2016年 4月 の投稿一覧

クレジットカード誕生の歴史、カード会社設立や日本での普及はどのように進んだのか?【お勉強記事】

大手先はアメリカが発祥

ここではクレジットカードの歴史についてご紹介します。クレジットカードの歴史はアメリカが発祥と言われています。皆さんもVISAやMASTERを見ているとアメリカかなときっと思いますよね。

1950年代の世界は、第二次世界大戦が終わり、朝鮮戦争が終わった頃にアメリカのダイナースクラブが設立されました。また当時のクレジットカードは今のようなクレジットカードではなく、富裕層向けに旅行や娯楽の為に使われていました。「T&Eカード(トラベル&エンターテイメントカード)」と呼ばれていました。

そしてほぼ同時期の1958年にアメリカンエキスプレスも設立されています。当時から両社とも富裕層をターゲットとして会員数を増やしてきたようです。

ダイナースのPR戦略

創設者の1人であるF・マクナラが、レストランで会食をしていた時、財布を忘れて支払いをすることが出来ませんでした。F・マクナラは家にいる妻に連絡を取り、財布を持ってきてもらい、無事に支払いを済ますことが出来ました。単に現金の持ち合わせが無いだけで、恥ずかしい思いを他の人にさせたくない。その思いから、友人とダイナースクラブを設立したのでした。
参考:http://card-professor.jp/entry-43/

これはよく聞くダイナースクラブの誕生秘話ですが、実はこれPR戦略だったのです。当時ダイナースの広報係りだった、M・シモンズが、ダイナース社のPRの為に新聞記者に語ったシナリオでした。

ダイナースクラブが誕生した本当の理由は、経営不振に陥ったF・マクナラの会社を立て直すために考え出された、世界で初めての画期的な「確実に儲かるビジネスモデル」だったからなのです。

しかし、現在でも本当の物語については触れられることなく、PR用のシナリオが表舞台でダイナースの歴史として語り継がれているのです。こうしてダイナースクラブが誕生し、ビジネスとしてのクレジットカードを誕生させたことで、他社の競合が始まり「アメリカン・エキスプレス」「MasterCard」「VISA」と、現在の有名国際ブランド会社が誕生することとなりました。この物語が事実ではなくPR戦略だとしても、クレジットカードの普及に繋がったことですから、歴史を動かした素晴らしいお話しだと思います。驚きですよね!

VISAとMASTERの歴史

またVISAの前身である、バンクオブアメリカが発行したバンクカードが現在のクレジットカードに近いもので、様々な商品が購入できました。

そしてバンクオブアメリカに対抗してニューヨーク州やカリフォルニア州が対抗して新しくマスターの前身であるマスターチャージという組織を作り、マスターカードを発行しています。

そして1970年代に入ると、現在のVISAとMASTERが主流となり、国際ブランドとしての地位を高め始めました。
gc10

クレジットの仕組みは昔からあった。日本編

日本では戦前から月賦販売という、商品を購入した時に月々の払いをする=月賦という販売スタイルができていました。当時は呉服屋の丸善が毎月分割で商品を販売していた事が最初と言われています。この頃の、割賦や月賦と称されていた支払いシステムをクレジットと呼ぶようになったのです。

そして1950年に入り丸井(現在のエポスカード)、丸與(現在のOMCカード)、緑屋(現在のクレディセゾン)など従来から月賦販売を行っていた会社がクレジットカード事業に参入しました。そのあとは日本信販(現在のニコスカード)が進出しています。この頃の、割賦や月賦と称されていた支払いシステムをクレジットと呼ぶようになったのです。

銀行系が参入する1960年代

1960年代に入り、アメリカのクレジットカードが日本へも普及し始めます。1960年には現在のJTBと富士銀行(現在のみずほ銀行)によってダイナースクラブの日本法人が設立され、翌年には早速クレジットカードを発行しています。そして1963年には世界初のプラスチックのクレジットカードを発行しています。当時はプラスチックでなく、紙で作った会員カードがクレジットカードとして対応していたそうです。

