カード紹介

学生でも作れる、地銀系クレジットカードの総まとめ!地銀系よりお得なクレジットカードもご紹介。

地方銀行のクレジットカード

クレジットカードは「三井住友VISAカード」や「イオンカード」など、カード会社や大手銀行が発行している商品が注目されます。その裏で地方銀行もひっそりとクレジットカードをリリースしています。

学生のクレジットカードを探す時に「地方銀行」も1つの選択肢となり、地域によって地銀のクレジットカードの方が魅力的なケースもあります。

地方銀行と都市銀行

全国に銀行はたくさんありますが、それを大別すると「都市銀行」と「地方銀行」に分けることができます。

都市銀行は東京や大阪など、大都市に本店を置く銀行です。それに対して地方銀行は各地方に本店を置く銀行です。

銀行の規模や資本資金など細かいところを見ると、都銀と地銀はいろんな違いがあります。しかし、利用者の視点から大きな違いを説明すると、これはシンプルに「利用条件」に注目しておきたいところです。

地銀と都銀の利用条件

ここでいう「利用条件」というのは、口座開設を含めてその銀行を利用するための条件を言います。

都市銀行の場合、口座を開設するために特別な条件はありません。例えば、北海道に住んでいても沖縄に住んでいても都市銀行に口座を開設することができます。

地方銀行の場合、その銀行がある地域に住んでいる、あるいはその銀行がある地域で仕事をしているなど、特別な条件が設けられています。例えば、北海道銀行の口座開設は「お申込みは北海道内に居住の方に限定します。」となっています。沖縄に住んでいる方が北海道銀行に口座を開設することができないわけです。

こうした「利用条件」はクレジットカードを作る場合にも関係する内容なので、カードを選ぶ際に注意をしておきましょう。

銀行系クレジットカードの特徴

銀行系クレジットカードというのは「都市銀行」と「地方銀行」の両方を含めて、クレジットカードの引落口座をその銀行に指定しなければならないケースが多いです。特にキャッシュカード一体型なら必然とその銀行の口座が引落口座となります。そのため、一般的には「メインバンク」として口座を開設している銀行において、銀行系クレジットカードを作るという流れが多いです。

銀行系クレジットカードはメリットもデメリットもありますが、後から後悔しないためにも最初に「メインバンク」をしっかりと決めることがとても大事です。その銀行自体に魅力を感じるなら、多少クレジットカードのスペックが悪くてもトータル的に見ると十分にメリットのあるカードとなり得ます。

地銀5社のクレジットカード紹介

こちらの『地銀ネットワークサービス』では、全国の地方銀行を一覧でリサーチできるので便利です。自分の住まいの地銀を探したい時に活用してみてくださいね。

さて、以下はランダムに有名どころを中心に地銀系クレジットカードを紹介しているので、1つの参考としてチェックしてみてください。他の地銀のクレジットカードが気になる場合は上記のリンクから対象の地銀ページへ移動すると、そこからクレジットカード情報を簡単に見つけられます。

北海道銀行

北海道銀行はクレジットカードのラインナップが多いです。キャッシュカード一体型、キャッシュカード一体型のkitaca搭載タイプ、カードランクとしてはゴールドカードも用意されています。

以下は「道銀キャッシュ・クレジットカード・kitaca」の基本スペックです。このクレジットカードは実用性が高いです。キャッシュカード一体型に加えて「kitaca」も使えるので、いろんなシーンで活躍するカードです。

  • 年会費・初年度無料、通常1,350円、次年度の年会費優遇あり
  • ブランド・VISA
  • 特典・2,000円のギフトカードや「ステップDo」登録でATM手数料無料など
  • ポイントプログラム・ワールドプレゼントポイント、1,000円で1ポイント付与(三井住友と同じ)

琉球銀行

琉球銀行は「法人カード」も用意されており、個人向けクレジットカードはゴールドカードも作れます。

以下は学生の方にオススメとしてリリースされている「DCカードMirai」です。このカードはスペックが優秀です。旅行傷害保険が国内外で最高2,000万円付帯されており、ポイントアップ特典が豊富なので学生にとってはコスパがとても良いです。

ポイントプログラムの詳細が公式で確認できませんが、DCブランドなので「三菱UFJニコス」の「DCハッピーポイント」だと思われます。このカードは「DCカードMiraiシリーズ」の琉銀バージョンです。ポイントプログラムの詳細はこちらのDCカード会員サイトで確認できます。

  • 年会費・在学中は無料
  • ブランド・VISA、国内ブランドは「DC」
  • 特典・ショッピングの利用シーンにおいてポイント率が1.5倍~3倍、入会3ヶ月は3~4倍
  • ポイントプログラム・ポイント詳細はカード発行時のしおりを確認せよとのこと(たぶんDCハッピーポイントです)

福岡銀行

福岡銀行は「アレコレシリーズ」として、いくつかのカードがラインナップされています。ゴールドカードを除くと、学生はもちろん「専業主婦」の方でも申込可能と明言されているので相当審査が緩いと思われます。

「アレコレシリーズ」の中でも「アレコレnimoca」がスタンダードカードです。以下、そのスペックです。このカードもポイントが結構お得です。1ポイントを1円でnimocaに使うことができ、年間利用代金ランク制度から次年度のポイントアップも狙えます。

特別な特典はありませんが、クレジットカードのショッピングでもnimocaでもポイントを貯められるのが特徴です。nimocaエリアで活動する方にはメリットが高いです。

  • 年会費・初年度無料、通常1,350円
  • ブランド・VISA
  • 特典・特になし
  • ポイントプログラム・nimocaポイント、1,000円で3ポイント付与

千葉銀行

千葉銀行は地銀の中でも規模の大きな銀行です。千葉銀行のクレジットカードは「ちばぎんスーパーカード」です。3つのブランドを選べるので、好みのブランドからクレジットカードを作りましょう。

「ちばぎんスーパーカード」はリボ払い等の利率についてかなり具体的に記述されています。そのため、不明確な部分なしで納得するまで熟考できることが最大のメリットだと思います。特徴は「ひまり宣言」であり、これは千葉銀行のポイントプログラムです。年間の実績に応じてATM手数料等が無料になるという仕組みです。

メインバンクを千葉銀行にしているなら「ひまわり宣言」の恩恵は大きいですが、逆に「サブバンク」として活用する場合は実績を積むのが難しいため「ひまわり宣言」のメリットも自然と低くなります。

  • 年会費・初年度無料、通常1,350円
  • ブランド・JCB、VISA、Master Card
  • 特典・ひまわり宣言からATM手数料等が無料
  • ポイントプログラム・ひまわり宣言

「ちばぎんスーパーカード」はどうなの?と思う学生の方はJCBの「JCBカード・EXTAGE」がオススメです。これはJCBのプロパーカードで20歳~29歳までの方が対象です。千葉銀行の公式でも紹介されおり、学生にとっては普通に魅力的なカードとなります。

「JCBカード・EXTAGE」の場合はポイントプログラムが「okidokiポイント」になります。これはJCBのポイントプログラムで様々な景品と交換可能です。ポイントを使う楽しみという意味合いを含めても、こちらのカードの方が使い勝手は良いです。

横浜銀行

横浜銀行もクレジットカードのリリース数は多いです。「横浜バンクカードシリーズ」として、カードランク別から数種類が用意されています。

以下は「横浜バンクカード・VISA」のスペックです。特徴は「横浜銀行」+「三井住友VISAカード」といった感じであり、全体的にバランスが良いクレジットカードです。ハマトク情報サイトから優待を受けることができますし、ポイントプログラムは「ワールドプレゼントポイント」以外にも横浜銀行の「マイポイント」からATM手数料無料なども狙えます。

  • 年会費・無料
  • ブランド・VISA
  • 特典・ハマトクで優待
  • ポイントプログラム・ワールドプレゼントポイント(三井住友と同じ)

地銀系のクレジットカードは使える?

お得なクレジットカードかどうかを判断するためには「特典」や「ポイント還元率」などに注目するのが一般的です。この判別方法を実践するにあたり、「長期的にカードを使うこと」が前提となります。数ヶ月で解約するなら、極端にいうと「特典」や「ポイント」があろうがなかろうが微々たる差です。

さて、長期的にカードを使うということは地銀系のクレジットカードの場合、その銀行と長年に渡ってお付き合いするかどうかを決める必要があります。「いろんな銀行で口座を作れば良くない?」という考えに辿り着きますが、実際にそれをしてメリットがあるのは資金力がある人だけです。

複数の口座を持つ上でデメリットになるのは資金移動の手数料です。100円や200円とちょっとした金額でも長期的に見ると大きな出費です。せっかくクレジットカードの「特典」や「ポイント」からメリットを得ても、手数料に相殺されると意味がありません。

スペックだけを見るとどうなの?

地銀系のクレジットカードのスペックだけを見た場合、一般的な学生クレジットカードに比べてどうなのか?これは本当にカードによります。

例えば、琉球銀行の「DCカードMirai」のDCハッピーポイントはポイント倍率を考慮すると「1.0%」以上は確保できますし、旅行傷害保険まで備わっています。また、福岡銀行の「アレコレnimoca」はnimocaエリアで使うなら相当優秀です。ベースのポイント還元率が3.0%なので、nimocaを愛用するなら作っておいても全然損はありません。

逆に千葉銀行の「ちばぎんスーパーカード」は千葉銀行と連動した特典になっており、一般的なクレジットカードのような特徴がありません。それなら、学生に最適と言われる「JCBカード・EXTAGE」の方が都合が良いです。また、「JCBカード・EXTAGE」を作るなら千葉銀行のクレジットカードが除外されるので、「デビュープラスカード」や「学生ライフカード」など、一般的な学生向けのクレジットカードでも良いことになります。

一般的に有名な学生クレジットカード

銀行系のクレジットカードを作るかどうかは「銀行との付き合い方」を重視しておくのが理想です。その上で、その銀行に魅力的なクレジットカードがリリースされているなら、それを作っておいても後悔することはないと思います。むしろ、学生に人気の一般的なクレジットカードよりも、あなたにとっては実用性を含めて優秀なカードとなります。

一般的に学生に人気が高いクレジットカードについても紹介しておきます。

人気のクレジットカード

以下が代表的な学生向けのクレジットカードです。どうして人気なのかというと、年会費が安くて旅行傷害保険が付いている、ポイントの使い道が豊富だったり審査に通りやすいなど、様々な理由があります。特典やポイントは各カードによって特徴やメリットが異なりますが、一言でいうとトータル的に見た場合に失敗することが少ないので人気が高いというわけです。

各カードの説明も含めてもっとじっくり見たい方はランキングへどうぞ。
学生にオススメのクレジットカード最新ランキングもチェック!

まとめ

一般的にはすでに「メインバンク」を持っている状態でクレジットカードを作ることが多いです。社会人になると、様々な支払いを「メインバンク」からの引き落としに設定するため、なかなか「メインバンク」を引っ越せないことがあります。

学生さんにとってはクレジットカードを作る上で「都市銀行」や「地方銀行」をじっくりと選ぶのは、将来を見据えた場合に非常に効率が良いです。その過程において、魅力的な銀行系クレジットカードが見つかれば作ってみても良いと思います。

逆に「メインバンク」が決まっても、その銀行に魅力的なクレジットカードがなければ「学生向けの人気カード」を選択すれば問題解決です。また、今回紹介した「JCB・EXTAGE」など学生に人気が高いクレジットカードは好きな銀行を引き落とし口座に設定できるので、それほど焦る必要もありません。納得いくまでベストカードを比較検討してみてくださいね。

日本に真のキャッシュレス社会は来るのか?2020年、国内の電子決済比率30%へ。

あなたのお買い物は現金ですか?

みなさんは日頃の買い物でどのような決済手段を使うことが多いですか?

