個人情報

クレジットカードの発行会社、加盟店はどこまで個人情報を保持・閲覧可能なのか?実際に閲覧されているのか?

カード会社が把握している個人情報は?

クレジットカードの発行会社が把握している個人情報は、カードを申し込む際に提出した情報と信用機関に保存されている情報です。適法かつ適正な方法で取得した住民票など公的機関が発行する書類や、その他、申込対象者の同意のもと、カード会社の提携先から提供された情報も取得されています。

カード申し込みで提出する情報は

  • 氏名・住所・電話番号
  • 勤務先情報
  • 身分証明書として使う書類に記載されている情報
  • 配偶者の有無
  • ローンの有無
  • 年収
  • 銀行の預金残高

などがあります。

氏名や住所などは必須情報ですが、年収や銀行の預金残高は任意情報です。また、任意情報はカード会社によって項目が異なり、必須情報は各社ともにほぼ共通です。

信用情報は個人信用情報機関の「CIC」・「JICC」・「KSC」のそれぞれに登録されている情報を閲覧されるので、自分が契約しているローン等のサービスに起因します。また、遅延行為や債務整理などの情報、あるいはカードの申込履歴なども閲覧されます。

加盟店が把握している個人情報は?

加盟店というのはカードを使えるお店のことです。

大手コンビニの場合だと、「JCB」や「VISA」というように様々なブランド名がレジの真横で紹介されていますが、それらすべての加盟店になっているということになります。自分のお店にカード決済を導入するには、「ブランドを選ぶ」→「そのブランドと契約する」という手順となり、これによってカード決済を導入することができます。

加盟店はカード会社ではないので、加盟店が把握するお客様情報というのはほとんどありません。

  • カード番号
  • 有効期限
  • 氏名

どれもカードの券面に記載がある情報です。基本的にカードを使うためにはカードを提示する必要があるので、加盟店が把握できる情報は上記のような内容に留まります。住所や暗証番号などはカード会社の管轄なので加盟店が閲覧することはできません。

また、消費者にとって加盟店は契約相手ではない為、加盟店がカード使用者の信用情報を閲覧することもありません。

実際に個人情報を閲覧されているのか?

カード会社が閲覧できる情報はカードを作る際に提出した情報に加えて、カードの利用情報に関しても当然ながら閲覧されます。カード会社はカード所持者にとって管理会社なので、カードに関するすべての情報はいつでも閲覧できるという認識を持っておきましょう。

さて、実際にカード会社は様々な情報を閲覧しているのかどうか?これは当然ながら情報を閲覧しなければ管理できないので、様々な情報を閲覧されているでしょう。カード会社に実際に電話をするとわかりますが、電話で本人確認が完了した後であればいつどの店舗でいくら利用したか、程度の情報をすぐに調べてくれますので、そのレベルの情報もカード会社内ですぐに確認可能ということです。

加盟店に関しても閲覧できる情報については閲覧しなければ管理できないので、その点はカード会社と同様です。ただし、カード会社のように消費者の契約相手ではないので、カード使用に関する情報では限定的なものに留まります。

個人情報は安全なのか?

クレジットカードに関する個人情報は、保護法に基づいて管理されているので基本的に安全です。

カードを作る際に規約で「個人情報保護に関する情報」として記述がありますが、特別な理由がない限りは第三者に対して個人情報を提供しないというルールになっています。

ライフカードでは

  • 個人情報の収集と利用について
  • 個人情報の提供について
  • 個人情報を取り扱う委託業者の管理について
  • 当社が保有する個人情報の開示や訂正等について
  • 個人情報を取扱う従業員の管理について
  • 個人情報の安全管理について
  • 個人信用情報機関の利用や登録について
  • 個人情報保護マネジメントシステムの実態について
  • 当社への個人情報のお問い合わせについて

という項目が「個人情報保護方針」で説明されています。

※参考:ライフカード株式会社 個人情報保護方針
http://www.lifecard.co.jp/company/privacy_policy/

他社においても似たような項目なので、個人情報に関して気になることがあるなら一読しておきましょう。また、直接カード会社へ問い合わせをしてもOKなので、その場合は個人情報に関するクレームや相談という窓口へ電話をしましょう。

