サブカード

大学を中退学・除籍となってしまった場合のクレジットカードは?

学生用クレジットカードを発行するトレンドが加速している!

学生ライフがクレカを作るきっかけに

生まれて初めて持ったクレジットカードは、学生の時に作ったものだったという人は多いです。このウェブサイトを見ている方も、多くの方はこれからクレカを作る学生さんや、学生さんでいくつかカードを持っている方が多いですね。卒業旅行で海外に行くときに作った(作る)という人も多いのではないでしょうか。

「学生」は一般の方と異なる審査形式でクレカが作れる

本来、クレジットカードは定職についていて収入のある人向けのカードです。しかし、大学生は通常仕送りやお小遣いなどの形で保護者からお金を受け取っていますよね。万が一学生の利用者が支払いができなくなったとしても、保護者が代わりに支払いをすることになる可能性が非常に高いと言えます。

クレジットカード会社としては学生本人の信用力(お金を返す能力のこと)はそれほどあてにできないにしても、保護者とセットで考えれば良いお客さんになるというわけですね。カード会社からすれば、限度額を低く設定しておけばリスクが低く発行できます。

また、人生で最初に持ったクレジットカードというのはなんとなく愛着があるものです。クレジットカード会社としては自分の会社ブランドへのファンを作るという意味でも、学生向けのクレジットカードを発行するメリットはあるというわけです。

大学、専門学校を中退・除籍になったら?

中退・除籍になった後、クレジットカードは使える?

何らかの理由で大学、除籍をしてフリーターや社会人になる人、学費を準備できなかったなどの理由により、大学を除籍になってしまった人もいるかもしれません。今これを読んでいるあなたもそうかもしれません。

学生でなくなったことから、自然にフリーターや社会人になったという人でも学生用のクレジットカードを持ち続けることはできます。退学後いきなり使用停止!ということにはならず、多くの場合支払いを延滞しているなどの履歴が特になければ、除籍や退学になった後も、在学中と同じ利用限度額で使うことができるのです。学生用クレジットカードは利用限度額が小さい代わりに海外ショッピングなどで特典がつくことも多いので、社会人として更新することなく使い続けるメリットもあります。

学生カードを使い続けるデメリット

ただし、前述の通りですが学生用クレジットカードは利用限度額が低く設定される傾向があります。これは学生本人には収入が少ない場合が多いため、信用力が低いとみなされているからです。学生用カード独自のメリットはあるとは言っても、やはり利用限度額が少ないのはネックですよね。利用限度額をあげたい場合には学生ではない身分、社会人として審査を受け直すことになります。

たとえ学校を除籍になっている人でも、クレジットカード会社の審査では「現在の収入状況がどういう状態か?」の方が重視される可能性が高いです。そのため除籍等になった後でもちゃんと社会人として収入があるのであればクレジットカードを持つことはそれほど難しいことではありません。

実際、一般的にクレジットカードの審査では大卒や高卒などの区分を申告する項目はありません。審査されるのはあくまでも現在の年収や、勤務先会社の従業員数や資本金などです。毎月きちんと収入のある人であれば、学校を退学しているなどの履歴がある人でも利用限度額の多いクレジットカードをもてる可能性は十分にあります。

一般カードへの切り替え、申請方法は?

一般カードへの切り替えに関しては、通常はカードを作るときに申告している卒業予定の年になると更新の書類が送られてきます。その際に現在の就職先を記入するか、フリーターである場合にはその旨を記載して返送すればカードは持ち続けることができます。

学生用クレジットカードから一般カードに切り替えなら、新規発行するのに比べてスムーズに審査を通すことができます。社会人になって自分でお金を稼げるようになると利用限度額もアップすることができるでしょう。

すでに発行されている学生用クレジットカードはどうなる?

除籍になったケースなど、申告した卒業年度になる以前に学生の身分ではなくなった場合でも、こちらから申告しない限りは学生クレジットカードが止められてしまうということはありません。除籍になったという事実をクレジットカード会社が知る手段は基本的にないためです。

現在の状況などについてウソの申告をするのはだめですが、あえて除籍になった事実をクレジットカード会社側に申告する義務はありません。申告しても特にメリットはないので、そのまま放置しておく方が良いというのが実情かもしれませんね。

