サイン

クレジットカードの暗証番号が生年月日は保険が適用されない!?

クレジットカードでショッピングをするときにはカード伝票にサインをすることでカード会員であることを確認するのが今までの常識でした。クレジットカード申込書には4ケタの暗証番号を記入する欄がありますが、過去はキャッシング専用という認識でした。

しかし、今ではカードショッピングでも暗証番号が必要なケースが増えてきています。暗証番号の重要性は以前から高いものでしたが、キャッシングをしない人には関係ないと思っていた人も認識を変える必要があります。

今回はますます重要になったクレジットカードの暗証番号についての解説をします。とても重要なことなのでクレジットカードの基礎知識として身につけておきましょう。学生の方も必見です。

暗証番号はサインよりも安全

クレジットカードが手元に届いたらクレジットカードの裏面にサインをするというのはもはや常識です。サインをしていないとカードが盗まれたり、落としたりしたとき悪用される可能性が高くなります。カードを拾った人が自分でサインをしてしまえば、カード会員本人だと認識されてしまうからです。

暗証番号は4桁の数字ですが、組み合わせは1万通り近くなるので一般的に類推することは困難です。サインは字体をマネすることはそれほど難しくないうえに、きちんとカード裏面のサインと伝票のサインを見比べない加盟店もあるので、安全性は低いのです。

当サイトの参考記事
クレジットカードの裏面には、必ずサインを!サインをしないとどうなる?

クレジットカードの紛失・盗難保険で補償されないケースとは?

小ネタですが、サインはあえて外国人がマネしにくい日本語、漢字で書いておくと良いかも。

暗証番号は推測されないものにする

0000や1111など同じ数字の暗証番号は以前から登録できませんが、最近では生年月日の暗証番号も登録できないケースが増えています。クレジットカードを盗まれたという場合、同時に財布やカード入れも盗まれることが多くなります。この中に免許証や健康保険証などがあれば、住所や生年月日といった個人情報も盗まれます。個人情報柄類推される暗証番号を使ってカードの不正利用が行われると、カード盗難保険は適用されません。

暗証番号の数字は個人情報ではなく自分だけにしかわからない数字を登録する必要があります。ゴルフをしている人であれば前半のハーフと後半のハーフのベストスコアなどもいいかもしれません。同じ生年月日でも自分のではなく、親や友人など近い人で健康保険証に記載されていない生年月日もいいでしょう。また記憶力がいい人であればまったくでたらめの数字にして、記憶しておくという方法もあります。

いずれにしても個人情報からは推測できない数字を暗証番号にするのが基本です。もちろんそれをメモしておくというのは、暗証番号の意味がないので絶対にやめましょう。

カード盗難保険と暗証番号

暗証番号は第三者にわからないということが前提なので、暗証番号を使って不正利用された場合カード盗難保険は適用されません。第三者が知り得ない暗証番号でキャッシングの不正利用があっても、カード会員が自分でキャッシングした場合と区別がつかないからです。暗証番号が推測されたり、メモにしていたものを盗まれたりした場合でも、暗証番号の管理が悪いということで、カード会員に過失があったことになります。

暗証番号以外でもクレジットカードの管理が悪いと判断されると、ショッピング利用を悪用されても保険が適用になりません。暗証番号を含めてクレジットカードの管理には注意が必要です。特にキャッシングを悪用されると高額な被害金額となりやすく、その被害金額は自分で支払うことになるので、暗証番号は第三者に知られないようにしましょう。

過去のキャッシング悪用実例

だいぶ前のことですが、キャッシングを悪用された実例を2例ご紹介しましょう。

■自分で暗証番号を教えてしまったケース

当時クレジットカード会員向けのキャンペーンが行われていました。そのキャンペーンは宝くじのナンバーズのような仕組みで、4桁の数字を登録してその数字が一致すれば商品がもらえるというものです。あるカード会員にクレジットカード会社の社員を名乗る電話があり、キャンペーンに当選したので4桁の数字を確認したいという内容でした。

