実家

クレジットカード申込時に電話で在籍確認はされる?実家に行く?バイト先に行く?在籍確認対策についてのまとめ

在籍確認は実施されると思っておけば全て解決ですが…!実施されないことも。

クレジットカード審査の過程で「在籍確認」が実施されるケースがあれば、実施されないケースもあります。これはクレジットカード審査の謎の1つですが、基本的に「在籍確認は実施される!」というスタンスを持っておくのが常識です。

在籍確認とは

在籍確認というのは「在籍」を「確認」するための作業です。その「在籍」というのは「自宅」と「職場」の2つがあります。

自宅の在籍確認とは?

自宅の在籍確認というのは申込時に提出した「住所」や「電話番号」などの情報が正しいかどうかを確認するために行われます。クレジットカードへ申し込む際に「身分証明書」を提出する場合は実施されないこともおおいです。また、「身分証明書」を提出しなくても実施されないこともあります。

自宅に固定電話があるかどうかで変わることがあれば、携帯電話で本人確認をされることもあります。自宅への在籍確認が実施されるかどうかはカード会社によるので、一律でクレジットカード審査は「自宅への在籍確認がある」と決まっているわけではありません。

一人暮らしをしている場合、「実家」に電話が行くのかな?と疑問に感じることがあります。基本的に在籍確認は申込時の情報が正しいかどうかを確認するので、一人暮らしをしている場合は実家は全く関係ありません。学生の場合なら「親の同意書」が必要なケースにおいては、親が住んでいるところに親への在籍確認が実施されるケースは考えられます。

詳しくはこちらも:未成年の学生がクレジットカードを発行するには親の同意書が必要?

自宅の在籍確認の対処方法

カード会社から自宅に電話が掛かってきたら普通に応答すればOKです。

「こちら○○と申しますが、○○さんはおられますでしょうか?」と聞かれます。それに対して「私が○○です。」と答えれば終わりです。

それ以上に何か聞かれることがある場合、それは申込情報において不審に思われる場合だけです。自宅への在籍確認の対策は申し込みにおいて「嘘を付かないこと」です。

職場の在籍確認とは?

職場の在籍確認というのは申込時に提出した「職場」に関する情報が正しいかどうかを確認するために行われます。社会人であれば特に、クレジットカードへ申し込む際に「年収」の申告欄への記入やカードローンなど申し込みの場合は「所得証明書」を提出することがありますが、その提出の有無に関らず実施されることがあれば実施されないこともあります。

「自宅」への在籍確認と同様に一律でルールが決まっているわけではないため、申込先のカード会社にすべて起因します。

職場の在籍確認の対処方法

カード会社から職場に電話が掛かってきたら、これも「自宅」のケースと同様に「私が○○です。」と答えるだけで終わります。それ以上に何かを聞かれることはまずありません。「勤続年数は?」とか「年収は?」とか、ダラダラと質問責めされることはありません。

基本的に職場に電話が掛かってくるのは迷惑ですね?仕事で忙しいのに電話であれこれ聞くなら申込用紙に重要事項を書いておけと。この辺りはカード会社も常識を理解しているので、長引くことはまずありません。また、職場の在籍確認は本人が電話に出られなくても「在籍」していることが確認できると、その時点で終わります。

職場への在籍確認の対処方法も特にありません。ただし、嘘を付いていると電話が掛かってきたらアウトなので、これも申し込みにおいて「嘘を付かないこと」が大事です。

在籍確認は実施されることを想定しておく

クレジットカードは言ってしまえば「借金」を作れるカードです。それを前提に考えると、融資をする相手の身元を確認するのは当たり前ですね。そのため、在籍確認があるのかどうかに疑問を感じるのではなく、在籍確認は実施されると思っておきましょう。

また、在籍確認が実施されたからといって、自分にとって何か不都合なことがあるわけでもありません。何か問題があるとすれば「周囲にカードを作ることがバレる」とか「嘘の申し込みがバレる」などでしょうか?

