クレジットカードの使い方

学生がクレカで一時的に限度額を30万円に引き上げたいときのやり方(海外旅行などの前に!)

クレジットカードの限度額とは

全てのクレジットカードには『限度額』の設定というのがあります。これはこのクレジットカードで買い物などがいくらまで支払えるかという金額設定のことです。

クレジットカードの利用限度額というのは、「この金額までなら自由に支払いで使ってもらっても構いませんよ」という金額のことです。例えば:利用限度額30万円のクレジットカードであれば30万円まで自由に買い物で使えますし、利用限度額100万円のカードなら100万までOK・・・という具合ですね。利用限度額というのは、そのカードで使える上限金額ということです。なお、会社によっては利用限度枠やショッピング枠と呼んだり、業界関係者だと与信枠やS枠と呼んだりもします。これらはどれも全く同じ意味の言葉です。

クレジットカードの限度額は、契約者の返済能力に応じた金額に設定されています。ですから、学生で何百万円の限度額というのは初めからそもそも設定することはできません。まあそもそもそんなに大金は使えないので使いすぎて破産するようなことはないのが、学生クレジットカードの安心な点ではあります。

※小ネタですが、消費者金融が発行されているカード(キャッシングカード・ローンカード)は何度かきちんと返済ができれば、通常のクレジットカードより簡単に金額を上げていけるのも事実です。

利用限度額ってどういう仕組みになってるの?

次に、利用可能額の仕組みと考え方を理解しておきましょう。例えば30万円の利用限度額のあるクレジットカードを10万円使ってしまった場合には30万円-10万円で、残り20万円まで利用できるわけですが、この残り20万円という部分が利用可能額、もしくは利用可能残高と呼ばれるものです。つまり、あといくらまでそのカードが使えるかの金額が利用可能残高にあたります。

利用限度額を越えてしまうと、カードの利用はできなくなってしまいます。ですから、利用限度額いっぱいに使うのではなく、余裕を持って使うようにしましょう。

支払い日を過ぎれば利用可能残高は戻る

では、利用可能額が20万円まで減少してしまったこのクレジットカードは、今後も20万円までしか支払いに使うことが出来ないのかといえばそんなことはありません。利用可能額はクレジットカード会社へ支払い(振替)をすればまた元に戻る仕組みになっています。ですから、毎月毎月、きちんとカード代金の支払いをしている方であれば常に利用可能残高は回復していきます。

限度額引き上げが必要になるとき

カードで公共料金やインターネット、携帯代金を支払い、ネットで買い物をしたりすると限度額が低いと、急な出費がある場合は限度額が足りなくなる時があります。海外旅行の際も現金を沢山持っていくことは怖い場合、ほぼカード決済で支払うことになりますので限度額が少ないとあまり現地で使えなくなってしまいますので困ってしまいます。

そんな場合は事前に申請しておけば、一時的に1ヵ月などの一定期間のみ利用限度額以上の金額がクレジットカードで支払いが可能になります。これは本当に便利な機能ですよね。後述しますがだいたい30万円までは上げてくれます。

限度額引き上げ方法

クレジットカードの利用限度額を一時的に引き上げるには、カード会社に事前に申請が必要になってきます。インターネットで申請する方法と、電話にて申請する方法があるので、詳細はそれぞれのカード会社に確認をお願いします。※ネットのホームページに載っている場合や、郵送されてきたクレジットカード会社のレターの内容を確認したりしてください。限度額の引き上げが必要な場合も審査があるので審査に通らないと引き上げはできません。

▼利用限度額の増枠までの流れ

  1. カード会社に増枠をお願いする
  2. カード会社が審査をする
  3. 後日、審査結果を通知

増枠申請しない方がいいパターン

仮にあなたの信用力が十分に高く、増枠に値するものであった場合には利用限度額が増えることになるわけですが、増枠依頼をしても残念ながら審査に落ちてしまうケースも意外と少なくありません。

また、あなたが保有している他のクレジットカードや、消費者金融会社への返済履歴が悪い方の場合には、増枠申請をしたばかりにクレジットカードを強制解約されてしまうケースなんていうのもあるようです。※楽天カードなどで事例があります。 増枠どころか、カードが使えなくなる可能性があります。そのため、下記の例にあてはまるような方は増枠申請しないほうが無難かもしれません。くれぐれも注意してくださいね。

▼増枠申請しない方がいいパターン

  • 返済日までにカード代金を払わないことが多い方
  • 他のカードで強制解約されたことがある方
  • 申請理由がリボ払いの返済ができないからという方
  • 銀行のカードローンや消費者金融を利用中の方
  • 無職になってしまった方(バイトを辞めた方)

一時的な増枠なら受け入れてもらえる可能性も!

増枠は増枠でも、一時的な増枠をカード会社にお願いしてみよう・・・というのも一つの手です。例をあげると、結婚式場の費用支払い、海外旅行に行くので枠が必要、引っ越しをするのでお金が必要、出産費用の支払いに…などなどの例で一時的な増枠を認めてもらえることが多いようです。

こういった事情で利用限度額を増やしたいと思っている方は、一時的な増枠を活用してみてくださいね。早い場合には30分~1時間程度の審査で増枠を認めてもらえると思います急ぎなら急いでいる旨を伝えることで、早急に対応してくれる場合もあります。

もう一枚クレジットカードを作るのもひとつの手!

強制解約される可能性もあると聞くと、増枠申請はちょっとやめておきたいな・・・という方は、思い切ってもう一枚クレジットカードを作ってしまいましょう。利用限度額は高くはなりませんが、こちらであれば仮に入会審査に落とされてしまったとしても保有カードを失わずに済むため、最悪の事態だけは避けることができます。

オススメのサブカードはこの2枚

学生がカード限度額を上げたい時は、海外旅行に行くなどのシーンが多いと思います。発行スピードも速く、海外旅行時の保険や各種サービスが充実しているセゾンブルー・アメックスが1番のオススメです。スタイリッシュでかっこいい券面デザインのため持って使っても恥ずかしくないカードです。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

amex

年会費 26歳まで無料!
還元率 0.5~1.08%
発行まで 最短即日発送
強み 海外旅行利用での強みと、アメックスブランドの高級サービスが得られること

btn_free_regist

VIASOカード(年会費無料・ネット通販に強い!)

viaso
サブカードでもうひとつ、人気急上昇中なのが三菱UFJニコスのVIASO(ビアソ)カードです。eショップ利用すれば、ポイント還元が追加で加算:Amazon.co.jpや、Yahoo!ショッピング、楽天市場などなどネットショップで最大10%以上のポイント還元!ご入会特典で今なら最大10,000円相当プレゼント中!

年会費 年会費無料!
還元率 0.5%~最大10%まで!
発行まで 最短1営業日で発行!
強み キャッシュバックが熱い!海外保険もしっかり付帯。

btn_free_regist

利用限度額は高ければ高いほどいい!?

利用限度額に達してしまうとカードが使えなくなってしまうので、利用限度額は多い方が良いように思えます。しかし、リスクを考えると、一概に高ければ高いほどいいとは言えなくなってきます。あまり利用限度額が高すぎると、利用限度額いっぱいになるまで使いすぎてしまうこともあります。

クレジットカードは、現金を使うのとは違ってお金を払っている実感が薄れてしまうので、クレジットカード初心者にとっては限度額を恒久的に引き上げることはあまりおすすめできません。さらに、一応保険はありますが、第三者に不正に利用されてしまうと、大抵は利用限度額いっぱいまで使われてしまう可能性も、ゼロとは言い切れません。

ですから、このようなリスクを少なくするためにも、利用限度額が多すぎるのも考えものになってきますよね。利用限度額は減らす(引き下げる)ことも可能です。限度額を引き上げてもらうときと同じように、カード会社に連絡することで利用限度の引き下げに対応してくれます。ちなみに、キャッシングできる金額も減らすことができるので、キャッシング枠を利用しないという人は、0円にしてもらうと良いと思います。

利用限度額の理想はいくら?

利用限度額は高すぎても低すぎても良くなく、ちょうど良い金額が理想なのはわかってもらえたと思います。じゃあ、いったいいくらがいいのか?となると思います。その人次第になるので難しいですが、一応目安となる考え方はあります。

目安として、月10万円使う人なら最低30万円くらいは利用限度額が欲しいところです。当月と翌月分は最低限必要で、さらに少し余裕を持って、ひと月に使う金額の3倍位がちょうどいいと思います。まだ学生の方は旅行に行く時だけ、などの一時的な利用限度額の引き上げは賢い使い方と言えますね。

それ以外の方法として、もっと確実なものがありますが少し時間がかかります。とりあえずカードを使っていき、利用限度額が多すぎると思った場合は少しずつ下げていく、ということをしていきます。こうすれば、自然と調度良い金額に調整されていくので確実性は高いです。

特に学生カードでは基本的に限度額が10万円固定のものが多いのですが、最大で恒常的に30万円まで限度額引き上げは可能なカード会社もあります。※その場合は親権者の同意書があれば可能という条件付きです。

学生なのでそもそも収入が無いので高額な設定はできません。万が一30万円以上の出費が必要な場合はカードを数枚用意するか、親権者が本会員のクレジットカードの家族カードを利用することをオススメします。ただし、家族カードの場合で、限度額設定が高額になっている場合は、使えるからと言ってご両親と決めた金額以上の浪費をしてしまう可能性があるの十分に気を付けてくださいね。

クレジットカードのポイント有効期限は?消滅する前に賢く使おう!

意外な盲点。クレジットカードのポイント有効期限について

クレジットカードのポイントを一生懸命貯めている方に質問です。ポイントの残高は毎月しっかり確認されていると思いますが、果たしてポイントの有効期限は確認されていますでしょうか。実はポイントの有効期限はあまり気にしていないという方が意外と多いのが現状です。

ポイントの有効期限を過ぎると、もちろんこれまで一生懸命貯めていたポイントは失効してしまいますので、ポイントは有効期限内にきちんと使い切るのが鉄則です。なお、ポイントの有効期限はクレジットカードによって設定がバラバラです。最短では有効期限が1年のものから、セゾンカードのように有効期限の設定が無い永久不滅ポイントまでとかなり多彩。ぜひ一度ご自身のメインカードのポイントの有効期限を確認するようにしましょう。

賢くポイントを使うためには?

