個人信用情報機関

クレジットカードの発行会社、加盟店はどこまで個人情報を保持・閲覧可能なのか?実際に閲覧されているのか?

カード会社が把握している個人情報は?

クレジットカードの発行会社が把握している個人情報は、カードを申し込む際に提出した情報と信用機関に保存されている情報です。適法かつ適正な方法で取得した住民票など公的機関が発行する書類や、その他、申込対象者の同意のもと、カード会社の提携先から提供された情報も取得されています。

カード申し込みで提出する情報は

  • 氏名・住所・電話番号
  • 勤務先情報
  • 身分証明書として使う書類に記載されている情報
  • 配偶者の有無
  • ローンの有無
  • 年収
  • 銀行の預金残高

などがあります。

氏名や住所などは必須情報ですが、年収や銀行の預金残高は任意情報です。また、任意情報はカード会社によって項目が異なり、必須情報は各社ともにほぼ共通です。

信用情報は個人信用情報機関の「CIC」・「JICC」・「KSC」のそれぞれに登録されている情報を閲覧されるので、自分が契約しているローン等のサービスに起因します。また、遅延行為や債務整理などの情報、あるいはカードの申込履歴なども閲覧されます。

加盟店が把握している個人情報は?

加盟店というのはカードを使えるお店のことです。

大手コンビニの場合だと、「JCB」や「VISA」というように様々なブランド名がレジの真横で紹介されていますが、それらすべての加盟店になっているということになります。自分のお店にカード決済を導入するには、「ブランドを選ぶ」→「そのブランドと契約する」という手順となり、これによってカード決済を導入することができます。

加盟店はカード会社ではないので、加盟店が把握するお客様情報というのはほとんどありません。

  • カード番号
  • 有効期限
  • 氏名

どれもカードの券面に記載がある情報です。基本的にカードを使うためにはカードを提示する必要があるので、加盟店が把握できる情報は上記のような内容に留まります。住所や暗証番号などはカード会社の管轄なので加盟店が閲覧することはできません。

また、消費者にとって加盟店は契約相手ではない為、加盟店がカード使用者の信用情報を閲覧することもありません。

実際に個人情報を閲覧されているのか?

カード会社が閲覧できる情報はカードを作る際に提出した情報に加えて、カードの利用情報に関しても当然ながら閲覧されます。カード会社はカード所持者にとって管理会社なので、カードに関するすべての情報はいつでも閲覧できるという認識を持っておきましょう。

さて、実際にカード会社は様々な情報を閲覧しているのかどうか?これは当然ながら情報を閲覧しなければ管理できないので、様々な情報を閲覧されているでしょう。カード会社に実際に電話をするとわかりますが、電話で本人確認が完了した後であればいつどの店舗でいくら利用したか、程度の情報をすぐに調べてくれますので、そのレベルの情報もカード会社内ですぐに確認可能ということです。

加盟店に関しても閲覧できる情報については閲覧しなければ管理できないので、その点はカード会社と同様です。ただし、カード会社のように消費者の契約相手ではないので、カード使用に関する情報では限定的なものに留まります。

個人情報は安全なのか?

クレジットカードに関する個人情報は、保護法に基づいて管理されているので基本的に安全です。

カードを作る際に規約で「個人情報保護に関する情報」として記述がありますが、特別な理由がない限りは第三者に対して個人情報を提供しないというルールになっています。

ライフカードでは

  • 個人情報の収集と利用について
  • 個人情報の提供について
  • 個人情報を取り扱う委託業者の管理について
  • 当社が保有する個人情報の開示や訂正等について
  • 個人情報を取扱う従業員の管理について
  • 個人情報の安全管理について
  • 個人信用情報機関の利用や登録について
  • 個人情報保護マネジメントシステムの実態について
  • 当社への個人情報のお問い合わせについて

という項目が「個人情報保護方針」で説明されています。

※参考:ライフカード株式会社 個人情報保護方針
http://www.lifecard.co.jp/company/privacy_policy/

他社においても似たような項目なので、個人情報に関して気になることがあるなら一読しておきましょう。また、直接カード会社へ問い合わせをしてもOKなので、その場合は個人情報に関するクレームや相談という窓口へ電話をしましょう。

さて、個人情報の安全性はカード会社や加盟店の管理能力を信じるしかありません。

100%完璧な個人情報保護はない

カードを利用する流れは「店員さんにカードを渡す」→「加盟店から利用情報がカード会社に行く」→「カード会社が請求を確定する」という流れですが、この間に様々な従業員が自分のカード利用に関する情報について閲覧可能な状態になります。

その為、各社が個人情報保護に努めても結局は各従業員の意識の問題によって、簡単に何かしらのカード情報が漏れることになります。そう考えると、今のところは100%完璧と言える個人情報保護のセキュリティシステムはありません。

とはいえ、取得できる個人情報は限定的なものですし、各企業の従業員が個人情報を漏らすメリットも特にないので、各従業員のモラルによってセキュリティは保たれているとも言えます。

たまにある話しですが、「今日○○という芸能人がどこどこでカードを使ってたよ!」なんてことが起こり始めると、もうカード会社の信頼はガタ落ちです。(引越し業者から住所が漏れる、みたいなパターンは多いみたいですね)

最近はコンビニの従業員がアイス冷凍庫に入ってツイッターで拡散するなど、SNS等の普及によって意味深なトラブルが度々起こっています。カード業界では今のところそうしたニュースはありませんが、一度でもこのようなトラブルが起こると1社だけの問題ではなくなってくるかもしれません。

カードの利用履歴を知られるのは恥ずかしくない?!