決済手段というのは主に4つがあり、「現金」と「クレジットカード」、「プリペイドカード」と「デビットカード」です。

カードを持っていない方は必然と「現金」で支払うことになりますが、4つの決済手段の中でも現金払いを行っている人が圧倒的に多いです。

個人消費支出の決済手段の割合

2015年時点では、個人消費支出の約75%が現金払いであるというデータがあります。残りの約25%を「クレジットカード」と「プリペイドカード」と「デビットカード」で占めている現状ですが、2020年にはこの3つの電子決済比率が30%を超えると予想されています。

3つの電子決済手段の需要は「クレジットカード」が最も高く、それに次いで「プリペイドカード」→「デビットカード」となっています。

2020年までに急成長するのはプリペイドカード

2020年までには3つの電子決済手段が個人消費支出の30%に迫ると予想されているわけですが、3つの中でも成長に期待が持たれているのが「プリペイドカード」です。

以下の「カードウェイブ」から引用させて頂いた情報を見てみましょう。

2020年の電子決済取扱高の合計は約82兆円、個人消費支出に占める比率は30%に迫ることが予想されます。そのうち最も成長が予想される「プリペイドカード決済」は、2015年現在で約8兆円程度の市場規模が、急成長により、最大で16兆円にも迫る市場へ急成長する

引用元:https://www.cardwave.jp/news/detail.php?id=19

2015年では約8兆円の市場規模が2020年には2倍の16兆円まで迫るであろうと予想されています。これは単純に計算をすると、今のプリペイドカードの普及率が2倍になるということです。

2020年が迫るに連れて自分の周りでも「プリペイドカード」所持者が増えてくるかもしれませんね。

クレジットカードが人気な理由は?

3つの決済手段の中では「クレジットカード」が一番人気です。2020年のキャッシュレス社会が到来しても、その人気は変わらないと予想されています。

「クレジットカード」がどうして一番人気なのか?

主に考えられる理由はカードの万能性と付帯特典の魅力です。「プリペイドカード」の需要が拡大しても「クレジットカード」との差はなかなか縮まりそうにありません。

クレジットカードは万能である

クレジットカードは「後払い」ができることが特徴です。様々なブランドを選択できることからも海外特化のカードを作るなど、自分にとって使い勝手の良いカードを作れることが人気の秘訣です。

「プリペイドカード」は先払いのカードであり、「デビットカード」は現金払いと同じくリアルタイムの支払いとなります。これらのカードもいろんなブランドを選べますが、クレジットカードに比べると選択肢はまだまだ少ない現状です。

クレジットカードは支払方法の自由度が高く、「分割払い」や「リボ払い」から支払額を調整できます。また、即座に完済したいなら任意返済することですぐに完済することもできます。

後払いができると資金繰りを改善させることができます。今は収入に余裕がなくても翌月や翌々月までに支払額を調達すればよいため、これがクレジットカードが万能である所以です。

他の電子決済手段よりも付帯特典が充実

2つ目の理由として考えられるのが「付帯特典」です。クレジットカードの付帯特典は「ポイントプログラム」や「保険」など、カードによって様々な特典が付帯されています。

クレジットカードはカードを使えば使うほど、何かしらの還元を受けることができます。また、その還元が「プリペイドカード」や「デビットカード」よりも高いことが多いため、支払方法の万能性を考慮してもクレジットカードを選ぶ人が多いのだと思います。

クレジットカードの難点は審査である

人気の高い電子決済手段は「クレジットカード」なわけですが、「クレジットカード」の難点は審査があることです。作りたいカードがあっても審査に合格できないケースもあるため、ここが最大のネックとなります。

「プリペイドカード」や「デビットカード」は審査がありません。申込資格を満たしているなら誰でも作ることができます。この点を考慮すると、将来的に「プリペイドカード」の需要が今の2倍になるというのは納得できる予想ではないでしょうか?

また、「クレジットカード」は使い過ぎてしまうという不安要素もあります。自己管理が苦手な方にとっては相性の悪い電子決済なので、過度な浪費癖せがある方はあえて「プリペイドカード」や「デビットカード」を作ることもあります。

デビットカードの需要が伸びない理由

2015年のデビットカード決済は7,324億円、これが2020年には1兆4,268億円になるされています。こちらも「プリペイドカード」と同様におよそ2倍の成長を遂げるという予想です。

すでに「デビットカード」を愛用している方にとっては「プリペイドカード」よりも「デビットカード」の方が需要が低いのは少し不思議に感じますね?

「デビットカード」の需要が伸びないのは主に2つの理由が考えられます。

数が少ないため自由に作りずらい現状がある

デビットカードというのは銀行口座から即時に引き落とされるため、基本的にメインバンクで作るのが理想です。デビットカードを使うために他銀行で口座を開設すると、自然とその口座をメインバンクにしなければ使い勝手が悪くなります。

現状は「クレジットカード」や「プリペイドカード」に比べると、デビットカードのリリース数はまだまだ少ないです。それは、一般的なデビットカードの認知度にも影響しているわけです。

この銀行でデビットカードを作りたいのにデビットカードがない!そんな現状があることがデビットカードの需要が伸びない大きな理由です。

J-デビットの存在がイメージ低下に繋がっている

デビットカードを語る上で「J-デビット」について触れておく必要があります。「J-デビット」は日本デビットカード推進協議会が管理するデビットカードですが、国内のほぼすべての銀行のキャッシュカードに自動付帯されているデビットカードです。

「カードウェイブ」の需要データから見ても、デビットカードは使えないという認識を持っている方が多いと推測できます。どうしてデビットカードは使えないのか?

その理由は「J-デビット」にあります。キャッシュカードに自動付帯されているのは嬉しいものの、大手コンビニやスーパーなど身近なお店で使うことができません。

J-デビットは実用性が極度に低い

「J-デビット」は「J-デビット」のマークがあるお店だけで使うことができ、オンライン決済は不可です。現状は「J-デビット」の加盟店がかなり少ないため、日々の生活で使えるお店を見つけるのが難しいです。

JCBデビットやVISAデビットの場合、それぞれの加盟店で使うことができオンライン決済も可能です。「J-デビット」に比べると遥かに実用性が高いデビットカードです。

ファミマT・デビットカードが分かりやすい例

デビットカードは知られていないだけで実はかなり優秀な電子決済手段です。

主なメリットは銀行口座からお金を降ろす必要がないため、これによってATM手数料を節約できる効果があります。また、カードによってはポイントを貯められたり、キャッシュバックを受けられるなど、「プリペイドカード」と同様のメリットがあります。

デビットカードが「プリペイドカード」に引けを取らない電子決済手段であることを証明する良い実例があります。それは「ファミマT・デビットカード」です。

ファミマT・デビットカードの知られざる事実

ファミマT・デビットカードはファミマT・クレジットカードと殆ど同じメリットがあります。

両者のカードは「ファミリーマート」でポイントがお得になることが特徴ですが、実はポイント還元率からファミマ特典までを比較しても大差がありません。

ファミリーマートでポイントをお得に貯めるためにファミマT・クレジットカードを検討しているなら、ポイント還元率だけを見るとファミマT・デビットカードでも良いことになります。

JCBデビットカードの普及に期待が持たれる

現状のデビットカードはJCBデビットカードかVISAデビットカードしか選択肢がありませんが、2017年時点では着々とJCBデビットカードの需要が増えています。

今までは「J-デビット」しか選べなかった銀行でも、今後はJCBデビットを選べるようになる可能性があります。そうなると、デビットカードの認知度も高くなり、需要も拡大するのではないでしょうか?

2020年のキャッシュレス社会を見据えて

来たるべき2020年に向け、日本のキャッシュレス化は大きな飛躍を遂げようとしています。官民を挙げての一大プロジェクトにより、訪日外国人向けサービスの充実はもちろんのこと、日本の生活者にとっても安心・便利な社会インフラの整備が進んでいます。

引用元:https://www.cardwave.jp/news/detail.php?id=19

2020年は今よりもキャッシュレスが身近な決済手段になりそうです。それまでに何かしらの電子決済手段を検討しておきたいところですね。

さて、学生の方にとっては「クレジットカード」は審査がネックとなりますが、「プリペイドカード」や「デビットカード」なら無審査で簡単に作ることができます。

「プリペイドカード」と「デビットカード」ならどちらが良いのか?これはどんなメリットを求めているのかによって変わってくるので一概に答えはありません。

一般的には「nanaco」や「楽天Edy」など、「プリペイドカード」の方が人気が高いです。しかし、ファミマT・デビットカードを始めとして、JCBやVISAの「デビットカード」を選んでおけば、両者は大きな差がないと言えます。

来るべき2020年のキャッシュレス社会に向けて、自分にとってベストな電子決済手段をじっくりと探してみてください。

ドライブ・旅行で高速道路を使うなら必須!ETCカードについてのまとめと学生でも作れるETCカードは?


ETCカードを愛車に搭載しておくと、高速道路を快適に走行できるようになります。料金所で停止することなくスムーズに通過でき支払いも後からまとめて引き落としなので本当に楽です。ETCカードはクレジットカードの追加オプションとして同時発行できることが多いため、クレジットカードを作る際にETCカードを同時申込しておくのが便利です。

ETCカードは社会人だけが利用できるアイテムではなく、学生でも発行&利用が可能です。サークル仲間や友達と高速道路に乗ってドライブへ行く、車で旅行に出かけるなど、いろんなシーンで大活躍します。

さらに、ETCカードを利用するとお得なことも。通常の高速料金が割引されたり、ETCマイレージのポイントで高速を無料利用できたりします。快適なドライブシーンに向けてETCカードを検討してみてはいかがでしょうか?

※ETC未搭載のままETCゲートに入ると、ものすごく怒られた経験があります。後ろに渋滞も作ってしまいますし最悪です。

ETCカードの歴史

今やETCカードというのは世界中に普及しているシステムですが、日本においては1997年に「小田原厚木道路・小田原料金所」で試験的に開始されたのが始まりです。その後、「東京湾アクアライン」や「福岡高速道路・榎田料金所」など、全国的に普及していきました。

ETCカードの普及率についても当初は利用者が少ない状況でしたが、2002年の「ETC前払い割引」が開始されてから普及率が上がっています。今では90%以上の利用率となっており、高速道路の代名詞と言えるほどに知名度も高くなっています。

ETCカードってどんなカード?

ETCカードというのは高速道路の料金をカード払いできるカードです。通常、料金所の支払いは係員さんに現金払いするわけですが、ETCカードを搭載しているとETC専用ゲートを通過できます。これによって混雑しがちな料金所をスムーズに通行できるというのがメリットです。

ETCカードの使い方

ETCカードを使って高速道路を走行するためには「車載器」と「ETCカード」の2つが必要です。愛車に車載器と取り付けて、そこにETCカードを挿入してセットアップをすれば完了です。

ETCカードを発行しても車載器がなければ使うことができません。また、車載器は購入するだけではなくセットアップをしておく必要もあるため、ETCカードの発行と車載器の準備を並行して進めておくのが理想です。

車載器の価格と取り付け方

昔に比べると車載器の価格はリーズナブルな価格帯となっています。一般的に5,000円~2万円ほどの相場帯で購入されることが多いです。車載器を購入する時は「車載器+取付費用」で見積もりを立てておく必要があります。

取付費用は業者によって工賃の差が大きいため、数社で見積もりを取って比較しておくのが良いでしょう。大よそ5,000円前後の取付費用が相場となっており、工賃が安い業者なら5,000円以下のところもあります。

車載器が5,000円の取付費用5,000円で合計1万円ほどの予算を立てておきましょう。また、取り付けを依頼する業者を探す際に「ETCのセットアップ」が無料かどうかを見ておくのもポイントです。

ETCのセットアップと再セットアップ

愛車に車載器を搭載したらセットアップをしなければなりません。これは愛車のナンバープレートや車両番号などを車載器に記憶させる作業です。基本的に車載器を業者に取付してもらう時はセットアップまでやってくれるところが大半です。

一度セットアップを完了すると、再セットアップをする必要は特にありません。しかし、ナンバープレートが変わったり、他の車に車載器を取り付け直した場合、あるいはけん引装置を新しく取り付けた場合は再セットアップが必要です。

再セットアップを業者に依頼する場合は車載器の購入店でなければならないということはなく、多くの業者が再セットアップに対応しています。車を乗り換えた場合などは再セットアップをしっかりとやっておきましょう。

ETCカード利用と請求

愛車に車載器を取り付けてセットアップも完了しておけば、後はETCカードを挿入すれば機能します。高速道路を走る際にETCゲートを通過すると、料金は自動的にカード払いとなります。

基本的にクレジットカードの請求は利用した月の翌々月となっているカードが多いため、ETCカードの請求も同様の認識を持っておきましょう。基本的に自分が作ったクレジットカードの「締め日」や「約定日」によるため、カードを作る際にこれらの情報を確認しておきたいところです。

ETCカードの最大のメリットは割引!

ETCカードは単に料金所をスムーズに走行できるだけではなく、ETCカード限定の割引を受けられることもメリットです。主に以下の4つのメリットがあります。

  1. 平日朝夕割引
  2. 休日割引
  3. 深夜割引
  4. ETCマイレージ

曜日や時間帯によって割引料金で高速道路を利用できるため、「平日朝夕割引」や「休日割引」などをうまく活用しましょう。ETCマイレージというのはETCを利用するごとに貯まるポイントです。

ETCマイレージは絶対に登録しておくこと!

