セゾンカードインターナショナル

年会費永久無料のクレジットカードまとめ!

なぜ年会費無料のクレジットカードを選ぶべきなのか

クレジットカードを選択するとき、特に学生の方なら可能な限り年会費が無料のものを選ぶのがいいでしょう。なぜかというと、実は色々とクレジットカードを比較検討してみると、必ずしも年会費無料のクレジットカードが年会費有料のクレジットカードに劣っているとも言えないということがわかってくるからです。

ちなみに、経済的観点から見てみると、年会費1,000円のクレジットカードの場合、仮にポイント還元率が1.0%と仮定すると、年間10万円の利用でやっと還元額と年会費の損益分岐点に到達する計算になります。せっかくポイントの貯まるクレジットカードを利用していても、年会費に取られるとなんだか損した気分になってしましますよね。学生の方なら特にですが、クレジットカードを普通に利用しながら年会費以上の経済的メリットを獲得するのはとても難易度が高いと言えます。そのため、特にこだわりがなければクレジットカードは年会費無料のものを選択するのがオススメです。

年会費無料のクレジットカード一覧

年会費無料のクレジットカードは数多くあります。ここでは特に学生の方にオススメのクレジットカードを厳選してご紹介します。

学生専用ライフカード

ボーナスポイントを駆使して高還元率を実現できるライフカード。通常のライフカードも学生専用ライフカードもともに年会費は無料です。特に学生専用ライフカードは海外ショッピング利用キャッシュバックなど、学生専用の特典も充実していてオススメです。

  • 年会費:永年無料
  • ポイント還元率:0.5%(基本)。誕生月ポイント5倍などボーナスポイントあり。
  • 学生申し込み:可能(高校生を除く)
  • 電子マネー:ID。Edy、suica、nanacoへのチャージでポイント加算あり。

三井住友デビュープラスカード

安心の三井住友ブランドのカード。学生限定のこのデビュープラスカードならポイント還元率は通常の三井住友カードの2倍。なので年会費無料の上、お得に使えます。

  • 年会費:初年度無料。次年度以降1,250円だが、年間1回のカード利用で無料
  • ポイント還元率:1.0%
  • 学生申し込み:可能(高校生を除く)
  • 電子マネー:ID、WAON、PiTaPa、Visa payWave

リクルートカード

ポンパレ、ホットペッパー、じゃらんなど、ショッピング・グルメ・旅行がお得に利用できるサービスがさらにお得に利用できることで人気のリクルートカード。学生生活をお得に充実させるなら必携の1枚です。

  • 年会費:永年無料
  • ポイント還元率:1.2%
  • 学生申し込み:可能(高校生を除く)
  • 電子マネー:Edy、suica、nanaco(JCBブランドのみ)へのチャージでポイント加算あり

セゾンカードインターナショナル

永久不滅ポイントで有名なセゾンカード。他の学生専用クレジットカードに比べて限度額が多めに設定されやすいという特徴があります。ポイントは永久に不滅しないので、卒業後も長く貯めていくことができます。

  • 年会費:永年無料
  • ポイント還元率:0.5%
  • 学生申し込み:可能(高校生を除く)
  • 電子マネー:ID、QUICPay

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

なんと、学生でも持てるアメックスブランドとして希少性が抜群なセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード。通常のアメックスは年会費が1万円以上するので、それが年会費無料で持てるというだけでメリット大です。

  • 年会費:初年度無料。次年度以降1,250円だが、年間1回のカード利用で無料
  • ポイント還元率:0.5%
  • 学生申し込み:可能(高校生を除く)
  • 電子マネー:ID、QUICPay

エポスカード

マルイが発行するクレジットカード。マルイ以外でもロイヤルホストなど提示するだけで割引が受けられるチェーン店が多数。また、年間4回開催されるお買い物が10%OFFになるイベント「マルコとマルオの7日間」も利用できるので大変お得なカードです。

  • 年会費:無料
  • ポイント還元率:0.5%。マルイでの利用はポイント2倍。
  • 学生申し込み:可能(高校生を除く)
  • 電子マネー:なし。Edy、suica、nanacoへのチャージでポイント加算あり。


btn_free_regist

楽天カードアカデミー

ネットショッピングで楽天を利用するなら必須の楽天カード。その学生版です。楽天ブックスや楽天トラベルの利用でポイント3倍など、楽天を利用する人ならポイントが効率よく貯まっていきます。楽天以外のカード利用でも還元率1.0%なので、普通に高還元率カードです。

