ポイント還元率

クレジットカード(基本・ポイント)還元率の高いおすすめカード

クレジットカードの還元率は共通ポイントや家電量販店の還元率と比べると、0.5%とかなり低い印象があります。実際一般的なクレジットカードの還元率は0.5%のケースが多いですが、中には1%を超える還元率のクレジットカードもあります。(何のことを行ってるかさっぱりの方もいるかもしれませんね、後から説明しますのでこの後も読んでみてください。)

基本還元率0.5%のクレジットカードでも使い方によっては、2倍以上の還元率にすることも簡単です。今回はクレジットカードのポイント還元率のしくみや、還元率を高くする方法、おすすめの高還元率カードをご紹介します。

そもそもクレジットカードのポイント還元率とは?

還元率はどれだけの買い物をすると、どれだけポイントがもらえるかという比率で、還元率が高いほどお得になります。20万円のカードショッピングで1000円相当の商品に交換できるのが標準で、この場合の還元率は1000円÷20万円=0.5%となります。

クレジットカード会社の利益からポイントは還元される

そもそも「還元」という言葉は、「日頃の感謝を込めてお客様に還元」「利益還元セール」といったキャンペーンのキャッチフレーズに使われているように、利益があったという前提で使われています。

しかし、クレジットカードのポイントは会員が手数料を支払わない1回払いでも付与されます。これにはクレジットカードの仕組みはクレジットカード会社、カード加盟店、カード会員の三者契約によって成り立っていることに秘密があります。

クレジットカード会社の利益のほとんどは、手数料収入ですが、会員手数料以外にも加盟店手数料が存在しています。カード会員がカードショッピングをするとカード会社がその代金を立て替えて加盟店に支払います。これを加盟店支払いと言いますが、このときに数パーセントの加盟店手数料が差し引かれるのです。そのためカード会員が1回払いを利用してもクレジットカード会社には利益が発生します。

このような仕組みによってポイントが還元できるのです。

基本的に、ポイント還元率は高いほど良い

ポイント還元率はポイント付与の単位などとは無関係に、ポイントを獲得する効率の良さがわかります。つまり単純にポイント還元率が高ければお得ということになります。それも何かのサービスやキャンペーンを利用すると還元率が高くなるのではなく、何もしなくても保証されている基本還元率が高いほうがお得です。

基本還元率が高くても、それ以上ポイント還元率を上げることができるサービスがあるからです。

クレジットカード会社ではショッピングモールを運営していて、そこを経由してネットショッピングするとポイントが2倍以上になることがほとんどです。例えば2倍とすると、基本還元率が0.5%の場合は1%になりますが、もともと基本還元率が1%であれば2%になるので、基本還元率が高いほうがお得ということがわかるでしょう。

ポイント還元率を高くする方法

基本のポイント還元率を高くする方法は、そのクレジットカードのポイントプログラムによって違いがあります。共通してポイント還元率を高くする方法はクレジットカード会社のショッピングモール経由でのショッピングです。

しかしそれ以外はポイントプログラムによってボーナスポイントや、年間利用金額でランク付けして次年度のポイント付与を高くするといった個別のサービスによって違いがあります。リボ払いの利用によってポイント付与をするカード会社も増えてきています。

クレジットカード会社のショッピングモールがポイントを多く付与できる理由

クレジットカード会社が運営しているショッピングモールを経由するだけでポイントが多くもらえるのは、提携している店舗からのインセンティブ(報酬)がクレジットカード会社に支払われるのではないかという推測ができます。それが、ショッピングモール参加時なのか、加盟店手数料に上乗せなのか、クレジットカード決済で購入が確定した時なのかはわかりません。

いずれにしてもクレジットカード会社にとって何らかの利益があり、それをポイントとして還元していることは間違いないでしょう。

これによって参加店舗には購買意欲の高いカード会員が流入し売り上げに結び付き、カード会員はポイントが多くもらえるので、三者三様のメリットがあります。関係者すべてにメリットがあるしくみというのは長続きします。クレジットカード会社のショッピングモールが長期間運営されているというのがその証拠です。

年間利用金額でポイントアップするサービスはカード申し込み前にチェック

例えばライフカードでは年間のカードショッピングの金額が50万円以上かどうかでポイントの獲得に大きな差が生まれます。年間で50万円の利用金額に達すると、300ポイントがプレゼントされ、次年度のポイント付与も1.5倍になります。

