解約

クレジットカードを作りすぎた・特に5枚以上持っている人への整理のススメ。どうやって解約カードを決めて、手続きを進めていくべき?審査・信用への悪影響は?

こちらの記事も人気です
クレジットカードをむやみに何枚も作りまくるデメリット。入会特典狙いで作りすぎるとヤバい!?

クレジットカード解約の注意点と強制解約

学生も、半年ごとに見直し!使わないクレジットカードは早めに解約しよう!

断捨離でスッキリ。クレジットカードの整理も戦略的に!

クレジットカードを断捨離する時の心構えは?

クレジットカードを複数枚作った、持っているけれど、つくりすぎて管理が大変。

不要なカードを解約してなんとか整理したいという方も少なくないのではないでしょうか。

筆者もこの経験があります。よく考えずに5枚以上のカードを持ってから、なかなか使わないカードも複数枚出てきて管理が面倒になり整理を考えました。

目的がありカードを持っているならいいのですが、無計画に作ってしまったカードや使わないカードを持っているのは悩みを増やすだけなので解約・整理をオススメします。

この記事では解約時の注意点を解説していきます。

解約前の注意!

まず、残しておくカード、解約するカードをしっかり選別しましょう。自分にとって必要なカードを残しましょう。

そして、複数枚の解約を考えているときは一度に解約せずに、計画的に期間を空けて解約するようにしましょう。一般的には3か月~半年以上の期間を空けて解約するのがよいとされています。

解約手続き自体はカード裏面に記載されているコールセンターに電話したり、ホームページのマイページから簡単にできます。簡単にできるからといって無計画に解約するのは要注意です。

なぜ、複数のクレジットカードを一度に解約してはいけないの?

カードの解約・延滞情報はカード会社・金融機関で共有されています!

クレジットカードを新規で作成した、あるいは解約・延滞したという情報は、クレジットカード会社を通じて、そのカード会社が加盟する個人信用情報機関に集められます。

つまり、ユーザーが所有しているクレジットカードのカード会社だけでなく、他のカード会社や金融機関とも情報を共有しているわけです。

※もし過去に延滞してしまったカードであれば、なるべく信用情報機関の最後の延滞記録が2年以内に残っていない状況にしてから解約すべきです。(カード会社が信用情報機関で取得できるデータで、2年間の支払い情報が一目瞭然になっているため、直近2年は定期的にカードを使い、返済している。延滞もない。という状態が見栄えが良く好ましいのです。)

クレジットカードは長く使うもの。一度に何枚も解約は不審な印象を与える

クレジットカードというのは長い間に渡って利用するのが普通です。それなのに、短い期間で何枚ものカードを申し込み、解約するというのは、ちょっとした異常で、不審な行動に思われる可能性があるんですね。

カード会社からすると↓こんなことを思うわけです。

  • 入会しても使ってくれないかもしれない
  • 入会特典狙いのユーザーかもしれない
  • 以前使っていたカードの支払いが延滞し、カード会社と揉めて解約になったのではないか

学生の方は初めてクレジットカードを持つ方がほとんどで所有期間も1〜4年と期間が短いです。なのであまりピンと来ないかもしれませんが、社会人の中には同じカード会社のカードを何十年も利用している方も大勢いらっしゃいます。

短期間での複数のカード解約は普通じゃないなと思われても仕方ないということはこれで理解できるはずです。

将来、カード会社・金融機関との取引で不利になる可能性も!

クレジットカードの入会特典に魅力を感じて入会したけど、入会特典をもらったら不要なので解約した。などと、ユーザーは軽い気持ちかもしれません。

しかし、カード会社や金融機関は慎重ですから、もっと重く考えてしまうわけです。極端な話

  • 経済的に困っているのかな?
  • 安易に金融取引をおこなう無責任な人?

