チャージ

学生のうちから勉強したい、クレカ・ポイントモールで日々・月々の出費を減らす節約方法徹底まとめ

学生でもこれだけはおさえておきたいクレカの節約技:「ポイント」と「ポイントモール」

クレジットカードでお得に生活するには必ずチェックしたいのが、「ポイント」と「ポイントモール」。ポイントは頑張って貯めてるよ!という方でも、ある技を使うとクレジットカードのポイントが二重・三重に獲得できるということまで知っている方は少ないのではないでしょうか。また、忘れてはいけないのが「ポイントモール」の爆発的なポイント加算プログラム

ネットでお得にショッピングをするなら必須の技ですが、意外と利用している方が少ないようです。ここでは、そんなポイント倍増のお得技とポイントモールについて解説いたします。

いつもの買い物でポイント2倍!?クレカのポイント二重取りについて

クレカでポイントが二重取りできるということはご存知でしょうか。実は、クレジットカードの使い方によっては、一度でクレカのポイントとTポイントなどの共通ポイントのポイントが二重に(場合によっては三重に!)取れてしまうんです。

これは学生のうちからでも知っておきたいポイント術ですよね。

ちなみにやり方はとっても簡単。まずは電子マネーのedy、nanaco、waonなどを用意します。これらのカードはお金をチャージしてお買い物に利用するタイプのカードですが、このチャージに現金ではなく、クレジットカードを利用します。そうすると、チャージしたときにクレカのポイント、カードを利用したときに電子マネーのポイントと二重のポイントが獲得できてしまうんです。

特にedyの場合は貯まるポイントをTカード、Ponta、Rポイントカードなどから選択できるのでさらに便利。しかも、それらのポイントカード提携店ならレジでポイントカードを提示すると通常のポイント加算もあるため、なんと、ポイント三重取りも可能です。

電子マネーにチャージをしてポイントが貯まるクレジットカードは限られていますので注意が必要ですが、おすすめのポイント倍増術ですので、ぜひ覚えておいてくださいね。

使わないと絶対に損!クレカ会社のポイントモールについて

みなさんはポイントモールをご存知でしょうか。ポイントモールとはクレジットカード会社が運営しているポイントがたくさん貯まるショッピングモールのことです。このポイントモールの何がすごいのかというと、最終的に決済したサイトがAmazonや楽天など普通のモールだったとしても、ポイントモールを経由してたどり着いたというだけでポイント大幅アップの対象となるということ。

つまり、ネットで何かショッピングをするなら、まずはポイントモールに訪れないと絶対に損ということ。逆に言うと、ネットショッピングでお得にポイントを貯めるには、ただこのポイントモールを経由すればいいというだけ。とっても簡単ですよね。ネットでショッピングするなら、まずポイントモール。これだけはぜひ覚えておいてくださいね。

やっぱり王道はこれ。クレカでの公共料金支払い

クレカでポイントを効率よく貯める王道の方法といえば、やっぱり公共料金の支払いをすべてクレジットカードにするということに尽きます。なぜなら、公共料金は何があっても支払いをしないわけにはいかず、必ず支払うものなので、必ずポイントが貯まるから。

しかも学生の一人暮らしでも月に1万円は支払うことが多いので、年間で12万円分の支払いが固定で決まっているということ。これを現金にしたら何の付加価値も生まれず、とってももったいない話ですよね。

ただ、地域によっては水道代がクレカ非対応ということもしばしば。でも諦めてはいけません。地域の水道局がクレカ非対応でもYahoo!公共料金支払いというサービスがあり、間接的に水道代をクレカ払いにすることもできるんです。また、セブンイレブンではnanacoカードで公共料金の支払いをすることが可能なので、nanacoへクレジットチャージしてセブンイレブンで支払えば、こちらも間接的に水道代のクレカ払いを実現可能です。

このように方法は色々ありますので、ぜひ諦めずに公共料金のクレカ払いを設定してみてください。ただし、東京電力など一部電力会社では、支払いを口座振替にすることにより電気料金の割引をするケースがありますので、この場合はクレカのポイント還元率よりも割引の還元率のほうが大きくなり、注意が必要です。

