クレジットカード豆知識

学生しか申込みができない学生専用クレジットカードとは?

学生専用クレジットカードとは

学生専用クレジットカードとは、高校生を除く満18歳以上の方で、大学・短期大学・専門学校に在学中の方を対象に発行されるクレジットカードです。発行時の年齢制限は25歳までに設定されていることが多く、また、予備校や語学学校、認定外の専門学校の在学生の方は申し込み対象外とされていることが多いようです。

入会審査は、アルバイトが主な収入源の学生本人ではなく、基本的には学生の親権者の方が審査対象となります。一部のカードでは、大学・短大・専門学校に在学しているということで世帯にある程度の収入があると判断し、詳細な収入状況を調査しないケースもあるため、一般的なクレジットカードと比べると、とても入会しやすいのが特徴です。

学生専用クレジットカードのメリット

学生専用クレジットカードのメリットは、通常では年会費が有料の銀行系カードなどでも年会費が無料もしくは減額で利用できること。また、年会費無料では通常付帯されないショッピング保険や海外旅行保険が自動的に付帯されていることです。また、ライフカードのように学生専用カード限定のキャッシュバックサービスなどが付加されていることもあります。こうした特典により、通常のクレジットカードに比べて大変お得な仕様になっているのがこの学生専用カードのメリットといえます。

学生専用クレジットカードのデメリット

では逆に学生専用クレジットカードのデメリットは何でしょうか。デメリットはずばり利用額の枠が少ないこと。カード会社にもよりますが、通常は入会時の利用限度額は10万円程度に設定されていることが多いようです。また、キャッシングについては3~5万円程度が一般的です。

なお、学生専用ではない通常のクレジットカードでも、学生本人が申し込む場合、利用限度額は30万円程度に設定されることが多いようです。
ただ、見方を変えれば、学生が身の丈を超えたショッピングをしてカード破産をしたり、カードの支払いのために学業そっちのけでアルバイトに打ち込むような事態にならない良心的な限度額と考えられます。そのように解釈すると、利用枠が少ないことは必ずしもデメリットとはいえないかもしれません。

まとめ

学生専用クレジットカードは18~25歳の学生(高校生や一部認定外専門学校や語学学校を除く)であれば、簡単な審査で手軽に発行できるクレジットカードです。限定の特典も多く、とてもお得に使っていただけるのがメリットですが、利用枠が少ないのがデメリットとなっています。しかしながら、身の丈に合ったショッピングや旅行を楽しむにはちょうどいい設定ともいえます。学生である今だけしか手にできない期間限定のクレジットカードですので、ぜひ手に入れてお得なサービスを楽しみ、そして計画的に利用してくださいね。

学生だからこそ、クレジットカードは還元率で選ぼう!

ポイント還元を甘く見ていませんか?

クレジットカードを選ぶときにはポイントを重視するべきとよく言われますが、そんなの全然興味がないという方もいると思います。おそらくそういう方はクレジットカードに限らず、とにかくポイントを軽く見ている傾向があると思いますので、ここでちょっと注意喚起です。ポイントって大きいですよ。

見方を変えてみましょう。ポイントとか還元という表現を使うと、どうしても家電量販店の「10%ポイント還元」などのイメージが強く、クレジットカードの1.0%還元がどうしてもしょぼく見えてしまっていると思います。

でも、還元率1.0%ではなく、利回り1.0%と考えるといかがでしょうか。現在の預金金利はネット銀行の10年物定期預金でも約0.25%です。10年も使えない状態で置いておいてもその程度ですよ。それに比べたらクレジットカードのポイント利回り1.0%って金融商品としてとっても優秀だと思いませんか?ちょっとむずかしいかな。100万円使ったら1万円返ってくるって、結構すごいことなんですよ?
buy-cash-coins-2116-528x350

お金って腐るんですよ

実はあまり知られていないのですが、お金って腐るんですよ。これは10円玉に青カビが付くとか千円札が腐食してくるとかそういうことではなく、今まで1万円だったものが、気が付いたら9,700円の価値になっていたということです。これって、1万円が300円分腐ったと考えられないですか?