ポイントを賢く使うためにはどうすればいいでしょうか。まず、ポイントの有効期限までに自分が狙っている商品と交換できる金額までカードを利用できるかを逆算して考えておく必要があります。例えば5,000円の商品券を狙うとした場合、ポイント還元率が1.5%のカードなら年間で約34万円のカード利用が必要になります。

これを1か月に換算するとひと月あたりに必要なカード利用額は約29,000円。賢くポイントを使うためにはこの数字が現実的に達成可能かどうかを考える必要があります。もし、この利用額に届かなければ5,000円の商品券と交換することができないので、別のそんなに欲しくもないアイテムと交換することになり、残念なポイントの使い方になってしまいます。

ポイント有効期限が無ければ安心なのか?

では、ポイント有効期限のないクレジットカードでポイントを貯めていれば安心なのでしょうか。実はそうでもありません。なぜなら、確かにポイントが失効するリスクからは解放されますが、目標を目指して数年間ポイントを貯めている間に、ポイントの交換レートが変わってしまうことがあるからです。

ポイントの交換レートの変更はこれまでのクレジットカードの歴史上、有利なレートへの変更はほとんどありません。つまり、ポイントの有効期限がないからといってポイントを使わずにいると、そもそもの1ポイントの価値が時間とともに目減りしていってしまうのです。そのため、たとえポイントの有効期限が無かったとしても、3~5年に一度は何かの商品に交換してポイントの目減りを防ぎましょう。そのためには、やはり交換アイテム獲得までのカード利用額をきちんと逆算して把握しておくことが必要です。

まとめ

クレジットカードのポイント有効期限の設定はカードによって様々です。有効期限が過ぎるとポイントは失効しますので、必ずポイントの残高と一緒に有効期限も確認するようにしてください。そして、賢くポイントを利用するためには有効期限の長さに関わらず、きちんと欲しいアイテム獲得までに必要なカード利用額を算出しておくことが重要です。

たとえ永久不滅でポイントを貯めているとしても、ポイントの交換レートの変更により1ポイントあたりの価値が目減りしてしまうかもしれません。そのため、永久不滅ポイントのクレジットカードを利用している方でも、有効期限が設定されているクレジットカードと同様にきちんと欲しいアイテム獲得までに必要なカード利用額を逆算しておくようにしましょう。

過去の滞納履歴は嫌われる!カードだけじゃなく、スマホ料金の支払い遅延にも注意!

PAK86_youtubemiteruo20141221140217500-thumb-815xauto-5815

過去に滞納があるとどうなるの?

みなさんは請求書が届いたら期限までにきちんと支払っていますでしょうか。もし支払っていないなら今からでも遅くありませんので、きちんと支払うようにしましょう。

滞納の履歴はクレジット会社・金融機関にバレている!

滞納の履歴は信用情報機関という組織がデータベースを構築していて、クレジット会社や金融機関などは、ほぼすべてこの信用情報機関の情報を照会しているからです。つまり、何か新しくクレジットカードを作るときやローンを組むときは間違いなくこの信用情報機関の過去の支払い状況が照会され、支払いが遅れがちなら審査が通らないということになります。

支払遅延発生から督促・事故情報としての登録まで

まず、遅延をするとクレジットカード会社はまず手紙で遅延の旨を通知します。それでも支払いがなければコールセンターから電話であなたに直接連絡が入ります。それも無視して支払いをしないと、今度は督促状が届きます。この頃になると、当然のことながらカードの利用は停止されるでしょう。なお、この督促状は支払いが完了するまで続きます。その後、延滞状態が3カ月以上継続すると、個人信用情報センターに事故情報として登録されます。

短期間であっても支払いの遅延が続くのは信用を失っていることになります

しかし、1~2ヶ月の支払いの遅延でも、何度も続くと「この人はきちんと期日を守らない人だ」「返済が困難な状況(かもしれない)」と判断される場合があるそうです。現に、俗に言うブラックリスト状態:信用情報に事故情報として載ってしまう主な理由として挙げられている中に、「約定返済日より一定期間返済が遅れたり3回以上滞った場合」とされています。

スマートフォン契約の分割払いも信用情報機関への情報登録の対象なのです!

ローンを組む予定がないから自分は関係ないと思っている方、実はその方でも無関係ではいられません。なぜなら携帯電話やスマートフォンを持っていますよね。今は携帯電話やスマートフォンも割賦と言って分割支払いで買う時代ですので、契約時には信用情報機関に照会がかかります。このとき、あまりにも過去の延滞が多いと割賦契約を断られてしまうことになりかねません。

もし携帯電話やスマートフォンを新規で購入したり機種変更をするときに割賦契約が組めなければ、本体代金をその場で全額支払う必要が出てしまいます。通常は割賦で購入するのであまりスマートフォン本体の価格を気にしたことが無いかもしれませんが、実は最近のiPhoneなどスマートフォンはかなりの高級品で、1台8万円~10万円くらいします。場合によってはパソコンよりも高価ですので、さすがに一括では購入できないですよね。

支払いの滞納は絶対にやめましょう。その後のご自身の生活が不自由になってしまうだけですから。

そもそも滞納とは?

そもそも滞納とは一体どういう状況でしょうか。滞納とは支払い日に請求額を支払わない状態です。その状態が約1カ月ほど継続されると、クレジット会社などは支払いが延滞していることを信用情報機関に登録します。この支払っていない事実を信用情報機関に登録されることが滞納や延滞と呼ばれる状態です。

こうなると信用情報機関の情報を照会できるすべてのクレジット会社や金融機関が滞納している事実を知れることになります。そして、この支払い状況の履歴は約2年間は消えません。また、滞納の履歴は「異動情報」と呼ばれ5年間は消えないことになっています。

個人信用情報は金融機関が閲覧できるようになっているため、俗に言うブラックリスト状態になってしまうと返済能力に不安があるとされて、新規のクレジットカードが発行でなくなります。

延滞は絶対避けたいという方は、こちらの記事もどうぞ。クレジットカードの支払い遅延・延滞は絶対NG!

強制退会・解約のリスクを知っておこう

また、新規のクレジットカード発行だけでなく、手持ちのクレジットカードが強制解約させられるといったこともあります。「◯回延滞をすると強制解約になる」といった明確な基準はありません。それらは各クレジット会社の裁量次第です。たった1日の延滞を数度繰り返すだけで、カード停止や強制解約になることはごく普通にありますし、延滞の日数が長かった場合には、1度の延滞で強制解約になることも十分あり得ます。

そして気を付けたいのが、延滞したクレジット会社以外のクレジット契約も、強制解約されてしまうことがあるということです。さらにさらにそれだけでなく、「ショッピングローン」「自動車ローン」「住宅ローン」などのローンを組むことも約5年間制限されることになります。支払いを遅延したローン会社だけでなく、それ以外の金融機関にも情報がいってしまうので甘く見てはいけませんね。

注意!滞納の履歴が残るのはクレジットカードだけではない

繰り返しになりますが、信用情報機関に支払い状況を登録するのはクレジット会社や金融機関だけではありません。携帯電話会社も信用情報機関に顧客の支払い状況を登録します。なぜかというと、先述したように携帯電話会社は携帯電話やスマートフォンの本体を割賦販売しているからですね。

割賦販売とはローンのようなものなので、信用情報機関に支払い状況を登録しているというわけです。そのため、多少携帯が止められても少し不便になるだけだからいいやなど考えるのは絶対にNGです。自身の信用情報に傷が付いて、ご自分の生活を不便な状態にするだけです。

誰もが注意したい携帯端末について

iPhoneやスマートフォンなどの携帯端末を分割払いで支払いをしている人も要注意です。携帯端末の分割払いは、実はローンなんです。たとえば、2年契約をする見返りに、通信会社(キャリア)がその支払い分を毎月2年間分、立替えて払ってくれる、といった仕組みになっています。ですから、口座の残高不足など何しらかの事情で通話料の支払いを滞らせると、通信会社は機器のローンを払ってくれなくなってしまいます。するとあなたに、「ローン返済の延滞」という悪い記録がつくことになります。

信用情報機関CICによれば、スマートフォンなどの携帯端末の分割払いを3ヶ月以上滞納し、ブラックリスト入りした人は一気に増え、2010年の21万人から、なんと1年間で145万人に跳ね上がったそうです。高額なスマートフォン分割払いが浸透したことも影響していると考えられます。

あなたは大丈夫?奨学金の延滞

卒業後に関わってくるのが奨学金の返済。実はこれも意外と厄介なものなんです。実際に、最近ではニュースでも奨学金未払い問題が報じられていますが、あまり取り立てが厳しくないせいか、何気なく支払いを滞納してしまっている方は多いようですね。

しかし、奨学金の未払いはブラックリストに値する行為なんです。平成20年に、日本学生支援機構は信用情報機関に登録をし、督促と返還請求に力を入れるようになりました。現状ではまだ「3ヶ月以上延滞が続いた場合に事故情報として登録する」という基準で運用をしているようですが、これがいつ変更になるとも限りません。

自分はキャッシングをしていないし、クレジットカードの滞納もしていない、という場合でも、奨学金によってブラックリスト状態になる可能性があるということです。意外な落とし穴なだけに、十分に注意する必要がありますね。

まとめ

どんな支払いでも、延滞はしないように十分に注意してください。その理由は過去の延滞の履歴が信用情報機関に登録され、あらゆるクレジット会社や金融機関がその情報を照会できるようになるからです。また、携帯電話やスマートフォンも本体を割賦で購入しているのでその支払い履歴は信用情報機関に登録されています。

携帯料金だからといって決して気軽に延滞しないようにしてください。延滞の履歴があると新しいクレジットカードの申し込みやローンの申し込みなどが受けられなくなり、自分の生活が不便になるだけでメリットは何もありません。

共通ポイント+電子マネー+クレジットカードでポイント3重取り!鬼の4重取りも?

