キャンペーン

Apple Pay登場!仕組みやおすすめの使い方や対応クレジットカード総まとめ。Apple Pay関連のキャンペーン情報も!

最終更新:2016年11月20日

appp
参考:http://www.apple.com/jp/apple-pay/getting-started/

2016年10月から日本でもApple Pay(アップルペイ)が利用できるようになりました。財布からお金を出さずにコンビニなどで決済したり、Suica機能で改札を通過したりということがiPhone一つでできるようになったのです。

Apple Payは今までのおサイフケータイとどのように違うのか、どうやって使うのか、いろいろ疑問があるでしょう。今回はこのApple Payを徹底的に検証してみましょう。

Apple Payの仕組み・使えるサービス

Apple Payはアップルが決済手段を提供しているわけではなくおサイフケータイのように、iPhoneに決済手段を取り込んで利用するものです。日本ではiPhone7 / 7 Plus、Apple Watch Series 2から利用できます。下記にApple Payの仕組みを解説しましょう。

Apple Payは電子マネーのご用達、FeliCaチップを搭載しているが?

海外ではVISAやマスターカードが提供している「Visa payWave」、「MasterCardコンタクトレス」が電子マネーとして普及しています。日本ではほとんど聞かない名称ですが、これは日本の電子マネーと全く違う規格だからです。日本ではソニーが開発したFeliCa(フェリカ)というICチップによる通信技術を応用した電子マネーが普及しています。楽天EdyやSuica、nanaco、WAON等すべての電子マネーはこの方式を採用しています。

Apple Payの日本への提供が遅れた理由はこの規格の違いに原因があります。しかし、iPhoneでもFeliCaチップを搭載することでようやく日本でもApple Payが利用できたのです。

Apple Payはクレジットカードを登録して電子マネーとして使う

Apple Payにはクレジットカードを登録することができますが、直接クレジットカードとして決済をするのではなく、クレジットカードによってiDまたはQUICPayで決済します。これらは後払い方式の電子マネーなので請求はクレジットカードの支払いとして行います。そのためそれぞれのクレジットカードのポイントは通常通り付与されます。

またモバイルSuicaとしても利用できるので、登録したクレジットカードでSuicaにチャージすることもできます。

■Apple Payで利用できるサービス

電子マネー

iD、QUICPay、モバイルSuica

QUICPay対応

JCB・オリコカード・クレディセゾン・ビューカード・三菱UFJニコス・au WALLETクレジットカード・TS CUBIC CARD

iD対応

三井住友カード・イオンカード・dカード・ソフトバンクカード

その他対応サービス

ANA SKiPサービス、iTunesギフト券、ホットペッパーグルメ

※2016年11月時点の情報です。

おサイフケータイに比べると提供しているサービスはまだ少ないですが、Suica以外は後払い式の電子マネーにしか対応していないという点がネックとなっているようです。日本で普及しているのは前払式の電子マネーが中心で楽天Edy、nanaco、WAONといった電子マネーが主流です。今後これらの導入に期待しましょう。

国際ブランドはApple Payにどう関係する?

最も普及しているVISAブランドのカードはApple Payには登録できないのでしょうか?Apple Payの利用は大きく3つに分けることができます。

  1. iD・QUICPayでの買い物
  2. 電子マネーチャージ
  3. インターネット・アプリでのオンライン決済

この内1,「iD・QUICPayでの買い物」に関してはVISAブランドのクレジットカードでも登録可能なクレジットカードであれば利用することができます。これは国際ブランドに関係なく、いずれかの電子マネーに振り分けて請求されるからです(楽天VISAカード可)。

しかし2と3に関してVISAカードは利用することができません(楽天JCB・マスターカード可)。また、アメリカン・エキスプレスのプロパーカードは登録ができずセゾン・アメリカン・エキスプレス・カードといった提携カードを登録するしかありません。しかし、海外ではアメリカン・エキスプレスはApple Payに登録できるので、いずれ登録可能になるかもしれません。

Apple Payの登録方法

appay
Apple Payに登録したクレジットカードが年会費有料であればカード年会費はかかりますが、Apple Payを登録するための手数料や年会費といったものは一切かかりません。完全に無料のサービスとなっています。

またクレジットカードなどの登録方法も簡単でクレジットカードの表面をiPhoneのカメラで撮影して、カード裏面のセキュリティーコードを入力するだけです。また、Suicaの登録も簡単でSuicaカードやSuica定期券の上にiPhone7を置くだけで、FeliCaチップの情報を自動的に読み取ります。だれでも直感的に登録ができます。説明書は不要です。

