クレジットカード申込時に電話で在籍確認はされる?実家に行く?バイト先に行く?在籍確認対策についてのまとめ


在籍確認は実施されると思っておけば全て解決ですが…!実施されないことも。

クレジットカード審査の過程で「在籍確認」が実施されるケースがあれば、実施されないケースもあります。これはクレジットカード審査の謎の1つですが、基本的に「在籍確認は実施される!」というスタンスを持っておくのが常識です。

在籍確認とは

在籍確認というのは「在籍」を「確認」するための作業です。その「在籍」というのは「自宅」と「職場」の2つがあります。

自宅の在籍確認とは?

自宅の在籍確認というのは申込時に提出した「住所」や「電話番号」などの情報が正しいかどうかを確認するために行われます。クレジットカードへ申し込む際に「身分証明書」を提出する場合は実施されないこともおおいです。また、「身分証明書」を提出しなくても実施されないこともあります。

自宅に固定電話があるかどうかで変わることがあれば、携帯電話で本人確認をされることもあります。自宅への在籍確認が実施されるかどうかはカード会社によるので、一律でクレジットカード審査は「自宅への在籍確認がある」と決まっているわけではありません。

一人暮らしをしている場合、「実家」に電話が行くのかな?と疑問に感じることがあります。基本的に在籍確認は申込時の情報が正しいかどうかを確認するので、一人暮らしをしている場合は実家は全く関係ありません。学生の場合なら「親の同意書」が必要なケースにおいては、親が住んでいるところに親への在籍確認が実施されるケースは考えられます。

詳しくはこちらも:未成年の学生がクレジットカードを発行するには親の同意書が必要?

自宅の在籍確認の対処方法

カード会社から自宅に電話が掛かってきたら普通に応答すればOKです。

「こちら○○と申しますが、○○さんはおられますでしょうか?」と聞かれます。それに対して「私が○○です。」と答えれば終わりです。

それ以上に何か聞かれることがある場合、それは申込情報において不審に思われる場合だけです。自宅への在籍確認の対策は申し込みにおいて「嘘を付かないこと」です。

職場の在籍確認とは?

職場の在籍確認というのは申込時に提出した「職場」に関する情報が正しいかどうかを確認するために行われます。社会人であれば特に、クレジットカードへ申し込む際に「年収」の申告欄への記入やカードローンなど申し込みの場合は「所得証明書」を提出することがありますが、その提出の有無に関らず実施されることがあれば実施されないこともあります。

「自宅」への在籍確認と同様に一律でルールが決まっているわけではないため、申込先のカード会社にすべて起因します。

職場の在籍確認の対処方法

カード会社から職場に電話が掛かってきたら、これも「自宅」のケースと同様に「私が○○です。」と答えるだけで終わります。それ以上に何かを聞かれることはまずありません。「勤続年数は?」とか「年収は?」とか、ダラダラと質問責めされることはありません。

基本的に職場に電話が掛かってくるのは迷惑ですね?仕事で忙しいのに電話であれこれ聞くなら申込用紙に重要事項を書いておけと。この辺りはカード会社も常識を理解しているので、長引くことはまずありません。また、職場の在籍確認は本人が電話に出られなくても「在籍」していることが確認できると、その時点で終わります。

職場への在籍確認の対処方法も特にありません。ただし、嘘を付いていると電話が掛かってきたらアウトなので、これも申し込みにおいて「嘘を付かないこと」が大事です。

在籍確認は実施されることを想定しておく

クレジットカードは言ってしまえば「借金」を作れるカードです。それを前提に考えると、融資をする相手の身元を確認するのは当たり前ですね。そのため、在籍確認があるのかどうかに疑問を感じるのではなく、在籍確認は実施されると思っておきましょう。

また、在籍確認が実施されたからといって、自分にとって何か不都合なことがあるわけでもありません。何か問題があるとすれば「周囲にカードを作ることがバレる」とか「嘘の申し込みがバレる」などでしょうか?

周囲にバレることはあり得る

これは「キャッシング」の申し込みで良く話題となる話ですが、家族や職場の同僚に内緒でお金を借りたいのに「在籍確認」によって借金がバレてしまうケースがあります。その対策方法は「所得証明書」で在籍確認をしたり「個人名で電話をかけてもらう」などがあります。

クレジットカードの場合は「借金」を作れるカードとはいえ、不思議なことに一般的にはネガティブなカードというイメージがありません。これはみなさんも同じような印象を持っているのではないでしょうか?むしろ、ゴールドカードなどステータスの高いカードを所持できると、周囲に格の違いを見せつけたい!と思うくらいです。

嘘の申し込みは厳禁です

クレジットカードの申し込みで嘘を付きたい項目は「年収」や「他社借入」や「職場情報」だと思います。基本的にどんな項目にせよ、嘘を付くなら嘘を本当と思わせることができる準備をしなければなりません。実証できない嘘を付いても「証拠を確認したい」と言われるとアウトなので、中途半端に嘘を付いても本当にメリットがありません。虚偽申告は厳禁ですよ。

世の中には嘘の情報でクレジットカードを作れた人がちらほらといると思います。それって「嘘に成功した!」というよりは「嘘がバレているけどカード会社にとってはどうでもいい内容だった」と考える方が正しいです。

在籍確認の電話はいつ掛かってくる?

在籍確認が実施されることが分かっている場合、事前に電話が掛かってくる時間が分かります。申込用紙で「都合の良い時間帯」を書く欄があったり、店頭ならその場で時間帯を聞かれることもあります。

在籍確認が実施されるかどうかが分からない場合、これは何もしなくて良いです。在籍を確認したいのはカード会社ですね?しっかりとスムーズに在籍確認を終えたいなら何かしらのアクションがあります。自分でカード会社に「在籍確認の時間帯はどうしましょうか?」とアクションを起こす必要はありません。また、そこに神経を使う必要もありません。

在籍確認が実施されるかどうか分からず、知らない間に電話が掛かってきて在籍確認ができなかった。その結果、審査落ちという流れはありません。連絡が行き違いになった場合、これもカード会社から何かしらのアクションがあります。それを無視して審査落ちはあり得ます。

融資額が高額なほど在籍確認の重要性は高くなる

在籍確認というのはクレジットカード以外にも、「キャッシング」や「住宅ローン」など様々な金融商品で実施されます。また、融資額が高額になるほど在籍確認の重要性が高くなることは基本知識として覚えておきましょう。

「住宅ローン」は何千万円という超高額な融資を受けますが、審査に約1ヶ月ほどの時間を要することが多く、在籍確認だけではなく「勤続年数」や「住居年数」などかなり細かいところまでチェックされます。逆にクレジットカードの場合は融資額が小さいので、審査も相応した基準です。

まとめ

初めてクレジットカードを作る時、在籍確認は何かと不安を感じると思います。しかし、在籍確認は申し込みの申告情報を確認するだけの内容なので、それ以上でもそれ以下でもなく単なる確認作業です。

在籍確認に対する対策はそれをする必要性が特にないため、普通に電話が掛かってきたら応答すれば良いです。在籍確認の対策が必要となるケースはプライベートの都合以外はなく、特に「嘘の申し込み」VS「在籍確認」は注意をしておくべきポイントです。


失敗しないクレカ選びのポイント!

creca_footer_link