クレカスタッフ

学生カード・年齢制限カードって何?実はメチャメチャお得!!

学生カードって何?

学生カードや年齢制限カードって聞いたことがありますか。その名の通り、学生だけが作ることができるカードや○○歳以下の人のみが申し込みをすることができるカードのことです。カード会社からしたら、将来の顧客である学生はぜひとも今のうちにかこっておきたいもの。そのため、サービスがとっても充実していることが多いのです。

大学生といえば、勉強に遊び、サークルにバイトととても忙しいですよね。お金がかかる機会も高校生の時に比べると非常に多くなります。学生にクレジットカードなんてまだ早いと思う方も多いかもしれませ。しかし、今の時代はカードがあれば便利どころか、カードを持っていて助かったと言う機械のほうが多いのです。

具体的な学生カード

例えばライフカードは学生専用のカードを作っています。その名も「学生専用ライフカード」です。このカードの特徴は、なんといっても海外旅行費の5%キャッシュバックです。これは通常のライフカードにはない、学生専用カードのみのサービスです。海外旅行といえば、どんなにお金を節約しても5万円~10万円ほどかかってしまいます。そのため5%のキャッシュバックでも2,500円~5,000円ほどのキャッシュバックを受けることができます。さらには旅行傷害保険が付帯しており、最大で2,000万円の保障を受けることができます。盗難・紛失の保障もされており、初めての海外旅行も安心です。これだけお得な機能が付いていても年会費は無料。ポイント還元率も高く、誕生日月にはポイント5倍のキャンペーンも行っています。入会特典で最大7,000ポイントプレゼントもあります。

>>ライフカードのお申込みはこちら!

もう1枚紹介しましょう。JALが発行する「JALカードnavi」です。18歳以上30歳未満の学生の方のみが申し込むことができる限定のカードです。通常のJALカードであれば、2,000円の年会費が必要になりますが、このカードは在学中は年会費無料。買い物をしてマイルをためることができる「ショッピングマイルプレミアム」も無料で利用することができます。さらには語学検定で一定の成績を収めたり、留学、卒業時にはボーナスマイルが付与されるなど、面白いサービスもあります。勉強を頑張るほどお得になる、まさに学生向けのカードです。

【今さら聞けない!】VISA・MasterCard・JCBって何?どれを選べばいいの?【超初心者でも大丈夫!】

VISA・MasterCard・JCBって何?

店頭やオンラインショップで買い物する際に、カードでの支払いの決済機能を提供している会社を指します。簡単にいうと、カードの右下に印字されているロゴマークのことです。一般的にクレジットカードの国際ブランドと呼ばれ、この他にもAmericanExpress(通称:アメックス)とDiners Club(ダイナースクラブ)を合わせて5大国際ブランドとも言われています。

また、これは補足説明になりますが、VISA・MasterCard・JCB・AmericanExpress・Diners Clubに中国銀聯(ちゅうごくぎんれん)、Discoverの2社を加えて7大国際ブランドと言われることもあります。

「国際ブランド」を理解しよう

国際ブランドとは24時間世界中どこでも利用可能な決済システムを提供している会社のことです。前述したとおり、VISA・ MasterCard・JCB・AmericanExpress・Diners Clubのほか、中国銀聯(ちゅうごくぎんれん)、Discoverの2社を加えて全部で7社あります。

さらに、国際ブランドは大きく2つのカテゴリに分けられます。ひとつは、決済機能の使いやすさにこだわった「決済カードブランド」で、VISA・MasterCardがこれに当てはまります。もうひとつが、旅行先での保険やサービスデスクといった会員向けサポートを重視した「T&E(Travel & Entertainment)カードブランド」で、JCB・AmericanExpress・DinersClubがこれに当てはまります。

会員数・加盟店舗数では「決済カードブランド」のVISAとMasterCardの2大ブランドが圧倒し他をしのいでおり、国内外問わず利用の幅が広いのが特徴になっています。

VISA・MasterCard・JCBの違いってなに?

大きな違いは「加盟店の違い」が挙げられます。加盟店の違いというのはつまり「使えるお店の違い」です。クレジットカードが利用できるお店は限りがあって、全部のカードが使えるとは限りません。それぞれの国際ブランドと提携した加盟店でなければ利用できません。ですから、JCBは使えるけれどもVISAは使えないというお店はありますし、その逆もあります。

こういった背景から、クレジットカードを持つ時は、一つの国際ブランドに集中してもつのではなく、たとえば3枚のクレジットカードを持つなら国際ブランドはバラバラに分散させておいた方が便利です。ブランドを3つに分けて持っていれば、クレジットカード払いを受け付けているお店ならだいたいどれかのカードで使えるようになります。

どのブランドが良いの?:だいたいはどれを選んでも大丈夫!