ETCマイレージでポイントを貯めるためには「ETCマイレージサービス」に登録しなければなりません。登録方法はインターネットか郵送となっており、登録は無料です。また、年会費も無料であり一切費用が掛からないため、ETCを利用するなら「ETCマイレージサービス」に登録しておく方がお得です。

ETCマイレージのポイントは無料通行に使えるため、仕事の通勤で高速を利用したり休日にドライブに出かけることが多い方にとってはメリットが非常に高いです。高速道路の通行料金の支払額に応じてポイントが貯まるようになっているため、高速の利用頻度が高いほどポイントが貯まります。

オススメな5つのETC発行可能なクレジットカード

ETCカードを同時に発行できるオススメなクレジットカードを5枚紹介しておきます。どれも年会費無料(※一部条件付き)で発行できるカードというのが特徴で、コストを気にせずにクレジットカードを作りたい方は必見です。また、5種類すべて学生の方も申し込むことができるクレジットカードです。

ライフカード

ライフカードは年会費が永年無料です。また、ETCカードも無料で搭載できます。ライフカードのメリットは初年度のポイントが1.5倍になり、誕生日の月はポイントが5倍になることです。入会後の1年間に積極的にカードを使うのがお得です。

通常のライフカードの学生版のカードもリリースされており、学生向けライフカードも年会費とETCカードは無料となります。学生向けのライフカードは海外ショッピングの利用でキャッシュバックを受けることができるため、旅行にピッタリなカードでもあります。国際ブランドは「VISA」と「Master Card」が用意されているため、海外における使い勝手も抜群です。 

btn_free_regist

セゾンブルーアメックス

セゾンブルーアメックスはセゾンのアメックスシリーズの1種です。年会費はキャンペーンによって初年度が無料となっており、通常は年会費が3,000円必要です。2017年1月の時点では、2017年1月31日までを対象として入会キャンペーンが行われています。

入会キャンペーンの特典内容は「初年度年会費無料」以外にも、新規入会で400ポイント、入会後に4万円以上の利用で1,600ポイントのプレゼントが用意されています。金額としては400ポイント=2,000円相当の価値、1,600ポイント=8,000円相当の価値となっているので非常にお得です。

セゾンブルーアメックスは18歳以上から申し込めるため、学生の方でも申込が可能となっています。ETCカードは追加オプションとして無料付帯が可能となっています。「アメリカンエキスプレス・コネクト」からアメックスならではの特典を得られるのが特徴的なカードです。

btn_free_regist
※Apple Pay対応カードです!

VIASOカード

VIASOカードは東京UFJニコスが発行するMUFGブランドの「VIASOシリーズ」です。「ぐでたま」や「ふなっしー」など、様々なキャラクターデザインが用意されているのが特徴です。

VIASOカードは年会費が永年無料ですが、ETCカードについては発行手数料が1,000円必要です。18歳以上から申し込めるので学生の方もOKです。VIASOカードはネットショッピングでポイント10倍となり、さらにETC利用分ではポイントが2倍となります。

btn_free_regist

楽天カード

楽天カードも学生の方が申し込めるクレジットカードです。年会費は永年無料、ETCカードは540円の年会費となっています。他社に比べるとETCカードに年会費が掛かることがネックですが、通行料金100円に対して楽天ポイントが1ポイント付与されます。

ETCカードの年会費はさほど高くはないため、通行料金に対するポイント付与を考慮するとメリットは十分に得られるカードです。また、通常のショッピングも100円で1ポイントの付与ですが、楽天サービスを利用する場合は2倍や4倍でポイントを貯めることができます。

クレジットカード部門の顧客満足度第一位に7年連続で選ばれました!
btn_free_regist
※Apple Pay対応カードです!

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカードは初心者にピッタリなカードです。18歳から25歳までの方限定のクレジットカードであり、初年度の年会費が無料です。翌年度の年会費も年に1度カードを使えば無料となるので、コストが気になりません。また、ポイントはいつでも2倍で貯められるという特典が付いています。

三井住友VISAデビュープラスカードのETCカードは初年度の年会費が無料です。翌年度からは年会費が500円必要となります。

btn_free_regist
※Apple Pay対応カードです!

まとめ

ETCカードを利用するためには車載器が必要であり、車載器をセットアップすることでETCカードを使えるようになります。高速道路を利用することが多い方にとっては便利なアイテムとなるため、クレジットカードを作る際にETCカードも同時に検討してみてください。

また、ETCカードを搭載するとETC割引を受けることができるので高速料金がお得となります。そして、カードによっては楽天カードのように高速料金に対してもクレジットカードのポイントが付与されるため、2重にポイントを貯められるケースもあります。

セブンカード・プラスのカード紹介と、nanacoとの一体型で超お得に使う方法徹底まとめ

7card_top

イトーヨーカドーやセブンイレブンをお得に利用するには、クレジットカードやnanacoの活用は欠かせません。その中でもセブンカードはイトーヨーカドーグループでの割引サービスが豊富で、クレジットカードを利用するならセブンカードをおすすめします。さらにnanacoと一体型になっているセブンカード・プラスは最強のクレジットカードです。今回はこのセブンカードのメリットを徹底的に解説しましょう。

セブンカード・プラスの基本情報

セブンカード・プラスはnanaco機能付きの一体型カードです。まずはその基本性能からご紹介しましょう。

セブンプラスカードの概要

■年会費初年度無料。次年度は税別500円。年間カード利用金額5万円以上で次年度も無料。
■nanaco一体型とnanaco紐付型が選べる。(紐付型はnanacoカードとクレジットカードの2枚発行)
■国際ブランド:JCB・VISA
■支払日:毎月10日
■支払方法:1回払、2回払、ボーナス1回払(ここまで手数料なし)、リボ払い、分割払い(実質年率15%)
 ・支払い名人・・・毎月の支払金額(5,000円・1・3・5万円)を決めてその支払金額を超えた分だけリボ手数料がかかる支払方法。
・まとめ払い・・・全国の銀行・コンビニATMで残高を一括で支払うことができる。
 リボ払いはカード利用時から最初の請求までの「初回手数料」がかかりますが、支払い名人を利用した場合は初回手数料無料となります。
■ポイントサービス:nanacoポイント。

セブンカードで貯まるポイントはnanacoポイント

セブンカードはクレジットカード独自のポイントを貯めて1ポイント1円として買い物に利用できます。しかしセブンカード・プラスはnanacoポイントを貯めて、貯まったポイントをnanacoに交換して使う仕組みです。ひと手間かかりますがnanacoに交換するのは簡単です。

セブンイレブンのレジ、イトーヨーカドーのレジ・サービスカウンターの他に西武やそごうのレジなどで簡単に交換することができます。後で詳しくご紹介しますがnanacoを利用することでポイントも貯まり、直接利用するポイントよりもお得になります。

■ポイントの貯まり方

 ・VISA・JCM加盟店:200円1ポイント
 ・イトーヨーカドー・ヨークマート・セブンイレブン・デニーズ:200円3ポイント
 ・西武・そごう・アリオ・7ネット:200円2ポイント
 ・イトーヨーカドー・ヨークマート:カード提示で現金払いは100円1ポイント
 ・nanacoへのクレジットチャージ:200円1ポイント

セブンカードを持っている人は切り替えがお得

セブンカードではnanacoをチャージしてもポイントが貯まりません。またnanacoポイントが直接貯まるので、全国のセブン&アイグループの店舗の他に全国21万店のnanacoマークがある店舗でも1ポイント1円として使えます。

さらにセブンカードからセブンプラスカードに切り替えるだけで500ポイントがプレゼントされるのでお得です。

イトーヨーカドーグループでお得なサービス

セブンカード・プラスにはイトーヨーカドーグループの優待サービスもあります。お得なサービス内容を粗紹介しましょう。

イトーヨーカドー関連の優待サービス

■イトーヨーカドー8のつく日はハッピーデー

毎月8のつく日、8日・18日・18日は全国のイトーヨーカドーでセブンプラスカードを使って買い物をするか、カードを提示して現金払いをすると5%割引になります。

食料品・衣料品・住まいの品がほとんど対象となりますが、一部対象外となります。またネットスーパーは対象外です。ハッピーサービスとしてカウンセリング化粧品やちふれ・ケイトなどセルフブランドメイクがポイント10倍となるサービスもあります。

■ボーナスポイント商品

対象商品をセブンカード・プラスで購入またはカードを提示して現金購入すると、通常ポイントの他にボーナスポイントが付きます。

セブンイレブンでボーナスポイント

全国のセブンイレブンで対象商品をセブンカード・プラスでカード決済すると通常ポイント以外にボーナスポイントが加算されます。対象商品は食品・お菓子・ドリンク・雑貨その他に至るまで豊富にあり、10ポイントから100ポイント以上のボーナスポイントがもらえます。

ボーナスポイントの対象期間やポイント数はそれぞれ違うので、ホームページや店頭で確認しましょう。nanacoボーナスのマークがある商品が対象です。

その他の関連店舗のサービス

イトーヨーカドーとセブンイレブン以外の関連店舗でも優待サービスがります。

■オッシュマンズ第3金曜翌土曜日の割引サービス

スポーツショップの「オッシュマンズ」(軽井沢アウトレット店、ルクア大阪店、ルミネ立川店、オンラインストア除く)では毎月第3金曜日・翌土曜日にセブンカード・プラスでカードショッピングすると5%割引(カード引き落とし時)。

■セブン旅デスク国内旅行・海外旅行割優待サービス

国内・海外パッケージツアーをセブン旅デスクに電話で申込して、セブンカード・プラスのクレジット1回払で支払うと、ツアーの基本旅行代金が最大5%割引。さらに、セブンカード・プラスのポイントも200円につき1ポイント加算。

■ANAセールス旅行商品購入でポイントがお得

ANAセールス旅行商品(ANAスカイホリデー・ANAハローツアー)を申込して、セブンカード・プラスのクレジット払いで支払うと、通常200円につき1ポイントのところ、200円につき3ポイント。

■カラオケ館室料割引サービス

セブンカード・プラス提示とクレジット払いで、室料が30%割引。

セブンカード・プラスとnanacoの活用方法

セブンカード・プラスとnanacoを活用するには、枚数が一枚ですむ一体型カードが便利です。9割以上の方が一体型を選んでるハズです。もちろん紐付型カードにしてもサービス内容は全く一緒で、一枚にまとめるか2枚で持つかという違いしかありません。お財布を薄くするためにも一体型が良いでしょう。

なお一体型でnanacoを利用する場合はレジで「nanacoを使います」という意思表示をしないと、クレジットカードで決済されるので気をつけましょう。

イトーヨーカドーグループの利用はクレジットカードで

nanacoを利用すると100円で1ポイントのnanacoポイントが付きますが、イトーヨーカドー・ヨークマート・セブンイレブン・デニーズでセブンカード・プラスを利用すると200円で3ポイントが付きます。つまりクレジットカードを利用したほうが1.5倍のポイントが付くのです。

そのためイトーヨーカドーグループの利用はポイントを貯めるためにセブンカード・プラスで決済し、それ以外の利用でnanacoを使うことを基本にすると効率的にポイントが貯まります。

nanacoポイントクラブの活用

オムニ7はイトーヨーカドーグループの通販サイトです。この中のnanacoポイントクラブに会員メニューがあるので、これを利用するとポイントの残高などの確認が簡単にできます。
・ポイント残高履歴確認
・マネー残高履歴確認
・センター預かり分履歴確認
・ポイント交換申込
・クレジットチャージ
・nanacoギフト登録
※nanacoポイントクラブでは会員メニューの他にもnanacoに関連したキャンペーン情報が掲載されているので活用しましょう。

nanacoチャージでポイントが付くのはセブンカードだけ

セブンカード・プラスカードは唯一nanacoにチャージするとポイントが付くクレジットカードです。200円で1ポイント付与ですが、チャージはすべてセブンカード・プラスで行うとそれなりにポイントが貯まります。年会費が無料になる5万円の利用をチャージに使うと250ポイント貯まります。年会費500円が無料になり、250円相当のポイントが付くことになります。

電子マネーへのチャージでポイントが付くサービスは縮小傾向にあります。nanacoも例外ではありません。セブンカード・プラス以外ではチャージポイントが付かないのでnanacoポイントを貯めるために活用しましょう。

税金が支払えるnanaco

最近ではクレジットカードでも公共料金や税金の支払が可能です。セブンカード・プラスでもこれらの支払をするとポイントが付いてお得ですが、すべての税金がクレジットカード決済できるわけではありません。住んでいる地域によってクレジットカードを取り扱っていないこともあるからです。そんな場合にnanacoが便利なのです。

最近はコンビニ払いができる振込用紙で各種税金や公共料金を支払うことができます。この支払は現金払いが原則ですが、セブンイレブンではnanacoを現金扱いとして支払ができます。ただしそのままnanacoで支払ってもポイントは付きません。公共料金はポイント付与の対象外だからです。

しかしセブンカード・プラスでチャージすることでポイントが付くので間接的にポイントを獲得することができます。コンビニ払いでnanacoが使える主な公共料金や税金には次のような税金があります。もし自分の地域でクレジットカード決済できないものがあれば、nanacoを活用してみましょう。

支払できる税金の例

・固定資産税
・自動車税
・軽自動車税
・不動産取得税
・所得税
・住民税
・国民年金
・国民健康保険
・電気、ガス、水道料金

※追記:2017年1月より、国税のクレジットカード納付が可能になるようです。詳しくは下記より。

報道・リリース「国税庁にGMO-PGのサービスを提供~国税のクレジットカード納付における決済処理と納付サイト制作・運営を行う~」:https://corp.gmo-pg.com/newsroom/press/gmo-paymentgateway/2016/1205.html
国税クレジットカードお支払サイト:https://kokuzei.noufu.jp/

まとめ

セブンカード・プラスはセブン、イトーヨーカドーグループを利用するには、最強のクレジットカードであることがお分かりいただけたでしょうか?