周囲にバレることはあり得る

これは「キャッシング」の申し込みで良く話題となる話ですが、家族や職場の同僚に内緒でお金を借りたいのに「在籍確認」によって借金がバレてしまうケースがあります。その対策方法は「所得証明書」で在籍確認をしたり「個人名で電話をかけてもらう」などがあります。

クレジットカードの場合は「借金」を作れるカードとはいえ、不思議なことに一般的にはネガティブなカードというイメージがありません。これはみなさんも同じような印象を持っているのではないでしょうか?むしろ、ゴールドカードなどステータスの高いカードを所持できると、周囲に格の違いを見せつけたい!と思うくらいです。

嘘の申し込みは厳禁です

クレジットカードの申し込みで嘘を付きたい項目は「年収」や「他社借入」や「職場情報」だと思います。基本的にどんな項目にせよ、嘘を付くなら嘘を本当と思わせることができる準備をしなければなりません。実証できない嘘を付いても「証拠を確認したい」と言われるとアウトなので、中途半端に嘘を付いても本当にメリットがありません。虚偽申告は厳禁ですよ。

世の中には嘘の情報でクレジットカードを作れた人がちらほらといると思います。それって「嘘に成功した!」というよりは「嘘がバレているけどカード会社にとってはどうでもいい内容だった」と考える方が正しいです。

在籍確認の電話はいつ掛かってくる?

在籍確認が実施されることが分かっている場合、事前に電話が掛かってくる時間が分かります。申込用紙で「都合の良い時間帯」を書く欄があったり、店頭ならその場で時間帯を聞かれることもあります。

在籍確認が実施されるかどうかが分からない場合、これは何もしなくて良いです。在籍を確認したいのはカード会社ですね?しっかりとスムーズに在籍確認を終えたいなら何かしらのアクションがあります。自分でカード会社に「在籍確認の時間帯はどうしましょうか?」とアクションを起こす必要はありません。また、そこに神経を使う必要もありません。

在籍確認が実施されるかどうか分からず、知らない間に電話が掛かってきて在籍確認ができなかった。その結果、審査落ちという流れはありません。連絡が行き違いになった場合、これもカード会社から何かしらのアクションがあります。それを無視して審査落ちはあり得ます。

融資額が高額なほど在籍確認の重要性は高くなる

在籍確認というのはクレジットカード以外にも、「キャッシング」や「住宅ローン」など様々な金融商品で実施されます。また、融資額が高額になるほど在籍確認の重要性が高くなることは基本知識として覚えておきましょう。

「住宅ローン」は何千万円という超高額な融資を受けますが、審査に約1ヶ月ほどの時間を要することが多く、在籍確認だけではなく「勤続年数」や「住居年数」などかなり細かいところまでチェックされます。逆にクレジットカードの場合は融資額が小さいので、審査も相応した基準です。

まとめ

初めてクレジットカードを作る時、在籍確認は何かと不安を感じると思います。しかし、在籍確認は申し込みの申告情報を確認するだけの内容なので、それ以上でもそれ以下でもなく単なる確認作業です。

在籍確認に対する対策はそれをする必要性が特にないため、普通に電話が掛かってきたら応答すれば良いです。在籍確認の対策が必要となるケースはプライベートの都合以外はなく、特に「嘘の申し込み」VS「在籍確認」は注意をしておくべきポイントです。

一人暮らしで便利なおすすめクレジットカードの選び方・使い方

PAK93_heyanosumidetaikuzuwari20140322500-thumb-850x600-4364

一人暮らしを始めるときクレジットカードを作ることが断然オススメな理由

実家から離れて一人暮らしを始めるなら、クレジットカードを作ることを断然おすすめします。なぜかというと、一人暮らしを始めると今までは誰かが当り前のようにしてくれていたことのすべてを自分一人でしなければならなくなりますよね。炊事・洗濯・掃除など家事をしなければならなくなることは簡単に想像がつくと思いますが、それ以外にも…。

