新社会人が持つべき、恥ずかしくないクレジットカードの選び方・オススメカードを考えてみた


新社会人にオススメのクレジットカード!

新社会人になると社会人向けのクレジットカードも作れるようになるので、持てるカードの選択肢はかなり多くなります。そんな中、社会人としての「ステータス」をあげるためにも、恥ずかしくないクレジットカードを作っておきたい!と思う方もいるのではないでしょうか?

そんな新社会人の方にオススメのクレジットカードを紹介します。

恥ずかしいクレジットカードってどんなカード?

さて、最初に「恥ずかしいクレジットカード」の定義について考える必要があります。

恥ずかしいクレジットカードの定義なんてないだろう!その通りです。あえて、恥ずかしいクレジットカードの定義を述べるなら「ビジュアル」と「スペック」の観点から挙げられます。

社会人でこのビジュアルはちょっと・・・

世の中には様々な職業があり、職業によって社会的地位も変わります。めちゃくちゃ極端な例ですが、ブランドスーツに身を包んだ新人弁護士さんが「セディナカードクラシック・ハローキティ」をメインカードで使っていると、年収の高さや社会的地位からは想像できないカードなので

「まさか弁護士さんがキティちゃんカードを持っているとは・・・!!!」

と度肝を抜かれます。ちなみにこんな券面です。


か、かわいい…。

参考:http://www.cedyna.jp/card/lineup/detail/cedynacard_classic_kitty/index.html

「セディナカードクラシック・ハローキティ」は外観だけのカードより圧倒的に優秀です!

「セディナカードクラシック・ハローキティ」の見た目だけで判断するあなたはまだまだ知識不足です。※半分ネタです。

このカードはスペックが優秀です。カードランクは一般ランクで年会費は1,000円。無料ではないですが高い年会費とも言えません。ポイント還元が優秀です。全国の「セブンイレブン」で毎日ポイント3倍、全国の「ダイエー」で毎日ポイント3倍、ネットショッピングは「セディナモール」でポイント3倍~21倍、マルエツ等で5%OFF。該当のお店で買い物する人にはかなり嬉しいスペック。

とっておきの特典としては「7日間無利息キャッシング」があります。お金がピンチ!そんな時にクレジットカードのキャッシングで1週間だけ無利息で借入できます。無利息キャッシングが付帯されているカードはかなり珍しいです。

さらに旅行傷害保険が海外と国内で最高1,000万円まで付帯されており、ショッピング保険は購入日から180日まで遡ることができ補償額は50万円、紛失盗難保険は60日まで遡って全額補償です。

「セディナカードクラシック・ハローキティ」のポイントプログラムは「わくわくポイント」です。200円の買い物で1ポイントが付与され、1ポイントの価値は約1円です。上記で紹介したポイント3倍等を考慮すると、ポイント還元率は0.5%~1.5%がベースとなります。

これから新社会人としてデビューする弁護士さんは安心して「セディナカードクラシック・ハローキティ」を愛用してくださいね。※半分ネタです。

ここまでカードスペックに詳しい人、周りにもそういませんよね?という話がしたいのです。

クレカのスペックに詳しい人はマニアだけ

何かのクレジットカードを見て、その場でカードスペックを解説できる人はほとんどいないと思います。一般的には知名度が高いカードくらいでしょうか。

要するに、恥ずかしいクレジットカードというのはどうしても「見た目」で判断されることが多く、特に一般ランクのカードはそうだと思います。逆にゴールドカード・ブラックカードを見ると「すごい!」と思う人が多いです。そういうものです。

例えば、「セブンカードプラス・ゴールド」は招待性のインビテーションゴールドカードです。


こんな感じ。キラキラしてます。

参考:https://www.7card.co.jp/entry/lineup.html

「セブンカードプラス」の上位互換にあたる特別なカードですが、見た目から想像できるようなスペックはありません。「セブンカードプラス・ゴールド」は「セブンカードプラス」とほぼ同じスペックであり、正直見た目だけのゴールドカードです。

恥ずかしくないクレジットカードの選び方

恥ずかしくないクレジットカードを探すにあたり、基本的に「ビジュアル」と「スペック」のどちらかにおいて魅力があるなら、そのカードの揚げ足を取って批判されても逆に論破できるので恥ずかしい思いをすることはありません。

