クレジットカードのポイントを効率よく貯めよう


クレジットカードにはポイントプログラムがあります。カードショッピングするだけでポイントが貯まり、商品交換やキャッシュバック、ほかのポイントへの移行ができます。ポイント還元率は基本0.5%なので、Pontaといった共通ポイントに比べると半分の価値しかありません。しかし、クレジットカードのポイントはいろいろなサービスを利用することで、還元率がアップします。また、基本還元率が1%以上のクレジットカードも少なくないので、共通ポイントと比べても十分活用できます。

今回はクレジットカードのポイントを効率よく貯める方法や、高還元率のクレジットカードをご紹介します。

ポイント還元率のしくみ

クレジットカードのポイントはカードによって違います。またクレジットカード以外の共通ポイントなどもそれぞれ違うので、比較できるものが必要となります。それがポイント還元率で、カードショッピングした金額と還元されるポイントの価値との比率を表しています。それではポイント還元率の具体的な計算方法をご紹介します。

ポイント還元率の計算方法

一般的なクレジットカードでは1,000円利用すると1ポイントが付与され、200ポイントで1,000円相当の商品に交換できます。これを計算式にすると下記のようになります。

ポイント還元率=1,000円(交換商品の価値)÷1,000円(カード利用額)×200ポイント=0.005(0.5%)

反対にポイント還元率からカードショッピングによって獲得できる商品価値を割り出すことができます。還元率0.5%のクレジットカードで年間50万円の買い物をすると下記の金額の商品に交換できます。

 獲得できる商品価値=500,000円×0.5%=2,500円相当

同じ買い物をするのであれば還元率の高いクレジットカードを使ったほうがお得だということがわかるでしょう。一般的に商品交換は還元率0.5%でも、商品券などの金券類や現金に交換するキャッシュバックは還元率が低く0.3%程度になるので注意が必要です。

ポイント還元率はポイント付与の単位に関係なく比較できる

クレジットカードのポイント付与は1,000円単位だけでなく、100円や200円、中には2,000円単位という場合もあります。ポイント付与の単位がいくらであってもポイント還元率だけで比較できます。100円で1ポイント付与される場合、1,000円で1ポイント付与と比べると10倍のポイントがもらえるのでお得な気がしますが、2,000ポイントで1,000円の商品に交換するのであれば還元率は同じ0.5%です。

2,000ポイント貯めるためには20万円のカードショッピングが必要なので、20万円使って1,000円分戻るという点では、1,000円で1ポイント付与も100円で1ポイント付与も変わりはありません。ポイント付与の金額が少ないからと言って必ずしも得するわけではないので、必ずポイント還元率で比較しましょう。

ただし、ポイント付与の単位が低いほど無駄になるポイントは少なくなります。1,000円単位の場合8,800円の利用では8ポイントしか付与されません。100円単位では88ポイント付与されます。1000円単位では切り捨てられるポイントも100円単位では付与されるので、1年単位で考えるとかなりのポイントを無駄にしないで済みます。

意外に大切なポイントの有効期限

クレジットカードのポイントを貯めるときに、ポイント還元率の高いクレジットカードを利用するというのが原則ですが、ポイント有効期限も重要な要素です。いくらポイント還元率が高くてもポイントの有効期限が短くては、商品交換できるまでポイントが貯まらない場合もあります。また、高額商品への交換も期待できません。ポイントの有効期限も選択肢に含めておきましょう。

ポイントの有効期限は2年が標準

ほとんどのクレジットカードのポイントは2年で有効期限が切れます。そのためポイント有効期限が切れる前に商品交換をする必要があり、あまり必要でない商品に交換せざるを得ないという場合もあります。また、商品交換にポイントが不足しているので、商品交換のために余計な買い物をしてしまうということも考えられます。こうしたことを防ぐためにはクレジットカードを作る前に、自分のカードショッピングの金額で商品交換できるだけポイントが貯まるのかをチェックすることが必要です。

200ポイントが最低交換単位で、還元率0.5%のクレジットカードの場合、最低1年で10万円のカード利用が必要です。毎月1万円程度のカード利用があればポイント有効期限2年、還元率0.5%のクレジットカードであれば十分商品交換できます。しかし、有効期限が短いほどポイントの管理をしっかりしていないと失効して染む可能性も高くなります。

ポイント有効期限が長い、または無期限のクレジットカード

ポイント有効期限が長いほどより高額の商品や、高額の金券に交換できます。ライフカードはポイント有効期限2年ですが、有効期限の延長を申請できるので最長5年間ポイントを貯められます。また、ポイントの有効期限がない、もしくは実質的に無期限となるクレジットカードもあります。

