クレジットカードの使い方

Suicaと一体型のクレジットカードで通学を楽に!おすすめ交通カード総まとめ

view

ポイントを効率よく貯めるにはSuica一体型カードがおすすめ!

クレジットカードのポイントをより多く貯めるには、できる限り決済を現金にしないのがポイントです。だからといってコンビニでもクレジットカードというのはちょっと抵抗が・・・という方にはSuica一体型クレジットカードがおすすめ。コンビニのような少額決済のお店ではピッとSuicaで決済すれば現金を使わずポイントが貯められます。なお、ポイントが加算されるのは決済のときではなくチャージをしたときなので、特定の商品ではポイント対象外という事態にもならずに効率よくポイントを貯めることが可能です。

Suica一体型クレジットカードまとめ

では、Suica一体型クレジットカードにはどのようなラインナップがあるのでしょうか。ここでは代表的なカードを紹介いたします。

JR系カード3種

ビュー・スイカカード

日本初のSuica一体型クレジットカードでのビュー・スイカカード。なんと普通のSuicaだけではなく定期券にもできてしまいます。定期部分はカード裏面の一部にコンパクトに印字されるのでなんともおしゃれな感じです。そして、ビュー・スイカカードからSuicaにクレジットチャージしたときのポイント還元率がなんと1.5%と大変お得なカードとなっています。

  • 年会費:477円(税抜)※明細をWEBにすると年間で600円相当のポイント付与あり。
  • 還元率:0.5%。Suicaチャージ時は3倍の1.5%。
  • 学生申し込み:可能

ビックカメラSuicaカード

こちらもJR系のカードですが、家電量販店のビックカメラとの提携カードです。通常のビューカードとの一番の違いは年会費が無料なこと。ただし定期券機能は付加できません。そのため、定期券機能が必要なければ年会費がかかるビューSuicaカードよりもこちらのビックカメラSuicaカードの方がおすすめ。ポイント還元率も通常で1%還元とお得になっています。

  • 年会費:無料
  • 還元率:通常1.0%。Suicaチャージ時1.5%。
  • 学生申し込み:可能

ルミネカード

JRグループが運営するショッピング施設ルミネとの提携カード。定期券機能が付加できるビューSuicaカードにルミネでの割引特典を追加した大変お得なカードです。年会費は953円とちょっと高めですが、ルミネでの割引特典が手厚いので普段ルミネを利用する方なら十分にペイできるカードです。

  • 年会費:953円(初年度無料)
  • 還元率:0.5%。Suicaチャージ時は3倍の1.5%。
  • 学生申し込み:可能

航空系カード2種

ANA VISA Suicaカード

カードの利用でマイルが貯まるANA VISA Suicaカード。貯まったマイルはSuicaに移行できるのでお得に利用できます。特に学生の方は旅行や帰省の機会が多いケースがあるのでオススメです。

  • 年会費:2,000円
  • 還元率:約1%
  • 学生申し込み:可能

JALカードSuica

カードに利用でマイルが貯まる航空系カードのJAL版がこのJALカードSuica。マイルのSuica移行ができるので効率的にお得な状態が作れます。自分が普段どの航空会社を利用することが多いかよく検討してJALとANAを選択してください。

  • 年会費:2,000円(初年度無料)
  • 還元率0.5%~1.5%
  • 学生申し込み:可能

銀行系カード3種

みずほSuicaカード

クレジットカード・キャッシュカード・Suicaの3つの機能が1枚になっているカードでお財布もすっきり。みずほ銀行のATM利用のときは時間外手数料が無料になる特典もありお得です。

  • 年会費:500円(初年度無料。翌年以降も年間10万円のクレジット利用で年会費無料)
  • 0.5%~1.5%
  • 学生申し込み:可能

スーパーICカードSuica「三菱東京UFJ-VISA」

クレジットカード、キャッシュカード、Suicaの3つの機能が1枚になっているカードです。クレジットカードの利用のほか、銀行サービスの利用でポイントが貯まります。また、クレジットの利用が1度でもあれば三菱東京UFJ銀行のATM手数料が何度でも無料という特典が付いています。

  • 年会費:無料
  • 還元率:0.5%
  • 学生申し込み:可能

SMBC CARD Suica

クレジットカード、キャッシュカード、Suicaの3つの機能が1枚になっているカードです。貯まったポイントはSuicaへチャージできるほか、ANAのマイルにも移行できるので旅行や帰省の多い学生の方にはオススメです。

  • 年会費:1,312円
  • 還元率:0.5%
  • 学生申し込み:可能

Suica 一体型カードには2種類あった!

Suica 一体型カードはType1 と Type2 の2つのTypeがあります。Type1は以下の17種類、Type2は以下の8種類です。

▼Type1

  1. ビュー・スイカカード
  2. ビュー・スイカ リボカード
  3. 大人の休日倶楽部ジパングカード
  4. 大人の休日倶楽部ミドルカード
  5. ルミネカード
  6. JALカードSuica
  7. ビックカメラSuicaカード
  8. めぐり姫ビューカード
  9. ジェクサービュー・スイカカード
  10. グランデュオカード
  11. フェザンカード
  12. ペリエカード
  13. TYOビュー・スイカカード
  14. のんびり小町ビューカード
  15. アトレビューSuicaカード
  16. weビュー・スイカカード
  17. エスパルビュー・スイカカード

▼Type2

  1. 横浜バンクカードSuica
  2. ANA VISA Suicaカード
  3. みずほマイレージクラブカードセゾンSuica
  4. SMBC CARD Suica
  5. Yahoo! JAPANカードSuica
  6. スーパーICカードSuica「三菱東京UFJ-VISA」
  7. イオンSuicaカード
  8. TOYOTA TS CUBIC VIEW CARD

ここでType1とType2の違いですが、大きな違いは以下の3点です。

1.カードの発行元が違う!

Type1は、(株)ビューカードが発行するビューカード、Type2は、提携他社の発行するビューカードになります。

2.ポイントの付与先が違う!

Type1は、(株)ビューカードのビューサンクスポイント、Type2は、提携先のポイントが付与されます。

3.クレジットカードからSuicaへのチャージ時のポイント付与率が違う!

Type1は、1.5%(通常の3倍!)で、Type2は、各カードの付与率によりますが、通常は0.5%以下です。

他にも利用できる機能やサービスがType1とType2と一部異なります。ビューカードのサイトまたは提携会社のホームページで確認してみてください。TYPE1とTYPE2のカードはポイントの付与先が違います。TYPE1はビューサンクスポイントがたまり、Suicaへのチャージ時のポイント付与率が1.5%(通常の3倍)と高いのが特徴です。

Suica チャージでポイントためるなら、ポイント付与率1.5%の Type1 を選びましょう。ショッピングでもSuicaチャージでもポイントを稼げる人気カードは「ビックカメラSuicaカード」。定期券機能付のクレジットカードならビュー・スイカカードを選びましょう。

ライフスタイルに合わせてカードを選ぼう!