その会員は喜んで数字を教えましたが、実はその時には車に入れていたクレジットカードが前の晩に盗まれていたのです。その会員はクレジットカードの暗証番号をキャンペーンに登録していました。結果は想像のとおりキャッシングを枠いっぱいに悪用され、保険も適用にならず自分で支払うことになったのです。

この実例ではクレジットカード会員としての過失がいくつかあります。結果的にクレジットカードの暗証番号を教えてしまったこと、クレジットカードを手元で保管せずに車内に放置したことです。さらに言えばクレジットカード会社の社員が、キャンペーンの登録数字とはいえ、自宅に電話して重要な情報を確認するというはありません。こう言った認識はしっかりと持っておきましょう。

■キャッシングが悪用され、ATMの監視カメラの映像を見たら・・・

ある日女性(主婦)がクレジットカード会社のセキュリティ担当に、身に覚えのないキャッシングの請求が来たという相談をしました。利用されたATMには監視カメラが付いていたので、女性は後日その映像を見るためにクレジットカード会社の支店を訪れました。キャッシングの悪用時の映像に映っていたのは彼女の配偶者だったのです。

キャッシングに限らずクレジットカードを家族が利用した場合はカード盗難保険の適用外となります。保険会社ではカード盗難保険以外でも家族間の悪用や事故は保険が適用されません。家族間のトラブルは家族内で解決するのが基本です。それに保険会社は、本当の事故と家族間で示し合わせて事故を装った場合の区別がつかないのです。家族間でのクレジットカードの貸し借りや暗証番号を教えることは、お金をあげるということと同じなのです。

暗証番号がカードショッピングでも使われる背景

クレジットカードの暗証番号と言えばキャッシング専用でしたが、今ではカードショッピングでも使われる機会が増えました。これはICチップ搭載のICクレジットカードが普及しているからです。現在のクレジットカードのほとんどにはICチップが搭載されていますが、同時に磁気ストライプも搭載されています。これにはICカードの普及に端末機が追い付いていないという事情があります。

ICクレジットカードの決済方法

ICチップ搭載のクレジットカードを決済するためにはカード加盟店にICチップ対応のクレジット端末機が必要になります。クレジットカード搭載のICチップは「接触型」と呼ばれていて、磁気ストライプを読み取るクレジット端末機では読み取りができません。カード加盟店はICカードに対応するためには新規に端末機を導入する必要があります。そのためには設備投資が必要となりお金もかかるので、ICチップ用の端末機の普及が遅れているのです。

ICチップを搭載して暗証番号によるカード会員の確認ができれば、不正利用の大半を防止できます。しかし、利用できる端末機が少ないので、磁気ストライプも搭載して旧来の決済方法をしているのです。

ICチップと磁気ストライプのデータ保管

磁気ストライプにはかつて暗証番号の情報も保管されていました。しかし、磁気情報の読み取りができる装置が普及してきたため、磁気ストライプではクレジットカード番号や有効期限、氏名といったカード表面に印刷されている内容しか保存されていません。ちなみに磁気ストライプの読み取り装置はスキマーと呼ばれていて、クレジットカードの偽造に使われていますが、一般的に会員カードを発行している店舗などでも使われています。例えばレンタルビデオ店の会員の確認などにも使われているので、販売自体は違法ではありません。

ICチップの容量は磁気ストライプとは比べ物にならないほど大容量なので、カード会員情報以外にも貯まったポイント数なども保存できます。将来的には国や自治体のデータや医療記録まで保存する構想まであります。またICチップのデータは暗号化されているので、実質的に第三者の読み取りは不可能なので、暗証番号情報もICチップで保存しています。このように磁気ストライプとICチップではデータ保存料も、安全性も格段に違うので、加盟店でのICチップ読み取り可能な端末機の早急な普及が望まれています。

磁気ストライプのデータは読み取り放題

磁気ストライプのデータはスキマーによって読み取ることができますが、読み取りできるのはクレジットカード本体に印刷されている情報だけです。それでは何のためにわざわざ読み取り装置まで購入してクレジットカード情報を盗み出す犯罪があるのでしょうか。それはクレジットカード本体をカード会員の手元に残して、情報だけを盗むことで不正利用の発覚を遅らせるためです。