※その代り、その間に後述の通りサブカードの発行を試みてください。

サブで、年会費無料系のクレジットカードに申し込んでみるという選択肢

学生用カードから一般用カードへの切り替えで審査に通る自信がないのなら、年会費無料の別のクレジットカードに申し込んでおくというのも一つの手です。クレジットカード会社はそれぞれによって審査の基準が微妙に違いますので、これまで使っていたクレジットカードの更新ができなかったとしても、別のクレジットカードでは審査が通るということは十分考えられます。

ただし、一度に3社も4社もクレジットカード発行申し込みを行ってしまうと、信用情報としてマイナス評価をされてしまうケースがあるので注意しましょう。(クレジットカード会社としては「一気にクレジットカードを作るのは、経済状況が一気に悪化したからなのかも?」という判断になり、現在の利用額が引き下げられてしまう可能性があります)

入会キャンペーンがアツい!VIASOカード。最大10,000円相当プレゼント中。

viaso_02
期間限定!インターネット限定の特典ですのでカードを作るならインターネット経由が一番お得です。ご入会から3か月後までの利用状況で最大10,000円分ポイントプレゼント!

年会費 年会費無料!
還元率 0.5%~最大10%まで!
発行まで 最短1営業日で発行!
強み キャッシュバックが熱い!海外保険もしっかり付帯。

btn_free_regist

企業の正社員など、定職に就いて1年もすると比較的審査は通りやすくなりそう

一般的に延滞などの履歴がない限りはクレジットカードを発行することはそれほど高いハードルではありません。正社員として定職につき、毎月きちんと収入がある人であれば1年程度の勤続年数でも問題なく審査に通ることが多いです。

学生クレジットカードから一般カードへの切り替え時には審査に通らなかったという人でも、同じ会社に1年後に申し込んだら審査に通るということはありますよ。

親の名義の家族カードを持つという手段もアリ

クレジットカードは家族で共有するという形で利用ができる「家族カード」を発行することができます。自分の名前で審査に申し込んだけれど、落ちてしまったというような場合には、この家族カードを持つということも選択肢に入れてみると良いでしょう。この場合は審査されるのは親の年収やカードの利用状況ということになりますので、定職についている人であれば問題なくカードを発行してもらえる可能性があります。

虚偽の申告をしてカードを作った場合は詐欺罪に問われる可能性があるので正直に。

「学生としては除籍されているけれど、学生証は前の記載のままだから嘘をついて審査に申し込んだらいいのでは?」と思われる方もおられるかもしれません。

確かに、クレジットカード会社としては学生証が身分証明書として提出されればそれを信用することが多いでしょう。本来であれば卒業年度が来ているのにまだ学生として申告した場合にはチェックが入る可能性はありますが、それでもそれを理由として審査に落ちるということは少ないと思われます(留年などで卒業年限が先に伸びることは珍しいことではないですよね)

ですが、ウソの内容に基づいてクレジットカードの申し込みを行うことは最悪の場合は詐欺罪に問われることもあります。※厳禁です!

それが原因で逮捕されるようなことはよほど悪質なケースや犯罪的なクレジットカードの使い方をした場合に限られるでしょうが、申告した内容が虚偽であることがなんらかの理由でわかってしまうと信用情報期間にブラックリストとして登録されてしまう可能性が高いです。ブラックリストとして登録されると以降数年間は新規にローンを組めなくなるなどの多大な不利益を被る可能性があります。組めなくなるローンは住宅ローンや自動車ローンだけではなく、携帯電話本体の分割払いなどもできなくなってしまう可能性もありますので注意しましょう。

学生カードから、一般カードに移行する前にサブカードに申し込んでみませんか?

サブカードにもオススメ!楽天カードを検討しよう

年会費 永久無料
還元率 通常1%、楽天では2%以上
発行まで すぐ審査、1週間ほどで手元に。
強み 楽天サービスやnanacoなど電子マネーとの相性の良さ、還元率が高く日常的に使える

クレジットカード部門の顧客満足度第一位に6年連続で選ばれました!
btn_free_regist

学生がクレカで一時的に限度額を30万円に引き上げたいときのやり方(海外旅行などの前に!)