  • 年会費:永年無料
  • ポイント還元率:1.0%
  • 学生申し込み:可能(高校生を除く)
  • 電子マネー:Edy付きカードあり。Edy、suicaへのチャージでポイント加算あり。

まとめ

学生の方でも申し込める年会費無料のクレジットカードは本当にたくさんあります。ここでご紹介できたクレジットカードは、特に学生生活をお得に過ごせるものを厳選させていただきました。年会費が有料のクレジットカードには、もちろんそれだけの価値があるものと思いますが、年会費に見合った価値を得るためにはそれなりの利用金額が必要になってくるのも現実です。そのため、まずは年会費無料のクレジットカードを持っていただき、気軽に便利でお得なライフスタイルを楽しんでみてください。

即日発行が可能なクレジットカードまとめ!ピンチな学生にも嬉しい、契約から発行までのまとめ

LIG_okanebaramakareru500-thumb-750x500-3442

ピンチのときの強い味方、即日発行のクレジットカード

今すぐ欲しいものがあるのに手持ち資金がない。バイト代が振り込まれるのは2週間後。間に合わない…。このようなシチュエーションのとき、強い味方となってくれるのが即日発行クレジットカード。本当は自分の資金力に見合わない欲しいものは、本当に必要なものかどうか、もう一度よく考えてみるのがベストですが、中には今購入を決めないと大きなチャンスを逃すということもあるでしょう。

例えば、信頼できる企業で時給の高いアルバイトの面接が急に決まり、明日までにきちんとした服が必要というケースもあるかもしれません。何が起こるか分からないのが人生ですので、ピンチの時に助けになってくれる即日発行のクレジットカードについて頭の片隅に入れておいていただければと思います。

学生でも申し込み可能な即日発行クレジットカード4選

それではさっそく学生の方でも申し込みが可能な即日発行のクレジットカードをご紹介いたします。

セゾンカードインターナショナル

かの有名なセゾンカードです。全国40カ所以上のセゾンカードカウンターでの来店受付が可能であれば即日発行が可能です。

  • 年会費:永年無料
  • ポイント還元率:0.5%
  • 学生申し込み:可能(高校生を除く)
  • 電子マネー:ID、QUICPay

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

こちらもクレディセゾンの窓口で手続きが可能であれば即日発行が可能。学生でも持てるアメックスカードなので希少性が抜群です。

  • 年会費:初年度無料。次年度以降1,250円だが、年間1回のカード利用で無料
  • ポイント還元率:0.5%
  • 学生申し込み:可能(高校生を除く)
  • 電子マネー:ID、QUICPay

エポスカード

インターネットでの申し込み後に、最短で当日マルイ店頭にてカード受け取りが可能です。カードを提示するだけで数々の優待が受けられるのもエポスカードの優れているところ。また、年間4回開催されるお買い物が10%OFFになるイベント「マルコとマルオの7日間」はテレビCMも流れているのでご存知の方も多いと思います。

  • 年会費:無料
  • ポイント還元率:0.5%。マルイでの利用はポイント2倍。
  • 学生申し込み:可能(高校生を除く)
  • 電子マネー:なし。Edy、suica、nanacoへのチャージでポイント加算あり。

ACマスターカード

アコムが提供の即日発行クレジットカード。インターネットで申し込めば、むじんくんで即日受け取りが可能です。おそらく最も最短で受け取りできる可能性が高いカードです。ちなみに、カードフェイスに「アコム」の文字は入っていないので世間体が気になる方でも安心です。

  • 年会費:無料
  • ポイント還元率:ポイントプログラムなし。
  • 学生申し込み:可能。ただし、20以上でアルバイトなど一定の収入が必須。
  • 電子マネー:なし。