正直、どの国際ブランドを選んでも大きな差はほとんどない世の中になってきています。

海外旅行に行きたい人は、VISAブランドのカードを持っておこう

国際シェアNo.1はVISAカードです。三井住友VISAカードが国内では有名ですね。海外旅行での買い物などは、基本的にVISAを持っていれば安心です。

前述の通り、会員数・加盟店舗数では「決済カードブランド」であるVISAとMasterCardの2大ブランドが圧倒的な人気を誇っており、国内外問わず利用の幅が広いのが特徴です。海外旅行の出発前にカード作りで迷ったら、この2つのブランドのどちらかを選ぶと間違いないと思います。国内での利用がほとんどという方であれば、JCBの方が様々なキャンペーンがあるのでメリットは大きいですね。

ちなみに、VISAとMasterCardの2社は決済機能のみを提供しており、クレジットカード自体は発行していません。一方、JCB、AmericanExpress、DinersClubなどの国際ブランドは自社でクレジットカードを発行しており、「プロパーカード」と呼ばれます。プロパーカードは、他のカードに比べてステータス性やサービス性が高いのが特徴です。

国内No.1シェアのJCBは国内最強も、海外ではちょっと力不足か

日本では、クレジットカードが使えるお店であればJCBが使えないという事はまずありません。日本人なら一枚持っておいて損はないでしょう。ただ海外で使えない店舗があったり、海外のネット通販サイトで使えないことがあります。

筆者も、JCBカードしか持ってなかった頃にJCB非対応のネット通販に当たって悔しかったことがあります。。。

VISA・MasterCard・JCBそれぞれの特徴

VISA

VISAは、「Value Issuer Service Area」の頭文字を取ったもので、1958年にバンク・オブ・アメリカにより創業されたのが始まりで、本社はアメリカにあります。国際決済業務では世界第1位。VISAカードとは、VISAがライセンシングした企業が発行したカードを意味しており、VISA独自でカードを発行していません。国内ではVISAカードの代名詞ともいえる三井住友VISAカードもライセンスを受けた会社のひとつです。クレジットカード以外にも、デビットカード、プリペイドカードのサービスを提供しています。国内でクレジットカードが使える場所は、ほぼ間違いなくVISAは利用可能と考えていいでしょう。

MasterCard

MasterCardは、VISAに次ぐ世界2位の決済業務会社です。ドイツの「EuroCard(ユーロカード)」との合併によりスタートしたため、ヨーロッパ圏で強いと言われていましたが、現在ではVISAの使用範囲とほとんど変わりません。MasterCardもVISAと同じく本社はアメリカです。

VISAと同様、MasterCardはクレジットカード自体では発行せず、ライセンシングした企業がカードを発行しています。国内では、三井住友カード会社がVISAとMasterCardを取り扱っている関係で、使用可能店舗はVISAの使用範囲とほとんど同じと言われています。

JCB

1961年創立の株式会社日本クレジットビューロー(JCB)が発行しています。中国の銀聯カードが登場するまで、アメリカ系以外では唯一の国際ブランドでした。韓国、台湾、シンガポールなどアジア諸国ではVISAやMasterCardと同様に使えます。日本人がよく訪れるハワイやグアムなども利用が可能です。

世界的観点から見るとJCBはVISAやMasterCardに比べ、使用しづらいカードとなっていますが、海外から日本語のサポートが受けられるなど、日本人にとって利用価値が高いカードなんです。JCB自体もクレジットカードを発行しており、サービスやサポートが充実しているのが特徴です。日本人なら持っておきたいカードと言えますね。

また、意外にも知られていませんが、JCBはAmericanExpressと提携しており、JCBとAmericanExpressは互いの加盟店でカード決済を利用できます。しかし、海外のAmericanExpress加盟店でJCBを使う場合、提携して使える旨を現地語で説明するケースが出てくるかもしれないので注意が必要です。

ブランド分散して持っておくと便利

これまで書いてきた内容のように、海外店舗や一部ネットサービスでは使えないブランドがあります。クレジットカードを複数枚発行する場合は、国際ブランドを分散をしていくと良さそうです。海外に行く方は、上記3ブランドを1枚ずつ持っているといいですね。

もっと詳しく、クレジットカードの全体像を勉強したくなった人はこちら。
クレジットカードを初めて作る学生でも大丈夫!そもそものクレジットカードの仕組みを徹底解剖。

大学生はクレジットカードを何枚持つべきか?選び方の基準は?

credit-card-1583534_1920_ed02

クレジットカードは何枚持つべきか?という疑問を持っている人が多くいます。

Yahoo!の検索でも、多くの学生が「大学生 クレジットカード 何枚」と検索しているというデータがあるようです。1枚でいいのか?何枚以上が持ちすぎなのか?きっと同じように悩んでいる方が多いのでしょう。

大学卒業までに、2~3枚を使い分けられるとベスト
というのが当サイトの答えです。学生のうちは審査も通りやすく、また限度額が5万円などと限定的なのでリスクが低い。まずは3枚持って使ってみましょう!

特に学生のメインカードとしてオススメなのは三井住友VISAデビュープラスカード

メイン使い・ポイント狙い・緊急用の3枚持ちが鉄板

筆者の経験では、学生のうちに3枚持っておくといいなと思います!大学生の場合の作り方・選び方を下記に書いてみたので参考にしてみてください。

大学生の場合のサンプル

※学年は目安です。1枚目・2枚目・3枚目それぞれのクレカを選ぶ目線を参考にしていただけると幸いです。

1年生(1枚目):まずはクレカを使ってみよう!