などと思われてしまう可能性もあります。

カード会社や金融機関によって、受け止め方の程度は様々だと考えられますが、ユーザーの将来に不利益が生じる可能性があるのです。

たとえば、今後新しくクレジットカードをつくろうとしても、他のカード会社であっても、入会を断られる可能性が上がるかもしれません。

困ったことになる可能性があるのは、カード会社との取引ばかりではありません。銀行などの金融機関・消費者金融のローン・融資の審査に悪影響がでてくる可能性もあるのです。(申し込み、解約程度では大きな問題が発生することはほぼないですが、クレジットカードやスマホ料金の延滞・未払いを繰り返している人は将来的にこういった影響が出てきやすくなります。気を付けましょうね。)

確保するか、解約するか、それが問題だ! 解約時のカード選びチェックポイント

クレジットカードを複数持っていて、不要なカードを解約したいと思った時のカード選びのチェックポイントを解説します。

持っていてメリットのあるカード、デメリットのないクレジットカードを残すようにします。

持っているだけでコストがかかるカードか?

年会費の条件は必ずチェックすべし

年会費永年無料のカードは持っているだけで使わなければコストがかからないので、コスト面でのデメリットがないカードといえます。

カードの中には、年1回でも利用すれば次年度は年会費無料となるカードがあります。いわば年会費実質無料。こういったカードは年1回なにかで使えばOKなのでまだ安心できます。

逆に言えば、年会費がかかるのに使っていないカードは真っ先に解約候補とすべきカードです。

学生専用・若者専用クレジットカードは、大学卒業前に一度チェックしよう

学生の方は29歳以下限定といった、若者専用のクレジットカードを持っている方も多いと思います。

しかしこれらのカードの中には、学生時代は年会費無料、しかし卒業すると年会費がかかるといったカードも少なくありません。また、年会費初年度無料でも、翌年度以降は年会費が発生するものもあります。

これらのカードの中で利用していないカード、メリットが感じられないカードは、年会費がかかるようになる前に解約候補として検討しましょう。

持っているカードの利用ガイドや公式ホームページをあらかじめチェックしておくことをおすすめします。

※大学で作った大学提携カードで、卒業後は毎年年会費が5,000円以上かかるものもありますので、卒業前にしっかり調べましょう!

カードによって差がある付帯サービスや、普段使いの利便性で1軍のカード2枚を決める

ポイント特典は強いか?還元率は高いか?

普段使いで重要なのは還元率やポイント特典でしょう。

保険やセキュリティは満足できるか?

年会費無料のクレジットカードでも、旅行傷害保険が付帯していることが多くなっています。したがって、旅行傷害保険の有無・最高補償額・付帯条件をチェックしておきましょう。

年会費無料のクレジットカードで付帯する旅行傷害保険は、海外旅行がほとんどです。

国内旅行傷害保険が付帯するカードは珍しいです。そのようなカードは、国内旅行を年に何度もする方ならなおさら、持ち続けておくと便利で安心です。

セキュリティ・盗難対策・ショッピング保険等もないよりある、強い方がマシです。

優待サービスは自分のライフスタイルにマッチしている?

クレジットカードの多くは、加盟店の割引・優待特典が用意されています。自分が利用しない業種や店舗の優待特典は、あまりメリットはありません。

どのような優待特典があって、自分のライフスタイルにマッチしているかを確認しておきましょう。

意外と盲点。住んでいる地域によって異なるカードの利便性

関東圏や関西圏など、地域によって利便性やお得度が異なるクレジットカードも多いので、できるだけ全国的に利用できるカードが望ましいです。

特に、流通系や交通系カードとよばれるものは要注意です。

あなたの信用力を表してくれる、優良カードホルダーの証は手放すな!

きちんと利用・支払いしてきたクレジットカードは、まず確保!

利用代金は少額でも、毎月利用してきちんと支払ってきたクレジットカードを解約するのは、ちょっと待ったほうがいいかも!

