recruit-plus

リクルートカードとは

『リクルート』といえば、学生の皆さんにとっては「就活」サイトとして有名かもしれません。これから就活を迎えるという人にとっては、このリクルートという言葉を聞くと耳が痛くなるかもしれませんね。しかし、このリクルートが発行する「リクルートカード」。このカードは学生の皆さんにとても優しいお得なカードなのです。

リクルートカードは学生専用というのは用意されていませんが、公式サイトにも『学生の方へ』というリンクが設けられています。年会費無料で何でも1.2%還元、さらに利用付帯ながら海外最高2,000万円、国内最高1,000万円の旅行傷害保険が付帯するという実力のあるクレジットカードです。

学生の利用シーンに超シンクロのリクルートカード

リクルートカードの一番の特徴は、なんといっても、学生向けサービスのトップ企業であるリクルートが発行していることによるサービス連携のすごさ。今では、旅行・就活・飲み会・ビューティーなど学生の方が利用するすべてのサービスにリクルートが入り込んでいますよね

リクルートカードを持っていると、これらのサービスの利用でたくさんポイントがたまるので、通常よりもかなりお得に使えてしまうんです。まさに学生の生活すべてにシンクロしているといっても過言ではないリクルートカード。もちろんポイントも高還元率ですので学生の方には特におすすめのカードです。

ローソンでお得に使えるpontaポイントともシンクロ

先日、リクルートポイントとローソンなどで使えるpontaポイントとの連携が始まりました。これでリクルートポイントがますますお得に使えるようになったんです。というのも、もともとリクルートポイントが利用できるサービスは、普通に利用するよりも割安で利用することができる飲食の「ホットペッパー」、旅行の「じゃらん」、共同クーポンの「ポンパレ」など、そもそもがお得に利用できるサービスばかり。なので、リクルートポイントは1ポイントが1円以上の価値で使えるといえます。

そして、今度はそのリクルートポイントがお得なポイントの代表格pontaポイントと交換できるようになりました。ポンタポイントのすごいところはローソンで無料引換券と交換できること。例えば120円の缶コーヒーが60ポイントなど。つまり、表向きは1ポイント1円相当で還元されるリクルートポイントですが、実は使うシーンを工夫することで1ポイント1円以上の価値でアイテムと交換ができてしまうというわけなんです。

これを使いこなすのはなかなかのポイント通といえますよ。

リクルートカードのここがすごい!6つの理由

1、審査に通りやすい

リクルートカードは比較的審査に通りやすいことで有名です。主婦や大学生の方でも審査に通過することができます。具体的な入会資格は18歳以上(高校生不可)で世帯に安定した継続収入があること、です。学生の場合は年収がないと思うので世帯の収入で判断されます。学生の方でも比較的審査に通りやすいのです。
リクルートカード自体が業界の中でもかなり新しいカードで、加入者をどんどん集めたい!という意図もあります。

2、高いポイント還元率

rec001
リクルートカードでは普段の買い物を利用するだけでもガンガンポイントが貯まっていきます
その還元率は1.2%~2.0%。10,000円の買い物120ポイントが貯まります。貯まったポイントは買い物に使ったり、Pontaポイントに交換することもできます。

Pontaが使えたり貯まったりするお店は多く、リクルートポイントの可能性が更にぐんと広がります。

使える主なお店は例えばこんなところ。

  • ローソン(100円ローソン、ローソンマートなども含む)
  • GEO(宅配レンタルなども含む)
  • HMV(CDショップ)
  • 昭和シェル石油(ガソリンスタンド)
  • 居酒屋・和民
  • H.I.S(オンライン予約・レンタカー)
  • ケンタッキー・フライドチキン
  • ピザハット

などなど・・・
以上のようなお店で使ってもリクルートカードにPontaが貯まることになるため、ホットペッパーでの割引クーポンの発行や、じゃらんを使った旅行がお得になります。

3、日常生活でポイントが貯まりやすい

大学生といえば、飲み会に旅行に買い物と、たくさん遊びたいものですよね。リクルートカードなら、「じゃらん」で「ホットペッパーグルメ」などと提携したキャンペーンを頻繁に行っています。これらを利用することで最大3%のポイント還元を受けることができます。

