plus

安心のブランド「三井住友デビュープラスカード」でクレジットカードデビュー

クレジットカードと言えば「三井住友VISAカード」という方は多いのではないでしょうか。CMでの露出が多いので目にする機会が多く、信頼のブランドというイメージが強いですよね。それもそのはず、三井住友カードは日本で初めてVISAカードを発行した老舗カードなんです。

そんな安心と信頼の三井住友VISAカードは、なんと18歳から25歳までであれば学生でも作れてしまうというのが、この「三井住友デビュープラスカード」です。もちろん、卒業後もそのまま三井住友VISAカードとして利用できます。安心のブランドカードですので、卒業後も長く使えるのは嬉しいですね。

contents03Image

三井住友VISAカード ラララーラ♪ 斎藤工さん出演のCMでも話題に!


三井住友VISAカード 大学生・通学篇(デビュープラスカード)

デビュープラス限定!高還元率ポイント

安心と信頼の三井住友ブランドですが、老舗のブランド力がセールスポイントのカードですので、ポイント還元率があまりよくないというイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

でも実は、この三井住友デビュープラスカードに関しては、驚きの高いポイント還元率でとってもお得に使うことができます。例えば、通常ではご利用合計1,000円で2ポイントが付与されますが、三井住友デビュープラスカードでは、ポイントを楽天のRポイントもしくはヨドバシカメラのポイントに交換することで、ポイントの価値が2ポイントで10円になります。

すると、なんと還元率は1.0%となり、通常のクレジットカードの還元率0.5%の2倍になるんです。

しかも、入会後3ヶ月間はボーナス期間となり、ご利用合計1,000円につき5%の付与となるので、還元率はなんと驚異の2.5%。何か大きな買い物や旅行の予定があればぜひとも事前に作っておきたいカードですね。

充実のカードスペック

老舗の三井住友ブランドですので、もちろん基本スペックも充実しています。

年会費

初年度は年会費が無料なのも使いやすいポイントのひとつです。翌年以降はカード利用が1回でもあれば年会費無料となりますので、実質無料となっています。

ポイント還元率

1,000円で2ポイント。2ポイントで10円相当なので、還元率1.0%。入会後3ヶ月間は1,000円で5ポイントなので還元率は驚異の2.5%。0.75%以上あれば還元率は高いと言われるので、本当に高すぎて筆者もびっくりです(笑)

入会資格

満18歳~25歳までの方(高校生は除く)
注意点として、基本的に学生向けカードですが、研究生・聴講生・科目履修生・語学学生・予備校生・認可校以外の専門学校生は学生としては判定されないのでご確認ください。

補償サービス

安心のショッピング補償が最高100万円付いています。また、カードの紛失・盗難については、国内外を問わず、不正利用の可能性を発見できる体制が整えられています。そして、年会費無料の高還元クレジットカードには、サポート電話がつながりづらかったり、キャンセルや不正請求時のトラブル時の対応に不安が残ります。

しかし、三井住友VISAデビュープラスカードは、一般カードの中ではサポート電話にはつながりやすく、トラブル時の対応は相対的にしっかりとしていると言われています。さすが三井住友ブランド。本当に安心ですね。

付帯カード

ETC専用カード、インターネット決済に便利なバーチャルカード、チャージ不要のおサイフケータイID、WAON、関西版パスモのPiTaPaを追加することができます。

三井住友VISAデビュープラスカードを作るなら、こちらから

年会費 初年度無料、翌年以降も1回使えば無料
還元率 1.0% ※入会3ヶ月は2.5%
発行まで 最短3日
強み 鉄壁の不正利用対策、ショッピング補償100万円

smp_arrow
btn_free_regist

ポイントを上手く使いこなそう!