同じグループのクレジットカードであるセブンカードと比べても、nanacoチャージでポイント付くといったメリットもあります。イトーヨーカドーに利用ではポイント還元率は常に1.5%と高還元率です。さらにnanacoにチャージしたポイントとそのnanacoを利用して付いたポイントを合わせると、還元率は1%になるので、普通にnanacoを利用するより2倍もお得になります。

また関連店舗での割引サービスやボーナスポイントのサービスもあります。これらの中にはセブンカード・プラスを提示するだけで受けることができるサービスもありますが、なるべくカード決済にするとさらにポイントが付くのでお得です。

このようにイトーヨーカドーグループで徹底的に使うことでセブンカード・プラスのメリットが大きくなります。まだ持っていない人はこの機会にセブンカード・プラスを作って活用しましょう。

セブンカード・プラスの申込は、こちらから。

7card_cam

年会費 初年度無料、翌年以降も1回使えば無料
還元率 0.5%、賢く使えば1.5% nanacoポイントに交換しよう!
電子マネー nanaco、QUICPay(nanaco)
強み 電子マネーnanacoと連携してセブン系列で使い倒せる!海外ショッピング保険も100万円分だけついています。店頭電子マネー用のサブカードとして持ちたいクレカですね。

smp_arrow
btn_free_regist

楽天の学生カード(楽天アカデミー)の審査・キャッシング・限度額などまとめ。通常カードとの違い、学生の特典やオススメの使い方は?

rakutencard

楽天カードは楽天スーパーポイントを貯めるには最強のクレジットカードです。学生でもスタンダードな楽天カードに申込することができますが、学生向けの「楽天アカデミー」に申込することをおすすめします。楽天アカデミーは学生限定のサービスがあり、一般カードに入会するよりはずっとお得に使うことができます。

今回は楽天アカデミーの審査基準、限度額から学生だけの特典といった、あなたが知りたい情報をすべて徹底的にご紹介しましょう。

楽天アカデミーの審査

楽天カードは審査に通りやすいことで有名です。主婦や学生はもちろんパート・アルバイトでも審査を通過した例はたくさんあります。
まして学生専用の楽天アカデミーでは、ほとんどが審査を通過すると思って間違いありません。しかし、100%審査を通過するわけではないので、反対にどんな場合に審査が通らないのかを考えてみましょう。

親の承諾を得られないとクレジットカードは作れない

未成年は単独で契約行為ができないので、クレジットカード会社は必ず親が承諾しているかを確認します。もし親の承諾なしにクレジットカードを発行して、その後親が契約の取消を求めたらクレジットカード会社は残高があっても請求することができません。

これはクレジットカード会社にとってはリスクが大きいので未成年に親の承諾なしでクレジットカードは発行しないのです。これは楽天アカデミーでも同じです。

クレジットヒストリーに問題がある

学生がクレジットカードを申し込む場合はほとんどが初めての申込でしょう。この場合過去にクレジット利用歴(クレジットヒストリー)がないので、クレジットヒストリーが原因で却下となることはありません。

しかし、2枚目以降の申込であれば既存のカードの利用状況によっては却下の理由となります。クレジットカードは作ってからの支払が最も重要です。支払の延滞はしないようにしましょう。

他に考えられる却下理由

クレジットカードを申し込むと必ず確認の電話があります。これは申込の意思確認や申込書記載事項に不備があった場合に確認するために行われます。この確認がいつまでも取れなければ却下となる場合があります。クレジットカードを申込した後はいつでも連絡が取れる状態にしておきましょう。

ただし確認電話が取れないという理由で却下されても、通常の却下とは違い申込をやり直すことは可能です。

それでは楽天アカデミーのスペックやサービス内容をご紹介しましょう。

楽天アカデミーの基本機能

■年会費:永年無料
■楽天Edy搭載
■楽天ポイントカード機能
■国際ブランド:VISA・マスターカード・JCB
■ポイント:楽天スーパーポイント(100円1ポイント)
■海外旅行傷害保険(利用付帯)
・死亡後遺障害 2,000万円
・治療費用 200万円
・賠償責任 2,000万円
・救援者費用 200万円
・携行品損害 20万円

楽天カードはすべてポイントカード機能を持つようになりました。TポイントやPontaと言った共通ポイント同じように、楽天ポイントカード加盟店で買物をすると、カードを提示するだけで現金払いでも1%のポイントが貯まります。

楽天カードの申込みはこちらから!

年会費 永久無料
還元率 通常1%、楽天では2%以上
発行まで すぐ審査、1週間ほどで手元に。
強み 楽天サービスやnanacoなど電子マネーとの相性の良さ

クレジットカード部門の顧客満足度第一位に7年連続で選ばれました!
btn_free_regist

楽天スーパーポイントの詳細

楽天アカデミーで買物をするとどこの加盟店でも100円で1ポイント貯まります。これが基本ですが楽天市場では決済手段に関係なく100円で1ポイント付くので、楽天アカデミーで決済すると合計で2ポイントが付きます。

楽天市場では「スーパーポイントアッププログラム」というサービスがあり、さらに2ポイントが付くのでトータルで100円4ポイントが標準です。還元率驚異の4%です。
このように楽天市場での買物は楽天アカデミーを含めて楽天カードで決済するのがベストです。

なお楽天スーパーポイントの有効期限は最終利用から1年なので、使い続けている限り実質的に有効期限はありません。ただし、通常ポイントの他にキャンペーンや入会特典などで付与される「期間限定ポイント」には有効期限があるので注意しましょう。

楽天アカデミーだけのポイントサービス

楽天アカデミーだけのサービス、つまり学生だけの特典をご紹介しましょう。

■楽天ブックスで本やDVDを買うとポイント5倍(100円で5ポイント)ただし入会初年度のみ。
■楽天トラベルで高速バスに乗るとポイント3倍(100円で3ポイント)
■楽天ダウンロードで本・DVDをダウンロード購入するとポイント3倍(100円で3ポイント)

楽天ブックスでの利用が最もお得ですが。残念ながらこの特典は初年度に限られています。またポイントには期間限定ポイントが含まれるので、会員専用サイト「楽天e-NAVI」でポイント有効期限は常に確認しておきましょう。

楽天アカデミーの利用限度額

通常のクレジットカードは利用枠には幅があり利用状況によって増枠をすることもできます。しかし楽天アカデミーは学生専用ということもあってカード利用枠は10万円に固定されています。学生だけではなくパート・アルバイトや専業主婦などは10万円の利用枠というケースがほとんどです。

学生や主婦は収入がなくてもクレジットカードを発行可能という例外的な存在なので、利用枠が限定されてしまうのはある程度しかたがないことでしょう。学生の間は限定された利用枠の中で上手に使っていれば、良好なクレジットヒストリーを作ることができます。

このクレジットヒストリーは社会人になったとき好きなカードを作るのに役に立つので、そのための布石と思ってできる範囲で使いましょう。

クレジットヒストリーについてはこちらで勉強しましょう:クレジットカードのクレヒスの恐怖!ブラック・スーパーホワイトって何?どうやって回避する?

学生におすすめのクレジットカードの使い方

学生にとって、楽天アカデミーが活きる特徴をまとめてみました。

海外留学・海外旅行で活用

楽天アカデミーはもちろん国際ブランドも付いているので海外でも利用することができるので海外留学や海外旅行でも便利に使えます。海外では現金払いよりもクレジットカード決済のほうが一般的です。

日本に比べると少額利用でもクレジットカードを使うので、楽天カードアカデミーを持っていくと使い道はたくさんあります。

また渡航費用などをカード決済すると海外旅行傷害保険が適用になるので安心です。もしケガや入院をしてしまった場合、海外の医療費は日本に比べると高額になります。盲腸の手術などは数百万円かかる国も多いのです。そのため健康保険の「海外療養費」という制度がありますが、日本で治療した場合の医療費の7割しか補填できません。そういったシーンで海外傷害保険がついたクレジットカードの強みが活きてきます。

楽天アカデミーの海外旅行傷害保険は治療費用補償金額200万円なので、それをカバーするには充分でしょう。

海外留学でのクレジットカード利用に関してはこちらの記事も参考に:学生が海外留学するときのクレジットカード、オススメは?注意点は?保険の使い方は?

キャッシングの活用※辛いときだけ

楽天アカデミーにはキャッシング機能をつけることができますが、学生にはキャッシングは必要ないという意見も多くあります。しかし使い方しだいでキャッシングは学生生活の強力な助けになります。※当サイトでは、なるべくキャッシングは避けようというスタンスです。借金ですからね。

学生の辛いシーンとしては仕送り直前やアルバイトの給与支払日の前など、生活が苦しいとき。このようなシーンで短期で借り入れするにはキャッシングが便利です。ただし、必ず少額・30日以内に返済できる借り入れをすることが条件です。

キャッシング・リボ払いをすると金利負担が大きくなり、メリットどころか生活に影響が出ることもあります。特に楽天カードの海外キャッシングは自動的にリボ払いになるので、海外旅行でキャッシングは行わないようにしましょう。

楽天Edyと楽天ポイント加盟店の活用

すべてクレジットカードで決済できればポイントが貯まりますが、コンビニで数百円の買物にクレジットカードを使うのに抵抗がある場合は、電子マネーの楽天Edyを活用しましょう。楽天アカデミーには楽天Edyが標準装備されているのでこれを活用しましょう。

楽天ポイント加盟店にはコンビニもあるので、サンクス・サークルK・ポプラ・生活彩家・くらしハウス・スリーエイトが近くにあったら楽天Edyで支払いましょう。1,000円利用すると楽天ポイントカード機能(100円1ポイント)で10ポイント、楽天Edyの利用(200円1ポイント)で5ポイントが貯まります。

1,000円のチャージを楽天アカデミーでしていれば10ポイント付いているので合計25ポイントになります(還元率2.5%)。こうして3つの機能を連動させるとポイントがどんどん貯まります。

楽天アカデミーを活用するならやはり楽天グループ

楽天アカデミーの活用方法としてはやはり楽天グループで利用して、楽天スーパーポイントを貯めるのが最もお得です。今なら楽天市場で利用すると最低でも100円で4ポイントが付きます。

必要な買物はほとんど楽天市場でできるので、すべて楽天アカデミーで決済しましょう。

また、電気・水道・ガス料金・スマホ料金・プロバイダー料金といった毎月必ず支払うものをすべて楽天アカデミー決済に切り替えるだけでポイントが貯まります。

例えば毎月2万円を楽天市場で利用、3万円は公共料金のカード決済にすると、
 20,000円÷100✕4+30,000円÷100=1,100ポイント(1,100円)

現金で支払うよりも1,100円お得になります。これを毎月続けていけば1年間で13,200円にもなります。楽天市場以外でも1ポイント1円で使えるところがあるので、自分の好きなところで活用しましょう。

■1ポイント1円で使える楽天グループ

楽天市場 楽天トラベル 楽天ブックス 楽天ポイントカード加盟店 楽天デリバリー 楽天銀行 楽天ID決済 楽天MART 楽天写真館 RakutenSHOWTIME 楽天ネットスーパー 楽天車・バイク 楽天GORA 楽天ダウンロード RakutenBEAUTY RaCoupon 楽天Pay 楽天Mobile 

多くのサービスがあり、今後も拡大していくことでしょう。

■ANAマイルと相互交換

2Eポイント→1ANAマイル(50ポイント以上2ポイント単位)
10,000ANAマイル→10,000Rポイント
ra

楽天ポイント交換の詳細は、公式サイトでどうぞ:https://point.rakuten.co.jp/exchange/
※画像も上記URLからです。

楽天カードの申込みはこちらから!