C778_konokane-thumb-815xauto-14938

超効率的な知る人ぞ知るポイント3重取り

ポイント上級者の中で知られているポイント3重取りといポイント獲得術を耳にしたことはあるでしょうか。これはTポイントやポンタなどの共通ポイントと電子マネーとクレジットカードを組み合わせた知る人ぞ知るポイント獲得術です。学生のうちから、ここまでマネー術を極めている方はなかなかいません。クレカ所持している方の1%もいないと思います。

正直、筆者も毎回の支払いでここまでやれてないです笑

3重でポイントが獲得できますので還元率は合計で2.5%以上になることも。しかも、事前準備はとても簡単。ここではこの超効率的なポイント3重取りについてご説明しますので、ぜひこれを読んでポイント3重取りを実践してみてはいかがでしょうか。

ポイント3重取りの仕組み

まずはポイント3重取りの仕組みについてご説明します。概要はこのような感じです。

  1. クレジットカードからEdyにチャージ(クレジットカードのポイント)
  2. Edyを利用してEdy提携のポイントが貯まる(Edyのポイント)
  3. 店頭でのお会計で共通ポイントを提示(共通ポイント)

つまり、共通ポイントの提携店でEdyが使えるお店なら、簡単にポイント3重取りができるという仕組みです。代表例はコンビニエンスストアです。例えばTポイントのファミリーマート、Pontaのローソン、RポイントカードのサークルKサンクス。

それ以外でもEdyが使えるケンタッキーフライドチキンなどもポイント3重取りの対象店舗になりますので、このポイント獲得術は全国で幅広く利用することができます。ちなみにEdyを使うことで貯まるポイントは提携先が多く、Tポイント・Ponta・Rポイントのほかにもヤマダ電気のポイントやビックカメラのポイント、ANAのマイルなど幅広い選択肢から選ぶことができるようになっています。

準備するもの

では実際にポイント3重取りをするためには何が必要でしょうか。先ほどの説明でおわかりのように準備するものは以下の3つだけです。

  1. Tポイントカード、ポンタカード、Rポイントカードなどの共通ポイントカード
  2. 電子マネーEdy
  3. Edyにクレジットチャージしてポイントが貯まるクレジットカード

以上の3つです。ちなみにEdyはカードタイプでもおサイフケータイでも構いません。また、共通ポイントカードは対応しているコンビニエンスストアなどの店頭やネットで申し込みが可能ですので簡単に手に入ります。なお、Edyチャージでポイントが貯まる代表的なクレジットカードにはこのようなものがあります。

  • 楽天カード
  • ライフカード
  • リクルートカード
  • エポスカード
  • JMBローソンPontaカードVisa
  • NTTグループカード
  • SoftBankカード
  • auじぶんcardセゾン

どれも高還元率で有名なカードばかりですので普通にクレジットカードを申し込んで利用しても損はありません。そのため、もしご利用中のカードがEdyチャージでポイントが貯まらないようでしたら、この機会にこれらのクレジットカードへの入会を検討してみてもいいかもしれません。

インターネットを上手に活用して4重取りも可能に!?

インターネットでのショッピングやサービス予約では、クレジットカードの決済で貰えるポイントとは別に、クレジットカード会社の”オンラインモール”を利用することでボーナスポイントが貰えたり、ショップ独自のポイントが貰えることがあります。 2重取りや3重取りがしやすいのです。さらに、なかには4重取りが可能な場合もあるんです。

「楽天トラベル」で4重取りする方法

例えば、旅行サイトで人気の「楽天トラベル」では4重取りが可能です。 楽天トラベルはANAと提携していて、ANAのサイトから楽天トラベルのホテルプランを検索できます。そのANAの宿泊予約サイトを経由して楽天トラベルのプランを利用すると、200円につき1マイルが付与されます。

さらに利用したホテルがANA提携ホテルだと「ホテルマイル」も付与されます。そして、楽天トラベルを利用しているので、「楽天スーパーポイント」も付与されます。最後にホテル宿泊代をクレジットカードで支払うことで「クレジットカードのポイント」も付与されます。 たったこれだけでポイント4重取りとなるのです。

▼楽天トラベルで4重取りする方法

  1. ANAの宿泊予約サイトを経由して楽天トラベルのプランを利用するとポイントゲット!
  2. ANA提携ホテルを利用することで「ホテルマイル」をゲット!
  3. 楽天トラベルを利用して「楽天スーパーポイント」ゲット!
  4. クレジットカードで支払いをしてポイントゲット!

「Rポイントカード」で4重取りする方法

そして「Rポイントカード」でも4重取りができます。「Rポイントカード」は、楽天スーパーポイントをリアル店舗で貯められるだけでなく、使うこともできるカードです。楽天スーパーポイントといえば、楽天市場でガッツリとポイントを貯められるイメージはありますが、実際リアル店舗で使うことで、どれだけ貯められるのでしょうか。1か月の利用をためしにシミュレーションしてみましょう。

まず、Rポイントカード加盟店で利用する場合、基本的な使い方として「Rポイントカード」掲示で200円につき2ポイントを獲得できますね。200円で1ポイントというケースが多いなか、これだけでも還元率は高めですが、「Edy-Rポイントカード」を使えばさらに200円で1ポイントを獲得できるのです。つまり、200円で3ポイント獲得できるということですね。

さらに、ポイントを賢く貯められる4重取りの裏ワザも存在します。1,000円(税抜)の利用で25ポイント、つまり2.5%の還元率を1回の来店で得る方法は以下のとおりということです(1,000円を利用した場合)。

  1. 「楽天e-NAVI」で「楽天Edy」にチャージ⇒ 5ポイント
  2. 「Rポイントカード」をレジで提示⇒ 10ポイント
  3. 「楽天Edy」で支払い⇒ 5ポイント
  4. 「楽天チェック」でチェックイン⇒ 10ポイント

「ANAマイル」でポイントを4重取りする方法

さらに、「ANAマイル」でも、対象のクレジットカードから楽天Edy をチャージするだけで、マイルが通常の2倍貯まるので、最大4重取りすることも可能になります。ANAカードから楽天Edy へチャージするだけで、マイルを貯めることができるのです。対象のANAのクレジットカードは、下記の3種類になります。

  • ANA JCBワイドゴールドカード
  • ANA ダイナースカード
  • ANAカード プレミアム

※ANAアメリカン・エキスプレス®・プレミアム・カード、ANAアメリカン・エキスプレス・スーパーフライヤーズ・プレミアム・カードは本サービスの対象外になります。

このように、ポイント重ね取りのパターンは探せばたくさんの方法があると思います。 身近なところで、重ね取りの方法を探すのも面白いと思いませんか? ぜひあなた独自のポイントゲット方法を見つけてみてくださいね。

まとめ

ポイント3重取りは共通ポイント、電子マネーのEdy、Edyチャージでポイントが貯まるクレジットカードを組み合わせた知る人ぞ知るポイント獲得術です。準備も簡単で、Edyチャージでポイントが貯まるクレジットカードをお持ちならすぐに始められます。ほとんどの商品が定価で販売されているコンビニエンスストアでのお買い物がお得になりますのでぜひ実践してみてくださいね。

クレジットカードの支払い遅延を起こさないための注意点まとめ!

51d00f59c7b77f5ff76721126d639aac_m

まずは確認。クレジットカードの延滞とは?

みなさんはクレジットカードの支払い期限をきちんと守ってますでしょうか。1人暮しをされている方だとクレジットカードのほかにも電気・ガス・水道・家賃・携帯電話と色々なタイミングで支払い期限が到来するので支払いに翻弄されている方もいるかもしれませんね。でも支払いの延滞だけは絶対にNGです。なぜならたった一度でも支払いを延滞すると、その記録は信用情報機関に登録され、約1年は履歴が残ってしまいます。

また、延滞が3カ月以上におよびブラックリスト化されると、もう新しいクレジットカードの申し込みや、車や教育のローン、キャッシングなどあらゆる金融サービスの審査がほとんど通らなくなってしまいます。そのため、延滞は絶対にしてはいけないと強く認識をしましょう。

ブラックリストとは?

まず、そもそも金融業界にブラックリストというものは正式には存在しません。金融業者が加盟している信用情報機関に、「事故情報」が載ってしまうことを一般的に「ブラックリスト」と読んでいます。この個人信用情報というのは、加盟しているクレジットカード会社や金融機関、ローン会社などが閲覧できるようになっているものです。

もっと詳しく知るなら、こちらから:クレジットカードのクレヒスの恐怖!ブラック・スーパーホワイトって何?どうやって回避する?

延滞になるまでのステップ

クレジットカードの引き落としは口座振替になっているケースがほとんどです。そのため、うっかりすると引き落とし当日に残高が不足して支払いが遅れるということは良くあることだと思います。ではこの状態は延滞でしょうか。実はこの状態ではまだ延滞ではありません。実は、延滞になるには時間的な猶予とクレジット会社の配慮があります。そのため、その猶予期間内にきちんと支払いを済ませれば延滞として信用情報機関に登録されることはありません。ちなみに延滞までのスケジュールはこのようなイメージです。

  • 残高不足で引き落としができない(支払い日当日)
  • 支払依頼書が自宅に届く(支払い日から約1週間後)
  • 支払依頼書の支払い期限の超過(支払い依頼書期限の1週間後)
  • クレジット会社からの期限までに支払わないと延滞になる旨の連絡。(さらに2~4日後)
  • クレジット会社指定の期限の超過(クレジット会社からの連絡の約1週間後)
  • 延滞

このように、実は引き落とし日当日から実際に延滞になるまで約1カ月弱の猶予があります。

また、そこまで到達するまでには、ご丁寧にクレジット会社からコンビニエンスストアで支払える支払い依頼書が郵送されたり、電話での注意喚起の連絡などが入るようになっています。ただ、だからと言って決して安心しないでください。なぜなら支払い依頼書で支払う段階でもうすでにクレジット会社へ支払う事務手数料(通常300円程度)が発生しているからです。

結論として、期限にきちんと支払わないことが、クレジット会社に迷惑をかけるのと同時に、無駄な手数料を支払うことにもなるということです。これではせっかく一生懸命ポイントを貯めていても元も子も無いですね。

延滞を起こさないための注意点

では、支払い延滞を起こさないためにはどうすればいいでしょうか。それにはこのような基本的なことをきちんと実行することが大切です。

  • 支払い日の確認
  • 口座の残高の確認
  • 支払い依頼書が届いたら期限までに必ず支払う
  • もし支払い依頼書の期限を超過したらすぐにクレジット会社に即連絡する
  • そもそもカードを使い過ぎない

基本ですね。ただ、支払い日とその当日の残高については忘れてしまうこともあると思います。そんな時は銀行のメールサービスを利用するのがオススメです。銀行のメールサービスでは前日までの引き落としの予告や、引き落とし日当日の残高不足を連絡してくれます。これなら忙しい方でも支払い依頼書を受け取る前に支払うことができそうですね。