実は、自分でしなければならなくて面倒なことに「公共料金の支払い」があります。実家にいれば電気も水もガスも当り前のように使えているので空気のように感じてしまいますが、これは誰かが毎月コンスタントに遅延なく料金を支払ってくれているからということは少し考えればわかると思います。この公共料金の支払いにクレジットカードを使うのと使わないのとでは支払いの手間や生活のコストに大きな差が出てしまうということをぜひ覚えておいてください。

公共料金の支払いにクレジットカードを利用するメリット

では具体的に公共料金の支払いにクレジットカードを利用することのメリットを見てみましょう。メリットは大きく2つあります。

  • ポイントが付く
  • 支払い遅延がない
  • 無駄なコストを発生させるリスクを回避できる

カード払いで、ポイント分お得に節約!

まず、ポイントについてです。一人暮らしをする以上は公共料金を支払うということは避けて通れないですよね。公共料金は家賃と同じように、金額こそ変動しますが、支払うこと自体は毎月確定している出費。いわゆる固定費となります。支払うことが決まっているのなら、仮に現金で毎月支払って何の付加価値も生まれないよりは、支払うことによってポイントが付加されるクレジットカードの方がお得だと思いませんか?

ちなみに、一人暮らしの毎月の公共料金の支払い額は、季節によっても変動しますが、おおむね1カ月1万円程度。年間では約12万円の支出となります。これをすべてクレジットカードで支払った場合、ポイント還元率が1.0%であれば約1,200円の収入です。贅沢なランチが食べられますね。

中でもポイントの貯まりやすい、還元率の高いクレジットカードを選ぶようにしましょう。クレジットカードの選び方については後半でお話ししていきますね。

クレジットカードで払いたい固定費

1.電気料金

東京電力や関西電力などの電気料金は、当然のようにクレジットカード払いが可能です。ただし、一人暮らしの場合など、電気の使用量が少ない場合にはカード払いしたほうが損になってしまうケースもあるので注意してください。支払い方法をクレジットカード払いにする前にまずは一度、クレジットカード払いにしたときにどれくらいポイントが貯まるか、自分で計算してみてどちらがお得になるか比べてみましょう。

2.ガス料金

東京ガスや大阪ガス、東邦ガスといった、大手ガス会社であればクレジットカード払いが可能です。こちらも月額のガス料金が安いと、カード払いをしたほうが損になるケースもあるのでご注意ください。個人差になってしまうので、まずはご自分で試算してみるのが一番ですね。

また、地方の中小ガス会社管轄地域にお住まいの場合には、カード払いができないというケースもあります。また、都市ガスではなくプロパンガス業者と個別に契約している場合にも、支払いは口座振替のみとなっている場合が多いので注意してください。

3.水道料金

大都市を中心に水道料金のクレジットカード払いが可能です。ただ東京や横浜、最近では大阪市も水道料金のクレジットカード利用がOKになりましたが、地方都市ではまだまだクレジットカード払いできるところの方が少ないのです。都市部にお住まいの方限定・・・といったところですね。水道料金も上下水道代をあわせると馬鹿にならない金額になるので、カード払いを検討してもらえればいいかなと思います。

4.携帯電話料金

ドコモ、au、SoftBankなどの大手携帯電話会社の料金であれば、クレジットカードで支払いが可能です。一度設定するだけでその後はずっとカード払いになるのでお得ですよ。子供や配偶者の携帯電話代もまとめてカード払いができるということなので、親御さんに「家族で携帯料金を一緒に払わないか」と提案してみるのもアリですね。

また、最近はやりの格安スマホ(MVNO業者)についてはむしろ逆です。クレジットカード払いではないと支払いができないところが多い状況にあります。IIJmioや楽天モバイルなどの会社と契約するならクレジットカードが必須になります。