通学で利用する

毎日使う定期券が付帯可能なクレジットカードを選ぶのがベストです。学生で、通学に毎日電車を利用する人なら、必ず発生する定期券の購入やオートチャージでもポイントが貯まるので相性はぴったりだと思います。ランチや休憩時の買い物もSuicaで支払えば、通学には定期券機能を付帯したSuica付帯のクレジットカード1枚でOK。お財布要らずでらくちんです。

社会人になっても通勤で使えるから便利ですよね。

提携カードによく利用する店舗がある

イオン・ルミネ・ビックカメラのいずれかを利用する機会が多い人なら、提携のカードを選ぶと利用するたびにお得な特典があるのでおすすめです。Suicaの機能自体にはほとんど差がないので、自分のライフスタイルを考えて、買い物の割引サービスやポイントUPなど特典が受けやすいクレジットカードから選ぶとお得度が断然違います。

飛行機利用の旅行や出張が多い方に

社会人の方は、飛行機の利用頻度で選ぶのもアリです。国内外問わず、飛行機を利用した旅行や出張の機会が多い人にはマイルが貯まる航空系のSuica付帯のクレジットカードを選びましょう。ショッピングなどで貯まったポイントはマイルとSuicaどちらへの移行も可能になります。国内・海外旅行向けの補償や優待サービスが付いて安心・お得です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。Suica一体型クレジットカードにはたくさんの種類があるので、ぜひライフスタイルに合わせて選んでみてください。交通費は月単位で集計するとかなりの出費になることが多いですので、アクティブな方は特にポイントが効率よく貯められるSuica一体型カードが断然おすすめです。

また、ポイントを貯めるために現金をあまり使わずに生活するためには、少額決済用に電子マネーを用意するのは必須です。それにはこれらのSuica一体型クレジットカードが最適ですのでぜひ検討してみてください。

クレジットカードが盗難・紛失した!こんなときどうする

クレジットカードの盗難・紛失時にまずやるべきこと

クレジットカードを盗難・紛失されたことはありますでしょうか。おそらくクレジットカードを盗難・紛失するときは、財布ごとどこかに置き忘れていたり、バックごと盗まれてしまったりなど、クレジットカードだけの被害ではないので相当なショック状態になると思います。そのような場面では冷静な判断がつかないとは思いますが、クレジットカードはモノや現金と違って対処をしないと被害が拡大してしまうもの。そのため、ある程度のパニック状態でも、まずはこの2点を早急に進めてください。

  1. 一刻でも早いカード会社への連絡
  2. 警察への被害届

まずカード会社に連絡することでカードの利用を止めることができますので被害の拡大を防げます。財布ごと無くなっている場合は複数のカード会社に連絡する必要があるかと思いますが、頑張りましょう。そして、忘れてはいけないのが警察への被害届です。これをしないと不正利用があったときのカード会社からの補償が受けられません。また、補償を受けるためには警察から発行される届け出番号が必要になりますので必ず控えておくようにしてください。

まずはカード利用停止!

まだまだあります。やるべきこと。

カードの利用を止めたあとは1週間から3週間程度で新しいカードが届きます。ここで注意していただきたいのが、この新しいカードは盗まれたカードを再発行したものですが、これまでのカードとは全くの別物だということです。そのため、公共料金・携帯電話などの支払いや、ネットショッピングの決済カードの設定はすべて設定し直しとなりますので注意しください。支払いができていないことに気が付かずに延滞料を請求されたり、もしくはサービスが止められたりする可能性があります。

クレカ自動引落し再設定を!

まとめ

クレジットカードの盗難・紛失がわかったら、まず真っ先にするべきはカード会社への連絡です。それによって不正利用の拡大を止めることができます。また、万が一不正利用があったときにカード会社からの補償を受けられるように同時に警察へ被害届も出しておいてください。そもそも論ですが、財布やバックを無くしたり盗まれたりしないようなリスク管理は、クレジットカードに限らず重要なことです。ぜひ意識して日々暮していただければと思います。

リボ払い・分割払い・一括払いって何?リボ払いは注意!できる限り一括で支払いしよう!

名称未設定-1

カードの支払い方法で目にするリボ払い・分割払い・一括払いとは?

クレジットカードの支払いでよく目にする「リボ払い」「分割払い」「一括払い」。一括払いと分割払いの違いはわかるけど、リボ払いについて説明するように言われるとちょっと難しいかもという方も多いのではないでしょうか。そこで、ここではそれぞれの支払い方法の違いについて見ていきます。また、手軽さがくせになってついつい頼りがちになってしまうリボ払いの注意点についても説明しますので、ぜひ確認をしてみてください。

リボ払いってなに?

リボ払いとは、正式には「リボルビング払い」といい、「月々の支払額+手数料」を毎月支払っていくという支払方法のことです。

ここでいう「月々の支払額」は一定額で、すべて元金の支払いにあてられます。また、ここでいう「元金」とは、リボ払いで買い物した分の利用残高のことを指します。まだピンとこない方も多いと思うので、次の章から詳しく説明していきます。

リボ払いと分割払いの違い

支払い方法にはそもそもいくつか種類がありますね。

大きく分けると4種類あり、「リボ払い(リボルビング払い)」「分割払い」「一括払い」と、学生にはあまり関係ありませんが「ボーナス一括払い」というものがあります。
そのうち、一括払いとボーナス一括払いは金利手数料はかかりませんが、分割払いとリボ払いは金利手数料がかかってきます。

実は、分割払いとリボ払いの2つはどちらも支払いを何回かに分割するという点では共通しています。では、リボ払いと分割払いの違いは何でしょうか。何が違うのかというと、分割の方法なんです。分割払いでは、利用者は分割する回数を指定します。一方の、リボ払いの場合は、利用者は毎月支払う金額を指定します。

例えば、、、30,000円のショッピングをしたときのケースで見てみましょう。

分割払いのケース

まず、分割払いの場合は回数を指定しますので、2回払いであれば1回の請求が15,000円+手数料になり、3回払いであれば1回の請求が10,000円+手数料となります。

リボ払いのケース

ではリボ払いの場合はどうでしょうか。リボ払いの場合は支払う金額を指定するので、1回の支払いを10,000円に設定すれば、支払い回数3回+手数料となり、15,000円に設定すると支払い回数2回+手数料となります。

なお、リボ払いの場合は分割払いと異なり、毎回の買い物で1回あたりの支払い金額を設定するわけではりません。カードごとにリボ払いをした場合の1回ごとの支払い金額を設定します。そのため、仮にあるカードでのリボ払いの支払い金額を5,000円と設定した場合は、今月に20,000円のショッピング、翌月は30,000円のショッピングと利用を重ねたとしても、毎月の支払い額は設定した5,000円のみに固定されます。

つまり、簡潔にリボ払いを説明すると、商品やサービス代金を一括で払うのではなく、毎月の支払金額を一定額に抑えて、数か月かけて支払う方法のことです。

リボ払いはカード会社にとっては嬉しい!?

そもそも、クレジットカード会社の収益は大きく「加盟店からの手数料収入」と「カード利用者が分割・リボ払いすることによる金利・手数料収入」の二つからなっています。そのうち、カード利用者からの金利・手数料収入を最大化するための仕組みが「リボ払い」なんです。そのため、リボ払いはクレジットカード会社にとっては収益源となるため「どんどん使ってほしい」支払方法ということです。

テレビCMなどでリボ払いはスマートだ、というような内容のものを作ったり、リボ払いにすればポイントがたくさんもらえるといったような特典をつけたりするのは、金利や手数料で儲かるからという理由があるからです。リボ払いはカード会社にとって大きな収益源だということですね。

「でも、キャンペーンを利用する方が結局お得になるんじゃない?」と思う方もいるかもしれません。しかし、こうした「特典」というものは多くのケースで、リボ払いにすることによる金利・手数料にあっさりと飲み込まれてしまいます。たとえ1%ポイントが増えても、その残高に15%もの高い金利(手数料)がかかるのであればそんなメリットは一瞬で消えてしまうことでしょう。

もし、リボ払い専用カードを利用してリボ払いカードの特典だけを得たいのであれば、原則として月々の最低支払金額を高額にして事実上の1回払いにするという方法をとるようにすると本当にお得に利用することもできます。(中級者~上級者向けテクニックです。手続きが必要なため面倒です。)

あくまで安易な考え方でリボ払いを利用するのは良くありません!