こうしたメリットは事前にチェックできるので、年間利用金額50万円が無理だと判断したら、入会しないという選択肢もあります。

リボ払い専用カードやすべての支払いをリボ払いで請求するサービスには注意

ちょっとだけ前述しましたが、リボ払いはクレジットカード会社にとっては利益率が高い支払い方法なので、その分ポイント還元率が高くなります。1回払いを利用してもリボ払いで請求されるサービスは各社で提供されています。また、リボ払い専用のクレジットカードは常にポイント2倍といった高還元率カードとなっています。これらのサービスやクレジットカードはポイント還元率が高い分、リボ払いによる手数料負担も増加します。

リボ払いを利用するのであれば、手数料負担を軽減させる手段を講じておく必要があります。リボ払いをそのまま利用すると、最低支払金額のまま支払うことになります。クレジットカード会員向けの専用サイトを利用すれば、自由にリボ払いの支払金額の変更ができます。これを利用して自分で支払える範囲内で最大の支払金額に変更しましょう。また、クレジットカードによってはカード利用枠いっぱいの支払金額にすることもできるので、この場合は常に全額の請求となります。

※筆者のオススメとしては、リボ払いは特別な、使用が避けられないシーン以外は使わないことです。

ポイント還元率の高いおすすめのクレジットカード

ゴールドカードは一般カードよりも年会費が高いのでポイント還元率が高いように思えますが、基本還元率は一般カードと同じゴールドカードがほとんどです。これはゴールドカードの年会費が海外旅行傷害保険の補償や、空港ラウンジサービスといった海外旅行向けサービスに使われている比率が高いからです。

今回は学生向けの記事ですのでゴールドカードではなく一般カードで高還元率のクレジットカードをご紹介します。

2016年下半期時点、最も還元率の高いクレジットカード

かつては最強の高還元率カードと言われた「漢方スタイルクラブカード」は常に還元率1.75%でしたが、今では還元率が1.5%まで引き下げられてしまいました。さらにボーナスポイントも引き下げられたので、高めの年会費(2年目以降税別1500円)もあり、かつてほどの人気はなくなりました。同じ還元率1.5%であれば次のクレジットカードがおすすめです。

■REX CARD(レックスカード)

年会費は漢方スタイルクラブカードよりも高い税別2500円ですが、年間50万円以上のカード利用で次年度無料という救済措置があります。確実に50万円以上の利用ができる場合はレックスカードの基本ポイント還元率1.5%は魅力的です。いつどこで利用しても高還元率となります。どうしても50万円以上の利用ができない場合は年会費無料のREX CARD Lite(ライト)がおすすめです。ポイント還元率は1.25%に下がりますが、年会費は無料です。

ネットショッピング向けクレジットカードは高還元率

日本でのネットショッピング市場は楽天市場、Amazon、Yahoo!ショッピングの大手で占められています。それぞれのショッピングモールではポイントが貯まりやすいクレジットカードが発行されているので、そのクレジットカードを利用することでお得にショッピングができます。

■最大手はやはり楽天市場。楽天カードは秀逸。

「2016高還元率カードランキング」があるとすれば必ずランクインするのが楽天カードです。楽天市場で貯まるポイントは「楽天スーパーポイント」です。楽天カードは年会費無料で海外旅行傷害保険付き、さらに楽天スーパーポイントが貯まるキャンペーンが常に行われています。ポイント還元率はどこの加盟店を利用しても1%。楽天市場内では最低でも2%のポイントが付き、キャンペーン利用で最大7ポイントの獲得も可能です。楽天市場以外の加盟店でもポイント還元率は1%です。

■業界2位の売り上げを誇るAmazon

Amazonはポイントサービスでは楽天市場と比べて魅力がありません。ポイントが付く商品を探すほうが難しいくらいです。しかしAmazon Mastercard(アマゾンマスターカード)で決済するとどんな商品でもポイントが付くというメリットがあります。Amazonでのカード決済はポイント1.5%、ほかの加盟店でも1%のポイントが付きます。年会費は年1回の利用で無料となります。

■Yahoo! JAPANカードはTカード機能付き

Yahoo!ショッピングで貯まるポイントはTポイントです。Tポイントは還元率1%から0.5%に引き下げられているので、どこの加盟店でも1%のポイントが付くYahoo! JAPANカードはTポイントを貯めるカードとして最強です。年会費は無料で、Yahoo!ショッピングやLOHACOでは常にポイント3倍となります。