そんなカードは、カード会社にとっても、信用情報機関の情報リスト上においても、あなたのことを優良なカードユーザーであることを証明してくれる証です。特に利用期間が長いほど価値があります。

クレジットカード会社にとって優良顧客というのは、カードをよく利用してくれて、利用代金を延滞することなくきちんと支払ってくれるユーザー。

もちろん、利用代金の支払が引き落とせなかったり、延滞するユーザーはNG。不良顧客の殿堂入りです。

カードによっては、優良顧客は自動的に利用限度額が拡大されることがあります。それまでの利用実績が評価されて、ユーザーの信用力が増した証拠です。

利用限度額が増枠されると、急な出費にも対応できるので、カードの利便性がアップします。

そのような可能性があるカードは、解約してしまってはもったいないカードといえます。

カードつくったけど、全然使ってない。そんなユーザーってどうなの?

では、カードをつくったけど、ぜんぜん利用していないというユーザーはどうでしょうか?

カード会社にとって不良顧客ではありませんが、優良顧客とはいえないですよね。カード利用時の手数料収入を収益の源泉としているカード会社にとってはクレジットカードは「使ってもらってなんぼ」の世界。

せっかくクレジットカードを発行して、口座や情報を管理している(これらは当然コストがかかります)のに、カードを利用してくれないと利益が発生しないわけですから。

納得できるカードを持ち、自分のペースを守りつつもしっかり使っていきましょう。

カードの常識、クレジットヒストリーは、やっぱり重要!

以上のように、カードの利用履歴というのはクレジットヒストリー(通称クレヒス)といって、カード会社や信用情報機関にとって、あなたの信用力を判断するために、とても大切な実績・情報なんです。

ですから、利用頻度が多くて延滞もなかった、そして利用期間が長いクレジットカードは大きなデメリット(年会費負担が大きいなど)が無い限り、手元に確保しておくことをおすすめします。

さいごに。クレジットカードのご利用と解約は計画的に!

最近は学生の方でもクレジットカードをつくるのが簡単になっています。入会特典も魅力的なので、ついつい無計画にクレジットカードを必要以上につくってしまいがちです。

不要だからといってカードを次々と解約してしまうと、将来思わぬところで不利益になる可能性があることをお分かりいただけたと思います。

あせらず、急がず。

本当に役に立つ・必要なクレジットカードを選んで、計画的にカードの断捨離をしてくださいね。

長く使えるカードを、今作るならJCB CARD Wは要チェック

年会費永年無料で期間限定、ポイント4倍キャンペーン中

18歳~39歳まで入会・年会費無料!ポイント4倍の威力とは…!?

JCB CARD Wを公式サイトで要チェック

年会費年会費は永年無料!
還元率1.0%・スタバなら3.0%に!?※これは通常時還元率なので、キャンペーン中はさらに還元率アップ…!
発行まで最短3営業日発行
強み保険・還元率・カードデザインすべて強い

btn_free_regist
※Apple Pay対応カードです!

こちらの記事もどうぞ

クレジットカードをむやみに何枚も作りまくるデメリット。入会特典狙いで作りすぎるとヤバい!?

クレジットカード解約の注意点と強制解約

学生も、半年ごとに見直し!使わないクレジットカードは早めに解約しよう!

クレジットカード解約の注意点と強制解約

クレジットカードは入会すると問題がない限りそのまま自動更新されて、ずっと使い続けることができるので便利です。しかし、キャンペーン目的で入会したり、無理やり取引先に勧められたりといった場合、そのまま使わずに放置していることがあります。クレジットカードは使わなくてもそのカード利用枠の金額が「使える金額」として認識されます。

クレジットカード審査では使っていないカードの利用枠も他社利用として計算されるので、使っていないクレジットカードも多すぎると却下理由になることもあります。それを防ぐためには使わないクレジットカードを作らないことと、作ってしまった場合は解約をすることが必要です。今回はクレジットカードの解約と強制解約に関する解説をしましょう。

クレジットカードの解約で注意する点

強制解約は別にして自発的にクレジットカードを解約するときは、そのクレジットカードを全く使っていない場合やトラブルなどがあってそのクレジットカードを使いたくなくなったという場合が考えられます。使っていないクレジットカードの解約は手続きをすればいいですが、トラブルが原因の場合残高が残っていることがあります。