さて、個人情報の安全性はカード会社や加盟店の管理能力を信じるしかありません。

100%完璧な個人情報保護はない

カードを利用する流れは「店員さんにカードを渡す」→「加盟店から利用情報がカード会社に行く」→「カード会社が請求を確定する」という流れですが、この間に様々な従業員が自分のカード利用に関する情報について閲覧可能な状態になります。

その為、各社が個人情報保護に努めても結局は各従業員の意識の問題によって、簡単に何かしらのカード情報が漏れることになります。そう考えると、今のところは100%完璧と言える個人情報保護のセキュリティシステムはありません。

とはいえ、取得できる個人情報は限定的なものですし、各企業の従業員が個人情報を漏らすメリットも特にないので、各従業員のモラルによってセキュリティは保たれているとも言えます。

たまにある話しですが、「今日○○という芸能人がどこどこでカードを使ってたよ!」なんてことが起こり始めると、もうカード会社の信頼はガタ落ちです。(引越し業者から住所が漏れる、みたいなパターンは多いみたいですね)

最近はコンビニの従業員がアイス冷凍庫に入ってツイッターで拡散するなど、SNS等の普及によって意味深なトラブルが度々起こっています。カード業界では今のところそうしたニュースはありませんが、一度でもこのようなトラブルが起こると1社だけの問題ではなくなってくるかもしれません。

カードの利用履歴を知られるのは恥ずかしくない?!

カードを利用すると利用したお店の名前や商品名から請求が上がりますが、人によっては自分の利用情報を知られるのが恥ずかしいと思うことがあるでしょう。

基本的に利用情報を知られようが知れらまいが、その情報を閲覧している人に会うことはないので大丈夫です。1つだけ「恥ずかしい・・・」と思うシチュエーションを紹介しておくと、カード会社に請求や返済に関して電話でお問い合わせした時は若干恥ずかしいと思うことがあります。

締め日を迎えた時に「先日の買い物代金が含まれていない?!」など、請求額に関して疑問が湧くことがありますね。そんな時はカード会社へ問い合わせるのが便利です。

担当者とのやり取りでは、「今月の請求額は〇月〇日の○○店の○○円と~」という感じで話が進むので、赤裸々に利用情報を口頭で伝えられるのはちょっと恥ずかしいですね。

大人のお店や出会い系マッチングアプリ等の課金でカードを使うと加盟店の名称でバレちゃう・・・?

主に男性の悩みかもしれませんが、ストレートな表記があると困るケースがありますね。お店やサービスによってはそうした事情に配慮して、一般的な企業名で明細を上げてくれるところが多いです。逆に言えば店舗名やサービス名と社名が一致していないケースも多いので、パッと明細を見てもわからなかったりします。

カードを使う前に明細はどんな表記になるのかを確認してみてくださいね。特に通販やインターネット決済時に店名やサービス名と社名が異なる場合は決済時にその旨を伝えられることが多いはずです。

個人情報を守る為にカード管理を徹底しよう

カード会社や加盟店が知り得る情報に関しては、上記のとおり関わりのある従業員のモラルを信じるしかありません。それと同時に自分でも個人情報やカード情報を守る為にカード管理を徹底することが求められます。

  • カード番号などのカード情報は他人に見せないこと
  • パスワードは生年月日を避けること
  • 暗証番号を入力する時は第三者に見られないようにすること

上記3つは基本中の基本なのでしっかりと覚えておきましょう。

また、パスワードに関しては定期的に変更するのが望ましいとされています。

不正使用は意外と身近な犯罪

一般的にクレジットカードの不正使用なんて起こらないと思うわけですが、ふとした瞬間に災難に襲われることは十分に有り得ます。

トラブルに巻き込まれないように徹するのが理想ですが、もし不正使用の被害に遭ってしまった場合はすぐに「盗難紛失窓口」へ連絡をしましょう。

クレジットカードの不正使用は放置しても解決できないので、カード会社に連絡をして調査をしてもらう必要があります。また、盗難紛失補償によって被害額を補償してもらえるので、必ず速やかに連絡をしてください。