まずは1枚、限度額5万円か10万円の範囲で発行して毎月なにかしらの支払いに使ってみるといいですね。セキュリティが堅牢で、認知度もあり、世界中で長く使える三井住友VISAカードがオススメです。

三井住友VISAカードの詳細を見る

2年生(2枚目):クレカに慣れよう!用途別に持とう

旅行にも行きたい頃だと思うので、海外旅行傷害保険が自動付帯(国内旅行はカード利用時付帯)、さらに海外での利用は還元率二倍!26歳まで年会費無料で持てるセゾンブルー・アメックスカードを持って1枚目のカードとうまく使い分けをしましょう。

スタイリッシュでかっこいい券面デザイン。学生でアメックスが持てるなんて素敵です。
セゾンブルー・アメックスカードの詳細を見る

3年生-4年生:ピンチに備える3枚目

シューカツ(就職活動)で一時的に金欠になるタイミングの前に緊急時用のカードを発行しておきましょう。
絶対条件として、年会費が永久無料のカードがいいですね。なぜか?そもそもサブカード(普段使わないカード)なので、年会費がかかると損をします。年会費無料で面白いカードとしては、ライフカード・VIASOカードがオススメです。

ライフカードは誕生日の月のみ、突如還元率が5倍になるお得なカード。
ライフカードの詳細を見る

VIASOカードは、どこで使っても0.5%のベースのポイント還元があり、さらにeショップ利用すれば、ポイント還元が追加で加算:Amazon.co.jpや、Yahoo!ショッピング、楽天市場などなどネットショップで最大10%以上のポイント還元!ネット通販がとってもお得に!
VIASOカードの詳細を見る

学生のうちにクレジットカードを持つべき理由

学生というまだ若いうちからクレジットカードを持つということに、大人たちからは賛否両論ありますが、例えば、ネットでの支払いが簡単であったり、手持ちのお金が無くても買い物ができたりなどはわかりやすく一般的なメリットですよね。

ちなみに、大学生のクレジットカード所有率はどのくらいかというと、とある民間企業の2015年3月のアンケート結果によると、学生のクレジットカード保有率は約42%もの比率になったとのことです。つまり、現代の大学生は、全体の約半数の方々がクレジットカードを所有しているということになります。

そんな中、特に学生のうちからクレジットカードを作って使うべき理由は大きく6つあると考えられます。

  1. ポイントが溜まること
  2. 信用が溜まること
  3. 経験が溜まること
  4. 家計管理が学べること
  5. 付帯保険が付いているということ
  6. 卒業後も利用が可能

これら6つの蓄積されるものがあるということが学生がクレジットカードを利用する大きなメリットだといえます。長い人生を考えると学生でいられる時間はとても短いものです。そんな学生生活をより充実したものにするため、ぜひクレジットカードを作って使っていただければと思います!

1.ポイントが貯まる

クレジットカードを使うとポイントが貯まるということはご存知だとは思いますが、では実際にどの程度ポイントは貯まるのでしょうか。生活費の大部分の支払いをクレジットカードにするとして、シミュレーションをしてみましょう。

まず、水道光熱費が1万円、携帯代が同じく1万円、食糧や日用品の購入が2万円で毎月の合計利用額が4万円とします。すると、年間で約50万円のカード利用があることになります。還元率の高いカードならポイント付与率が1.5%はありますので、獲得ポイントは年間で7,500円。これを4年間分合計すると、なんと3万円分ものポイントが貯まることになります。さらにキャンペーンなどによって、キャッシュバックがもらえるというケースも多くあります。

たかがポイント、たかがキャッシュバック、と思っている方もいらっしゃると思いますが、学生生活の中でここまでポイントが貯まるとなれば、少しポイントに対する考え方も変わるのではないでしょうか。

2.信用が溜まる

学生がクレジットカードを作ると利用限度額が10万円から最大でも30万円ほどと、かなり抑えられたカードが発行されます。それは定職についていないということも理由に挙げられますが、カード会社にとってはまだ申し込みをした方がきちんとコンスタントに支払いをしてくれる人かわからないからという理由もあります。

クレジットカードを含む、全ての借入をする場合の審査では、信用情報機関に登録されている、個人の信用情報を参照して行われています。これはクレジットヒストリー(クレヒス)と呼ばれていて、これまでの借入の履歴が登録され、遅延や延滞があるとクレジットカードを含む全ての借入審査に、悪い影響を及ぼすことになるのです。しかし反対に、これまでに借入の履歴があり、返済も滞り無く行われていれば「良いクレヒス」となってクレジットカードを始めとした、全ての借入の審査が有利になってきます。

学生のうちにクレジットカードを利用して、遅れなくきちんと支払いをすることで信用が溜まっていき、その積み重ねの結果、クレジットカードの利用限度額が上がっていくということです。クレジットカードの限度額が少ないと、学生のうちは不自由なく使えるかもしれませんが、社会人になると少し心細いものです。ぜひ学生のうちに信用を貯蓄していきましょう。

3.経験が溜まる

クレジットカードを利用して買い物をするというのは便利な半面、つい使い過ぎてしまうというデメリットも隣り合わせなのは事実です。しかし、だからといってこの先ずっとクレジットカードを使わないで生きていくというのは現実的ではありません。常に多くの現金を持ち歩くのは危険ですし、海外旅行ではクレジットカードが必須になります。そのため、クレジットカードを避けるのではなく、学生で限度額が少ないうちにクレジットカードの使い方を経験として学ぶということがとても重要になります