まとめ

クレジットカードのポイント還元率はポイントがお得なクレジットカードを比較するうえで重要な指標です。ポイント還元率のしくみを理解していればポイントを貯めるのに適したクレジットカードが一目でわかります。今回はご紹介していませんが学生カードもポイントが優遇されているので、学生の方は積極的に活用しましょう。

クレジットカード本来の機能は現金を持たずにショッピングができるショッピング機能です。同じカードショッピングをするのであれば、ポイント還元率が高いほうがお得です。しかし、ポイント還元率だけを追ってしまうと、リボ払い手数料の負担に気付かなくなるというリスクもあります。獲得したポイント以上に手数料を支払っていては意味がないので十分注意しましょう。

ポイント還元率が高いクレジットカードまとめ6枚【節約好きな学生さん必見】

節約好きなら必見!ポイント高還元率のクレジットカード

節約好きの方なら絶対に見逃せないのがクレジットカードのポイント集めですよね。でも数あるクレジットカードの中から一体どれを選択するのが一番お得なのかとても悩ましいところ。そこで、今回はオススメの高還元率クレジットカードをいくつか紹介していきます。節約好きの方なら必見!ぜひチェックしてみてくださいね。

ポイント高還元率クレジットカード6選!

ではさっそく高還元率クレジットカードを見ていきましょう。クレジットカード発行会社の各社はユーザーの囲い込みに必死ですので、少し目を離すとすぐに新しいカードが発行されていたりします。もしかすると節約好きの方でもチェックが漏れていたカードもあるかもしれませんので、ぜひ確認してみてください。

Yahoo!JAPANカード

年会費無料でなんと共通ポイントのTポイントが貯まるのがこのYahoo!JAPANカード。還元率は1.0%~Yahoo!ショッピングの利用でなんと驚異の3.0%!。節約好き学生さんは必携のカードです。
しかも、カードブランドをJCBにするとnanacoへのクレジットチャージでもポイントが貯まります。もちろん、nanacoを利用すればnanacoポイントが貯まるのでポイントは二重取り。Yahoo!JAPANカードを作るなら断然JCBブランドがオススメです。

  • 年会費:無料
  • 還元率:1.0%~3.0%。5の付く日はTポイント5倍!
  • 入会資格:18歳以上で安定した収入のある方。または学生(高校生不可)。

引用:http://card.yahoo.co.jp/

OricoCard THE POINT

カッコイイブラックの券面で高還元率なのがOricoCard THE POINTです。通常ポイントは高還元率の1.0%~ネットショッピングのオリコモールを経由すればさらに0.5%~1.0%のポイントが加算されて最大2.0%の高還元率カードとなります。
例えば、Amazonの利用ではオリコモール経由のポイント加算が1.0%あるので還元率2.0%。Amazonが発行しているAmazon MasterCardクラシックの還元率は1.5%なので、なんとAmazonのプロパーカードよりもお得にAmazonでお買い物ができてしまうんです。

  • 年会費:無料
  • 還元率:1.0%~2.0%。
  • 入会資格:年齢18歳以上の方(高校生は除く)。

引用:https://www.orico.co.jp/creditcard/thepoint/

dカード

携帯キャリアのNTTドコモから昨年登場したばかりのdカード。ポイントが1.0%の高還元率で貯まることはもちろんのこと、それ以外にも特典が満載なのが特徴です。ポイントは特約店では2.0%以上の高還元率。スタバカードへのチャージではなんと4.0%還元です。そしてなんと、ローソンやマクドナルドのお会計でdカードで決済すると、税抜き価格から3%OFFに!その他、イオンシネマでの映画料金が1,800円→1,300円など、とにかく特典満載です。ドコモの携帯電話を使っている方はもちろん、そうでない方でもお得に利用できますのでぜひチェックしてみてください。

  • 年会費:無料。2年目以降はカード決済がなければ年会費1,250。
  • 還元率:1.0%~特約店で最大4.0%。
  • 入会資格:18歳以上(高校生不可)。

引用:http://d-card.jp/st/

楽天カード

様々なサービスとの連携でザクザクポイントが貯まるのが楽天カード。ポイント獲得の機会をきちんと把握すればおそらく国内最高の高還元率となるポテンシャルを秘めています。一度にすべて頭に入れるのはとても難しいので、ここではサラッとご紹介だけにとどめますが、最低限これだけ把握していれば周りの人よりお得にポイントをゲットできることは間違いなし。ぜひチェックしてみてください。