たしかにそれならお金が腐ったと言えるけど、実際にそんなこと起こるの?と思う方もいらっしゃると思いますが、実際に起こりましたよね、つい最近。そうです。消費税の増税です。今まで10,500円で買えていたものが10,800円出さないと買えなくなりました。

これは勝手にお金の価値が下がった、つまりお金が腐ったと考えられないでしょうか。ちなみに、消費増税はこれで終わりではなく、近い将来さらに2%増税されて消費税10%になることが見込まれていますよね。加えて日銀は物価上昇目標を2%と設定しています。

つまり、今後は何もしなくても自動的に手持ちのお金は4%腐ってしまうんです。
これは大変なことですよね。

100-bank-notes-bills-2099-476x350

ではどう対抗するか

それでは、この増税と物価上昇にはどのように対抗していけばいいでしょうか。収入を上げるというのももちろん手だと思いますが、普段の買い物に付加価値をつけて対抗するのはいかがでしょうか。いままで現金で支払っていたものをクレジットカードの支払いに買えるだけで、今度は自動的に1.0%程度収入が増えることになります。

まとめ

人はお金を使い続けないと生きてはいけないですから、それならお金を使うこと自体に付加価値を乗せてしまいましょうというのが、ポイントにこだわるべき一番の理由です。
学業に専念すべき学生の方にこそ、高還元率にこだわったクレジットカードを利用して賢く腐るお金に対抗していただきたいと思います。

学生のクレジットカード発行は審査が緩いって本当?

PAK93_maxsquer20140531500-thumb-1050x700-4961

いきなり結論ですが、実は審査は厳しいですよ

学生のクレジットカード発行の審査は緩いとよくいわれますが、実は審査は厳しいですよ。

なぜかというと、学生は定職についていないし、自分名義の持ち家もない。つまり固定の収入も資産もないので、普通に考えればクレジットカードの審査に通るわけがないですよね。

では、なぜ世間では学生のクレジットカード発行は審査が緩いと思われているのでしょうか。それは、審査のときに学生本人ではなく、世帯収入が審査されているからなんですね。つまり、クレジットカード会社としては、信用力は学生本人にではなく、その世帯の稼ぎ頭である親の信用力をみているんです。

なので、学生のクレジットカード発行の審査は緩いかという質問の答えは、学生本人しか審査されないなら非常に厳しい。でも世帯収入を審査してくれるなら審査は比較的緩い。ということになります。そのため、学生専用のクレジットカードは申し込めても通常のクレジットカードを申し込んだら審査が通らないという事態が起こるわけです。

そもそもクレジットカードとは何か

では、そもそもクレジットカードとは何でしょうか。クレジットとは「信頼」という意味の言葉です。つまり、何かの代金を支払う際に、クレジットカードの発行会社が、このカードの所有者はきっとあとでこの代金を支払ってくれるという信頼をベースに後払いを認めてくれていることになります。

なので、カードを申し込む時は、その人と世帯の収入や資産状況に加えて、他のカード会社での支払い遅延がないかも審査されることになります。最近では携帯電話の購入の時に端末代金を割賦契約することが多くなりましたよね。これも広い意味でのクレジット的な支払い方法になるので、カードの申し込みの際は携帯電話の支払い状況も厳しくチェックされるようになっています。

そのため、最近では少なくなりましたが、携帯電話の料金をコンビニ払いされている方は、支払い遅延に特に注意してください。支払い遅延があるとクレジットカードが申し込めなくなるリスクがありますよ。

審査についての簡単なまとめ

クレジットカードがどのような信頼をベースに発行されているか簡単に説明させていただきました。それを踏まえていただくと、学生だからといってクレジットカードの発行審査が緩いというわけではないということが理解できたと思います。

結論、「学生のクレジットカード発行は審査が緩いって本当?」という質問の答えはこうです。

学生本人が審査されればもちろん厳しい。なので通常のクレジットカードを作るのは難しい。しかし、学生専用クレジットカードであれば世帯収入が加味されるので比較的容易にカードが発行される。ただし、本人の携帯電話料金の支払い遅延には注意。

以上でした!

学生カード・年齢制限カードって何?実はメチャメチャお得!!

学生カードって何?