このアイテムは本当に自分にとって必要なものか、ポイントが貯まるからといって無駄にクレジットカードを使っていないか、支払いは間に合うのか、など、クレジットカードのリテラシーを身につけるためにもぜひ学生のうちからクレジットカードを使ってみてください。

4.家計管理を学べる

クレジットカードに不安を感じている学生は、「持っていると使い過ぎてしまうのではないか?」と思っている人も多いのだと思います。こういった点から、これから学生として生活をする息子や娘に、クレジットカードを持たせることは、良くないと感じている両親もいるはずです。

しかし、それは不安に感じることばかりではありません。クレジットカードは、利用額やキャッシング枠の上限が決まっており、学生カードはそれが一般カードよりも低く設定されているため、そもそもむやみに使って返済が大変なことに!なんていうのはほぼあり得ません。

また、現在のクレジットカードの明細は、郵送で送られてくるものではなく、ほとんどのカード会社で「今いくら使っているのか」という現在の利用状況を、ネット上で逐一確認ができるようになっています。つまり、カードでいくら何に使っているのかを確認することを習慣にすれば、家計簿をこまめにつけなくても家計管理をすることができるようになるというわけです。

クレジットカードに慣れている親は、わざと子どもに入会させて仕送りを送金する手間を省いている人もいるくらいです。クレジットカードを利用することによって、社会に出る前に、お金の使い方や管理の仕方を学べるのは良いチャンスになるので、親を説得してカードをもたせてもらうというのも悪くはないということですね。

5.付帯保険がついている

クレジットカードを持つことに不安を抱えている人にとって怖いと感じるのは、カードが盗まれたり、不正利用されたりしないかということだと思います。しかし、現在発行されている多くのクレジットカードには、とても安心な「ショッピング保険」や「カード盗難保険」といった保険が付帯しています。

そして、クレジットカードの中には、海外を中心とした旅行保険が、なんと年会費無料で付帯しているものもあります。学生のうちに旅行をしようと考えている人にとっては、むしろ持っていないと損をしてしまう可能性があるんです。万が一のことを考えて不安が拭えない人は、このような付帯保険の内容を見て、カードを選ぶ基準としても良いかと思います。

6.卒業後も利用が可能

「学生のうちに作った学生専用のクレジットカードだから、どうせ卒業したら使えないんでしょ?」と思われがちですが、そうでもないんです。学生のうちに作ったカードは、社会人になってからも基本的にそのまま利用することが可能です。審査不要でカードを持つことができるということになるので、余計な手間も省けていいですよね。

また、「社会人になった段階で〜」や「25歳以降は〜」など決まりはありますが、自動的にゴールドカードなどにグレードアップされるクレジットカードも存在します。20代の若いうちからゴールドカードを持つことができるなんて、自慢にもなるし相当かっこいいことだと思います。学生のうちから作っておくだけでこんなに特典があるのなら、作っておいて損はないどころか得になるのではないでしょうか。

カードの持ちすぎ・発行後の放置は注意。

筆者自身がそうでしたが、使わないクレジットカードも含め、5枚6枚所持している学生さんがたまにいます。デパートの提携クレジットカードの勧誘を断れず、そのまま発行してしまった。その後使ってない。。。みたいなパターンが多い気がします。定期的に使わないカードの整理を行っていきましょう。

退会処理はシンプル、強引な誘導もないので安心して手続きしましょう

もし、大学生・社会人の方で「クレジットカードが不要になった…」「ここ1年使ってないな…」というカードがあれば、この記事を見たタイミングで整理されることをオススメします。カード会社には、それぞれ退会専用の電話番号があります。(※だいたい、月~土曜日の9時-18時くらいの時間帯で受け付けています。)

電話をかければ5分ほどの手続きで解約がすんなりと完了します。その後はICチップ・磁気の部分にしっかりとハサミを入れて処分すればOKです。

自分のペースで、クレジットカード利用に慣れていこう

日本はネット通販も盛り上がってきています。これからますますクレジットカードが必要な社会になってくることは間違いないでしょう。現金支払いよりもメリット多いのがクレジットカードの特徴です。学生のうちに慣れて、うまくお金を使える知識を身につけていきたいものです。クレジットカード選びに迷ったら、当サイトのランキングも参考にしてみてくださいね。

管理人オススメのクレジットカード

大学生には、三井住友VISAカードをオススメしています。

年会費 原則無料
還元率 0.5~1.0%
発行まで 最短3日
強み 圧倒的ブランド力、長く使えてスペックバランスの良いカード

smp_arrow
btn_free_regist

【再掲】オススメカード特集

サブにオススメのセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

ネットショップ特化型ならVIASOカード

ポイント5倍、海外旅行で5%キャッシュバックの学生ライフカード

やっぱり学生のメインカード、三井住友VISAデビュープラスカード

主要大学のコラボ・特別なクレジットカードを調べてみた

pc132567-500x375
クレジットカードの利用機会は年々高まり、大学生も、約5割が卒業までに何らかの形でクレジットカードを発行・保有すると言われています。本記事では、各大学で発行されているクレジットカードやその歴史理由を調べてみました。

そもそも、なぜ大学と連携・提携したクレジットカードが存在するのか?