また、遅延を起こさないために以下のポイントも最低限おさえておきましょうね。

銀行口座への入金を絶対に忘れないこと

まずは当たり前のことですが、銀行口座への入金を忘れないことです。人によっては引き落とし用の口座を分けている場合もあるかと思います。ですから、入金日を忘れないように、「毎月◯日には◯◯銀行へ入金する」というリマインダーを設定しておきましょう。

スケジュール帳で管理するのも良いですが、期日に携帯電話のアラームが鳴るように設定しておいたり、前述のように銀行のメールサービスで設定をしておくのも良いと思います。

リボ払いに変更する

指定日に引き落とせなった場合、その理由として、「そもそもお金が足りない」「お金はあるのに入金し忘れた」の2通りがあるかと思います。残高不足にならないよう、日頃から引き落とし日と金額を確認しながら利用するようにしましょう。そして、「今月はついクレジットカードを使いすぎてしまったな・・・。」という時には、あとからリボ払いや分割払いに変更できるサービスがありますのでそちらを利用しましょう。

1ヶ月にかかる負担を少しでも減らすことで、支払い遅延を防止することができます。一度、利用しているカード会社に問い合わせてみてくださいね。※金利が上乗せされるので、なるべく使わない方がいいですけどね。

給与振込口座から直接引き落としをする

口座引落が良いと書きましたが、お金が入っていない口座で、クレジットカードの引落前に毎月わざわざ入金しているようでは意味がありませんよね。会社の給与が振り込まれる口座など、メインで使っている口座を、そのまま引き落とし口座にしておくことが大切です。

そうすると、「入金忘れ」を防止することになり、しかも残高が潤沢なので、支払い日を意識せずとも、気が付けば自動で引き落としが完了しています。忘れっぽい人でもできる、遅延の防止策です。

支払い日を変更する

クレジットカード会社によっては、支払い日を変更できる会社もあります。たとえば、三井住友VISAカードは、カード発行後であっても支払い日を26日か10日に変更することができます。25日に給与が振り込まれる会社も多いので、26日を引き落とし日に設定しておけば、口座残高にビクビク気にすることもなくなり、スムーズに支払いをすることができます。

三井以外にも、支払日・締め日が変更できるカードをまとめています。こちらからご覧ください。
締め日と支払日って何?主要カード会社の締め日・支払日まとめ

引っ越しをした人は要注意!必ず登録住所を変更しておこう

クレジットカードの登録住所の変更を必ずしておくことも大切です。利用料金の延滞が発生して、「再引き落とし日のご案内」や「支払督促状」が登録住所に届いているにも関わらず、引っ越しをしたあなたは、現住所で気が付かないまま、知らない間に差し押さえされる危険性があります。

日本郵便では引っ越しをした後に、近くの事業所に転居届を出しておくだけで、1年間、旧住所あての郵便物を新住所に無料で転送してくれるサービスがありますが、引っ越しをして何年も経過している場合は、「宛先不明」で返送されてしまいます。自分でも気づかないまま状況が悪化することになりますので、もし住所が変わった場合には、すぐにクレジットカードの住所変更を行いましょう。

クレジットカードの引き落とし日に残高が足りなかった・・・!

残高不足のため指定日に引き落とせなかった場合、クレジットカード会社から再引き落とし日を案内するハガキ、もしくは書面が届きます。この案内は、だいたい引き落とし日から1週間前後で届くようです。この案内には「親展」と書いてありますが、表には「督促」とは書かれていません。ですから、シールをはがすか封筒の中身を見なければ、「督促の郵便」ということは分からないと思います。郵便物が届いたら早急に確認する癖をつけておきましょう。

案内には、指定日に引き落とせなかったこと、金額、再引き落とし日、延滞金がある場合には手数料のほか、支払いが確認できるまでカードの利用ができないことが記されています。二度目の引き落としがないカード会社の場合、コンビニや金融機関で利用可能な振込用紙が入っていることもあります。用紙が届いたらすぐ振り込みをしましょう。

残高不足に気付いたら・・・

再引き落とし案内が到着する前に残高不足に気づいた時、やむを得ない理由で前もって引き落とせないことがわかっている時は、早めにカード会社に連絡しましょう。早めに連絡しておけば、再引き落とし日を変更したり、カード会社の指定口座に振込みで支払うことができるので、それによって本来はかかる延滞金をゼロにできるかもしれません。返済の遅延という情報も信用機関に残ることになるので、なるべく早く対応するのがいちばんです。

また、信用情報が気になるという方は、開示請求を行いましょう。個人信用情報機関に記録されている記録は、1,000円ほどの手数料を支払うことで誰でも照会することができます。

引き落としの案内を放置しておくと・・・

再引き落としの案内がきているのに、口座に入金せずそのまま放置していると、クレジットカード会社から電話による支払いの督促がなされます。ちなみに、再引き落としがない会社の場合、一度引き落としができなかった時点ですぐに電話がかかってくることもあります。連絡がつくまで繰り返し電話はかかってきます。

電話では、「いつまでに支払いをするか」を約束します。電話でクレジットカード会社に伝えるときには、例えば「給料日が30日なので翌日以降なら支払える」というように、理由と日程を具体的に伝えることが大切です。支払い日は、確実に支払える、なるべく早めの期日を設定しましょう。支払日が延びると、その分延滞金も加算されていきますし、信用も失われていきます。

そして、この電話で約束した日にも支払えなかった場合、なおかつ何も連絡しなかった場合、カード会社によっては今後の更新を拒否されたり、強制的に解約処分にされる場合があります。その結果、その人の「個人信用情報」には「支払いの延滞」や「強制解約」などといったマイナス情報が記録されてしまいます。本来の引き落とし日から支払完了日までの期間によっては、強制解約にならなくても「延滞」情報が載ってしまうことがあります。

裁判になることも!?

3ヶ月の支払い遅延を続けると、裁判所から支払督促状が届くことになるのですが、それでも支払いをしない場合には、銀行口座や給与が差し押さえられることになります。支払督促状が届いてから二週間以内に異議申立てをして、クレジットカード会社と分割返済の交渉ができれば和解することができますが、その期限にも遅れた場合には、ただちに差し押さえが執行されてしまいます。ここまできてしまうと、生活にも大きく影響を及ぼしてしまいます。手遅れにならないように、早めに動くことが大切ですね。

まとめ

カードの支払い日に引き落としができない場合、カード会社によってはその日のうちであれば何度か引き落としをかけてくれる場合もあります。ですから、残高不足に気が付いたら、その日のうちにとりあえず口座に入金をしてしまいましょう。本来なら1日2日程度遅れたくらいでは信用情報に影響はありませんが、何度も繰り返すとさすがに危険です。気が付いたらすぐに支払いを済ませましょう。

クレジットカードの支払い延滞は自身の信用情報が汚れますので絶対にNGです。

支払うものが多くて管理が大変な方もいるかもしれませんが、実は延滞までにはある程度の時間的な猶予がありますので、必ずそれまでに支払うようにしてください。ただ、それに甘えるのは厳禁です。なぜなら支払い依頼書が届いた時点でクレジットカードへの事務手数料が発生しておりコストが無駄にかかっているのと、そもそもクレジットカード会社へ迷惑をかけているからです。延滞を起こさないためには支払い日や口座残高の確認など基本的なことばかりです。

そうはいっても多忙な日々で管理が難しいという方は銀行のメールサービスを利用してみてください。引き落としの予告と残高不足をアラートしてくれるので支払い遅延の発生リスクを大幅に下げられます。

人間は忘れる生き物です。そのため、自分の記憶に頼るよりは仕組みを利用した方が確実です。この機会にぜひ銀行のメールサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

クレジットカードの海外・国内の旅行損害保険ってなに?

クレジットカードの旅行損害保険とは?

みなさんは旅行へ行くときに旅行保険を申し込むでしょうか。海外旅行の場合は、旅行の申し込みをしたときに旅行代理店で保険も一緒に申し込むケースが多いと思います。一方で国内旅行ではわざわざ保険を申し込む方はかなり少数なのではないでしょうか。一部の損害保険会社では国内旅行や日帰りの出張でも不測の事態に補償がされる保険商品の販売もされていますが、特に学生の方でこのような保険に入られる方はかなり少ないと思います。

これはよくよく考えると少し怖いことですよね。なぜなら、たとえ国内旅行でも馴染みのない土地で盗難に遭ったりトラブルに巻き込まれて経済的な損失が出たら、とても不安になりますからね。そんなとき、クレジットカードを持っていると経済的な損失が補償されるケースがあります。実はクレジットカードには旅行保険が付帯されているものがあるんです。これがクレジットカードの旅行損害保険と呼ばれているものです。ちなみに、旅行損害保険というのは、国内外の旅行中に見舞われたケガや病気、携行品損害などを補償してくれる保険です。

旅行代理店で申し込む保険と比べてどちらがいいの?

では、旅行代理店で申し込む旅行保険とクレジットカードに付帯されている旅行損害保険はどちらがお得なのでしょうか。一般的な旅行損害保険はおおむね5泊6日の旅行で約4,500円程度が多いようです。一方、クレジットカードの旅行損害保険は自動で付帯されていますので、別途保険料が発生することはありません。そのため、額面だけを考慮するとクレジットカードの付帯保険が一見お得に見えます。

クレジットカードの付帯保険の注意点と得策

それでは旅行に行く時はクレジットカードさえ持っていれば旅行損害保険に加入しなくても問題ないでしょうか。実はそうでもありません。というのも、クレジットカードの旅行損害保険の補償内容は一般的には損害保険会社が提供する旅行損害保険よりも補償の金額が少ないからです。中には年会費の高額なゴールドカードのように旅行損害保険が1億円付帯されているものもありますが、一般的なポイント還元重視のクレジットカードではそこまでの補償は望めません。

では結局のところ、クレジットカードを持っていても別途旅行損害保険に加入すべきなのでしょうか。ところがそうとも言い切れません。なぜなら、クレジットカードを複数枚持っていると、損害補償個別で受けられるケースがありますので、所有のクレジットカードの組み合わせによってはやはり別途で旅行保険に入るのと同等の損害補償額を確保することが可能になるからです。

まとめ

クレジットカードに付帯されている海外・国内の旅行損害保険は旅行中のケガや病気、携行品損害などを補償するものです。追加費用がなく自動で保険が付帯されているのがメリットですが、一方で一般的には損害保険会社が提供する旅行保険と比べると補償額が少ないのがデメリットとなっています。