忘れてはならないJCBの前身は日本信販と三和銀行(三菱東京UFJ銀行)が設立しました。当時の社名の省略形は現在の名前と一緒ですが、日本クレジットビューロー(JCB)という名でした。三井住友カード、ダイヤモンドクレジット、ミリオンカード(現在の三菱UFJニコス)も設立しました。

【注目!】日本のクレジットカードの最大の歴史を作った伝統のJCBカードを作るならこちらから。

年会費 初年度無料、2年目以降も条件つき無料
還元率 0.5%~最大2.5%
発行まで 最短3営業日発行
強み 保険・還元率・カードデザインのバランスの良さ

※JCB一般カードのスペックです。

かわいいディズニーのデザインカードも選べます♪ 
詳しくは公式サイトでチェックしてみてください。

ANAマイレージクラブ機能搭載のJCB OSカードはこちらからどうぞ。

btn_free_regist

1961年以降に、三菱東京UFJ銀行の前身である三和銀行や日本信販がカード会社を設立したのを筆頭に、東武百貨店・小田急百貨店・松屋がそれぞれハウスカードを発行しました。さらに、伊勢丹・松坂屋・京王百貨店・近鉄百貨店が相次いでクレジットカード業務に参入することとなり、百貨店業界にクレジットカードが一気に広まり、浸透しました。その後は、1960年代半ばにおいては有力大手銀行がクレジットカードを発行するにいたり、そのムーブメントは中堅銀行や地方銀行へと急速に波及したのです。

国際化が見える1970年前後

1967年にはJCBとアメックスが提携し、海外で1ヶ月だけ使える海外専用カードを発行しました。

1970年代にはアメリカの2大企業VISAとMASTERとの連携が見えてきます。それまでは日本のクレジットカード会社が発行していたクレジットカードは日本国内でのみ使用できました。その頃唯一海外で使用できたのが、日本ダイナースクラブだけでした。

1973年にはUCカードがMASTERカードの国際組織に加盟し、海外に行ってもクレジットカードが使える国際カードの発行を開始しました。そして現在の三井住友ビザカードの前身である住友クレジットサービスもVISAに加盟し、国際カードの発行を開始しました。

定着したクレジットカード

1980年に入ると現在のクレジットカード業界とほぼ近くなります。ほどんどのクレジットカード発行会社がVISAやMASTERの国際ブランドとの提携を始めます。クレジットカードはもはや珍しいものではなくなるとともに、ちょうどその頃、銀行法が改正されたのです。銀行におけるクレジットカード業務が付帯業務として認められるようになったこの法改正をきっかけに、銀行本体によるクレジットカードの発行が始まりました。

また住友クレジットサービスが銀行などの金融機関と提携してVISAジャパンを設立し、VISAマークがついたクレジットカードを多く扱えるようになりました。

逆にMASTERはUCカードとダイヤモンドクレジットと提携し、MASTERブランドを扱うようになりました。当時のカード会社はVISAかMASTERブランドどちらかのクレジットカードしか発行ができないという規定がありました。しかしながら、高度経済成長期に入ってどの会社も提携すれば、VISAもMASTERもとちらでも扱えるようになってからはクレジットカードの発行枚数は一気に増加しました。

流通系カードの台頭

ここまでは金融機関系列のクレジットでしたが、1980年代は流通系カードと呼ばれるクレジットカードが台頭した年でもあります。現在の西部クレジット(クレディセゾン)、日本クレジットサービス(イオンクレジットサービス)が設立された時代でもあります。

また1987年には日本国内で発行されるクレジットカードの枚数が初めて1億枚を突破し、クレジットカードが本格的に浸透しはじめた年といえます。

そしてこの時代にはアメックスが初めてのゴールドカードを作成しました。もともとアメックスは旅行と娯楽に特化したカードであったからこその更なるハイステイタスなカードという発想になったのでしょうね。

他業種や新商品が開発される現代

2000年に入ると、バブル崩壊により多くの会社が倒産し合併をしました。現在は銀行系には必ずクレジットカードがあり、例えば三菱東京UFJ銀行は三菱UFJニコス、三井住友銀行では三井住友カード、みずほ銀行はUCカードとなっています。