5.プロバイダー料金

So-net、OCN、BIGLOBEなどなど、プロバイダ料金もクレジットカード払いが可能です。毎月必ず発生する費用なので、積極的にクレジットカード払いに切り替えていきましょう。また、フレッツ光やJ-COMなどの光ファイバー回線やケーブルテレビ代についてもカード払いできるので、こちらの切替も忘れないようにしてください。

6.国民年金保険料

こちらは学生の方にはまだあまり関係ないことだと思いますが、社会人になったときのために覚えておくと良いでしょう。個人事業主や一部の会社員の方であれば支払うことになるであろう国民年金保険料についても、クレジットカード払いが可能なんです。年額でいうと20万円程度になる費用なので、必ずカードで払うようにしましょう。

なお、国民年金保険料については2年ばらいといって、2年分の保険料をまとめて支払うことができるコースも用意されています。こちらは残念ながらクレジットカード払いできないので、現金で納付してするようにしてください。ちなみに、カード払いよりも2年払いのほうが割引率は高いです。

7.損害保険料

全てではありませんが、自動車保険を筆頭に、今や損害保険料についてもクレジットカード払い出来るところが増えてきています。今までずっと銀行口座振替だったからとそのままにしているという方は、この機会に損害保険会社の公式サイトを確認し、カード払いできるかチェックしてもらえればと思います。

8.生命保険料

こちらも学生の方にはまだあまり関係ないことだと思いますが、将来のために覚えておいてくださいね。生命保険についても同様にクレジットカード払いが出来る保険会社が増加中なんです。県民共済や国民共済などの共済も、クレジットカード払いに対応してくれるので、まだ銀行引き落としにしている方は早めに切替をしてみてくださいね。

保険の掛け金が多い方であればあるほど、もったいないことをしていることになりますよ。

9.データ通信端末料金

ワイモバイルやUQワイマックスなどのデータ通信端末料金も、クレジットカード払いで支払いが可能です。こちらも毎月発生する費用なので、忘れずにクレジットカード払いに切り替えるようにしましょう。

10.NHKの受信料

NHKの受信料はクレジットカード払いがお得になります。地上波のみの契約の方も、衛星放送込の契約の方でもクレジットカード払いは可能なので、まだ登録していないという方は早速登録するようにしてください。また、WOWOWやスカパーといったCS放送についてもクレジットカード払いができるので、NHK受信料とともに変更しておいてもらえればと思います。

全部支払うと結構な金額になる!?

ひとつひとつの金額はそこまで高くはありませんが、上記で挙げたものを全部まとめて払うと相当な額になります。全てをクレジットカードで支払うと、だいたい4〜5万円くらいになると思うので、年間にすると50万円ほどの出費になります。これで得られるポイントも馬鹿にはなりませんよね。

さらにこれらに加えて家賃や日用品も入ってくるのですから、数万円単位での節約になります。筆者にとってはとても大きな節約だと思うので、ぜひとも固定費をクレジットカードでの支払いに切り替えていただきたいと思います。

支払い遅延をなくそう!

次に支払い遅延がなくなるメリットについて見てみましょう。代表的な公共料金の支払い方法は、口座振替・コンビニ払い・クレジットカードの3パターンです。コンビニ支払いは毎月支払依頼書が自宅に届くのでそれをコンビニへ持っていって支払います。携帯電話の支払いにコンビニを利用している方はイメージがしやすいと思います。

実際、コンビニはほぼ毎日行くので、毎月公共料金をコンビニで支払うと言葉で聞いてもたいした手間ではないように聞こえるかもしれませんが、いざその場になると、たまたま手持ちの現金が少なかったり、支払依頼書がバックに入っていると思ったら玄関に置きっぱなしだったりなど、結局は支払い日ギリギリに他に用が無いのに公共料金の支払いのためだけにコンビニに行く羽目になるということが多くなります。※筆者もそうでした…。

しかも、本来買うつもりのなかったアイスなどを買ってしまい、自分でも気が付かないコスト増になるということが少なくなく、とても非効率です。実はこれが、公共料金をクレジットカードで支払うべき第三の理由の無駄なコストを発生させるリスクの回避という意味です。

口座引落しも以外なコストが!?

