学生が家族カードと、自分のクレジットカード、それぞれを所有し利用するメリットデメリット


「家族カード」とは、本会員(クレジットカードを契約した人)がいれば、その家族もクレジットカードを持てるサービスのことです。家族カードの主契約者は本会員ですので、本会員がクレジットカード審査に通っていれば、本会員の家族(親が本会員で、子供が家族カードを持つという多くのパターン)は原則的に無審査で家族カードとしてクレジットカードを持つことが可能です。

そうなると、子供が本会員でクレジットカードを持つ必要はあるのか?という疑問があると思います。本記事では、主に「子」目線でのメリットやデメリットを解説していきます。

家族カードとの2枚持ちは幸せ

学生は「自分でクレジットカードを作れない」という口実などから家族カードを持ちやすいです。優しい親なら「仕方ない・・・家族カードを作るよ」と言ってくれるでしょう。自分から言わずとも家族カードを持たされている学生さんも結構いそうですね。

流れはさておき、両親のどちらかが本会員として契約するクレジットカードの家族カードを持ちながらも、自分でクレジットカードを作ったら「クレカ」+「家族カード」を二枚持ちできます。この場合は、管理すべきカードが増えるなどという細かいデメリットを除けばメリットばかりであり、とても幸せなカード生活を送れます。

家族カードの基本知識

子供が家族カードを使った場合、支払い責任が親カード(本会員の親)にあるので、家族カードで買い物をしても使った本人には請求がきません。

カードによってはポイントや請求を家族カードで独立できるタイプもありますが、原則としては子供が家族カードを使うと

  • 明細は親カードへ
  • ポイントは親カードへ
  • 請求は親カードへ
  • 親カードに付帯する保険などの特典は子カードにも継承

上記のようになります。

しかも、前述の通り家族カードは原則無審査ですのであっさりとクレジットカードを持てるのが便利です。

ある意味明細で使い道がバレてしまうので、親に知られたくない支払いに関しては家族カードでの支払いを避けるべきでしょう。

自分持ちのクレジットカードの基本知識

自分持ちのクレジットカードは家族カードを除いて、自分で申し込み、自分名義で作るものです。当サイトの多くの読者にとって言い換えれば、「学生が自分の責任で申し込み、保有し、請求に対して支払うカード」です。

クレジットカードに関するすべての責務や権利は自分にあるので、家族カードとは異なるメリットやデメリットがあります。

  • 明細は自分へ
  • ポイントは自分へ
  • 請求は自分へ
  • 付帯特典を吟味して好きなカードを作ることができる

ちなみに学生が作れるクレジットカードは山ほどあります。多くのカード会社は学生を積極的に会員に取り込みたいため、限度額以外のスペックは社会人より学生向けの方が優遇されている魅力溢れるカードが多く登場しています。

2枚持ちの活用術

基本的に家族カードを持つためには両親に交渉する必要があります。そのため、自分のクレジットカードと家族カードの2枚持ちをしたいなら、先に家族カードについて両親と交渉決着しておきましょう。

「Huluに加入したいんだけどクレジットカードが必要で・・・」「友達と旅行に行くんだけど旅行傷害保険が必要で・・・」、まぁ色々と口実は作れます。

さて、2枚持ちに成功した場合、せっかくの2枚持ちを最大限に活かすなら、言い方はよくないですができれば親に支払いをしてもらった方がお得ですよね! とはいえ、後から使用用途や金額について揉めたり喧嘩になるのはよろしくないです。カードという支払い手段を持たせてもらっている以上、同時にルールを決めておくと良いでしょう。(もし本記事を親御さんにも見ていただいてるとしたら、家族カードを持たせるタイミングでルールを設定することをオススメします)

家族カードのルールを決める

家族カードは親に請求がいくので、カードの使い方について相談しておく方が後から揉めごとになる事態を回避しやすいです。

例えば、月々30,000円のお小遣いをもらっている場合、お小遣いとして30,000円までなら使って良い(使った分と差し引きで現金支給)というルールは分かりやすいです。あらかじめ1万円を現金支給、家族カードでの支払いは月2万円まで。というルールでもいいでしょう。