またこのころからクレジット会社でなく異業種の参入が増えてきました。2001年にはトヨタファイナンスがクレジットカードを発行しました。またビューカードなどの交通系クレジット会社も台頭しました。

そして近年ではクレジットカードを発行しなくてもクレジット決済ができるおサイフケータイなどのクレジットカードがなくてもクレジット決済ができるようになりました。

さらに、クレジットカード会社の淘汰が進んでいき、そのなかでも2001年、アイフルによる信販大手のライフ買収は、大きなニュースとなりましたよね。また、銀行の統廃合によるメガバンクの誕生と、それにともなうカード事業の統合が進んだのもこの頃です。三井住友カードなどはその象徴のひとつと言えるでしょう。

今後はもっともっと、クレジットカード・キャッシュレス決済が普及するはず!

今後ますます支払方法としてのクレジットカードが一般に普及したり、カードレス・キャッシュレスの手段が増えるでしょう。さらには新しい業種の会社がクレジットカードを発行するでしょう。アメリカに比べて日本は現金社会と言われています。今ではクレジットカードが当たり前になっていますが、今後もっと予想もしないところで使えるようになるでしょう。

東京オリンピックが開催される2020年に向けてクレジットカードも変わっていく!?

国立競技場問題やエンブレムの問題などで、2020年に開催される東京オリンピックに向けて騒がしい昨今ですが、クレジットカード市場も変化しているのです。メディアなどで報道されないのであまり広くは知られていませんが、実は日本に来る外国人観光客の方々が利用しやすいように、クレジットカードのインフラ整備が着々と進められています。

周囲のクレジットカードの利用環境をこれから良く見ておけば、「こんなショップでも利用出来るのか!」と、変化に気付けるようになると思います。変化に対応できるかっこいい大人になれるように、今のうちから周囲に目を向けておきましょう。

1枚目クレジットカードにオススメ!伝統の三井住友VISAデビュープラスカード【公式サイト】

0d0a2323-2b8b-4c8e-b91e-b065c104a6cc

年会費 初年度無料、翌年以降も1回使えば無料
還元率 1.0% ※入会3ヶ月は2.5%
発行まで 最短3日
強み 鉄壁の不正利用対策、ショッピング補償100万円

smp_arrow
btn_free_regist

学生が即日借金・キャッシングする方法まとめ!カードローン?学生ローン?注意点も。

学生はお金がなーーーーい

バイトするにも、ゼミは忙しいし、卒論はあるし、部活も行かなきゃいけないし、年末は旅行にも行くし、お金ないなぁ。どうしようかな、、、
あ、電信柱に貼ってある所に電話をしてお金借りればいいんだ。

・・・なんて思ってはいけません。

今は迷惑メールなどにも、そういったお金を貸しますよ。とうたっている業者もあります。絶対にそういった業者ではお金を借りるのだけはやめてください。法律もへったくれもない業者ばかりですのでやめましょう。

それでもお金ないんですよ

それでも今月はお金がきびしくて、親にお金を借りる事も難しくて、翌月はバイトの給料があるからどうにかなるけど、今月はお金ないからどうにかしたい。といった時にキャッシングという手段もあります。ここではどのような商品があるのかご案内します。

テレビでよく見かけます

CMでよく見かけるものは、アコムやプロミスなどの消費者金融と銀行が行っているカードローン、学生向けに特化している学生ローンなどがあります。銀行のカードローンは学生でも利用できるところもあるのですが、基本的には学生には貸出をしていないところが多いです。対象年齢は20歳以上が前提です。どのファイナンス業者でも20歳以上と言われると思います。
これは、民法の法律規定による所が多いです。未成年の場合は親の承諾がないと契約が取り消す事が可能だからです。
その為申込年を20歳以上にしています。また学生は申込ができないという規定も、社会人学生や昼間はフルタイムで働き、夜間を別の学校へ行っているケースもありますので、必ずしもダメとは限りませんので一度申込してみることをオススメします。