学生カードや年齢制限カードって聞いたことがありますか。その名の通り、学生だけが作ることができるカードや○○歳以下の人のみが申し込みをすることができるカードのことです。カード会社からしたら、将来の顧客である学生はぜひとも今のうちにかこっておきたいもの。そのため、サービスがとっても充実していることが多いのです。

大学生といえば、勉強に遊び、サークルにバイトととても忙しいですよね。お金がかかる機会も高校生の時に比べると非常に多くなります。学生にクレジットカードなんてまだ早いと思う方も多いかもしれませ。しかし、今の時代はカードがあれば便利どころか、カードを持っていて助かったと言う機械のほうが多いのです。

具体的な学生カード

例えばライフカードは学生専用のカードを作っています。その名も「学生専用ライフカード」です。このカードの特徴は、なんといっても海外旅行費の5%キャッシュバックです。これは通常のライフカードにはない、学生専用カードのみのサービスです。海外旅行といえば、どんなにお金を節約しても5万円~10万円ほどかかってしまいます。そのため5%のキャッシュバックでも2,500円~5,000円ほどのキャッシュバックを受けることができます。さらには旅行傷害保険が付帯しており、最大で2,000万円の保障を受けることができます。盗難・紛失の保障もされており、初めての海外旅行も安心です。これだけお得な機能が付いていても年会費は無料。ポイント還元率も高く、誕生日月にはポイント5倍のキャンペーンも行っています。入会特典で最大7,000ポイントプレゼントもあります。

>>ライフカードのお申込みはこちら!

もう1枚紹介しましょう。JALが発行する「JALカードnavi」です。18歳以上30歳未満の学生の方のみが申し込むことができる限定のカードです。通常のJALカードであれば、2,000円の年会費が必要になりますが、このカードは在学中は年会費無料。買い物をしてマイルをためることができる「ショッピングマイルプレミアム」も無料で利用することができます。さらには語学検定で一定の成績を収めたり、留学、卒業時にはボーナスマイルが付与されるなど、面白いサービスもあります。勉強を頑張るほどお得になる、まさに学生向けのカードです。

【今さら聞けない!】VISA・MasterCard・JCBって何?どれを選べばいいの?【超初心者でも大丈夫!】

VISA・MasterCard・JCBって何?

店頭やオンラインショップで買い物する際に、カードでの支払いの決済機能を提供している会社を指します。簡単にいうと、カードの右下に印字されているロゴマークのことです。一般的にクレジットカードの国際ブランドと呼ばれ、この他にもAmericanExpress(通称:アメックス)とDiners Club(ダイナースクラブ)を合わせて5大国際ブランドとも言われています。

また、これは補足説明になりますが、VISA・MasterCard・JCB・AmericanExpress・Diners Clubに中国銀聯(ちゅうごくぎんれん)、Discoverの2社を加えて7大国際ブランドと言われることもあります。

「国際ブランド」を理解しよう

国際ブランドとは24時間世界中どこでも利用可能な決済システムを提供している会社のことです。前述したとおり、VISA・ MasterCard・JCB・AmericanExpress・Diners Clubのほか、中国銀聯(ちゅうごくぎんれん)、Discoverの2社を加えて全部で7社あります。

さらに、国際ブランドは大きく2つのカテゴリに分けられます。ひとつは、決済機能の使いやすさにこだわった「決済カードブランド」で、VISA・MasterCardがこれに当てはまります。もうひとつが、旅行先での保険やサービスデスクといった会員向けサポートを重視した「T&E(Travel & Entertainment)カードブランド」で、JCB・AmericanExpress・DinersClubがこれに当てはまります。

会員数・加盟店舗数では「決済カードブランド」のVISAとMasterCardの2大ブランドが圧倒し他をしのいでおり、国内外問わず利用の幅が広いのが特徴になっています。

VISA・MasterCard・JCBの違いってなに?

大きな違いは「加盟店の違い」が挙げられます。加盟店の違いというのはつまり「使えるお店の違い」です。クレジットカードが利用できるお店は限りがあって、全部のカードが使えるとは限りません。それぞれの国際ブランドと提携した加盟店でなければ利用できません。ですから、JCBは使えるけれどもVISAは使えないというお店はありますし、その逆もあります。

こういった背景から、クレジットカードを持つ時は、一つの国際ブランドに集中してもつのではなく、たとえば3枚のクレジットカードを持つなら国際ブランドはバラバラに分散させておいた方が便利です。ブランドを3つに分けて持っていれば、クレジットカード払いを受け付けているお店ならだいたいどれかのカードで使えるようになります。

どのブランドが良いの?:だいたいはどれを選んでも大丈夫!

