rakutencard

楽天カードは楽天スーパーポイントを貯めるには最強のクレジットカードです。学生でもスタンダードな楽天カードに申込することができますが、学生向けの「楽天アカデミー」に申込することをおすすめします。楽天アカデミーは学生限定のサービスがあり、一般カードに入会するよりはずっとお得に使うことができます。

今回は楽天アカデミーの審査基準、限度額から学生だけの特典といった、あなたが知りたい情報をすべて徹底的にご紹介しましょう。

楽天アカデミーの審査

楽天カードは審査に通りやすいことで有名です。主婦や学生はもちろんパート・アルバイトでも審査を通過した例はたくさんあります。
まして学生専用の楽天アカデミーでは、ほとんどが審査を通過すると思って間違いありません。しかし、100%審査を通過するわけではないので、反対にどんな場合に審査が通らないのかを考えてみましょう。

親の承諾を得られないとクレジットカードは作れない

未成年は単独で契約行為ができないので、クレジットカード会社は必ず親が承諾しているかを確認します。もし親の承諾なしにクレジットカードを発行して、その後親が契約の取消を求めたらクレジットカード会社は残高があっても請求することができません。

これはクレジットカード会社にとってはリスクが大きいので未成年に親の承諾なしでクレジットカードは発行しないのです。これは楽天アカデミーでも同じです。

クレジットヒストリーに問題がある

学生がクレジットカードを申し込む場合はほとんどが初めての申込でしょう。この場合過去にクレジット利用歴(クレジットヒストリー)がないので、クレジットヒストリーが原因で却下となることはありません。

しかし、2枚目以降の申込であれば既存のカードの利用状況によっては却下の理由となります。クレジットカードは作ってからの支払が最も重要です。支払の延滞はしないようにしましょう。

他に考えられる却下理由

クレジットカードを申し込むと必ず確認の電話があります。これは申込の意思確認や申込書記載事項に不備があった場合に確認するために行われます。この確認がいつまでも取れなければ却下となる場合があります。クレジットカードを申込した後はいつでも連絡が取れる状態にしておきましょう。

ただし確認電話が取れないという理由で却下されても、通常の却下とは違い申込をやり直すことは可能です。

それでは楽天アカデミーのスペックやサービス内容をご紹介しましょう。

楽天アカデミーの基本機能

■年会費:永年無料
■楽天Edy搭載
■楽天ポイントカード機能
■国際ブランド:VISA・マスターカード・JCB
■ポイント:楽天スーパーポイント(100円1ポイント)
■海外旅行傷害保険(利用付帯)
・死亡後遺障害 2,000万円
・治療費用 200万円
・賠償責任 2,000万円
・救援者費用 200万円
・携行品損害 20万円

楽天カードはすべてポイントカード機能を持つようになりました。TポイントやPontaと言った共通ポイント同じように、楽天ポイントカード加盟店で買物をすると、カードを提示するだけで現金払いでも1%のポイントが貯まります。

楽天カードの申込みはこちらから!

年会費 永久無料
還元率 通常1%、楽天では2%以上
発行まで すぐ審査、1週間ほどで手元に。
強み 楽天サービスやnanacoなど電子マネーとの相性の良さ

クレジットカード部門の顧客満足度第一位に7年連続で選ばれました!
btn_free_regist

楽天スーパーポイントの詳細

楽天アカデミーで買物をするとどこの加盟店でも100円で1ポイント貯まります。これが基本ですが楽天市場では決済手段に関係なく100円で1ポイント付くので、楽天アカデミーで決済すると合計で2ポイントが付きます。

楽天市場では「スーパーポイントアッププログラム」というサービスがあり、さらに2ポイントが付くのでトータルで100円4ポイントが標準です。還元率驚異の4%です。
このように楽天市場での買物は楽天アカデミーを含めて楽天カードで決済するのがベストです。

なお楽天スーパーポイントの有効期限は最終利用から1年なので、使い続けている限り実質的に有効期限はありません。ただし、通常ポイントの他にキャンペーンや入会特典などで付与される「期間限定ポイント」には有効期限があるので注意しましょう。

楽天アカデミーだけのポイントサービス

楽天アカデミーだけのサービス、つまり学生だけの特典をご紹介しましょう。

■楽天ブックスで本やDVDを買うとポイント5倍(100円で5ポイント)ただし入会初年度のみ。
■楽天トラベルで高速バスに乗るとポイント3倍(100円で3ポイント)
■楽天ダウンロードで本・DVDをダウンロード購入するとポイント3倍(100円で3ポイント)

楽天ブックスでの利用が最もお得ですが。残念ながらこの特典は初年度に限られています。またポイントには期間限定ポイントが含まれるので、会員専用サイト「楽天e-NAVI」でポイント有効期限は常に確認しておきましょう。

楽天アカデミーの利用限度額

通常のクレジットカードは利用枠には幅があり利用状況によって増枠をすることもできます。しかし楽天アカデミーは学生専用ということもあってカード利用枠は10万円に固定されています。学生だけではなくパート・アルバイトや専業主婦などは10万円の利用枠というケースがほとんどです。

学生や主婦は収入がなくてもクレジットカードを発行可能という例外的な存在なので、利用枠が限定されてしまうのはある程度しかたがないことでしょう。学生の間は限定された利用枠の中で上手に使っていれば、良好なクレジットヒストリーを作ることができます。

このクレジットヒストリーは社会人になったとき好きなカードを作るのに役に立つので、そのための布石と思ってできる範囲で使いましょう。

クレジットヒストリーについてはこちらで勉強しましょう:クレジットカードのクレヒスの恐怖!ブラック・スーパーホワイトって何?どうやって回避する?