三井住友VISAデビュープラスカードの最大の魅力はなんといってもポイントにあります。他のカードとは違ってポイントがたまりやすく使えるところも多いのが特長です。

ポイント付与率

三井住友VISAデビュープラスカードは、年間のショッピング利用金額に応じて、翌年度のポイント付与率がアップするんです。たとえば、50万円以上の利用で+0.05%のボーナスポイントがもらえます。なので、一般的な1%のポイントと合わせて1.055%となります。100万円以上だと+0.075%で合計1.075%です。リボ払いの手数料が発生した月はポイントがアップするので、還元率は合計で以下の水準まで上昇します。

100万円以上だと+0.075%で合計1.075%です。リボ払いの手数料が発生した月はポイントがアップするので、還元率は合計で以下の水準まで上昇します。

V1:合計還元率1.55%
V2:合計還元率1.575%
V3:合計還元率1.65%

これならカードを多く利用するであろう社会人になってからも嬉しいですね。

ポイント有効期限

さらに、三井住友VISAデビュープラスカードのポイントの有効期限は、2年間と長めです。ポイントの有効期限は1年というカードもある多い中で、その倍の2年なのは嬉しいですよね。いつの間にポイントが失効してしまうというリスクが減少します。

ポイントアップモールで利用する

三井住友VISAデビュープラスカードの会員はポイントアップサイト「ポイントUPモール」を利用することができます。ポイントUPモールを経由してAmazonや楽天市場、Yahoo!ショッピング、LOHACO、ベルメゾンネットなどで三井住友カードでお買い物をすると、ポイントがなんと2倍(1.0%)以上になるんです

Amazon、楽天市場は1.0%、LOHACOは1.5%の還元率となります。旅行サイトのエクスペディアはなんと3.0%、爽快ドラッグは2.5%、BookLive!は5.5%とかなりお得です。そしてさらに嬉しいのが、キャンペーンで特別に付与されるポイントが増加することがよくあるということです。常にどれかのショップは上乗せでポイント増額となっています。三井住友デビュープラスカードはネット通販がお得なクレジットカードだということですね。

お得になるのは通販だけじゃない!

三井住友VISAデビュープラスカードは、リアル店舗でお得になる「ココイコ!」というサイトも利用することができます。

「ココイコ!」とは、事前にエントリーしたクレジットカードで対象ショップでお買物をすると、ボーナスポイントが得られるというお得なサービスです。大丸松坂屋・東急・阪急メンズ東京などのデパート、や商業施設である三井アウトレットパーク・渋谷ヒカリエShinQsや東急ハンズ、カラオケなどがあります。

サイト「ココイコ!」にアクセスして、ショップの「エントリー」ボタンをクリックしてエントリーするだけで、2倍以上のポイントアップかキャッシュバックが適用されます。三井住友VISAデビュープラスカードがあれば、ネット通販だけではなく、リアルのお店でのお買い物もお得になります

三井住友VISAデビュープラスカードにデメリットはあるの・・・?

学生でも作れる上にポイント付与や買い物がお得になる、いいことばかりのクレジットカード、三井住友VISAデビュープラスカードですが、デメリットもないわけではありません。正直、ちょっと使いにくいなあ・・・という部分もお話ししていきます。(ほとんどの方にはあまり問題にならないので読み飛ばしてもOKです!)

審査はゆるいけど限度額が少ない

学生版という事で、特別な事情が無ければ、審査は容易に通るかと思います。しかし学生用のクレジットカードなので、限度額は最大30万円と低く設定されます

さらに、キャッシング利用枠は最大5万円です。使える額が少ないというのは、ちょっとしたデメリットと言えます。まあ、むやみに使いすぎることがないと思えばいいでしょう。

学生と言っても高校生は対象外なので、大学生や専門学校生がターゲット。普通の学生で社会人並の所得は得られるとは思えないので、限度額は仕方ないと思いましょう。ちなみにカードの審査には、親の信用情報も大きく影響してきます。

iD一体型にはできない

チャージ不要の電子マネー「iD」対応となってますが、三井住友VISAデビュープラスは、iD一体型のクレジットカードにする事はできません。せっかくiDが使えるのに、iD専用カードをわざわざ別発行してそれを所持するのは不便ですよね。結果、iD利用可能店舗でも、クレジットカード払いにすることになるかと思います。

iDを使えて、クレジットカードが使えない店は、ほとんど無いのでこれはデメリットになります。電子マネーWAON、PiTaPaなども紐づけすることができますが、全て別カードでの発行となります。これはちょっと不便ですよね・・・。

海外旅行損保保険が付帯しない

デビュープラスカードのデメリットのひとつに、海外旅行傷害保険が付帯していないという点があります。学生なら時間はあるので、海外旅行にも行くことがあるかと思います。しかし、残念ながらデビュープラスカードでは保険がありません。

空港で保険に加入するか、別のクレジットカードで、海外旅行傷害保険が自動付帯になっているものを持っておくのが良いかと思います。

26歳からは「プライムゴールドカード」に!