カードを利用すると利用したお店の名前や商品名から請求が上がりますが、人によっては自分の利用情報を知られるのが恥ずかしいと思うことがあるでしょう。

基本的に利用情報を知られようが知れらまいが、その情報を閲覧している人に会うことはないので大丈夫です。1つだけ「恥ずかしい・・・」と思うシチュエーションを紹介しておくと、カード会社に請求や返済に関して電話でお問い合わせした時は若干恥ずかしいと思うことがあります。

締め日を迎えた時に「先日の買い物代金が含まれていない?!」など、請求額に関して疑問が湧くことがありますね。そんな時はカード会社へ問い合わせるのが便利です。

担当者とのやり取りでは、「今月の請求額は〇月〇日の○○店の○○円と~」という感じで話が進むので、赤裸々に利用情報を口頭で伝えられるのはちょっと恥ずかしいですね。

大人のお店や出会い系マッチングアプリ等の課金でカードを使うと加盟店の名称でバレちゃう・・・?

主に男性の悩みかもしれませんが、ストレートな表記があると困るケースがありますね。お店やサービスによってはそうした事情に配慮して、一般的な企業名で明細を上げてくれるところが多いです。逆に言えば店舗名やサービス名と社名が一致していないケースも多いので、パッと明細を見てもわからなかったりします。

カードを使う前に明細はどんな表記になるのかを確認してみてくださいね。特に通販やインターネット決済時に店名やサービス名と社名が異なる場合は決済時にその旨を伝えられることが多いはずです。

個人情報を守る為にカード管理を徹底しよう

カード会社や加盟店が知り得る情報に関しては、上記のとおり関わりのある従業員のモラルを信じるしかありません。それと同時に自分でも個人情報やカード情報を守る為にカード管理を徹底することが求められます。

  • カード番号などのカード情報は他人に見せないこと
  • パスワードは生年月日を避けること
  • 暗証番号を入力する時は第三者に見られないようにすること

上記3つは基本中の基本なのでしっかりと覚えておきましょう。

また、パスワードに関しては定期的に変更するのが望ましいとされています。

不正使用は意外と身近な犯罪

一般的にクレジットカードの不正使用なんて起こらないと思うわけですが、ふとした瞬間に災難に襲われることは十分に有り得ます。

トラブルに巻き込まれないように徹するのが理想ですが、もし不正使用の被害に遭ってしまった場合はすぐに「盗難紛失窓口」へ連絡をしましょう。

クレジットカードの不正使用は放置しても解決できないので、カード会社に連絡をして調査をしてもらう必要があります。また、盗難紛失補償によって被害額を補償してもらえるので、必ず速やかに連絡をしてください。

まとめ

  • カードの発行会社は、申込時の情報・個人信用情報機関の過去情報・提携先や公的機関の情報を所有している
  • カードの加盟店が取得できる情報は限定的である
  • 100%完璧なセキュリティシステムは存在しないので自分で責任を持って管理していこう

参考情報・リンク先

ライフカード株式会社 個人情報保護方針
http://www.lifecard.co.jp/company/privacy_policy/

三井住友カード株式会社 個人情報保護宣言など
http://www.smbc-card.com/mem/docs/privacy.jsp

株式会社鹿児島カード 個人情報保護宣言
https://www.kagoshimacard.co.jp/privacypolicy/policy01.html

株式会社日本信用情報機構
http://www.jicc.co.jp/

株式会社シー・アイ・シー(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関)
http://www.cic.co.jp/

一般社団法人全国銀行協会
https://www.zenginkyo.or.jp/pcic/

クレジットカードで延滞・支払い遅れがあると親に連絡は行く?延滞により起こるリスク徹底検証!これだけ読めば大丈夫。

f05061a65c23024173ad5b73742554a5_m
※親・家族にはバレたくない…

学生向けに発行しているクレジットカードは各社にありますが、収入もほとんどない学生に対して発行するというのはクレジットカード会社の優遇措置と言ってもいいでしょう。しかしクレジットカードが発行されてからは、サービス以外の優遇はありません。

特に支払いを延滞した場合は一般のクレジットカード利用者と同じように督促が行われます。今回は学生カードで延滞したときの対処方法やそれによって生じるリスクについて解説しましょう。