Apple Payのメリット・デメリット

Apple Payの仕組み・使えるサービスについてはわかっていただけたでしょうか?次はApple Payにはどんなメリット・デメリットがあるのかご紹介しましょう。

Apple Payのメリット:モバイル性と高いセキュリティ

今まで決済手段に全く対応できていなかったiPhoneで各種決済や、交通手段の利用がキャッシュレスで、しかも毎日持ち歩く端末で利用できるようになった点が最大のメリットと言えるでしょう。

これによってiPhoneユーザーは持ち歩くカードを減らすことができるので財布が軽くなります。QUICPayやiDの利用ではクレジットカード会社のポイントも貯まるのでお得です。

セキュリティ面でもApple Payは高い安全性があります。クレジットカード情報など個人情報は暗号化してiPhone内に保存されます。万一紛失しても「iPhoneを探す」機能で紛失モードに設定するとApple Payを一時利用停止にできます。

Apple Payでは電子マネー機能で実際の店舗での買い物ができますが、アプリ内やWEB上でも買い物をすることができます。特にネットショッピングでは安全性を気にする人も多いでしょう。Apple Payではクレジットカード情報をお店に伝えることがない仕組みとなっているので、安心して使うことができます。

また、指紋認証のTOUCH IDがあるので、iPhoneを盗まれても第三者に悪用されることもありません。

Apple Payのデメリット:使えるサービスがまだ限定的、今後の展開に期待

Apple Payのデメリットは使えるサービスがおサイフケータイに比べるとまだ少ないという点です。日本でのサービス開始は始まったばかりなので、今後の展開に期待するしかありません。

また、機能面でもモバイルSuicaの一部機能(JR東海のエクスプレス予約、銀行チャージ、キャリア決済チャージ、ネット決済サービスなど)が使えないといったデメリットもあります。これからiPhoneを使おうと思っている人にとってApple Payはそれほど魅力がないかもしれませんが、すでにiPhoneユーザーであれば十分メリットのあるサービスです。

Apple PayでSuicaを活用するならビューカードを登録しよう

ビューカードであれば、Apple Payに登録してオートチャージすることもできます。オートチャージにしておけば改札口で残高が自動で補充されるので、残高不足で通れないということがなくなります。Suicaオートチャージに使えるクレジットカードはビューカードだけです。もちろんApple Payを利用してもビューサンクスポイントが1.5%付くのでお得です。貯まったポイントはSuicaに移行することができます。

Apple Payのキャンペーン情報

Apple Payが解禁になりクレジットカード会社でも自社カードを登録してもらおうと、早速キャンペーンを展開しています。2016年11月14日時点で行われているキャンペーンをご紹介しましょう。

クレジットカード会社のキャンペーン一覧

■三井住友カード

~2016年12月31日:Apple PayでiD利用をすると、先着5万名まで三井住友カードが最大5,000円まで負担。(要エントリー)
三井住友カードの公式サイトでチェックしてみる!

■JCB

~2017年1月17日:JCBカードを追加したApple Payの利用金額10%(最大5,000円)をキャッシュバック。(エントリー不要)
JCBカードの公式サイトでチェックしてみる!

■オリコ

~2017年1月31日:エントリー後Apple Payを10,000円以上利用すると10%ポイントバック(5,000円分が上限)。また50,000円以上の利用は抽選で100名にiPhoneアクセサリー3点セットをプレゼント
オススメのオリコ系カードはこれ!

■イオンカード

~2016年12月20日:Apple Payにイオンカード登録、1,000円以上の利用で抽選絵1,000名に10,000ポイントプレゼント。イオンJMBカードの場合は5,000マイルプレゼント。どちらもエントリー不要。

■ビューカード

~2017年1月31日:Apple Payにビューカード登録、期間中Suica関連またはQUICPayで5,000円以上利用した全員に400ポイント(1,000円相当)プレゼント

■セゾンカード・UCカード

~2016年12月31日:Apple PayでQUICPayを利用すると全員に777円キャッシュバック(777円未満の利用は残金)。

■au WALLETクレジットカード

~2016年12月28日:Apple Payへの登録で100ポイントプレゼント。QUICPay加盟店での利用ポイントが2倍(上限1,000ポイント)。

■ソフトバンクカード

~2016年12月31日ソフトバンクカードをApple Payに登録して専用アプリからチャージすると、2,000円分のプリペイドバリュープレゼント。

■dカード

~2017年1月31日:dカードをApple Payに登録、合計10,000円以上利用すると、抽選で1,000名に10,000dポイントをプレゼント。

※キャンペーンは延長・中断される可能性があります。上記は2016年11月14日時点の情報です。

自分が登録する予定のクレジットカードのキャンペーンを確認してみましょう。また、キャンペーン内容によって登録カードを決めるのもいいでしょう。ただしキャンペーには条件が伴う場合があるので、詳細は必ず公式ホームページでお確かめください。