クレジットカードが手元にあるのでカード会員が不正利用に気づくのはクレジットカード会社から請求書が届いてからになります。採炭でも1か月以上発覚が遅れるのでその間に不正利用し放題ということになります。最近ではさらに不正利用が気付かれないように、少額の悪用を長期間続けるという手口もあるので請求書は少額でもしっかりチェックしましょう。クレジットカード会社もこうした不正利用を早期発見するためにセキュリティを強化しています。

クレジットカードのオーソリゼーション(承認)を24時間体制で行う部署がありますが、ここでは不正利用と思われるオーソリゼーションのチェックも行っています。長期間使われていなかったクレジットカードで高額の買い物があったり、普段と違うパターンの買い物があったりするとクレジットカード会員に直接電話で確認します。

これによって不正利用を早期に発見しているのです。もしこうした電話がクレジットカード会社から来た場合は、カード会員の安全を守っているためなので、きちんと対応しましょう。

※筆者も経験があります。

まとめ

クレジットカードの暗証番号がいかに重要であるかがお分かりいただけたでしょうか。暗証番号は適切に登録してきちんと管理していれば、サインよりもはるかに安全です。今まで生年月日や電話番号など安易に暗証番号を登録したり、メモに残したりしていた人はすぐに暗証番号を変更しましょう。ただしICチップ付きのクレジットカードの場合、暗証番号はチップにも保管されているのでクレジットカードの切り替えが必要になります。このような手間をかけないためにも、暗証番号はよく考えてからクレジットカードの申し込みをしましょう。

本当に初めて使う人へ!:店頭・ネット通販でのクレジットカード使い方・注意点・サインの仕方まとめ

c0501

初めてクレジットカードを使う時

 
クレジットカードをお店やネット通販で作ったけど、どうやって使うのかよくわからない。どのタイミングでいえばいいかよくわからない。そんな皆さんへ初めて使うクレジットの使い方についてご紹介します。

カードを使う前に・・・

カードが到着したらすぐにでもカード裏面にボールペンやサインペンでサイン記入することをおすすめします。サイン未記入の状態で盗難などに遭ってしまうと、カード会社による補償が受けられません。サインは、アルファベットでも漢字でも構いませんが、普段書き慣れた漢字で書くのが無難です。次から、ショッピングで利用する場合の使い方を紹介します。

まずはロゴを見つける

世の中のお店や飲食店ではクレジット決済が可能なお店が年々増えてきています。まずはそのお店はクレジットカードが使えるかどうかを確認する必要があります。よくお店の店舗にはステッカーや小さい看板が置いてあることも多いと思います。

たまにレジのカウンターやお店の入り口にVISAMASTERと書いてあるロゴがついている物をみかけませんか。そのロゴがある所は使用できます。中にはロゴが書いていないお店もありますのでその時はお店の方に聞くか、またはレジの周りにはクレジットカード専用の機械が置いてあるお店もあります。そういったお店は利用する事ができます。

クレジットカードを利用できる店舗として、例を挙げると、セブンイレブンやローソン、ファミリーマートなどのコンビニ。デニーズ、ガスト、ロイヤルホストなどのファミリーレストランや居酒屋などの飲食店。紀伊國屋書店などの書店でも利用することができます。また、学生にも人気のあるスターバックスコーヒーやユニクロでも利用する事ができますよ。

お店の方とやりとりする時

品物を購入し、または飲食後のお会計の時に現金を出す時と同じようにクレジットカードで支払いますとお伝えください。この時に一部を現金、残りをクレジット決済するというポイントのような使い方はできませんのでご注意ください。クレジットカードをお店の方へ渡すとお店の方が手続きをします。

そして、暗証番号を入力してください。と言われますので予めクレジットカードに登録した4ケタの暗証番号を入力してください。そのあと、機械の右下に確定というボタンがありますのでそちらを押してください。