  • 毎週末の楽天市場のエントリーでポイント2倍
  • 街の提携店舗でポイント2~3倍
  • 楽天モバイルの利用でポイント2倍
  • 電子マネーのedy利用で楽天ポイント
  • サークルKサンクスなど提携店でRポイントカード提示で楽天ポイント
  • 街中の楽天チェックで楽天ポイント

いかがでしょうか。楽天の強みはサービスがとにかく多岐に渡ること。効率的に楽天ポイントを貯めるには、とにかくまず利用しようとしているサービスを楽天系が提供していないかどうか調べること。まず楽天を経由するということを習慣にしてください。なお、基本的な楽天カードのスペックはこのようになっています。

  • 年会費:無料
  • 還元率:1.0%
  • 入会資格:18歳以上(高校生不可)。

引用:http://www.rakuten-card.co.jp/

ライフカード

ライフカードって実はポイント還元率が最高レベルだということはご存知でしょうか。かなり詳しくクレジットカードを比較検討しないとこの事実に辿り着くことはできないのですが、ライカードはボーナスポイントの効果カ的な利用でポイント還元率が最高レベルとなるのでご紹介いたします。なお、ボーナスポイントはこのような場合に付与されています。

  • ・お誕生日月の利用でポイント5倍
  • ・年間利用額50万円以上でポイント1.5倍
  • ・年間利用額150万円以上でポイント2倍
  • ・L-Mall(エルモール)経由でのネットショッピング利用でポイント最大25倍

このようにボーナスポイントの充実が魅力のライフカード。特にお誕生日月でのポイント5倍が驚異的です。ライフカードのポイント価値はおおよそ1ポイントあたり5円~6.5円になりますので、還元率に換算すると2.5%~約3.3%!かなりの高還元率カードとなります。
しかもライフカードは電子マネーとの相性も最高レベル。suica、edyはもちろんnanacoへのチャージでもポイントが貯まる希少なカード。そのため、コンビニ派の学生さんでも十分にメリットが感じられるカードとなっています。ちなみに、ライフカードの基本的なスペックはこちら。

  • 年会費:無料
  • 還元率:0.5%~1.0%。お誕生日月はポイント5倍!
  • 入会資格:18歳以上(高校生不可)。18歳以上の大学生・短期大学生・専門学校生には学生専用カードあり。

引用:http://www.lifecard.co.jp/

ビックカメラSuicaカード

家電量販店系カードでポイント高還元率といえばこの「ビックカメラSuicaカード」。通常のクレジットカード利用ではビューカードのポイント0.5%とビックカメラのポイント0.5%の計1.0%が付与されるので普通に楽天カード並みの高還元率カードであることに加え、Suicaにクレジットチャージをするとポイント還元率1.5%というビューカードの特典が付加されているとてもお得なカードになっています。
Suicaは電車に乗るだけではなく、今ではコンビニ、ファミレス、大手スーパー、なんと最近では高島屋など百貨店の一部売り場まで利用できる電子マネー。とりあえずSuicaさえ持っていればお財布を使わず1日過ごせてしまうくらい便利なカードですよね。つまり、都市部で生活している学生さんならSuicaで高還元が受けられるということが、実は一番重要なことだったりします。Suicaで高還元のメリットを受けるにはJR東日本が発行しているビューカード系を使うのがマストになりますが、ノーマルのビューカードでは通常のお買い物でメリットが少なすぎるし、ルミネカードは用途が限られるなど、今までは学生には馴染まないことが多かったのが現状です。しかし、この「ビックカメラSuicaカード」なら学生でもメリットは十分。ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。

  • 年会費:初年度無料。2年目以降税別477円(年間で1回でもカード利用があれば年会費無料)
  • 還元率:1.0%(ビューカード0.5%、ビックカメラカード0.5%)。ただしSuicaへのクレジットチャージは1.5%。
  • 入会資格:日本国内に住んでいて連絡が取れる18歳以上の方(高校生不可)。

引用:https://www.jreast.co.jp/card/campaign/adm/bicsuica.html

まとめ

節約好きな学生さん必見のポイント高還元率のクレジットカード。意外と種類が豊富なので多くの選択肢の中からご自分のライフスタイルや好みに合わせてチョイスすることが可能です。お誕生日月に5倍のライフカードなど、特化型のカードもあるので、複数を組み合わせることも賢い選択のひとつ。ぜひみなさんもご自分に合ったお得なクレジットカードを選んでみてはいかがでしょうか。