボーナス月に一括で支払う方法です。基本的に金利と手数料はかかりません。社会人になったら、大きな買い物のときに利用することもあると思います。とても便利なので覚えておきましょう。

分割 3 回払い以上

「3回払い~36回払い」と段階が分かれています。3回払い以上になると金利や手数料が発生してきます。

リボルビング払い ( リボ払い )

月々の支払い額を ほぼ一定にする支払方法です。たとえば、3万円のものを買って、リボルビング払いの「ひと月3,000円」というのをを選ぶと、毎月3,000円だけ口座から差し引かれます。リボルビング払いのときも金利や手数料が発生します。使える期間はカード会社ごとに設定されているので確認してみましょう。

気をつける事

実際にある事ですが、金額をよく確認しないでサインをして明細書を確認したら0が一つ多かった事や2回払いを指定したのに、1回払いになってしまったなどのトラブルがありますと、お店へ行きそのカードを持っていかないと修正がききません。

例えば、旅行先でよく見ていなくてサインしたら実は想定した金額以上だったという事もありえます。その際は一旦クレジットカードをお店へ持っていってからキャンセルの手続きをして再度正しい金額でやり直します。なかなかお店へ行けないと、クレジット会社は当初の予定通りにその金額で一旦引落をしてしまいます。安易にサインや暗証番号は入力せず、必ず確認しましょう。

新社会人、初めてのクレジットカードにはド定番三井住友VISAカードを持っておこう!【ホント、どえらいカードだよ!】

classic
出典:https://www.smbc-card.com

まだクレジットカードを持っていない、新社会人になる方、社会人1年目~3年目の方へ

初めてのクレジットカード選び、そもそも必要か?どうか?を悩んでいる新社会人になる方、新社会人になってから間もない方向けに記事を書きます。

クレジットカードを使う場面はこの先どんどん増えてきます

ネット通販

楽天・Amazonを中心としたネット通販での利用は一般的でしょう。ネット通販におけるカード払いは、便利さとお得という意味で相性抜群です。

銀行振込も代金引換えも品代と送料とは別に数百円程度の手数料が掛かります。銀行振込の場合は振込手数料、代金引換えの場合は代引き手数料がかかります。一方、クレジットカードで一般的に利用されている一括払いや、場合によっては二回払いでも手数料は掛かりません。

また、注文した商品はなるべく早く手にしたいと思う方にも、クレジットカード払いはぴったりです。支払い方法によって商品到着に差が生じる場合があります。特に銀行振込の場合、売主側で入金確認ができるまでは発送作業が開始されることは、まずありません。振り込みが運悪く金曜日の銀行閉店直後となってしまった場合、入金確認がなされるのは最短でも3日後の月曜日となります。その時点で3日程度ロスしてしまいますよね。

一方、カード払いの場合は、カード会社が支払いを保証してくれますので、売主側では入金確認をせずとも発送作業に入ることができ、その分商品の早期到着につながります。少しの差ではありますが、すぐに必要なものがあるけどネットでしか販売していない!などのピンチにはとても役立つと思います。

飲食店

飲食店でも、スマートにカード払いするシーンが増えてくるでしょう。飲み会の幹事になって現金をみんなからまとめてクレジットカード払いすることもあるかも?カードでさっと支払いを済ませると、とてもかっこいいですよ!

さらに、ネットショッピングもそうですが、飲食店でもお店によってはポイントがたくさん貯まることがあるのでぜひ利用したいですね。クレジットカードによってポイントの貯まり方が異なりますが、貯まったポイントで商品券と交換出来たり、ショップで現金と同じように利用することが出来たりと便利な使い方ができるのです。

海外旅行・出張

海外旅行が好きな方や飛行機を利用した出張が多い方だと、マイルに交換出来るので旅費を安くすることも可能になりますね。現在、ポイントは様々な商品と交換出来るようになっていますから、現金で購入するよりもお得なのです。

アプリ購入・ネット系サービス課金

アプリやネット系のサービスはどんどん私たちの生活に欠かせないものとなってきています。その支払いもクレジットカードが便利です。

ケータイなど生活費支払い

ケータイ料金だけでなく、電気・ガスはほぼ全国でクレジットカードの支払いが可能です。水道料金や各種税金などは、Yahoo!公共料金支払いというサービスをかまして支払いをスムーズにすることもオススメです!生活する中でポイントも貯まってくるのですから、普通に払うよりもクレジットカードで払った方がお得ですよね。

その他の買い物・支払い

使うだけポイント還元やキャッシュバックがあるカードも多いので、少しずつクレジットカードに慣れていくと使用の選択肢は増えていきます。

このように、いろんな場面でクレジットカードは便利に使えるシーンがあります。社会人になると使えるお金の額もシーンもずっと増えますので、自分でコントロールしていかないともったいない気がしますよね。

クレジットカード券種・デザインは意外と見られてる!?