お店の人に機械を返すと、数秒してからレシートが3枚でてきます。1枚は皆さんの控え、1枚はお店の控え、1枚はカード会社の控えとなっています。そしてお店の人から金額が合っているかどうかと支払回数に間違いはないか確認してください。と言われます。確認してみて間違いがなければ終わりです。

また、暗証番号を忘れたり、暗証番号が使えない機械であれば、出てくるレシートに間違いがなければサインしてください。と言われますので、クレジットカードの裏面に記載した自分の名前を自署してください。そしてお店の方からクレジットカードとお客様控えのレシートとクレジットカードを受け取ってください。

これで支払いは完了しです。

インターネットでのクレジットカードの使い方

インターネットでも、購入したいお店のトップページにクレジット決済が使えます。と書いてあったり、VISAやMASTERのロゴが入ったりしているお店もあると思います。またお支払い方法をサイトで確認すると、クレジットカード決済と記載があるお店もあります。基本的にインターネット通販の場合はそのお店にクレジットカードが使えると書いてなければ使えないのでその点は店舗でのお店とは異なります。またお店では使えても、そのお店がインターネットサイトを持っていない場合ではインターネットでのクレジットカード決済はできませんのでご注意ください。

お買いものかごなどで商品を選択し、最後に発送先の住所や決済方法を選択する画面が出てきます。その時はクレジット決済を選択してください。クレジット決済を選択しますと、クレジットカードの番号と有効期限と名前をアルファベットで入力します。場合によってはセキュリティ番号という、クレジットカードの裏面に記載されている番号を入力してくださいと言われます。このセキュリティ番号がお店で商品を直接購入する時のような暗証番号の役目を果たしていて、クレジットカードの安全をまもっています。全て入力すると次の画面へ進み、そのまま入力をすると購入は完了です。

また、このときカード認証の関係で送信に時間が掛かる場合があります。遅いからといってイライラして決済ボタンを複数回クリックしてはいけません。クリックした分だけ決済が行われてしまいますので注意してください。

暗証番号にしてはいけない番号ってあるの?

いくら覚えやすいからといって、自分の誕生日やそれ以外にも、推測されやすい番号は防犯上、好ましくありませんので、出来る限り使わないようにしてください。

自分の誕生日

言うまでもありませんが、自分の誕生日を4桁にした数字はもっとも推測されやすく、なおかつ一番使われている暗証番号形態なのでおすすめできません。カード会社の中には、誕生日番号だと暗証番号として認めないケースもあります。

携帯番号の下4桁

これも同様です。これらの番号を設定している方は多いので、悪意のある第三者にかかれば、このくらいの暗証番号であればすぐに破られてしまいます。

固定電話の下4桁

同様に人気なのが実はこれなんです。自宅電話番号の下4桁を暗証番号に設定しているという方。確かに覚えやすいというか、忘れないですが個人情報と同時にカード番号が流出した場合には、一発でアウトです。下4桁でなくても、電話番号に使われている数字を使うのはおすすめできませんね。

クレジットカードは3回間違えるとロックがかかる!

クレジットカードの場合、暗証番号はだいたい3回間違えると自動的にロックがかかる仕様になっています。ですから、上記3つを使っていた場合には、3回の入力以内に暗証番号を破られてしまいます。いくら覚えやすくても、多くの方が利用しているであろうこれらの暗証番号だけは、絶対に利用しないようにしてください。逆に、自分でも暗証番号を忘れないようにしてくださいね。

暗証番号を覚えてなくてもカードは使える

ちなみに暗証番号を覚えてなくてもクレジットカード払いは問題なくすることができます。店員さんに対して「暗証番号ではなくサインによる支払いに切り替えてください」と伝えれば、暗証番号の入力をやめ、サインによる支払いに切り替えることが出来るので、そちらを利用してもらえればと思います。

なぜお店では暗証番号を入力したり、サインしたりするの?