申込みはこちらから。

限度額 10~300万円
発行まで 最短即日受取りOK

btn_free_regist

即日発行するための申し込みのやり方

クレジットカード発行に至るまでのステップを紹介します。

  1. クレジットカードの申し込み
  2. クレジットカード審査
  3. クレジットカードの契約と発行

この3つのステップを経て、めでたくカード取得となるわけですが、クレジットカード即日発行とは、このステップが1日の内に行なわれるということです。それでは、詳しい発行までの手順を追っていきましょう。

1.クレジットカードの申し込み

申し込みにはWebが簡単で時間も選ばないので便利です。今ではほとんどのクレジットカード会社が公式ホームページからの申し込みに対応しています。

2.クレジットカード審査

クレジットカードの審査には数時間分かかります。会社によっては最短30分で結果の連絡がかかってくるところもあります。審査が完了したら、申し込み内容の確認を済ませ、クレジットカードを発行してもらいましょう。

3.クレジットカードの契約と発行

審査に通ったら、クレジットカードの契約に入りましょう。契約時には、会社によって指定されるのですが、免許証や保険証などの本人確認書類や引き落とし用の銀行口座情報などが必要になります。忘れずに持っていきましょう。

クレジットカードを契約して発行してもらったら、あとは受け取るだけですね。今回は即日で受け取りたい場合なので、来店して直接受け取るのがベストだと考えます。クレジットカードは郵送で受け取ることもできますが、その日のうちに必要なのであれば直接来店しましょう。

即日発行するときに注意すること

クレジットカードの即日発行サービスを利用する際に気をつけたいポイントです。難しいことは特にありません。当たり前のことを当たり前にやる。ただそれだけです。しかし、これに注意しておかないと審査に通らなかったり、即日発行が出来ないこともあるので十分に気をつけましょうね。

1.申し込みフォームには誤りがないように

申込フォームに記入された内容を元に入会審査が行われますので、内容は正確に記入して下さい。誤字や脱字など初歩的なミスでも速やかな審査の妨げになりますので、間違いのないよう記入内容の確認をして下さい。

2.複数のカード会社に申し込みをしない

急ぐ気持ちは分かりますが、一度に何枚ものクレジットカードに申し込んではいけません。何枚ものクレジットカードを同時期に申し込むことが、審査にマイナスに働くこともあるからです。いくつかクレジットカードが欲しい場合でも、まずはひとつに絞って申し込みをしましょう。

3.忘れ物に注意!

入会審査に通過した後は、指定された持ち物を持って、カード発行窓口へ出向かなければなりません。審査結果メールや引き落し口座を確認できるもの(キャッシュカードなど)、金融機関への届出印や本人確認書類(運転免許証や健康保険証)などが一般的かと思います。忘れてしまうとまた出直してくるはめになるので、せっかく窓口まで行ったのに、その場でクレジットカードを受け取れないこともありますので注意しましょう。

4.窓口の営業時間の確認

クレジットカードの発行窓口の営業時間を前もって確認しておきましょう。無事に審査に通過しても、窓口の営業時間に間に合わないと、その日の受け取りはできなくなります。同じカード会社の窓口でも、営業時間は窓口ごとに異なりますので気をつけてください。

5.”最短”即日発行であること

クレジットカードの即日発行サービスは、あくまでも『最短』であって、必ず即日ができるということではありません。申込内容の不備で確認に時間が掛かることもあるでしょうし、本人確認の電話がなかなか繋がらないなどで、審査の最終判断ができないといったこともあるでしょう。あくまでも『最短』即日発行であるということを理解した上で、利用することをおすすめします。

即日発行クレジットカードの注意点

せっかく即日発行ができるクレジットカードでも申し込みに不備があっては審査がスムーズに進まず、当日発行ができなくなってしまいます。そのため、申込書の記入やインターネットの入力は慎重に行ってください。また、即日といってもさすがに夕方の申し込みではその日のうちの受け取りは難しいでしょう。そのため、申し込みはなるべく午前中、遅くともタイムリミットは14時までと考えておいてください。

まとめ

このように学生でも即日発行可能なクレジットカードはいくつかあります。目の前のチャンスを資金不足で逃がしそうなときには強い味方となってくれる即日発行クレジットカード。でも、単に物欲が掻きたてられているだけではないかどうか、一歩下がって冷静になることも必要です。申し込むときは、十分に考えてからにしてくださいね。