年会費 永久無料
還元率 通常1%、楽天では2%以上
発行まで すぐ審査、1週間ほどで手元に。
強み 楽天サービスやnanacoなど電子マネーとの相性の良さ

クレジットカード部門の顧客満足度第一位に7年連続で選ばれました!
btn_free_regist

まとめ

楽天アカデミーは入会しやすく特に楽天スーパーポイントを貯めるためには、学生にとっては最強クラスのクレジットカードです。いつも現金で支払っているものを楽天アカデミーに切り替えるだけで、ポイントが貯まるので節約にもつながります。

しかも年会費は全くかかりません。活用方法もいろいろあるので学生におすすめのクレジットカードです。持ってない人は、ぜひこの機会に作っておきましょう。→公式サイトで詳細を見る

学生専用!JALカードnaviの特典・キャンペーンを徹底解説。ほかの学生カードと比べて優れているポイントは?

jalcardcamp
JALカードには学生専用の「JALカードnavi」があります。このマイレージカードはクレジット機能付きで、JALを利用して帰省や国内外の旅行を予定している学生にとっては必需品とも言えるカードです。在学中は年会費無料でショッピングでもJALマイルが貯まり、学生専用のサービスも豊富です。今回はJALカードnaviについて徹底的に解説しましょう。

JALカードnaviの公式サイトはこちらから。

JALカードnaviの概要と特長

JALカードnaviの概要は次のとおりです。
■年会費は在学中無料
■申込資格:高校生を除く18歳以上30歳未満の学生(大学院、大学、短大、専門学校、高専4・5年生)で、日本に生活基盤があり、日本国内での支払いが可能な方
■利用可能枠10万円
■国際ブランド:VISA・マスターカード・JCB(ディズニーデザインあり)
未成年の場合は親(親権者)の同意が必要となります。家族カードは発行できず、卒業予定日の3ヶ月前で申込は締め切りとなります。

それでは次に、JALカードnaviのサービスやメリットをご紹介しましょう。

JALカードの基本サービス

■入会搭乗マイル:JALカードnaviに入会してから登場すると1,000マイル。さらに毎年初搭乗で1,000マイル。
■搭乗マイル:10%増し
■付帯保険:海外旅行傷害保険自動付帯。死亡後遺障害1,000万円、治療費用50万円、携行品損害15万円、賠償責任2,000万円、救援者費用100万円
■JAL/JTAの機内販売が10%割引
■国内空港店舗での割引や成田国際空港免税店での割引
■ホテルニッコー & JALシティの割引・特典
■JALパック(国内・海外パッケージツアー)の割引

年会費無料で海外旅行傷害保険が自動付帯され、搭乗マイル割増やボーナスマイルがあるだけでもメリットは大きいですが、さらにJALカードnaviだけの特典も数多く提供しています。自動付帯の保険サービスがメインカードとしてもうれしい特典ですね。学生年会費無料でこのサービスがつくのは圧倒的です。

JALカードnaviを公式サイトで詳しく見る

eJALポイントがもらえる

eJALポイントは1ポイント1円としてJAL航空チケットやパックツアー料金購入などに使うことができるポイントです。JALカードnaviに入会するだけで5,000ポイントをもらうことができます。このポイントを使って海外旅行費や帰省費用の節約がすぐできるというメリトがあります。

減額マイルキャンペーン

JALカードnavi会員専用の減額マイルキャンペーンが実施されています。これはJALマイルで交換できる特典航空券に必要なマイル数を減額するサービスで、国内の場合2区間6,000マイル、1区間4,500マイルで交換できます。国際便の場合は交換マイルが半額となります。キャンペーン期間が決められていますが、毎年延長しているので、次年度も継続する可能性は高いでしょう。

※2017年3月31日まで、2016年11月時点の情報です。前述の通り随時継続されることが予想されます!

JALカードnaviだけのサービス

JALカードnaviの学生向けサービスは少しやりすぎと思えるほど豊富にあります。特にショッピングでJALマイルを貯めるには最適のクレジットカードです。

JALカードショッピングマイル・プレミアム無料

JALカードnaviのショッピングマイルはカード利用100円で1マイル付きます。これは年会費3,240円の「JALカードショッピングマイル・プレミアム」と同じ還元率です。

つまりJALカードショッピングマイル・プレミアムが年会費を無料で利用できるということになります。年会費有料の普通カードでもこの年会費はかかるのでかなりお得なサービスです。
さらにJAL特約店で利用すれば100円で2マイルとなるのでマイルはショッピングだけでも充分に貯めることができます。

JALカードツアープレミアム年会費無料

JALには「先得」といった航空運賃が割引になるサービスがあります。またパッケージツアーなども割引となりますがこれらを利用した場合、通常付与するマイルの50%~75%に減額されてしまいます。

しかし年会費2,160円で「JALカードショッピングマイル・プレミアム」に登録すると、減額なしで100%マイルが付与されます。JALカードnavi会員はこの年会費も無料になります。

JALカードnaviオリジナルボーナスマイル

マイルがガンガン貯まり、飛行機での旅行が楽しくなります。

■飛ぶほどボーナスマイル

1年間の搭乗マイル数に応じてボーナスマイルをプレゼント
2,500~4,999マイル:ボーナス1,000マイル
5,000マイル以上:ボーナス2,000マイル

■貯めるほどボーナスマイル

1年間貯めたマイル数に応じてボーナスマイルをプレゼント
0~999マイル:ボーナス50マイル
1,000~1,999マイル:ボーナス100マイル
2,000~2,999マイル:ボーナス200マイル
3,000マイル以上:ボーナス300マイル

■海外旅行ボーナスマイル

JAL国際線にJMBマイル積算対象運賃で搭乗すると、片道(1区間)につき300マイルをプレゼント

■語学検定ボーナスマイル

JALカードが指定する外国語検定に合格すると、500マイルをプレゼント。

※対象外国語検定
実用英語技能検定 準1級/1級、TOEFL 61点以上、TOEIC 600点以上、外国語検定 1級(イタリア語・スペイン語・中国語・ドイツ語・ハングル語・フランス語・ロシア語)・A級(インドネシア語)

■祝卒業!JALカードご継続ボーナスマイル

卒業するとJALカードnaviはJAL普通カードに自動切り替えとなります。継続せずに解約することも可能ですが、継続するだけで2,000マイルがプレゼントされます。継続するとJALマイルは引き継がれますが、JALカードショッピングマイル・プレミアムやJALカードツアープレミアムの年会費、カード年会費がかかります。

どんだけマイルくれるんですか!JALさん!

JALカードnaviを公式サイトで詳しく見る

スカイメイトサービスでお得

スカイメイトは22歳未満だけが利用できる運賃割引システムです。当日空港に出向いて空席がある場合のみ利用できます。JALカードnaviで決済すると通常75%のところ100%のマイルを付与、さらに搭乗マイルの割増が10%あるので、110%のマイルが獲得できます。

JALカードnaviは、ほかの学生カードと全く違う

学生カードは在学中年会費無料で、ポイントサービスや海外旅行サービスが充実しているという共通した特長があります。これはクレジットカード会社が若いカード会員を早く獲得したいという営業戦略を持っているからです。

したがって収入がなくても学生はクレジットカードを作ることができ、学生カードは一般的なカードよりもサービスが充実しているのです。さらにJALカードnaviは一般的な学生カードとも違う特長があります。

JALマイルを獲得に特化したクレジットカード

一般的な学生カードはほかのスタンダードカードよりも多少ポイントを優遇しているという程度ですが、JALカードnaviは前述のボーナスポイントにも垣間見える通り徹底的にJALマイルを貯めるための機能やサービスが詰め込まれています。

しかも在学中は年会費無料で、各種有料サービスも無料です。普通カードでJALカードnaviと同じ有料サービスを登録すると、JALカードツアープレミアム2,000円、JALカードショッピングマイル・プレミアム3,000円、さらに普通カード年会費2,000円を加えて合計税別7,000円もかかります。

これだけのサービスを年会費無料で利用できるのはJALカードnaviだけでしょう。これらのサービスに限っては正直ゴールドカード並みなんです。

どれくらいJALマイルが貯まる?

学生は収入がないといっても生活費はかかりますが、生活費の大半はクレジットカード決済が可能です。公共料金やスマホ料金、プロバイダー費用といった毎月現金で支払っている料金をJALカードnavi決済に切り替えるだけでマイルが貯まります。もちろん1回払いで支払いすることで余分な手数料もかかりません。現金払いよりもメリットが大きいのです。

毎月5万円のカード利用があれば、年間60万円で6,000マイルを獲得できます。これだけでマイルキャンペーンを利用すれば国内無料チケット2区間分が手に入るのです。正規料金の往復割引24,600円で計算すると実質還元率4.1%(脅威的!)になります。しかもこれは普通に利用した場合のケースで、JAL特約店も活用すれば還元率はもっと高くなるでしょう。

また、JAL搭乗マイルなどは考慮していないのでそれらも考慮すれば1年以内の無料チケット獲得もそれほど難しくありません。いずれにしても年1回は無料で国内旅行や実家への里帰りをすることができます。

卒業後も継続するとお得

卒業後はJALカードnaviとしての特典が一気になくなってしまいます。それはすぐに解約したほうが良いかというと、やはり卒業後も継続してJALカードを利用することをおすすめします。年会費がかかることになりますが、社会人として収入を得ることにもなるので、学生時代よりは経済的な余裕があるはずです。

また継続するだけで2,000マイルがもらえ、初搭乗のボーナスマイルを加えて3,000マイルは獲得できます。これらのマイルを無駄にすることはありません。JALカードnaviから普通カードに切り替えてさらにJALマイルを貯めましょう。

JALカードnaviで学生時代に実績を充分積んできているので、CLUB-AやCLUB-Aゴールドカードへの切り替えもスムーズにできるでしょう。そうすれば普通カードより高いサービスでマイルが貯まり、海外旅行傷害保険などの補償金額も充実します。

まとめ

JALカードnaviには普通カードどころかゴールドカードと同じサービスも提供され、年会費無料カードとしては最強のJALマイルを貯めるクレジットカードであることがよくわかっていただけたと思います。JALカードnaviを利用できるのは学生だけです。JALを利用している学生でJALカードnaviを利用しない理由はありません。この機会を逃さずALカードnaviを活用しましょう。

贅沢を言えばiPhone7から利用できるApple Payに登録できれば、電子マネーも活用してマイルを貯めることもできましたが、残念ながらJALカードSuica以外はApple Payには登録できません。
Apple Pay登場!仕組みやおすすめの使い方や対応クレジットカード総まとめ。Apple Pay関連のキャンペーン情報も!

JALカードnaviをフル活用すれば国内旅行の交通費は1年以内に無料になります。国際線の無料チケットへの交換マイルもキャンペーンが利用できれば半額です。無料で海外旅行というのも決して夢ではありません。JALカードnaviをすぐに活用してチャレンジしてみましょう。

JALカードnavi(学生専用)に申し込むならこちらから

jalcard_sum

年会費 在学中無料!
還元率 1.0%~最大4.0%
マイル 前述の通り恐ろしいほど貯まります
強み 付帯保険の充実。海外国内旅行にバリバリ強いカード

btn_free_regist

ファミマTカードはリボ専だが、実質1回払いにできるカード。学生にお得な使い方を徹底解説!