まとめ

クレカでお得に暮らすには効率の良いポイント獲得方法とポイントモールの利用をぜひ覚えておきましょう。特にポイントは電子マネーを組み合わせることによって二重・三重のポイント獲得が可能ですので、よくチェックしてくださいね。

また、ネットでショッピングをするならポイントモールの利用は必須です。最終的にたどり着くページがAmazonや楽天でも、ただポイントモールを経由したというだけで、獲得できるポイントが何倍にも増えるので、利用しないとただ損なだけです。

さらに、クレカのポイントを貯める王道は公共料金の支払いですが、場合によっては口座振替のほうがの方がお得なケースもあるので注意してください。これらの点に注意してぜひお得なクレカの使い方を学生のうちからでも身に付けてみてはいかがでしょうか。

共通ポイント+電子マネー+クレジットカードでポイント3重取り!鬼の4重取りも?

C778_konokane-thumb-815xauto-14938

超効率的な知る人ぞ知るポイント3重取り

ポイント上級者の中で知られているポイント3重取りといポイント獲得術を耳にしたことはあるでしょうか。これはTポイントやポンタなどの共通ポイントと電子マネーとクレジットカードを組み合わせた知る人ぞ知るポイント獲得術です。学生のうちから、ここまでマネー術を極めている方はなかなかいません。クレカ所持している方の1%もいないと思います。

正直、筆者も毎回の支払いでここまでやれてないです笑

3重でポイントが獲得できますので還元率は合計で2.5%以上になることも。しかも、事前準備はとても簡単。ここではこの超効率的なポイント3重取りについてご説明しますので、ぜひこれを読んでポイント3重取りを実践してみてはいかがでしょうか。

ポイント3重取りの仕組み

まずはポイント3重取りの仕組みについてご説明します。概要はこのような感じです。

  1. クレジットカードからEdyにチャージ(クレジットカードのポイント)
  2. Edyを利用してEdy提携のポイントが貯まる(Edyのポイント)
  3. 店頭でのお会計で共通ポイントを提示(共通ポイント)

つまり、共通ポイントの提携店でEdyが使えるお店なら、簡単にポイント3重取りができるという仕組みです。代表例はコンビニエンスストアです。例えばTポイントのファミリーマート、Pontaのローソン、RポイントカードのサークルKサンクス。

それ以外でもEdyが使えるケンタッキーフライドチキンなどもポイント3重取りの対象店舗になりますので、このポイント獲得術は全国で幅広く利用することができます。ちなみにEdyを使うことで貯まるポイントは提携先が多く、Tポイント・Ponta・Rポイントのほかにもヤマダ電気のポイントやビックカメラのポイント、ANAのマイルなど幅広い選択肢から選ぶことができるようになっています。

準備するもの

では実際にポイント3重取りをするためには何が必要でしょうか。先ほどの説明でおわかりのように準備するものは以下の3つだけです。

  1. Tポイントカード、ポンタカード、Rポイントカードなどの共通ポイントカード
  2. 電子マネーEdy
  3. Edyにクレジットチャージしてポイントが貯まるクレジットカード

以上の3つです。ちなみにEdyはカードタイプでもおサイフケータイでも構いません。また、共通ポイントカードは対応しているコンビニエンスストアなどの店頭やネットで申し込みが可能ですので簡単に手に入ります。なお、Edyチャージでポイントが貯まる代表的なクレジットカードにはこのようなものがあります。

  • 楽天カード
  • ライフカード
  • リクルートカード
  • エポスカード
  • JMBローソンPontaカードVisa
  • NTTグループカード
  • SoftBankカード
  • auじぶんcardセゾン

どれも高還元率で有名なカードばかりですので普通にクレジットカードを申し込んで利用しても損はありません。そのため、もしご利用中のカードがEdyチャージでポイントが貯まらないようでしたら、この機会にこれらのクレジットカードへの入会を検討してみてもいいかもしれません。

インターネットを上手に活用して4重取りも可能に!?