まずは、いくつかの大学カード公式サイトから解説を見てみましょう。

早稲田大学の解説

早稲田大学が、校友および在学生父母の皆様を対象にクレジットカード会社と提携して、1989年10月から発行しているクレジットカードです。<中略>お買い物等で早稲田カードをご利用いただくと、カード会社から大学に提携手数料(カード利用金額の0.5%)が納入されますが、全額在学生の奨学金(「めざせ!都の西北奨学金」「早稲田カード奨学金」)として活用されています。

参考:http://wasedacard.jp/inquiry_and_faq

京都大学の解説

皆様が京都大学カードをご利用になると、その利用金額に応じた手数料が京都大学に還元され、京都大学基金として活用されます。

93da75cc8c6101aadeaf3415f1de239f81cfe7f2
参考:http://www.kucard.kyoto-u.ac.jp/about/

つまり、奨学金や大学基金への支援金集めにも活用されている!

ストレートに言ってしまえば大学へのお金集めで大学連携カードは存在するのです。

クレジットカード利用者(=学生)がカードを利用するだけで、その利用した手数料の一部が大学へ払われるという仕組みになっています。利用者に金銭的な負担がなく大学を支援することができるんですね。※卒業後年会費がかかるなど一部金銭負担が出るカードも存在します。

大学と連携・提携したクレジットカードの特徴

大学カードの歴史は意外と古い

実は大学カードの歴史は古く、例えば早稲田大学では1989年の10月から早稲田カードの発行をしています。日本でのクレジットカードの歴史が1960年から始まっていることを考えると、結構昔からあるんだなという印象を受けますよね。安心感にも繋がります。

大学カードは限度額が低い

大学カードの特徴として挙げられるのが、利用限度額の低さです。多くのカードで10万~30万程度に利用限度額が抑えられています。大学カードは、限度額が高めのカードを持ちたい人には不向きのカードですね。

逆にいうと、制限があるため使いすぎを防いでくれるという効果もあります。学生さんにとってはむしろありがたいことではないでしょうか。

卒業後には年会費がかかる

基本的に大学カードの年会費は無料になっています。しかし、それも在学中に限られた話です。大学卒業後は新たなカードが送付され、年会費などがかかってくることがほとんどです。大学によっては1年間カードの利用がないと、在学中でも年会費がかかるものもあるので、申し込みの前に確認しておくことが大切です。各大学カードの公式ホームページでチェックしましょう。

大学ならではのサービスも

また、それぞれの大学ごとに、大学ならではのカード特典がついている場合がほとんどです。大学の食堂のメニューが割引されたり、大学独自の資格対策プランなどを割安で受けることができたりします。詳しいサービスは各大学カードの公式ホームページを確認してください。

大学カードはどれくらい種類があるかわからない!?

全国にある大学の総数はおよそ800弱とかなり多いわけですが、実は大学カードを発行している大学の数というのは統計もなく、明確にはわかりません。というのも、VISAやJCBといった公式サイトで大学カードの存在を公開している大学は10余りとかなり少ないのですが、実際には検索をかけてみると、大学のホームページではVISAなどのページに載っていない大学カードを紹介している例がいくつもあります。

つまり、大学関係者しか気付けないような場所にしか公表されていないため、統計が取りづらい、ということなんですね。

慶応義塾や早稲田大学、専修大学、京都大学といった有名な大学はVISAのページにも公開されていますが、有名な大学ではほとんどの場合で、独自の大学カードを発行しています。大学独自でない場合でも後述の大学生協が発行しているクレジットカードも含むと、ほとんどの大学でクレジットカードを発行しているので、総数はわからないとはいえ、かなりの数の大学がクレジットカードを発行していると予想されます。あなたの大学には大学カードがあるのか、一度調べてみてください。

大学固有のクレジットカード

東京大学キャンパスカード

東京大学の学生を対象とした、クレジットカードです。東京大学と(株)ディーシーカードが提携して発行しております。DC Master Cardで、年会費は無料。学生証についているICチップを利用して、生協の店舗(一部店舗を除く)が現金なしでサクッと利用できるのがメリット。
http://www.osaka-univ.coop/service/17.html

慶應カード

慶應大学の学生を対象とした、クレジットカードです。三井住友・DC・UC・OMC・JCBといった多彩なカード会社から選択が可能。詳細はリンク先から比較してみてください。三井住友の補償の手厚さが目立ちます。

利用限度額は10万円に限定されています。VISA/JCBの国際ブランドを選択できます。豊富な特典が魅力的で、野球・ラグビー・アメリカンフットボール慶早戦へ抽選で招待されたり、慶應カードは、各キャンパスの図書館(メディアセンター)への入館証として利用が可能です。ホテル・スクール・レストラン・旅行代理店などの協力店で慶應カード独自優待サービスが受けられます
http://www.keiocard.com/student/lineup/card.html

早稲田カードStudents

早稲田大学の学生を対象とした、クレジットカードです。利用限度額は10万円に限定されている点が、Tuoカードとは異なります。キャッシング、リボルビング払い(リボ払い)の機能がないため、使いすぎを防止できます。安全性の高いクレジットカード。VISA/Master/JCBの国際ブランドを選択でき、海外でも使いやすいクレジットカードです。また、特典としてこのカードを提示することで生協での教科書・書籍が10%オフになります。
http://www.wcoop.ne.jp/start/guide/card02.html

【お得!】大学系列カードよりもお得なクレジットカードを持とう!

