MUFGカード・MUFGカードゴールドの徹底紹介&学生でMUFGゴールドの審査を通すには?発行が早く所持ハードルの低いゴールドカード


三菱UFJニコスが発行しているMUFGカードとMUFGカードゴールドは、銀行系クレジットカードの中では入会しやすいクレジットカードです。特にゴールドカードは若年層向けのゴールドカードの草分け的な存在です。

今回はMUFGカードの審査はほかの銀行系クレジットカード会社とは違うのか?という疑問に答えた上で徹底的にMUFGカード、ゴールドカードの紹介をしていきます。

三菱UFJニコスの審査

三菱UFJニコスは日本信販・UFJカード・DCカードが合併してできたクレジットカード会社で、存続会社は日本信販。それぞれ合併する前のブランドのカードを発行していますが、UFJブランドはなくなりMUFGという新しいブランドになりました。これは金融グループ名と同じブランド名で、最終的にはすべてのカードブランドがMUFGになる予定です。

それではMUFGカードの審査はいったい銀行系なのか、信販系なのかということを検証してみましょう。

存続会社の影響が強い審査

合併後は会社として最も規模が大きい日本信販が存続会社となっているので、必然的に社員の人数も多く審査担当者も旧日本信販の社員が多くなります。審査システムも規模が大きい旧日本信販のシステムをそのまま使うほうが効率的なので、それを基盤にして再構築している可能性が強いでしょう。

それよりも社員は信販会社の審査を受け継いでいるので審査基準が変わっていても、信販系の審査の基本は残っているはずです。実際に発行されているクレジットカードのコンセプトも、ステータスを重んじているというよりは、より広くカード会員を募集するという傾向にあります。

銀行系の審査というよりは信販系の審査に近いと判断できます。

同じ銀行グループにはJCBがある

三菱UFJフィナンシャルグループ(MUFG)として考えてみると、同じグループ内にすでに銀行系カードブランドとして定着しているJCBがあります。それと同じタイプのクレジットカード会社にするとお互いにカード会員を奪い合うことになるので、全く同じではなく少し対象が違うクレジットカード会社にしたいと思うのが自然です。

そういった意味で同じ銀行系のカードブランドでもMUFGは信販系の特色を残したブランドという方向で進んでいます。そのためMUFGカードは古くからある銀行系クレジットカードに比べて、審査が通りやすいことがわかります。

MUFGカード一般の特長

最もスタンダードなMUFGカード一般は新しいブランドMUFGを代表するクレジットカードです。それではMUFGカード一般の特長を徹底的に紹介しましょう。

MUFGカード一般の概要

■年会費:税別1,250円。「楽Pay」に登録して年会費請求の前月までにリボ手数料を支払う利用をすると、次回年会費が半額。
■申込資格:18歳以上で安定した収入がある方
■国際ブランド:VISA・マスターカード・JCB
■利用可能枠:10~40万円
■ポイントサービス:「MUFGカードグローバルポイント」
■海外旅行傷害保険:カード利用条件付き(利用付帯)。最高2,000万円の補償。
■ショッピング保険:年間100万円限度
楽Payは毎月の支払金額を自分で決めることができる自動リボ払いサービス。
月1万円に設定した場合、15,000円の利用があると1万円には手数料がかかりませんが、翌月に繰り越した5,000円にリボ手数料がかかる仕組みです。
つまり設定金額以内の支払であれば、1回払と同じように手数料無しで利用することができます。

ポイントサービスの詳細

■1ヶ月の利用金額合計に対して1,000円1ポイントを付与。ポイント還元率0.4%~0.5%。
■ポイント有効期限24ヶ月
■グローバルPLUS
 1年間のショッピング利用金額に応じで次年度のポイント付与をアップ。
 50万円以上100万円未満 1.1倍
 100万円以上 1.2倍
■POINT名人.com
 会員専用のインターネットショッピングサイト。POINT名人.com経由で買い物をするとポイントを加算。
■ポイント交換
 商品交換のほかにキャッシュバック、ポイント交換がある。
 ・キャッシュバックは500ポイント2,000円。 
 ・楽天スーパーポイント、Tポイント、Pontaなどに移行。500ポイント→2,500ポイント(還元率0.5%)

海外旅行傷害保険の補償金額

■死亡後遺傷害2,000万円
■治療費用100万円
■賠償責任2,000万円
■携行品損害20万円(1旅行)、自己負担3,000円、年間100万円限度。
■救援者費用100万円
本カード会員も家族カード会員も補償金額は同じ。
ツアー代金や航空機運賃をカードで決済すると保険が適用される利用付帯。