しかしながら、クレジットカードを複数枚所有していると、その組み合わせによっては個別に補償を受けることができ、合算すると損害保険会社提供の旅行保険に匹敵する補償額を実現することも不可能ではありません。そのため、旅行に行く前にはぜひ一度お手持ちのクレジットカードの補償内容を確認してみてくださいね。なお、補償対象となるには条件がありますので、確認はカード会社に直接問い合わせるのが安心です。また、旅行保険のためだけに複数枚のクレジットカードを作るのは個人の与信枠が圧迫されてしまいますので、旅行損害保険のためだけにたくさんのカードを作るのは控えるようにしましょう。

学生がクレジットカードを作って、使うべき理由を考えてみた。

CON_katawo15092721-thumb-815xauto-13058

学生がクレジットカードを利用する6つのメリット

「クレジットカードって、そもそも社会人向けの、いわば収入がある人に対して提供されている支払手段なんじゃないの?」と思っている方もいらっしゃるかと思います。

しかし、一般的に学生でもクレジットカードを利用するメリットは色々考えられます。例えば、ネットでの支払いが簡単であったり、手持ちのお金が無くても買い物ができたりなどはわかりやすく一般的なメリットですよね。

ちなみに、大学生のクレジットカード所有率はどのくらいかというと、とある民間企業の2015年3月のアンケート結果によると、学生のクレジットカード保有率は約42%もの比率になったとのことです。つまり、現代の大学生は、全体の約半数の方々がクレジットカードを所有しているということですね。

そんな中、特に学生のうちからクレジットカードを作って使うべき理由は大きく6つあると考えられます。まず、ポイントが溜まること、信用が溜まること、経験が溜まること、家計管理が学べること、付帯保険が付いているということ、最後に卒業後も利用が可能だということです。

これら6つの蓄積されるものがあるということが学生がクレジットカードを利用する大きなメリットだといえます。長い人生を考えると学生でいられる時間はとても短いものです。そんな学生生活をより充実したものにするため、ぜひクレジットカードを作って使っていただければと思います。

①「ポイントが貯まる」について

クレジットカードを使うとポイントが貯まりますが、では実際にどの程度ポイントは貯まるのでしょうか。仮に生活費の大部分の支払いをクレジットカードにしてシミュレーションをしてみましょう。まず、水道光熱費が1万円、携帯代が同じく1万円、食糧や日用品の購入が2万円で毎月の合計利用額が4万円とします。すると、年間で約50万円のカード利用があることになります。学生にオススメのリクルートカードなど、還元率の高いカードならポイント付与率が1.5%はありますので、獲得ポイントは年間で7,500円。これが4年間合計すると、なんと3万円分ものポイントが貯まることになります。

たかがポイントを思っている方もいらっしゃると思いますが、学生生活の中でここまでポイントが貯まるとなれば、少しポイントに対する考え方も変わるのではないでしょうか。

②「信用が溜まる」について

学生がクレジットカードを作ると利用限度額がかなり抑えられたカードが発行されます。それは定職についていないこともありますが、カード会社にとってはまだ申し込みをした方がきちんとコンスタントに支払いをしてくれる人かわからないからという理由もあります。

学生のうちにクレジットカードを利用して、遅れなくきちんと支払いをすることで信用が溜まっていき、その積み重ねの結果、クレジットカードの利用限度額が上がっていくということです。
クレジットカードの限度額が少ないと、学生のうちは不自由なく使えるかもしれませんが、社会人になると少し心細いものです。

ぜひ学生のうちに信用を貯蓄していきましょう。

③「経験が溜まる」について

クレジットカードを利用して買い物をするというのは便利な半面、つい使い過ぎてしまうというデメリットも隣り合わせなのは事実です。しかし、だからといってこの先ずっとクレジットカードを使わないで生きていくというのは現実的ではありません。

常に多くの現金を持ち歩くのは危険ですし、海外旅行ではクレジットカードが必須になります。そのため、クレジットカードを避けるのではなく、学生で限度額が少ないうちにクレジットカードの使い方を経験として学ぶということがとても重要になります。

このアイテムは本当に自分にとって必要なものか、ポイントが貯まるからといって無駄にクレジットカードを使っていないか、支払いは間に合うのか、など、クレジットカードのリテラシーを身につけるためにもぜひ学生のうちからクレジットカードを使ってみてください。

④「家計管理を学べる」について

クレジットカードに不安を感じている学生は、「持っていると使い過ぎてしまうのではないか?」と思っている人も多いのだと思います。こういった点から、これから学生として生活をする息子や娘に、クレジットカードを持たせることは、良くないと感じている両親もいるはずです。

しかし、それは不安に感じることばかりではありません。クレジットカードは、利用額やキャッシング枠の上限が決まっており、学生カードはそれが一般カードよりも低く設定されているため、そもそもむやみに使って返済が大変なことに!なんていうのはほぼあり得ません。

また、現在のクレジットカードの明細は、郵送で送られてくるものではなく、ほとんどのカード会社で「今いくら使っているのか」という現在の利用状況を、ネット上で逐一確認ができるようになっています。つまり、カードでいくら何に使っているのかを確認することを習慣にすれば、家計簿をこまめにつけなくても家計管理をすることができるようになるというわけです。

クレジットカードに慣れている親は、わざと子どもに入会させて仕送りを送金する手間を省いている人もいるくらいです。クレジットカードを利用することによって、社会に出る前に、お金の使い方や管理の仕方を学べるのは良いチャンスになるので、親を説得してカードをもたせてもらうというのも悪くはないということですね。

⑤「付帯保険がついている」について

クレジットカードを持つことに不安を抱えている人にとって怖いと感じるのは、カードが盗まれたり、不正利用されたりしないかということだと思います。しかし、現在発行されている多くのクレジットカードには、とても安心な「ショッピング保険」や「カード盗難保険」といった保険が付帯しています。

そして、クレジットカードの中には、海外を中心とした旅行保険が、なんと年会費無料で付帯しているものもあります。学生のうちに旅行をしようと考えている人にとっては、むしろ持っていないと損をしてしまう可能性があるんです。万が一のことを考えて不安が拭えない人は、このような付帯保険の内容を見て、カードを選ぶ基準としても良いかと思います。

⑥「卒業後も利用が可能」について

「学生のうちに作った学生専用のクレジットカードだから、どうせ卒業したら使えないんでしょ?」と思われがちですが、そうでもないんです。

学生のうちに作ったカードは、社会人になってからも基本的にそのまま利用することが可能です。審査不要でカードを持つことができるということになるので、余計な手間も省けていいですよね。

また、社会人になった段階や「25歳以降は〜」など決まりはありますが、自動的に一般カードや、ゴールドカードなどにグレードアップされるクレジットカードも多く存在します。20代の若いうちからゴールドカードを持つことができるなんて、相当かっこいいことだと思います。

学生のうちから作っておくだけでこんな特典があるなら、作っておいて損はないどころか得になるのではないでしょうか。

学生クレジットカードの審査基準や限度額は?

学生向けクレジットカードを発行する際の審査基準や限度額はどのようになっているのでしょうか?その前に、「なぜ一般的に安定した収入のない学生に、カード会社はクレジットカードを発行するのか?」といった理由についてイメージしておくと理解しやすいかと思います。

カード会社が学生向けのクレジットカードを発行している主な理由として考えられるのは、「学生の大多数は、保護者から資金援助を受けており、クレジットカードを発行してもその利用代金の回収はさほど難しくない」という点です。

つまり、仮にカードを渡した学生が代金を踏み倒してしまったとしても、その保護者が代わりに返済してくれるという『補償』を見越しているのです。
もちろんですが、利用限度額を低めに設定することで、万が一の時の損失も小さくしています。

また、先ほどもお話ししたように、学生の方々自体の消費行動も活性化している昨今において、カード会社としても買い物の際に現金ではなくクレジットカードを使ってほしい、という狙いもあるということが伺えます。

そのため、学生のクレジットカード審査では、基本的には学生本人ではなく親権者の収入状況を重点にして審査されます。もちろんですが、学生本人がアルバイトをしていたとしても、学生本人に信用力を求めるのは難しいということなのでしょう。

親権者に向けての審査では、クレジットカード会社によっては学生本人の年収欄の記入内容を審査結果に反映させることもありますが、子供が学生であるということで年収は気にせず審査OK!とするところの方が多いみたいです。

当サイトの審査に関するより詳しい記事はこちら。
学生でクレジットカードの審査落ち…何が原因?

現在の学生のクレジットカードの限度額は10万~30万円あたりが一般的です。これら利用限度額は、各カード会社によって、またはクレジットカードの申し込みをしたときの審査によって設定され、どのくらいの限度額が設定されるかは各クレジットカード会社の独自の基準によります。

学生専用クレジットカードに申し込むには

どこのカード会社でも、学生が得意なインターネットを利用した「オンライン入会」が簡単で便利です。申し込み前には、「引き落とし用の銀行口座」と「連絡用のメールアドレス」の2つを準備しましょう。

引き落とし用の銀行口座は、全国の都市銀行・地方銀行・信用金庫が提携銀行となっていて、ほとんどの銀行を選ぶことが出来るので、すでに持っている銀行口座で大丈夫でしょう。
ただ注意したいのが、「楽天銀行」や「じぶん銀行」「セブン銀行」と言った、ネットバンクは対応していない場合があります。申し込みたいクレジットカードの条件などをよく読んでから申し込みをしましょう。

また、入力ミスには十分注意してください。落ち着いて正確な情報を入力しましょう。本人確認書類の提出を求められることもありますが、指示通り提出すれば問題ないので、特に気にする必要はありません。

審査の結果は、登録したメールアドレス宛に「審査結果メール」というものが届くのですが、学生の方が学生専用クレジットカードへ申込む場合、ほとんど審査は通過すると思って良いでしょう。「審査結果メール」が届いてから、最短で3日、長くても5営業日でカードが自宅に届きます。営業日なので、土日を挟むと約7日間必要となりますが、発行が混んでいなければそんなに時間はかからないはずです。

まとめ

こうやってみてみると、学生がクレジットカードを作って使うメリットはたくさんあるということがわかりますね。

4年間使えばポイントがかなり貯まったり、次にコンスタントに支払いをすることで信用が溜まったり、クレジットカードに関する経験が溜まり、家計を管理できるようになったり・・・。なにも、クレジットカードにマイナスなイメージばかりを持つ必要はありません。クレジットカードも使い方次第で、良い社会経験を積むための材料になるんです。

特にクレジットカードの利用に関するリテラシーは社会人になってから必要になるものです。ぜひ学生のうちにクレジットカードを作って使って、望ましいクレジットカードの使い方を身につけるようにしていただければと思います。他の学生から大きくリードをつけましょう!