返済期間が長期化しやすいのがリボ払い

支払い額が固定されるので一見とても利用しやすく見えるリボ払いですが、実は相当な注意が必要です。それは、毎月の支払い金額が少ない分、支払いが長期間になってしまい、その分の金利手数料が加えられ、一括支払に比べて支払い総額が大きくなってしまうためです。また、ショッピング限度額の枠内であれば、上限まで使っても支払い額が一定のため、使い過ぎてしまう傾向もあります。

ここで基本の確認ですが、クレジットカードやキャッシングなど、お金を借してくれるようなサービスは、金利手数料が発生しますね。その手数料は、借りた金額である「元本」を元に計算がなされます。そして、あまり知られていませんが、毎月の返済額の内訳は、クレジットカードも、キャッシングも、住宅ローンもすべて、まずは手数料を先に返す、ないし多めに支払うように設定がされていることがほとんどです。

そのため、リボ払いのように支払いの回数が多ければ多いほど、最初の方の支払いの内訳は、元本ではなく手数料の割合がかなり高くなっています。

たとえば、月々の返済額を5,000円としましょう。その上で月々リボ払いで2万円ずつ買い物をしていた場合、毎月5,000円が返済されても利用金額との差である15,000円は返済されないので未返済額として積み上がっていきます。これが積み重なるとどんどん借金が膨らんでいきます。

仮にこの買い物を1年続けると1年後には18万円の借金ができることになります。さらにはこの借金には15%という高率の利息がプラスでかかります。

つまり、リボ払いは毎月固定の金額を返済するだけなので固定返済額以上の買い物をリボ払いで続けると返済が進むどころが、むしろ借金がどんどん増えていくことにつながるということです。

このようなケースでは返済が長期化するどころか、一生終わらずどんどん借金が増えていくという最悪の事態を招くことになります。現に、上記のような状況になっている人は少なからず存在しているのは事実です。そうした人は未返済額が積み上がっていき、ついには月々の返済額のほとんどが利息だけになっているような状況になっています。

ちなみにですが、分割払いの場合でも見てみましょう。分割払いの場合はあくまでも回数で分割されるだけなので、カードで買い物をすればするだけ月々の返済額も大きくなります。そのため、リボ払いのように返済がいつまでたっても終わらないということはありません。

リボ払いの手数料が高額な理由って?

では、先ほどの例のように、リボ払いの手数料(総額)が大きくなってしまうのはなぜでしょうか?それは、リボ払いが月々の支払額を低く抑える性質を保つためです。

毎月支払う手数料は、下記の式で計算します。
利用残高×手数料率÷365日×30日

つまり、手数料は利用残高に対して発生するのです。月々の支払額を低く抑えていたら、利用残高はいっこうに減っていきません。残高が減らなければ、そのぶん支払回数もかさんでしまいます。その結果、手数料がかさみ、総額が大きくなってしまうという現象が起こるのです。

リボ払いで金銭感覚が狂ってしまうことも

リボ払いは毎月の支払額が固定です。つまり、毎月どれだけ買い物をしても基本的には「固定の支出」しか発生しません。

しかし、もちろんですがそんなことはありません。それは表向きの話です。前章でお話しした通り、返済額以上の買い物をリボ払いでしていると借金の残高は減りません。そのため、リボ払いの多用は自分の支払能力を超えた生活をするというリスクが大きくなります。いくら使っても月々の返済額は同じだと、ついつい使い過ぎてしまうといったことが増えます。

そうしたことが積み重なって、浪費癖がついてしまうということになります。こうなるともう怖いです。

分割払いの場合、毎月の返済額が大きくなってくると「これはやばいぞ、支払えないぞ」という気持ちになりますが、リボ払いの場合、毎月の返済額はほぼ一定です。そのため、リボ払いの場合「今現在いくらの借入がある」という実感がわきにくいという現象が起こります。

また、金額が大きくなり問題に気づいても、自分の生活水準を今までよりも落とすのは大変苦労することになります。結果としてなかなか生活費を切り詰めることができずに苦労する・・・という羽目になります。

大げさではありますが、人生をも変えてしまう可能性があるなんて、なんとも恐ろしいものです。

一括払いや分割払いがオススメな理由

このようにリボ払いや分割払いをすると金利手数料が発生します。そうするとせっかく一生懸命ポイントを貯めていてもトータルでは金利手数料の方が高くなりますので、結果的に損をしてしまうことになります。

手持ちの現金がなくてもショッピングができるのがクレジットカードの利点ではありますが、利用の際はあくまで現金の代わりと位置付けて、クレジットカードはなるべく一括払いにこだわって使いましょう。身の丈に合ったカードの利用をする上でも一括払いができないものは購入しないというスタンスは非常に重要になってきます。

そして、一括払いでも厳しいというときには、2回の分割払いでも大丈夫です。2回払い以降は手数料がかかってくる・・・と思われがちですが、たいていのカードは2回払いまでは手数料が無料になっています。

基本的には3回払い以降に手数料がかかってくるので、1,2回で支払を済ませることがベストといえます。

すでにリボ払いをしている場合の対策

ここまでお話ししてきて、リボ払いは基本的には利用するべきではないということがわかっていただけたかと思います。しかし、中には「もうリボ払いを利用していた!」なんて方もいると思います。そういった方は、落ち着いて「残額を一括で払う」か「月々の返済額を増やす」といった対策を取りましょう

支払を済ませる時期が早ければ早いほど、手数料がかかる額も少なくなってきます。早急に対策を取るべきなので、可能であれば残額を一括で払うようにしましょう。カード会社によって一括返済、繰上げ一括返済、まとめ払いなどと名称が違い、支払方法も異なってくるので、電話やインターネットから問い合わせをして返済を済ませましょう。

一括で支払うのが難しければ、月々の支払額を増やしましょう。大半のカードは、電話やホームページの会員ページから月々の支払額を変更できます。月々の支払額を増やせば、そのぶん利用残高が早く減ることになるので、合計で支払う手数料も少なく済みます。

ここで、途中から支払額を増やすと、どのくらいの効果があるのかみてみましょう。たとえば下記のような条件で支払っていくと、手数料の総額はいくらになるのでしょうか。

利用額:200,000円
実質年率(手数料率):15%
月々の支払額:10,000円

シミュレーションをしてみた結果、手数料の総額は26,250円、支払回数は20回になりました。

では、月々の支払額を途中から2万円に増やした場合はどうでしょうか。

まず、11回目から20,000円に増やした場合、手数料の総額は23,125円(-3,125円)となりました。ちなみに、支払回数は15回でした。次に、5回目から20,000円に増やした場合、手数料の総額は18,250円(-8,000円)でした。ちなみに、支払回数は12回となりました。

このように、月々の支払額を上げるのが早ければ早いほど、節約効果は大きくなるんですね。

初期設定がリボ払いのカードは避けて、2枚ほど使い分けるのが吉。あくまで一括払いで。

一括払いで、お得なカードを使いましょう。セゾンブルーアメックス・VIASOカードはメインカード、サブカードとしてもオススメで学生に人気が高まっているカードです。ぜひこの機会にどうぞ。今リボ払いで苦しんでいる方は前述の方法でリボ払いを整理しつつ、新しいカードを作って支払いを一括払いにまとめていくのも一手ですね。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

amex

年会費 26歳まで無料!
還元率 0.5~1.08%
発行まで 最短即日発送
強み 海外旅行利用での強みと、アメックスブランドの高級サービスが得られること

btn_free_regist

VIASOカード(年会費無料・ネット通販に強い!)

viaso_01
人気急上昇中なのが三菱UFJニコスのVIASO(ビアソ)カードです。eショップ利用すれば、ポイント還元が追加で加算:Amazon.co.jpや、Yahoo!ショッピング、楽天市場などなどネットショップで最大10%以上のポイント還元!

499801

年会費 年会費無料!
還元率 0.5%~最大10%まで!
発行まで 最短1営業日で発行!
強み キャッシュバックが熱い!海外保険もしっかり付帯。

btn_free_regist

まとめ

リボ払い・分割払い・一括払いの違いはご理解いただけたでしょうか。リボ払いと分割払いはどちらも支払い回数を分割するので手数料負担が発生する支払い方法ですが、リボ払いの方が1回あたりの返済額が少ない分、多くの金利手数料負担がありますので注意が必要です。クレジットカードを利用するときは、なるべく一括で支払える範囲内だけで利用するのが賢い方法と言えます。

さらに、少しでもお金を節約したい人へ!!
>> 年会費無料の学生向けクレジットカードはこちら

締め日と支払日って何?主要カード会社の締め日・支払日まとめ

a0006_002881

クレジットカードの締め日と支払い日とは?