まとめ

  • カードの発行会社は、申込時の情報・個人信用情報機関の過去情報・提携先や公的機関の情報を所有している
  • カードの加盟店が取得できる情報は限定的である
  • 100%完璧なセキュリティシステムは存在しないので自分で責任を持って管理していこう

参考情報・リンク先

ライフカード株式会社 個人情報保護方針
http://www.lifecard.co.jp/company/privacy_policy/

三井住友カード株式会社 個人情報保護宣言など
http://www.smbc-card.com/mem/docs/privacy.jsp

株式会社鹿児島カード 個人情報保護宣言
https://www.kagoshimacard.co.jp/privacypolicy/policy01.html

株式会社日本信用情報機構
http://www.jicc.co.jp/

株式会社シー・アイ・シー(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関)
http://www.cic.co.jp/

一般社団法人全国銀行協会
https://www.zenginkyo.or.jp/pcic/

クレジットカード暗証番号に要注意!バレにくいものを設定&定期的に変更し絶対他人に知られないこと!


クレジットカードを作る時は暗証番号を設定することになりますが、暗証番号は絶対他人に知られない番号を設定しなければなりません。

他人に暗証番号を解読されるとクレジットカードを盗まれたら不正使用されてしまいます。クレジットカードを不正使用されると自分の知らない請求がやってくることになります。もちろん、請求がやってくると自分が支払いをしなければなりません。

生年月日が最も危険!

クレジットカードの暗証番号は覚えやすい番号が便利なので、多くの人は生年月日を設定しようとします。1月1日生まれの人なら「0101」という番号を設定すると、簡単に覚えられるので便利ですね。

しかし、クレジットカードの暗証番号は絶対に生年月日を避ける必要があります。生年月日は他人に推測されやすく、自分の生年月日を他人に知られてしまうとクレジットカードの不正使用に繋がってしまいます。

また、生年月日がダメな理由は個人情報を盗まれなくても生年月日を簡単に調べられるからです。暗証番号を設定する時は絶対に生年月日を避けるようにしましょう。

家族の生年月日も危険度が高い!

自分の生年月日がダメなら家族の生年月日にするのが便利ですが、これも絶対にダメです。自分の家族の情報を調べられてしまうと家族の生年月日は簡単に把握されてしまいます。意外と生年月日というのは簡単に調べることができるので、自分や家族の生年月日を暗証番号にするのは避けておきましょう。

最近はカード会社も積極的に暗証番号に関する危険信号を発信しており、生年月日を暗証番号に設定できないカード会社も増えています。それほど、生年月日の暗証番号はトラブルに巻き込まれやすいわけなので、他人に推測されない数字の組み合わせを考えてから申し込みをしてください。

個人情報に直結する暗証番号を避けるのが安心

安全な暗証番号を設定するためには個人情報に直結する組み合わせを避けることが大切です。生年月日以外にも電話番号や住所なども危険度が高いです。個人情報に関係のない数字を組み合わせて暗証番号を設定すれば安心です。

意外と多いのがゾロ目!これも簡単にバレてしまう

クレジットカードの暗証番号で生年月日の次に人気なのがゾロ目です。4桁すべてをゾロ目にせずに「0001」のように3桁だけゾロ目にする、これも絶対にダメです。そもそもゾロ目だと申し込みが通らないカード会社も多いです。

3桁のゾロ目だけでも「1000」や「0001」、または「0100」や「0010」など、複数のパターンを作ることができます。基本的にどんなゾロ目のパターンでも、すべてのパターンを試される可能性が高いことを覚えておきましょう。

キーボードの配置で暗証暗号を決めるのはもはや古い!