年会費 年会費無料!
還元率 0.5%~最大10%まで!
発行まで 最短1営業日で発行!
強み キャッシュバックが熱い!海外保険もしっかり付帯。

btn_free_regist

明治大学学生カード

明治大学の学生を対象としたクレジットカードです。在学中の年会費は無料。利用限度額は10万円に限定されています。国内のショッピングはもとより、海外旅行時の交通機関の利用、ホテルやレストラン、ショッピングなどに幅広く使うことができます。万が一のときのための相談窓口も完備。

明治大学カード独自の700の協力店での割引や、優待が受けられるのも大きな魅力のひとつです。また、海外旅行傷害保険の機能も、カード発行の翌日から付いてきます。 卒業後は自動的に明治大学カードへ切り替わります。
https://www.meiji.ac.jp/mcard/

中大COAPカード

中央大学の学生を対象とした、クレジットカードです。年会費は永年無料で、卒業後も年会費無料継続。カード盗難保険付きで安心、カード会社はジャックス。
http://www.chudai-seikyo.or.jp/seikyou/coop_card.html

日大iクラブDCカード

日本大学とDCカードとの提携カードで、インターネットを活用した知的情報サービスの提供や日大関係者のコミュニティーを支援していく「日大iクラブ」の会員証と一体になったクレジットカードです。在学中の年会費は無料。日本大学・短期大学部・専門学校の在学生、卒業生、父母が会員対象となっていて、iクラブへの入会で正会員になる場合は入会金15,000円(60歳以上は半額)が必要になります。

日大iクラブDCカードで決済することで、『学びの講座』という日本大学独自の資格試験対策講座や語学習得講座を、通常の40%引きで受講することができます。提携店では優待サービスを受けることができたり、ネットのサポートまでしてくれます。在学中は、アップル製品をアップルの学割価格よりも安い価格で購入することができます。
http://www.nihon-u.ne.jp

学生カードとは違う!『Tuoクレジットカード』ってなに?

一般的な大学カードは、大学を支援する目的で主に卒業生などの大学関係者が申し込めるカードですが、生協のTuo(トゥオ)カードは在校生と教職員のみに提供されるカードです。大学を支援するのではなく、学生を直接支援するために利用されているクレジットカードです。

在校生支援を目的としているので、在学中はカード利用があれば年会費無料、そして会員期間は在学中のみと定められていますが、解約しなければ卒業するとTuoカードの代わりに社会人カードとしてVISAかJCBカードが送られてくることになります。

逆に言えば、在学中にTuoカードを申し込んでいなければ、卒業後には教職員以外は申込みができないということです。

また、一般的な大学カードは大学にちなんだ、各大学ならではの特典がついているのが普通ですがTuoカードは違います。提携店での割り引きなどはあるものの、大学独自の特典というのは基本的にはありません。Tuoカード、卒業生が加入者のメインになる大学カードとは性格が異なるカードなんですね。

主要大学の生協提携のTuoクレジットカードまとめ

ここからは実際のカード券種をご紹介していきます。

京都大学Tuoカード

京都大学の学生を対象とした、クレジットカードです。国内でのキャッシングはできない設定。使いすぎを防止できる安全設計で、5万円・10万円・30万円から利用限度額を任意で設定可能。利用限度額は親権者の同意によって一時的に引き上げることもできます。

初年度は年会費無料。前年に1度でもご利用があれば次年度も年会費無料。利用がない場合は、年会費1,250円(税別)が発生します。外旅行傷害保険付き。事前に旅費をクレジットカードで支払う必要性あり。
http://www.start-kyodai.com/

大阪大学Tuoカード

大阪大学の学生を対象とした、クレジットカードです。大阪大学Tuoカードは、全国の大学生協が三井住友VISAカードと提携して作った、大学生の生活にマッチした「オリジナルクレジットカード」です。大阪大学Tuoカードは世界のVISA加盟店で利用できます。限度額は、5万円・10万円・30万円からご利用枠が選べます。初年度は年会費無料。前年に1度でもご利用があれば次年度も年会費無料。
http://www.osaka-univ.coop/service/17.html

このように、全国の学生生協には各大学固有の「Tuoカード」があることが多いです。大学生協の組合員証の役割も果たし、三井住友カードと提携した「TuoカードVISA」と、ジェーシービーと提携した「TuoカードJCB」があり、各々に在学生用のものと教職員用のものがあります。
https://ja.wikipedia.org/wiki/Tuo%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89

大学カード・Tuoカードは卒業後、ポイント還元などで不利になる勿体無いクレジットカード?

大学提携のクレジットカードは、卒業後の年会費がかかったり、ポイント還元率が他のカードよりも不利だったりします。もし大学提携のクレジットカードをお持ちの方は、規約をもう一度確認して、年会費やポイント還元率、またその差額がどこに行っているかも見てみましょう。前述の通り、還元率の部分が大学の寄付金になっているクレジットカードもあります。知った上でどのカードを持つかを自分の意思で選びましょう。

大学カードよりもパフォーマンスが高い、VIASOカードを持とう!(年会費無料だし、還元率最大10%以上!)

viaso_01
大学生に人気急上昇中なのが三菱UFJニコスのVIASO(ビアソ)カードです。eショップ利用すれば、ポイント還元が追加で加算:Amazon.co.jpや、Yahoo!ショッピング、楽天市場などなどネットショップで最大10%以上のポイント還元!