インターネットでのショッピングやサービス予約では、クレジットカードの決済で貰えるポイントとは別に、クレジットカード会社の”オンラインモール”を利用することでボーナスポイントが貰えたり、ショップ独自のポイントが貰えることがあります。 2重取りや3重取りがしやすいのです。さらに、なかには4重取りが可能な場合もあるんです。

「楽天トラベル」で4重取りする方法

例えば、旅行サイトで人気の「楽天トラベル」では4重取りが可能です。 楽天トラベルはANAと提携していて、ANAのサイトから楽天トラベルのホテルプランを検索できます。そのANAの宿泊予約サイトを経由して楽天トラベルのプランを利用すると、200円につき1マイルが付与されます。

さらに利用したホテルがANA提携ホテルだと「ホテルマイル」も付与されます。そして、楽天トラベルを利用しているので、「楽天スーパーポイント」も付与されます。最後にホテル宿泊代をクレジットカードで支払うことで「クレジットカードのポイント」も付与されます。 たったこれだけでポイント4重取りとなるのです。

▼楽天トラベルで4重取りする方法

  1. ANAの宿泊予約サイトを経由して楽天トラベルのプランを利用するとポイントゲット!
  2. ANA提携ホテルを利用することで「ホテルマイル」をゲット!
  3. 楽天トラベルを利用して「楽天スーパーポイント」ゲット!
  4. クレジットカードで支払いをしてポイントゲット!

「Rポイントカード」で4重取りする方法

そして「Rポイントカード」でも4重取りができます。「Rポイントカード」は、楽天スーパーポイントをリアル店舗で貯められるだけでなく、使うこともできるカードです。楽天スーパーポイントといえば、楽天市場でガッツリとポイントを貯められるイメージはありますが、実際リアル店舗で使うことで、どれだけ貯められるのでしょうか。1か月の利用をためしにシミュレーションしてみましょう。

まず、Rポイントカード加盟店で利用する場合、基本的な使い方として「Rポイントカード」掲示で200円につき2ポイントを獲得できますね。200円で1ポイントというケースが多いなか、これだけでも還元率は高めですが、「Edy-Rポイントカード」を使えばさらに200円で1ポイントを獲得できるのです。つまり、200円で3ポイント獲得できるということですね。

さらに、ポイントを賢く貯められる4重取りの裏ワザも存在します。1,000円(税抜)の利用で25ポイント、つまり2.5%の還元率を1回の来店で得る方法は以下のとおりということです(1,000円を利用した場合)。

  1. 「楽天e-NAVI」で「楽天Edy」にチャージ⇒ 5ポイント
  2. 「Rポイントカード」をレジで提示⇒ 10ポイント
  3. 「楽天Edy」で支払い⇒ 5ポイント
  4. 「楽天チェック」でチェックイン⇒ 10ポイント

「ANAマイル」でポイントを4重取りする方法

さらに、「ANAマイル」でも、対象のクレジットカードから楽天Edy をチャージするだけで、マイルが通常の2倍貯まるので、最大4重取りすることも可能になります。ANAカードから楽天Edy へチャージするだけで、マイルを貯めることができるのです。対象のANAのクレジットカードは、下記の3種類になります。

  • ANA JCBワイドゴールドカード
  • ANA ダイナースカード
  • ANAカード プレミアム

※ANAアメリカン・エキスプレス®・プレミアム・カード、ANAアメリカン・エキスプレス・スーパーフライヤーズ・プレミアム・カードは本サービスの対象外になります。

このように、ポイント重ね取りのパターンは探せばたくさんの方法があると思います。 身近なところで、重ね取りの方法を探すのも面白いと思いませんか? ぜひあなた独自のポイントゲット方法を見つけてみてくださいね。

まとめ

ポイント3重取りは共通ポイント、電子マネーのEdy、Edyチャージでポイントが貯まるクレジットカードを組み合わせた知る人ぞ知るポイント獲得術です。準備も簡単で、Edyチャージでポイントが貯まるクレジットカードをお持ちならすぐに始められます。ほとんどの商品が定価で販売されているコンビニエンスストアでのお買い物がお得になりますのでぜひ実践してみてくださいね。