場所・シーンによって使うカードを変えてる人は結構多いです。還元率(キャッシュバック率、ポイントが付与される率)が高いカードや、年会費永久無料のカードは確かにお得なのですが、筆者は飲食店など、他の人が見るところではどんなにお得でも券種やデザインによって、使うのを回避、出しわけることもあります。 筆者の周りでも同じことを言っている人間が少なくありません。。。

審査は学生の方が通りやすかったりします

もしあなたが今学生で、もうすぐ社会人!しかも、クレジットカードを作るのを迷っている!そんな方は早めに申し込んだほうがいいかもしれません。一般的に学生よりも新社会人でのクレジットカード申し込みは審査が厳しくなる可能性が高いのです。(審査基準が異なるため)

なぜ学生にもクレジットカードを発行するの?

ではなぜ、収入のない大学生や専門学校生に対して、わざわざクレジットカード発行会社はカードを発行しているのでしょうか?その理由は主に2つあると思います。

1つ目は学生なら保護者から資金援助を受けているものなので、クレジットカードを発行してもその利用代金の回収はそれほど難しくないという安心感からです。仮にカードを渡した学生が代金を踏み倒してしまったとしても、学生の場合はその保護者が代わりに返済してくれるだろうという『補償』があるので、カード会社は積極的に学生にもクレジットカードを発行しているといえます。

  • 一般的なカード発行:踏み倒されたらおしまい
  • 学生向けカード発行:親が補償してくれるケースが多い

同時に、クレジットカードを使って買い物ができる限界の金額、利用限度額を低めに設定することで、万が一の時の損失も小さくしているようです。

2つ目は学生が学校を卒業して、社会人になった後のことを考えて。クレジットカードというのは一度保有するとそのカードを長く使い続ける傾向にあるので、学生のうちから自社カードのファンになって貰うことができれば、社会人になってからも使い続けてもらえる・・・という意図があります。

「ちょっと返済が遅延したり返済してもらえないリスクはあるけど、今のうちから将来の優良顧客になるかもしれない学生を積極的に受け入れていこう!」といった感じですね。まだ今は学生の方でも、今からクレジットカードを発行しておくと良いでしょう。

三井住友VISAカードの申し込みページはこちらです


classic
smp_arrow
btn_free_regist

20代中盤で、伝統あるゴールドカードが持てる!三井住友プライムゴールドカードも

primegold
満26歳以降、最初のカード更新時に自動ランクアップ致します。また、クラシックカードへの切り替えも可能です。

三井住友VISAプライムゴールドカードの年会費は、初年度は本会員・家族会員(1人目)のいずれも無料です。高そう!と思っても意外と初年度は無料。2年目以降は本会員は5,400円(税込)、家族会員は1人目は無料、2人目以降は1,080円(税込)です。1人目の家族会員は無料ですので、結婚後も安心して家族で持てるカードとしてはコスパが良いです。

他社との違いは?

三井住友プライムゴールドカードは、「上位のゴールドカードを基調としたステイタス感の高いデザインを採用」しつつ、「上位ゴールドカードのサービスの多くを共有」していること、そして年会費設定において、JCB GOLD EXTAGE(年会費3,000円+税/初年度無料)、さらにSuMi TRUST CLUB エリートカード(年会費3,000円+税)と同一ランクに位置します。

これら3つのヤングゴールドカードは、いずれも究極的なハイコストパフォーマンスを誇っていますね。このうちの一つだけが絶対唯一の最強カードであるということはありません。

さらに三井住友VISAプライムゴールドカードのすごいところがあります。付帯保険サービスにおいて、ライバルカードを圧倒しながら、「マイ・ペイすリボ」と「カードご利用代金WEB明細書サービス」とに同時登録すると、カード年会費は1,500円(税抜)まで割引されるという点でのアドバンテージが光りますね。

これほどまでに年会費を抑えつつ、ゴールドカードとしての基本サービスをすべて備えているというコストパフォーマンスの高さで最強ヤングゴールドカードであることは間違いありません。

ヤングゴールドカード最強レベルのスペック

国内旅行保険:最高5,000万円補償
お買物安心保険:年間300万円まで補償
緊急キャッシュサービス:海外でのトラブル時に5,000米ドル相当以内の現地通貨を手数料無料でご用立て。
※上記はほんの一部で、もっと多くの極上特典があります。

さらに嬉しい特典がいっぱい!