※筆者も学生時代に意図せず支払いが延滞となってしまい、焦った経験があります。落ち着いてリスクを把握してくださいね。

クレジットカードの支払いに遅延するとどうなるか

学生カードに限らずクレジットカードの支払いを遅延したときのクレジットカード会社の督促状況を学びましょう。

初期の延滞は連絡程度

クレジットカードの支払日はカードによって違いますが、引き落としに間に合わなかった場合、二度目の引き落とし日の案内が送られてくるケースがあります。ただしこれは2週間後などに二度目の引き落とし日が決まっている場合です。本来の引き落とし日から自動的に数日間引き落としが行われるクレジットカードの場合、連絡はありません。また、そもそも二度目の引き落としがないクレジットカードも多くあります。

いずれにしても初期の督促は振込先の案内などで督促という感じはしない事務的な連絡にとどまるケースがほとんどです。しかし支払い遅延も1ヶ月以上になるとだいぶ様子が違ってきます。

2ヶ月~3ヶ月の延滞は要注意

1ヶ月を超えて延滞が解消しないと本格的に督促電話や督促状の送付が行われます。こうなる前に自分からクレジットカード会社に連絡して事情を説明しておく必要があります。家族と同居であれば督促電話や督促状によって、このタイミングでクレジットカードの利用を延滞していることがバレてしまう可能性が高いです。

また、この状況でも何も連絡もせず、支払いも行わないとクレジットカード会社は法的な手段での手続きの準備をする可能性が高くなってきます。クレジットカード会社によってはクレジットカードの強制解約を行い、一括で未払い分の残高を請求することもあります。強制解約の通知が来ると延滞を解消してもクレジットカードはその後原則二度と使えなくなるので注意しましょう。

3ヶ月以上の延滞は完全にアウト

61日以上または3ヶ月以上の延滞は個人信用情報機関にネガ情報(事故情報)として登録されるので、他社でも新規の申し込みは却下されます。またこの情報は延滞解消から5年間登録されているので、長期間新規のクレジットカードを作ることはできなくなります。※世間で俗に言われている、ブラックリスト状態です。
参考:クレジットカードのクレヒスの恐怖!ブラック・スーパーホワイトって何?どうやって回避する?

また、クレジットカード会社の法手続きも進んで、裁判所から「支払督促」が送付されてくる頃です。これに対して異議申し立てをすると、裁判となり口頭弁論が行われます。ここで和解をして一括請求を分割で支払うチャンスがあります。これを無視するとクレジットカード会社は強制執行ができるようになります。

学生が支払いを延滞した場合はどうなるか?

基本的には学生でも社会人でもクレジットカードの支払いを延滞した場合のクレジットカード会社の対応は同じです。しかしいくつか学生特有の問題があります。

未成年の支払い延滞は親に支払い義務はある?

学生の場合は未成年でクレジットカードを作っている場合も多いでしょう。クレジットカードを作ることは法律行為になるので、親の承諾が必要です。しかしクレジットカードを作ることに承諾したのであって、法律的には支払い義務はありません。ただし承諾をしているので法律行為の取り消しもすることはできません。ただし融資などでは連帯保証人になっていることがあるので、この場合支払い義務はあります。

クレジットカードに連帯保証人制度はないので法律的にクレジットカード会社は親に請求することはできませんが、自宅に督促電話や督促状の送付があれば同居の場合すぐバレてしまいます。この時点で親が見過ごすというケースは少ないので、結局は立て替えて支払うということになるでしょう。これですでに親に迷惑をかけていることになります。

親と別居している場合はすぐにバレるということはないかもしれませんが、延滞を続けていれば自分にとっても大きなペナルティが待っています。

長期の延滞は社会人になってからとても困る!

学生カードの利用であっても長期の延滞は個人信用情報機関に登録されます。個人信用情報機関には3種類あり、クレジット系のCIC(シー・アイ・シー),消費者金融系のJICC(ジック)、銀行系のKSC(ケー・エス・シー)がその三社です。CICとJICCは指定個人信用情報機関に登録しているため、加盟会社の会員情報を共有しています。

また、この三社はCRIN(クリン)と呼ばれるシステムで事故情報を共有しています。つまりクレジットカード化での支払い遅延が長期になると、消費者金融、銀行の利用にも大きな影響があります。

延滞が解消してから5年間は事故情報が登録されると、卒業後社会人になってもクレジットカードを作ることや、カードローンなどの新規申し込みも却下されてしまうのです。学生~社会人1年目は本来であれば最もクレジットカードを作りやすい時期なので、好きなクレジットカードを選び放題です。その一生に一度しかない時期を逃してしまうのは、誰のせいでもなく自分がしたことの結果です。

こんなことにならないように学生であっても支払いはきちんと計画的にしましょう。

そして審査落ちとならないために、原因を知っておきましょう:学生でクレジットカードの審査落ち…何が原因?