最初に、三井住友VISAデビュープラスカードは18歳から25歳までしか持てないとお話ししましたね。では、26歳以降は使えなくなってしまうの?と疑問が残りますが、そんなことはありません。18~25歳の時にデビュープラスカードを作っておけば、その後年齢を重ねて26歳になったとしてもデビュープラスカードを使うことができます。

18~25歳の時にデビュープラスカードを作っておけば、その後年齢を重ねて26歳になったとしてもデビュープラスカードを使うことができます。クレジットカードには有効期限があり、その時の更新で新しい種類のカードに切り替わるのですが、なんと、三井住友VISAデビュープラスカードは更新時に「プライムゴールドカード」にグレードアップします。

26歳の時点でゴールドカードを持つことができる、ということです。
仕事のできるビジネスマン・ビジネスウーマンみたいで、なんかかっこいい!(笑)プライムゴールドカードは年会費が掛かりますが、やり方次第では年会費をかなり安くすることもできます。カードの特典などの内容は、三井住友VISAデビュープラスカードとほぼ変わらないので、特に気にせずにそのまま使うことができます。ちなみにプライムゴールドカードになると、前章でもお話しした海外旅行損保保険が自動で付帯されます。

さらに31歳以降の更新月には、自動的に「三井住友ゴールドカード」にグレードアップします。 三井住友ゴールドカードは、金融機関系のクレジットカードの中でも審査が厳しく、なかなか所持できないステータスカードだと思ってます。若いうちからゴールドカードが所有できるチャンスがあるのですから、三井住友VISAデビュープラスカードは作っておいて損はないと思います!

初めてのクレジットカードを作る前に!

三井住友VISAデビュープラスカードはとても便利で、学生にとって最も使いやすいカードだということはわかったけど、そもそもカードを作ることができなければ意味がありません。
そこで、初めてクレジットカードを作るときに出る、気になる疑問を解消していきましょう。

クレジットカードを作るには親の同意が必要なの?

基本的に20歳を超えていれば親の同意は必要ありません。しかし20歳未満の方、つまり18~19歳の方でこれからクレジットカードを作るという方は親(親権者)の同意が必要になります。

未成年者は、親に内緒で勝手にクレジットカードを作ることはできません。

ここでいう「親権者の同意」というのは、親権者にサインをしてもらうことです。親権者には、しっかりとクレジットカードを使い過ぎて迷惑をかけないことを伝えて安心してもらい、了承を得てからサインをもらうようにしましょう。もちろん、責任感を持って利用することを心がけてください。

クレジットカードの審査や発行にはどれくらいかかるの?

三井住友VISAデビュープラスカードは、20歳以上であれば申し込んでから最短3営業日でカード発行ができます。

3営業日での発行はかなり早い方なので、早めにクレジットカードが欲しいという方にはとってもおすすめです。筆者が最初に持ったクレジットカードは、発行までに1週間以上かかっていたので、三井住友VISAデビュープラスカードのあまりの到着の早さにびっくりしてしまいました!

まとめ

ブランドの信頼性と高還元率を両立している、国内唯一のカードといえる「三井住友デビュープラスカード」。卒業後は通常の三井住友VISAカードとして利用でき、安心して長く使えるカードです。

不正利用についても24時間体制でモニタリングされていますので、ネットで買い物をすることが多い方でも安心ではないでしょうか。名前の通り、クレジットカードデビューするにはぴったりのこのカード。

初めてのクレジットカードでも、きっと親御さんは安心して利用を任せてくれるはずです。もれなく最大9,000円分のキャッシュバックキャンペーンも行っているので、この機会を逃さないように!

三井住友VISAデビュープラスカードを作るなら、こちらから

年会費 初年度無料、翌年以降も1回使えば無料
還元率 1.0% ※入会3ヶ月は2.5%
発行まで 最短3日
強み 鉄壁の不正利用対策、ショッピング補償100万円

smp_arrow
btn_free_regist