学生だからこそ、クレジットカードは還元率で選ぼう!


ポイント還元を甘く見ていませんか?

クレジットカードを選ぶときにはポイントを重視するべきとよく言われますが、そんなの全然興味がないという方もいると思います。おそらくそういう方はクレジットカードに限らず、とにかくポイントを軽く見ている傾向があると思いますので、ここでちょっと注意喚起です。ポイントって大きいですよ。

見方を変えてみましょう。ポイントとか還元という表現を使うと、どうしても家電量販店の「10%ポイント還元」などのイメージが強く、クレジットカードの1.0%還元がどうしてもしょぼく見えてしまっていると思います。

でも、還元率1.0%ではなく、利回り1.0%と考えるといかがでしょうか。現在の預金金利はネット銀行の10年物定期預金でも約0.25%です。10年も使えない状態で置いておいてもその程度ですよ。それに比べたらクレジットカードのポイント利回り1.0%って金融商品としてとっても優秀だと思いませんか?ちょっとむずかしいかな。100万円使ったら1万円返ってくるって、結構すごいことなんですよ?
buy-cash-coins-2116-528x350

お金って腐るんですよ

実はあまり知られていないのですが、お金って腐るんですよ。これは10円玉に青カビが付くとか千円札が腐食してくるとかそういうことではなく、今まで1万円だったものが、気が付いたら9,700円の価値になっていたということです。これって、1万円が300円分腐ったと考えられないですか?

たしかにそれならお金が腐ったと言えるけど、実際にそんなこと起こるの?と思う方もいらっしゃると思いますが、実際に起こりましたよね、つい最近。そうです。消費税の増税です。今まで10,500円で買えていたものが10,800円出さないと買えなくなりました。

これは勝手にお金の価値が下がった、つまりお金が腐ったと考えられないでしょうか。ちなみに、消費増税はこれで終わりではなく、近い将来さらに2%増税されて消費税10%になることが見込まれていますよね。加えて日銀は物価上昇目標を2%と設定しています。

つまり、今後は何もしなくても自動的に手持ちのお金は4%腐ってしまうんです。
これは大変なことですよね。

100-bank-notes-bills-2099-476x350

ではどう対抗するか

それでは、この増税と物価上昇にはどのように対抗していけばいいでしょうか。収入を上げるというのももちろん手だと思いますが、普段の買い物に付加価値をつけて対抗するのはいかがでしょうか。いままで現金で支払っていたものをクレジットカードの支払いに買えるだけで、今度は自動的に1.0%程度収入が増えることになります。

まとめ

人はお金を使い続けないと生きてはいけないですから、それならお金を使うこと自体に付加価値を乗せてしまいましょうというのが、ポイントにこだわるべき一番の理由です。
学業に専念すべき学生の方にこそ、高還元率にこだわったクレジットカードを利用して賢く腐るお金に対抗していただきたいと思います。


失敗しないクレカ選びのポイント!

creca_footer_link