クレジットカードの支払いを遅延しない方法

クレジットカードの支払いをしっかりと行うためにはまず使い方を計画的にする必要があります。クレジットカードはお金を生み出す魔法のカードではありません。限られたカード利用枠の範囲内で計画的に利用することで、後払いのメリットが生きてきます。

リボ払いには注意!

学生カードのカード利用枠は一般カードと比べると少ないので、リボ払いは使いすぎないようにしましょう。支払いやすいからといって最低支払金額に設定していると、すぐにカード利用枠いっぱいまで残高が増えてしまいます。そうすると残高が減るまではカード利用できなくなりますが、ここで新しいクレジットカードを作ってしまうと深みにハマってしまいます。残高が一杯になったらクレジットカードは使わずに支払いに専念しましょう。

また、すぐにカード利用枠が一杯にならないようにリボ払いを利用する場合は、支払える範囲内でなるべく毎月の返済金額を大きくしましょう。さらに高額の利用はリボ払いを利用せず分割払いを利用すると計画的に支払うことができます。

分割払いは支払い回数を指定する支払方法です。分割回数がはっきりわかるので返済の終了も明確になります。返済終了までは高額の利用をしないという癖をつければ、カード利用枠いっぱいまで使うことはなくなります。

とはいえ、支払いは1回払いをメインにする

1回払いができるのは日本のクレジットカードだけです。海外で発行されるクレジットカードは、原則として支払い回数を選べる権利がありません。多くがリボ払い専用で、マンスリークリアという1回払ができるカードは海外にもありますが、チャージカードと呼ばれていてクレジットカードとは違う種類の富裕層向けのカードです。

手数料なしの1回払いができるクレジットカードを活用しないことはもったいないことです。クレジットカード会社では1回払いもリボ払いで請求するサービス(俗に言う、リボ専カード)がありますが、これはクレジットカード会社の利益率を高めるためのサービスです。

実質的にはカード会員のためのサービスではないと考えましょう。ポイント還元率がアップするからといってリボ払いを利用しても、リボ手数料が増えるだけでポイント還元率がアップしたメリットはありません。むしろ手数料が係る分マイナスとなるのです。このサービスを利用して公共料金などを支払っていると、あっという間にカード利用枠はいっぱいになるので注意しましょう。

本来毎月支払う公共料金や携帯料金、プロバイダー料金は必ず1回払いで支払うようにしましょう。そうすることによって手数料負担もなくなり健全なカード利用をすることができます。

支払い方法・リボ払いについてもっと詳しく知るには:リボ払い・分割払い・一括払いって何?リボ払いは注意!できる限り一括で支払いしよう!

キャッシングは利用しない

学生カードを申し込みする時点でキャッシング枠はゼロで申し込みましょう。過去に社会問題となった多重債務もカードキャッシングが原因でなった人も多いのです。キャッシングは簡単にATMからお金を引き出すことができるので、預金を引き出す感覚になってしまいますが、実際は高い金利を支払うことになります。

カードショッピングは1回払を利用すれば手数料はかかりませんが、キャッシングは1回払にしても金利を支払うことになります。さらにリボ払いにすると毎月高金利を支払うことになるので、キャッシングを利用するのは安定した収入を得るようになるまで待ちましょう。

キャッシングは貸金業法という法律で規制が行われていて、上限金利も引き下げられていますが年18%の金利がかかります。例えば国が運営する日本政策金融公庫の教育ローンは年1.9%の固定金利です。これと比べるとカードキャッシングがいかに高金利なのかということがわかるでしょう。

カードキャッシングを上手に使いこなすためには安定した収入と守るべきルールがあります。それは利用するときは一時的な出費のときに、次の給料日までの短期利用に限るというルールです。その為まだ学生はキャッシングを使いこなすには早いのです。

より詳しくはこちら:限度額・ショッピング枠・キャッシング枠・総利用枠、違いを徹底解説!キャッシング枠は原則0円がオススメ。

まとめ

学生がクレジットカードを作るときはクレジットカード会社が優遇してくれます。また学生専用カードには一般カードにはないサービスが付帯されるという優遇措置もあります。これはクレジットカード会社がなるべく若い世代のカード会員を欲しがっているからです。しかし、そんなクレジットカード会社でも支払いを遅延した場合は、なんの優遇もなく一般カード会員と同じ督促を行います。これは当然のことで、クレジットカード会社が必要なのはただ若いというだけではなく支払いをしっかり行うカード会員なのです。

クレジットには信用と意味がありますが、それは信用のある人だけが利用できるという意味もあります。クレジットカードも信用がある人に発行されるので、欧米では現金払いよりもクレジットカードを利用する人が信用されるのです。日本ではクレジットカードはまだ借金というイメージを持っている人がいますが、それは全く反対のイメージです。クレジットカードを作ってからもきちんと支払いを続けていないと信用が失われ、長期間クレジットの利用ができなくなるというペナルティもあります。

学生カードであっても同じです。しかしそれは反対に学生カードをしっかり支払い続けていれば、社会人になってからも信用が認められよりグレードの高いクレジットカードを作ることができるというメリットがあります。学生時代だからこそしっかりした支払い観念を持ってクレジットカードを利用しましょう。

関連記事:クレジットカードの支払い遅延・延滞は絶対NG!