他人に推測されない番号の組み合わせというのは自分にとっても覚えずらい番号になりやすいです。そこで、覚えやすい上に個人情報と関係のない組み合わせとして、キーボードの配置から暗証番号を決めるという手があります。

キーボードというのは「パソコン」でも「電卓」でも、基本的には数字の配置が同じです。左上が「7」で右上が「9」、左下が「1」で右下が「3」になっています。例えば、左上の「7」から右に4桁の番号を作ると「7897」という暗証番号を作ることができ、左上の「7」から縦に4桁の数字を作ると「7410」となります。

数字の組み合わせ自体は自分の個人情報とは関係がないので安全、さらに配置で暗証番号を覚えられるのでとても便利なわけです。しかし、この手法はもはや古く、生年月日やゾロ目と同様に簡単に試されてしまう暗証番号です。

スマホのメモ帳に保存するなら最悪の事態を想定しておこう

クレジットカードの暗証番号を覚えられない場合、スマホのメモ帳に保存しておくのが便利です。基本的にスマホは外出する時に必ず所持しているアイテムですし、お店でもATMでも暗証番号が必要な時はスマホをチェックするだけでOKとなります。

ただしスマホのメモ帳にクレジットカードの暗証番号を保存する場合、スマホを紛失するという最悪の事態を想定しておきましょう。暗証番号が「7897」なら、そのまま「7897」を保存するのではなく誕生日と組み合わせて保存するなど工夫をしておくのが理想です。

誕生日が1月1日なら「7897」の間に「0101」を挟みます。そうすると、「78010197」という8桁になるのでクレジットカードの暗証番号だと悟られる可能性は低くなります。また、暗証番号の隣に意味深なメッセージを添えておくのも良いかもしれません。

スマホに保存は意外と安全?!

最近のスマホは指紋認証が導入されており、自動ロックONにしておけば他人にスマホを覗かれる心配がありません。また、他人に見られてしまうことを想定して暗証番号を保存しておけば、別にスマホを紛失してもすぐにクレジットカードの不正使用に繋がるわけでもありません。

難しい暗証番号を設定して忘れてしまうことを考えれば、スマホに工夫をして暗証番号を保存しておく方が便利かもしれません。

クレジットカードを紛失した時にやるべきこと

クレジットカードを紛失して他人に拾われると、暗証番号を解読されたら終わりです。もし、クレジットカードを紛失してしまったら真っ先にカード会社に連絡をしましょう。カード会社の連絡先はカードの裏面に記載されていますが、パニックを起こさないようにスマホの電話帳に連絡先を登録しておくのがオススメです。

どうしても連絡先が分からない場合、インターネットからカード会社の公式サイトを探して「カード紛失窓口」の連絡先を調べましょう。基本的にカード会社に素早く連絡を入れると、カードを利用停止にしてもらうことができます。カードを利用停止にしておけば、第三者にカードを拾われても不正使用される心配がありません。

一般的にクレジットカードを紛失すると警察に連絡を入れる方が多いですが、警察に連絡をしてもカードを利用停止にしてもらうことはできないので注意をしてください。警察はカードのお届けがあるかどうかを確認してくれるだけなので、カード会社へ連絡する方が優先度は高いです。

クレカの犯罪は他人事ではない

クレジットカードの不正使用は他人事のように思えますが、ネット社会の現代においては決して他人事ではありません。例えば、ネットカフェへ行った時にインターネットから通販サイトで買い物をして後日に高額な請求がやってきた、こうしたトラブルは誰にでも起こり得ることです。

ネットカフェなど誰もが利用する場所にあるパソコンでクレジットカードや銀行等の情報を入力するのはダメです。履歴から重要なページを閲覧される可能性がありますし、個人情報を盗むためのツールが仕込まれていることもあり得ます。

暗証番号を推測されてクレジットカードを不正使用されるというトラブル以外にも、誰もが利用するパソコンから犯罪に巻き込まれたり、偽メールから暗証番号を盗まれるなど、クレカの犯罪は巧妙化している現状があります。

まとめ

クレジットカードの暗証番号を設定する時は他人にバレにくい数字を設定するようにしましょう。生年月日やゾロ目、キーボードの配置から暗証番号を設定するのは危険です。自分だけのルールを考えて、覚えやすく他人にバレない暗証番号を設定するのが理想です。