クレジットカードには支払い額の計算をする基準日が設定されています。たとえば、毎月1日から月末までに利用した分を翌月15日に請求するといった具合です。この利用した日の基準となる最後の日(今回の例では月末)がクレジットカードでいう「締め日」となり、請求日(今回の例では翌月の15日)が「支払い日」となります。つまり、クレジットカード会社が利用者に対して、請求する金額が確定する日のことをクレジットカードの「締め日」といい、それを請求する日を「支払い日」といいます。

この締め日と支払い日はカードごとにそれぞれ個別で設定されています。そのため、複数のカードを利用している場合は、それぞれバラバラに締め日と支払い日が訪れることになります。通常は収入が入る日は月に1度ですので、複数のカードを利用しているときは特に資金管理に注意が必要です。

バイトの給料日よりも支払い日が早い場合は注意が必要です!!!

締め日は実際の買い物とズレることも・・・?

カード会社からの請求明細を確認してみると、締め日より前にカードで買い物した請求が記載されていないという経験をした方は、意外に多いかなと思います。その理由は、締め日はあくまでも、カード会社が清算する為に決めている日なので、加盟店からカード会社への請求が処理日までに届いている利用分のみが、請求対象となってしまうからなのです。

このズレは、何かしらのトラブルがあったとか、あるいはクレジットカード会社が、何かしらのミスをしたという訳ではないので安心してください。

  1. 利用者がクレジットカードを利用する
  2. 利用したショップがクレジットカード会社に利用代金を請求する
  3. クレジットカード会社が利用者に対して利用代金を請求する

このような流れとなり締め日は、2番目の「ショップがカード会社に請求した日」となるのです。小さな規模のショップの場合は、代金の回収を早くしたいのでたいていはカード利用の当日か翌日には請求を行いますが、大きなショップの場合は週に一回などと決められた請求日に行ったり、長い場合は1カ月に一度であったりします。

主要クレジットカードの締め日まとめ

では、具体的に主要なクレジットカードの締め日と支払い日がどのようになっているか見てみましょう。

ライフカード

  • 締め日:毎月5日
  • 支払い日:毎月27日または翌月3日

三井住友カード

  • 締め日:毎月15日または月末
  • 支払い日:翌月10日または翌月26日

※カード会員による選択で変わります

rリクルートカード

  • 締め日:毎月15日
  • 支払い日:翌月10日

セゾンカード

  • 締め日:毎月末日
  • 支払い日:翌々月4日

楽天カード

  • 締め日:毎月末日
  • 支払い日:翌月27日

JCB(ジェーシービー)カード

  • 締め日:毎月15日
  • 支払い日:翌月10日

ダイナースカード(三井住友トラストクラブ)

  • 締め日:毎月20日
  • 支払い日:翌月10日

EPOS(エポス)カード

  • 締め日:毎月4日または毎月27日
  • 支払い日:翌月4日または翌月27日

※カード会員による選択で変わります

UC(ユーシー)カード

  • 締め日:毎月10日
  • 支払い日:翌月5日

MUFGカード(UFJを含む)

  • 締め日:毎月15日
  • 支払い日:翌月10日

DC(ディーシー)カード

  • 締め日:毎月15日
  • 支払い日:翌月10日

NICOS(日本信販)カード

  • 締め日:毎月5日
  • 支払い日:当月27日

セディナカード

  • 締め日:毎月末日
  • 支払い日:翌月27日

アプラスカード

  • 締め日:毎月5日
  • 支払い日:翌月27日

イオンカード

  • 締め日:毎月10日
  • 支払い日:翌月2日

au WALLETクレジットカード

  • 締め日:毎月15日
  • 支払い日:翌月10日

ジャックス(JACCS)カード

  • 締め日:毎月末日
  • 支払い日:翌月27日

ニッセンレンエスコート

  • 締め日:毎月末日
  • 支払い日:翌月27日

UCSカード

  • 締め日:毎月15日
  • 支払い日:翌月10日

オリコカード

  • 締め日:毎月末日
  • 支払い日:翌月27日

ポケットカード

  • 締め日:毎月末日
  • 支払い日:翌々月1日

TOP&カード

  • 締め日:毎月10日
  • 支払い日:翌月5日

りそなカード

  • 締め日:毎月末日
  • 支払い日:翌々月日

出光カード

  • 締め日:毎月末日
  • 支払い日:翌々月7日

セントラルファイナンスカード

  • 締め日:毎月10日または毎月6日
  • 支払い日:翌月末日または翌月26日

※カード会員による選択で変わります

トヨタTS3カード

  • 締め日:毎月5日または毎月20日
  • 支払い日:翌月2日または翌月17日

※カード会員による選択で変わります

いかがでしょうか。おおむね締め日から約1ヶ月後が支払い日に設定されているケースが多いです。通常は締め日から1週間~2週間前後で確定した請求額のご案内がありますので、そこから支払い日までの資金計画を立てて資金を準備しましょう。

特に、複数枚クレジットカードを持っている場合は、それぞれの締め日や引き落とし日をしっかり確認して、支払い日に間に合うように備えておくことが大切です。カードによっては締め日や支払い日を自分で自由に設定できるものもあるので、給料日などと照らし合わせて設定するか、自分のライフスタイルに合うカードを選びましょう。

締め日についての注意点

締め日については1つ注意点があります。それはカード利用日=カード会社が計算する利用日ではないということです。どういうことかというと、仮に締め日当日の31日にお買い物をしたとしても、そのお店がカード会社に伝票を提出するのが翌日の1日になってしまった場合は、そのお買い物は当月の締め日までの計算には入ってきません。翌月の締め日での計算になります。

締め日当日付近のカード利用については、必ずしも思惑通りのタイミングで請求がくるとは限りませんのでよく注意してください。

もし支払い日に引き落としが間に合わなかったら・・・

そして、もし万が一支払い日に引き落としができなかった場合は、すぐにカード会社に電話で確認して、どうしたらよいか対処法を聞くようにしましょう。引き落し日の当日に、午前中に引き落しできなかった場合でも、午後にもう一度引き落すカード会社もあります。ですからまずはあわてず、カードの裏面に書いてあるカード会社の電話番号に電話して、『カードの引き落しに間に合わなかったのですが、どうしたらいいですか?』と聞いてみましょう。

カード会社によって対処法は異なりますが、約半月後に引き落とされたり、コンビニで支払うことのできるハガキが送られてきたり、カード会社指定の振込口座に振り込む形式の会社もあります。

一度の支払いに遅れたからといって一発アウトのブラックリストというわけではないので安心してくださいね。そもそも、ブラックリストというものは存在しません。

ただし、何度も引き落としができないことが続くときは、カードの利用を停止され、その記録が信用情報に載ってしまうことがあります。そうなってしまうと、返済をしたとしても、次にカードを作ることが難しくなる可能性が高いのです。

詳しくは:クレジットカードの支払い遅延・延滞は絶対NG!

まとめ

締め日と支払い日についてご理解いただけましたでしょうか。締め日と支払い日のタイミングはカード会社によって様々ですので、特に収入が入る日から支払い日までが離れている場合は資金管理に十分に注意してください。

また、締め日付近のお買い物には注意が必要です。次回の締め日の方へ入ってしまうと、実際に請求がくるのが2カ月後ということもありますので、文字通り忘れた頃にやってくるという状態になってしまいます。そのため、クレジットカードを利用した時は請求までレシートをとっておくなど突然の請求で驚かないように工夫してみてくださいね。

学生も、半年ごとに見直し!使わないクレジットカードは早めに解約しよう!

半年間使わなかったカードがあれば、解約しよう!

半年間使わなかったカードがあれば、解約しよう!