クレジットカードのクレヒスの恐怖!ブラック・スーパーホワイトって何?どうやって回避する?

申込をする時にいつも言われるあの言葉

ショッピングセンターや百貨店、ネット上でもクレジットカードは申込が可能な時代です。申込時によくお店の人から言われたり、ネット上や書面に書かれたりする言葉があります。

クレジット会社の審査があります。」という事です。

クレジットカードに関して知識がなかったり、初めてのカード発行の時はきっと「え?何を審査するのだろう?」って思いますよね。(思った人も多いのでは?)

仕組みとして、クレジット会社は皆さんが現金を持っていなくても、皆さんに代わってお店へお金を建て替えて支払いをします。そして後日皆さんに代わって、立て替えたお金を金融機関の口座から引き落としをして回収しています。

「審査」をして、ちゃんと建て替えた分の支払いをする能力があるかどうかを確かめないと、クレジット会社さんは赤字を被ることになります。

「審査」の一環として、クレジット会社はカードの申込をした方の年収やお勤め先、勤続年数、持ち家か借家か(一部、学生は見られない項目もアリ)などもチェックしていますが、一番重点的に確認しているのは申込をした人のクレジットヒストリーと言われています。ここではそのクレジットヒストリーについてご紹介したいと思います。

c0701

そもそもクレジットヒストリーて何?

クレジットヒストリーを日本語に直すと、「信用の歴史」となります。クレジットヒストリーとは、その申込をした人が過去にどんなローンやクレジットカードを持っていて、借りている金額や残っている金額、過去や現段階の返済状況がどのようになっているかを示しています。

クレジットヒストリーが確認できる個人信用情報機関

クレジットカードやローン、キャッシング、携帯電話を分割で買う時は申込時と契約成立後には個人信用情報機関(様々な機関があります)に情報が登録されます。

各クレジット会社や携帯電話会社は、そのお客さんが支払ったか支払っていないかという情報を個人信用情報機関に毎月ないしは都度登録しています。

クレヒス情報記載の例(こんな情報が載る!)

例えば:

1,クレジットカード申し込み時点

Aさんがクレジットカードを作りました。

この申込をした時点で個人信用情報機関には申込した事実が掲載されます。

2,クレジットカード発行時点

そしてクレジットカードが発行されると、

個人信用情報機関はその申込が成約になったという事実が載ります。

3,引き落としと支払の完済

後日Aさんがお店やネットでクレジットカードを使い、

締め日の後にクレジット会社から利用した明細書が送られてきます。

その明細書に記載された金額を支払いの時にちゃんと金融機関の口座から引落しができて、

支払いが完了していると、

Aさんは支払いを問題なく所定の全額完了しました。という情報が掲載されます。

4,引き落としの遅延・未払い

逆にそこで引落がされておらず、支払っていない場合は、

支払っていませんという情報が掲載されます。

これらの情報をもとにクレジット会社は独自の審査をしているといえます。じゃぁそこでもし支払いが滞ってしまったらどうなるの?と思いますせんか?次の項で解説していきます。

「ブラック」について(調べてる方も多いワードです!なんだか怪しそう!)

先ほどの段階でお話しました、支払いを全くしていないと、個人信用情報機関には支払われていませんとの情報が掲載されます。そして会社によって異なりますが、3ケ月支払いがされていない状態になると表記が変わります。ここが巷でいうブラックになります。

実際はブラックリストというリストはクレジット会社や信用情報機関には存在していません。しかしながら、この支払いが一定期間されていない状態を延滞ないしは異動情報と呼び、皆さんがブラックと思っている事を指しています。

支払い遅延はアウト!クレジットカード以外にも危険なものが・・・

クレジットカードの延滞は、ブラックリストに載る行為でありよろしくないというのはここまででわかりましたね。しかし、危険なのはそれだけじゃないんです。クレジットカード以外にも支払いの遅延によってブラックリストに載りうる可能性はあるんですよ。しっかり確認しておきましょうね。

1人1台は当たり前な携帯端末に注意

iPhoneやスマートフォンなどの携帯端末を分割払いで支払いをしている人も要注意です。携帯端末の分割払い、あれ実は「ローン」に当たるんです。たとえば、2年契約をする見返りに、通信会社(キャリア)がその支払い分を毎月2年間分、立替えて払ってくれる、といった仕組みになっています。

ですから、口座の残高不足など何しらかの事情で通話料の支払いを滞らせると、通信会社は機器のローンを払ってくれなくなってしまいます。するとあなたに、「ローン返済の延滞」という悪い記録がつくことになります。

信用情報機関CICによれば、スマートフォンなどの携帯端末の分割払いを3ヶ月以上滞納し、ブラックリスト入りした人は一気に増え、2010年の21万人から、1年間で145万人に跳ね上がったそうです。これがいわゆるブラックリストに載ると呼ばれている状態ですね。結論、クレジットカードの支払いの延滞や、携帯端末などのローンの支払いを延滞するとブラックリストに載ることになります。

詳しくはこちらにも。過去の滞納履歴は嫌われる!カードだけじゃなく、スマホ料金の支払い遅延にも注意!