クレジットカードの限度額とは

全てのクレジットカードには『限度額』の設定というのがあります。これはこのクレジットカードで買い物などがいくらまで支払えるかという金額設定のことです。

クレジットカードの利用限度額というのは、「この金額までなら自由に支払いで使ってもらっても構いませんよ」という金額のことです。例えば:利用限度額30万円のクレジットカードであれば30万円まで自由に買い物で使えますし、利用限度額100万円のカードなら100万までOK・・・という具合ですね。利用限度額というのは、そのカードで使える上限金額ということです。なお、会社によっては利用限度枠やショッピング枠と呼んだり、業界関係者だと与信枠やS枠と呼んだりもします。これらはどれも全く同じ意味の言葉です。

クレジットカードの限度額は、契約者の返済能力に応じた金額に設定されています。ですから、学生で何百万円の限度額というのは初めからそもそも設定することはできません。まあそもそもそんなに大金は使えないので使いすぎて破産するようなことはないのが、学生クレジットカードの安心な点ではあります。

※小ネタですが、消費者金融が発行されているカード(キャッシングカード・ローンカード)は何度かきちんと返済ができれば、通常のクレジットカードより簡単に金額を上げていけるのも事実です。

利用限度額ってどういう仕組みになってるの?

次に、利用可能額の仕組みと考え方を理解しておきましょう。例えば30万円の利用限度額のあるクレジットカードを10万円使ってしまった場合には30万円-10万円で、残り20万円まで利用できるわけですが、この残り20万円という部分が利用可能額、もしくは利用可能残高と呼ばれるものです。つまり、あといくらまでそのカードが使えるかの金額が利用可能残高にあたります。

利用限度額を越えてしまうと、カードの利用はできなくなってしまいます。ですから、利用限度額いっぱいに使うのではなく、余裕を持って使うようにしましょう。

支払い日を過ぎれば利用可能残高は戻る

では、利用可能額が20万円まで減少してしまったこのクレジットカードは、今後も20万円までしか支払いに使うことが出来ないのかといえばそんなことはありません。利用可能額はクレジットカード会社へ支払い(振替)をすればまた元に戻る仕組みになっています。ですから、毎月毎月、きちんとカード代金の支払いをしている方であれば常に利用可能残高は回復していきます。

限度額引き上げが必要になるとき

カードで公共料金やインターネット、携帯代金を支払い、ネットで買い物をしたりすると限度額が低いと、急な出費がある場合は限度額が足りなくなる時があります。海外旅行の際も現金を沢山持っていくことは怖い場合、ほぼカード決済で支払うことになりますので限度額が少ないとあまり現地で使えなくなってしまいますので困ってしまいます。

そんな場合は事前に申請しておけば、一時的に1ヵ月などの一定期間のみ利用限度額以上の金額がクレジットカードで支払いが可能になります。これは本当に便利な機能ですよね。後述しますがだいたい30万円までは上げてくれます。

限度額引き上げ方法

クレジットカードの利用限度額を一時的に引き上げるには、カード会社に事前に申請が必要になってきます。インターネットで申請する方法と、電話にて申請する方法があるので、詳細はそれぞれのカード会社に確認をお願いします。※ネットのホームページに載っている場合や、郵送されてきたクレジットカード会社のレターの内容を確認したりしてください。限度額の引き上げが必要な場合も審査があるので審査に通らないと引き上げはできません。

▼利用限度額の増枠までの流れ

  1. カード会社に増枠をお願いする
  2. カード会社が審査をする
  3. 後日、審査結果を通知

増枠申請しない方がいいパターン

仮にあなたの信用力が十分に高く、増枠に値するものであった場合には利用限度額が増えることになるわけですが、増枠依頼をしても残念ながら審査に落ちてしまうケースも意外と少なくありません。

また、あなたが保有している他のクレジットカードや、消費者金融会社への返済履歴が悪い方の場合には、増枠申請をしたばかりにクレジットカードを強制解約されてしまうケースなんていうのもあるようです。※楽天カードなどで事例があります。 増枠どころか、カードが使えなくなる可能性があります。そのため、下記の例にあてはまるような方は増枠申請しないほうが無難かもしれません。くれぐれも注意してくださいね。

▼増枠申請しない方がいいパターン

  • 返済日までにカード代金を払わないことが多い方
  • 他のカードで強制解約されたことがある方
  • 申請理由がリボ払いの返済ができないからという方
  • 銀行のカードローンや消費者金融を利用中の方
  • 無職になってしまった方(バイトを辞めた方)

一時的な増枠なら受け入れてもらえる可能性も!

増枠は増枠でも、一時的な増枠をカード会社にお願いしてみよう・・・というのも一つの手です。例をあげると、結婚式場の費用支払い、海外旅行に行くので枠が必要、引っ越しをするのでお金が必要、出産費用の支払いに…などなどの例で一時的な増枠を認めてもらえることが多いようです。

こういった事情で利用限度額を増やしたいと思っている方は、一時的な増枠を活用してみてくださいね。早い場合には30分~1時間程度の審査で増枠を認めてもらえると思います急ぎなら急いでいる旨を伝えることで、早急に対応してくれる場合もあります。

もう一枚クレジットカードを作るのもひとつの手!