AmazonカードとAmazonStudentの組み合わせ【Amazonをたくさん使う学生にオススメ!】

amazon_student_logo_small3

学生なら絶対に会員になるべきAmazonStudentとは?

学生ではないAmazonユーザーにとって本当にうらやましく思われているAmazonStudentという会員サービスをご存知でしょうか。もしAmazonを利用していて学生なのに、このサービスに入っていなかったとしたら、それはとても勿体ないことです。なのでぜひ一度このサービスを確認してみてくださいね。ここで簡単に概要を説明するとこのような感じです。

  • 本の購入で10%ポイント還元
  • 通常年会費3,900円かかるお急ぎ便がたったの年間1,900円で使い放題になる
  • 対象のKindle本を月に1冊無料で読める
  • 最初の6ヶ月は無料で便利さをお試しできる

いかがでしょうか。プライムサービスがお得に使えて、しかも本の購入でポイント還元が10%です。本の販売は法律で割引販売が禁止されていますので、ポイント還元というかたちで安く購入できるのは嬉しいサービスですよね。また、無料体験の期間がなんと6ヶ月間もあります。 この無料期間の6ヶ月間は、通常有料のお急ぎ便や日時指定便が使い放題となるので、どんどん利用しましょう。

ほかにもキャンペーンは頻繁に行われています。たとえば本だけでなくコミックや雑誌を買っても10%ポイント還元とか、服・ファッション小物・シューズ・バッグ・ジュエリーなどの対象商品がクーポン利用で5%割引になるキャンペーンなどがあります。メールでどんどんお得な情報が流れてくるので、登録したらメールをこまめにチェックすることをおすすめします。もし今現在学生をされている方なら、ぜひAmazonStudentを一度検討してみてはいかがでしょうか。


>>今スグAmazon Studentの詳細を見る!

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3
※特典が、こんなにいっぱい!

Amazonを頻繁に利用するならAmazonカードがおすすめ

そして、Amazonを頻繁に利用するなら、クレジットカードはAmazonカードがおすすめです。まずは簡単にカードスペックについて説明いたします。

  • 年会費:初年度無料。次年度以降1,350円(1度でもカード利用があれば無料)
  • 還元率:Amazon利用時1.5%~2.0%。通常利用時1.0%
  • 学生申し込み:もちろん可能

年会費が実質無料でポイント還元率が高いかなり高スペックなカードとなっています。通常の還元率が1.0%あれば、普段使いのカードとしても十分に利用価値がありますよね。そしてこのAmazonカードのメリットは、なんといってもAmazonを利用した時の還元率が驚異の1.5%以上ということ。ポイント還元率が1.5%を超えるクレジットカードは本当に数少ないので、かなり貴重な高還元率カードと言えます。

Amazonカードはどれくらいで作れる?

時間も選ばずいつでもできるので、カードの申し込みはWEB上で済ませるのがベストです。Amazonではクレジットカードの即時審査を行うことができて、指定時間内なら即時に審査結果が通知されるようですが、あいにく学生では即時審査は受けることができないようです。

しかし、ものの2時間程度で審査結果のメールが届いたのでこれはこれで即時審査と呼べるぐらい早いです。わたしの場合、Amazonのクレジットカードの審査に2時間程でパスしました。カードは原則2営業日後に発送されるそうです。クレジットカード会社によっては1週間以上待つこともあるので、十分早いと言えます。

AmazonStudent会員になるための条件って?

AmazonStudentの会員になるための条件は以下の通りです。

  • 日本国内にある大学、大学院、短期大学、専門学校、高等専門学校の学生であること
  • 「ac.jp」等の学生用Eメールアドレス(当サイトの基準によります。)を持っていること(学生用Eメールアドレスがない場合は、学生証の写しなど学生であることを確認できる書類をカスタマーサービスにお送りいただく必要があります)
  • Amazon.co.jp のアカウントを持っていること
  • 年会費をお支払いいただくためのクレジットカードまたはVisaデビットカードを持っていること(親権者の同意があれば、親権者のクレジットカードまたはVisaデビットカードでも可)
  • Amazon Student 会員限定の特典やキャンペーンなどの、お得な情報をメールで受信することに同意いただけること
  • 未成年者の場合は、親権者の同意があること
  • Amazon MasterCardゴールド付帯のAmazonプライム特典を受けていないこと

大学生だけでなく、大学院生や短大生、専門学生までも対象となります。会員になるためには自分自身または親御さんのクレジットカードの所有も必須のため、ぜひこの機会に一緒にAmazonカードを発行してしまいましょう。

また、学生ではない人がインチキができないように、学生用のメールアドレスの提出は必須です。しかし、それらが発行されない学校もあるようで、その場合はアマゾンカスタマーサービスに学生証や在学証明、または受講証明書の写しを送る必要があります。

Amazon Studentに入会する前に知っておきたいこと

Amazon Studentに入会する前に、注意事項をしっかり確認しておきましょう。まずは、会員になると、最大4年は自動更新されるということ。4年経つと、Amazonの上顧客として年会費3900円の通常のプライム会員に晴れて昇格します。というより、自動的に一般会員になります。大学1年生のときから入っていたとしたら、もし留年してしまっても5年目からは一般会員になるということですね。

それから、無料期間である最初の6ヶ月はKindle本の提供はありません。紙の本をお得に買ってくださいという意味でしょう。また、他の会員メリットとは併用できないことと、無料期間を何度も使うことはできません。こういったセコいことができないよう、クレジットカードでの登録が必須なのでしょうね。

さらに、AmazonStudentに登録したものの、「結局ほとんど利用してないし、解約したい!」という方は、半年以内に登録を解除すれば会費は発生しません。しかしうっかり半年が経過すると、有無を言わさず会費が発生いてしまいます。また、当然ですが、AmazonStudent会員資格は共有できません。

AmazonStudentは就職活動も応援してくれる!?

AmazonStudentには就活応援ストアといって、就活生のためのコンテンツも揃っています。スーツや書籍、各種マニュアル本など、ほしいものがすぐに手に入れられます。詳しくは下記のリンクを見てみてください。

就活応援ストア:https://www.amazon.co.jp/b?node=2411604051&tag=warudorado888-22&camp=1567&creative=28771&linkCode=ur1&adid=0K75XGVD7APJY8BHYDX9&

友達を紹介でクーポンをゲット!

また、AmazonStudentの会員が、友人や家族を紹介すれば、紹介一人につき1,000円のAmazonクーポンが貰えるます。FacebookやTwitterなどでも友達に紹介できます。誘い方としては、500円ずつ山分けしよう、というのが一番無難でいいかと思います。

親御さんにもいいことたくさん!

ここからは、親御さんにAmazonStudentに登録することを説得する材料として活用してください!(笑)未成年の方は必見です。

AmazonStudentで子供の浪費をチェックできる

大学生のお子さんを持つ親御さんはみなお金のことで苦労します。でも、かわいい我が子のためにはケチケチしすぎるのも可哀想です。必要な物は買ってあげたいけれども、どうせなら安くお得に買えるほうがいいに決まってます。

そんなときにはAmazonStudentを活用しましょう。登録は子供の学籍登録を利用、支払いは親のクレジットカードを指定すればOK。これなら支払いの明細は親に届きますから、アマゾンで好き放題に買い物をされようものなら、即刻利用を制限できます。当然、子供ともしっかり話し合ってルールを決めておく必要がありますが、無駄な浪費をチェックできます。親も管理ができるというのは安心ポイントですよね。

AmazonStudentを活用して子供たちに安心感を与える

AmazonStudentを利用して、必要な本や文房具などはどんどん買っていいんだよと子供に伝えます。そうすることで、「親に期待されてる、任されてるんだな。心配かけないようにがんばんなきゃ」と漫画のように上手いこと行くかはわかりませんが、親が子供を信頼しているということは伝わるはずです。常に支えてくれている人がいるというのは心強いものです。そういった安心感が根底にあれば、学生として勉強、サークル活動、友人との交流など若いうちに体験しておくべきことに集中できるはずです。

AmazonStudentを活用して子供たちに勉強に集中してもらう

最近では奨学金を借りて大学に通う学生も少なくありません。学費を稼ぐために、昼夜を問わずバイトしている苦学生の話も聞きますが、それでは何のために大学に通っているのかわからず、本末転倒です。

AmazonStudentを利用することで、学費を捻出することはできませんが、本やパソコンを買うのを躊躇したり、そのためにバイトしてお金を稼ぐのでは無駄が多すぎます。また、本屋や家電店まで行くのには時間もお金もかかります。

Amazonならぽちっとすれば、必要なときに自宅まで送ってくれるんですから、わざわざ店に行くのにかかっていた時間をもっと有意義に活かせるという訳です。日本では、必死で勉強する大学生はほぼ絶滅状態かもしれませんが、勉強にかぎらず学生のうちしかできないことって、あるわけですよ。

それを親として、ひっそりと暖かく見守る、その方法の一つとしてAmazonStudentがあると考えれば良いのではないでしょうか。自分でお金を稼ぐようになると、絶対親の有り難みが身にしみてわかるはずなので、子供の心を育てるためにも、生活に無駄がないように仕向けるのも親の心遣いでしょう。

まとめ

学生でAmazonを頻繁に利用するならAmazonStudentが断然お勧めです。なぜなら、プライムサービスが格安で利用できて、本購入のポイント還元率が10%。しかも月に1冊ですが対象の本がKindleで無料で読めてしまいます。ちなみに、Kindleはあまり知られていないようですが、専用端末が無くてもスマホやタブレットを持っていれば利用可能です。OSはiOS、Androidのどちらも対応していますのでご安心ください。

そして、Amazonカードを利用することによって、Amazonでの購入でさらにポイントが貯まりやすくなります。また、Amazon以外の利用でもポイント還元率が1.0%ありますので、このカードは普段のお買い物でも十分にポイントが貯まりやすいカードと言えます。こんなにメリットがたくさんのAmazonStudentとAmazonカード。学生の方ならぜひ検討してみてください。ちなみにですが、AmazonStudentは放送大学の学生でも申し込みが可能ですので、もうすでに学校を卒業して社会人になった方でも利用できるチャンスはありますよ。


>>今スグAmazon Studentの詳細を見る!