意外な落とし穴!奨学金も延滞はダメ!?

卒業後に関わってくるのが奨学金の返済。これも意外と厄介なものです。実際に、最近ではニュースでも奨学金未払い問題が報じられていますが、あまり取り立てが厳しくないせいか、何気なく支払いを滞納している方は多いようですね。

しかし、奨学金の未払いはブラックリスト掲載に値する行為なんです。平成20年に、日本学生支援機構は信用情報機関に登録をし、督促と返還請求に力を入れるようになりました。現状ではまだ「3ヶ月以上延滞が続いた場合に事故情報として登録する」という基準で運用をしていますが、これがいつ変更になるとも限りません。自分はキャッシングをしていないし、クレジットカードの滞納もしていない、という場合でも、奨学金によってブラックリストに載る可能性があるということです。十分に注意してくださいね。

クレジットカードの支払い遅延・延滞は絶対NG!

ブラック状態だと何がどうなる?

この段階で支払っていないと、クレジット会社によっては裁判などの法的手続きを行っているケースもあります。つまり訴えられます。場合によっては、バイトのお給料が強制的に差し押さえにあってしまうかもしれません。

そして例え支払ったとしても、このブラック状態にまでなると、客観的な事実として、この人は支払いを遅れていて、クレジット会社が督促をしたことによって、ようやく支払ったのだろうという事が確認できます。支払いを全くしていないブラック状態ではもちろんどこの審査も通らないケースが多いですし、遅れて支払ったとしても、その情報は支払って完済してから5年間は消えません。(信用情報機関がCICの場合)。

つまり、延滞を繰り返す行為により5年間は携帯電話、クレジットカード、ましてや住宅ローンなどは各会社がこの情報を見るので審査が通らないケースが多くなります。

さらに、新規のクレジットカード発行だけでなく、手持ちのクレジットカードが強制解約させられるといったこともあります。「◯回延滞をすると強制解約になる」といった明確な数値はなく、それらは各クレジット会社の裁量次第です。たった1日の延滞を数度繰り返すだけで、カード停止や強制解約になることはごく普通にありますし、延滞の日数が長かった場合には、1度の延滞で強制解約になることも十分あり得ます。

そして気を付けたいのが、延滞したクレジット会社以外のクレジット契約も、強制解約されてしまうことがあるということです。今まで普通に使っていたクレジットカードが強制退会されてしまってはかなり困りますよね。そういったことが起きないように、細心の注意をはらいましょう。

信用機関cicの詳細記載:http://www.cic.co.jp/confidence/posession.html

「スーパーホワイト」について

ざっくりいえば、個人信用情報機関に何も情報が登録されていない状態のことです。下記のようなケースで悩んでいる方が多いです!

延滞から遅れて支払い、5年待って信用を回復としても今度はスーパーホワイト問題が発生?

それでは過去の分を支払って完済してから6年経過したので、晴れてクレジットカードを申込してみよう。と思って申込してみると、お断りと言われてしまうことがあります。実は、世の中に個人信用情報機関に登録されている人は業界では99%と言われていますが、未成年や20歳前半の方は何も申込したことがないので、信用情報が何もない=スーパーホワイトという事もありえます。

しかし、例えば30歳や40歳を過ぎてデータが何も個人信用情報機関に登録されていないと、クレジット会社などは過去に何かあったから情報が消えているスーパーホワイトではないかとみなすケースが多いです。個人信用情報機関のCICの場合は、その方の情報を契約終了後5年以内は掲載されます。つまり支払いが完了して5年を経過すると、何も掲載されていない状態になってしまうこともありえます。

まとめると、

  • ブラックから復活でのスーパーホワイト
  • 一定年齢まで全くカードや信販を使わずスーパーホワイト

の2つのケースがありますが、カードやローン会社には前者と判断されてしまいがちで大変だ!ということです!

皆さんが若くて、きちんとしたクレヒスを積みたいのであればまずはカードを作り、少額でいいから利用と支払いの履歴を着実に積み上げておくべきということが重要です。

例え話に置き換えて考えてみよう

例えば皆さんの知り合いが2人いたとします。下記のA君・B君2人ともが同時にお金を貸してと言ってきたら貸しますか?貸しませんか?