強制解約される可能性もあると聞くと、増枠申請はちょっとやめておきたいな・・・という方は、思い切ってもう一枚クレジットカードを作ってしまいましょう。利用限度額は高くはなりませんが、こちらであれば仮に入会審査に落とされてしまったとしても保有カードを失わずに済むため、最悪の事態だけは避けることができます。

オススメのサブカードはこの2枚

学生がカード限度額を上げたい時は、海外旅行に行くなどのシーンが多いと思います。発行スピードも速く、海外旅行時の保険や各種サービスが充実しているセゾンブルー・アメックスが1番のオススメです。スタイリッシュでかっこいい券面デザインのため持って使っても恥ずかしくないカードです。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

amex

年会費 26歳まで無料!
還元率 0.5~1.08%
発行まで 最短即日発送
強み 海外旅行利用での強みと、アメックスブランドの高級サービスが得られること

btn_free_regist

VIASOカード(年会費無料・ネット通販に強い!)

viaso_01
サブカードでもうひとつ、人気急上昇中なのが三菱UFJニコスのVIASO(ビアソ)カードです。eショップ利用すれば、ポイント還元が追加で加算:Amazon.co.jpや、Yahoo!ショッピング、楽天市場などなどネットショップで最大10%以上のポイント還元!

499801

年会費 年会費無料!
還元率 0.5%~最大10%まで!
発行まで 最短1営業日で発行!
強み キャッシュバックが熱い!海外保険もしっかり付帯。

btn_free_regist

利用限度額は高ければ高いほどいい!?

利用限度額に達してしまうとカードが使えなくなってしまうので、利用限度額は多い方が良いように思えます。しかし、リスクを考えると、一概に高ければ高いほどいいとは言えなくなってきます。あまり利用限度額が高すぎると、利用限度額いっぱいになるまで使いすぎてしまうこともあります。

クレジットカードは、現金を使うのとは違ってお金を払っている実感が薄れてしまうので、クレジットカード初心者にとっては限度額を恒久的に引き上げることはあまりおすすめできません。さらに、一応保険はありますが、第三者に不正に利用されてしまうと、大抵は利用限度額いっぱいまで使われてしまう可能性も、ゼロとは言い切れません。

ですから、このようなリスクを少なくするためにも、利用限度額が多すぎるのも考えものになってきますよね。利用限度額は減らす(引き下げる)ことも可能です。限度額を引き上げてもらうときと同じように、カード会社に連絡することで利用限度の引き下げに対応してくれます。ちなみに、キャッシングできる金額も減らすことができるので、キャッシング枠を利用しないという人は、0円にしてもらうと良いと思います。

利用限度額の理想はいくら?

利用限度額は高すぎても低すぎても良くなく、ちょうど良い金額が理想なのはわかってもらえたと思います。じゃあ、いったいいくらがいいのか?となると思います。その人次第になるので難しいですが、一応目安となる考え方はあります。

目安として、月10万円使う人なら最低30万円くらいは利用限度額が欲しいところです。当月と翌月分は最低限必要で、さらに少し余裕を持って、ひと月に使う金額の3倍位がちょうどいいと思います。まだ学生の方は旅行に行く時だけ、などの一時的な利用限度額の引き上げは賢い使い方と言えますね。

それ以外の方法として、もっと確実なものがありますが少し時間がかかります。とりあえずカードを使っていき、利用限度額が多すぎると思った場合は少しずつ下げていく、ということをしていきます。こうすれば、自然と調度良い金額に調整されていくので確実性は高いです。

特に学生カードでは基本的に限度額が10万円固定のものが多いのですが、最大で恒常的に30万円まで限度額引き上げは可能なカード会社もあります。※その場合は親権者の同意書があれば可能という条件付きです。

学生なのでそもそも収入が無いので高額な設定はできません。万が一30万円以上の出費が必要な場合はカードを数枚用意するか、親権者が本会員のクレジットカードの家族カードを利用することをオススメします。ただし、家族カードの場合で、限度額設定が高額になっている場合は、使えるからと言ってご両親と決めた金額以上の浪費をしてしまう可能性があるの十分に気を付けてくださいね。