以前のクレジットカードは磁気式の為、偽造ができたりしやすく、本当にその人が申込をしたかどうかよくわからない事も多かったのですが、最近はICチップ型導入によりレシートにサインする必要がありません。暗証番号を忘れた時はサインをする事もありますが、基本的にはサインすることも減っていると思います。(決済金額にもよります)。

また、最近はあまり見ませんが、クレジットカードは端末を通している間にこの方のクレジットの枠は大丈夫なのか、という電子承認を行っていますが、昔はそんなことができなかったので、クレジットカード会社に電話して、カード番号と購入する金額を言って購入できるかどうか確認していました。そのような時は手書きで購入金額や購入店舗が書かれており、それにサインしているという事もありました。今でも導入している店舗は一部あります。

芸能人気どりでサインをしてみる?

サインはクレジットカード裏面と同じ名前でサインをするのが原則です。またクレジットカードは家族であっても他人に貸出することは禁止されています。そのため、サインには購入した人が本当にその金額で買ったよという確認する意味も込められています。

一部法人の契約名義の場合は使用した人の個人名を書くケースもありますが、最終的に何かトラブルが合った時に本当にサインしているかどうかで契約が成立しているか、していないかを示す事があります。

クレジットカードでの支払いは手数料がかかる?

カード払いでは、お店とわたしたち消費者との間にカード会社が入るので、「 現金で支払うのとは違い、何か手数料が必要になるのでは?」と思われるかもしれませんが、支払い方法が1 回払い(一括払い)であれば手数料は必要ありません

また、カードを使うと支払いを先送りにすることになるので、金利がかからないか不安を抱く方もいるかもしれませんね。しかし、この場合も同様に、支払方法が 「1 回払い」であれば金利もかかりません。つまり、クレジットカードの1回払い現金で買い物をするときと同じ金額になります

しかし、支払方法を「分割」や「リボ払い」にすると若干話は変わってきます。ちなみに、分割やリボ払いというのは、家を買うときのローンと同じようなものなので手数料金利が付きます。そのため、高額の買い物をするときにどうしても分割でないと困るというとき以外は利用しない方が無難です。その方が損をしませんからね。

支払い方法にはどんなものがあるの?

初めてのことだらけでわからないと思うので、支払い方法の違いについてもまとめました。基本的に、以下の5種類の支払い方法に分かれます。高額の買い物をする際や、銀行口座にお金がないときは、負担を分散できる分割やリボルビング払いなどを利用すると良いかもしれません。ただし、この場合は金利や手数料が発生するので、必要なとき以外は1回払い(一括払い)で支払うことをおすすめします。参考になれば嬉しいです!

1 回払い(一括払い)

翌月に1回払いで支払う方法で「 一括払い 」とも言われます。金利はかからず、現金で支払うのと同じ金額で買い物ができます。普段の買い物では、この方法で支払うことをおすすめします。

分割2回払い

基本的に2回分割までは金利も手数料もかかりません。ただし、一部のカードではかかるかることがあります。損をしないためにも、事前に確認しておきましょう。

ボーナス 1 括払い

夏や冬のボーナス月に一括で支払う方法です。基本的に金利と手数料はかかりません。社会人になったら、大きな買い物のときに利用することもあると思います。とても便利なので覚えておきましょう。

分割 3 回払い以上

「3回払い~36回払い」と段階が分かれています。3回払い以上になると金利や手数料が発生してきます。

リボルビング払い ( リボ払い )

月々の支払い額を ほぼ一定にする支払方法です。たとえば、3万円のものを買って、リボルビング払いの「ひと月3,000円」というのをを選ぶと、毎月3,000円だけ口座から差し引かれます。リボルビング払いのときも金利や手数料が発生します。使える期間はカード会社ごとに設定されているので確認してみましょう。

気をつける事

実際にある事ですが、金額をよく確認しないでサインをして明細書を確認したら0が一つ多かった事や2回払いを指定したのに、1回払いになってしまったなどのトラブルがありますと、お店へ行きそのカードを持っていかないと修正がききません。

例えば、旅行先でよく見ていなくてサインしたら実は想定した金額以上だったという事もありえます。その際は一旦クレジットカードをお店へ持っていってからキャンセルの手続きをして再度正しい金額でやり直します。なかなかお店へ行けないと、クレジット会社は当初の予定通りにその金額で一旦引落をしてしまいます。安易にサインや暗証番号は入力せず、必ず確認しましょう。

家族や友人にカードを貸してはいけません!規約違反とその理由まとめ

家族や友人にクレジットカードを貸すと規約違反?

