指定の銀行口座を有効活用!給与振込や携帯電話料金支払いで知らない間に各種クレカポイントGET


何もせずにポイントを貯めたい方にオススメ!

クレジットカードはそれぞれのカードによってオリジナル特典というのがちらほらとあります。特定のお店でポイントアップしたり、優待割引なんかも定番です。銀行系のクレジットカードになると、指定された銀行口座を給与振込口座に指定すると、それだけで毎月ポイントをGETできるカードもあります。

基本的にクレジットカードでポイントを貯めるためには、ネットショッピングや店頭でカードを使う必要があります。しかし、各種料金の支払いをカード払いに設定したり、銀行系クレジットカードで給与振込の設定をすると、自発的にカードを使わなくても勝手にポイントを貯められるようになるので便利です。

給与振込でポイントが貯まるカードの探し方

指定された銀行口座に給与振込を行うとポイントを貰えるカードを探すなら、キャッシュカード一体型をチェックしていけば自然と見つかります。「イオンカードセレクト」や「セブンカードプラス」が有名ですが、地方銀行を含めて探せば選択肢は結構多いです。

また、キャッシュカード一体型は給与振込からのポイントGET以外にも、カードを使うことでATM手数料が無料になるというのも良くある特典です。他には青森銀行ではカードローンの利用でもポイントが貯まりますし、銀行ならではの特典に注目すると新しい発見があって面白いです。

  • イオン銀行
  • セブン銀行
  • スルガ銀行
  • りそな銀行
  • 青森銀行などなど

公共料金等のカード払いでポイントが貯まるカードはほぼ全てが該当します!

給与振込からのポイント獲得はどうしても銀行系クレジットカードに絞られます。しかし、携帯電話料金等をカード払いしてポイントGETできるカードについては、ほぼすべてのカードが該当します。

この公共料金等のカード払いというのは、各種サービス側で支払方法をカード払いに設定するだけでOKです。その後は、毎月の支払いが自動的にカードから引き落とされ、カード払いする度にポイントを獲得できるようになります。

どのくらいポイントを貯められるの?

実際に給与振込や電話料金等のカード払いでどのくらいポイントを貯められるのか?これをイオンカードセレクトで見てみましょう。

イオンカードセレクトはイオン銀行のキャッシュカードと一体型になっているカードです。イオン銀行を給与振込口座にすると毎月10WAON、各種公共料金のカード払いは1件につき毎月5WAONを獲得できます。携帯電話と電気代を登録して月々10WAON、給与振込口座の設定で月々10WAON、合計で毎月20WAONを獲得していくと年間で240WAONとなります。

他のクレジットカードに関しても獲得できるポイントの相場は似たようなものです。VIASOカードなど携帯電話の支払いはポイントアップの対象となっているカードもありますが、そうしたカードを除外するとさほど大差はありません。

獲得できるポイントの魅力に欠ける?

給与振込や各種公共料金のカード払いで獲得できるポイントは本当に微々たるものです。しかし、これらの方法の醍醐味は継続性にあるので、長期的にコツコツと自動的にポイントを貯めるにはもってこいな方法です。

日頃の買い物は現金で済ませるという人でも、給与振込ならカードを使わずにポイントを貯められます。また、各種公共料金というのはどんな支払方法であろうと、必ず支払うことになる出費です。どうせ支払うならポイントを獲得できるカード払いをチョイスするほうが、やっぱりメリットは高いですね。

あくまでもサブ的オプションとして捉えよう

クレカポイントを貯める本筋というのは、やはりカードを積極的に使うことにあります。ポイント還元率が高いカードを選んで、後は微々たる金額でもカード払いを実行していくのがセオリーです。銀行口座の給与振込や各種公共料金の支払いのメリットは、あくまでもサブ的なオプションです。こうした側面を主軸にしているクレジットカードはないので、もっとガッツリポイントを獲得したいならカード運用に努力する必要があります。

実際にサブオプション重視でクレカを作るのは難しいことも・・・?

各種公共料金等のカード払いは対応しているクレジットカードの種類が多いため、割と気軽に実践できます。一方、給与振込からのポイント獲得はキャッシュカード一体型しか選択肢がないので、これを目的にクレジットカードを作るのは難しいケースもあります。

特に悩ましいのがすでにメインバンクを持っている場合です。クレジットカードの発行と共に新しく開設した口座に給与を振り込むことになるため、銀行口座からの支払いなどを考慮したらメインバンクを引っ越すのが理想です。そうしなければ、新規開設した口座に振り込んだ給与をメインバンクに振り込む必要が出てくるので、結局はその手数料を加味するとポイントを獲得してもトータルでマイナスになる恐れがあります。

これからメインバンクを作るなら最適!

今使っている銀行口座をサブ口座にしてしまい、これからメインバンクを作るという場合はイオン銀行やセブン銀行は選びやすいです。これならメインバンクを引っ越す必要がないので、新規開設した口座に給与振込しながらも毎月ポイントを獲得できます。

複数の銀行口座を運用するのはメリットもデメリットもありますが、そもそも複数の口座を使いこなせるだけの資金力が必要です。社会人ならまだしも、アルバイトで生計を立てている学生にとっては効果的な運用が見えないことは多いかもしれません。しかし、逆の考え方としては今の間にメインバンクを決めてしまい、将来に備えるという手もあります。

キャッシュカード一体型の魅力を再確認!

クレカ紹介では、なかなかキャッシュカード一体型にスポットが当たることが少ないですが、銀行サービスと連動したカードだけに実用性はかなり良いです。何よりも1枚のカードでキャッシュ機能とクレジット機能を使えるのが便利であり、その銀行でカードローンを利用したりクレカにキャッシングを付帯させると、さらに機能性がアップします。

イオン銀行やセブン銀行がリリースしているカードは、カードスペック自体がかなり優秀です。逆に銀行によってはパッとしないスペックのカードもあるので、銀行側の恩恵とクレジットカードのスペックをしっかりと比較しながらメインバンクやカード選びを進めてみて下さいね。

まとめ

今回のテーマである「給与振込」や「各種公共料金のカード払い」を踏まて賢いカード運用を計画すると、普通にカードを使うことに比べると格段にポイントが貯まるようになります。他にもETCカードや家族カードを発行するなど、ちょっとした出費でもポイントを拾っていくテクニックがたくさんあります。

ポイントの貯金術というのは節約術に共通する考え方なので、日頃から節約を意識している方にとっては知っておいて損のない情報だと思います。以下、主なポイントを賢く貯める方法なので、「給与振込」や「各種公共料金のカード払い」と合わせて実践してみてください。

  • 入会キャンペーン・リボ払いの登録など、各サービスごとに拾えるポイントもある
  • 給与振込・カードの選択肢は少ないが、設定するだけでポイントが貯まるのが嬉しい
  • 各種公共料金のカード払い・携帯電話や電気代など、固定をすべてカード払いするのがオススメ
  • ETCカード・ETCカードの利用もポイントが貯まる
  • 家族カード・基本的に家族カードの利用分は本会員にポイントが貯まる
  • ショッピングモール・カード会社のショッピングモールは倍率が高い
  • 特定のお店を利用&優待割引・カードによってメリットが高くなるお店がある
  • 特化したカードを数枚持つ・1枚ですべてを完結せず、各シーンで活躍するカードを揃える
  • Apple PayやアンドロイドPay・スマホ経由では、期間限定でポイントアップなどが開催されることも多い

失敗しないクレカ選びのポイント!

creca_footer_link