ほかにも「ホットペッパービューティー」で美容院の予約をしたり、「ポンパレモール」で買い物をしても最大3%のポイントをゲットすることができます。さらに貯まったポイントをこれらのサービスで利用することもできます。

4、付帯保険サービス

旅行傷害保険が海外最高2,000万円、国内最高1,000万円。ショッピング保険が海外年間200万円、国内年間200万円と、年会費無料カードにしては手厚い保険サービスです。

5、その他付帯サービス

ETCカードが利用可能です。(新規発行手数料1,000円 ※税別)。なお、電子マネーや交通系カードの付帯はありません。

6、年会費無料

これだけお得な機能が付いていながら、年会費は永年無料です。さらには入会キャンペーンで最大10,000ポイントをプレゼントしています。学生の方にとって初めてのカードにおススメの1枚です。

リクルートカードに申し込んでみようかな?という方はこちらから。

年会費 永久無料
還元率 2.0%~最大5.0%
発行まで 最短即日発行
強み ポイント還元率の高さ

btn_free_regist

さらに、家族カードで年会費がお得に!

リクルートカード(Recruit Card)には、本会員と同じ機能・保証がついた家族会員カード発行サービスもあります。条件を満たしていればお得な年会費で簡単に家族全員が持てるだけでなく、取得したリクルートポイントの合算も可能です。ポイント還元率の低い他社のカードを個別に持つよりずっとお得なリクルートカードの家族会員カードをご両親にお話しすれば、納得してカードを持たせてくれるかも・・・?

家族会員とは?

この家族カードはリクルートカードの本会員がお勤めで一定の収入があり、学生でない場合、同じ世帯にいる18歳以上の家族(高校生は除く)に家族カードが発行できます。この家族カードは、わかりやすく言うと固定電話の子機のようなもので、本会員と同じ付帯保険やショッピング機能が自動でついてきます。家族カードの利用額を本会員のカードに合算できるのは付与ポイント数があがるだけでなく、何に使ったかを本会員が把握できるので安心です。

年会費無料のリクルートカードの場合は家族会員の年会費ももちろん無料になります。1.2%のポイント還元率も全く同じで、ETCカードも本会員と別に発行が可能です。リクルートカードプラスは本会員の年会費が2,000円ですが、家族会員の場合は年間1000円とかなりお得になっています。つまりポイント還元率2%のリクルートカードプラスを、家族会員なら収入がなくても1,000円で持てるということになります。

何枚まで申し込めるの?

家族カードは、VISAの場合は家族会員1名につき19枚まで、JCBの場合は家族会員1名につき8枚まで申し込みが可能です。他社では家族カードが2枚程度までの場合が多いですが、リクルートカードではカードブランドによって家族カードの発行上限枚数が変わります。

ちなみに、リクルートカードプラスはJCBしか選べないため自動的に8枚までに限られてしまいます。しかし配偶者・ご両親の3人に持ってもらっても更に5枚発行可能ですから、大家族の方でも十分全員が持てそうです。

家族会員にも付帯保険が充実!!

リクルートカードの旅行傷害保険/ショッピング保険はそのまま家族会員にも適用されますから、旅行や買い物が多い家族に持っていてもらうと安心です。VISAやJCBは例えば大学の生協など使えるシーンが多いので、テキスト等の購入でもショッピング保険が適用される場合があります。

家族カードはリクルートカードの公式サイトから申込書を取り寄せていただくか、オンライン申し込みをするだけで簡単に手続きができます。「もっと便利にリクルートカードを使いたい!」「もっとポイントが欲しい!」という方は、ご両親に相談して、家族会員カードを申し込んでもらうのもおすすめです。

学生が家族カードを申し込むときに注意したいこと

ETCカードの場合は定職にお勤めの方が申し込んだのと同じく通常通り発行されますが、学生の方がリクルートカードの会員になったときは家族カードの申し込みができません。この場合は、まず、固定収入のある方が入会したあとに家族カードを持たせてもらうことで、取得したポイントの合算や利用明細のチェックなども本会員のカードにまとめることができます。