まとめ:

日本では導入されたばかりのApple Payですが、早くも登録可能なクレジットカードを持つカード会社はこぞってキャンペーンを開始しています。今回日本に導入したApple Payは日本で販売しているiPhoneでなければ利用できません。反対に日本で発売されているiPhoneでは海外でApple Payによる決済もできません。つまり日本だけの特別仕様ということになります。

世界のアップルがそこまでするというのは、世界的にはサムスンにシェアを奪われているという現状があります。日本では人気のiPhoneなので、日本だけの対応をしたというのもうなずけます。

日本国内で利用する場合はApple Payは便利に使うことができます。今までSuicaやクレジットカード、電子マネーと使い分けていたiPhoneユーザーにとっては大きなメリットがあるでしょう。機能的には日本のおサイフケータイにはかないませんが、まだApple Pay元年であることを考えると、将来が楽しみということも言えるでしょう。これからiPhoneに切り替えようと考えている人も、Apple Payの導入は切り替えに大きなきっかけになったでしょう。クレジットカード会社がキャンペーンを実施している間にApple Payを活用してみましょう。

※外部サイト:apple公式サイト Apple Pay – 始め方

クレジットカード(基本・ポイント)還元率の高いおすすめカード

クレジットカードの還元率は共通ポイントや家電量販店の還元率と比べると、0.5%とかなり低い印象があります。実際一般的なクレジットカードの還元率は0.5%のケースが多いですが、中には1%を超える還元率のクレジットカードもあります。(何のことを行ってるかさっぱりの方もいるかもしれませんね、後から説明しますのでこの後も読んでみてください。)

基本還元率0.5%のクレジットカードでも使い方によっては、2倍以上の還元率にすることも簡単です。今回はクレジットカードのポイント還元率のしくみや、還元率を高くする方法、おすすめの高還元率カードをご紹介します。

そもそもクレジットカードのポイント還元率とは?

還元率はどれだけの買い物をすると、どれだけポイントがもらえるかという比率で、還元率が高いほどお得になります。20万円のカードショッピングで1000円相当の商品に交換できるのが標準で、この場合の還元率は1000円÷20万円=0.5%となります。

クレジットカード会社の利益からポイントは還元される

そもそも「還元」という言葉は、「日頃の感謝を込めてお客様に還元」「利益還元セール」といったキャンペーンのキャッチフレーズに使われているように、利益があったという前提で使われています。

しかし、クレジットカードのポイントは会員が手数料を支払わない1回払いでも付与されます。これにはクレジットカードの仕組みはクレジットカード会社、カード加盟店、カード会員の三者契約によって成り立っていることに秘密があります。

クレジットカード会社の利益のほとんどは、手数料収入ですが、会員手数料以外にも加盟店手数料が存在しています。カード会員がカードショッピングをするとカード会社がその代金を立て替えて加盟店に支払います。これを加盟店支払いと言いますが、このときに数パーセントの加盟店手数料が差し引かれるのです。そのためカード会員が1回払いを利用してもクレジットカード会社には利益が発生します。

このような仕組みによってポイントが還元できるのです。

基本的に、ポイント還元率は高いほど良い

ポイント還元率はポイント付与の単位などとは無関係に、ポイントを獲得する効率の良さがわかります。つまり単純にポイント還元率が高ければお得ということになります。それも何かのサービスやキャンペーンを利用すると還元率が高くなるのではなく、何もしなくても保証されている基本還元率が高いほうがお得です。

基本還元率が高くても、それ以上ポイント還元率を上げることができるサービスがあるからです。

クレジットカード会社ではショッピングモールを運営していて、そこを経由してネットショッピングするとポイントが2倍以上になることがほとんどです。例えば2倍とすると、基本還元率が0.5%の場合は1%になりますが、もともと基本還元率が1%であれば2%になるので、基本還元率が高いほうがお得ということがわかるでしょう。

ポイント還元率を高くする方法

基本のポイント還元率を高くする方法は、そのクレジットカードのポイントプログラムによって違いがあります。共通してポイント還元率を高くする方法はクレジットカード会社のショッピングモール経由でのショッピングです。

しかしそれ以外はポイントプログラムによってボーナスポイントや、年間利用金額でランク付けして次年度のポイント付与を高くするといった個別のサービスによって違いがあります。リボ払いの利用によってポイント付与をするカード会社も増えてきています。