  • ゴールドデスク:ゴールド会員専用通話料無料インフォメーション窓口
  • ドクターコール24:日本国内での医療・健康無料電話相談(24時間年中無休)
  • 緊急キャッシュサービス:海外でのトラブル時に5,000米ドル相当以内の現地通貨を手数料無料でご用立て。
  • 海外での緊急カード:発行手数料が無料
  • VJホテルステイプラン:全国の一流シティホテル・リゾートホテルからビジネスや観光に最適な216ホテルの優待割引※優待割引率はAMEXと同程度
  • 世界のお得なお店ガイド:世界20エリア25都市(2015年12月現在)の優待店で使えるおトクなクーポン
  • VJトラベルデスク:国内外のパッケージツアーが3~5%OFF
  • ネットモール「ポイントUPモール」:ポイント2~20倍。ゴールド会員限定でポイントアップしたショップも。
  • 「プレミアムブランドアベニュー」:国内外ブランドの正規商品のみをお求めやすい価格で提供するアウトレットサイト。プラチナ・ゴールドカード会員さま限定特典をご用意。
  • 「ブランドウェブストア」: プラチナ・ゴールドカード会員限定ブランドや優待割引(10~20%OFF)など
  • 宿泊予約サイトrelux(リラックス)優待: 約300の一流ホテル・旅館の宿泊プランから一律3,000円引
  • 魅力的なカード利用キャンペーンを多数実施
  • VISA限定特典:VISAワールドワイドのゴールド会員向けサービスが利用可能
  • MasterCard限定特典:MasterCardワールドワイドのゴールドカード会員向けサービスが利用可能
  • 写真入りカード可(VISAのみ)
  • 後払い電子マネー「iD」:ケータイ型、専用カード、クレジット一体型から選択可(オプション)
  • 「三井住友WAONカード」(オプション):イオンでお得&クレジットチャージ・オートチャージで便利
  • 三井住友ETCカード(オプション):通行料金最大50%OFF、ETCマイレージサービスに登録すると、ETCの利用額に応じて、通行料金の支払いに利用できるポイントがつくのでお得!さらに年会費が無料に!

※上記はほんの一部で、もっと多くの極上特典があります。

憧れ!?空港のラウンジが使える!

海外出張や、旅行の際、空港での待ち時間をワンランク上に。成田・羽田だけでなく地方の空港にもラウンジはあるので、飛行機に乗る前優雅な休み時間を経験できます。

さらに満30歳でランクアップ!

三井住友VISAプライムゴールドカードは、満30歳になった後、最初に到来するカード更新時に、三井住友VISAゴールドカードへ自動的にランクアップします。ゴールドカードへの更新時には、継続特典として、ワールドプレゼントのポイントを500ポイントと、東京・大阪を中心とした一流レストラ ン約30店で2名以上利用した場合に会員1名分が無料になるプレミアムグルメクーポンがプレゼントされます。

また、30歳以降のカード切り替え時に、ゴールドカードにしたくないという方は、エグゼクティブカードやクラシックカードA、アミティエカードなどに切り替えることも可能です。なお、同一カードブランドへのカードランク切り替えなら、貯まっているポイントや、年間カード利用実績はそのまま引き継がれます。

三井住友VISAプライムゴールドカードについての総まとめはこちらにも。
→ 三井住友VISAプライムゴールドカードは20代で持てるヤングゴールド!初年度年会費無料・イケてる特典多数!

結論、なんで三井住友VISAカードがいいんですか!?

  • セキュリティが堅牢!
  • 若くしてしっかりしたゴールドカードがすぐ持てるようになる!
  • 各種保険がついていて安心!
  • ポイント還元もしっかりついている!
  • 何よりデザインがカッコよくて恥ずかしくない
  • どんなシーンでも使うことができる

に尽きます。持っていて「失敗しない」というのが最大の強みです。

三井住友VISAカードを作るならこちらから


classic
smp_arrow
btn_free_regist

ホント、どえらいカードだよ!