家族であればカードを使って清算ということで、通常の家族名義のクレジットカードをそのまま使用したりしていませんか?

これを見てビックリされている方も多いと思いますが、夫婦で貸し借りをされていたり、こどもに何かあった時用にご両親のクレジットカードを渡されている人も少なくないのではないでしょうか?
これって間違いなのです!!

なぜならばクレジットカードはカードの裏面に『署名している本人』しか利用は認められていません。

分からなければいいって?そんなことが言っていられないのは、貸与していたクレジットカードが不正利用されていたとしても、『カ―ドの盗難補償』は適用されません。ということは、何かあった場合の被害金額は全て名義人のあなたが支払う義務が生じてしまいますので注意してください!!

詳しくはこちらも勉強してください。
クレジットカードの紛失・盗難保険で補償されないケースとは?

カード名義の人が利用できる方法

とはいっても契約者以外の人がカードを使用して支払いをしたりしなくてはいけない場面は良くありますよね?
そんな場合は『家族カード』と言われるものが発行できます。家族カードの発行条件としてはこんなものがあります。

  • 家族カードの発行は満18歳以上(高校生を除く)の同姓・同居のご家族に限る
  • 家族カードのご利用可能枠は、本人会員様カードのご利用可能枠の範囲
  • キャッシュカード一体型クレジットカードの家族カードは、キャッシュカード機能は付帯しない

他にもクレジットカード会社によって規約がありますのでそれぞれご確認ください。

クレジットカード使用についてのルール

クレジットカードは契約する際に利用規約等を読んで申し込みをすると思いますが、そこに記載されているルールと簡単に紹介します。

  • 1.会員に会員の指名、会員番号、有効期限のカード情報を印字させた会員カードを貸与る。クレジットカードを貸与されたら裏面に直ちに署名する。カード発行後も届け出事項に関する確認連絡が契約したカード会社からあった場合は応じる。
  • 2.クレジットカードの所有権は、契約カード会社に属し、クレジットカードのカード情報はカード表面に印字された会員本人以外は使用できない。会員は現金化を目的として商品・サービスの購入などのショッピング枠を使用していけない。また、違法な取引に使用してはいけない。※何かの商品を購入してそれを現金化しますとうたっているものに使用しては契約違反ということです。
  • 3.会員はクレジットカードの保管や使用に責任を持つ。カードを他人に貸与等カード情報を預託してはいけない。理由を問わずクレジットカード・クレジットカード情報を他人に使用させることを、占有を移転させてはならない。
  • クレジットカード・クレジットカード情報の使用や保管に際して『3』項目に違反して、その違反が原因でカード情報が不正に利用された場合、本会員はそのカード利用代金について全ての支払いの責を負うものとする。

という様な内容が記載されていますので確認してみてください。不正利用を未然に防ぐ為にも家族であっても署名した本人以外のカード利用はしないでください。

関連記事
クレジットカードの裏面には、必ずサインを!サインをしないとどうなる?

クレジットカードの紛失・盗難保険で補償されないケースとは?

絶対ダメ!こんな時はカード会社からの補償が受けられません

盗難・紛失したカードが不正に利用されたとき、基本的にはカード会社の補償を受けることができます。しかし、いつでも補償が受けられるわけではないということはご存知でしょうか。例えばこのような場合は補償の対象外となりますので注意しましょう。

  • カード裏面にサインが無い
  • 暗証番号が生年月日や単純な数字列(例:1111、1234など)
  • 暗証番号が容易に推測できるものとクレジットカードが一緒に携行されている
  • 暗証番号をメモしたものが一緒に携行されている
  • 家族や同居人がカードを利用した