また、クレジットカードの金融犯罪に関して知識を身に付けることも大切です。ネットカフェのパソコン等ではクレジットカードを使わないなど、知識を身に付けることで大半の金融犯罪を未然に防ぐことができます。

クレジットカードの不正利用・悪用・詐欺・スキミング手口とは!?

cse

正利用・悪用・詐欺は思ったよりもよく聞きます

クレジットカードが世の中に広まってからも過去も現在も、いつの時代も言われていますが、クレジットカードを利用していて、いつの間にか気付いていないうちに犯罪に巻き込まれているケースがあります。被害にあいたくはありませんが、そういった被害にあうかもしれないと思うだけでも犯罪を防ぐことができるかもしれません。ここでは不正利用などをご紹介します。

買った記憶がないとき・・

クレジットカードを利用すると、後日明細書が郵送やネットで確認する事ができますよね。よくよく確認してみると、
「あれ、この日は寝込んでいたから絶対使ってないよなぁ。おかしいなぁ。ネット通販で買った事はあるけれど、買った日は違うし、こんなお店で買ったことはないし、なんだろう?しかも金額が高額だし。おかしいなぁ。」
こうやって気づく方も多いと思います。
購入した記憶がなく、金額が高額である場合、クレジットカードの不正利用が行われているケースがあります。

カード会社から電話が。。。あれ、支払い忘れたっけ?

ある日クレジットカード会社から電話がかかってきました。

  • カード会社「○○さんですよね。今は海外にいらっしゃいますか?クレジットカードが海外で利用されています。」
  • Aさん「いえ、海外にいません。」
  • カード会社「海外で不正に使われていますので、すぐにカードの停止とクレジットカードの改番を行います。」

このようなケースになった方も多いのではないでしょうか。

今回の場合はカード会社が気付いてくれて、実害はなかったのですが、自分のクレジットカードでこんな事が起こると気持ちのいいものではありませんよね。他には明細書を見るとこの日は普通に仕事していたのに、なぜかオーストラリアで使われている事が発覚したこともあります。

嘘だと思うかもしれませんが、ありえます。

年間100億円以上の不正利用

日本クレジット協会によると、平成26年1月から12月迄のクレジットカード不正使用による被害額が113億9千万円と公表されています。その内訳はクレジットカードの番号が盗まれた事による被害が58.6%、偽造カードによる被害が17.1%を占めています。いかにクレジットカードの番号が盗まれているかわかると思います。ここではクレジットカードの番号がどこで盗まれているかを説明します。
http://www.j-credit.or.jp/information/statistics/download/toukei_03_g.pdf

ログインしたら、実は偽物のサイト

例えば自分がカードを持っているクレジット会社からメールが来て、今申込するとキャンペーンとあったので追加で申込しようとしたら、実はクレジットカード会社に似せた偽物のサイトで偽のサイトに自分の名前、クレジットカード番号、有効期限、暗証番号を入力してしまった。という事があります。
フィッシングサイトとは、名前の通り、釣りのサイトと呼ばれるものです。偽物のインターネットサイトを作成し、そこに情報を入力してもらって情報を抜き取るというものです。一度入力してしまったら、偽物のサイトなので取り消しもきかず、いつの間にか自分のクレジットカードの番号が不正に使われていたという事もあります。

セキュリティの古いものやフリーなWi-Fiで盗まれる

何年もアップロードしていないパソコンで個人情報などの入力や、町中でセキュリティがかかっていないWi-Fiを利用すると、個人情報などが簡単に外部から盗みやすくなっています。
また漫画喫茶などの公共で使えるパソコンなどにも個人情報を入力し、そこから盗まれてしまうケースもあります。公共の場所ではクレジットカードなどの個人情報は極力入力しないようにしましょう。

すぐには気付かない盗み方

こちらはネット犯罪ではなく、現実の世界で起こりえる話です。男性の場合、財布は鞄の中に入れず、ズボンやジャケットのポケットにしまっている方も多いと思います。例えば飲食店などのお店に行った時に、ジャケットを預かってくれるお店もありますよね。預けたジャケットに財布が入っていて、財布全部は盗まず、クレジットカード1枚だけ盗まれてしまったという事もあります。財布ごとですとすぐに気付きますが、クレジットカード1枚だけだとすぐには気づかない事もあるので、気づいた時には大量に使われていたという事があります。こちらは盗まれてかつ本人に成り済まして利用されているパターンです。