ACマスターカードは【最速で】今すぐクレジットカードが欲しい学生への唯一の選択肢!

発行が最速!ACマスターカードについて

このチャンスを逃したらかなり後悔するけどお金がない!というようなことはないでしょうか。バーゲン最終日のショッピングや急な合コン、人気のある好条件のアルバイトの面接に急に行けることになったなど、滅多にあることではないですが、でも絶対にこのチャンスを逃したくないという局面が人生にはあるものです。

そんな時、ただ手持ちのお金が無いというだけでその大切なチャンスを逃すのはとてももったいないですよね。そういうシチュエーションで心強い味方となるのが今回ご紹介するACマスターカードです。

ACマスターカードの基本スペック

ACマスターカードはテレビCMでも永作博美さんがおなじみのアコムが発行しているクレジットカードです。特徴はなんといっても業界一のカード発行の早さ。全国47都道府県で即日発行に対応しています。しかも土日・祝日もOKというのですから驚きですよね。

インターネットで事前申し込みをしておくと、なんと最速30分で審査結果の連絡が入ります。あとは最寄りの自動契約機(むじんくん)にて契約が完了すればACマスターカードが手に入るという驚異の発行スピード。これなら大事なチャンスを逃すこともありませんね。ちなみにACマスターカードの基本的なカードスペックはこのようになっています。

  • 年会費:無料
  • 還元率:ポイントプログラム無し
  • 学生申し込み:可能
  • 最短当日受け取り可能


btn_free_regist

その他のメリットについて

ACマスターカードは発行が早いことの他にもメリットがいくつかあります。まず、利用枠が大きいこと。ACマスターカードはショッピングの枠だけではなく、自動的にキャッシングの枠も設定されますので、合計するとかなり大きな利用枠が付与されることになります。

高校を卒業する頃になると、従兄など近い親戚や友人、あるいはバイト先の先輩などが結婚する機会が出てきて、急な出費に見舞われるケースも増えてくることでしょう。そんな時は利用枠の大きなこのACマスターカードが強い味方になってくれます。結婚式のお祝いはキャッシングで、ドレスやスーツの新調はクレジットカードで対応することができてしまいます。

また、ACマスターカードの特徴的なメリットとして、支払いがすべてリボ払いになるということがあります。そのため、お会計の時にレジで1回払いにしても請求はすべてリボ払いの一定額となり支払いがとても楽なんです。ただ注意しておきたいのが、リボ払いは金利が高めに設定されているということ。使い過ぎだけは十分に気をつけてくださいね。アコムマスターカードはリボ払い専用のカードではありますが、口座振替・支払額増額を利用することで実質1回払いとすることも可能です。

学生の方でも、消費者金融と契約することにためらいをもつ方がいると思いますが、サービスの中身を見てみると、利息はクレジットカードとほぼ同じですし、融資、返済の利便性では、消費者金融の方が上回っています。

アコムマスターカードでしたら、会社名のロゴが入っていないので財布に入れていても恥ずかしくないデザインですし、友人と一緒の時にカード払いをしても、違和感は全くないのでおすすめですよ。

早速アコムマスターカードを申し込む方はこちらから。

smp_arrow

限度額 10~300万円
発行まで 最短即日受取りOK

学生でもACマスターカードは作れるの?

アコムのホームページには、「20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方は申込み可能」と記載されています。つまり、20歳以上でアルバイトなどの安定収入があれば学生でも問題ありません。年齢と安定収入の条件をクリアしていれば、申込みは可能です。

一方、収入の入る時期が不定期ですと、審査に落ちる確率が高まります。アルバイトなどで月に一回以上の収入があることが望ましいです。また、仕送りやお小遣いなど、人からもらったお金は収入とみなされないので注意してください。

最速でカードを発行してもらうための手順

ACマスターカードのスピード発行サービスを利用する際の大まかな手順と必要書類についてまとめました。ぜひ参考にしてください。

①ネットで申し込みをする

まず最初に、ACマスターカードの公式ホームページから申し込みをしましょう。ネットなら学生さんは使いこなせるでしょうし、24時間365日申し込みを受け付けているので、とても便利ですよ。
公式ホームページ:http://www.acom.co.jp/p/lineup/credit.html

②審査結果の通知

最短で30分で審査の結果が出ます。直接連絡が来るので、申し込みをしたら待っていれば大丈夫です。審査が通過すると、あとは契約を完了させてカードを発行するだけです。

③むじんくんで契約とカードの発行

いよいよ最終段階です。カードは郵送してもらうこともできますが、カードの発行がその場で行われるため『むじんくん』という自動契約機で契約からカード発行まで済ませることをおすすめします。むじんくんは年末年始を除いて年中無休なんです。店舗により異なりますが、基本的には営業時間は8時~22時です。遅い時間でも対応しているのがとても便利ですよね。

この契約のときには本人確認書類として、運転免許証を持参しましょう。交付を受けていない方は健康保険証などでも大丈夫です。また、本人確認書類に記載の住所が現住所と異なる場合は以下のいずれかが必要になります。

  1. 電気・ガス・水道・NHKの領収書(携帯は×)
  2. 社会保険料の領収書
  3. 地方税・国税の領収書
  4. 納税証明書

いずれも日付が6ヶ月以内のものを用意してください。また、まだ学生なのでないとは思いますが現在の借り入れ総額が100万円を超える方などは、上記とは別に収入証明書(源泉徴収票や給与明細)が必要になってくるので注意してください。

学生はいくらくらい借りれるの?

だいたい利用限度額はどの会社でも大差ないと考えてください。学生に設定される利用限度額は、10万円、30万円、50万円のうちのいずれかです。目安として、年収が30万円以上だと利用限度額は10万円、年収90万円で利用限度額は30万円、年収150万円で利用限度額50万円くらいになります。これは、総量規制という制度が存在するためです。総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。

家族や周りの人に内緒でカードが作れるの?

学生でカードの申し込みをすると、バイト先の情報、実家の連絡先や学校名、名前や勤務先や収入といった親の情報を聞かれる場合があります。特に、親元を離れてひとり暮らしをしている学生の場合は実家の連絡先を聞かれるケースが多いようです。親の収入や学校名はあくまで参考情報なので、聞かれずに済むこともあるようです。

ただ、ここで心配なのは「親や学校に連絡されるのか」ということですよね。ちなみに学校には何があっても連絡が行くことはないので安心して大丈夫です。クレジットカードを申請するにあたり、「まわりの人にバレたくない!内緒にしたい!」と考えている人は多いと思います。そこで、家族や周りの人に知られずにクレジットカードを作る方法を紹介します。

1.申し込み方法やカード発行方法を郵送にしない!

アコムには、ホームページ・電話・むじんくんなど多くの申込方法が用意されています。郵送以外の方法で申し込みやカードの発行をすれば、申込書類が郵送されてくることはありませんので、安心してください。理想は申し込みはホームページで、契約とカードの受け取りはむじんくんにするのがベストです。

2.自宅への確認電話を阻止せよ!

一番ダイレクトにばれてしまうのが自宅への確認電話。申込時、自宅の電話番号を記入しなければ電話がかかってくることもありません。つまり、「固定電話を引いていない」と申告するのです。しかし、家族にアコムの利用経験者がいた場合は、そこから嘘だということがばれる可能性もあるので注意しましょう。

3.勤務先への電話も阻止せよ!

バイト先、つまり勤務先への在籍確認も、クレジットカードの審査には重要なことです。しかし、アコムの担当者に相談すれば、別の方法で対応してくれるケースもあります。たとえば、勤めていることを証明する書類、たとえば給与明細などを提出すればそれだけで在籍確認OKとなる場合もあるようです。

ちなみに勤務先への連絡は、最初の申し込み時の1回きりなので、それ以降は気にしなくて大丈夫です。

4.カード利用中も油断は禁物!

利用中に自宅に届くのが利用明細。知らず知らずのうちに家に届いていて、家族にばれてしまった!ということも少なくはないようです。アコムの利用明細は、ホームページ(会員ページ)からも確認できます。会員ページで明細を確認するように設定を変更しましょう。電話かホームページ(会員ページ)から設定を変更することができます。

5.返済の延滞はダメ!

まずは延滞などの問題を起こさないことが第一です。しかし、なかにはどうしても返済が難しい時もあるかもしれません。その場合は、あらかじめアコムに連絡し、「いつまでに支払います」としっかり約束しておきましょう。そうしておけば、約束の日まで返済を待ってもらえますし、アコムから連絡が入ることもありません。

万一、無断で延滞してしまった場合は、まず携帯電話に連絡があるので、この時点ですみやかに対応しましょう。ここでしっかり対応しておけば、自宅・勤務先・実家に連絡されることはありません。もしここで携帯電話に出なかった場合、自宅や勤務先に電話がかかってきます。また、自宅には催促の手紙も送られてきてしまいます。さらに、延滞が60日~90日を超える場合は実家に電話がかかってくるケースもあります。

6.最初にアコム側に希望を伝えておくのも大切

アコムの担当者に「自宅(実家)や勤務先に連絡しないでほしい」「郵便物を送るのはやめてほしい」と伝えておけば、アコム側も配慮しますし、相談に乗ってもらえます。余計な連絡を防ぐためにも、事前にアコムへこちらの希望を伝えておきましょう。

申し込み前に知っておきたいこと

ACマスターカードには発行が早いという最大のメリットがありますが、中にはデメリットになる点もあります。申し込み前に事前に、もう少しACマスターカードについて知っておきましょう。自分にあったクレジットカードを選んでくださいね。

ポイント制度や付帯保険などの特典がない

一般的にクレジットカードと言えば、ポイントプログラムや付帯保険など様々な特典が付いているものが多いです。しかし、ACマスターカードには、その手のものが一切ありません。ショッピングとキャッシングといった基本機能が備わっているのみとなります。ポイントを貯めるなどの楽しみがありません。すぐにお金が必要という方にはおすすめですが、そういったポイントに魅力を感じるという方にはおすすめできないカードです。

支払方法はリボ払いのみ!

