家族や友人にクレジットカードを貸すと規約違反?

家族であればカードを使って清算ということで、通常の家族名義のクレジットカードをそのまま使用したりしていませんか?

これを見てビックリされている方も多いと思いますが、夫婦で貸し借りをされていたり、こどもに何かあった時用にご両親のクレジットカードを渡されている人も少なくないのではないでしょうか?
これって間違いなのです!!

なぜならばクレジットカードはカードの裏面に『署名している本人』しか利用は認められていません。

分からなければいいって?そんなことが言っていられないのは、貸与していたクレジットカードが不正利用されていたとしても、『カ―ドの盗難補償』は適用されません。ということは、何かあった場合の被害金額は全て名義人のあなたが支払う義務が生じてしまいますので注意してください!!

詳しくはこちらも勉強してください。
クレジットカードの紛失・盗難保険で補償されないケースとは?

カード名義の人が利用できる方法

とはいっても契約者以外の人がカードを使用して支払いをしたりしなくてはいけない場面は良くありますよね?
そんな場合は『家族カード』と言われるものが発行できます。家族カードの発行条件としてはこんなものがあります。

  • 家族カードの発行は満18歳以上(高校生を除く)の同姓・同居のご家族に限る
  • 家族カードのご利用可能枠は、本人会員様カードのご利用可能枠の範囲
  • キャッシュカード一体型クレジットカードの家族カードは、キャッシュカード機能は付帯しない

他にもクレジットカード会社によって規約がありますのでそれぞれご確認ください。

クレジットカード使用についてのルール

クレジットカードは契約する際に利用規約等を読んで申し込みをすると思いますが、そこに記載されているルールと簡単に紹介します。

  • 1.会員に会員の指名、会員番号、有効期限のカード情報を印字させた会員カードを貸与る。クレジットカードを貸与されたら裏面に直ちに署名する。カード発行後も届け出事項に関する確認連絡が契約したカード会社からあった場合は応じる。
  • 2.クレジットカードの所有権は、契約カード会社に属し、クレジットカードのカード情報はカード表面に印字された会員本人以外は使用できない。会員は現金化を目的として商品・サービスの購入などのショッピング枠を使用していけない。また、違法な取引に使用してはいけない。※何かの商品を購入してそれを現金化しますとうたっているものに使用しては契約違反ということです。
  • 3.会員はクレジットカードの保管や使用に責任を持つ。カードを他人に貸与等カード情報を預託してはいけない。理由を問わずクレジットカード・クレジットカード情報を他人に使用させることを、占有を移転させてはならない。
  • クレジットカード・クレジットカード情報の使用や保管に際して『3』項目に違反して、その違反が原因でカード情報が不正に利用された場合、本会員はそのカード利用代金について全ての支払いの責を負うものとする。

という様な内容が記載されていますので確認してみてください。不正利用を未然に防ぐ為にも家族であっても署名した本人以外のカード利用はしないでください。

関連記事
クレジットカードの裏面には、必ずサインを!サインをしないとどうなる?