MUFGカードゴールドの特長

18歳以上から申込可能なMUFGカードゴールドは、最も入会しやすいゴールドカードです。MUFGカードゴールドの特長を解説しましょう。

MUFGカードゴールドの概要

■年会費:税別1,905円。「楽Pay」に登録して年会費請求の前月までにリボ手数料を支払う利用をすると、次回年会費が半額。
■申込資格:18才以上で、本人または配偶者に安定した収入のある方(学生除く)
■国際ブランド:VISA・マスターカード・JCB
■利用可能枠:10~200万円
■ポイントサービス:「MUFGカードグローバルポイント」
■海外旅行傷害保険:自動付帯。最高2,000万円の補償。
■国内旅行傷害保険:利用付帯。最高2,000万円の補償。
■ショッピング保険:年間100万円限度
■国内渡航便遅延保険:最高2万円

ポイントサービスの詳細

基本的なサービス内容はMUFGカード一般と同じなので、ゴールドカードだけのサービスをご紹介します。
■グローバルPLUS
 1年間のショッピング利用金額に応じで次年度のポイント付与をアップ。
 50万円以上100万円未満 1.2倍
 100万円以上 1.5倍
■アニバーサリーポイント
 カード申込時に登録したアニバーサリー月にカード利用するとポイントが1.5倍。
■プレミアムスタープログラム
 年会費の支払、カードの年間利用金額50万円で星が一つ貯まり、5つになると「プレミアムBONUS」がもらえるサービス。
 星は年会費の支払で一つ、50万円以上の利用で一つ付くので年間最大2つの星がつきます。
 プレミアムBONUSは星が5つ貯まった前年の利用金額が50万円以上100万円未満の場合、前年獲得した基本ポイントの10%。100万円以上は20%。
 星5つ貯まるとその権利はカード会員である限り継続します。

付帯保険の詳細

■海外旅行傷害保険
・死亡後遺傷害2,000万円(100万円)
・治療費用200万円(20万円)
・賠償責任2,000万円(100万円)
・携行品損害20万円(10万円)(1旅行)、自己負担3,000円、年間100万円限度。
・救援者費用200万円(50万円)
※前年の年間利用金額が20万円未満の場合補償金額は()内。

■国内旅行傷害保険
 ・死亡後遺障害 2,000万円
 ・入院保険金(日額) 3,000円
 ・通院保険金(日額) 2,000円
 ・手術保険金 3,000円✕(10~40倍)

■国内
・海外渡航便遅延保険
・乗継遅延費用保険金(客室料・食事代) 2万円限度
・出航遅延費用等保険金(食事代) 1万円限度
・寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等) 1万円限度
・寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等) 2万円限度
※国内旅行傷害保険と国内渡航便遅延保険はカードで旅行費用を支払うことで保険が適用される利用付帯です。

主婦や学生も入会できる?

MUFGカードゴールドの入会基準は「18才以上で、本人または配偶者に安定した収入のある方(学生除く)」となっているので、これをみる限り主婦も申込可能です。
申込者に収入がなくても配偶者に安定した収入があれば申し込みできるので、明らかに主婦も対象としていることがわかります。

しかし、学生に関しては明らかに「学生除く」と記載してあるので対象外です。考えられる可能性としては、アルバイトをしている場合です。
同じバイト先に長く勤務していれば学生でもMUFGカードゴールドを作れる可能性はあります。申込時に学生ではなく「パート・アルバイト」を選択しても申し込んでみましょう。

三菱UFJニコスのカード発行は最短翌営業日

MUFGカードやMUFGカードゴールドも含めて、三菱UFJニコスのカード発行は最短で翌営業日となります。銀行系クレジットカードとしては最もカード発行までが短いシステムです。
日本信販時代から即日発行をしていましたが、当時は支店や営業所で審査をして店頭でクレジットカードを渡すという方法でした、しかし三菱UFJニコスになってからは支店も統合して即日発行できる状況ではありません。それではどうやって最短翌日発行しているのでしょうか?

基本的にはオンライン申込で当日審査完了してカードを発送するという流れになりますが、翌営業日に届くかどうかはいくつか条件があります。

■最短翌営業日発行の条件
・国際ブランドはVISA・マスターカード。JCBは最短2営業日後。
・オンライン申し込み完了時間が午前9:00まで。
・ゆうメール簡易書留でカード発行するので、1日で配達が完了できる地域に限る。
以上の条件を満たせばよく影響日からクレジットカードが使えることになります。しかし、翌営業日ではなくても一般的な銀行系クレジットカードよりは早く手元にクレジットカードが届くのは間違いありません。

まとめ

MUFGカードとMUFGカードゴールドは銀行系クレジットカードにも関わらず、入会しやすくクレジットカードが手元に届くまでが早いおすすめのクレジットカードです。特にMUFGカードゴールドは空港ラウンジサービスといったゴールドカード特有のサービスはありませんが、ポイントサービスは銀行系の中では突出したサービスを提供しています。

グローバルPLUS、アニバーサリーポイント、プレミアムスタープログラムなどのポイントサービスは重複して受けることができます。また、ファイブスターメンバーは年間50万円の利用を続けていれば3年で達成できて権利はずっと継続します。

このようにポイントプログラムに特化されたお得なクレジットカードなので、学生や主婦でも申込にチャレンジしてみましょう。


失敗しないクレカ選びのポイント!

creca_footer_link