クレジットカード解約時には残高は一括払いが原則

クレジットカードを解約するときに残っている残高は原則一括払いになります。このときに注意しなければいけないのは、まだ請求処理されていないカード利用がある場合です。加盟店の都合によってカード利用してから請求処理されるまでの期間が長いことがあります。そのため一括で支払ったつもりでも後から追加の請求をされることがあるのです。

一括する場合はカード伝票の控えなどと請求をチェックすることをおすすめします。カード伝票は保管していないけれども利用した記憶があるものが請求明細にない場合は、その後再度請求があるかもしれないことを覚えておきましょう。クレジットカード会社としても加盟店から請求データが届いていないものを請求することはできないのです。

クレジットカード会社によっては契約継続したまま解約が可能

クレジットカード会社によってはクレジットカード契約を持続したままで、クレジットカード本体の返却ができることがあります。この場合は今まで通り支払いを続けられますが、クレジットカードを返却して退会処理がされているので新たに利用できません。新規利用がないので残高が確定でき、返済も分割やリボ払いのままできます。

クレジットカードを解約するとポイントも消える

クレジットカードを解約すると、基本的にはそれに付随するポイントも失効します。そのため商品交換できるほどポイントが貯まっているのであれば、解約申請前にポイント交換をしておきましょう。せっかく貯まったポイントを無駄にすることはありません。商品交換するほど貯まっていないときや、商品交換してもポイントが余ってしまう場合は、ほかのポイントに移行するという方法もあります。ポイント移行にも移行単位が決められていることが多いですが、最低移行ポイント数をチェックしてみて商品交換より低い場合は、ポイント移行を選びましょう。

なお、カード年会費をすでに支払っている場合は、年会費はほとんど戻ってこないということを頭に入れておきましょう。解約時期が選べるのであれば年会費の引き落とし月の前に解約するほうがいいでしょう。選べない場合は、年会費はあきらめるしかありません。クレジットカード会社にしてみれば解約はカード会員の都合でしかないので、年会費を返還する義務もありません。

公共料金などのクレジットカード登録に注意

公共料金やオンラインのレンタルサービス、携帯料金、新聞代といったサービスの登録しているクレジットカードを解約する場合はかなり手間がかかります。

クレジットカードの解約前に別のクレジットカードに変更するか、銀行の口座振替といった別の決済方法に切り替えする必要があります。これを忘れてしまうと未払いの扱いとなってしまうことがあるので注意しましょう。口座振替の場合は手続きの申請から1か月ほどかかるのが一般的です。その間は振込用紙で支払うことになります。

こうした手間はすべてのサービスに対してかかるので、時間的に余裕があるときでないとできません。しかし、早めに手続きをしないと返済にも影響するので、クレジットカード解約の理由とこれらの手間を天秤にかけて、解約の必要があるのかよく考えましょう。

使っていないクレジットカードの解約をおすすめする理由

使っていないクレジットカードでもクレジットカード審査では、カード利用枠が残高とみなされます。そのため残高のないクレジットカードでも必要以上の枚数を保有していると、新規申し込みをするときに却下材料となることがあります。

割賦販売法(かっぷはんばいほう)では割賦利用可能枠が決められている

クレジットカードの利用枠は新規申し込み時に審査によって決められますが、それ以外に割賦販売法で定められた「分割払いが可能な利用枠(割賦利用可能枠)」も決まります。割賦利用可能枠を超えて1回払い以外の利用をすることはできないので、新規申し込み後も増枠申請やカード更新時にチェックすることが義務付けられています。

つまりクレジットカードを作ってから、使っていない他社カードが増えてしまうと、肝心のメインで利用しているクレジットカードの利用枠が下げられてしまうことがあります。それを防止するためには使っていないクレジットカードは解約しておく必要があります。残高もないクレジットカードなので、解約する場合に注意する点はありません。

使っていないクレジットカードはキャッシング枠にも影響する

割賦販売法以外に貸金業法でも規制が行われています。貸金業法ではカードキャッシングが規制の対象となります。キャッシングや融資、カードローンといった銀行以外の貸金業者が貸付できるのは年収の1/3以内と決まっています。例外や対象外はありますが、一般的に資金使途自由の融資はすべて対象と考えてもいいでしょう。

