学生用クレジットカードを発行するトレンドが加速している!

学生ライフがクレカを作るきっかけに

生まれて初めて持ったクレジットカードは、学生の時に作ったものだったという人は多いです。このウェブサイトを見ている方も、多くの方はこれからクレカを作る学生さんや、学生さんでいくつかカードを持っている方が多いですね。卒業旅行で海外に行くときに作った(作る)という人も多いのではないでしょうか。

「学生」は一般の方と異なる審査形式でクレカが作れる

本来、クレジットカードは定職についていて収入のある人向けのカードです。しかし、大学生は通常仕送りやお小遣いなどの形で保護者からお金を受け取っていますよね。万が一学生の利用者が支払いができなくなったとしても、保護者が代わりに支払いをすることになる可能性が非常に高いと言えます。

クレジットカード会社としては学生本人の信用力(お金を返す能力のこと)はそれほどあてにできないにしても、保護者とセットで考えれば良いお客さんになるというわけですね。カード会社からすれば、限度額を低く設定しておけばリスクが低く発行できます。

また、人生で最初に持ったクレジットカードというのはなんとなく愛着があるものです。クレジットカード会社としては自分の会社ブランドへのファンを作るという意味でも、学生向けのクレジットカードを発行するメリットはあるというわけです。

大学、専門学校を中退・除籍になったら?

中退・除籍になった後、クレジットカードは使える?

何らかの理由で大学、除籍をしてフリーターや社会人になる人、学費を準備できなかったなどの理由により、大学を除籍になってしまった人もいるかもしれません。今これを読んでいるあなたもそうかもしれません。

学生でなくなったことから、自然にフリーターや社会人になったという人でも学生用のクレジットカードを持ち続けることはできます。退学後いきなり使用停止!ということにはならず、多くの場合支払いを延滞しているなどの履歴が特になければ、除籍や退学になった後も、在学中と同じ利用限度額で使うことができるのです。学生用クレジットカードは利用限度額が小さい代わりに海外ショッピングなどで特典がつくことも多いので、社会人として更新することなく使い続けるメリットもあります。

学生カードを使い続けるデメリット

ただし、前述の通りですが学生用クレジットカードは利用限度額が低く設定される傾向があります。これは学生本人には収入が少ない場合が多いため、信用力が低いとみなされているからです。学生用カード独自のメリットはあるとは言っても、やはり利用限度額が少ないのはネックですよね。利用限度額をあげたい場合には学生ではない身分、社会人として審査を受け直すことになります。

たとえ学校を除籍になっている人でも、クレジットカード会社の審査では「現在の収入状況がどういう状態か?」の方が重視される可能性が高いです。そのため除籍等になった後でもちゃんと社会人として収入があるのであればクレジットカードを持つことはそれほど難しいことではありません。

実際、一般的にクレジットカードの審査では大卒や高卒などの区分を申告する項目はありません。審査されるのはあくまでも現在の年収や、勤務先会社の従業員数や資本金などです。毎月きちんと収入のある人であれば、学校を退学しているなどの履歴がある人でも利用限度額の多いクレジットカードをもてる可能性は十分にあります。

一般カードへの切り替え、申請方法は?

一般カードへの切り替えに関しては、通常はカードを作るときに申告している卒業予定の年になると更新の書類が送られてきます。その際に現在の就職先を記入するか、フリーターである場合にはその旨を記載して返送すればカードは持ち続けることができます。

学生用クレジットカードから一般カードに切り替えなら、新規発行するのに比べてスムーズに審査を通すことができます。社会人になって自分でお金を稼げるようになると利用限度額もアップすることができるでしょう。

すでに発行されている学生用クレジットカードはどうなる?