ファミリーマートを利用していてTポイントを貯めている人にとって、ファミマTカードはなくてはならないクレジットカードです。ファミリーマートでファミマTカードを利用することでTポイントをどんどん貯めることができるからです。

特に学生にとっては日頃よく利用するコンビニで、ポイントも貯まるのでおすすめのクレジットカードです。しかし、ファミマTカードがリボ専用カードということで、入会を躊躇している人も多いのではないでしょうか。今回はリボ専用カードのファミマTカードを活用する方法や審査に関しても徹底的に解説します。

ファミマTカードの発行元や審査について

ファミマTカードはポケットカードから発行されている提携カードです。したがって審査はポケットカードが行っていますが、消費者金融系のクレジットカード会社ということで少し不安を感じている人もいるかもしれません。しかし、ポケットカードは実質的に消費者金融会社とは無関係です。まずはその点から解説しましょう。

ポケットカードは旧流通系カード会社

ポケットカードの前身は「ニチイ・クレジット・サービス」という流通系のクレジットカード会社です。後にマイカルカードを発行することになりますが、マイカルグープが経営破綻したため、消費者金融会社の三洋信販の傘下となり「ポケットカード」に社名変更しました。その後三洋信販と同じ三井住友グループのプロミスとの再編に伴って、プロミスの子会社となって現在に至っています。

プロミスの子会社という形態ですが、大きく見ると三井住友フィナンシャルグループの一員なので消費者金融系というよりは銀行系といえます。また、親会社であっても子会社が持つ個人情報を共有することは個人情報保護法に違反するので、ポケットカードの情報がプロミスに伝わるということや、プロミスの情報を参考にポケットカードが審査をするということはありません。ポケットカードは独立したクレジットカード会社なので安心して申込むことができます。

ファミマTカードの入会基準と申込について

ファミマTカードの入会基準は「満18歳以上」というだけなので、高校生以外はだれでも申込資格があります。学生でも4年制大学、短大、専門学校、大学院、高専の4、5年であれば申込可能です。ただし20歳未満の場合は親の承諾が必要というのは、ほかのクレジットカードと同じです。

審査しているポケットカードは旧流通系で審査基準もプロミスの子会社になってからも変わりはありません。流通系クレジットカードは女性会員が多いという特徴があります。さらにファミマTカードの顧客層はファミリーマートを利用する顧客です。審査基準を高くする理由はありません。専業主婦でも学生でも申込可能ということと考え合わせると、入会しやすいクレジットカードでしょう。

ファミマTカードの概要

ファミマTカードは年会費無料。クレジット機能付きファミマTカードの国際ブランドはJCBだけです。(VISAブランドのデビットカードあり)

ファミマTカードのポイントプログラム

ファミマTカードで貯まるのはご存知の通りTポイントです。かつてはポイント還元率が1%でしたが、今は0.5%に下がってしまったのであまり魅力を感じなくなった人もいるでしょう。しかし、ポイント還元率が下がったことでファミマTカードの価値は上がったといえるでしょう。

ファミリーマートでファミマTカード決済すると現金購入でも付く0.5%のポイントが2倍になります。200円で2ポイント付与になるからです。さらにJCB加盟店を利用しても200円で1ポイント貯めることができます。つまり普段の買い物や公共料金の支払いでもTポイントを貯めることができます。

Tポイントの会員であれば次のサービスがあります。

■ファミランクでポイントアップ

 1ヶ月間のファミリーマートでの買い物金額によって翌月のショッピングポイント付与がアップします。

  • 5,000円以上15,000円未満(シルバー)200円で2ポイント
  • 15,000円以上(ゴールド)200円で3ポイント

 ランクがゴールドになればファミマTカードを利用したときのポイントが加わるので合計4ポイントとなり、還元率は2%です。

ファミマTカード会員だけの特典

ファミマTカードに入会すると会員特典でさらにTポイントが貯まります。

■カードの日

 毎週火曜日と土曜日は「カードの日」でショッピングポイントが3倍、クレジットポイントも2倍になるので、200円で5ポイント貯まります(還元率2.5%)

■レディースデー

 毎週水曜日は「レディースデー」でファミマTカードを提示するだけで、現金決済をしてもショッピングポイントが2倍。

■若者応援ポイント

 25歳以下であれば、ファミマTカード決済をするといつでもショッピングポイントが2倍になります。つまり一部の大学院生を除いて学生であれば常にポイント還元率1%で利用することができます。

■今お得

 ファミリーマートでは商品に「今お得」というショーカードがある場合、ファミマTカード会員だけ割引があります。

その他の機能とサービス

ファミマTカード会員にはTポイント以外でも特典やサービスがあります。

■トラベル8%割引

 ポケットカードトラベルセンターを利用するときにファミマTカードで決済するとツアー代金が最大8%割引。

■レンタカー割引

 トヨタレンタリースやニッポンレンタカー、ニッサンレンタカーなどでファミマTカード決済をすると5%割引(「ポケットカード社発行のクレジットカード優待割引」と伝える)。

■TSUTAYAレンタル会員

 ファミマTカードにTSUTAYAのレンタル会員機能を追加することができます。これによって更新時の手数料が免除されます。

■家事代行

「ベアーズ」や「パシフィックゴルフマネージメント」利用でクレジットポイント2倍

ファミマTカードに申し込むなら、こちらから
 

ファミマTカードの支払い方法

ファミマTカードはいわゆるリボ専カード(リボルビング支払専用カード)です。支払い方法には1回払がないのでリボ手数料がかかるというデメリットがあります。これがネックとなって入会していない人もいるかもしれませんが、リボ専カードでも手数料負担を軽減できる方法があります。ファミマTカードのショッピング手数料はキャッシングと同じ年18%です。手数料負担が大きいので必ず手数料を軽減して利用しましょう。

ファミマTカードには初回手数料はない

通常リボ払いで支払うときにはカード利用日から初回の支払い日までの手数料(初回手数料)がかかります。しかしファミマTカードでは初回手数料を免除しているので(キャッシングはかかる)、常に一括で支払っていればリボ手数料はかからないことになります。これを利用して「ずっと全額支払い」に設定を変更しておきましょう。

「ずっと全額支払い」は常に利用した金額全額が請求される支払い方法です。初回手数料が発生しないファミマTカードでは常に手数料無しで利用できます。

それでは支払いコース別に変更方法をご紹介しましょう。

店頭払いコースの場合

ファミマTカードの返済方法は店頭払いコースと口座支払いコースを選ぶことができます。どちらもクレジットカードが手元に届いてから何もしていないと、毎月の支払い金額は最低支払い金額のままとなってしまいます。店頭払いコースの場合はファミリーマート店内のFamiポートで「全額払い」や「金額指定払い」などに金額変更してレジで支払うことができます。

口座支払いコースの場合

口座振替の場合支払い金額の変更は会員専用ネットサービスや電話で行うことができます(Famiポートの利用は不可)。それで「ずっと全額支払い」に変更すれば手数料負担はなくなります。ただし変更期間は決まっています。なるべく早く変更しないと次回請求に反映しないので注意しましょう。

最低支払いにしたままだと、どれだけ手数料負担がある?

1万円を利用して毎月3,000円の支払いをするとどれだけ手数料がかかるか試算してみましょう。手数料率は年18%(月1.5%)で計算します。

初回:初回手数料無料なので手数料負担はなく、3,000円はすべて残高に充当されます。
2回目:7,000円✕1.5%=105円(手数料)、7,000円-(3,000円-105円)=4,105円(残高)
3回目:4,105円✕1.5%=61円(手数料)、4,105円-(3,000円-61円)=1,166円(残高)
最終:1,166円✕1.5%=17円(手数料)、1,166円+17円=1,183円(最終返済金額)

支払う手数料は合計で185円となるので大した金額には思えないでしょう。しかし1万円に対する割合は1.85%です。1万円をファミマTカードで決済してもTポイントは通常1%しか付きません。ポイント3倍を活用してようやく1.5%です。つまりリボ払いの最低金額で利用していると、せっかく付いたTポイントをすべて返してしまうことになるのです。それどころかそれ以上の手数料負担をすることになります。

手数料負担は1万円で数百円ですが、メリットと言われているポイントも数百円なのです。この数百円の積み重ねが大きなプラスになるか、大きなマイナスになるかは返済金額の選択一つにかかっているのです。10万円を利用したと考えて10倍してみるとその違いがよく分かるでしょう。

まとめ:週5以上のファミマ使いは、リボ専に気を付けて持っておくのもいいかも?

ファミリーマートを利用している人にとってファミマTカードはポイント還元率を上げるには必須のクレジットカードです。特に学生にとって常にポイントが2倍になるファミマTカードは便利です。

しかし、リボ専用カードということを忘れてそのまま使用していると、手数料負担だけでポイントは消えてしまいます。ファミマTカードを賢く利用するのであれば、返済方法の変更も必須だということをよく覚えておきましょう。その点をしっかり理解して利用すれば、学生にとって、特に女子学生にとってはポイントが貯まりやすいクレジットカードとして活用できるでしょう。

ファミマTカードに申し込むならこちらから

btn_free_regist

オリコカード・ザ・ポイントは高還元・年会費永年無料!作ってから半年以内に使い倒すとお得なカード。applepayも対応!徹底解説!

オリコは信販系のクレジットカード会社ですが、以前からポイント還元サービスに特長があったクレジットカード会社です。「オキテ破りの倍率」をうたい文句にTVCMをやっていた頃に比べるとおとなしくなったイメージはありますが、オリコカード・ザ・ポイントに関しては短期集中でポイントが貯まる高還元率カードとなっています。

今回は「オリコカード・ザ・ポイント」に関する情報を徹底的にご紹介します。クレジットカードのポイントが貯まらないと悩んでいる人・節約の鬼の方は必見です。筆者も持ってます♪

オリコカード・ザ・ポイントの申込はこちらから。

オリコカード・ザ・ポイントの概要とサービス

オリコカード・ザ・ポイントはポイントサービスに特化したオリコのプロパーカードで、年会費は永年無料。国際ブランドは3種類、VISA・マスターカード・JCBから選べます。

高還元率カードによくあるパターンとして返済方法がリボ払いだけ(俗に言うリボ専カード)というカードではありません。ご安心を。一般的なクレジットカードと同じように1回払やボーナス払いといった手数料無しでのカードショッピングが楽しめます。しかし、ポイントサービスに特化しているため、海外旅行傷害保険といった付帯保険はありません。

国内でのショッピング・通販・飲食店での支払いなどに向いているカードです。デザインが一瞬ブラックカードっぽい全面黒というシンプルさ。デートなどで恥ずかしい思いをすることもありません。

ポイント還元率はいつでも1%

オリコのポイントサービスは「暮らスマイル」で、1,000円の買い物で1ポイント付与、還元率は0.5%となっていますが、オリコカード・ザ・ポイントで付与されるポイントは「オリコポイント」で100円に付き1ポイント付与の還元率1%です。暮らスマイルで貯まるスマイルポイントとオリコポイントには大きな違いがあります。

以前からサービス提供している「暮らスマイル」に代わってできたポイントサービスが「オリコポイント」ですが、暮らスマイルをやめたわけではなく並行してサービス提供しているので少しややこしくなっています。これは暮らスマイルポイントを提供しているカードが圧倒的に多く、オリコポイントに一気に変更すると混乱が大きいということが大きな理由でしょう。

そのため暮らスマイルポイントは今まで通り利用することができ、オリコポイントにも移行することができるようにしています。

オリコカード・ザ・ポイントはどこで利用してもオリコポイントが付く

既存のクレジットカードで暮らスマイルを貯めている人は一般加盟店ではオリコポイントが貯まりません。オリコポイントができたときに会員専用の「オリコモール」でのサービスポイントはオリコポイントに切り替わっています。そのためオリコポイントを貯めるためにはオリコモールを利用するしかありません。しかし、オリコカード・ザ・ポイントで貯まるポイントは最初からオリコポイントだけなので、一般加盟店でもオリコモールでもオリコポイントを貯めることができ、暮らスマイルをオリコポイントに移行する手間はありません。

オリコカード・ザ・ポイントのメリット

オリコカード・ザ・ポイントではポイントサービスが充実しているため、それ以外の海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険といった付帯保険サービスなどはありません。ポイントを貯めるためのクレジットカードと言えます。海外旅行に利用したいという場合は「オリコカード・ザ・ワールド」が良いでしょう。また、もっとポイントを貯めたいという場合は「オリコカード・ザ・ポイント・プレミアムゴールド(年会費税込1,950円)」もありますが、年会費無料で高還元率のオリコカード・ザ・ポイントが最もおすすめなのです。

オリコポイントは有効期限が短いので、短期集中でポイントを貯める必要があります。そのため年会費があると、年会費のもとを取るための余計なカード利用が必要です。その点年会費無料のオリコカード・ザ・ポイントは貯まったポイントすべてがプラスになるので、何も考えずにポイント獲得に集中できます。

オリコカード・ザ・ポイントでポイントを貯める方法

オリコカード・ザ・ポイントでは一般加盟店、オリコモールで還元率1%のオリコポイントを貯めることができます。よりポイントを貯めるための活用法をご紹介しましょう。

オリコカード・ザ・ポイントをメインカードにする

クレジットカードのポイントを貯める鉄則は、高還元率カードをメインカードにしてあらゆる支払いをカード決済にするということです。その点でオリコカード・ザ・ポイントはうってつけの高還元率カードです。

ポイントを少しでも多く受け取るためにまず、毎月の支払いをできる限りオリコカード・ザ・ポイントの決済に切り替えましょう。いわゆる公共料金や通信費などの固定費の支払いはもちろん、固定資産税や自動車税といった地方税、国民健康保険、損害保険といった保険料もクレジットカード決済可能になっています。

これに加えて買い物もすべてカードショッピングにすればポイントが貯まりやすくなります。ポイント有効期限が1年しかないオリコポイントは、これだけではまだ充分ではありません。カードショッピングはなるべくオリコモールを利用しましょう。

オリコモールの活用

オリコカード・ザ・ポイントはどこを利用しても100円で1ポイント付きますが、オリコモールでネットショッピングするとさらに0.5ポイントが加算。これ以外にもショップや商品によってポイント加算があるので、最大15%のポイント加算も期待できます。オリコモールの参加店はAmazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、ベルメゾンといった有名店をはじめとして約600店舗があるので、普段利用しているお気に入りの店舗が必ず見つかります。オリコポイントを貯めるにはオリコモールは欠かせないサービスです。

なお、オリコモールを利用するには「オリコポイントゲートウェイ」への無料登録が必要です。

入会6ヶ月間で貯めまくろう!