よく聞くカードローン

自分が口座を持っている銀行のカードローンで借りる事も一つの方法です。最近は窓口だけでなくテレビ電話でも受け付けができたり、インターネットで申込が可能なところもあります。利率もそんなに高くはなく、必要書類も免許証などの本人確認資料があれば可能です。また学生さんの場合は収入が少ない事、支払がルーズな事が懸念される為借りれる枠は大きく借りることは厳しいと思います。

消費者金融ローン

今は銀行系の子会社が運営している所も多いので安心して利用できます。またキャンペーンを定期的に行っているので30日間手数料無料キャンペーンなどの時に利用するとオトクですね。大手はアコム、レイク、プロミスなどになると思います。ただ消費者金融といっても法律に基づいてお金を貸しているので法律で決められた金額までしか貸出はできません。例えば貸金業法のなかで総量規制という物があります。総量規制とは、年収の3分の1までしか借りれないことをさしてます。

→アコムで借りれるか診断してみる
→レイクで借りれるか診断してみる
※1日に同時に申し込むのは、2社までにしておきましょう。

学生ローン

学生ローンは学校の近くに看板を出している業者が多いです。またネットなどから申込はできますが、たいていは来店してからの契約が多いです。本人確認資料も本当は学生証は公には本人確認資料にはならないと言われていますが、学生ローンの場合は本人確認資料に学生証が認められます。そして学生さん向けに貸し出しを特化している事が大きいです。そして支払いを待ってくれる優しい所も多く、金利は通常は借りた金額+金利を返済しなければいけませんが、学生ローンによっては一定期間は金利のみの支払いで途中から両方支払う事もあります。

gc6

クレジットカードのキャッシング枠

もし既にクレジットカードを持っていれば、キャッシングの枠がついている場合もあります。コンビニや銀行のATMなどに行き、キャッシングすることも可能です。クレジットカードを作る時にキャッシング枠もあると、何かあった時には役立ちます。金利は他と一緒で法律通り以下の利率で貸し出します。

こんなところでは絶対借りてはだめです

お金のみを貸出する貸金業者は利息制限法により貸出する時の利率が決まっています。50万円未満は実質年率20%以下、50万円以上100万円未満は実質年率18%以下、100万円以上は実質年率15%以下と決まっています。そのためこれを超える記載があった場合は、全てヤミ金と覚えてください。ただしクレジットカードのショッピング枠や物を買った時のローンなどはこの金利ではありませんので注意ください。

ホームページをチェック

●●円迄融資可と買いてあるところはやめましょう。先述したように法律で借りる金額には上限があります。その上限を超して貸してくる事は督促などが法律にのっとってではないと言えます。学生だからといって容赦ありません。

お金を借りて返すという事

様々な所でお金を借りる事ができる現代ですが、学生ローンも含めてほとんどの会社は個人信用情報機関に情報を登録します。そして支払状況がどうかを都度その情報機関に登録しています。学生さんであれば近いうちに社会人として働く方々も多いと思います。携帯電話のように携帯が止まるというお知らせがきてから払えば良いかなと思っているかもしれませんが、電話は電話線を止める事ができますが、お金は止める事ができません。

つまり支払がたった1日遅れただけで遅延損害金というお金を余分に支払わなければなりません。また督促がないから支払いしなくてもいいんだと思っていると、最低5年はクレジットカードや携帯電話の分割もできないかもしれません。社会人になって最初からクレジットカードを作れないということは、デメリットが多いと思います。計画的に利用しましょう。

キャッシングできるクレジットカードを持っておこう!

クレジットカードとしても、キャッシング機能もアリ最短発行が最速レベルの、ACマスターカード!

smp_arrow

限度額 10~300万円
発行まで 最短即日受取りOK

btn_free_regist

こちらも申し込んでおきたい、セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

amex

年会費 26歳まで無料!
還元率 0.5~1.08%
発行まで 最短即日発送
強み 海外旅行利用での強みと、アメックスブランドの高級サービスが得られること

btn_free_regist

JALカードnaviは、旅行好き学生にオススメ!【動画あり】

jalcard_sum

飛行機に乗ってでかけよう

毎年バイトを頑張ってお金をためて旅行に行ったり、帰省先に帰ったりと今の学生さんは思ったよりも飛行機に乗る機会も多いと思います。また幼い頃住んでいた場所へ昔のお友達に会いに行くなんてこともありますよね。今回は学生さんがとっても優遇されていて、安心感抜群のJALカードの学生さん専用JALカードnaviをご紹介します。