クレジットカードの複製ができてしまうスキミング

最近は聞きませんが、昔はゴルフ場に行くとクレジットカード情報が盗まれていたという事がよくありました。実はクレジットカードの情報を盗み取る専用のスキミングの機械がこの世には存在します。そのスキミング機械は距離が離れていても情報を抜きとる事が可能です。その機械を使ってゴルフ場のロッカーなど、すぐに人が戻ってこない状態で盗まれる事があります。しかしながら、現在のクレジットカードはほぼICチップが内蔵されており、ICチップ内にしか機微情報がない為スキミングの機械では読み取る事が困難になっています。しかしまたいつの日かそういった盗み出す機械がでてくるかもしれません。

クレジットカードの不正を防ぐためにできる6つのこと

  • 自分が持っているクレジットカードの枚数を常に把握しておく
  • 利用した時のクレジットカードの明細は残しておく
  • 明細書は必ず毎月チェックする
  • 利用した時のクレジットカードの明細は残しておく
  • インターネットサイトでは、http://ではなく、https:// となっているかを確認する
  • 極力クレジットカード番号情報などを外部に漏らさない

自分が持っているクレジットカードの枚数を常に把握しておく

最近では日本人の人口1人につき2~3枚のクレジットカードが発行されていると言われています。社会人になるとおそらく3枚程度、多い人は5~6枚持っているのではないでしょうか。財布の中に何枚入れているのか、自宅で何枚保管しているのかを常に確認する状態にしておく事は紛失や盗難にあった時にすぐわかる体制をとることが、犯罪を減らす第一歩です。使っていないものは解約するほうが良いかもしれませんね。

明細書は必ず毎月チェックする

明細書は確実にチェックしましょう。明細書を確認することによって、早期に気付くことが可能です。もし身に覚えのない利用があったらすぐにカード会社へ連絡しましょう。不正利用の場合のカード会社の補償期間は長くても90日以内ですので、早めに連絡しましょう。

利用した時のクレジットカードの明細は残しておく

お店でクレジットカード決済を利用した場合、レジがその場になく、店の奥までカードを持って行ってから決済する場合もあると思います。その時にスキミングされるという事も考えられます。その時のレシートは前後の証明にもなるので必ず残しておきましょう。

ネット通販や銀行・カードのウェブサイトで個人情報を入力するページではhttp://ではなく、https:// となっているかを確認する

インターネットサイトはセキュリティが強固なものとそうでないものがあります。https~から始まるものは本サイトといっても問題はないでしょう。個人情報などを入力する際にhttp~だけのサイトではセキュリティが弱かったり、場合によっては偽サイトの可能性も高いです。またクレジット会社のホームページのつもりが、よく見てみるとアドレスが全く違うものが表記されている場合も偽サイトかもしれませんので注意が必要です。

極力クレジットカード番号情報などを外部に漏らさない

何事も人目についたり、外部に触れている事が多い程そういった犯罪に巻き込まれてしまう可能性が高まります。なるべくネット通販に使うカードは11つだけにして固定してしまう事もお薦めです。

気を付けていれば怖くはない

色々と気をつけてはいるけれど、不正利用が合った場合などは速やかにカード会社に届ける事です。カード会社の電話受付時間は時間が決まっている事が多いですが、カードの盗難や紛失は24時間受付しているケースもあります。本人の落ち度の場合はその金額を請求される事があるかもしれませんので、気付いたらすぐ連絡しましょう。便利なクレジットも、不正利用されるかもしれないと心得ている事でより一層安心して利用することができますね。

カードを所持するのが初めてで怖い人は、セキュリティが堅牢なカードをメインカードにしよう

筆者も経験がありますが、三井住友系列のカードは不正利用対策がガッチリしているオススメカードです。

三井住友VISAカードを作るならこちらから


classic
smp_arrow
btn_free_regist