【A君】
A君はいつもご飯を食べに行った時は後でちゃんとすぐ払ってくれる。
お金の持ち合わせがなくて過去にもお金を貸したけどすぐ返してくれた。
→A君ならばお金を貸してあげてもいいかなと思いませんか。

【B君】
B君は過去5回お金を貸してあげたのにまだ2回分しか返してもらっていません。
返してくれる約束をB君は頻繁に破ったり後日に延ばします。
→心の優しい皆さんならB君にお金を貸すかもしれませんが、これが全く知らない人やそんなに仲が良くない人だったら断りませんか?

クレジット会社の審査もこの人にお金を貸して戻ってくるのかどうかの審査ということにほかなりません。お金が戻ってくるだろうと思える人にカードを発行しているのです。

※業界裏話:過去にクレジット履歴がなく、一定の年齢に到達した人を厳しく審査する方法

過去にデータがないため、苦し紛れに下記のような判断基準も利用するようです。スーパーホワイトでのクレジットカード作成を試みる方は、ぜひ下記で足切りされないように十分に注意・努力してみてくださいね。

  • 申し込み確認の電話対応、態度、様子
  • 申込用紙に記入した字体が丁寧かどうか
  • 印鑑サイズが必要以上に大きい(9mm以上)かどうか ※虚栄心があると判断される
  • 年齢に比較して年収が以上に高い ※虚偽の疑い
  • 一度に多くのカードに申し込んでいる ※信用情報期間に履歴が残る
  • 職業の安定性 ※収入が安定してそうかどうか

根本的なクレヒス対策はただ一つ

※カードを持っていない人はまず持つことを前提に。

クレジットカードなどを適度に利用し、確実に決まった日に支払いましょう。(引き落とし日にきちんと口座にお金を預けておきましょう)そうすれば皆さんのクレジットヒストリーが積み上がり、次回申込した時でも審査は通りやすくなるはずです。

言い換えれば、日々の家計管理が大事ともいえます。ご利用は計画的に。この言葉に従って計画的に支払いをしていけば何も怖いものでもありません。皆さんもクレジットヒストリーを積み上げてクレジット会社からの信用を得ましょう。

まだカードを1枚も持ってないよ?という方は、当サイトのオススメカードランキングの上位カードや審査のハードルが低いと言われているカードから、まずはチャレンジしてみてはいかがでしょうか!?

過去の滞納履歴は嫌われる!カードだけじゃなく、スマホ料金の支払い遅延にも注意!

PAK86_youtubemiteruo20141221140217500-thumb-815xauto-5815

過去に滞納があるとどうなるの?

みなさんは請求書が届いたら期限までにきちんと支払っていますでしょうか。もし支払っていないなら今からでも遅くありませんので、きちんと支払うようにしましょう。

滞納の履歴はクレジット会社・金融機関にバレている!

滞納の履歴は信用情報機関という組織がデータベースを構築していて、クレジット会社や金融機関などは、ほぼすべてこの信用情報機関の情報を照会しているからです。つまり、何か新しくクレジットカードを作るときやローンを組むときは間違いなくこの信用情報機関の過去の支払い状況が照会され、支払いが遅れがちなら審査が通らないということになります。

支払遅延発生から督促・事故情報としての登録まで

まず、遅延をするとクレジットカード会社はまず手紙で遅延の旨を通知します。それでも支払いがなければコールセンターから電話であなたに直接連絡が入ります。それも無視して支払いをしないと、今度は督促状が届きます。この頃になると、当然のことながらカードの利用は停止されるでしょう。なお、この督促状は支払いが完了するまで続きます。その後、延滞状態が3カ月以上継続すると、個人信用情報センターに事故情報として登録されます。

短期間であっても支払いの遅延が続くのは信用を失っていることになります

しかし、1~2ヶ月の支払いの遅延でも、何度も続くと「この人はきちんと期日を守らない人だ」「返済が困難な状況(かもしれない)」と判断される場合があるそうです。現に、俗に言うブラックリスト状態:信用情報に事故情報として載ってしまう主な理由として挙げられている中に、「約定返済日より一定期間返済が遅れたり3回以上滞った場合」とされています。

スマートフォン契約の分割払いも信用情報機関への情報登録の対象なのです!

ローンを組む予定がないから自分は関係ないと思っている方、実はその方でも無関係ではいられません。なぜなら携帯電話やスマートフォンを持っていますよね。今は携帯電話やスマートフォンも割賦と言って分割支払いで買う時代ですので、契約時には信用情報機関に照会がかかります。このとき、あまりにも過去の延滞が多いと割賦契約を断られてしまうことになりかねません。

もし携帯電話やスマートフォンを新規で購入したり機種変更をするときに割賦契約が組めなければ、本体代金をその場で全額支払う必要が出てしまいます。通常は割賦で購入するのであまりスマートフォン本体の価格を気にしたことが無いかもしれませんが、実は最近のiPhoneなどスマートフォンはかなりの高級品で、1台8万円~10万円くらいします。場合によってはパソコンよりも高価ですので、さすがに一括では購入できないですよね。

支払いの滞納は絶対にやめましょう。その後のご自身の生活が不自由になってしまうだけですから。

そもそも滞納とは?