オリコカード・ザ・ポイントに入会すると6ヶ月間はポイントが2倍になります。つまりオリコモールを利用するだけで、ポイント還元率2.5%となりショップの加算ポイントは最低でも0.5%あるので3%以上の還元率になります。6ヶ月間はポイント有効期限の半分です。この間にポイントを集中して貯めれば初年度は、かなりのポイントを貯めることができるでしょう。Amazonも3%還元に!

誕生月にポイント5倍というカードがありますが、年に1回だけでしかも還元率は2.5%です。オリコカード・ザ・ポイントは初年度の6ヶ月間はこのサービスの6年分以上のポイントを貯めることができるということです。短期集中型の高還元率カードとしてはいまのところオリコカード・ザ・ポイントが最強と言えます。

ポイント交換はこまめにやろう!

オリコポイント最大のデメリットは有効期限の短さにあります。1年でポイントを貯めなければいけないので、ポイント交換もポイント失効防止のために、なるべくこまめに行うことが大切です。オリコポイントは500ポイント単位で金券類に交換することができ、交換もすぐに行われます。と言っても500ポイント単位で交換していては忙しすぎるので、初年度は半年間で貯まったポイントを一度に交換するのもいいでしょう。次年度以降は1,000ポイントや2,000ポイントといった交換単位を自分の利用金額に合わせて決めましょう。

■ポイント交換可能な金券類・ポイント例

Amazonギフト券、iTunesギフトコード、LINEギフトコード、すかいらーくご優待券、電子マネーWAONポイント、Tポイント、楽天スーパーポイント、ANAマイレージクラブ

※筆者はAmazonでガンガン使い、またAmazonギフト券に交換するというサイクルで使っています。

オリコカード・ザ・ポイントと電子マネー

オリコカード・ザ・ポイントには後払い電子マネーが2種類を標準装備しています。せっかく付いているので電子マネーもフル活用しましょう。

iDとQUICPayでコンビニ利用

iDとQUICPayどちらも後払い方式の電子マーでチャージをしなくても、あらかじめ設定した利用枠の範囲内で買い物をすることができます。2つ搭載していることで使える加盟店が増えるというメリットがあります。クレジットカードで決済することも珍しくないコンビニやスーパーですが、さすがに100円単位でのクレカ利用は抵抗があるという人は電子マネーを活用しましょう。

iDとQUICPayはICチップにより暗号化した通信を利用して決済するシステムで、小銭のやり取りもなくスピーディーに決済できます。ほとんどのコンビニで利用でき、ポイントも付くので無駄なくポイントを貯めることができます。

iPhone使いはApple Payに登録

電子マネーをよりスマートに利用するにはApple Payにクレジットカードを登録すると便利です。iPhone7からはApple Payも日本で利用することができます。登録できるクレジットカードの中にはオリコカードもあるので、オリコカード・ザ・ポイントも登録可能です。ただし、VISAブランドとApple Payの契約がないので、VISA以外のブランドを選択しましょう。

Apple Payにクレジットカードを登録するのはカード表面をカメラ機能で撮影して、セキュリティコードを入力するだけです。これだけでコンビニでいちいち財布からクレジットカードを取り出さなくても、iPhoneだけで精算することができます。

※2016年11月時点の情報です。

まとめ:とにかくポイントが貯まる!申込して半年が勝負!

オリコカード・ザ・ポイントのメリットは理解いただけたでしょうか?ポイントを貯めるには2種類のやり方があります。ポイント有効期限のないサービスを利用してじっくり貯める方法と、短期間で集中して貯めて早く得をするという方法です。ポイントに有効期限がないとたくさんポイントが貯まりそうですが、実はポイントが貯まるサービスが少ないのでそれほど貯まりません。
それよりもポイント有効期限が短いことが最初からわかっていれば、ポイントが貯まりやすいサービスを活用して集中的に貯めるという意欲がわきます。いつまでもポイントを貯めることができるという場合は往々にして積極的にポイントを貯めることはしなくなるものです。

オリコカード・ザ・ポイントは後者の方法でポイントを貯めるカードです。最初の半年間ずっとポイント還元率は3%以上になるクレジットカードは、オリコカード・ザ・ポイント以外には見当たりません。ポイントで得をしたことがないという人は一度オリコカード・ザ・ポイントを活用してポイントを貯めてみましょう。クレジットカードポイントのメリットを最大限に活用することができます。

Orico Card THE POINT、お申込みはこちらから

ポイント還元率がすさまじいと話題のカード。入会後半年間はオリコモール経由でAmazonでのショッピングは最大3%還元。某口コミサイトでも1番人気を叩き出している伝説のクレジットカードです。

年会費 永年無料!
還元率 1.0~2.0% ※それ以上も!
電子マネー 「iD」と「QUICPay」搭載
強み 圧倒的還元率。ポイントがガンガン貯まるカード。デザインもまるでブラックカード!スッキリおしゃれなステータス感あり

smp_arrow
btn_free_regist
※Apple Payにも対応しているカードです!

Yahoo!Japanカードについて徹底解説!ポイントキャンペーン・年会費・審査などもこれを読めばわかる!

yjcard003
日本では楽天市場やAmazonについで利用者が多いYahoo!ショッピングですが、独自のポイントサービスをやめてTポイントが貯まるネットショッピングモールとなっています。この変更には様々な意見があると思いますが、Tポイントの還元率も半減して現在では、確実にポイント還元率を1%にできるYahoo!Japanカードの価値は高まったといえるでしょう。

特にTポイントを利用していて還元率の半減にショックを受けていた人にとっては朗報です。今回はYahoo!Japanカードについて徹底的に解説します。

Yahoo!Japanカードの概要

まずはYahoo!Japanカードのカードとしてのスペックをご紹介しましょう。

  • 年会費は本会員・家族カード会員ともに永年無料。ただしETCカードは年会費税別500円。
  • ポイントはTポイント
  • 付帯保険はカード盗難保険とショッピングガード保険100万円は無料付帯。月額税別490円でプラチナ補償。
  • 再発行手数料が無料

Tポイントが貯まる!

Yahoo!JapanカードではTポイントがどこの加盟店を利用しても100円で1ポイントなので、ポイント還元率は常に1%です。さらにYahoo!Japanのサービス、Yahoo!ショッピング、LOHACOなどを利用するとポイントは3倍となり還元率は3%です。Tポイントが貯まる加盟店にはファミリーマートがありますが、ファミリーマートでポイントが貯まるファミマTカードと比べてもお得にポイントを貯めることができます。

ファミマTカードでファミリマードとの決済をすると200円で2ポイント貯まります。しかしYahoo!Japanカードでは200円で3ポイント貯まります。ショッピングポイントは同じ200円で1ポイントですが、Yahoo!Japanカードのクレジットポイントは200円で2ポイントなので1.5倍お得ということになります。ただしファミマTカードでは毎週火曜と土曜は「カードの日」で、ショッピングポイントが200円で3ポイント付与されます。

カード決済でさらに2ポイント加算されるので合計5ポイントとなるので断然お得です。

これを考えるとどちらがお得かは一概に言えませんが、キャンペーン以外の通常時であればYahoo!Japanカードを利用したほうがお得になります。ファミマをよく利用するという人であればYahoo!JapanカードとファミマTカードを使い分けるとTポイントは加速度的に増えていくでしょう。

オプションのプラチナ補償がお得

Yahoo!Japanカードにはショッピングガード保険が無料で付帯されていますが、付き税別490円でプラチナ補償を付帯することができます。具体的な補償内容は次のとおりです。

  • 修理補償金:保証書ありで100%、保証書なしでも50%を補償
  • 破損保証金:購入金額の90%補償
  • 宅配郵送事故補償:購入金額の90%補償
  • 盗難補償金:購入金額の60%補償
  • 返品保証金:購入金額の50%補償
  • 携帯電話水漏れ全損補償:実費補償
  • 交通トラブルお見舞金:カード決済した交通手段での事故は入院1日3000円のお見舞金
  • 電子デバイス災害補償:パソコン・スマホの災害による修理費・購入費を補償

これ以外にも旅行先での補償やインターネットトラブルによる被害も補償されます。さらにプラチナ補償に加入しているとYahoo!ショッピング・LOHACOのご利用金額に応じて、Tポイントを毎月最大100ポイントプレゼント。

ヤフオク!でもYahoo!Japanカードがお得

日本最大級のインターネットオークションサイト・ヤフオク!を利用している人も多いのではないでしょうか。普通にショッピングするよりもお得な場合が多く、お店では手に入らない者もオークションなら手に入ります。落札するときの決済手段としてYahoo!Japanカードを使うと、落札商品が中古品であってもショッピング補償の対象となるので安心です。また、ヤフオク!で出品する場合は本人確認が必要となりますが、Yahoo!Japanカードカインであればそれも不要となります。

Yahoo!Japanカードはキャンペーン活用でさらにお得

yjcard002
Yahoo!Japanカードでは入会キャンペーンを始めとして入会後も各種キャンペーンが常時行われているのでポイントが貯まりやすくなっています。

入会キャンペーンでポイント大量獲得

2016年10月現在で行われている入会キャンペーンでは、入会時に3000ポイント、入会後に1回でもカード利用するとさらに4000ポイントが付与されるので合計7000ポイントがもらえます。ただし注意しなければいけないのは、こうしたキャンペーンで付与されるのは「期間固定ポイント」と呼ばれていて、利用や期間が限定されているので注意しましょう。

■期間固定ポイント
Yahoo! JAPAN、LOHACO、GYAO! 以外のサービスでは利用できず、期間も限定されています。キャンペーン期間の10日後程度が利用期限なので、入会キャンペーンを利用するのであれば早い時期に利用しましょう。使いみちは限定されていますがYahoo!ショッピングで買い物をするつもりであれば問題なく利用することができます。

入会キャンペーンは期間が終了してもまたすぐに新しいキャンペーンが始まるので、キャンペーン期間が残り少ないときは避けてキャンペーン開始直後に入会しましょう。

入会後のキャンペーンも豊富

2016年10月現在のキャンペーンは次のとおりです。キャンペーンが終了しても常に新しいキャンペーンが開始されるので、現在のキャンペーンをチェックしておきましょう。

■Yahoo! JAPANカードくじキャンペーン
■ファミリーマートご利用でポイント3倍キャンペーン
■おでかけ応援キャンペーン~ENEOS利用でポイント2倍~
■Yahoo! JAPANカード会員限定セール
■【Yahoo!ショッピング】5のつく日キャンペーン
■ジャパンネット銀行の口座開設で現金1,111円

こうしたキャンペーンをこまめにチェックしておくだけで普通にカード利用するよりはポイントや特典でお得になります。

Yahoo!ウォレットの活用方法

Yahoo!ウォレットはネット上で使えるお財布のようなサービスです。Yahoo!ウォレットの決済手段としてYahoo!Japanカードを登録するとさらにお得に使うことができます。

Yahoo!ウォレットとは?