gc2

有効期限が短いカード

まずJALカードnaviは学校在学期間の年会費は無料です。そしてこのクレジットカードの有効期限は在学期間迄となっている事が特徴です。そして社会人になった時には手続きを行う事によって通常のJALカードへ切り替わる事が特徴となっています。JALカードは初年度年会費が無料ですので一旦はJALカードに切り替えて1年間かけて次のクレジットカードを考えるという事も手ですね。

使いすぎない程度の限度枠

JALカードnaviの限度枠は10万円という設定になっています。通常のクレジットカードの枠は少なくても10万円からがスタートですのでかなり少額な設定となっていると思います。しかしながら、利用してからは決まった月の口座で引落ができて、クレジット会社の情報に引きおとしが反映されればまた10万円の枠がフルに活用できますので、国内旅行が月1回程度であれば贅沢しなければクリアできる枠でしょう。

どの国際ブランドでも選びたい放題

VISA、MASTER,JCBの全ブランドから選択ができるのも魅力的です。現在ではどの国際ブランドを持っていてもほぼ利用できますが、JCBのみ利用ができないお店がVISA、MASTERと比べると多いので最初はJCB以外が使いやすいかもしれません。

マイルがザクザクたまる!!

旅行好きな学生さんには大変うれしく、なんと在学期間中のマイルは有効期限がありません。
またポイントもわかりやすく100円=1マイルとして換算しています。
そして入会搭乗ボーナスで1000マイルが加算されます。また年間最初の搭乗時にも1000マイルがプレゼントされます。またJALグループの搭乗時はフライトマイル+10%分のマイルが追加してプレゼントとなります。
また、海外旅行でJALの国際線をマイル積算対象運賃で乗車しますと、1区間につき300マイルがプレゼントされます。こちらは予約時のお得意様番号が必要となります。こちらはフライトマイルとの併用が可能です。つまり
とにかくザクザクたまります

語学の勉強して受かったら更にボーナス

JALカードが指定します、例えば実用英語技能検定1級、準1級、TOEICやTOEFLのスコアが基準値以上,その他の外国語検定の1級に合格しますと、その証明と申請書を送ると、500マイルがプレゼントされます。これはモチベーションアップにもつながり、マイルももらえて一石二鳥ですね。

卒業後のJALカードはどうなるの

JALカードnaviは学校卒業予定年月の月末が有効期限となります。その到来までにJALカードの更新審査をしたうえで、一般のJALカードに切り替わります。一般のJALカードに切り替わっても、マイルはJALカードnaviの有効期限翌月から36ケ月の月末なので、平成28年3月末がJALカードnaviの更新期限ならば、JALカードに切り替わりますと、マイルの有効期限は平成31年の4月末となります。

オプション達はお金がかかる

ただし、今まで無料だったJALカードのショッピングマイルプレミアムは、カードの年会費とは別に税込3,240円が加算されます。またJALカードツアープレミアムに登録の場合も、カードの年会費とは別にして、年間登録料が税込2,160円かかります。
いかに在学中がめぐまれているカードってことですね。
それでも、切り替えをすると、なんと2,000マイルが自動的にプレゼントされます。

旅行時に安心なカード付帯保険

なんとJALカードnaviはそのカードで旅行を購入しなくても、自動付帯の保険が適用されます。適用期間はJALカードの入会審査終了後の翌日以降に出発するものから適用されます。
傷害死亡の場合は1,000万円、傷害後遺障害は30万円から1,000万円迄補償されます。また海外旅行の場合はケガ、治療費も50万円まで、賠償責任も2,000万円までが付随されています。また、トラベルバッグなどの携行品も1旅行につき15万円まで、年間累計最大100万円までが自動的に付随されます。これだけでも安心して旅行ができますが、更に、
海外旅行中の日本語サービスが24時間受けれます。
日本国内では、日本の公共交通機関に乗車中のけがや、宿泊中の火事や破裂、爆発も保険対象となります。火事や爆発などは保険適用のケースが少ないので、起こってほしくはないですが、もし万が一起こっても少し安心ですね。