どんな内容であれ、ルールを明確に作っておく方が子は家族カードを自由に扱えるようになります。親は家族カードの管理が楽になります。

極端な表現をすると、家族カードは親の財布で買い物しているのと同じなので、ルールがないと使いすぎてしまった場合などに喧嘩になるようなことがあるでしょう。

家族カードを作ってもらうことができても、「使った金額は建て替えと一緒だから現金で渡してね」と言われたら2枚持ちは不要となります。それなら自分のクレジットカードを使って特典やポイントを回収するほうが圧倒的にお得ですからね。

家族カードのルール外の支払い・親に知られたくない支払いは自腹にするべし

家族カードと自分のクレジットカードの使い分けは

  • 家族カードのルール内は家族カードで支払いし、親に支払ってもらう
  • 家族カードのルール外は自腹として現金決済か、自分のカードで支払いをする
  • 親に見られたくない支払いも、自腹として現金決済か、自分のカードで支払いをする

となるでしょう。ルールが曖昧な場合は、親に払ってもらうのは申し訳ないな、という支払いは自分の支払い手段で済ませましょう。

支払い以外のメリットは付帯特典にある

すべてを親に支払ってもらうのも気が引けてくることがありますね。しかし、このケースにおいても両親が「ゴールドカード」や「プラチナカード」、あるいは「ブラックカード」など特典が手厚いカードを持っている場合は話が変わってきます。

原則として家族カードは親カードの特典を継承するので、プラチナカードやブラックカードの家族カードを持てた場合は思わぬ特典を持てることになります。

※例えば三井住友プラチナカードなら、本会員のカードの機能・サービスはそのままの「家族カード」が、年会費無料で申し込み可能です。
参考:https://www.smbc-card.com/mem/addcard/family_top.jsp

クレカの特典とは?

クレジットカードに付帯されている特典はカードによるわけですが、ランク別傾向としては「ゴールド」→「プラチナ」→「ブラック」になるほど特典が手厚くなります。

良くある特典は対象店舗での割引ですが、上位カードは割引を使えるお店が多かったり割引率が高かったりします。さらにブラックカードになると対象施設におけるVIP待遇もあったりと、学生として一般カードを自前で作るよりも特典の恩恵を考えなるべく家族カードを使って生活するほうがある意味優遇された生活を満喫できるでしょう。

このあたりは親カードの特典によるので、両親のクレジットカードに付帯されている特典を隅々までチェックしてみましょう。ちなみに一般カードの場合は、自前でクレジットカードを作る方が特典が優遇されているケースが多いです。

※ランクが高いカードほど、本会員の年会費が高くなる傾向があります。あえてランクが高いカードを避けてクレジットカードを保有されている親も多いので、親カードが一般カードだからといって文句を言わないこと・・・。

ゴールド以上なら家族カードメイン

両親のクレジットカードがゴールド以上なら、特典が充実している可能性が高いので家族カードをメインにする方が良いかもしれません。プラチナ・ブラックの場合は迷わず家族カードです。学生でも自分名義でゴールドカードを作ることができますが、選択肢が非常に狭いです。また、社会人向けのゴールドカードもピンキリなので、「ゴールド=特典満載」というわけでもありません。

みんな家族カードを持ってるの?

平成28年度の調査によると、社会人1年目~5年目の若年層の家族カード所有率が約16%ということもわかっています。学生に置き換えると少し数値が変動しそうですが、15~20%程度が家族カードを保有していると思われます。

最近は、学生がクレジットカードを持つのが当たり前の時代でもあり、クレジットカードを持っていてもとりわけ珍しくもありません。また、ネット社会を背景としたカード会社の競争を考慮すると、審査基準も従来よりは下がっていることが想像できます。

参考:日本の大学生のクレジットカード保有率はどれくらい?一人何枚持ってるの?

殆どの学生は借金を持っているとしても携帯電話の分割払い程度なので、実は審査も想像以上に簡単です。こうして考えると家族カードの需要は下がっているのかもしれませんね。

しかし、カード全体の需要はキャッシュレス化に伴って上昇傾向にあるので、この観点から言うと家族カードも比例して需要が伸びているでしょう。

何はともあれ、家族カードを持てるかどうかは親次第なので、親が了承してくれるなら家族カードを持っておく方がお得です。これは自前でクレジットカードを作るかどうかに関わらず、「家族カード=親が支払い」なので持てるなら持つ方が良いでしょう。学校を卒業して社会人になってからずっと家族カードを使うことはきっとないので、どこかのタイミングで自分のクレジットカードを作ることも必要ですね。


失敗しないクレカ選びのポイント!

creca_footer_link