では、口座引き落としはどうでしょうか。口座引き落としは振替え日に自動でお金が引かれるので、コンビニのような手間や、知らずに必要のないものを買ってしまうような非効率さはありません。しかし、残高不足で引き落とされなかったということは意外と頻発します。

すぐに資金移動ができればいいのですが、よくあるパターンとして、学校やアルバイトなどの用事を済ませてから急いで銀行へ行くと18時を過ぎていて、資金移動に時間外手数料が発生するというケースが多発します。このケースでもコンビニと同様に無駄なコストが発生してしいます。銀行手数料の108円を何の抵抗もなく支払っている方が多いですが、その108円があればコンビニではコーヒーもお菓子もアイスもパンもおにぎりだって買えてしまいます。ある意味、残高不足による銀行手数料の支払いはコンビニのついで買いより悪質と言えます。

支払い遅延で最悪の電気ガスストップへ。。。

そして、支払いの遅延がある程度の期間解消されない場合は、当然ですが電気やガスはストップします。お水はストップまである程度猶予がありますが、それでも最終的にはストップします。今の時代、電気がストップするとスマホが充電できませんので死活問題ですよね。また、料理をしないからといって甘く見られる方が多いですが、ガスがストップするとお湯が出なくなりますのでお風呂に入れません。

経験がある方はわかると思いますが、お湯が出ない状態でお風呂に入るとなぜか石鹸の泡が立ちません。なにより風邪を引くのでお湯が出ない状態でお風呂に入るのはやめましょう。病気になること自体もコストです。このような支払い遅延リスクを回避するためにも公共料金の支払いをクレジットカードに設定することはとても重要です。

クレジットカードの選び方

では、そのクレジットカードはどのように選べばいいでしょうか。結論からいうと、リクルートカードなどのポイント還元率の高いクレジットカードを選んでいただければ問題ありません。

なお、水道料金に関しては、首都圏でもクレジットカード払いに対応していない自治体があります。その際はYahoo!公共料金支払いを利用することでクレジットカード払いにすることができます。そのため、あまり多くないと思いますが、Yahoo!公共料金支払いに対応していないクレジットカードではないことを確認してください。それでもなおコンビニ支払いにこだわりたい場合は、セブングループのnanacoで公共料金の支払いができますので、nanacoにチャージしてポイントが貯まるクレジットカードにしてみてはいかがでしょうか。

サブで持っておきたいクレジットカードはこれ!

また、ポイント還元率の高いクレジットカードの他にサブとして、2枚目のクレジットカードを選ぶ場合には、スーパーマーケットなどで割引されるカードや、特定の通販サイトでの還元率が高いカードなどをライフスタイルに合わせて選ぶようにしましょう。これらのクレジットカードを持つことで、日々の食料品の買い物や洗剤やシャンプー、トイレットペーパーといった日用品までお得に購入することができます。特定日に買い物をするだけでも効率良く、さまざまな商品を割引価格で購入することができます。ぜひ家の近くにあるスーパーマーケットに合わせて必要なクレジットカードを選んでみてください。

まとめ

一人暮らしをすると、普通の生活を維持するためには毎月色々なところへ支払いをする必要があるということが実感できると思います。この各種支払いをすべてコンビニ払いにするのは、一見問題なさそうに見えても毎月のこととなると意外と手間です。しかもコンビニで余計なものを買ってしまうリスクも抱き合わせです。

口座振替は資金移動が面倒だったり、週末に気が付いたときは時間外手数料が発生するなど、払う必要のないコストが発生する可能性があり危険です。そのため、一人暮らしの公共料金の支払いは、手間が無く、ポイントも貯まるクレジットカード払いが断然おすすめです。ぜひ一人暮らしを始めるときにはクレジットカードのご準備も検討してみてください!!