国内線がお得なスカイメイトサービス

満12歳以上22歳未満の方が搭乗日当日の出発空港で空席がある場合、お得に利用できるサービスがあります。購入時や搭乗手続きの際にJALカードnaviを提示するだけでお得になります。また、本来ですと、マイルは普通席で75%ですが、JALカードnavi会員ですと、マイルも通常通り加算となりますので大変お得です。

引越しやお買いものでもポイントをためる

学校のキャンパスが変わったり、卒業前に就職の為に引越サービスを利用すると、サカイ引越しセンターを利用する場合は割引料やプレゼントがもらえます。またマイル特約店なので2倍マイルがたまります。
JALカードの特約店でのお買い物は通常の2倍のポイントがたまります。つまり50円で1マイルの換算となります。特約店はファミリーマートから始まり、大丸松坂屋やガソリンスタンドのエネオス、紀伊国屋書店やロイヤルホストなど、皆さんが普段利用している所もおおいですね。

乗れば乗るほどおトクに

飛ぶほどボーナスマイルと言う、乗れば乗るほどお得なマイルの貯めかたがあります。前年1月~12月迄のJALグループに搭乗したフライトマイルの実績に応じてボーナスマイルがプレゼントされます。2,500マイルから4,999マイルで+1000マイル、5000マイル以上ですと2000マイルがプレゼントされます。

ためればためるほどおトクも・・・

そして、ためるほどボーナスマイルが更にプレゼントされます。これは飛ぶほどボーナスマイルとためるほどボーナスマイルを除いた全てのマイルの獲得したマイル数に応じて+でプレゼントされます。999マイルまでは50マイルのプレゼント、あとは段階に応じますが、最大3,000マイル以上をためると300マイルがプレゼントされます。

キャンペーンをつかってさらにおトクに

マイルを使用する時には航空券に交換すると、減額される割引キャンペーンも実施中です。(2014年4月1日~2017年3月31日(金)搭乗分迄)年末年始やお盆、GWなど以外であれば1区間4500マイルで交換することが可能です。また往復時でも6000マイルで交換が可能です。東京沖縄間の往復でも、減額マイルキャンペーンを適用すると同様です。またクラスJの搭乗分も1区間は6500マイル、往復で使う2区間も10,000マイルで搭乗ができます。ただし、電話やモバイルサイトの申込では対象外となってしまいます。JALのホームページより申込をしてください。

同じく、国際線でも減額マイルキャンペーンを実施中です。JALカードnavi会員の方がJALホームページからの申込ですと、国際線の場合は通常の半分のマイル数で特典航空券に変更が可能となります。ただし、全ての目的地や期間が対象ではない為、減額キャンペーンが実施されているものが対象ですので良くホームページを見て確認しましょう。
例えば、韓国が目的地でソウル、プサン行きは通常は往復マイル数15,000ですが、キャンペーン期間中の往復マイル数は7500となります。また、ハワイホノルルは通常は40,000マイルが必要ですが、キャンペーン期間中は20,000マイルで往復の特典航空券と引き換えが可能です。

ザクザクたまるポイントを活用

マイルがこんなに貯まるカードは他にはないです。と言える程マイルが貯まりやすいです。大学在学中に全てをフル活用すれば、マイルで海外往復航空券もゲットできるかもしれません。また語学の勉強を実施して、資格をとるだけでマイルがもらえたりと、勉強に励むためにこのクレジットカードをもちたい!とご両親に言うと了解してくれるかもしれませんよね。ぜひ学生最初のクレジットカードとして検討してみてください。

【CM】新しすぎるクレジットカードの支払い方(JAL CARD/JALカード)


カッコよすぎるCM動画も登場!

JALカードnaviを作るなら、こちらから

年会費 在学中無料!
還元率 1.0%~最大4.0%
マイル カード利用100円で1マイル!
強み 付帯保険の充実。海外国内旅行にバリバリ強いカード

btn_free_regist