意外と危険!使っていないクレジットカードは今すぐ確認しよう

最近はポイントカードを作りたいだけなのにクレジット機能がデフォルトで付帯されていて、気が付いたらクレジットカードだらけということも多くなってきました。使わないクレジットカードで財布が圧迫されているのは、もちろん論外なのですぐに整理していただきたいのですが、使わないクレジットカードは自宅で眠っているだけでも悪影響を放つことがあります。そのため、ぜひ半年を目途に使わないクレジットカードの見直しをしてみてください。年会費が知らずに請求され続けていたというくらいならまだかわいいですが、不正利用をされているのに気がつかないという事態になってしまうのはかなり危険です。

住所変更をしていないカードの意外な落とし穴

使っていないクレジットカードは当然のことながら住所変更の手続きもされないことが多いです。住所を変更しないデメリットとして、明細が意図しない第三者に見られて個人情報が漏れるということは簡単に想像がつくと思います。恐ろしいのは、使っていないクレジットカードが、実は年に1度も利用が無いと年会費が発生するカードだった場合です。その場合、知らないうちに年会費の滞納が発生し、年会費未払いの督促状が住所変更前の住所に届いてしまいます。もちろん、こちらはそんなことには気が付きませんので督促状を何度も無視することとなり、最終的にはブラックリストに載ってしまうという可能性があります。そうなると自分の知らないところで自分の社会的信用が無くなってしまっていますので、住宅ローンや車のローンは組めませんし、もちろん新しいクレジットカードを作ることもできなくなってしまい、非常に不便です。ですので、このような事態にならないように住所変更の漏れを確認することがとても重要ですが、それよりも、使っていないカードがあれば、すみやかに整理することを強くおすすめいたします。

使わないカードのせいで新しいクレジットカードが作れないことがある!?

使わないクレジットカードのせいでブラックリストに載ってしまう以外にもクレジットカードが作れなくなってしまう可能性があります。それは、使わないクレジットカードのせいで与信枠をとられてしまい、新規で申し込んだときの審査に落ちてしまうことです。

どういうことかというと、実は個人がクレジットカードやキャッシングが利用できる枠は収入を基準にある程度決まっており、収入を大きく越える貸し付けはできないと法律で決められています。そのため、新しくクレジットカードを申し込むときには、審査段階で自分名義で所有しているすべてのクレジットカードの与信枠が確認されます。そのときに、使っていないクレジットカードのせいで与信枠が使われてしまっていると新たにクレジットカードが作れなくなってしまうというわけです。

まとめ

使わないクレジットカードを所有していてもメリットはありません。むしろ、無駄に年会費を請求されたり、それに気が付かずにブラックリストに載ってしまうというリスクが伴うことになり、とてもリスクです。そのため、ぜひ半年に1回は使っていないクレジットカードの見直してください。そして無駄とトラブルのないカードライフを過ごしましょう。

クレジットカードの裏面には、必ずサインを!サインをしないとどうなる?

カード裏面のサインは何のために必要か

みなさんはクレジットカードの裏面にサインをしていますでしょうか。中にはカードが汚れるのが嫌という理由でカードにサインをしない人もいるようですが、きちんとサインをしてください。カードにサインをすることで万が一のときにあなた自身がカード会社から守られます。そして、これは基本的なことですが、サインを書くことはカード会社の規約により規定されています。規約違反とならないようにカード裏面にはしっかりとサインをしましょう。

サインがないとどうなるか

では、カード裏面にサインがないと実際にどうなるのでしょうか。

まず、お店側にはカード決済のときは本人確認をするということが決められており、サインがないクレジットカードでは決済をしてはいけないルールとなっています。そのため、カードにサインがないと、そもそもカードを利用してショッピングなどができません。

では、ネットショッピングの場合はどうでしょうか。ネットショッピングの場合はカード裏面のサインを確認することができないので、サインが無くても決済ができてしまいます。しかし、だからといってサインをしなくていいわけではありません。なぜなら、万が一そのカードを紛失した際にとても困ることになるからです。例えば、カードが不正に利用された場合、通常は保険が適用されてカードの所有者に不正利用分が請求されることはありません。

しかし、カードが発見され、裏面にサインが無いことが発覚すると、保険の適用がされなくなり、不正利用分もカード所有者に請求されてしまいます。そのため、ネット専用で利用するクレジットカードでも、万が一に備えて必ず裏面にサインをするようにしてください。たとえそのカードを外に持ち歩くことがなかったとしても、家が空き巣に入られる可能性はゼロではありませんよね。つまり、カードが100%不正に利用されることはないとは言い切れないのです。だからこそ、カードの裏面には必ずサインを記載しておくことが必要です。

まとめ

クレジットカードの裏面にはきちんとサインをしましょう。なぜなら、まず第一に規則としてサインが無いクレジットカードでは決済が禁止されているからです。そして第二に、万が一にも紛失や盗難でクレジットカードが不正に利用された場合、カードのサインがあれば保険が適用されますが、サインが無いと保険が適用されないからです。サインが無いクレジットカードでは、不正利用分までがカード所有者に請求されることになってしまうので、サインがあるのと無いのとでは、万が一のときの被害額が雲泥の差となります。ですので、今すぐお持ちのカードの裏面を確認してみてください。そして、もしサインが未記入だったり、書いた文字が薄くなっているなら、油性の濃いペンでしっかりとサインをしてくださいね。

クレジットカードの利用明細は必ず確認!利用状況を把握するのが重要!

PAK85_kuronorinobunsyou20140905500-thumb-1200x800-5299

利用明細確認のすすめ

クレジットカードの利用明細はよく確認して利用状況を把握してますか!?最近ではWEB明細が主流になったことで、明細は確認せずに引き落とし金額だけを確認するという方が増えてきているようです。

しかし、クレジットカードの明細を確認することは、カードの使い過ぎを防ぎ、お金の使い方を改善するためにも、また不正利用を早期に発見するためにもとても重要です。これを読んで、これからはぜひ明細を確認する癖をつけてみてはいかがでしょうか。

利用明細の確認ポイント

カードの使いすぎを防ぐためには利用明細の確認が重要です。なぜなら、お買い物や飲み会は基本的に楽しいものなので、ついついお金を使い過ぎてしまいがちだからです。しかもクレジットカードは現金と比べてお金を支払っている感覚が薄れてしまうので、なおさら使い過ぎてしまいやすいですよね。クレジットカードの使い過ぎは反省するべきではありますが、だからといって、買い物や飲み会を厳しく我慢してしまうと、毎日の生活がつまらなくなってしまいます。

そこで、より有益なカードの使い方が段々と身についていくように、カードの利用明細を利用してみてはいかがでしょうか。ポイントは、カードを使った内容が「投資」だったのか、それとも「浪費」だったのかという視点で明細を見直すことです。

例えば、服やバックを買ったときは、それが自分を高めるために本当に必要なものであれば「投資」です。この場合は、良いカードの使い方ができたといえますね。逆に、バーゲンだからといって普段なら買わないような服を買い、実際にあまり着なかったという買い物であれば「浪費」です。これは良くないカードの使い方と考えます。飲み会の場合も、そこで親睦が深まったり、新たな友達ができたのなら「投資」と言えます。一方、いつものメンバーでだらだら飲み、気が付いたら終電なし。ベロベロになりながらタクシーで帰って何の発展性もなかったというケースは「浪費」と言えます。まあ、それも楽しいんですけどね。

このような視点でカードの使い方を毎月見直してみることで、本当に自分に必要なものだけにお金が使えるようになっていきます。ぜひこのように明細を活用してみてはいかがでしょうか。また、忘れがちなので注意喚起としてもう1点。明細を確認するときには、毎回ではなくて結構ですのでポイントの有効期限も気を付けてみてください。せっかく貯めたポイントが知らないうちに失効してしまうとショックですよ。

実はこれが一番重要。不正利用の確認のための利用明細チェック。

カードの利用明細を確認する一番の重要なポイントは不正利用がされていないかどうかの確認です。もし、手元にカードがあるのに不正利用の疑いがあれば、スキミングやネットショッピングでカード情報が外部に盗まれている危険があります。そのときはすぐにカード会社に連絡をしてください。明細を確認せずに不正利用を放置すると被害が拡大するばかりです。

不正利用に注意!

まとめ

クレジットカードの利用明細はきちんと毎月確認して利用状況を把握することが重要です。それは、自分のお金の使い方を毎月見直すため、そして不正利用を早期に発見するためです。加えて、せっかく貯めたポイントが気が付いたら失効していたなんてことがあるとショックですよね。そのためにも、利用明細は毎月きちんと確認をするようにしましょう。

参考
クレジットカードの支払い遅延は絶対NG!

