JAL・ANAのマイルの基本を解説!学生からでも十分マイルがたまる最強クレジットカードはコレ!


マイルの基礎知識から優秀なフライトカードまで徹底解説!

クレジットカードは様々な種類がありますが、その中にはマイルを貯められるカードもあります。

「マイルって何・・・?ポイントと何が違うの・・・?」

そんな疑問を持っている方にマイルの基本として覚えておきたい部分をピックアップして解説します。

①マイルの意味

そもそもマイルってどんな意味なのか?

マイルというのは長さを測るための単位の1種であり、クレジットカードにおいては飛行機と連動していることから「ポイント」ではなく「マイレージ=マイル」と呼ばれています。ポイントプログラムの仕組みとしては通常のクレジットカードと同じようにカードを使うことでマイルが貯まるため、単純に呼び方が異なるだけで中身は一緒と覚えておいて問題ありません。

②マイルとポイントの違い

マイルもポイントもクレジットカードのポイントプログラムの1種であり、他にはキャッシュバックが搭載されているカードもあります。どんなポイントプログラムでも、カードを使うことでマイルやポイントが還元されるので、カードを持っているだけでは意味がありません。

マイルが搭載されているカードでは、飛行機に乗ったり買い物をするとマイルが貯まります。そのマイルはフライトチケットを購入したり、好きな商品へ交換できるなど、ポイントと同じような使い道があります。

ポイントが搭載されているカードでは、基本的にカードを使うことでポイントが貯まります。マイルとポイントの違いは「飛行機と連動しているかどうか?」だけであり、貯め方や使い道にそれほど大きな違いはありません

③マイルの貯め方

基本的にマイルが搭載されているカードはフライトカードであり、国内に的を絞ると「JALカード」・「ANAカード」の2択となります。カード会社や国際ブランドから探すと様々なフライトカードが見つかりますが、航空会社としては2社しかありません。

どちらのフライトカードも飛行機に乗るとマイルが貯まります。また、日頃の買い物でもカードを使う度にマイルが加算されるので、飛行機に乗ることが少ない方でもしっかりとマイルを貯められることが魅力です。

他には、ボーナスマイルとして「カード契約の延長」や「毎年の初回フライト」など、飛行機に乗るほどお得にマイルが貰えるシステムがあります。出張などで航空会社の利用頻度が高い方にとっては非常にメリットの高いクレジットカードとなります。

④マイルの使い道

マイルというのは航空券を購入する際に使うのが一般的ですが、実はポイントと同じように様々な商品へ使うこともできます。マイルの使い道を大きく分けると、フライト商品と一般商品があります。要するにポイントと同じように使うことができ、しかも飛行機に関する商品やサービスにも使えるというわけです。

ちなみに「JALカード」と「ANAカード」のマイルの使い道には大きな差がありません。どちらもフライト商品と一般商品を選ぶことができ、マイルの使い道を全体的に見ると通常のクレジットカードの2倍や3倍と選択肢がかなり多いのが特徴です。

⑤マイルのメリットとデメリット

マイルのメリットは飛行機関連の商品やサービスにマイルを使えることであり、これが最大の魅力でもあります。普通のクレジットカードでポイントを貯めて、そのポイントをマイルへ移行するという方法もありますが、ポイント還元率を考慮するとフライトカードを作る方がお得です

マイルのデメリットは飛行機に乗る回数が極端に少ない場合、マイルの恩恵が低くなることです。特に社会人向けのフライトカードの場合はしっかりとフライト回数を考慮しておく方が良いです。一方、学生向けのフライトカードは「学生優遇が満載」なので、フライト回数が少なくてもマイルを貯めて無料飛行を目指すことが可能です。日頃のショッピングでしっかりとカードを使えば、それほどデメリットは感じないと思います。

学生にとってマイルはメリットがあるのか?

「三井住友デビュープラスカード」や「ライフカード」など、最強と言われる学生向けのクレジットカードはたくさんあります。しかし、学生向けのフライトカードは2種類しかありません。

学生向けのフライトカードとして、JALでは「JALカードnavi」、ANAでは「ANAカード学生用」がリリースされています。どちらを作るべきか迷うなら、学生向けクレジットカードの中でも最強と呼ばれることが多い「JALカードnavi」がオススメです。

「JALカードnavi」はスペックが非常に優秀であり、何といっても仕組みがシンプルなことが魅力です。別記事で「JALカードnavi」を徹底解説しているので、気になる方は読んで頂ければと思います。

JALマイルとANAマイルは相互間でマイル移行ができないので、基本的にはJALが好きなら「JALカード」、ANAが好きなら「ANAカード」を選ぶことが大事です。特に好きな航空会社がないのであれば、カードのスペックを重視しておくのが理想です。

近い将来に飛行機に乗る機会があるかどうかを考えよう

マイルはいろんな使い道がありますが、やはり飛行機に乗る機会がないのであれば通常のクレジットカードで良いと言えます。そのため、まずは将来に旅行や留学などで飛行機に乗る機会があるかどうかをしっかりと考えておきましょう。

年に数回のフライトがあるなら恩恵は高い

フライトカードは一度の搭乗でマイルをガッツリ貯めることができ、さらに日々のショッピングでもマイルを加算していくことができます。これを繰り返すことで、無料フライトや座席のアップグレードを狙えることが魅力なわけです。年に何度か飛行機に乗ることがあるなら、その度にマイルを回収していけば修学旅行は無料フライトを実現させることも十分に可能です。

また、マイルはギフト券など一般商品に使うこともできるので、もし飛行機に乗る機会を失ってしまった場合もマイルが無駄になることはありません。この側面を保険として捉えておけば、フライトカードを作るかどうかを判断しやすくなります。

旅行保険も1つの大きな魅力

国内旅行でも海外旅行でも、旅行先におけるトラブルは1つの不安要素ですね。飛行機に乗って旅行へ出かける場合、フライトカードと旅行保険の相性は抜群となります。

「JALカードnavi」は国内と海外の旅行保険が備わっており、「ANAカード学生用」は海外旅行保険のみ付帯されています。また、留学やワーキングホリデーを検討している学生さんにとっては付保証明書が必要となる場合がありますが、クレジットカードの旅行保険でも付保証明書を取得することができます。

海外旅行保険は国内を出国してから90日間だけ適用されるので、超長期滞在をする場合は注意が必要です。1年や2年と海外に滞在するなら、クレカの保険以外にも適用期間の長い保険を準備しておく方が良いです。残り1週間で帰国という状況で強盗に襲われ、入院を余儀なくされて保険料が高くついたという話を聞いたことがあります。このように予測不可能なことが起こり得るのが海外なので、細かいところまで計画的に準備をしておく方が安心できます。

まとめ

・最強学生向けフライトカードは「JALカードnavi」

・フライトカードの検討は将来のフライト計画次第である

・日々のショッピングでもマイルを貯められる

・学生向けフライトカードは通常のクレカと同等のポイント還元率なので損ではない

・マイルの使い道は想像以上に選択肢が多い

飛行機に乗る機会があるにも関わらず、マイルの意味や仕組みが分からないことでフライトカードを敬遠している方は多いと思います。そんな学生さんはフライト計画からマイルを貯めることを検討して、将来の無料飛行に備えてみてはいかがでしょうか?


失敗しないクレカ選びのポイント!

creca_footer_link