またキャッシング枠を申し込んだ際に多少審査が厳しくなってしまう可能性もありますから、できればご両親に本会員カードを持ってもらい、学生の方は家族会員として家族カードを利用するのが良いと思います。

リクルートカードへの申し込み条件

学生の方やアルバイト収入の方、専業主婦(主夫)、自営業の方でもかなり手にされていることが多いリクルートカードですが、以下のような申し込み条件があります。

  • 原則18歳以上の方
  • 本人または配偶者に継続的な収入がある方
  • 18歳以上で高校生を除く学生の方

学生の方でしたらアルバイト収入しかなくても申し込むことができますし、主婦・主夫の方や自営業の方でも配偶者が安定した収入を得ているご家庭なら、比較的審査が通りやすいカードだといえます。

さらに他のクレジットカードのように審査に日数がかからず、多くの場合で申し込みから即日中に審査の合否がわかるリクルートカードなら、気軽に申し込むことができます。

リクルートカードへの申し込み手順は簡単3ステップ!

ここまでで、リクルートカードの魅力を十分に理解できたかと思います。

しかし実際にリクルートカードを使ってみようと思っても、クレジットカードなんてつくったことないし、申し込みが不安だという学生は多いはず。申し込みをする前に、まずは手順を確認しておきましょう。ネットでの申し込みが簡単で時間も取られないためおすすめです。

リクルートカードへの申し込み手順は下記の通りです。

  1. リクルートIDを登録する
  2. カードブランドを選択する
  3. 必要情報を入力する

このあとは審査会等を待ってカードを受け取るだけ。実は、クレジットカードをつくるのはとっても簡単なんです。

1.リクルートIDを登録する

リクルートカードを申し込むためには、リクルートグループのサービスで使える共通IDが必要となります。ちなみにID自体の発行は完全無料です。また、リクルートカードで貯まったポイントを使うときにも必須ですから、登録しておきましょう。

まず、「新規会員登録」の赤いバナーをクリックします。確認メールが届くメールアドレスがそのままリクルートIDとして登録されます。

24時間以内にアクセスする必要があるため、仮登録メールが届かない方は迷惑メールフィルターで受信がブロックされていないか確認してみましょう。ここでもう一度本登録用のメールが送られてきます。そのURLにアクセスしてパスワードなどを設定し、ID登録を済ませます。

リクルートグループの「ホットペッパー」「じゃらん」「ポンパレ」等をすでに使っているという方は、リクルートIDでログインすることでこの手順を省けます。

カードブランドを選択する

リクルートカードはJCBとVISAからカードブランドが選べます。

JCBのみしか取り扱いがありませんが、リクルートカードプラスを選ぶ場合もこの画面で選択します。JCBとVISAでは電子マネーチャージへの付与ポイントやETCカード発行手数料などで多少の差があるため、よく比較してより便利な方を選びましょう。

必要情報を入力する

名前、住所や年齢、勤務先情報など入力します。入力画面では、変換間違いや情報の書き漏らしがないかしっかり確認しましょう。登録情報に間違いが多いと、審査が厳しくなる場合もあります

クレジットカードで手軽に現金が借りられるキャッシングサービスもつけられますが、こちらはクレジットカード自体とは別に、更に審査が行われるため必要ない方は外しておくことをおすすめします。多少カードが届くのが早くなったり、利用上限枠(限度額)が大きめになる可能性があります。必要情報の登録が終われば、後は審査が終わってお手元にカードが届くのを待つだけです。

リクルートカードの場合、審査時間は数十分程度。審査の結果は入力後に送られてくる合否メールで確認することができます。ですから、他社のクレジットカードのように何週間も待つ必要はありません。

審査さえ終わっていればカードが届く前に入会特典のポイントを登録したIDで手に入れることができます。なので、リクルートグループのサービスを先に利用されておくのも良いかもしれません。

リクルートカードに申し込んでみようかな?という方はこちらから。

年会費 永久無料
還元率 2.0%~最大5.0%
発行まで 最短即日発行
強み ポイント還元率の高さ

btn_free_regist