一人暮らしで便利なおすすめクレジットカードの選び方・使い方

PAK93_heyanosumidetaikuzuwari20140322500-thumb-850x600-4364

一人暮らしを始めるときクレジットカードを作ることが断然オススメな理由

実家から離れて一人暮らしを始めるなら、クレジットカードを作ることを断然おすすめします。なぜかというと、一人暮らしを始めると今までは誰かが当り前のようにしてくれていたことのすべてを自分一人でしなければならなくなりますよね。炊事・洗濯・掃除など家事をしなければならなくなることは簡単に想像がつくと思いますが、それ以外にも…。

実は、自分でしなければならなくて面倒なことに「公共料金の支払い」があります。実家にいれば電気も水もガスも当り前のように使えているので空気のように感じてしまいますが、これは誰かが毎月コンスタントに遅延なく料金を支払ってくれているからということは少し考えればわかると思います。この公共料金の支払いにクレジットカードを使うのと使わないのとでは支払いの手間や生活のコストに大きな差が出てしまうということをぜひ覚えておいてください。

公共料金の支払いにクレジットカードを利用するメリット

では具体的に公共料金の支払いにクレジットカードを利用することのメリットを見てみましょう。メリットは大きく2つあります。

  • ポイントが付く
  • 支払い遅延がない
  • 無駄なコストを発生させるリスクを回避できる

カード払いで、ポイント分お得に節約!

まず、ポイントについてです。一人暮らしをする以上は公共料金を支払うということは避けて通れないですよね。公共料金は家賃と同じように、金額こそ変動しますが、支払うこと自体は毎月確定している出費。いわゆる固定費となります。支払うことが決まっているのなら、仮に現金で毎月支払って何の付加価値も生まれないよりは、支払うことによってポイントが付加されるクレジットカードの方がお得だと思いませんか?

ちなみに、一人暮らしの毎月の公共料金の支払い額は、季節によっても変動しますが、おおむね1カ月1万円程度。年間では約12万円の支出となります。これをすべてクレジットカードで支払った場合、ポイント還元率が1.0%であれば約1,200円の収入です。贅沢なランチが食べられますね。

中でもポイントの貯まりやすい、還元率の高いクレジットカードを選ぶようにしましょう。クレジットカードの選び方については後半でお話ししていきますね。

クレジットカードで払いたい固定費

1.電気料金

東京電力や関西電力などの電気料金は、当然のようにクレジットカード払いが可能です。ただし、一人暮らしの場合など、電気の使用量が少ない場合にはカード払いしたほうが損になってしまうケースもあるので注意してください。支払い方法をクレジットカード払いにする前にまずは一度、クレジットカード払いにしたときにどれくらいポイントが貯まるか、自分で計算してみてどちらがお得になるか比べてみましょう。

2.ガス料金

東京ガスや大阪ガス、東邦ガスといった、大手ガス会社であればクレジットカード払いが可能です。こちらも月額のガス料金が安いと、カード払いをしたほうが損になるケースもあるのでご注意ください。個人差になってしまうので、まずはご自分で試算してみるのが一番ですね。

また、地方の中小ガス会社管轄地域にお住まいの場合には、カード払いができないというケースもあります。また、都市ガスではなくプロパンガス業者と個別に契約している場合にも、支払いは口座振替のみとなっている場合が多いので注意してください。

3.水道料金

大都市を中心に水道料金のクレジットカード払いが可能です。ただ東京や横浜、最近では大阪市も水道料金のクレジットカード利用がOKになりましたが、地方都市ではまだまだクレジットカード払いできるところの方が少ないのです。都市部にお住まいの方限定・・・といったところですね。水道料金も上下水道代をあわせると馬鹿にならない金額になるので、カード払いを検討してもらえればいいかなと思います。

4.携帯電話料金

ドコモ、au、SoftBankなどの大手携帯電話会社の料金であれば、クレジットカードで支払いが可能です。一度設定するだけでその後はずっとカード払いになるのでお得ですよ。子供や配偶者の携帯電話代もまとめてカード払いができるということなので、親御さんに「家族で携帯料金を一緒に払わないか」と提案してみるのもアリですね。

また、最近はやりの格安スマホ(MVNO業者)についてはむしろ逆です。クレジットカード払いではないと支払いができないところが多い状況にあります。IIJmioや楽天モバイルなどの会社と契約するならクレジットカードが必須になります。

5.プロバイダー料金

So-net、OCN、BIGLOBEなどなど、プロバイダ料金もクレジットカード払いが可能です。毎月必ず発生する費用なので、積極的にクレジットカード払いに切り替えていきましょう。また、フレッツ光やJ-COMなどの光ファイバー回線やケーブルテレビ代についてもカード払いできるので、こちらの切替も忘れないようにしてください。

6.国民年金保険料

こちらは学生の方にはまだあまり関係ないことだと思いますが、社会人になったときのために覚えておくと良いでしょう。個人事業主や一部の会社員の方であれば支払うことになるであろう国民年金保険料についても、クレジットカード払いが可能なんです。年額でいうと20万円程度になる費用なので、必ずカードで払うようにしましょう。

なお、国民年金保険料については2年ばらいといって、2年分の保険料をまとめて支払うことができるコースも用意されています。こちらは残念ながらクレジットカード払いできないので、現金で納付してするようにしてください。ちなみに、カード払いよりも2年払いのほうが割引率は高いです。

7.損害保険料

全てではありませんが、自動車保険を筆頭に、今や損害保険料についてもクレジットカード払い出来るところが増えてきています。今までずっと銀行口座振替だったからとそのままにしているという方は、この機会に損害保険会社の公式サイトを確認し、カード払いできるかチェックしてもらえればと思います。

8.生命保険料

こちらも学生の方にはまだあまり関係ないことだと思いますが、将来のために覚えておいてくださいね。生命保険についても同様にクレジットカード払いが出来る保険会社が増加中なんです。県民共済や国民共済などの共済も、クレジットカード払いに対応してくれるので、まだ銀行引き落としにしている方は早めに切替をしてみてくださいね。

保険の掛け金が多い方であればあるほど、もったいないことをしていることになりますよ。

9.データ通信端末料金

ワイモバイルやUQワイマックスなどのデータ通信端末料金も、クレジットカード払いで支払いが可能です。こちらも毎月発生する費用なので、忘れずにクレジットカード払いに切り替えるようにしましょう。

10.NHKの受信料

NHKの受信料はクレジットカード払いがお得になります。地上波のみの契約の方も、衛星放送込の契約の方でもクレジットカード払いは可能なので、まだ登録していないという方は早速登録するようにしてください。また、WOWOWやスカパーといったCS放送についてもクレジットカード払いができるので、NHK受信料とともに変更しておいてもらえればと思います。

全部支払うと結構な金額になる!?

ひとつひとつの金額はそこまで高くはありませんが、上記で挙げたものを全部まとめて払うと相当な額になります。全てをクレジットカードで支払うと、だいたい4〜5万円くらいになると思うので、年間にすると50万円ほどの出費になります。これで得られるポイントも馬鹿にはなりませんよね。

さらにこれらに加えて家賃や日用品も入ってくるのですから、数万円単位での節約になります。筆者にとってはとても大きな節約だと思うので、ぜひとも固定費をクレジットカードでの支払いに切り替えていただきたいと思います。

支払い遅延をなくそう!

次に支払い遅延がなくなるメリットについて見てみましょう。代表的な公共料金の支払い方法は、口座振替・コンビニ払い・クレジットカードの3パターンです。コンビニ支払いは毎月支払依頼書が自宅に届くのでそれをコンビニへ持っていって支払います。携帯電話の支払いにコンビニを利用している方はイメージがしやすいと思います。

実際、コンビニはほぼ毎日行くので、毎月公共料金をコンビニで支払うと言葉で聞いてもたいした手間ではないように聞こえるかもしれませんが、いざその場になると、たまたま手持ちの現金が少なかったり、支払依頼書がバックに入っていると思ったら玄関に置きっぱなしだったりなど、結局は支払い日ギリギリに他に用が無いのに公共料金の支払いのためだけにコンビニに行く羽目になるということが多くなります。※筆者もそうでした…。

しかも、本来買うつもりのなかったアイスなどを買ってしまい、自分でも気が付かないコスト増になるということが少なくなく、とても非効率です。実はこれが、公共料金をクレジットカードで支払うべき第三の理由の無駄なコストを発生させるリスクの回避という意味です。

口座引落しも以外なコストが!?