クレジットカード会社のショッピングモールがポイントを多く付与できる理由

クレジットカード会社が運営しているショッピングモールを経由するだけでポイントが多くもらえるのは、提携している店舗からのインセンティブ(報酬)がクレジットカード会社に支払われるのではないかという推測ができます。それが、ショッピングモール参加時なのか、加盟店手数料に上乗せなのか、クレジットカード決済で購入が確定した時なのかはわかりません。

いずれにしてもクレジットカード会社にとって何らかの利益があり、それをポイントとして還元していることは間違いないでしょう。

これによって参加店舗には購買意欲の高いカード会員が流入し売り上げに結び付き、カード会員はポイントが多くもらえるので、三者三様のメリットがあります。関係者すべてにメリットがあるしくみというのは長続きします。クレジットカード会社のショッピングモールが長期間運営されているというのがその証拠です。

年間利用金額でポイントアップするサービスはカード申し込み前にチェック

例えばライフカードでは年間のカードショッピングの金額が50万円以上かどうかでポイントの獲得に大きな差が生まれます。年間で50万円の利用金額に達すると、300ポイントがプレゼントされ、次年度のポイント付与も1.5倍になります。

こうしたメリットは事前にチェックできるので、年間利用金額50万円が無理だと判断したら、入会しないという選択肢もあります。

リボ払い専用カードやすべての支払いをリボ払いで請求するサービスには注意

ちょっとだけ前述しましたが、リボ払いはクレジットカード会社にとっては利益率が高い支払い方法なので、その分ポイント還元率が高くなります。1回払いを利用してもリボ払いで請求されるサービスは各社で提供されています。また、リボ払い専用のクレジットカードは常にポイント2倍といった高還元率カードとなっています。これらのサービスやクレジットカードはポイント還元率が高い分、リボ払いによる手数料負担も増加します。

リボ払いを利用するのであれば、手数料負担を軽減させる手段を講じておく必要があります。リボ払いをそのまま利用すると、最低支払金額のまま支払うことになります。クレジットカード会員向けの専用サイトを利用すれば、自由にリボ払いの支払金額の変更ができます。これを利用して自分で支払える範囲内で最大の支払金額に変更しましょう。また、クレジットカードによってはカード利用枠いっぱいの支払金額にすることもできるので、この場合は常に全額の請求となります。

※筆者のオススメとしては、リボ払いは特別な、使用が避けられないシーン以外は使わないことです。

ポイント還元率の高いおすすめのクレジットカード

ゴールドカードは一般カードよりも年会費が高いのでポイント還元率が高いように思えますが、基本還元率は一般カードと同じゴールドカードがほとんどです。これはゴールドカードの年会費が海外旅行傷害保険の補償や、空港ラウンジサービスといった海外旅行向けサービスに使われている比率が高いからです。

今回は学生向けの記事ですのでゴールドカードではなく一般カードで高還元率のクレジットカードをご紹介します。

2016年下半期時点、最も還元率の高いクレジットカード

かつては最強の高還元率カードと言われた「漢方スタイルクラブカード」は常に還元率1.75%でしたが、今では還元率が1.5%まで引き下げられてしまいました。さらにボーナスポイントも引き下げられたので、高めの年会費(2年目以降税別1500円)もあり、かつてほどの人気はなくなりました。同じ還元率1.5%であれば次のクレジットカードがおすすめです。

■REX CARD(レックスカード)

年会費は漢方スタイルクラブカードよりも高い税別2500円ですが、年間50万円以上のカード利用で次年度無料という救済措置があります。確実に50万円以上の利用ができる場合はレックスカードの基本ポイント還元率1.5%は魅力的です。いつどこで利用しても高還元率となります。どうしても50万円以上の利用ができない場合は年会費無料のREX CARD Lite(ライト)がおすすめです。ポイント還元率は1.25%に下がりますが、年会費は無料です。

ネットショッピング向けクレジットカードは高還元率

日本でのネットショッピング市場は楽天市場、Amazon、Yahoo!ショッピングの大手で占められています。それぞれのショッピングモールではポイントが貯まりやすいクレジットカードが発行されているので、そのクレジットカードを利用することでお得にショッピングができます。

■最大手はやはり楽天市場。楽天カードは秀逸。

「2016高還元率カードランキング」があるとすれば必ずランクインするのが楽天カードです。楽天市場で貯まるポイントは「楽天スーパーポイント」です。楽天カードは年会費無料で海外旅行傷害保険付き、さらに楽天スーパーポイントが貯まるキャンペーンが常に行われています。ポイント還元率はどこの加盟店を利用しても1%。楽天市場内では最低でも2%のポイントが付き、キャンペーン利用で最大7ポイントの獲得も可能です。楽天市場以外の加盟店でもポイント還元率は1%です。

