【意外と知られていない】マイナンバーはクレカ申込の際の身分証明書として使えない!?


マイナンバーカードは2種類がある!身分証明書として使えるタイプを覚えておこう!

マイナンバーというのは、マイナンバー法を元にして住民票を有する人に割り当てられる個人番号のことです。要するに個人を簡単に特定できるように作られた番号です。

現段階では、マイナンバーはまだまだ発展途上であり、今後に様々な機能やサービスが追加されていく予定です。身近なところで言うと、コンビニ等で各種証明書を簡単に取得できるというメリットがありますが、こうしたサービスがあること自体知らない人が多いと思います。

クレジットカードに関しても、キャッシュレス化に向けた施策の一環としてマイナンバーに電子決済カードが導入されることも検討されています。すでにマイナンバーが発行されていることから、どんな新しい機能やサービスが追加された場合はしっかりと確認しておきたいところです。

「通知カード」と「個人番号カード」の2種類を覚えておきたい

マイナンバーはすでに発行されている状態であり、すべての人に発送されているのが「通知カード」です。「通知カード」というのはその名のとおりであり、マイナンバーを通知するために発行されたカードです。「通知カード」は紙製であり、「氏名」・「住所」・「生年月日」・「性別」・「マイナンバー」が記載されています。

通知カードを受け取ったら、それを使って「個人番号カード」を発行することができます。現状は絶対に「個人番号カード」を作らなければならないというわけではありませんが、将来的にはそうなる雰囲気があります。

「個人番号カード」はプラスチック製でICチップが搭載されており、「氏名」・「住所」・「生年月日」・「性別」・「マイナンバー」・「顔写真」が記載されています。「通知カード」との違いは、「顔写真」と「ICチップ」です。

さて、クレカの申し込みで身分証明書として使えるのは「個人番号カード」なので、ここをしっかりと抑えておいてください。

「通知カード」はどうして身分証明書として使えないの?

クレカの申し込みでは、「個人番号カード」を身分証明書として使うことができます。一方、万人に発送されている「通知カード」は身分証明書として使えません。どちらのカードも「氏名」や「住所」など、個人を特定できる情報が記載されているのにどうして「通知カード」は不可なのか?

色々と理由が考えられますが、主な理由は「通知カード」は表面に全ての情報が記載されているからだと思われます。「通知カード」は表面にマイナンバーと個人情報が記載されており、「個人番号カード」は表面に個人情報で裏面にマイナンバーが記載されています。

クレカの申し込みでは「マイナンバー=個人番号」は必要なく、運転免許証などと同様に「氏名」や「住所」などの情報が必要なだけです。大袈裟にいうと、カード会社としては出来るだけ「マイナンバー=個人番号」を提出されたくないという側面があると思われます。将来的にマイナンバーの機能やサービスが追加されることからも、情報管理の不備からマイナンバーが流出した場合のリスクが非常に大きいからです。

顔写真は重要ではありません

「通知カード」と「個人番号カード」の大きな違いとして、顔写真があります。

「通知カード」が身分証明書として使えない理由は顔写真がないから、というのも1つの理由として考えられます。しかし、クレカの申し込みは基本的に顔写真がない書類も利用できるため、実際は顔写真というのはある方が好ましいが必須ではないという現状です。

このように考えると、各社は公には公表していませんが、「通知カード」の個人番号の部分を伏せた状態で提出すれば、個人情報の確認書類として使えないこともないと言えます。しかしながら、書類の改変から信憑性が薄れるので公には認めることができないのだと思います。また、マイナンバーの公式サイトにおいても、「通知カード」は身分証明書として認められておらず、本人確認は他の書類が必要となっているので、これも1つの理由だと考えられます。

「個人番号カード」をクレカの申し込みで使う時の注意点

現状は、ほぼ全てのカード会社において「個人番号カード」を身分証明書として使うことができます。各社の公式サイトから身分証明書に関する記述を確認すると分かりますが、「個人番号カード」を提出する時は「裏面は不要(裏面にマイナンバーの記述がある)」となっているカード会社が殆どです。

一部、楽天のように表面と裏面の両方を提出するように指示されているカード会社もありますが、基本的に「マイナンバー=個人番号」は提出しなくても構いません

将来性を見据えても「個人番号カード」を作っておく方が便利!

「通知カード」は行政機関などでマイナンバーを求められた際にその番号を確認するために使うだけであり、特別な機能性やサービスはありません。一方、「個人番号カード」はコンビニ等での各種証明書の取得、身分証明書としての機能性、今後に追加される様々なカードやサービスのマイナンバー一本化など、こうした点を挙げると「個人番号カード」は作っておく方が良いです。

身分証明書といえば運転免許証がメジャーですが、運転免許証についてもマイナンバーとの一本化が検討されているようなので、将来的には必然と「個人番号カード」を作らなければならない時代がやってきそうです。

「個人番号カード」の作り方

「個人番号カード」は「通知カード」を使って最寄りの市区町村へ申請をしなければなりません。申請方法は「郵送」・「パソコン」・「スマホ」・「証明写真機」がありますが、最も簡単なのが「スマホ」です。

「個人番号カード」を作成するためには顔写真を用意する必要がありますが、スマホから申請する場合はスマホで自撮りした写真を使えます。また、交付申請書のQRコードをスマホで読み取って、スマホで撮影した写真を使えば良いだけなので、とても簡単に申請ができます。仕事や学校で忙しい方でも、スマホからの申請ならいつでも簡単にできるので、時間のある時にやってみてはいかがでしょうか?

  1. スマホで自撮りする
  2. スマホで交付申請書のQRコードを読み取る
  3. 申請WEBサイトでメールアドレスを登録する
  4. メールアドレスに通知されたリンクから申請をする
  5. あとは指示通りに入力を進めていくだけで申請完了

「個人番号カード」の申請を完了したら交付通知書が届きます!

「個人番号カード」の申請を終えたら、数日後に交付通知書が自宅に届きます。交付通知書には「個人番号カード」を交付する場所や交付期限が記載されているので、しっかりと確認しておきましょう。

実際に「個人番号カード」の交付を受ける時、「交付通知書」・「通知カード」・「本人確認書類」が必要となります。また、現場ではクレカのように暗証番号を設定させられるので、事前に暗証番号を考えておくとスムーズです。暗証番号を考える時はクレカと同様に生年月日など第三者に推測されやすい番号を避けるという点は同じです。

まとめ

・マイナンバーは「通知カード」と「個人番号カード」の2種がある

・身分証明書として使えるのは「個人番号カード」だけ

・クレカの申し込みで「個人番号カード」を使う時、基本的に表面だけで良い(裏面にマイナンバーが記載)

・将来的に様々な機能やサービスが「個人番号カード」とリンクされる

・身分証明書として使えることからも、時間のある時に「個人番号カード」を作っておきたい


このページを閉じる前に、要チェック!

当サイトで学生さんの申込が多いクレジットカードのランキングです。初めてのカード・二枚目のカードを悩んでいる方にどうぞ。

最新!当サイトで申込の多いクレジットカード
【1位】三井住友VISAデビュープラスカード
【2位】セゾンブルーアメックスカード
【3位】ライフカード

失敗しないクレカ選びのポイント!

creca_footer_link