この1/3に含まれるのは実際に借り入れした残高ではなく、カードローンやカードキャッシングの場合は利用枠となります。つまり使っていないキャッシング枠のあるクレジットカードは持っているだけで計算対象となるのです。こうしたキャッシング枠は定期的に審査されているので、ある日突然キャッシング枠の停止という通知が来ることもあります。

キャッシングを利用するという人は年収の1/3の範囲内にキャッシング枠が収まっているかどうかをチェックして、オーバーする場合は不要なカードを解約しましょう。

クレジットカードの強制解約を避けよう

クレジットカードの会員規約違反をするとクレジットカードは強制解約されます。クレジットカードを返却する義務が生じで、残高がある場合は一括で請求されることになります。もちろんそれまで貯まっていたポイントもすべて失効となり、いいことは一つもありません。この強制解約の原因となるのは具体的にどんな場合でしょうか。

最も多いのは返済遅延による強制解約

クレジットカードの支払い遅延にはいくつか段階がありますが、1~2週間程度の遅れは、一時的にクレジットカードは使えなくなりますが、未払いを解消すればまた使えるようになります。このタイミングはクレジットカード会社によって全く違いますが、1週間の遅れでも強制解約の可能性はあるので注意しましょう。一般的には1か月以上の遅れになるとクレジットカードは未払いを解消しても強制解約となってしまいます。

楽天カードは入会しやすいので有名ですが、その代わり入会してからも定期的に審査(途上与信)を行っていて、ある日突然クレジットカードが使えなくなることがあります。つまり途上与信で強制解約をするかどうかを審査しているのです。一度強制解約になると、他社でもその情報は確認できるので、他社への新規カード申し込みにも大きな影響があります。

カード会員規約違反で強制解約

クレジットカードの申し込みをしたときに申込書の記載内容に虚偽があった場合も強制解約の対象となります。特に未成年が親に内緒でクレジットカードを作るために、生年月日などを虚偽記載すると強制解約となる可能性が高いでしょう。親の追認によってそのまま継続するかどうかはクレジットカード会社次第です。

未成年でなくても勤務先や年収といった収入に関わる項目を虚偽記載すると、それが発覚した場合強制解約となる可能性が高くなります。クレジットカード申込書は必ず事実に基づいて記載しましょう。

解約時に手持ちのカードを見直し!2-3枚解約して素敵なカードを1枚追加するのはアリかも。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード(海外旅行の味方!)

学生にも人気、海外旅行が好きなら持っておきたいセゾンブルーアメックス。発行スピードも速く、海外旅行時の保険や各種サービスが充実しているセゾンブルー・アメックスが1番のオススメです。スタイリッシュでかっこいい券面デザインのため持って使っても恥ずかしくないカードです。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードについてもっと詳しく勉強する → 学生でもアメックスが持てる!?セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは海外旅行を強力サポート!

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

amex

年会費26歳まで無料!
還元率0.5~1.08%
発行まで最短即日発送
強み海外旅行利用での強みと、アメックスブランドの高級サービスが得られること

btn_free_regist

VIASOカード(年会費無料・ネット通販に強い!)

viaso
サブカードでもうひとつ、人気急上昇中なのが三菱UFJニコスのVIASO(ビアソ)カードです。eショップ利用すれば、ポイント還元が追加で加算:Amazon.co.jpや、Yahoo!ショッピング、楽天市場などなどネットショップで最大10%以上のポイント還元!