Yahoo!ウォレットに登録することで、毎回決済手段のクレジットカード番号などを入力する手間が省けるサービスです。もちろん安全面にも配慮されていて、登録情報が漏洩する心配もありません。

■Yahoo!ウォレットに登録できる決済手段

  • クレジットカード:Yahoo!Japanカード以外に各種国際ブランドが付与されたクレジットカードが使える
  • Yahoo!マネー:「預金払い」の口座からチャージできる電子マネー落札代金の受取に使うと2%が電子マネーに上乗せ
  • 預金払い:Yahoo!ショッピングの支払いやヤフオク!(かんたん決済)で口座から即時引き落としされる。
  • Yahoo!JAPAN指定銀行:ジャパンネット銀行、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、楽天銀行は即時ではなく毎月1回の支払いで、有料サービスや有料コンテンツの支払い方法として利用できる。

Yahoo!ウォレットの決済手段はYahoo!Japanカードがお得

Yahoo!Japanカードが手元に届いたら、まず利用手続きをする必要があります。「カード会員サービスメニュー」から初回登録とTポイント利用手続きをします。この手続きをしないとYahoo!JapanでTポイントが使えないので必ず登録しましょう。この登録をすることでYahoo!ウォレットの決済手段としてYahoo!Japanカードが自動的に登録されます。

Yahoo!Japanカードを活用してTポイントを貯めるのであれば、Yahoo!ウォレットに登録して活用するとTポイントが溜まりやすくなります。特にヤフオク!を利用している場合は必須です。またYahoo!ウォレットはYahoo!Japan以外でも全国で使える加盟店があるので、買い物のたびにカード情報を入力する必要もなく、Tポイントを貯めることができます。

ショッピングサイトを運営している人は決済手段としてもお得

Yahoo!ウォレットの活用方法としてはネットショップの決済手段にするという方法もあります。もしあなたがネットショップを運営しているのであれば検討する価値があります。初期費用ゼロ円で決済手数料3.6%、月額料金3240円はクレジットカード決済と比べると格安の決済手段です。

トランザクションフィーといった余計な費用もかからないので、これからネットショップを立ち上げたいという人にもおすすめです。ネットショップでは多様な決済手段がある方が売上に結びつきやすくなります。Yahoo!ウォレットはクレジットカードを持っている人でも情報入力をする必要が無いので、簡単に決済できます。安全性の面でも有効な決済手段です。

Yahoo!Japanカード・Amazonカード・楽天カード比較

Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングは日本3大ネットショッッピングモールと言ってもいいでしょう。それぞれ異なるポイントサービスを提供しているので、単純に比較することはできません。それぞれのポイントサービスにおいて最強のクレジットカードです。

しかし、Yahoo!ショッピングでTポイントを採用したときから少し様子が違っています。Tポイントはすでに共通ポイントとして加盟店をたくさん抱えているので、ポイントの汎用性としてはAmazonや楽天市場よりも一歩リードしています。

それぞれのショッピングモールを利用するという場合は、それぞれのクレジットカードでメリットが大きいのは間違いありません。しかし他の加盟店での利用を考えるとTポイント加盟店でも現金同様に使えるTポイントが貯まるYahoo!Japanカードが有利なのではないでしょうか。

特にすでにTポイントを利用しているユーザーにとっては、どこの加盟店で利用してもTポイントが1%貯まるというのは魅力的です。すでに持っているTポイントが貯まるカードと併用して使えば、さらにTポイントが貯まります。Yahoo!ショッピングがTポイントに切り替わったときは賛否両論がありましたが、結果としては成功だったといえるでしょう。

まとめ

Tポイント利用者で、すでにファミマTカードやTカードプラスを持っている人にもYahoo!Japanカードはおすすめできるクレジットカードです。すでに持っているカードとは別の国際ブランドで利用すれば、Tポイントを貯める幅が広がります。メインカードとして利用すればTポイントの還元率が下がった分をカバーすることができます。

Tポイントを貯めている人には必須のクレジットカードとしておすすめします。

学生向け、年会費無料の最強クレジットカード比較、ランキング頂上決戦

1a48c2c863725672d91068e144b3c804_m

学生時代というのは一生の中でも特殊な期間と言えるでしょう。もちろん勉強することが本来の役目ですが、長期間の休みがあり好きなことができる時間が多いという時期は学生時代以外にはないでしょう。学生アルバイトのニーズもあるので、収入に関しても比較的自由に使えるお金が多いのではないでしょうか。クレジットカードを利用すれば学生時代をさらに楽しく過ごすことができます。

クレジットカード会社では多くの学生向けのカードを年会費無料で発行していて、さらにサービス内容も一般カード以上のものが提供されています。年会費無料でこれほどサービスが優遇されているクレジットカードは学生カード以外にはありません。今回は学生向けの年会費無料カードを比較して紹介しますので、自分にあったクレジットカードを見つけて活用しましょう。

その前に:クレジットカードの仕組み・使い方を3分で理解よう

そもそもクレジットカードとは何でしょうか?キャッシュレスで買い物ができるカードという事はわかっていても、その仕組やサービスはわからないという学生も多いでしょう。まずはクレジットカードのしくみや使い方を学んでみましょう。

クレジットカード後払いのしくみ

クレジットカードのシステムは「カード会社」、「カード加盟店」、「カード会員」の三者によって成り立っています。法律的にはこの三者間でお互いに契約を結んでいるので、これを三者間契約と言います。

■カード会社・カード会員

立替払契約によってカード会員が加盟店で買い物をした代金をカード会社が立て替えて加盟店に支払います。さらにその請求をカード会員に対して行います。

■カード会員・カード加盟店

カード会員はクレジットカードを使って加盟点で買い物をします。これは売買契約となります。

■カード会社・カード加盟店

加盟店契約によってカード加盟店はカード会社に代金の支払いを請求します。そのときに所定の加盟店手数料を支払います。

クレジットカードで買い物をするというだけで3つの契約行為が発生する複雑な仕組みですが、カード会員にとっては現金払いの代わりにカード決済をするだけの簡単なことです。

クレジットカードは、どのような仕組みで運営されているのか。どのような会社や機関が連携しているのか。お金はどのように流れているのか。カード利用者・加盟店・カード会社の関係とお金の動きをもっと知りたい方は、この記事へどうぞ。
クレジットカードを初めて作る学生でも大丈夫!そもそものクレジットカードの仕組みを徹底解剖。

クレジットカードの支払いは1回払いにしよう

クレジットカード会社の収入は加盟店からの手数料と、カード加盟店からの手数料収入が大半を占めます。カード会員の場合は1回払いや2回払い、ボーナス払いなどでは手数料はかかりません。リボ払いや分割払いの場合、毎月手数料がかかる仕組みです。手数料負担を少なくするという意味でも1回払いをメインにしてカード利用しましょう。1回払いを利用してもクレジットカードのサービスにはほとんど影響しません。

学生向けクレジットカードの審査

いわゆる学生カードは一般的なクレジットカードと比べるとサービス面で優遇されています。サービスだけではなくクレジットカードを作るためには必ず必要な審査においても優遇されています。まずは学生カード審査の特長を解説しましょう。

学生カードの審査は比較的簡単

クレジットカードに申し込みすると審査を必ず受けることになります。立替払い契約ではカード会員は後払いをすることができるので、クレジットカード会社にとっては未払いのリスクがあります。そのリスクを最小限にするために審査を通過した人だけにクレジットカードを発行するのです。その審査にとって重要なのは支払い能力です。

学生の支払い能力は社会人と比べると低く、収入がないケースもあります。それでもクレジットカード会社が学生専用カードを発行しているのは、将来を見越しているからです。学生時代から自社のカード会員となってもらえれば、社会人になってもそのまま使い続けてくれるだろうという思惑があります。実際学生時代から使い慣れたクレジットカードを社会人になったら他のカードに切り替えるというケースはあまりありません。そのため学生がクレジットカードを申し込みした場合は、高確率で審査を通過すると思って間違いありません。

それでも審査が通らない!?:学生でクレジットカードの審査落ち…何が原因?

未成年の学生がクレジットカードを作るには親の承諾が必要

同じ学生でも青年と未成年にわけられますが、未成年の場合は親の承諾なしではクレジットカードは絶対に発行されません。法学部の学生であればよくわかると思いますが、未成年の法律行為は親が取り消すことができます。クレジットカード会社にとっては、取り消しによってクレジットカードの請求ができなくなるので、リスク回避のために親(親権者)の承諾を必要条件としています。

それでは20歳以上の場合は親の承諾が不要かというと、多くのクレジットカード会社では青年でも親の承諾が必要となります。法律上は契約行為が成立しますが、成年であっても独立していない子供にクレジットカードを発行するのはとんでもないという考えの親も多いのです。こうしたトラブルを避ける意味で20歳以上でも親の承諾が必要となります。

※クレジットカード会社によっては親の承諾なしの場合、カード利用枠10万円、親の承諾があれば30万円というように区別している場合もあります。また、必要なのは承諾であり、「同意書」のような書類は不要なことも。

親の同意・承諾についてもう少し詳しく知りたい方はこちら:未成年の学生がクレジットカードを発行するには親の同意書が必要?

ここから本番!:学生向けクレジットカードと一般カードの比較

学生向けクレジットカード最大のメリットは年会費無料で一般カードと同等かそれ以上のサービスを受けられることです。それでは具体的にどんなサービスがお得なのかご紹介しましょう。

海外旅行向けサービスが充実

一般カードには海外旅行傷害保険が付帯されていますが、すべてのクレジットカードに付帯されているわけではありません。特に年会費無料カードの場合は付帯されないケースも多いのです。海外旅行傷害保険は旅行先での入院や携行品の盗難に対応した補償があります。特に海外の治療費は日本と比べるととても高額なので、海外旅行傷害保険があると安心です。

ポイント還元率も優遇されることが多い

クレジットカードにはポイントプログラムが標準で付帯されています。ポイント還元率は0.5%で、20万円の買い物で1000円相当の商品に交換できるのが一般的です。学生カードでは年会費無料の上にポイント還元率も優遇されるカードも多いのです。ポイントが1.5倍~2倍になったり、海外利用はポイント2倍になったりといったサービスも多く、一般カードと比較すると遥かに学生カードのほうがお得になります。

おすすめの学生向けクレジットカード比較

殆どのクレジットカード会社で学生向けのクレジットカードを発行しているので、どのカードが良いのか迷ってしまう人も多いでしょう。そこでおすすめできる学生向けクレジットカードが比較できるようにご紹介しましょう。

gaku
※画像を拡大して見たい方は→ここを押す
※背景に色がついているところが、それぞれのカードの強み・必見ポイント。

バランスが良いカードとして知名度を上げているのがJAL系列のJALカードnavi(学生専用)。付帯保険が強く、飛行機好きな方はどんどんマイルが貯められるのでJALカードnaviをぜひ作ってください。JALカードnaviの申込みはこちらから。

ポイント還元率やキャッシュバックを考えるとライフカード・楽天カードはおすすめです。年会費永年無料なので持っていて損はありません。ライフカードには誕生月ポイント5倍と海外ショッピング5%キャッシュバックという強力なサービスがあるので、特に海外旅行や留学の予定がある学生にはおすすめです。楽天カードはネットショッピングの利用が多い学生におすすめです。楽天ブックスで書籍を購入するだけでポイント5倍(還元率5%)という驚異的な還元率になります。

三井住友VISAデビュープラスカードのメリットは、自動的にプライムゴールドカードという20代向けのゴールドカードに切り替わる点です。三井住友カードは日本国内ではステータスが高い銀行系のクレジットカードです。社会人になってから作ろうとすると審査基準が厳しく入会できない可能性もありますのでクレジットカードを作りやすい学生のうちに作っておくと良いでしょう。デザインがクールで、セキュリティも学生向けカードの中ではかなり堅牢なイメージがあります。

それぞれのカードを作る方は、こちらからどうぞ

【オススメ!】JALカードnavi
【有名ブランド!】三井住友VISAデビュープラスカード
【鬼の還元率!】ライフカード
【ネット通販!】楽天カード

まとめ

学生カードに申し込む場合はほとんど初めてのクレジットカードということになるでしょう。ひとつ気をつけておくことは、クレジットカードを使うにあたって信用が最も大切だということです。この場合の信用は:きちんと遅れずに支払いを続けるという意味です。クレジットカードが発行されてからはカード会員として学生であっても信用を保ち続ける必要があります。クレジットカードは魔法のカードではないので、自分で支払いができる範囲できちんと計画的に利用、支払いすることで信用を築くことができます。

学生カードは自動的に一般カードなどに切り替わりますが、それは信用を保ち続けた場合です。学生カードの支払いを延滞すれば一般カードへの切り替えもなく、学生カードもそのまま失効してしまいます。もちろんこうした情報はほかのクレジットカード会社でも参照できるので、新規にクレジットカードを作ることもできなくなります。社会人1年目からつまずくことになるので、学生であっても支払いだけはきちんと行いましょう。それだけ守っていれば学生カードはキャンパスライフをより楽しくしてくれます。