では、口座引き落としはどうでしょうか。口座引き落としは振替え日に自動でお金が引かれるので、コンビニのような手間や、知らずに必要のないものを買ってしまうような非効率さはありません。しかし、残高不足で引き落とされなかったということは意外と頻発します。

すぐに資金移動ができればいいのですが、よくあるパターンとして、学校やアルバイトなどの用事を済ませてから急いで銀行へ行くと18時を過ぎていて、資金移動に時間外手数料が発生するというケースが多発します。このケースでもコンビニと同様に無駄なコストが発生してしいます。銀行手数料の108円を何の抵抗もなく支払っている方が多いですが、その108円があればコンビニではコーヒーもお菓子もアイスもパンもおにぎりだって買えてしまいます。ある意味、残高不足による銀行手数料の支払いはコンビニのついで買いより悪質と言えます。

支払い遅延で最悪の電気ガスストップへ。。。

そして、支払いの遅延がある程度の期間解消されない場合は、当然ですが電気やガスはストップします。お水はストップまである程度猶予がありますが、それでも最終的にはストップします。今の時代、電気がストップするとスマホが充電できませんので死活問題ですよね。また、料理をしないからといって甘く見られる方が多いですが、ガスがストップするとお湯が出なくなりますのでお風呂に入れません。

経験がある方はわかると思いますが、お湯が出ない状態でお風呂に入るとなぜか石鹸の泡が立ちません。なにより風邪を引くのでお湯が出ない状態でお風呂に入るのはやめましょう。病気になること自体もコストです。このような支払い遅延リスクを回避するためにも公共料金の支払いをクレジットカードに設定することはとても重要です。

クレジットカードの選び方

では、そのクレジットカードはどのように選べばいいでしょうか。結論からいうと、リクルートカードなどのポイント還元率の高いクレジットカードを選んでいただければ問題ありません。

なお、水道料金に関しては、首都圏でもクレジットカード払いに対応していない自治体があります。その際はYahoo!公共料金支払いを利用することでクレジットカード払いにすることができます。そのため、あまり多くないと思いますが、Yahoo!公共料金支払いに対応していないクレジットカードではないことを確認してください。それでもなおコンビニ支払いにこだわりたい場合は、セブングループのnanacoで公共料金の支払いができますので、nanacoにチャージしてポイントが貯まるクレジットカードにしてみてはいかがでしょうか。

サブで持っておきたいクレジットカードはこれ!

また、ポイント還元率の高いクレジットカードの他にサブとして、2枚目のクレジットカードを選ぶ場合には、スーパーマーケットなどで割引されるカードや、特定の通販サイトでの還元率が高いカードなどをライフスタイルに合わせて選ぶようにしましょう。これらのクレジットカードを持つことで、日々の食料品の買い物や洗剤やシャンプー、トイレットペーパーといった日用品までお得に購入することができます。特定日に買い物をするだけでも効率良く、さまざまな商品を割引価格で購入することができます。ぜひ家の近くにあるスーパーマーケットに合わせて必要なクレジットカードを選んでみてください。

まとめ

一人暮らしをすると、普通の生活を維持するためには毎月色々なところへ支払いをする必要があるということが実感できると思います。この各種支払いをすべてコンビニ払いにするのは、一見問題なさそうに見えても毎月のこととなると意外と手間です。しかもコンビニで余計なものを買ってしまうリスクも抱き合わせです。

口座振替は資金移動が面倒だったり、週末に気が付いたときは時間外手数料が発生するなど、払う必要のないコストが発生する可能性があり危険です。そのため、一人暮らしの公共料金の支払いは、手間が無く、ポイントも貯まるクレジットカード払いが断然おすすめです。ぜひ一人暮らしを始めるときにはクレジットカードのご準備も検討してみてください!!

学生ローン、ちょっと待って!クレジットカードのキャッシングでしのげるかも。

OOK89_koregasyakuyousyoudesu20131223500-thumb-750x500-3983

急にお金が必要になったとき、あなたならどうする?

急にある程度のまとまったお金が必要になることってありますよね。たとえば親戚が結婚する、友人と海外旅行に行くことになった、先輩に誘われた飲み会が断れない、などなど。高校を卒業すると付き合いの幅が急激に広がるので、ほかにも色々な理由で急にお金が必要になるシーンがあると思います。そんなときは一体どのようにお金を確保すればいいでしょうか。代表的な手段にはこのようなものがあります。

  • アルバイトを増やす
  • 親に借りる
  • 友人や知人に借りる(←おすすめしません!)
  • 学生ローンを申し込む
  • クレジットカードのキャッシングを利用する

お金が必要なタイミングが2カ月以上先であれば、アルバイトを増やすのが一番健全でいいと思います。たとえば、結婚式などは招待状が3カ月くらい前に届きますよね。また、旅行についても夏休みや春休みの時期は事前にわかっていますから、計画的にアルバイトを増やして旅費を備えていただければいいでしょう。逆にどなたかが無くなった場合は、急に喪服を用意する必要があるかもしれません。その時は事情が事情なので、ご両親にも普段よりはお願いしやすいのではないでしょうか。

では、時間的に余裕も無く、ご両親にもお願いできないときはどのようにすればいいでしょうか。ちなみに、友人や知人からお金を借りることは、大切な友情を失うことになりかねませんので絶対におすすめ致しません。(※本当にやめておこう!)そこで、ここでは学生ローンとクレジットカードのキャッシングについて検討していきます。

学生ローンとクレジットカードキャッシングの違い

では学生ローンとクレジットカードのキャッシングにはどのような違いがあるのでしょうか。大きな特徴としては、クレジットカードのキャッシングは審査が厳しくない代わりに利用枠が少なく、一方で学生ローンは審査が少し厳しくなる半面、利用枠が大きいことがあげられます。詳しくみていきます。

利用可能額と金利

学生ローンの借入額は多くて50万円程度。一方でクレジットカードのキャッシングは10万円程度が一般的です。金利は学生ローンが16.5%、クレジットカードのキャッシングは15%程度が多いようです。借入額が50万円程度であれば、金利差はほとんど問題にならないといえます。

審査について

クレジットカードの審査は学生の場合、本人が審査されることはありません。あらかじめ収入が無いことが前提となっておりますので、ご両親の審査や、そもそも学生であるということが信用力となり、審査されないケースも見受けられます。一方で学生ローンの場合は、学生本人の収入が審査されます。アルバイトをされていないなど収入が無い場合は審査が通らないことが多いようです。

消費者金融ローン

一般的な学生ローンと並んで検討されるものに消費者金融もあります。30日間手数料無料キャンペーンなど、大手では初回利用のハードルを下げて学生の利用者も増えています:アコム、レイク、プロミスなどが有名ですね。ただ消費者金融といっても法律に基づいてお金を貸しているので法律で決められた金額までしか貸出はできません。学生ローンよりは安い金利で借りることができるかもしれません。クレジットカードのキャッシングでは間に合わない!というときは検討してみましょう。

消費者金融からキャッシングするとしたら、この3社から選ぼう!

→アコムで借りれるか診断してみる
→レイクで借りれるか診断してみる
※1日に同時に申し込むのは、3社までにしておきましょう。詳しいキャンペーン内容や金利などは公式サイトでご確認ください。

まとめ

では、一体クレジットカードのキャッシングと学生ローンのどちらを利用するべきなのでしょうか。仮に結婚式であれば、お祝いとドレスの購入費用を考えても10万円程度あれば十分かと思います。一方、10万円では足りない大きな金額が必要になった場合は、たしかに利用枠の大きい学生ローンが心強いといえます。

しかし、借り入れる金額が大きいということは、それだけ返済の負担も大きくなるということです。学生ローンの場合は、20万円が必要で申し込んだところ、融資枠50万円の審査結果が出ることもあります。その場合は、調子に乗って当初の必要額以上にお金を引き出さないように十分注意してください。アルバイトがやめられなくなり、学業に多大な支障がでる可能性があります。このように、学生ローンは融資枠が大きいので心強い半面、借入金額が膨れてしまい返済の負担が大きくなる可能性を秘めています。

そのため、急にお金が必要になったときには、まずはクレジットカードのキャッシングでしのぐことはできないかよく検討してみてください。

そして!即日でも発行可能なクレジットカードはあります!
>> 学生でも即日発行が可能な可能性があるクレジットカードまとめ

クレジットカード利用限度額の上げ方。学生だと最大どこまで上げられる?