正直、どの国際ブランドを選んでも大きな差はほとんどない世の中になってきています。

海外旅行に行きたい人は、VISAブランドのカードを持っておこう

国際シェアNo.1はVISAカードです。三井住友VISAカードが国内では有名ですね。海外旅行での買い物などは、基本的にVISAを持っていれば安心です。

前述の通り、会員数・加盟店舗数では「決済カードブランド」であるVISAとMasterCardの2大ブランドが圧倒的な人気を誇っており、国内外問わず利用の幅が広いのが特徴です。海外旅行の出発前にカード作りで迷ったら、この2つのブランドのどちらかを選ぶと間違いないと思います。国内での利用がほとんどという方であれば、JCBの方が様々なキャンペーンがあるのでメリットは大きいですね。

ちなみに、VISAとMasterCardの2社は決済機能のみを提供しており、クレジットカード自体は発行していません。一方、JCB、AmericanExpress、DinersClubなどの国際ブランドは自社でクレジットカードを発行しており、「プロパーカード」と呼ばれます。プロパーカードは、他のカードに比べてステータス性やサービス性が高いのが特徴です。

国内No.1シェアのJCBは国内最強も、海外ではちょっと力不足か

日本では、クレジットカードが使えるお店であればJCBが使えないという事はまずありません。日本人なら一枚持っておいて損はないでしょう。ただ海外で使えない店舗があったり、海外のネット通販サイトで使えないことがあります。

筆者も、JCBカードしか持ってなかった頃にJCB非対応のネット通販に当たって悔しかったことがあります。。。

VISA・MasterCard・JCBそれぞれの特徴

VISA

VISAは、「Value Issuer Service Area」の頭文字を取ったもので、1958年にバンク・オブ・アメリカにより創業されたのが始まりで、本社はアメリカにあります。国際決済業務では世界第1位。VISAカードとは、VISAがライセンシングした企業が発行したカードを意味しており、VISA独自でカードを発行していません。国内ではVISAカードの代名詞ともいえる三井住友VISAカードもライセンスを受けた会社のひとつです。クレジットカード以外にも、デビットカード、プリペイドカードのサービスを提供しています。国内でクレジットカードが使える場所は、ほぼ間違いなくVISAは利用可能と考えていいでしょう。

MasterCard

MasterCardは、VISAに次ぐ世界2位の決済業務会社です。ドイツの「EuroCard(ユーロカード)」との合併によりスタートしたため、ヨーロッパ圏で強いと言われていましたが、現在ではVISAの使用範囲とほとんど変わりません。MasterCardもVISAと同じく本社はアメリカです。

VISAと同様、MasterCardはクレジットカード自体では発行せず、ライセンシングした企業がカードを発行しています。国内では、三井住友カード会社がVISAとMasterCardを取り扱っている関係で、使用可能店舗はVISAの使用範囲とほとんど同じと言われています。

JCB

1961年創立の株式会社日本クレジットビューロー(JCB)が発行しています。中国の銀聯カードが登場するまで、アメリカ系以外では唯一の国際ブランドでした。韓国、台湾、シンガポールなどアジア諸国ではVISAやMasterCardと同様に使えます。日本人がよく訪れるハワイやグアムなども利用が可能です。

世界的観点から見るとJCBはVISAやMasterCardに比べ、使用しづらいカードとなっていますが、海外から日本語のサポートが受けられるなど、日本人にとって利用価値が高いカードなんです。JCB自体もクレジットカードを発行しており、サービスやサポートが充実しているのが特徴です。日本人なら持っておきたいカードと言えますね。

また、意外にも知られていませんが、JCBはAmericanExpressと提携しており、JCBとAmericanExpressは互いの加盟店でカード決済を利用できます。しかし、海外のAmericanExpress加盟店でJCBを使う場合、提携して使える旨を現地語で説明するケースが出てくるかもしれないので注意が必要です。

ブランド分散して持っておくと便利

これまで書いてきた内容のように、海外店舗や一部ネットサービスでは使えないブランドがあります。クレジットカードを複数枚発行する場合は、国際ブランドを分散をしていくと良さそうです。海外に行く方は、上記3ブランドを1枚ずつ持っているといいですね。

もっと詳しく、クレジットカードの全体像を勉強したくなった人はこちら。
クレジットカードを初めて作る学生でも大丈夫!そもそものクレジットカードの仕組みを徹底解剖。