海外旅行の傷害保険、自動付帯・利用付帯の違いは?傷害申請はどのようにする?


sticking-plaster-155795_1280

海外での保険のあれこれ

海外旅行は慣れない土地や、言葉が通じない土地へ旅行をするという事は楽しみの半面、分からない事が沢山あるので何かあったらという不安は多いと思います。海外でいざというときに必要な保険は様々なものがあり、細かく確認しておかないといけないことがいくつかありますので事前に確認してみましょう。

海外旅行損害保険の種類

正式に海外旅行損害保険と呼ばれる保険です。保険内容は様々なものがありますが、

  • 旅行中に起きたケガにより死亡した場合の補償:傷害(死亡)
  • 旅行中病気により死亡した場合の補償:疾病(死亡)
  • 旅行中ケガで障害が残った場合の補償:傷害後遺障害
  • 旅行中のケガ・病気の治療費保障:傷害・疾病(治療)※持病は含まれないこと多い
  • 旅行中のケガ・病気で入院した時に一時金の支払い:入院一時金
  • 旅行中のケガ・病気になり家族が駆けつける費用:救援者費用
  • 旅行中、人身や他人の持ち物、公共物等壊してしまった時にかかる費用:賠償責任※法的に責任が発生した場合
  • 旅行中に携行品が盗難などの事故にあい損害を受けた費用:携行品損害
  • 旅行中航空機に預けたが目的地への到着が遅れた場合、身の回り品など必要に応じ購入したものの費用:航空機寄託手荷物遅延
  • 予定の航空機の到着が遅れた場合、搭乗していた航空機が目的地への到着が遅れた場合の宿泊費や食費などの費用:航空機遅延

等が一般的に 『海外旅行損害保険』と呼ばれる保険で補償される大まかな項目になっております。保険の種類によってこれはあるけどこちらは付帯されていない物も多くありますので、必ずどんな場合に適用されるか?という項目と、不適用のケースの内容は確認して契約してください。

自動付帯・利用付帯の違い

『自動付帯』はクレジットカードが発行されている時点で自動的に付帯されている保険。注意点はクレジットカードによって上記で紹介させていただいた保障が付いているものと無いモノとがあるのできちんと確認が必要です。

『利用付帯』は旅行時の移動手段で使う公共交通費用、ツアーパッケージ代をクレジット決済にしてはじめて適用になる保険です。(カードを利用して適用される保険)メリットはクレジットカードを使用することで補償額が上乗せされる場合がある。デメリットはクレジットカードで保険会社で認めている公共交通機関にてのカード利用をしないと適用されない、カードを複数枚持っていく場合はそれぞれ使用していないと適用されないことです。

障害申請方法

万が一海外旅行先で事故にあった場合の申請方法です。

事故にあって30日以内に保険会社へ連絡して保険金請求書を送付してもらってください。その請求書にて保険金の請求が可能になります。その他必要な書類を準備してください。基本的に領収書は全て保管しておくのと、損害物の修理費用などは見積書なども保管しておく必要があります。付帯されている保険内容によって異なりますのできちんと事前に確認をしておくことをオススメします。

保険に強く、海外・飛行機と相性がいいクレジットカードはJALカードnavi(学生専用)

jalcard_sum

年会費 在学中無料!
還元率 1.0%~最大4.0%
マイル カード利用100円で1マイル!
強み 付帯保険の充実。海外国内旅行にバリバリ強いカード

btn_free_regist


失敗しないクレカ選びのポイント!

creca_footer_link