学生におすすめのクレジットカードの使い方

学生にとって、楽天アカデミーが活きる特徴をまとめてみました。

海外留学・海外旅行で活用

楽天アカデミーはもちろん国際ブランドも付いているので海外でも利用することができるので海外留学や海外旅行でも便利に使えます。海外では現金払いよりもクレジットカード決済のほうが一般的です。

日本に比べると少額利用でもクレジットカードを使うので、楽天カードアカデミーを持っていくと使い道はたくさんあります。

また渡航費用などをカード決済すると海外旅行傷害保険が適用になるので安心です。もしケガや入院をしてしまった場合、海外の医療費は日本に比べると高額になります。盲腸の手術などは数百万円かかる国も多いのです。そのため健康保険の「海外療養費」という制度がありますが、日本で治療した場合の医療費の7割しか補填できません。そういったシーンで海外傷害保険がついたクレジットカードの強みが活きてきます。

楽天アカデミーの海外旅行傷害保険は治療費用補償金額200万円なので、それをカバーするには充分でしょう。

海外留学でのクレジットカード利用に関してはこちらの記事も参考に:学生が海外留学するときのクレジットカード、オススメは?注意点は?保険の使い方は?

キャッシングの活用※辛いときだけ

楽天アカデミーにはキャッシング機能をつけることができますが、学生にはキャッシングは必要ないという意見も多くあります。しかし使い方しだいでキャッシングは学生生活の強力な助けになります。※当サイトでは、なるべくキャッシングは避けようというスタンスです。借金ですからね。

学生の辛いシーンとしては仕送り直前やアルバイトの給与支払日の前など、生活が苦しいとき。このようなシーンで短期で借り入れするにはキャッシングが便利です。ただし、必ず少額・30日以内に返済できる借り入れをすることが条件です。

キャッシング・リボ払いをすると金利負担が大きくなり、メリットどころか生活に影響が出ることもあります。特に楽天カードの海外キャッシングは自動的にリボ払いになるので、海外旅行でキャッシングは行わないようにしましょう。

楽天Edyと楽天ポイント加盟店の活用

すべてクレジットカードで決済できればポイントが貯まりますが、コンビニで数百円の買物にクレジットカードを使うのに抵抗がある場合は、電子マネーの楽天Edyを活用しましょう。楽天アカデミーには楽天Edyが標準装備されているのでこれを活用しましょう。

楽天ポイント加盟店にはコンビニもあるので、サンクス・サークルK・ポプラ・生活彩家・くらしハウス・スリーエイトが近くにあったら楽天Edyで支払いましょう。1,000円利用すると楽天ポイントカード機能(100円1ポイント)で10ポイント、楽天Edyの利用(200円1ポイント)で5ポイントが貯まります。

1,000円のチャージを楽天アカデミーでしていれば10ポイント付いているので合計25ポイントになります(還元率2.5%)。こうして3つの機能を連動させるとポイントがどんどん貯まります。

楽天アカデミーを活用するならやはり楽天グループ

楽天アカデミーの活用方法としてはやはり楽天グループで利用して、楽天スーパーポイントを貯めるのが最もお得です。今なら楽天市場で利用すると最低でも100円で4ポイントが付きます。

必要な買物はほとんど楽天市場でできるので、すべて楽天アカデミーで決済しましょう。

また、電気・水道・ガス料金・スマホ料金・プロバイダー料金といった毎月必ず支払うものをすべて楽天アカデミー決済に切り替えるだけでポイントが貯まります。

例えば毎月2万円を楽天市場で利用、3万円は公共料金のカード決済にすると、
 20,000円÷100✕4+30,000円÷100=1,100ポイント(1,100円)

現金で支払うよりも1,100円お得になります。これを毎月続けていけば1年間で13,200円にもなります。楽天市場以外でも1ポイント1円で使えるところがあるので、自分の好きなところで活用しましょう。

■1ポイント1円で使える楽天グループ

楽天市場 楽天トラベル 楽天ブックス 楽天ポイントカード加盟店 楽天デリバリー 楽天銀行 楽天ID決済 楽天MART 楽天写真館 RakutenSHOWTIME 楽天ネットスーパー 楽天車・バイク 楽天GORA 楽天ダウンロード RakutenBEAUTY RaCoupon 楽天Pay 楽天Mobile 

多くのサービスがあり、今後も拡大していくことでしょう。

■ANAマイルと相互交換

2Eポイント→1ANAマイル(50ポイント以上2ポイント単位)
10,000ANAマイル→10,000Rポイント
ra

楽天ポイント交換の詳細は、公式サイトでどうぞ:https://point.rakuten.co.jp/exchange/
※画像も上記URLからです。

楽天カードの申込みはこちらから!

年会費 永久無料
還元率 通常1%、楽天では2%以上
発行まで すぐ審査、1週間ほどで手元に。
強み 楽天サービスやnanacoなど電子マネーとの相性の良さ

クレジットカード部門の顧客満足度第一位に7年連続で選ばれました!
btn_free_regist

まとめ

楽天アカデミーは入会しやすく特に楽天スーパーポイントを貯めるためには、学生にとっては最強クラスのクレジットカードです。いつも現金で支払っているものを楽天アカデミーに切り替えるだけで、ポイントが貯まるので節約にもつながります。

しかも年会費は全くかかりません。活用方法もいろいろあるので学生におすすめのクレジットカードです。持ってない人は、ぜひこの機会に作っておきましょう。→公式サイトで詳細を見る