年会費 年会費無料!
還元率 0.5%~最大10%まで!
発行まで 最短1営業日で発行!
強み キャッシュバックが熱い!海外保険もしっかり付帯。

btn_free_regist

自分に合ったクレカを選ぼう!

不要なカードは解約して、当サイトの学生クレジットカードカードおすすめランキングから必要なクレジットカードを選びましょう。

バイト給料日前、ピンチを脱出する学生ならではのクレジットカードの使い方、現金化手法

学生はマジでお金がない!

サイト運営者の私も、何年か前は大学生でした。毎日安酒を飲み歩いて、サークルでわいわいやって、本当に毎日お金が無いけど笑ってたことを思い出します。

【普通の使い方】食事やコンビニでクレジットカードで払う

誰でも思いつくことですが、通常の生活費をクレジットカードで払うことによって急場を凌ぐことはできます。でも、もっと学生らしい使い方があるってご存知ですか?

【現金化】飲み会の代金をまとめてクレジットカードで払う

学生ってホントにたくさん飲み会しますよね。そのまとめ役になって、代金支払いのときにみんなから現金を集めて、クレジットカードでまとめて支払うという方法で急場を凌ぐことができます。もちろん翌月にまとめて支払いはやってくるのですが、1ヶ月早く、金利で損することなく現金が手に入ります(笑)

【現金化】サークル旅行の代金をまとめてクレジットカードで払う

飲み会の支払いのやり方と同じく、旅行代金をクレジットカードで払うことでまとまった現金を1ヶ月前借りすることができますね(笑)

キャッシング・カードローン・クレジットカード枠現金化には手を出さないで!

キャッシング・カードローンは金利がかかる「借金」です。使うとしても、最終手段にしてください。学生時代でキャッシングに手を出した友人は、その後抜け出せなくなり音信不通になりました。金銭感覚が麻痺していって多重債務者になってしまう人が日本では後を立ちません。200万人以上の多重債務者がいるというデータもあります。気をつけて!他にも、「クレジットカード枠現金化」っていう看板を街で見たことありませんか?これ、ビジネスとして法律で違法です。反社会的勢力が運営している団体も多いので、絶対に手を出さないこと。

ご利用は計画的に、お金は大事だよ!

ちょっとした小ネタでしたが、いかがでしたでしょうか。お金は大切です。学生のうちにクレジットカードの使い方も含めた一生使える金銭感覚を身につけてほしいです。

クレジットカードの不正利用・悪用・詐欺・スキミング手口とは!?

cse

正利用・悪用・詐欺は思ったよりもよく聞きます

クレジットカードが世の中に広まってからも過去も現在も、いつの時代も言われていますが、クレジットカードを利用していて、いつの間にか気付いていないうちに犯罪に巻き込まれているケースがあります。被害にあいたくはありませんが、そういった被害にあうかもしれないと思うだけでも犯罪を防ぐことができるかもしれません。ここでは不正利用などをご紹介します。

買った記憶がないとき・・

クレジットカードを利用すると、後日明細書が郵送やネットで確認する事ができますよね。よくよく確認してみると、
「あれ、この日は寝込んでいたから絶対使ってないよなぁ。おかしいなぁ。ネット通販で買った事はあるけれど、買った日は違うし、こんなお店で買ったことはないし、なんだろう?しかも金額が高額だし。おかしいなぁ。」
こうやって気づく方も多いと思います。
購入した記憶がなく、金額が高額である場合、クレジットカードの不正利用が行われているケースがあります。

カード会社から電話が。。。あれ、支払い忘れたっけ?

ある日クレジットカード会社から電話がかかってきました。

  • カード会社「○○さんですよね。今は海外にいらっしゃいますか?クレジットカードが海外で利用されています。」
  • Aさん「いえ、海外にいません。」
  • カード会社「海外で不正に使われていますので、すぐにカードの停止とクレジットカードの改番を行います。」

このようなケースになった方も多いのではないでしょうか。

今回の場合はカード会社が気付いてくれて、実害はなかったのですが、自分のクレジットカードでこんな事が起こると気持ちのいいものではありませんよね。他には明細書を見るとこの日は普通に仕事していたのに、なぜかオーストラリアで使われている事が発覚したこともあります。

嘘だと思うかもしれませんが、ありえます。

年間100億円以上の不正利用

日本クレジット協会によると、平成26年1月から12月迄のクレジットカード不正使用による被害額が113億9千万円と公表されています。その内訳はクレジットカードの番号が盗まれた事による被害が58.6%、偽造カードによる被害が17.1%を占めています。いかにクレジットカードの番号が盗まれているかわかると思います。ここではクレジットカードの番号がどこで盗まれているかを説明します。
http://www.j-credit.or.jp/information/statistics/download/toukei_03_g.pdf

ログインしたら、実は偽物のサイト

例えば自分がカードを持っているクレジット会社からメールが来て、今申込するとキャンペーンとあったので追加で申込しようとしたら、実はクレジットカード会社に似せた偽物のサイトで偽のサイトに自分の名前、クレジットカード番号、有効期限、暗証番号を入力してしまった。という事があります。
フィッシングサイトとは、名前の通り、釣りのサイトと呼ばれるものです。偽物のインターネットサイトを作成し、そこに情報を入力してもらって情報を抜き取るというものです。一度入力してしまったら、偽物のサイトなので取り消しもきかず、いつの間にか自分のクレジットカードの番号が不正に使われていたという事もあります。