入会特典も激アツ!ご入会特典で今なら最大10,000円相当プレゼント中という太っ腹なカードです。VIASOカードについてもっと詳しく勉強する → VIASOカードはVIASOeショップを駆使したキャッシュバックでお金が貯まる!ネットショッピング特化カード

年会費年会費無料!
還元率0.5%~最大10%まで!
発行まで最短1営業日で発行!
強みキャッシュバックが熱い!海外保険もしっかり付帯。

btn_free_regist

まとめ

クレジットカードをキャンペーンの特典を目的にして作ってしまうと、使わないクレジットカードがどんどん増えていきます。それを続けていると必ずクレジットカードが作れなくなる時が来ます。結局本当に自分が使いたいクレジットカードを作りたくても作れなくなってしまいます。また、クレジットカードだけではなく消費者金融会社の融資やカードローンも同様に作れなくなるでしょう。

しかし、それ以外でも会社のメインバンクに勧められたり、友人知人に頼まれたりといった断れないケースもあります。そうして作ったクレジットカードでも使えればそれに越したことはありません。メインカードをすでに持っていて使い道のないクレジットカードの場合は、初年度のうちに解約しましょう。次年度から年会費がかかるクレジットカードもそのうちに解約しようと思っていると年会費が請求されることになります。

クレジットカードはなるべく長く使えるカードを選ぶことが大切ですが、それでも解約の必要がある場合は今回の知識を生かしてスムーズに解約しましょう。

学生も、半年ごとに見直し!使わないクレジットカードは早めに解約しよう!

半年間使わなかったカードがあれば、解約しよう!

半年間使わなかったカードがあれば、解約しよう!

意外と危険!使っていないクレジットカードは今すぐ確認しよう

最近はポイントカードを作りたいだけなのにクレジット機能がデフォルトで付帯されていて、気が付いたらクレジットカードだらけということも多くなってきました。使わないクレジットカードで財布が圧迫されているのは、もちろん論外なのですぐに整理していただきたいのですが、使わないクレジットカードは自宅で眠っているだけでも悪影響を放つことがあります。そのため、ぜひ半年を目途に使わないクレジットカードの見直しをしてみてください。年会費が知らずに請求され続けていたというくらいならまだかわいいですが、不正利用をされているのに気がつかないという事態になってしまうのはかなり危険です。

住所変更をしていないカードの意外な落とし穴

使っていないクレジットカードは当然のことながら住所変更の手続きもされないことが多いです。住所を変更しないデメリットとして、明細が意図しない第三者に見られて個人情報が漏れるということは簡単に想像がつくと思います。恐ろしいのは、使っていないクレジットカードが、実は年に1度も利用が無いと年会費が発生するカードだった場合です。その場合、知らないうちに年会費の滞納が発生し、年会費未払いの督促状が住所変更前の住所に届いてしまいます。もちろん、こちらはそんなことには気が付きませんので督促状を何度も無視することとなり、最終的にはブラックリストに載ってしまうという可能性があります。そうなると自分の知らないところで自分の社会的信用が無くなってしまっていますので、住宅ローンや車のローンは組めませんし、もちろん新しいクレジットカードを作ることもできなくなってしまい、非常に不便です。ですので、このような事態にならないように住所変更の漏れを確認することがとても重要ですが、それよりも、使っていないカードがあれば、すみやかに整理することを強くおすすめいたします。

使わないカードのせいで新しいクレジットカードが作れないことがある!?

使わないクレジットカードのせいでブラックリストに載ってしまう以外にもクレジットカードが作れなくなってしまう可能性があります。それは、使わないクレジットカードのせいで与信枠をとられてしまい、新規で申し込んだときの審査に落ちてしまうことです。

どういうことかというと、実は個人がクレジットカードやキャッシングが利用できる枠は収入を基準にある程度決まっており、収入を大きく越える貸し付けはできないと法律で決められています。そのため、新しくクレジットカードを申し込むときには、審査段階で自分名義で所有しているすべてのクレジットカードの与信枠が確認されます。そのときに、使っていないクレジットカードのせいで与信枠が使われてしまっていると新たにクレジットカードが作れなくなってしまうというわけです。

まとめ

使わないクレジットカードを所有していてもメリットはありません。むしろ、無駄に年会費を請求されたり、それに気が付かずにブラックリストに載ってしまうというリスクが伴うことになり、とてもリスクです。そのため、ぜひ半年に1回は使っていないクレジットカードの見直してください。そして無駄とトラブルのないカードライフを過ごしましょう。