現金主義から卒業のススメ。極力クレカ決済の方が毎月の出費が把握しやすいって本当?


キャッシュよりもクレカの方が出費管理しやすい理由

毎月の出費管理を徹底したいなら、クレジットカードを持つのがオススメです。

現金主義の場合だと、買い物をする度にレシートを残す必要があります。あるいは、スマホの家計簿アプリやパソコンの家計簿ソフト等を駆使して、自分で出費の履歴を付けていく必要があります。

クレジットカードの場合だと、そもそも出費を管理するために帳簿を付ける必要がありません。何故なら、クレジットカードは銀行の預金口座のように利用履歴が自動的に明細として残るからです。

クレカで出費管理をするならWEB明細を抑えよう!

現代のクレジットカードは郵送明細ではなくWEB明細が主流です。

WEB明細というのはネット上で明細を管理できるサービスであり、無料で利用することができます。クレジットカードを申し込む際にWEB明細を同時に申し込むことができますし、カード発行後に申し込むこともできます。

銀行のネットバンキングと似たようなサービスであり、メールアドレスからログイン登録をするだけです。ログイン登録が完了すると、後はログイン用のパスワードを使ってログインをすれば、マイページで利用履歴を確認することができます。

  • セゾン・ネットアンサー
  • JCB・My JCB
  • 三井住友VISA・Vpass
  • 三菱UFJニコス・各ブランドの会員サイト(VIASOならVIASO会員サイト)
  • ライフカード・LIFE-WEB Desk

毎月の月末にWEB上で利用履歴を確認すれば出費管理は完結です!

基本的に出費管理は1日単位や月単位で管理していきますが、WEB明細を利用するなら毎月の月末にマイページで利用履歴をチェックしておけば大丈夫です。

WEB明細は登録時に使ったメールアドレスと連動しているため、カードを使ったらメールアドレスに連絡がやってきます。これによってWEB明細をチェックし忘れることも少ないです。どれだけ少額のカード利用でも、必ず明細として履歴が残るので、月末に月間の利用履歴をすべて合算すると簡単に出費を管理できます。

WEB明細は他にどんなことができる?

WEB明細は出費管理するだけのサービスではなく、利用残高や支払額の調整など様々なことができます。

例えば、指定口座に資金を調達したい場合、オンラインキャッシングを使うとすぐに銀行口座へお金を用意できます。次回の支払いが厳しい場合、支払方法をリボ払いに変更してピンチを凌ぐことができますし、クレジットカードの最大の魅力であるポイント管理もここで行えます。

現代のクレジットカードはWEBサービスを同時利用することが常識でもあるので、月々の出費を管理するために利用するというよりは、ポイント管理や支払方法の変更などのために利用するという感じです。その延長として、月々の出費管理も簡単にできるという認識を持っておくと、WEBサービスの実用性やメリットが分かりやすいと思います。

  • 明細の確認
  • 利用残高の確認
  • ポイント管理
  • オンラインキャッシング
  • キャンペーンの参加など

WEB明細の他にもApple Payや家計簿アプリからスマホ完結も可能です

クレジットカードの出費管理は基本的に各社のWEB明細ですが、最近はApple Payに対応しているカードが増えていることからも、スマホで出費管理を完結することもできます。

Apple Payというのはスマホを経由してカードを使うことができ、ショッピングシーンで手元にカードがなくてもスマホをかざすだけで買い物ができる優れものです。テレビのCMでも頻繁に宣伝されているので、一般的にもApple Payの知名度は高くなっています。

スマホはApple Pay以外にも、家計簿アプリやカードアプリと連動することもできます。こうした便利なアプリを駆使すると、「Apple Payで買い物」→「家計簿アプリ等で出費管理」という流れが自然と出来てしまいます。

以下、家計簿アプリやクレカ管理アプリをランダムにチョイスしていますが、家計簿アプリはカード管理と連動しているタイプが多いです。また、各カード会社も独自のアプリをリリースしているケースも多いので、本当に出費管理のやり方は幅が広いです。「Apple Pay」+「何かしらの管理アプリ」という形で出費管理すると、カード利用と管理の両方が楽になります。

  • CRECO・カード利用明細アプリ
  • 家計簿Zaim・家計簿アプリ
  • 家計簿マネーフォワード・家計簿アプリ
  • SmartCreCa・クレカ管理アプリ
  • 各カード会社の公式アプリ(JCBならMy JCBアプリなど)

アプリを選ぶ時は実際に使ってみるのが早いです!

家計簿アプリやクレカアプリを選ぶ時、選択肢が多くて悩むと思います。

まず、アプリというのは「iPhone」or「アンドロイド」に分かれます。どちらにも対応しているアプリがあれば、片方にしか対応していないアプリもあります。手持ちの端末に対応しているアプリをチョイスするのが基本となります。ちなみにApple Payはアンドロイドに対応していませんが、「iPhone=Apple Pay(Apple社提供)」に対して「アンドロイド=Android Pay(Google提供)」というのがあります。

対応端末の次に見ておきたいのが「有料か無料か」です。無料アプリは機能制限が設けられており、有料アプリはフルサービスというのが常識です。そもそも課金がないアプリの場合、やはり有料アプリに比べると機能性が劣ります。しかし、簡単な家計簿やクレカ管理で良いなら、無料アプリでも十分に目的に対応できるので、一概に有料アプリでフル課金がベストとは言えません。

最初は無料で一部課金というスタイルのアプリが多いので、お試しにアプリを実際に使いながら自分に最適なアプリを探すのがオススメです。iPhoneとアンドロイド、それぞれのアプリをネット上でランキング等から検索して、気になるアプリを片っ端からインストールして使う、このやり方が最も早いです。

出費管理が上手になると、節約スキルが向上します!

月々の出費管理をしっかりとやれば、自然と節約意識が高くなります。ある意味、出費管理というのは節約のために行うものでもあるため、貯金をしたい方は出費管理から始めてみましょう。また、その際に現金主義よりもクレカ主義の方が出費管理をしやすいため、節約のためにクレジットカードを作るのも有りです。

クレジットカードは使うことでポイントが貯まります。これも1つの節約術であり、月々の固定費をカード払いするだけでも還元の恩恵が非常に高いです。こうした点も合わせてクレジットカードを検討してみてください。

まとめ

・クレカの出費管理はWEB明細で完結可能

・WEB明細は無料

・スマホで出費管理は家計簿アプリやクレカアプリ、あるいは各カード会社の公式アプリがファーストチョイス

・Apple PayやAndroid Pay、各管理アプリを併用するとカード利用と管理のすべてをスマホ完結できる

各カード会社の公式アプリは、各社の公式サイトから見つけられます。以下、人気の高い家計簿アプリなので、出費管理で試してみてはいかがでしょうか?

  • 家計簿Zaim・家計簿アプリ・iPhoneとAndroid対応
  • 家計簿レシーピ・家計簿アプリ・iPhoneとAndroid対応
  • 家計簿Moneytree・家計簿アプリ・iPhoneとAndroid対応
  • 家計簿マネーフォワード・家計簿アプリ・iPhoneとAndroid対応
  • 2秒家計簿おカネレコ・家計簿アプリ・iPhoneとAndroid対応

このページを閉じる前に、要チェック!

当サイトで学生さんの申込が多いクレジットカードのランキングです。初めてのカード・二枚目のカードを悩んでいる方にどうぞ。

最新!当サイトで申込の多いクレジットカード
【1位】三井住友VISAデビュープラスカード
【2位】楽天カード
【3位】セゾンブルーアメックスカードライフカード

失敗しないクレカ選びのポイント!

creca_footer_link