セキュリティの古いものやフリーなWi-Fiで盗まれる

何年もアップロードしていないパソコンで個人情報などの入力や、町中でセキュリティがかかっていないWi-Fiを利用すると、個人情報などが簡単に外部から盗みやすくなっています。
また漫画喫茶などの公共で使えるパソコンなどにも個人情報を入力し、そこから盗まれてしまうケースもあります。公共の場所ではクレジットカードなどの個人情報は極力入力しないようにしましょう。

すぐには気付かない盗み方

こちらはネット犯罪ではなく、現実の世界で起こりえる話です。男性の場合、財布は鞄の中に入れず、ズボンやジャケットのポケットにしまっている方も多いと思います。例えば飲食店などのお店に行った時に、ジャケットを預かってくれるお店もありますよね。預けたジャケットに財布が入っていて、財布全部は盗まず、クレジットカード1枚だけ盗まれてしまったという事もあります。財布ごとですとすぐに気付きますが、クレジットカード1枚だけだとすぐには気づかない事もあるので、気づいた時には大量に使われていたという事があります。こちらは盗まれてかつ本人に成り済まして利用されているパターンです。

クレジットカードの複製ができてしまうスキミング

最近は聞きませんが、昔はゴルフ場に行くとクレジットカード情報が盗まれていたという事がよくありました。実はクレジットカードの情報を盗み取る専用のスキミングの機械がこの世には存在します。そのスキミング機械は距離が離れていても情報を抜きとる事が可能です。その機械を使ってゴルフ場のロッカーなど、すぐに人が戻ってこない状態で盗まれる事があります。しかしながら、現在のクレジットカードはほぼICチップが内蔵されており、ICチップ内にしか機微情報がない為スキミングの機械では読み取る事が困難になっています。しかしまたいつの日かそういった盗み出す機械がでてくるかもしれません。

クレジットカードの不正を防ぐためにできる6つのこと

  • 自分が持っているクレジットカードの枚数を常に把握しておく
  • 利用した時のクレジットカードの明細は残しておく
  • 明細書は必ず毎月チェックする
  • 利用した時のクレジットカードの明細は残しておく
  • インターネットサイトでは、http://ではなく、https:// となっているかを確認する
  • 極力クレジットカード番号情報などを外部に漏らさない

自分が持っているクレジットカードの枚数を常に把握しておく

最近では日本人の人口1人につき2~3枚のクレジットカードが発行されていると言われています。社会人になるとおそらく3枚程度、多い人は5~6枚持っているのではないでしょうか。財布の中に何枚入れているのか、自宅で何枚保管しているのかを常に確認する状態にしておく事は紛失や盗難にあった時にすぐわかる体制をとることが、犯罪を減らす第一歩です。使っていないものは解約するほうが良いかもしれませんね。

明細書は必ず毎月チェックする

明細書は確実にチェックしましょう。明細書を確認することによって、早期に気付くことが可能です。もし身に覚えのない利用があったらすぐにカード会社へ連絡しましょう。不正利用の場合のカード会社の補償期間は長くても90日以内ですので、早めに連絡しましょう。

利用した時のクレジットカードの明細は残しておく

お店でクレジットカード決済を利用した場合、レジがその場になく、店の奥までカードを持って行ってから決済する場合もあると思います。その時にスキミングされるという事も考えられます。その時のレシートは前後の証明にもなるので必ず残しておきましょう。

ネット通販や銀行・カードのウェブサイトで個人情報を入力するページではhttp://ではなく、https:// となっているかを確認する

インターネットサイトはセキュリティが強固なものとそうでないものがあります。https~から始まるものは本サイトといっても問題はないでしょう。個人情報などを入力する際にhttp~だけのサイトではセキュリティが弱かったり、場合によっては偽サイトの可能性も高いです。またクレジット会社のホームページのつもりが、よく見てみるとアドレスが全く違うものが表記されている場合も偽サイトかもしれませんので注意が必要です。

極力クレジットカード番号情報などを外部に漏らさない

何事も人目についたり、外部に触れている事が多い程そういった犯罪に巻き込まれてしまう可能性が高まります。なるべくネット通販に使うカードは11つだけにして固定してしまう事もお薦めです。

気を付けていれば怖くはない

色々と気をつけてはいるけれど、不正利用が合った場合などは速やかにカード会社に届ける事です。カード会社の電話受付時間は時間が決まっている事が多いですが、カードの盗難や紛失は24時間受付しているケースもあります。本人の落ち度の場合はその金額を請求される事があるかもしれませんので、気付いたらすぐ連絡しましょう。便利なクレジットも、不正利用されるかもしれないと心得ている事でより一層安心して利用することができますね。

カードを所持するのが初めてで怖い人は、セキュリティが堅牢なカードをメインカードにしよう

筆者も経験がありますが、三井住友系列のカードは不正利用対策がガッチリしているオススメカードです。

三井住友VISAカードを作るならこちらから


classic
smp_arrow
btn_free_regist