そもそも滞納とは一体どういう状況でしょうか。滞納とは支払い日に請求額を支払わない状態です。その状態が約1カ月ほど継続されると、クレジット会社などは支払いが延滞していることを信用情報機関に登録します。この支払っていない事実を信用情報機関に登録されることが滞納や延滞と呼ばれる状態です。

こうなると信用情報機関の情報を照会できるすべてのクレジット会社や金融機関が滞納している事実を知れることになります。そして、この支払い状況の履歴は約2年間は消えません。また、滞納の履歴は「異動情報」と呼ばれ5年間は消えないことになっています。

個人信用情報は金融機関が閲覧できるようになっているため、俗に言うブラックリスト状態になってしまうと返済能力に不安があるとされて、新規のクレジットカードが発行でなくなります。

延滞は絶対避けたいという方は、こちらの記事もどうぞ。クレジットカードの支払い遅延・延滞は絶対NG!

強制退会・解約のリスクを知っておこう

また、新規のクレジットカード発行だけでなく、手持ちのクレジットカードが強制解約させられるといったこともあります。「◯回延滞をすると強制解約になる」といった明確な基準はありません。それらは各クレジット会社の裁量次第です。たった1日の延滞を数度繰り返すだけで、カード停止や強制解約になることはごく普通にありますし、延滞の日数が長かった場合には、1度の延滞で強制解約になることも十分あり得ます。

そして気を付けたいのが、延滞したクレジット会社以外のクレジット契約も、強制解約されてしまうことがあるということです。さらにさらにそれだけでなく、「ショッピングローン」「自動車ローン」「住宅ローン」などのローンを組むことも約5年間制限されることになります。支払いを遅延したローン会社だけでなく、それ以外の金融機関にも情報がいってしまうので甘く見てはいけませんね。

注意!滞納の履歴が残るのはクレジットカードだけではない

繰り返しになりますが、信用情報機関に支払い状況を登録するのはクレジット会社や金融機関だけではありません。携帯電話会社も信用情報機関に顧客の支払い状況を登録します。なぜかというと、先述したように携帯電話会社は携帯電話やスマートフォンの本体を割賦販売しているからですね。

割賦販売とはローンのようなものなので、信用情報機関に支払い状況を登録しているというわけです。そのため、多少携帯が止められても少し不便になるだけだからいいやなど考えるのは絶対にNGです。自身の信用情報に傷が付いて、ご自分の生活を不便な状態にするだけです。

誰もが注意したい携帯端末について

iPhoneやスマートフォンなどの携帯端末を分割払いで支払いをしている人も要注意です。携帯端末の分割払いは、実はローンなんです。たとえば、2年契約をする見返りに、通信会社(キャリア)がその支払い分を毎月2年間分、立替えて払ってくれる、といった仕組みになっています。ですから、口座の残高不足など何しらかの事情で通話料の支払いを滞らせると、通信会社は機器のローンを払ってくれなくなってしまいます。するとあなたに、「ローン返済の延滞」という悪い記録がつくことになります。

信用情報機関CICによれば、スマートフォンなどの携帯端末の分割払いを3ヶ月以上滞納し、ブラックリスト入りした人は一気に増え、2010年の21万人から、なんと1年間で145万人に跳ね上がったそうです。高額なスマートフォン分割払いが浸透したことも影響していると考えられます。

あなたは大丈夫?奨学金の延滞

卒業後に関わってくるのが奨学金の返済。実はこれも意外と厄介なものなんです。実際に、最近ではニュースでも奨学金未払い問題が報じられていますが、あまり取り立てが厳しくないせいか、何気なく支払いを滞納してしまっている方は多いようですね。

しかし、奨学金の未払いはブラックリストに値する行為なんです。平成20年に、日本学生支援機構は信用情報機関に登録をし、督促と返還請求に力を入れるようになりました。現状ではまだ「3ヶ月以上延滞が続いた場合に事故情報として登録する」という基準で運用をしているようですが、これがいつ変更になるとも限りません。

自分はキャッシングをしていないし、クレジットカードの滞納もしていない、という場合でも、奨学金によってブラックリスト状態になる可能性があるということです。意外な落とし穴なだけに、十分に注意する必要がありますね。

まとめ

どんな支払いでも、延滞はしないように十分に注意してください。その理由は過去の延滞の履歴が信用情報機関に登録され、あらゆるクレジット会社や金融機関がその情報を照会できるようになるからです。また、携帯電話やスマートフォンも本体を割賦で購入しているのでその支払い履歴は信用情報機関に登録されています。

携帯料金だからといって決して気軽に延滞しないようにしてください。延滞の履歴があると新しいクレジットカードの申し込みやローンの申し込みなどが受けられなくなり、自分の生活が不便になるだけでメリットは何もありません。