■業界2位の売り上げを誇るAmazon

Amazonはポイントサービスでは楽天市場と比べて魅力がありません。ポイントが付く商品を探すほうが難しいくらいです。しかしAmazon Mastercard(アマゾンマスターカード)で決済するとどんな商品でもポイントが付くというメリットがあります。Amazonでのカード決済はポイント1.5%、ほかの加盟店でも1%のポイントが付きます。年会費は年1回の利用で無料となります。

■Yahoo! JAPANカードはTカード機能付き

Yahoo!ショッピングで貯まるポイントはTポイントです。Tポイントは還元率1%から0.5%に引き下げられているので、どこの加盟店でも1%のポイントが付くYahoo! JAPANカードはTポイントを貯めるカードとして最強です。年会費は無料で、Yahoo!ショッピングやLOHACOでは常にポイント3倍となります。

まとめ

クレジットカードのポイント還元率はポイントがお得なクレジットカードを比較するうえで重要な指標です。ポイント還元率のしくみを理解していればポイントを貯めるのに適したクレジットカードが一目でわかります。今回はご紹介していませんが学生カードもポイントが優遇されているので、学生の方は積極的に活用しましょう。

クレジットカード本来の機能は現金を持たずにショッピングができるショッピング機能です。同じカードショッピングをするのであれば、ポイント還元率が高いほうがお得です。しかし、ポイント還元率だけを追ってしまうと、リボ払い手数料の負担に気付かなくなるというリスクもあります。獲得したポイント以上に手数料を支払っていては意味がないので十分注意しましょう。

インターネット経由でクレジットカードに申し込むとどんなことがお得なの?

american-express-89024_640

インターネットでのクレジットカード契約が主流になってきました。

今は店頭だけではなくインターネットからクレジットカードに申し込みができます。色様々なクレジットカードが存在しますので、自分にとってどのクレジットカードが使いやすくて、お得に利用できるのか吟味して契約してください。やみくもに契約しても、どのクレジットカードを持っているのか忘れてしまったり、いつの間にか年間会員料が発生していたり意味のないことになってしまいがちなので、必要なものだけを使用しましょう。

クレジットカード申し込み方法

クレジットカードのお申込み方法は全部で3通りあります。

  1. インターネット申し込み
  2. 郵送申し込み
  3. 店頭・窓口での申し込み
  4. の3通りがあります。その中で一番メリットがあるのはやはり『インターネット申し込みキャンペーン』などの特典がある1版。ネット限定でポイントがたくさんもらえたり(そのまま現金還元できたり)するのでオススメです。

    インターネット申し込みがお得な理由

    クレジットカードもインターネットのオンラインで簡単に申し込みが可能です♪インターネット申し込みがお得な理由を紹介していきます。クレジットカード会社は会員数を確保するためにインターネットで簡単に申し込みができるように近年力を入れています。

    まず年会費が無料なのが多い学生カードですが、それに加えて、インターネット契約だと何千円分プレゼント、電子マネー●●円プレゼント、ポイント○○ポイントプレゼント、ETCカード無料、海外保険料付帯など契約するだけでお得な特典がいっぱい付くキャンペーンを行っているカードが多いです

    窓口申し込みと違って当サイトのようなインターネットの比較サイトを使って、簡単に色々なクレジットカード会社を比較することできる、どんな内容なのか自分の目で見て確認しながら比較できるのも魅力ですよね。窓口などだと時間が気になったり、1つの会社の特典だけしか分からず、後に他のクレジットカードのほうがお得だったなんてことはザラにあります。家にインターネット環境がない方でも、今はスマートフォンでも調べることが可能です。自分に合ったカードを調べてから申込しましょう。

    また、郵送とも違ってクレジットカード会社に郵送物が届くまでの時間短縮ができ、パソコンの画面から申し込み操作が簡単にできて、このカード会社にしたいという時にすぐにお申込みができます。

    インターネット申し込みまとめ

    インターネットでクレジットカードを申し込む『お得』な部分のまとめ。

    • 他のカード会社が比較できる
    • インターネット申し込みだと審査が普通より軽い
    • 入会特典でお金やポイントなどのお得になるポイントが盛り沢山
    • いつでもインターネット環境があれば申し込める
    • 時間を気にせず自分のペースでそれぞれのクレジットカード会社の内容を知ることができる

    月によって様々なキャンペーンをクレジットカード会社は行っておりますので、細かくチェックすると更にお得に契約できると思います。