ポイント有効期限がない主なクレジットカード

・セゾンカード クレディセゾンが発行するクレジットカードで「永久不滅ポイント」を採用していれば有効期限なしでポイントが貯まります。
・楽天カード ポイント有効期限は1年ですが、ポイント獲得や利用するとその時点からすべてのポイントが1年有効となるので、年1回でも利用すると実質有効期限がなくなります。
・リクルートカード 楽天カードに同じ
・Yahoo!Japanカード Tポイントが貯まるクレジットカード。Tポイントは楽天カードと同じ仕組みで実質有効期限なし。

セゾンカードはポイント還元率0.5%ですが、楽天カードはどこで利用しても1%、リクルートカードは1.2%、Yahoo!Japanカードは1%の還元率です。有効期限がないクレジットカードほど、高還元率でポイントを貯める効果が大きくなります。。セゾンカードは還元率が0.5%と低いですが、「永久不滅.com」を活用するとポイントが最大30倍になります。

クレジットカードのポイントを効率よく貯める方法

同じカードショッピングをするのでもポイントが貯まりやすい方法があります。そうした方法を活用することでクレジットカードのポイントを効率よく貯めましょう。

クレジットカード会社のショッピングモールを利用する

クレジットカード会社はインターネット上にカード会員専用のショッピングモールを運営しています。ただし、セゾンカードの永久不滅.comだけはセゾンカード会員以外でも利用可能です。このカード会員専用ショッピングモールを利用してカードショッピングをするとポイントが最低でも2倍、最大20~30倍にもなります。

こうしたショッピングモールは楽天市場やAmazonといった日本でトップクラスのショッピングモールが参加しています。ふだん楽天市場やアマゾンを利用しているのであれば、クレジットカード会社のモール経由で利用するだけでポイントが倍増します。

キャンペーンを活用してポイントを貯める

入会キャンペーンでポイントがもらえるクレジットカードは数多くあります。ポイントを貯めるためのクレジットカードを決めたらキャンペーンを利用して入会するのも一つの方法です。一般的には2,000ポイントもらえることが多いので、一度にポイントが貯まります。しかし、入会キャンペーンは一度だけなので、入会してからもキャンペーンの多いクレジットカードを選ぶことも一つの方法です。

楽天カードは楽天市場で現金と同じように使える楽天スーパーポイントを貯めるクレジットカードです。そのため楽天カードポイントを貯めるメリットのある人は限られますが、楽天市場を利用している人であれば豊富なキャンペーンがある楽天カードは必需品です。各種キャンペーンを利用することで楽天市場内の買い物に限るとポイント還元率は最大7%にもなります。

ポイントを貯めるクレジットカードを一枚に絞り集中して利用する

貯めたいポイントがある場合はそのポイントが貯まりやすいクレジットカードを選んで、集中して利用することが必要です。特に貯めたいポイントがなく、商品交換ができればいいという場合は、なるべく基本還元率が高いクレジットカードを作って集中的に利用しましょう。いずれの場合も一枚のカードを集中的に利用することで効率よくポイントを貯めることができます。

家計に負担なくポイントを貯めたいという場合は、公共料金など毎月支払いが必要なサービス料金をクレジットカード決済するといいでしょう。最近では自動車税や固定資産税、国民年金保険料などもクレジットカード決済が可能です。これらをカード決済に切り替えるだけで無理な買い物をしなくても、自然にポイントが貯まります。

まとめ

クレジットカードのポイントはクレジットカード会社の利益の中から還元していますが、カード会員に手数料がかからない1回払いを利用してもポイントが付きます。つまりクレジットカード会社に利益がなくてもポイントがもらえます。実際には加盟店も手数料を支払っているので、完全に利益ゼロではありませんが、薄い利益の中からポイントを還元しているのは事実です。リボ払い専用カードといったクレジットカード会社の利益率が高いクレジットカードは、ポイント還元率も高くなっている理由もそこにあります。

クレジットカード会員としては、そうしたクレジットカード会社の事情に気を使う必要はありません。ポイントサービスを提供しているクレジットカード会社が、それでも利益を確保しているのは間違いありません。クレジットカード会社はもともと薄利多売が原則なので、常にカード会員を募集し続けているのです。今回の情報を参考にして遠慮しないでどんどんポイントを貯めましょう。


失敗しないクレカ選びのポイント!

creca_footer_link