リボ払い専用カードなので使い方次第で手数料が掛かります。しかし、20日までのご利用分を翌月6日までに全額支払ってしまえば手数料が掛かることはありませんので、手数料が心配な方でも利用することができます。インターネット返済が便利でおすすめです。

【ACマスターカードの利息の計算方法:実質年率14.6%として、残高5万円、利用日数30日の場合】
利息=5万円×0.146÷365日×30日=600円

ちなみにですが、利息の計算方法は上記の通りです。ぜひ参考にしてください。

まとめ

業界一の発行スピードを誇るACマスターカード。急な資金不足のときには心強い味方となってくれることでしょう。また、利用枠が大きい一方で、支払いはすべてリボなので万が一使い過ぎてもカードの支払いで紛糾することにはなりません。ただし、リボ払いは金利がかなり高いということは覚えておいてくださいね。ちなみに、カードの券面にはアコムを連想させるデザインや文字は一切なく、普通のマスターカードのような雰囲気になっています。なので、お会計の時に抵抗があるということは一切ありませんのでどうぞ安心してください。

① 最短即日スピード発行

他社カードの審査に通らなかった方にも試していただきたい、便利な診断コースがあります→カード発行可能かどうか、すぐに診断!3秒診断コースをご用意。今すぐに申し込みで、最短30分後には審査回答。必要であれば、その日のうちにマスターカードをお受け取りいただくことも可能です。仕事帰りや、土日祝日も受け取りが可能!※営業時間:9:00~21:00/年中無休(年末年始は除く)

② 急な海外旅行にも対応!

世界210を超える国や地域で使える国際ブランド「MasterCard」だから、海外旅行・海外出張先で使うことも可能です!急な予定変更などでも、他のクレジットカードに比べて早く作りやすいカードなので人気です!

③ 公共料金支払いに便利!

インターネット・ケータイ料金の支払いや公共料金の支払いにも、もちろんお使いいただけます。通販や日々のショッピングだけでなく、定期的な支払いもクレジットカード払いに変えて、楽々支払いが済みます!

申込みはこちらから。

smp_arrow

限度額 10~300万円
発行まで 最短即日受取りOK

学生の2枚目以降サブカードとして即日発行のセゾンカードがオススメ!

saisoncard

サブカードとしてクレジットカードを持つとはどういうこと?

クレジットカードの上級者の考え方として、メインカードとサブカードという考え方があります。これは、1枚のカードでは使い勝手や還元率などすべての要望を満たすことが現実的に不可能なため、メインのカードに不足している機能を補うものとしてサブカードを用意するという考え方です。

メインカードというのは、その名のとおり、日常の買い物から休日のレジャーまで、生活のすみずみで、ずっとながく使っていくクレジットカードのことをいいます。これに対し、自分がその時点でよく行くお店などでの特典が大きく、そのお店でだけ集中的に使い込んでいくカードは、「サブカード」などと呼ばれています。一般的な方の場合、クレジットカードはメインカード1枚、サブカード1~2枚の、合計3枚くらいを持つのが、もっとも使い勝手がよく、管理も楽だと言われています。

たとえば、学生専用のライフカードは高還元率で使い勝手が良く海外のショッピングもお得に利用できるけど、限度額が少ないからもう一枚カードが必要だったりしますよね。このようなサブカードの候補として、学生の方には特にセゾンカードがおすすめですので、詳しく説明させていただきます。

セゾンカードの基本スペック

まずは、セゾンカードの基本スペックからご説明します。

  • 年会費:永年無料
  • 還元率:基本0.5%。イトーヨーカドーとセブンイレブンの利用でnanacoポイントが1%加算。
  • その他:毎月5日・20日および特別開催日は西友・LIVIN・サニーでのお買い物で5%OFF。
  • 現金が無くて一時的にピンチのときも、キャッシング機能が使える!

年会費が永年無料のクレジットカード!

年会費が永年無料というのは、ながく付き合っていくカードとしていちばん大切なポイントになってきますよね。ほかのほとんどのクレジットカードでは年会費がかかってくるので、所持するためのコストがかからないというのはかなり重要です。

特に、ここ数年では、クレジットカード各社は収益を安定させるため、年会費が有料のカードを中心に発行していく戦略に切り替えつつあります。こういったことになったきっかけは、法律が変わったことにあります。総量規制という制度ができたため、クレジットカード会社の貸付け金額は年収の1/3までに制限されてしまいました。

クレジットカード会社はカード会員に対して多くの貸し付けができなくなったため、キャッシングサービスで大きな利益を出すことが難しくなってしまったということです。こういった部分を補うために、多くのクレジットカード会社は年会費を取るようになったのですね。

だから、セゾンカードならクレジットカードを使って支払うときに、金利のかからない「1回払い」をいつも選ぶくせをつけておけば、年会費も金利も一切かからず、キャッシュレスの便利さだけを、ずーっと受け続けることができるというわけなんです。とっても賢い使い方ですね!

ポイントは永久不滅!

クレジットカードを用いるメリットとして、キャッシュレス生活ができることの次に大きいのが、買い物や公共料金の支払いのたびに貯まっていくポイントを、好きな商品に交換できるという点です。ところが、このポイントシステムは意外とクセモノで、たいていのクレジットカードのポイントには有効期限がついています。一番多いのは、有効期限が2年というもので、ほかには1年、3年や、最後にカードを使った日から1年、のようなものあります。

一方、クレジットカードは、その時どきの暮らしぶりの変化により、よく使うカードが一時的に変わることがあります。たとえば、引っ越しで最寄りのスーパーがイオンになったのでサブカードとしてイオンカードを作ったら、しばらくはそればかり使うようになったけど、2年後にまた引っ越しをすることになり、今度はイオンが近くにないので、前に使っていたメインカードばかり使うように戻った、というようなケースです。こんなとき、もしメインカードのポイントの有効期限が2年しかなかったら、メインカードに戻ってきた頃には、ずっと前からコツコツためていたポイントが、きれいサッパリ、消えてしまっていることになります。

ですから、ポイントシステムは、有効期限のないものを選ぶのがいちばんです。この点、セゾンカードのポイントシステムは、有効期限が全くない永久不滅ポイントです。少しずつ、コツコツと、長い期間ポイントを貯めて、ぜひともステキな商品と交換していただければと思います。永久不滅ポイントは、普段の生活でクレジットカードを普通に使っているだけで、いつの間にかたくさん貯まっています。なんだかちょっと、嬉しい気分になりますよね。

さらにポイントが30倍に!?

永久不滅ポイントのスゴイところは、有効期限がないことにとどまりません。最近はインターネットでお買い物をすることが増えた方が多いと思います。そのネットショッピングの際に、「永久不滅.com」というポイントサイトを経由してからお目当てのショッピングサイトに移動し、買い物をすると、その買い物によって増える永久不滅ポイントが、最大で通常の30倍にも跳ね上がります。

永久不滅.comは、ポイントサイトとして日本最大級の人気サイトで、その提携サイトは、楽天、amazon、ヤフーショッピング、ヤフーオークション、ベルメゾンネット、ニッセン、ニトリ、DHC、じゃらん、ショップチャンネル、無印良品、アップルストア、セブンネット、ユニクロ、ヤマダ電機などなど、その数530以上と、日本を代表するネットショッピングサイトをほぼ網羅しています。事実上、ほぼ全てのネットショッピングでポイントをがんがん増やして貯めることができるんです。

それに、永久不滅.comを経由する方法はとっても簡単です。「かんたん経由ボタン」という便利ツールを一回だけ設定しておけば、二回目からは経由すら要りません。つまり、実際には、単に買い物するだけで、永久不滅ポイントがザクザク貯まっていくことになるワケです。そして、ザクザク貯まったポイントは、もちろんステキな商品と交換することができます。

なぜセゾンカードがサブカードとしておすすめなのか?

カードのスペック的には一般的なセゾンカードですが、学生の方のサブカードとしておすすめのポイントがいくつかあります。それはまず限度額が30万円~と高額なこと。次にポイントが永久に消滅しないこと。最後に最速で即日発行が可能なことです。

限度額のゆとり

まず、限度額ですが、通常の学生専用クレジットカードは限度額が10万円程度に設定されていることが一般的です。そのため、普段生活する分にはそこまで不自由はないのですが、いざ海外旅行に行った時は少し心細くなってしまいます。そんなときに、サブカードとしてセゾンカードを持っていれば、限度額はメインカードとの合算で40万円まで増枠しますので、心おきなく海外でショッピングを楽しむことができるようになります。

永久不滅ポイント

また、ポイントが永久に消滅しないということがサブカードにとっては大きなメリットです。なぜなら、あくまでセゾンカードはメインで利用するわけではないので、使い方にムラができることが予想されます。たとえば、海外旅行に頻繁に行った年は利用が多くて、そうではない年は利用が少ないなどです。そうなると、利用が少なかった年に貯めたポイントは、欲しい商品の交換まで到達する前にポイントが消滅してしまいますよね。そんなとき、セゾンカードの永久不滅ポイントなら、ポイントは永久に消滅しないので、たとえ5年間くらい海外旅行に行く機会がなくてカードを一切利用しなくてもポイントが消滅することはありません。これはサブカードにはぴったりのポイントプログラムといえます。

海外旅行の前にも作れる、即日発行!

最後にセゾンカードは即日発行が可能ですので、急な出費でもカバー可能です。もし、メインカードの限度額がいっぱいになっていても、セゾンカードを発行することでカードを利用してのショッピングが可能になりますね。

ピンチの時にも、キャッシングでカバー可能

普段はあまり使わないでほしい機能ですが、現金が無くて、あと5日間仕送りが来ない!バイトの給料が入らない!なんて時にはキャッシング機能で一時的に現金をセゾンカードから借りることができます。これは学生で他社のカードではなかなかできないことです。

まとめ

メインカードとしてはもちろんですが、サブカードとして優秀なセゾンカード。その理由は、学生でも限度額が30万円と利用枠が大きいことと、カードの使用頻度が少なくても不利益がない永久不滅のポイントプログラムが適用されること。さらには即日発行が可能であるという点です。メインカードでは満たせない不足が出たときには、ぜひセゾンカードの発行を検討してみてください。もちろん年会費は無料ですので、安心のために持っているだけでも損はありません。

セゾンカードを作るならこちらから。

セゾン系列で最もオススメ!セゾン・ブルー・アメックスの申込・詳細はこちらから!

amex

年会費 26歳まで無料!
還元率 0.5~実質1.5%
発行まで 最短即日発送
強み 海外旅行利用での強みと、アメックスブランドの高級サービスが得られること