クレジットカードの限度額とは

クレジットカードの限度額とは、お買い物で利用できる「ショッピング枠」と、お金の借り入れができる「キャッシング枠」の総額のことを指しています。

金額の設定は、一般カードの場合が30万円~100万円、ゴールドカードの場合が100万円以上、学生カードの場合が10~30万円とされていることが一般的です。利用限度額はクレジットカードの申し込みをしたときの審査によって各カード会社により設定されます。どの程度の信用力でどのくらいの限度額が設定されるかは各クレジットカード会社の独自の基準によります。

学生のみんなは、限度額で困っている?

「限度額」とツイート検索すると、ネット上でも困っている方は少なくないようでした。

一般的な限度額アップの方法

一般的なクレジットカードの限度額アップの方法は以下の3つが考えられます。

  • 利用実績を積み上げる
  • カード会社に引き上げ申請する
  • カード会社に繰り上げで振り込み、限度額を復活させてもらう
  • ゴールドカードにランクアップさせる

※でもぶっちゃけ、学生が限度額上げるのはハードルが高くすぐにはできないことも多いです。どちらにせよ審査が入るのであれば、サブカードとして2枚目、3枚目以降のクレジットカードを同時に申請しておくのが賢明かも。もしまだ持ってなければ、学生で持っている人が特に多いデビュープラスカードを申し込んでみませんか?

利用実績の積み上げについて

クレジットカードをしばらくの間利用していると、突然カード会社から限度額を上げた旨の連絡をもらうことがあります。これは、毎月コツコツとクレジットカードを利用することにより、クレジットカード会社がその実績に応じて利用者の信用度合を上げたことによります。限度額を上げる方法の中ではこの方法が一番オーソドックスと言えます。

なお、毎月コンスタントにクレジットカードを利用していても、利用金額が少額では限度額アップにはならないことが多いようです。そのため、ある程度の金額を利用して、かつ支払いの遅延がないことがこの利用限度額アップの方法の要件と言えます。中には今までの限度額の範囲内で特に困っていないという方もいらっしゃると思いますが、これはクレジットカード会社が一定程度カード利用者のことを信頼した結果ですので、快く受け入れていただければいいでしょう。

カード会社への引き上げ申請について

利用実績に応じた限度額のアップについては、クレジットカード会社から基準が明確に提示されていることは少なく、利用者にとっては自分のカードの限度額がどのタイミングでアップするかは想定しづらいといえます。しかしながら、急なお祝いや海外旅行を控えていて急いで限度額をアップさせたいというシーンに出会うこともあると思います。そういう時は、臆せずクレジットカード会社に電話をしてみましょう。カード会社としても、より多くのクレジットカードを利用してもらうことにより手数料収益が増えますので、必ずしも希望の金額まで限度額を上げてくれるとは限りませんが、一時的な限度額のアップと恒久的な限度額のアップのどちらも快く検討してもらえます。ただし大前提として支払い遅延が無いことは必須ですので、日ごろから毎月の支払いは遅れないように気を付けてください。

カード会社に繰り上げで振り込み、限度額を復活させてもらう方法について

利用限度額が10万円のクレカがあったとして、5万円利用していると残りの利用限度額は5万円です。このとき、7万円の支払いをしたい場合2万円足りずにカード決済が通らないのですが、限度額を復活する手段として引き落としより前にカード会社に不足分を振り込むという方法があります。

利用可能額はクレジットカード会社の引き落とし日から繰り上げで支払いをすればまた元に戻る仕組みになっていることがほとんどで、毎月毎月、きちんとカード代金の支払いをしており分割やリボ払いを使用してない方であれば利用可能残高を回復してくれる可能性が高いです。

一時引き上げとともに、カード会社のサポートデスクに電話で確かめてみてください。

ゴールドカードへのランクアップについて

使用しているカードをゴールドカードへランクアップさせることによって限度額をアップさせることも可能です。ただし、この場合は新たにゴールドカードを申し込むのと同等の審査が必要となるため、当然のことながら必ずしもゴールドカードへアップできるとは限りません。特に学生の方にとっては難易度が高いかもしれませんね。

ただし、1つだけ覚えておいていただきたいのは、ゴールドカードといっても必ずしもすべてのカードの審査が厳しいわけではありません。中には、クレジットカードを作りたくて何種類か同時に申し込みをした結果、アメックスのゴールドカードしか審査が通らなかったという方もいるくらいです。ですので、もしある程度の限度額が必要なシーンに出会った場合は、ゴールドカードを申し込むという選択肢もあるということを記憶の片隅に置いておいてください。社会人になって限度額を大きく引き上げたいとき、便利な選択肢です。ゴールドカードは持っててテンションも上がります。

学生が限度額を上げるには

一般的に学生がクレジットカードの限度額を上げることは、残念ながらとても難しいようです。しかしながら、海外旅行などで一時的に限度額を上げることは対応してもらえるケースが多いようなので、必要な場合はまずクレジットカード会社に連絡をしてみましょう。ただし、限度額のアップに応じてもらえた場合でも、アップした分についてはリボ払いや分割払いの設定ができないことがありますので、支払える範囲内での利用を特に心がけてください。なお、金額については10万円程度のアップが一般的なようです。

限度額が上がらないこともある。。。ツイッターでの叫び

限度額がなかなか上がらないために、2枚目のカードを申し込むという方も少なくないようです。オススメカードをこの後記載しています。

限度額はすぐに上がらないこともあるので、サブカードの申込を同時に進めるのが吉!

学生がカード限度額を上げたい時は、海外旅行に行くなどのシーンが多いと思います。発行スピードも速く、海外旅行時の保険や各種サービスが充実しているセゾンブルー・アメックスが1番のオススメです。スタイリッシュでかっこいい券面デザインのため持って使っても恥ずかしくないカードです。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードについてもっと詳しく勉強する → 学生でもアメックスが持てる!?セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは海外旅行を強力サポート!

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

amex

年会費 26歳まで無料!
還元率 0.5~1.08%
発行まで 最短即日発送
強み 海外旅行利用での強みと、アメックスブランドの高級サービスが得られること

btn_free_regist

VIASOカード(年会費無料・ネット通販に強い!)

viaso_01
サブカードでもうひとつ、人気急上昇中なのが三菱UFJニコスのVIASO(ビアソ)カードです。eショップ利用すれば、ポイント還元が追加で加算:Amazon.co.jpや、Yahoo!ショッピング、楽天市場などなどネットショップで最大10%以上のポイント還元!

入会キャンペーンも激アツ!いきなり最大6,000円相当プレゼント中という太っ腹なカードです。VIASOカードについてもっと詳しく勉強する → VIASOカードはVIASOeショップを駆使したキャッシュバックでお金が貯まる!ネットショッピング特化カード

499801

年会費 年会費無料!
還元率 0.5%~最大10%まで!
発行まで 最短1営業日で発行!
強み キャッシュバックが熱い!海外保険もしっかり付帯。

btn_free_regist

まとめ

このようにクレジットカードの限度額を上げる方法はいくつかあります。通常は日々クレジットカードを利用しているうちに突然カード会社から限度額を上げた旨の通知が来るケースがほとんどですが、学生の場合はほぼ無いと言っていいでしょう。それでも海外旅行などでどうしても今の限度額では足りない場合は、クレジットカード会社へ連絡をしてみてください。カード会社としても多くの金額を使ってもらうことは利益になりますので、ほとんどの場合は相談に応じてくれるはずです。ただし、何度も言いますがそれには支払い遅延が無いことが大前提ですので、日ごろから支払い遅延には気を付けてくださいね。

こういう機会に、サブカードを作っておくと安心ですね。