カード裏面のサイン見直しは必須

カード裏面のサインは補償を受ける際に必須です。もしまだ記入していないなら至急サインを記入してください。そもそもカード裏面にサインが無いクレジットカードは、お店としても決済することが禁止になっていますのでお買い物ができません。また、せっかくサインをしているのに薄くなってしまっている可能性があります。すぐにお手持ちのクレジットカードの裏面を確認して、もしサインが薄くなっているようでしたら濃いペンで書きなおしておいた方が無難です。なお、ペンは油性がいいでしょう。

暗証番号を工夫してみよう

暗証番号は忘れないように生年月日にしている方も多いと思いますが、その場合、万が一の時に補償が受けられなくなるので要注意です。だからといって何のゆかりもない番号では覚えておくのが不安という方も多いのではないでしょうか。そこで、暗証番号を少し工夫してみてはいかがでしょうか。例えばこのような番号であれば忘れにくく分かりづらいと思います。

  • 生年月日は日付だけではなく西暦や年号を独自ルールで組み合わせる
  • いつもの生年月日の4桁の数字の順序を逆にする
  • 両親の生年月日を暗証番号にする

こんなちょっとした工夫でわかりづらく忘れづらい暗証番号を作ることができます。ぜひお試しください。

まとめ

カードの紛失・盗難で補償を受けられないケースをみてきました。実はご紹介した補償がされないケースはどれもクレジットカードの利用規約に違反をしている事項です。なので、もし心当たりがある項目があればすぐに見直すようにしてください。クレジットカードはショッピングのほかにもキャッシングや、違法ですが現金化ということもできてしまい被害が甚大です。万が一の時に被害を拡大させないためにも、これを読んだらすぐにクレジットカードの周辺状況を見直してもらえたらと思います。

クレジットカードの裏面には、必ずサインを!サインをしないとどうなる?

カード裏面のサインは何のために必要か

みなさんはクレジットカードの裏面にサインをしていますでしょうか。中にはカードが汚れるのが嫌という理由でカードにサインをしない人もいるようですが、きちんとサインをしてください。カードにサインをすることで万が一のときにあなた自身がカード会社から守られます。そして、これは基本的なことですが、サインを書くことはカード会社の規約により規定されています。規約違反とならないようにカード裏面にはしっかりとサインをしましょう。

サインがないとどうなるか

では、カード裏面にサインがないと実際にどうなるのでしょうか。

まず、お店側にはカード決済のときは本人確認をするということが決められており、サインがないクレジットカードでは決済をしてはいけないルールとなっています。そのため、カードにサインがないと、そもそもカードを利用してショッピングなどができません。

では、ネットショッピングの場合はどうでしょうか。ネットショッピングの場合はカード裏面のサインを確認することができないので、サインが無くても決済ができてしまいます。しかし、だからといってサインをしなくていいわけではありません。なぜなら、万が一そのカードを紛失した際にとても困ることになるからです。例えば、カードが不正に利用された場合、通常は保険が適用されてカードの所有者に不正利用分が請求されることはありません。

しかし、カードが発見され、裏面にサインが無いことが発覚すると、保険の適用がされなくなり、不正利用分もカード所有者に請求されてしまいます。そのため、ネット専用で利用するクレジットカードでも、万が一に備えて必ず裏面にサインをするようにしてください。たとえそのカードを外に持ち歩くことがなかったとしても、家が空き巣に入られる可能性はゼロではありませんよね。つまり、カードが100%不正に利用されることはないとは言い切れないのです。だからこそ、カードの裏面には必ずサインを記載しておくことが必要です。

まとめ

クレジットカードの裏面にはきちんとサインをしましょう。なぜなら、まず第一に規則としてサインが無いクレジットカードでは決済が禁止されているからです。そして第二に、万が一にも紛失や盗難でクレジットカードが不正に利用された場合、カードのサインがあれば保険が適用されますが、サインが無いと保険が適用されないからです。サインが無いクレジットカードでは、不正利用分までがカード所有者に請求されることになってしまうので、サインがあるのと無いのとでは、万が一のときの被害額が雲泥の差となります。ですので、今すぐお持ちのカードの裏面を確認してみてください。そして、もしサインが未記入だったり、書いた文字が薄くなっているなら、油性の濃いペンでしっかりとサインをしてくださいね。