「ビジュアル」を批判されたら「このデザインが好きなんだよ」といえば、それで完結です。「スペック」を批判されることはほぼありません。これは上記の通り、そこまで様々なクレジットカードに詳しい人はそうそういません。

新社会人に不向きな最低カードはこれ

クレジットカード業界でも最低ランクの位置づけとなるカードとして「アコムACマスターカード」があります。

「アコムACマスターカード」は全体的にスペックが悪いため、あえてこれを作るメリットがありません。消費者金融のアコムで有名な貸金業者のアコム株式会社が発行しているだけあって、通常のクレジットカードとは違い柔軟な審査で発行がなされます。このカードをあえて持つメリットは殆どありませんが、他のクレジットカードの審査に落ちまくっている人でもアコムACマスターカードの審査に通過する可能性があるのです。これが強み。

最大のデメリットはポイントプログラムがないことです。

※当サイトでも一部の記事でオススメ・紹介していますが、審査に困っている人への紹介に留めているつもりです。

恥ずかしくないカードを作りたいなら「ランク」で選ぶ!

クレジットカードには「ランク」があります。庶民向けは「一般カード」、高所得者向けは「ゴールドカード」→「プラチナカード」→「ブラックカード」です。基本的に「ゴールド」以上のカードを作っておけば、ビジュアル的に恥ずかしい思いをすることはありません。

「ゴールド」以上のカードは作れるかどうか?の問題がありますが、社会人になると多くの人は収入が安定し、何かしらのゴールドカードは作れるようになります。ここが学生と社会人の大きな違いです。

ゴールドカードを作れない場合は「セディナカードクラシック・ハローキティ」のようにスペックが優秀な一般カードを作ります。一般カードでも「イオンカード」や「オリコカード・ザ・ポイント」など、何かの特徴があってお得なカードは山ほどあります。

カード会社で選ぶなら?

カード会社で選ぶのであれば知名度が高いところをチョイスするのが一般的です。「三井住友VISAカード」や「JCB」、「セゾンカード」や「三菱UFJニコス」など、いろんなカード会社があります。

自慢できるような格式の高いカード会社は「アメックス」や「ダイナースクラブ」があります。これらのブランドはカードランクに関係なく、カードを持てれば周囲から一定のステータスを認められるような高級志向なブランドです。付帯特典も高級店が多いので、お金を使うことが多いならいろんな意味で最適です。

銀行系はマッチすると実用性が高い

各銀行ではキャッシュカード一体型のクレジットカードを良く見かけますが、これも新社会人にオススメです。メインバンクとクレジットカードの相性が良ければ、かなり実用性が高くなります。使うかどうかも分からないようなクレジットカードを作るなら、自分のメインバンクでキャッシュカード一体型を発行しておく方が確実に使う機会は増えます。

つまり、オススメカードは?

総合的にデザインを気にしつつ、スペック等も見ていくと下記のようなクレジットカードがオススメです。

三井住友カード系列 → 三井住友VISAプライムゴールドカード
(26歳でブランドのあるゴールドカードが持てる)

セゾンブルーアメックスカード
(プロパーのアメックスよりも安い年会費で、デザインや保険のバランスが良いカードが持てる)

オリコカード・ザ・ポイント
(ポイント還元率や特典のバランスが良く普段使いできて、デザインがどシンプル。ブラックカードっぽい。年会費も永年無料!)

このあたりを持っておくと良いでしょう。

まとめ

新社会人にオススメなクレジットカードは上記のような観点から探してみてください。誰にでもはまる神カードはないので、自分にとって使えるかどうかをしっかりと考える必要があります。

カードの選び方は実用性を重視するなら、何よりも「スペック」に注目します。カードスペックに何かしらの魅力があるなら、そのカードは日頃の生活でも愛用できます。なるべくメインカードはカードランクに関係なく優秀なスペックのカードを選んでおく方が良いです。

メインカードを見つけたら、次にサーブカードを作る機会があると思います。サブカードについては「ビジュアル」を重視するのは面白いですし、提携カードを選ぶと特定のシーンにおいて真価を発揮するカードを見つけやすいです。例えば、コンビニ特化やガソリン特化などがあります。

社会人になってもクレジットカードを使うかどうかわからないという場合、とりあえずは「年会費無料」を重視しておきましょう。コストが掛からなければデメリットを被ることがないので、安心して保持しやすいです。


失敗しないクレカ選びのポイント!

creca_footer_link