除籍になったケースなど、申告した卒業年度になる以前に学生の身分ではなくなった場合でも、こちらから申告しない限りは学生クレジットカードが止められてしまうということはありません。除籍になったという事実をクレジットカード会社が知る手段は基本的にないためです。

現在の状況などについてウソの申告をするのはだめですが、あえて除籍になった事実をクレジットカード会社側に申告する義務はありません。申告しても特にメリットはないので、そのまま放置しておく方が良いというのが実情かもしれませんね。

※その代り、その間に後述の通りサブカードの発行を試みてください。

サブで、年会費無料系のクレジットカードに申し込んでみるという選択肢

学生用カードから一般用カードへの切り替えで審査に通る自信がないのなら、年会費無料の別のクレジットカードに申し込んでおくというのも一つの手です。クレジットカード会社はそれぞれによって審査の基準が微妙に違いますので、これまで使っていたクレジットカードの更新ができなかったとしても、別のクレジットカードでは審査が通るということは十分考えられます。

ただし、一度に3社も4社もクレジットカード発行申し込みを行ってしまうと、信用情報としてマイナス評価をされてしまうケースがあるので注意しましょう。(クレジットカード会社としては「一気にクレジットカードを作るのは、経済状況が一気に悪化したからなのかも?」という判断になり、現在の利用額が引き下げられてしまう可能性があります)

入会キャンペーンがアツい!VIASOカード。最大10,000円相当プレゼント中。

viaso_02
期間限定!インターネット限定の特典ですのでカードを作るならインターネット経由が一番お得です。ご入会から3か月後までの利用状況で最大10,000円分ポイントプレゼント!

年会費 年会費無料!
還元率 0.5%~最大10%まで!
発行まで 最短1営業日で発行!
強み キャッシュバックが熱い!海外保険もしっかり付帯。

btn_free_regist

企業の正社員など、定職に就いて1年もすると比較的審査は通りやすくなりそう

一般的に延滞などの履歴がない限りはクレジットカードを発行することはそれほど高いハードルではありません。正社員として定職につき、毎月きちんと収入がある人であれば1年程度の勤続年数でも問題なく審査に通ることが多いです。

学生クレジットカードから一般カードへの切り替え時には審査に通らなかったという人でも、同じ会社に1年後に申し込んだら審査に通るということはありますよ。

親の名義の家族カードを持つという手段もアリ

クレジットカードは家族で共有するという形で利用ができる「家族カード」を発行することができます。自分の名前で審査に申し込んだけれど、落ちてしまったというような場合には、この家族カードを持つということも選択肢に入れてみると良いでしょう。この場合は審査されるのは親の年収やカードの利用状況ということになりますので、定職についている人であれば問題なくカードを発行してもらえる可能性があります。

虚偽の申告をしてカードを作った場合は詐欺罪に問われる可能性があるので正直に。

「学生としては除籍されているけれど、学生証は前の記載のままだから嘘をついて審査に申し込んだらいいのでは?」と思われる方もおられるかもしれません。

確かに、クレジットカード会社としては学生証が身分証明書として提出されればそれを信用することが多いでしょう。本来であれば卒業年度が来ているのにまだ学生として申告した場合にはチェックが入る可能性はありますが、それでもそれを理由として審査に落ちるということは少ないと思われます(留年などで卒業年限が先に伸びることは珍しいことではないですよね)

ですが、ウソの内容に基づいてクレジットカードの申し込みを行うことは最悪の場合は詐欺罪に問われることもあります。※厳禁です!

それが原因で逮捕されるようなことはよほど悪質なケースや犯罪的なクレジットカードの使い方をした場合に限られるでしょうが、申告した内容が虚偽であることがなんらかの理由でわかってしまうと信用情報期間にブラックリストとして登録されてしまう可能性が高いです。ブラックリストとして登録されると以降数年間は新規にローンを組めなくなるなどの多大な不利益を被る可能性があります。組めなくなるローンは住宅ローンや自動車ローンだけではなく、携帯電話本体の分割払いなどもできなくなってしまう可能性もありますので注意しましょう。

学生カードから、一般カードに移行する前にサブカードに申し込んでみませんか?

サブカードにもオススメ!楽天カードを検討しよう

年会費 永久無料
還元率 通常1%、楽天では2%以上
発行まで すぐ審査、1週間ほどで手元に。
強み 楽天サービスやnanacoなど電子マネーとの相性の良さ、還元率が高く日常的に使える

クレジットカード部門の顧客満足度第一位に6年連続で選ばれました!
btn_free_regist